あつ森 性格 あねき。 Full text of Namboku

離島ガチャ

あつ森 性格 あねき

Full text of "" yssf 蘇 雇 靂ー醫. 與 屋 : 五 長 : 郞 吉• 色 13 り 木版。 初 世豐國 筆 卷頭 四天王 產 湯 玉 川 序幕、 市 原野の 揚の錦 給。 コ 口 タイプ" 初 世豐圈 筆 …: !ーー0五 頁の 前 鵪山畸 踊 序幕、 地藏 堂の 場の 錦 縫〕 コ 口 タイプ。 五渡亭 SOS: 筆 : i 頁の 前 鹣山崎 踊 三 慕 目、 隣 同士の 場の 錦繪" コ D タイ ブ。 五 渡 亭國貞 筆 六爱 頁の 前 姬東 文章 繪 番附の 表紙と 發端。 亞 鉛版• 一一 一 買の 前 姬東文 章 繪 番附の 序幕と 一 一 慕 目。 亞 鉛版 S 九 頁の 前 姬柬 文章 綺番 附の三 幕 目と 四 慕 目。 亞 鉛版 一-二 冥の 前 姬東 文章 縫 番附の 七 幕 目と 大詰。 亞船 版 …… 一一 一一 五 頁の 前 鵜 山 崎 踊 綺 番附の 表紙と 序幕。 亞 鉛版 五一 兀 頁の 前 鶼山畸 踊 綺番 附のニ 慕 目。 亞船 版 g 一 頁の 前 鹣山崎 踊 綺番 附の三 幕 目と 四 幕 目。 亞 鉛版 : …六 九 頁の 前 鹣山崎 踊 綺 番附の 五 幕 目と 六 幕 目。 亞 鉛版 六 八 九 頁の 前 鶼山畸 踊 七 慕 目と 大詰。 亞 鉛版 …. , 序藉、 三 目、 隣 同士 、ゾ ,檢 番附 3 表紙と 發端。 亞 鉛版. … と 一 一幕 目。 亞 鉛版. i 乂. 崎 踊 ギぁ. リ タイプ. 1 リタ イブ。 コ P タイプ。 レ 一り : : : …:: 一. それ は 初演の 時よりも 十 前、 文化 四 年に 举件を 起した 女で、 小 嫁ッ 原で はなく、 品 川であった。 品 川の、 屋號は 判然 しないが、 安右衞 門と いふ 主人の 女郎屋に、 おこ ととい ふ 女郎が ゐた。 これが、 自分 は 京都の 日 野中 納 言の 娘 だと 云 ひ 立て、、 世間み-騒がした 事件が あ つた。 文化 四 年 四月 十八 日に 申し渡された 奉行所の 判決文が、 蜀 山人の 「玉 川 砂利」 に 載って ゐ るから、 1 集 全 北南大 11 その 全文 を 爱へ揭 載しょう。 奇拔き はまる この 事件 は、 珍ら し 物好きな、 返 屈で 困って ゐる hd 戶 の 人達 を、 どれ 程 驚かした か、 想像に あまり ある。 芝居に は 持って 來 いの 材料、 南北 なぞ もき 脚色した かったら うが、 時事問題 や 三面記事 を 種と する 事 は、 表向き 堅く 禁じられて ゐた 事で あるし、 裏 を 潜つ て嗜示 的に 脚色して さへ、 南北 自身 も 一 一 一度、 その 筋の 注 怠 を 受けて、 失敗して ゐた 位で あるから、 餘 りに 有名 過ぎた この 事件に は, ちょっと 手が 下せなかった ので あらう。 當 の 芝 Ji5 にも 小說 にも、 丁 问 仕組まれ たらしい 形跡 はない。 流石に 十 年も經 てば、 そ の 筋で も 睨み はしない。 無人 芝 居の 方が 作者に とって は 却って 都合が よい。 南北 は, 座頭 S 圑十郞 に、 淸ゃ: と權 助の」 一役 を與 へて、 リ 5 ふ 存分に 活躍 させた。 