宝塚ボウガン殺傷事件。 【大島てる】宝塚市ボウガン殺人事件現場の場所特定か「画像あり」|aro50

兵庫や茨城で起きたボウガン事件 規制は事実上抜け穴だらけ?

宝塚ボウガン殺傷事件

宝塚市ボウガン殺傷事件詳細 宝塚市の無職・野津英滉容疑者(23)は4日、自宅で伯母(49)をボウガンで撃ち、殺害しようとした疑いがもたれています。 また、祖母(75)と母(47)、弟(22)の3人が頭を撃たれ死亡しました。 出典: 関連記事: 詳しい犯行・死因が判明 野津容疑者は祖母を襲ったあと、弟、伯母、母親の順に一人ずつ撃ったなどと供述していますが、司法解剖の結果、祖母の好美さんと弟の英志さんの頭には後ろから矢が刺さり、抵抗したあともなかったことから、2人は背後から不意打ちで襲われた可能性が高いことが新たにわかりました 出典:ヤフーニュース 最初に祖母の好美さんを襲った後、弟の英志さん、おばの百合江さん、母親のまゆみさんの順に襲った事が分かりました 伯母と母親には電話で何時に来るか聞いていたとの事です 伯母は野津英晃容疑者が、母親を撃った隙に逃げ出し助けを求めております 母は帽子をかぶった状態で室内で倒れ、伯母は自転車用のヘルメットをかぶった状態で首を撃たれていたことが、捜査関係者への取材で分かった。 また、母親は帽子を被った状態で、伯母はヘルメットをかぶった状態で首を撃たれていた事から、到着後すぐに犯行に及んだと思われます 伯母は玄関付近で撃たれており、母親がその後に到着し室内で撃たれているため、どのような状況だったのか疑問が残ります 後に到着した母親は伯母に弓が刺さっているのを目撃したはず。 息子に脅されそのままリビングへ入ったのだろうか 死因は、祖母の好美さんと母親のマユミさんは、いずれも頭を撃たれたことによる、外傷性くも膜下出血だったことがわかりました。 2人に抵抗した跡はなかったということです 弟の英二さんは「出血性ショック」と分かりました 関連記事: 弟の野津英志(のづひでゆき)さん 英志さんは高校を卒業後、京都府南丹市の京都建築大学校建築科に進学。 2年後には建築専攻科に進み、難易度の高い課程にも積極的に取り組んだ。 2級建築士とインテリアプランナーの学科試験に合格。 大阪に本社がある大手ハウスメーカーに設計や施工管理を担う技術職として就職した。 出典:神戸新聞 死亡した弟の野津英志(ひでゆき)さんは、京都府南丹市の京都建築大学校建築科に進学 2年後には建築専攻科に進み、今年4月から大阪に本社がある大手ハウスメーカーに就職している 社会人になったばかりだった 建築家になる夢が突如奪われてしまった 関連記事: 兄弟の確執 兄弟は幼い頃、近くの空手道場に通った。 指導した男性によると、幼少時は兄が弟を泣かせていたが、成長して立場は逆転。 英志さんは「(兄に対し、自分の方が上であるという)力関係を常に示している」と言っていた。 野津容疑者は小学校高学年ぐらいからひきこもりがちになったという。 英志さんは最近、兄の近況について「またひきこもりがちになって自分の部屋から出てこない。 家族ともほとんどしゃべらず、たまに僕と話をするぐらい」と話していたという。 幼い頃から兄弟を知るという女性(83)は「性格は全然違う。 弟はやんちゃな感じ。 兄はあいさつされると声を出さずに頭を下げていた」と振り返る。 英志さんの友人で、数年前に同じ空手道場に通ったという男性(42)は「(英志さんは)小さい子どもを抱っこして面倒見がよく、優しかった」と振り返る。 ただ兄の話になると、強い口調で「とにかく兄貴だけは嫌い」と繰り返していたという。 「兄弟げんかを『時々する』と言っていた。 亡くなってかわいそう。 悔しい」と話した。 兄弟の確執は相当のものだったようだ 弟が兄より力関係で上とは…兄のプライドはズタズタだった事だろう 小学生の高学年で1度引きこもりがちになっている事から、繊細な性格だったのではないだろうか。 野津容疑者は中学でサッカー部に所属 高校では部活動をせず「自宅で引きこもりがちだった」それでも、高校時代はそれなりに仲の良い友人がいたようだ 「英志さんが『兄貴のことが嫌い。 一緒に住んでいてうっとうしい』と話していた」と語る。 2人を知る別の男性も「兄弟仲は良くないようだった」と明かした。 