閣議決定 英語。 環境省_令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書の閣議決定について

ローマ字での名前表記「姓→名」に 政府が方針決定:朝日新聞デジタル

閣議決定 英語

できるだけわかりやすくお答えします。 法律を変えるには「改正案」を出すわけです。 これには政府提出法案、と議員提出法案があります。 政府提出法案というのは政府が法律を作り提出します。 法案作成はほとんど官僚がやります。 議員提出法案は議員が仲間を集めて法案を作り提出します。 これには人数が多く必要ですので小政党には不利になっております。 政府提出法案の場合は必ず内閣の同意の下で出されますので閣議決定が必要なのです。 もちろんご指摘のとおり、自民党内で根回しをします。 ですから、政府提出法案はほとんどの場合すでに自民党内の同意は得ているはずです。

次の

新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました (METI/経済産業省)

閣議決定 英語

エネルギー基本計画は、エネルギー政策の基本的な方向性を示すためにエネルギー政策基本法に基づき政府が策定するものです。 エネルギーを巡る国内外の情勢変化を踏まえ、2030年、更に2050年を見据えた新たなエネルギー政策の方向性を示すものとして、本日、閣議決定されました。 1.背景 エネルギー基本計画は、2002年6月に制定されたエネルギー政策基本法に基づき、政府が策定するものであり、「安全性」、「安定供給」、「経済効率性の向上」、「環境への適合」というエネルギー政策の基本方針に則り、エネルギー政策の基本的な方向性を示すものです。 昨年8月より、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会等において検討が開始され、5月16日に素案を提示、その後、パブリックコメント等を踏まえて、本日、閣議決定されたものとなります。 2.概要 今回のエネルギー基本計画では、常に踏まえるべき点として「東京電力福島第一原子力発電所事故の経験、反省と教訓を肝に銘じて取り組むこと」等を原点として検討を進め、2030年、2050年に向けた方針をお示ししています。 2030年に向けた方針としては、エネルギーミックスの進捗を確認すれば道半ばの状況であり、今回の基本計画では、エネルギーミックスの確実な実現へ向けた取組の更なる強化を行うこととしています。 2050年に向けては、パリ協定発効に見られる脱炭素化への世界的なモメンタムを踏まえ、エネルギー転換・脱炭素化に向けた挑戦を掲げ、あらゆる選択肢の可能性を追求していくこととしています。 関連資料• 関連リンク• 担当 資源エネルギー庁 長官官房総務課 戦略企画室長 田中 担当者:赤松、友澤、小澤 電話:03-3501-1511(内線 4471) 03-3501-2096(直通) 03-3580-8426(FAX).

次の

新しいエネルギー基本計画が閣議決定されました (METI/経済産業省)

閣議決定 英語

令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書は、令和2年6月12日(金)に閣議決定され、国会に提出されました。 本年の白書は「気候変動時代における私たちの役割」として、政府、自治体、企業、私たち個人による脱炭素型、自立分散型の社会づくりに向けた具体的な取組及び新型コロナウイルス感染症に対する環境行政の対応について記載しています。 コロナ後の経済復興に当たっては、持続可能でレジリエントな経済社会へと再設計していくことが不可欠です。 白書においては、一人一人ができる取組の一つである食やエネルギーの「地産地消」など自立分散型の社会づくりに向けた取組を具体事例とともに紹介しています。 1.環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書の経緯について 環境白書、循環型社会白書、生物多様性白書の3つの白書は、それぞれ、環境基本法、循環型社会形成推進基本法、生物多様性基本法に基づく国会への年次報告書です。 環境問題の全体像を国民に分かりやすく示し、参加協力を促すため、平成21年版から3つの白書を合冊しています。 全体の構成は、第1部・総合的な施策等に関する報告、第2部・各分野の施策等に関する報告からなっています。 2.白書の閲覧及び市販版等の入手方法について (1)環境省ウェブサイトへの掲載等 本日閣議決定された「令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」は、PDFデータを環境省ウェブサイト()に掲載しています。 なお、HTML形式のデータについては、7月上旬以降、同ウェブサイトに掲載する予定です。 (2)市販版の入手方法 「令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」は、政府刊行物センターや政府刊行物取扱書店等で購入することができます(1部2,380円(税別、予価)、6月中下旬発売予定)。 市販版の入手方法等については、発行元の日経印刷株式会社第一営業部(03-6758-1011)までお問い合わせください。 3.今後の普及啓発について 白書の内容を広く国民に普及させることなどを目的として、以下のとおり「白書を読む会」の開催や冊子の作成等を予定しています。 (1)「白書を読む会」の開催 本年の白書に関するテーマや狙いなどを環境省職員が説明する「白書を読む会」を開催します(入場無料)。 開催日時・場所等については、別途お知らせします。 (2)「英語版 環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」 国際社会に対して我が国の環境行政を発信するため、本年の白書の英語版小冊子を作成します。 同冊子は、本年秋頃をめどに、環境省ウェブサイト()にも掲載する予定です。 (3)「環境統計集」 白書に掲載したデータ等は、機械判読可能なデータ形式で環境省ウェブサイトに掲載します。 過去のデータは、環境省ウェブサイト()に掲載しています。 4.その他 「令和2年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」の印刷工程の電力使用に伴い発生する二酸化炭素(CO 2)については、環境省の「オフセット・クレジット制度(J-VER制度)」に基づき発行された東日本大震災における被災地のクレジットを購入し、オフセットしています。 添付資料•

次の