この 通し狂言 を 演じた 上、 二番目に は、 五節句の 所作事 を a 段 返しの 大仕掛けで 出し、 矢張り 園十郞 と 半 四郞が 踊. りぬ いた。 一、 二番目と も 利いて、 無人ながら 芝 :115 は、 興行成績 大成功であった。 この 狂言の 三 慕 目 は、 ちょっと 揷 話と いふ 格で、 筋の 關係は あるが、 稍 別物の 觀が ある。 院本からで も轉 化した やうに 思へ るが、 不明で ある。 それにしても、 短 かい 幕ながら 一種 變 つた 味が ある。 本 卷に收 めた 臺 帳の 定木 は、 河 竹繁俊 氏の 藏 書で、 默阿彌 自身が その 一部 を手寫 した 寫 本であった。 震災 前、 わたしが 借用して、 寫 して 置いた のが 役に立ち、 原本 は燒 失した が、 兎に角 世に出す 事が 出來 た。 その 原本に、 默阿 彌自箪 の、 簡單な 手紙が 挾んで あった。 それ は、 この 三 慕 目 を、 一幕物に 脚色し 直した," 面白い 狂言が 出来る かも 知れない、 どうで あらう、 とい ふ 意昧で 座元へ 伺 ひも 立てた 手紙で あ つた。 さう いふ 狂言 は 興行され てゐ ないし. ' 手紙が その ま 挾んで あった 所から 見ても、 そ、 よ 就 W. それ は、 いつ 頃の 事 か 判然 しないが、 郡 治 兵 衞の役 を 女に 直して 圑藏 にさせ、 半 兵 衞を成 駒屋、 半 十 郞を若 太夫に 振ったら どうかと いふ、 役割の 腹案まで 附 いて ゐた、 その 顔觸れ から 想像して 見る と、 文久 元年の 事ら しい。 この 狂言で、 權 助の 役 は立敏 である。 また、 淸 立の 庵室 は、 本 所の 岩 淵と いふ 事に なって ゐろメ 第三 卷 に收容 した 「勝 相撲 浮 名花 觸」 にも、 足駄の 齒 入れ 岩 淵の 權 助と いふ 敵役が 出て くる。 北 は、 深 川 に 住んで ゐ たから、 川 向う の 地理に は 詳しかった 爲 であらう か、 鬼 角に 場所 を 本 所 深 川に 取った。 桔梗の 前 を 演じた 五 ぼ 岩 4i 一四 郞は、 美貌の 女形 のみでな く、 實に朗 々とした 笑し い 調子の 持ち主であった。 その 調子 を 利用して、 女 形に 立 役 を やらせ、 I 番目の 大詰で, 眞の良 門へ 名乘る 所で、 「相 馬の 良 門 …… と モシ、 ぉ名乘 りなされ て 下さり ませ」 と 男から 突然に 碎 ける 變り目 は、 實に 鮮やかな もので あつたと いふつ 男から 女に 變 つて んを かしくない やうに、 千代 姬の 小袖 を 利用す ると ころ なぞ は、 南北に とって は 何でもなから うが、 、 憎らしい ほど 至れり 盡 せりの 技巧で ある。 この 大詰 も、 鹿 一流 ss? I 季が いつも 現 はれる 大 江山 を、 思 ひ 切った 切り 見 世に し て、 しかも isl 言 どめ、 世話と 時代 を 5 の 中で、 巧みに 色分け にん」 ゆく 手際き は、 南北 物 に 見馴れた 人に は、 奇想天外と いふ 程 感じ もせぬ が、 初めて 見た 人 は、 煙に 卷 かれて しま ふで あらう。 渡 邊の綱 を、 鉢卷で 金棒 を曳 いて、 上使に 寄越す なぞ も、 外の 作者に は出來 ない 藝 である。 