野津英晃容疑者とは、真逆の性格の英志さん 「兄貴の事が嫌い」「一緒に住んでいてうっとおしい」と友人に漏らしていた 片方が思っていることは、相手も同じ事を思っていることも多い 野津英晃容疑者も弟の英志さんの事を同じように思っていたのではないだろうか。 歳が2つしか離れてないからこその不仲。 ライバル的な感じになっていったのだろうか… 関連記事: 野津英晃(ひであき)複雑な家庭環境 付近住民らによると、現場の民家には24年前に好美さんが入居。 母と兄弟の3人は2年ほど前に近くの県営住宅を引き払い、事件当時、兄弟は好美さん宅、マユミさんは約480メートル離れた集合住宅に住み、マユミさんは週数回、好美さん宅を訪れていたという。 家族構成は 母親のまゆみさん、野津英滉容疑者、弟の英志さんとのちに同居する祖母・好美さん。 「父親がいないことは知っていたが、家族のことを聞いたことがない」と別の同級生の男性。 母子家庭で育った野津容疑者 もともとは県営住宅に家族3人で住んでいたが、 2年ほど前に祖母との同居が始まった 母親は500mほど離れた集合住宅に暮らしていたと言う 亡くなった祖母の好美さんから、数年前に「孫たちが娘(マユミさん)と不仲で、けんかするたびに家に来る」と聞いた。 一緒に住み始めてからは「孫がピリピリしている」と悩んでいた。 「孫に携帯電話を取り上げられた。 娘と連絡をとらせたくないみたい」とも話したという。 母親のまゆみさんと、野津英晃容疑者・英志さんは仲が悪く祖母宅で同居するようになり、 母親だけ別で暮らしていたとの事です 関連記事: 何が殺人鬼に変えさせたのか… 物静かだが、腕っぷしは強い。 同級生たちの印象はほぼ一致している。 同級生の男性(23)は、野津容疑者と昼休みに学校を抜け出したり、放課後に原付きバイクで走ったりしたのを覚えている。 「明るくて優しい普通の子だった。 格闘技が好きで習っていた」と振り返った。 「(野津容疑者は)しゃべっていて面白いし、驚いてますね。 特にケンカとかもしたことがない。 」(高校時代の同級生 引用:朝日新聞 高校時代は友達も多く、友人の評価もとてもいいことが分かる。 明るくて面白いそんな野津容疑者だった… だが、大学に入ってから変わっていった 「大学にちゃんと行っていない。 プライベートの話をするような友達がいない」 大学に入学し、野津容疑者は仲の良い友人を作ることができなかった 夢に見た、大学生活を謳歌できなかったようだ… 関連記事: 金銭的に苦しかった… 野津容疑者は19年4月末が期限の前期分の授業料を納付できずに休学届を提出。 後期分についても期限の10月末までに支払えなかった。 結局、最終期限の12月末に除籍が決まり、大学の規則で9月末時点の除籍扱いとなった。 ただ、野津容疑者は調べに「休学していたが、除籍になっているのは知らなかった」と供述しており、県警は除籍に至る経緯を調べている。 除籍が決まった年末ごろから、野津容疑者は高校時代の同級生と連絡を取らなくなったという。 無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージに、野津容疑者が読んだことを示す「既読」が記されなくなった。 高校卒業後も交流があった同級生の男性(23)によると、野津容疑者は高校時代からガソリンスタンドでほぼ毎日アルバイトをしていたが、金銭的に苦しい様子だったという。 男性は「半年ぐらい前から連絡が取れなくなった。 高校時代の仲間で(容疑者の様子を)知っている者はいないのではないか」と話した。 大学の休学理由は学費が払えなかった その後、後期分も払えずに除籍になったとのことです 高校時代も必死にアルバイトをしていたが金銭的に苦しかったようだ 母子家庭で、二人を同じ時期に大学に行かせるのは相当のお金がかかる 野津容疑者が留年しなければ2019年の4月からは社会人の予定だった。 それまでは学費を納めていることから留年した為、 四年間は学費は払ったから、後は自分で払いなさい!と母親に言われたのだろうか。 殺害された母親は、最近は職に就いていなかった事が分かっている だがそう簡単には払えずに休学し引きこもるように… 今年初め、空手道場を訪れた英志さんは、兄の近況について「最近、またひきこもりになって自分の部屋から出てこない。 家族ともほとんど話さない」と話したという。 ネット購入での規制は今現在ないため、悲惨な事件が続かない為にも早急に規制する事を願うばかりです。 関連記事:.

