格 ゲー お嬢様。 ネタバレ?感想 江島絵里 『対ありでした。 ~お嬢様は格闘ゲームなんてしない~』1巻

【新連載】「対ありでした。〜お嬢様は格闘ゲームなんてしない〜」(江島絵理)キラッッキラなお嬢さまは格ゲーマー!【百合】

格 ゲー お嬢様

「こんッッッッッのクソったれ野郎! おふざけが過ぎましてよ? そんなに足払いが好きなら一生地面でくるくるしてやがれですわ!」 「お嬢様、少々言葉遣いが……あと台パンはお控えください」 私の昔から使えているお嬢様は変わった人だ。 物心ついた時から1日と欠かさずゲームをやり込み、ご両親が亡くなった時も悲しみはしたものの強さを保ったままこの家とレートを守られていた。 「ハッ、わたくしとしたことが少々揺さぶられてしまいましたわ……おハーブティーを飲んで落ち着アッツ!」 「お言葉ですがお嬢様はオルコット家の……いや、今やイギリスを代表するお方であります……」 そう、彼女はイギリス代表候補生。 その中でも最も代表に近い人間。 なんというか、変人だが悪い人ではないのだ。 それを証明するために今日は私とお嬢様の1日を紹介したい。 「あら、おはようございますわチェルシー」 「おはようございますお嬢様。 こうして夏休みに帰省をしてくる前から変わらないことだ。 エナドリを飲めば神の加護を得られると昔からよく言っていた。 正直言って正気を疑う。 強襲の道を作るのは汎用の役目なのでしょうがないことです。 しかしあの甘えた下格はなんですか? あんなの猿でもカウンター取れますよ?」 朝7時。 お嬢様はこの時間帯は主に人口の多いゲームをプレイなさっている。 その多くがチーム戦なので、良く味方の愚痴を独りごちている。 しかし最終的には自分が悪かったと結論付けるのがこの方の強さかもしれない。 自分を騙し切れていないが。 「よっしゃナイスEMPィ! 煮卵みたいな顔してるのにやりますわね! 脳味噌いっぱいつまってますわ! はいここで苦し紛れのリュウガワガテキヲクラウを木葉返し! そしてそのまま……リュウジンノケンヲクラエー! はっはぁ! DPSは長いマッチング時間待ってやるだけの爽快感がありますわね!」 朝10時、この時間からお嬢様は別ゲーをやりだす。 最初の方はゲームそれぞれのエイムの質感に苦しんでいたが、最近はスパッと切り替えられるようになったそうだ。 日本食が好みなようで、昔から生姜焼きやカツ丼などの家庭的な料理を多く望んでいらした。 ダシがボタン操作にキレを与えるそうだ。 にこちんちんやあるこうるなどというのは日本にいるゲーム仲間だそうで、12歳の頃からちょくちょく日本に行っていたお嬢様からすれば長い付き合いだと言う。 全く方向の違う二人と仲良くなるとは、さすがお嬢様だ。 見える! わたくしにも敵が見えますわ! よっしゃ全滅! 今回はトリプルトリプル狙えそうですわね! えっ? ギャッ!? 漁夫ですの!? 汚い! 汚いですわよこのお排泄物がッ! もう少し礼節と言うものを弁えたほうがよろしいんじゃなくって!? お前今死体撃ちしましたわね!? ID覚えたからなこの野郎!」 「お嬢様、マウスがミシミシ言ってます。 堪えて堪えて」 昼16時、この時間はバトロワモノをプレイされることが多い。 本来ならこう言う時間はあまりお上手ではないプレイヤーが多いそうだが、あえてその中で腕を磨くと言うお嬢様のストイックさが見て取れる光景だ。 もっと強いキャラを使えばいいのに、と何度言ってもキャラ愛で押し通されてしまう。 人は愛故に 弱キャラ 悲しみ を背負うのだろう。 哀れだ。 「昇竜ブーン! 昇竜ブーン! ほらチェルシー! ちゃんとプレイしてくれないと練習代にならなくってよ!?」 夜20時、オルコット家の財力を持ってして日本から持ってきたアーケードゲームの練習の時間だ。 2人以上いなければ実戦練習が出来ないので、この屋敷の使用人はしょっちゅう駆り出される。 しまいには賞金をかけたオルコット家使用人大会が開かれる始末だ。 「ですから束さん、それは甘えた回避をする束さんが悪いんですわ。 いや、実際には深い考えがあるのだろう。 「ほーら、コンボ入っちゃいますわよ? ほら、ほーら!」 『うぁぁぁぁぁちくしょぉぉぉぉぉ!!』 ……あるのだろう。 「うーん、やっぱり料理長の寿司は最高ですわね!」 「ですね」 夜24時、お嬢様は朝食と昼食は規則正しい時間に召し上がるが、夜だけはこの時間になる。 夜にやっているゲームの方が好きで、時間を忘れてしまうからだそうだ。 しかしこの寿司というモノ、最初は魚を生で食べるなんて考えられなかったが、意外とイケるモノだ。 日本で修行を積んだアフリカ系アメリカ人を雇ったお嬢様の判断は正しかった。 実際、彼は当時の料理長が歳を重ねて退職したあとすぐに料理長としてこのオルコット家の厨房を支えている。 ちなみに朝がトーストなのはお嬢様の好みと、ついでにコック達に夜遅くまで仕事をさせて、朝にまで早く起きてもらうのは心苦しいとのお嬢様のお気遣いだ。 「あ、そうそうチェルシー。 一つ言い忘れてましたが、今年のボーナスは結構多めに入れましたわ。 あなたは特に」 「えっ? ありがとうございます」 「わたくしがいない間ちゃんとここを支えてくれてるから当然ですわ! 金が最大の感謝の証ですもの!」 現金な人だ。 私はこうして仕えられるだけでも幸福だというのに。 人格は最低だが、人望が集まるのはこういうところなのだろう。 ……しかしまあ、日にエナジードリンクを5本も飲んでおいて良く寝られるモノだなぁ…….