裯と 鬼兵衞 とが 向 ひ 合って、 世話から 時代の 臺詞に 移り、 また 世話に 碎 ける 件 なぞ は、 さぞ かし 見物 を ら せた 事 だら うと 思 ふ。 さて 二番目で ある。 この 狂言の 二番目 こそ、 全く 南北で なければ 書く ことの 出來 ない 一幕で ある。 まさ」 に 感心 させられる。 まづ 何より、 俳優の 私的 生活 を 舞臺に 取った のが 面白い. " それ も當 時の.. しかも その 座に 出て ゐる俳 優の 家庭 を 見せた のが 面白い。 顔兒 世の 前夜の 混雜、 俳優の 出入り、 茶屋の 賑は ひ、 大部分 は かに 當時を その 儘 S. 描寫 である。 そこに 非常な 興味が あろと 共に、 一種の 風俗 志 料と もなる。 しか も、 顔 見 世 狂言の 規則に よって、 世話から 時代へ- 戾 ると いふ 形式 は 破って ゐ ない。 圍十郞 S. 主人公の 圑十郞 も、 碓氷貞 光の 名で 「暫, 一 に 現 はれる が、 團十郞 、た け は、 本名が 碓氷貞 光な のか さう でない のか、 瞹昧 として ゐる ところが 却って 面白い。 九 1 o 「暫」 を 茶 星の 1 一階で 演じる とい ふ 趣,!: は、 當 時の 觀 客の 股 を 抉った 南北の 思 ひっきであった。 南北が 全 立 作者に なって 以來、 「暫」 に は 種々 な 趣向 を 加へ て、 鬼に 角 そ S 思 ひっきで 客 を 繋いで は來 たが、 「暫」 を 一番 目 三 建 目に 演じる とい ふ 規則 だけ は 破り 得なかった。 それ を、 この 狂言で はぶち 毀して、 二番目 へ 持って 來た。 しかも 劇中劇と いった 奇拔な 遣り方で、 圑十郞 が』 人へ 馳定に 「暫」 を兒 せる とい ふ 筋 にして、 後に 舞臺で その 扮! を 解き、 素顔に なって 見せた 時には、 俳優 本位の 當 t-s 觀客 は、 どんなに 狂喜した 事 だら う。 また ゥケを 菊 之丞の 女-唐人 にして、 それが 實は奧 女中の 假 装と いふの も 面白い し、 幸 四 郞を絵 坊主に 使った ことん, 皮肉で める。 餘 坊主に 扮 させる ために 髭に 擬 する 胡弓 や、 厚 綿の 羽織 を 早くから 用意して 匿く なぞ は、 南北に して は 朝飯前の 技巧で ある。 茶屋の 舞臺面 なぞ、 卜書に 詳しい 事 は 出て ゐな いが、 定めし 凝った 道具であった らうと 想像され る。 「暫」 を 世話で ゆきたい とい ふの が、 第一 の 思 ひ つきで、 それに 當年は 巿川白 猿 こと 五代 目圍 十郞、 卽ち七 代 rm 團 十郞; 2 祖父の 十三 回忌に 當 るので、 その 口上 も 述べたい とい ふ 私的 事情 も手傳 つて、 遂に 表 年 及-説 m 1 一番 目の 筋が 生れた ので あらう、 -內の 場で 圑十郞 菊之丞 幸 四郞が 集まり、 來 年の 春 狂- K まで 嗜 示す るの も 至れり 盡 せりで ある。 この 臺詞の 中に 「龜 井戸の 親 仁 は牲急 だから. 」 と、 南北 自身の 事まで 云 はせ てゐ る。 も 「暫」 の ッラネ は、 自作と いふ 規則に なって ゐ るので、 脚本に は 出て ゐな いが、 際、 七 代 團 卜郞, か 舞臺で 述べた 臺詞 は、 左の通りであった。 