次の

【大島てる】宝塚市ボウガン殺人事件現場の場所特定か「画像あり」|aro50

宝塚ボウガン殺傷事件

宝塚市ボウガン殺傷事件詳細 宝塚市の無職・野津英滉容疑者(23)は4日、自宅で伯母(49)をボウガンで撃ち、殺害しようとした疑いがもたれています。 また、祖母(75)と母(47)、弟(22)の3人が頭を撃たれ死亡しました。 出典: 関連記事: 詳しい犯行・死因が判明 野津容疑者は祖母を襲ったあと、弟、伯母、母親の順に一人ずつ撃ったなどと供述していますが、司法解剖の結果、祖母の好美さんと弟の英志さんの頭には後ろから矢が刺さり、抵抗したあともなかったことから、2人は背後から不意打ちで襲われた可能性が高いことが新たにわかりました 出典:ヤフーニュース 最初に祖母の好美さんを襲った後、弟の英志さん、おばの百合江さん、母親のまゆみさんの順に襲った事が分かりました 伯母と母親には電話で何時に来るか聞いていたとの事です 伯母は野津英晃容疑者が、母親を撃った隙に逃げ出し助けを求めております 母は帽子をかぶった状態で室内で倒れ、伯母は自転車用のヘルメットをかぶった状態で首を撃たれていたことが、捜査関係者への取材で分かった。 また、母親は帽子を被った状態で、伯母はヘルメットをかぶった状態で首を撃たれていた事から、到着後すぐに犯行に及んだと思われます 伯母は玄関付近で撃たれており、母親がその後に到着し室内で撃たれているため、どのような状況だったのか疑問が残ります 後に到着した母親は伯母に弓が刺さっているのを目撃したはず。 息子に脅されそのままリビングへ入ったのだろうか 死因は、祖母の好美さんと母親のマユミさんは、いずれも頭を撃たれたことによる、外傷性くも膜下出血だったことがわかりました。 2人に抵抗した跡はなかったということです 弟の英二さんは「出血性ショック」と分かりました 関連記事: 弟の野津英志(のづひでゆき)さん 英志さんは高校を卒業後、京都府南丹市の京都建築大学校建築科に進学。 2年後には建築専攻科に進み、難易度の高い課程にも積極的に取り組んだ。 2級建築士とインテリアプランナーの学科試験に合格。 大阪に本社がある大手ハウスメーカーに設計や施工管理を担う技術職として就職した。 出典:神戸新聞 死亡した弟の野津英志(ひでゆき)さんは、京都府南丹市の京都建築大学校建築科に進学 2年後には建築専攻科に進み、今年4月から大阪に本社がある大手ハウスメーカーに就職している 社会人になったばかりだった 建築家になる夢が突如奪われてしまった 関連記事: 兄弟の確執 兄弟は幼い頃、近くの空手道場に通った。 指導した男性によると、幼少時は兄が弟を泣かせていたが、成長して立場は逆転。 英志さんは「(兄に対し、自分の方が上であるという)力関係を常に示している」と言っていた。 野津容疑者は小学校高学年ぐらいからひきこもりがちになったという。 英志さんは最近、兄の近況について「またひきこもりがちになって自分の部屋から出てこない。 家族ともほとんどしゃべらず、たまに僕と話をするぐらい」と話していたという。 幼い頃から兄弟を知るという女性(83)は「性格は全然違う。 弟はやんちゃな感じ。 兄はあいさつされると声を出さずに頭を下げていた」と振り返る。 英志さんの友人で、数年前に同じ空手道場に通ったという男性(42)は「(英志さんは)小さい子どもを抱っこして面倒見がよく、優しかった」と振り返る。 ただ兄の話になると、強い口調で「とにかく兄貴だけは嫌い」と繰り返していたという。 「兄弟げんかを『時々する』と言っていた。 亡くなってかわいそう。 悔しい」と話した。 兄弟の確執は相当のものだったようだ 弟が兄より力関係で上とは…兄のプライドはズタズタだった事だろう 小学生の高学年で1度引きこもりがちになっている事から、繊細な性格だったのではないだろうか。 野津容疑者は中学でサッカー部に所属 高校では部活動をせず「自宅で引きこもりがちだった」それでも、高校時代はそれなりに仲の良い友人がいたようだ 「英志さんが『兄貴のことが嫌い。 一緒に住んでいてうっとうしい』と話していた」と語る。 2人を知る別の男性も「兄弟仲は良くないようだった」と明かした。 