あつ森 セーブデータ バックアップ。 「あつまれ どうぶつの森」、当面「セーブデータお預かり」には非対応。ゲーム内におけるセーブデータの仕様が公開

「あつまれ どうぶつの森」はセーブデータの引っ越しやお預かりに非対応。ただし、何かしらのバックアップ機能は準備するとのこと!

あつ森 セーブデータ バックアップ

時間操作を防ぐために「あつまれ どうぶつの森」はクラウドセーブが非対応に さて、どうぶつの森シリーズというと、現実の時間とゲーム内の時間が連動しているゲームとなっていますよね。 現実の時間が昼のときに、ゲーム内でもイベントが発生する・・・なんてことが起きるわけですが。 でも、ずる賢い人は1つ、セーブデータを復活させる方法として思い浮かぶものがありますよね? そう・・・ニンテンドースイッチオンラインのサービスである セーブデータお預かり。 このクラウドセーブを使えば、本体のセーブデータで間違った操作をしたとしても、クラウドセーブを落としてきてやり直せる!って考えちゃう人もいるでしょう。 とはいえ、そういうイレギュラーな使い方ではなく、ちゃんとクラウドセーブを使いたい人もいるわけで。 海外ではこんな運動が始まってるみたいたですぜ!? この署名は、「あつまれ どうぶつの森」をクラウドセーブに対応させてくれというもの。 どうぶつの森シリーズというと、アクションゲームなどのように数時間でクリアできるゲームではなく。 長いスパンで長期的プレイすることができる作品なわけで、 もしもセーブデータが消えたらどうすんだ!!ってことで、バックアップできるようにして欲しい・・・というような署名になっています。 確かに・・・何が起きてデータがぶっ壊れるのかわからないですし、バックアップは欲しいって気持ちはあるかもしれませんが。 ニンテンドースイッチの故障とかでセーブデータがぶっ壊れたときの問題がどうなるのかですね。 賠償とかに発展するのかな!?.

次の

「あつまれ どうぶつの森」、当面「セーブデータお預かり」には非対応。ゲーム内におけるセーブデータの仕様が公開

あつ森 セーブデータ バックアップ

3月20日に発売された『あつまれどうぶつの森』。 今、すごく流行っていますよね。 すでにかなり島を開拓されている方も多いでしょう。 そういったデータはしっかりセーブをとっておかないと、また初めからになってしまうので電源を切る前はきちんと確認しなければいけません。 しかしSwitch本体が故障してしまった場合や、新しい本体に買い替える場合、そのデータはどうなってしまうのでしょうか? 『あつまれどうぶつの森』はデータのお預かりや引っ越しが出来ない? Switchのゲームは、セーブデータを本体に保管しています。 そのため、別のSwitchで同じセーブデータをプレイしたい場合は、本体から本体へセーブデータを引っ越しするか、Nintendo Switch Onlineのクラウドセーブ機能(お預かり機能)を利用するしかありません。 しかしゲームソフトによってはデータの売買や改ざんを防ぐため、セーブデータを移行できない仕組みの物もあります(スプラトゥーンやスマッシュブラザーズなど)。 『あつまれどうぶつの森』はというと…実はこちらのソフトもデータの移行が出来ません。 Switchが故障して操作不能になってしまったり、紛失してしまうと、その時点でデータは消滅してしまうと考えるのが良いでしょう。 対応時期は未定』との記載があります。 どうやら時期を見てバックアップできるようにするかも…?という事なのですが、しばらく時間がかかりそうなので、その間は『Switchを壊さないように・無くさないように』取り扱う必要があるでしょう。 壊れないように使うと言っても、限度があるでしょう。 万が一故障してしまったという場合は、街の修理店(非正規店)に相談しましょう。 任天堂ではSwitchやその他ゲーム機の修理サポートを行っていますが、修理後はデータが消えてしまいます。 そのため、データを確保したいという時には不向きです。 非正規店では純正パーツの取り扱いはありませんが、データを残したまま修理をすることができます。

次の

【ニンテンドースイッチ】セーブデータの手動バックアップ方法

あつ森 セーブデータ バックアップ

『あつまれ どうぶつの森』独自のセーブデータバックアップは、Nintendo Switch Online 加入者向けに提供されます。 野上氏によれば任天堂は現在、2種類の機能提供を検討しています。 1つはNintendo Switch本体が故障したり紛失した場合。 このときはサーバーに保存されたバックアップデータが提供され、島データを復元することができます。 2つ目はユーザーが新しいNintendo Switchを購入した場合です。 このケースではアカウントの転送機能が提供されます。 新しいスイッチ本体へデータを転送するときは、2通りのやり方が用意されます。 1つは今まで遊んできた島のデータ全体を、新しいスイッチへ転送する機能。 もう1つは島に住んでいる島民の中から1人を選んで、その島民のセーブデータを新たなスイッチへ転送するという方法です。 島民のみを転送しようとしたときに、DIYレシピなどの経験・購入アイテムをどこまで持ち出せるのかはまだはっきりしませんが、これまでの島での蓄積をある程度は保った状態で、新たな島を作り、また新しい生活をスタートさせることができます。

次の