東夷 南 蠻北狄 西戎、 四 夷 八荒、 天地 乾坤の その 問に、 有るべき 人の 知ら ざらん や、 三千 餘里も 遠 からす、 ものに 怖ぢ ざる 荒 若衆 ノ近 づきな りに 出て 見れば、 うッ つい 姐え が 胴 取りと は、 四 H 餘 州の 春 遊び、 七 言 五 言 歌が るた、 鼻 S 先なる-ぼ 狩 や、 威 を かり 狐の 毛唐人、 海老が 夜食の かたま り 孫、 ひけ 人參 との 疑 ひに、 分らぬ 腹 をた つか 弓、 和らぐ 國は祌 の 末 、卑劣な 事 は 云 ひませ ぬ、 噓ぢゃ ござらぬ 正直の、 日 木 風俗 三 升が、 當年 積って 十八 歳、 誠の 年 は 二十 八、 成 田の 不動が ほ ん そう 子、 淸和 源氏の 嫡孫 源の 賴 光が、 股肱 目と 呼ばれた る、 碓 氷の 荒 太郞舆 光、 五 年ぶりで の揚 幕から、 ー聲 かけつけ 三 杯 上戸、 差 も 押へ も あらば こそ、 相手が 殖えれば 龍に 水. S 満頃ゃ 一 つ 目の、 光り かや やくろ くろ 首、 百鬼夜行が あやまって、 一味な どと は 事お かしゃ、 うぶめ も, - ざれ 雪 女、 集まり よれる 黑 髪に、. 役割 は 左の通りであった。 - 卜 部 季武。 鐡門 鬼兵衞 3 ハ相 馬六郎 公述。 足 柄 山の 分身 山姥。 高麗 屋錦 升。 中間, 栗の 木 又 治 a ハ伊贺 壽太郞 成 信 五 ャク松 本 幸 四郎 傾城• 胡蝶 W ハぉ城 山の 女郎 蜘珠。 濱村屋 路考。 奧 女中。 山伏、 黑 川の 見 珍:. 一一 ャク i9 川 宗三郞 ::. K 和 杜若 ニヤ ク岩井 半 四郎 坂 田 金 時。 00 源 次 綱。 猿 島 敬 遊 货ハ將 軍 太郞良 門。 Ifsl: へ 狂. 言 に 就い て は、 前に 詳說 したから 繰 返さぬ。 初代 菊 五郞も 演じた 事が あるから とい ふので、 上場した ので あらう。 名题は 違 ふが、 內容は 殆んど 同じ ものである。 これ も 相 當に評 刺 となった。 江戶 では 團十郞 菊 五郎で 肋 六の 競 -爭が 演じられ たので ある。 双方に 最眞々 々が 力を入れた 結果 は、 自然に 兩 優が 反目の 姿と なり、 遂に は 本當 の喧曄 となって しまった。 中へ 入る 者が あって、 兩優 和解と なつた。 その 和解 狂 首が この 「蝶 纏 山 崎 踊」 なので ある。 元々、 新う いふ 私的 關係 から 出發 したので ある。 そこへ、 興行師の 宣傳も 交って、 圑菊 顔合せと いふ 事件 を、 いやが 上に も 爆り 立てた。 結局、 狂言の 内容 は、 すべてが 喧 峰と 和解と で 成り 文って みる。 和 1 U1 m 全 牝 南 大 解の 新 狂言 を 命じられた 南北が、 「双 蝶々」 の 世界. 名 題から して 「蝶 の 比冀」 と附 けて、 -hs 優の 顔合せ を 利かして ゐる。 は 勿論で ある。 まづ 二人が 初めて 見物へ 顔 を 見せる 揚は、 淸 水の 花盛りに して、 二人 を 美しい 若衆 に 出で た、 せ, 爭 ひの 後、 相 討ら となろ 筋 なぞ は、 南北が 兩 方へ 花 を 持たせよ うとして、 苦心した とこ ろで あらう。 これ を 夢に して、 二人 を イナ セな W 話の 姿に 變 へさせる。 女形に は 又 折よ く、 半 m 郞 に-い i 之 丞の兩 優が あった。 