野津英晃容疑者とは、真逆の性格の英志さん 「兄貴の事が嫌い」「一緒に住んでいてうっとおしい」と友人に漏らしていた 片方が思っていることは、相手も同じ事を思っていることも多い 野津英晃容疑者も弟の英志さんの事を同じように思っていたのではないだろうか。 歳が2つしか離れてないからこその不仲。 ライバル的な感じになっていったのだろうか… 関連記事: 野津英晃(ひであき)複雑な家庭環境 付近住民らによると、現場の民家には24年前に好美さんが入居。 母と兄弟の3人は2年ほど前に近くの県営住宅を引き払い、事件当時、兄弟は好美さん宅、マユミさんは約480メートル離れた集合住宅に住み、マユミさんは週数回、好美さん宅を訪れていたという。 家族構成は 母親のまゆみさん、野津英滉容疑者、弟の英志さんとのちに同居する祖母・好美さん。 「父親がいないことは知っていたが、家族のことを聞いたことがない」と別の同級生の男性。 母子家庭で育った野津容疑者 もともとは県営住宅に家族3人で住んでいたが、 2年ほど前に祖母との同居が始まった 母親は500mほど離れた集合住宅に暮らしていたと言う 亡くなった祖母の好美さんから、数年前に「孫たちが娘(マユミさん)と不仲で、けんかするたびに家に来る」と聞いた。 一緒に住み始めてからは「孫がピリピリしている」と悩んでいた。 「孫に携帯電話を取り上げられた。 娘と連絡をとらせたくないみたい」とも話したという。 母親のまゆみさんと、野津英晃容疑者・英志さんは仲が悪く祖母宅で同居するようになり、 母親だけ別で暮らしていたとの事です 関連記事: 何が殺人鬼に変えさせたのか… 物静かだが、腕っぷしは強い。 同級生たちの印象はほぼ一致している。 同級生の男性(23)は、野津容疑者と昼休みに学校を抜け出したり、放課後に原付きバイクで走ったりしたのを覚えている。 「明るくて優しい普通の子だった。 格闘技が好きで習っていた」と振り返った。 「(野津容疑者は)しゃべっていて面白いし、驚いてますね。 特にケンカとかもしたことがない。 」(高校時代の同級生 引用:朝日新聞 高校時代は友達も多く、友人の評価もとてもいいことが分かる。 明るくて面白いそんな野津容疑者だった… だが、大学に入ってから変わっていった 「大学にちゃんと行っていない。 プライベートの話をするような友達がいない」 大学に入学し、野津容疑者は仲の良い友人を作ることができなかった 夢に見た、大学生活を謳歌できなかったようだ… 関連記事: 金銭的に苦しかった… 野津容疑者は19年4月末が期限の前期分の授業料を納付できずに休学届を提出。 後期分についても期限の10月末までに支払えなかった。 結局、最終期限の12月末に除籍が決まり、大学の規則で9月末時点の除籍扱いとなった。 ただ、野津容疑者は調べに「休学していたが、除籍になっているのは知らなかった」と供述しており、県警は除籍に至る経緯を調べている。 除籍が決まった年末ごろから、野津容疑者は高校時代の同級生と連絡を取らなくなったという。 無料通信アプリ「LINE(ライン)」のメッセージに、野津容疑者が読んだことを示す「既読」が記されなくなった。 高校卒業後も交流があった同級生の男性(23)によると、野津容疑者は高校時代からガソリンスタンドでほぼ毎日アルバイトをしていたが、金銭的に苦しい様子だったという。 男性は「半年ぐらい前から連絡が取れなくなった。 高校時代の仲間で(容疑者の様子を)知っている者はいないのではないか」と話した。 大学の休学理由は学費が払えなかった その後、後期分も払えずに除籍になったとのことです 高校時代も必死にアルバイトをしていたが金銭的に苦しかったようだ 母子家庭で、二人を同じ時期に大学に行かせるのは相当のお金がかかる 野津容疑者が留年しなければ2019年の4月からは社会人の予定だった。 それまでは学費を納めていることから留年した為、 四年間は学費は払ったから、後は自分で払いなさい!と母親に言われたのだろうか。 殺害された母親は、最近は職に就いていなかった事が分かっている だがそう簡単には払えずに休学し引きこもるように… 今年初め、空手道場を訪れた英志さんは、兄の近況について「最近、またひきこもりになって自分の部屋から出てこない。 家族ともほとんど話さない」と話したという。 ネット購入での規制は今現在ないため、悲惨な事件が続かない為にも早急に規制する事を願うばかりです。 関連記事:.