次の

お嬢様×格ゲー漫画『対ありでした。』 高貴なお嬢様たちが怪気炎を上げる

格 ゲー お嬢様

「対ありでした。 〜お嬢様は格闘ゲームなんてしない〜」はによる漫画作品。 で2020年1月より連載を開始した。 だが……。 お嬢さま学校で繰り広げられる熱き対戦格闘ゲーム開幕!! 彼女たちの熱量を目に焼きつけろ! (「」より) 年末年始 半泣きで2話目のネームをかいてるあいだに「対ありでした。 前回がWeb連載だったのもあるが、ちょっと意外。 お嬢さまのキラッッキラ 深月綾(みつき あや)がお嬢さま学校として知られる黒美女子学院の外部生として入学したのは、夢中になれるものを見つけるためだった。 かつて持っていたはずのキラッッキラな時間を再び取り戻そうと、思い切って環境を変えてみることにしたのである。 幸いにしてクラスメイトたちは親切で、学校生活にも馴染んできたようであるが、ただ一つ、ごはんだけは苦労しているらしい。 (「対ありでした。 お嬢さま育ちで周囲に格ゲー好きがいなくて、ゲーム仲間に飢えてるのかな? 彼女たちの通う学校では、ゲーム禁止で過去に退学させられた生徒もいるらしく、部を立ち上げての活動は難しいだろう。 当面は秘密の場所で二人きりでの対戦とネットでの活動が続いていくのかもしれない。 一緒にゲーセンに出掛けたりとかも楽しそう。 掲載されているコミックフラッパーは電子版の発売日が数日遅れるのがつらいところ。 そういうのやめて。

次の

「柚子森さん」の江島絵理が格ゲーに熱中するお嬢様を描く「対ありでした。」PVも(コミックナタリー)

格 ゲー お嬢様

それが『月刊コミックフラッパー』で連載されている『 』だ。 作者は 江島絵理さん。 「やわらかスピリッツ」で連載されていた江島絵理さんの前作『 』での、やたら細かい格ゲー描写は読者の印象に残っている。 『対ありでした。 』は1月からの新連載だったが、4月19日からKADOKAWA運営のポータルサイト「ComicWalker」で1話が無料公開され、改めてネット上で耳目を集めている。 2019年12月に集英社の漫画投稿サイト「ジャンプルーキー!」に登場した『ゲーミングお嬢様』が、破天荒な作画とセリフで大きな話題をさらったことは記憶に新しい()。 そして時を同じくして、2020年1月からは『月刊コミックフラッパー』で新連載として『対ありでした。 』が始まった。 両作品に限らず、実は昨今「 お嬢様ブームが来ているのではないか?」と、一部でまことしやかにささやかれている。 「お嬢様」は強いキャラ立ちが約束された属性でもある。 一見高飛車だったり高嶺の花のようでいて、実は人間らしかったり寂しがりだったりみたいな ギャップ萌えを喚起させたり、隙あらば ツンデレ属性も重なったりさせることが容易だからだ(それだけにテンプレ描写に陥るリスクもある)。 それでいて『ゲーミングお嬢様』や『対ありでした。 格闘ゲームにおいては「煽り」というものが他のジャンルよりも(心理戦の一環として)多用されがちだ。 『ゲーミングお嬢様』の作者である大 naniさんも、もとはTwitterでの「格ゲー勢の発言まとめ」がバズった人物でもある。 身の回りの格ゲー勢の発言まとめです — 大@nani daiwithnani そのため、いかに普段高貴でおしとやかなお嬢様と言えど、ひとたび格ゲーマーとして向き合えば、その表皮を破り捨てて手に汗握る死闘の中で口汚く煽り煽られするという深いギャップが自然と生まれることになる。 『柚子森さん』で百合好きを深く満足させた江島絵理さんが、その読者層を引き連れてさらなる深奥に足を踏み入れた『対ありでした。 『ゲーミングお嬢様』ともども、注目である。 年末年始 半泣きで2話目のネームをかいてるあいだに「対ありでした。

次の