これ を圑 菊に 配し、 後 3- 格の 幸 四郞が 眞屮へ 入った 五 人の だんまり は、 定めて 觀 客 を 湧かせた 事と 思 はれる。 その後の 幕 は、 わざく 長 吉と長 五 郞を喧 させ、 觀 客を然 立た せながら 大詰まで 引摺 つて 行って、 遂に めでたく 和解と なり、 觀客を 安心 させて お出しと なる。 その 問、 圆菊 双方 へ 少しも ケチ み」 附け ない。 どちらの 顔 も 立てながら• 喧啼 を續 けさせて ゆく に は、 南北 も 嘸苦勞 した 事 だら う。 別に、 「花屋敷の 化お」 で、 前の 「四天王 產湯干 一川」 と 同じく、 この 五 人 を 舞臺へ 素顔で 出させ、 わざ わ ざ 園 十郞菊 五郎に 仲直りの 杯 を させて ゐる。 表 年 及說解 本卷 に收錄 したの は、 勿;! 南北の 原作で あるが、 上演に 際して は、 大分に カットされ たらしい。 第一 脚本 を 讀んで 見る と、 どうも 一 幕 欠けて ゐる樣 子で ある。 「水祌 の 森の 場」 の 次に、 「箱 根 在 三 作 內の場 ! が あったら 5 と 想像され る。 それでな いと、 野手の 三 作 や 下駄の 市 助と いふ、 肝心の 團十郞 菊 五郞が 演じ る 主要な 役が 立 消えに なって しま ふ。 恐らく この 幕で は、 野手の 三 作が 古主 山 崎 家の ために 罪 を 引受け て 刑に 行 はれ、 山 崎 家の 系 圖は與 五郎の 手に 渡り、 市 助 は惡黨 ぶり を發 揮した 揚句に 殺される とい ふ 筋 であった らうと 思 ふ。 それでな いと 「品 川 新 丸本」 の 場へ 連絡し ない。 併し、 この 幕 は、 まだ 原本が 出來 上がらぬ 內 から 否決され たもの らしい。 兎に角、 喧嘩した 俳優が 和 解 後の 顔合せ 狂言と い へ ば、 双方が 理屈 を 云って 、顏を よくしよう とする 11 係 上、 いつも 狂 首 作者 は 非常 に惱 まされる〕 恐らく この 一 慕 は、 團十郞 菊五郞 どちら かに 不利な 慕であった ので、 早く も 蹴られて し まった ので あらう。 勿論 舞 臺には 上らない。 初演の 折の 番附 を揷 入して 置いた から、 御覽 になる と 解る が、 番 附に據 ると 綺 本番 附は 正確な もの である 脚本より 人物が 減り、 順序 も變更 されて ゐる。 二 慕 目で ある 「花 a: 敷」 が 序幕に なって、 しかも 五 人の 俳優が 素顏を 見せる 趣向 なぞ は 全然 削除され て ゐ る。 3 ふ拔 いてし まった ので あらう。 下駄の 市 助 なぞと いふ 役 は 全然ない。 第一 おかしい の 一 五 全 北南大 一 六 は、 主要な 役の 山 崎 娘お 關が番 附には 全然 出て ゐな いこと である。 これ も 多分 一 番 見せ揚 である、 一 慕 が拔 かれた ので、 半 四 郞が役 を 嫌った 結 ST 全然 無くなって しまったの だと 見える。 半 四 郎も阐 十郞菊 五郎の 喧嘩に は、 深い 關係を 持って ゐ たとい ふから、 相應 にぐ づっ たらしい。 新して、 折角の 和解 狂言 も、 かなりに い-ちられた 所爲 か、 興行成績 は あまり 上 乘とは ゆかなかった とい ふ。 