次の

野津英滉(のづひであき)発達障害を抱え一人苦しんでいた…宝塚市ボウガン殺人

宝塚ボウガン殺傷事件

news24. 最使用された凶器がボウガンということで驚かれた方も多いと思います。 まずは事件の概要をお伝えしたいと思います。 4日午前10時ごろ、兵庫県宝塚市安倉西の住宅で、女性3人、男性1人の親族4人がボーガンで撃たれ、警察はこの家に住む大学生野津英滉容疑者(23)を殺人未遂の疑いでその場で逮捕しました。 撃たれた人のうち男女3人が死亡し、亡くなったのは、野津容疑者の祖母の好美さん(75)、母親のマユミさん(47)、弟の英志さん(22)と確認されました。 また、伯母の百合江さん(49)がけがをして病院で治療を受けています。 野津容疑者は調べに対し「自分が持っていたボーガンで撃ったことに間違いありません。 家族を殺すつもりだった」と4人を撃ったことを認めているということです。 現場では少なくとも5本の矢が確認され、4人はいずれも首や頭に矢が刺さった状態だったということで、警察は、今後、容疑に殺人を加え、家族間でトラブルがなかったかなど、詳しいいきさつを調べることにしています。 引用元:NHK 逮捕された 野津英滉容疑者(23)は「家族全員を殺すつもりだった」と供述をしているよう。 nhk. ご近所の方も大変驚かれ、そして恐怖を感じたのではないかと思います。 現場の住宅は2階建てで、4人のうちの3人は、いずれも1階で倒れていました。 死亡した2人のうち、野津容疑者の祖母とみられる70代の女性は、1階の居室に右半身を下にして、母親とみられる40代の女性は、台所とリビングを兼ねた部屋にあおむけになって、倒れていたということです。 また、けがをした弟とみられる20代の男性は、1階の浴室の脱衣所にうつ伏せに倒れていたということです。 いずれも首や頭に矢が刺さった状態で見つかりました。 また、ボーガンで撃たれた40代のおばは、矢がささったままの状態で住宅を抜け出し、近所に助けを求めていました。 一方、野津容疑者は、警察官が駆けつけると、自宅の前に出てきたということです。 その後、ボーガンは、1階のリビングに置かれているのが見つかりました。 引用元:NHK スポンサーリンク 【大島てる】宝塚市ボウガン殺人事件現場の場所特定 イメージ画像 今回、事件に使用された「ボーガン」とは。 「ボーガン」や「クロスボウ」と呼ばれる引き金を引いて矢を発射させる洋式の弓。 「日本ボウガン射撃協会」によりますと、ボーガンは現在、国内では製造されていませんが、アメリカやイギリスなど海外で製造されたものが、国内でも市販されているということです。 流通しているもののほとんどはレジャー用ですが、殺傷能力が高いものもあり、協会は、「ボーガンの所有者は、事故や危害の防止に努める責任がある」と呼びかけています。 ボーガンなど洋式の弓矢を使って人や鳥獣を殺傷する事件が各地で起きていますが、兵庫県警によりますと、現在の法律では銃刀法の規制の対象にはなっていません。 茨城県などでは条例で「人の生命や身体に危害を及ぼすおそれが著しい」として18歳未満への販売や所持を規制していますが、兵庫県では、こうした規制は定められていません。 引用元:NHK 殺傷能力があるこんなに危険な物なのに銃刀法の規制になっていないなんて驚きました。 過去にもボウガンを使用した事件がいくつか起きています。 この事件をきっかけに何かしらの規制を行ってもらいたいですね。 過去に起きた「ボーガンを使った事件」 過去に起きたボーガン事件についていくつかまとめてみました。

次の