圑十郞 菊 五郎 は 和解 狂言 中に 再び 喧嘩 をして 、顔合せ も 一 度ぎ り、 以後 四 五 年 ii は 一 座 をし なかった 役割 を舉 けて 置く。 上演の 際に 削られた 役で も、 脚本に 配役され たもの は 加へ て ある。 倉!: 丈 左衞門。 高麗 屋錦 升。 新 丸木の 仁 右衞門 0! ャク 市川宗 三郞 中 間、 下駄 市 助。 三 作 母、 妙 良 尼 ニヤ ク市川 門 三 郞;: 判 人、 權九郎 松 本 小 次郎 平方 左 源 次 川 茂々 太郎ぃ 中間、 助 市 川 小 圈次〕 えび ざこの 十 市 川 高麗 藏 奧 女中、 關屋 吾 蒌籐 藏. 山 崎與次 兵衞。 三 原 丹 平 li ャク大 谷 馬 十:; 竹お 衞門 娘、 お 早。 山 崎 娘、 ぉ關。 大和 杜若 三 ャク 井 半 四郞 山峰與 五郎。 百姓、 野手の 三 作。 成 田 尾 三 升。 當 年の 圑十郞 菊 五郎に 比すべき、 當 時の 對 立した 人氣 俳優 は、 中 福助と 市 川市滅 とであった" 兩優 S 顔が 合った ので、 攻策 上、 この 狂言 を 採用した ので ある。 俳優の 人氣 で、 狂言,. 、 評判に なった。 桝本 のま 九郎 〔仁 右衞 iZ い. 主 水 娘, おそで へお M〕:: 刀鍛冶、 新作 a 二 作. ; yc rf. i 三 fi: 市 川 筒井 重三郎 順 蔵 S. 左 源 太 左 源 次 :. 三 圍稻荷 鳥居 先の 場で みる。 B 「四天王 産湯 玉 川」 に 挿入した 三枚 績 きの 錦输 は、 「市 原野 地藏 堂」 だんまりの 一 場で ある。 業病に 死んで 火屋で 燃されろ までにな つた 良 門が、 一 卷の 威德で 蘇生す ろ。 着物 に はまた 火が 燃えつ いて ゐろ そこ へ 牛の 皮. 場景 とい ひ 人物の 取合せ とい ひ、 實に 纏まった、 凄味の あろ 畫 面の 模樣 た。 これ も璺國 であろ。 B 「蝶 鹣山峙 踊」 の 中へ 見通し に 入れた の は、 「境 木地 藏 堂の 場」 である 久しぶりで 額. B 一 頁大の は、 菊 五郎の 濡髮長 五郎で、 花道 出て くろ 姿で あろ。 兩者 とも 同じく 國貞 の-筆で あろ。 — i 2;2 文 來姬櫻 さくら ひめ あづま おん しゃ. A 櫻姬東 文章 發 端 江の 島兒ケ 淵の 場 役名 J 長 谷 寺の 自休。 稚兒、 白菊 丸。 寺 侍 ひ C 同宿 等。 iv 氷へ きく きれあって、 S に ivi、 トメに なり、 リ? r ひ、 ? S. 皆々 白菊 ゃァ い。 東の 花道より 同じく 寺 侍 ひ、 同宿、 下男 大勢、 弓張り提灯• 皆々 自休 坊や ァ い。 自休坊 と は 長 谷 寺のお 所 化。 ハ 、 ァ、 さて は をな された かな。 集 全 北南大 二 さ て しらぎ る づ さ-つし よ- rtO ん ち ご しらぎく ぎ r ヽ- 同宿 左樣で ござる お 手前 方 も 白菊 丸と ts! : ねさつ しゃる は、 相承 院の 雅兒、 白菊 どの、 儀で ごさる 力 寺 侍. して、 自休 御坊の 行く への 知れぬ は、 何時頃からの 儀で ござる。 同宿 ィャ、 今朝より かいくれ に。 寺 法は暮 六つ 限り ゆ ゑ、 所々? 同 此方 とても 同じ 事、 殊に 年端 も 行かぬ 稚兒、 最早 夜中 も餘程 過ぎて、 追つ け八ッ でも ご. さらうな ヒ 一つ 皆々 ちっとも 早く 尋ね ませう か。 〇 自休 坊や ァ い。 ザ く ひき はなみち は ひ ト禪 の、 ソ トメに なリ、 幕の 引つ けと 花道へ 入る。 ー體 物凄く 跳へ あり。 破風の 前 薄 霞 下 げ、. 5rtslJ? 、 なに たね こ, ひぐ さ おも しゅ いろみ t ふ. て、 リ. 自木 ォ、、 そり やわし も 同じ 事。 肌身 離さぬ この 香箱、 おな. ra し 4 レ み -K-l 自休 また 身の 方へ は 白菊と、 其方が 書いた 筆の 跡、 變らぬ 印 は 未来まで。 ほど なか 白菊 ソレ、 二れ 程の 仲ぢゃ もの。 よ C- そ またうた ト つと 寄 添 ふ。 もんく はい. s-c-. サ、 自 休樣。 しらぎく まる 自沐 白菊 丸。 t あみだ ぶつ 白菊 南無 阿彌 陀佛。 ト思ひ 入れあって 浪 間へ 身 か 投げる。 自休ハ ク とうる た へ 自休 コ レ、 早まった 白菊、 わし ももろ とも。 浪の 音。 寒氣 立ちし 思 ひ 入れ。 つ がん. , へき よう マ ァ思ひ 切って 飛び込んだ 事で は ある ぞ。 命 はさら く 惜しまね ど、 何十 丈の この 岩壁、 な おそ さ おも い ご の ほど" いのち う 恐ろし や。 ト氣 おくれの 思 ひ 入れ。 ェ 、く, 明の 延びろ 程 死なれぬ 命。 よ じき ラ f い ト 呼ぶ。 自休思 ひ 入れあって こと ちか おって こ ゑ しにお く みらい なむ あみに ぶつ 自休 ャ、、。 殊に は 近づく 追手の 聲" 死遲れ たる わし ももろ とも、 未來は 一 つ r 南無 阿彌陀 佛々々 々 々力々 a おな くいに ね, とい あや いしや- リ そで そな まつ ひつ とき つきで じき、 こゝろ ト 同じく 觀 念して 飛び 入ろ。 誤 まって 衣裳の 袖、 磯馴れ 松へ 引か、 ろ。 この 時 チヨ ンと月 出る。 自 休心 づき こり や、 氣 おくれして 松ケ 枝に。 ェ 、、 情ない。 死にたい わいく。 ト 時の 鐘, 浪の音。 ォ、、 さ うぢ や. コレ、 白菊、 跡の 回向 は營 ほど かなら こ. ' ろが は み らい. 自 休彻リ して 手 合せる。 木の 頭。 キザミ にて よるし く。 ま, ゝ うち AT ひどり かみしも で こ. 權助 ィ ヱサ、 わしゃ ァ 勝手に 行きます よ。 兵 内 ヱ 、 、 飛んだ のた まく だ。 V,: 內 にて しきもの も 大勢 敷物 を 持たぬ かく。 ト これ II て 兵內氣 いらち 兵內 サァ、 歩めく。 どうした もの だ。 しか ぎ や. r- れつ ぢ、 つ へ、 -. 'ない む り ごんす け ひ. リ內へ 入る ト、 知らせに つ さ 双 盤 になる。 上の 方 リ撗!. L 石段 、それに 績 いて 小高 さ 山。 白糸の 瀧。 所 々-IL 櫻の 立ち 樹。 U はさ はこ こちら あは づ "うかね つぐ まつ 榜示 拭し すべて 鎌 倉 海 光山の 體。 爱に吉 田の 松 若、 上の 方に 挾み 筘 LL か X リ、 此方 Li 栗 津七郞 兼 松 ゐ けん-. 後ろに 黑 羽織の 徒士、 紺 看板の あしがるお ほ. 軍 助、 奴の 形 LL て 草履. 、、れ にて 幕 明く。 か- U さ-つ はん ら、 t 'おも い• へんた ふし にい i つ わ,;" V- ふ ぜん y た 返答 次第 松 若君の、 御前と いはす、 座 は 立た せぬ ぞ。 主君 少將 惟貞 卿、 去 春. g 月參 内の 歸る さ、 If. :: ん しょく ゆる れ、 都鳥の ー卷 まで、 紛失な せし を押隱 し、 病死と 披露し 禁 庭へ、 繼 目の 願 ひ は 筋 違 ひ。 一 且事は 納まれ ども、 後日に 顯 はれお 咎め あらば、 取って かへ いへ は めつ ひ き はんぐ わん ないしょう うら あ か とく こと にの A 返らぬ お 家の 破滅、 それより 比 企の 判官へ、 內證 打明け 家督の 事、 なぜ 頼んで はお 見やらぬ。 U すら C- やう にん こ-ろ そ. - X ハツ。 ' やまに ぐん ぢ ベ 5! らう にん いなの や はんべ ゑ さま ど ,よ I P 軍 助 にぎぎ つる 騷 動より、 山 田 郡 治兵衞 どのに は 御 浪人。 4」 まで です KM 1 に 松 若君のお 爲も 如何。 '-n t ,でに に,. やつ こと さに: あ ふ おそ まつわ かぎみ ぎょい 七郞 ハテ 下郎に 似合 はぬ 健氣な 奴、 殊更 仰せ も 恐れ ある, 松 若君の 御意と いひ 源 吾 この 場で 事 を がす も. 然 らば 互 ひに 異論な く 二人 兎角 は 申し 談す るで ござらう。 " みな ご どうぜい ともまち 、源 吾 皆 御 同勢 は 供 待へ。 を さ し あん ふ. U り さま 納めた 思案のお 1 1 人樣ハ t I ちょ リズぶ はう ザん さんけい あ じゃり もと おも; a ! 一ち, 6 先, つ は 重 ィサ、 寶 前へ 参詣な し、 阿 奢 梨の 許へ 赴かん。 ト立 上がる 0 大勢 ハ、 ァ どう f は ひ ぐんす けの こ と きむか くつ. :- おと ト 一 同 下座 f 入る。 軍 助殘る ト この 時 向う:. 」 ァノ、 褒美と して ニ千兩 ト思 ひ 入れ o 源 吾 中々 慾の 深い 奴。 併し その 金 遣 はさねば、 貴方のお 手へ 一鋭 は と きむか トこ の 時 向う にて 大勢 片寄り ませい く。 ewp て がみ くいいち、 フ ト惡 五郎 手紙. - ん ト 三味線 音樂 にな リ、 兩人 下座へ 入ろ と、 直に 向う.. r- ナさ 久盛、 主 海、 榮昌 何れ-. -靑 坊主、 黑衣 絮裟の 形に て 珠數. かける。 , ひ ひめ こしら -ン a uf 附 いて 出る。 か 1 ザ!. ' t? r や. せ き や みやと こし も と なり な 持ち、 腰元 五 崎、 鼻紙 臺 持ち、 長 浦、 局の 持へ、 待 乳、 淺茅、 较瀬、 關屋、 tgr 腰元の 形、 じんに いふ しら? おや ぢ はかま 丄ぉ, リ っ. 長 浦 思 ひ 入れあって 長 浦 ァ、 申し、 淸 立樣、 お待ちな されて 下さり ませい。 して、 まづ 御身 ま。 すな は さい ごろ さくらに 二 さ-! 櫻姬 にて 在す る や。 ーセ 集 全 北南大 I 八 ひめ ぎみ ご む 0, おも 5 つく ご き れ. それ も 御 無理と 思 はれぬ。 このお 美しい 御 容貌で、 玉に疵と て お生れつ き、 左のお 手の 開かぬ ゆ ゑ、 入間樣 との 御 緣談、 御變替 へより、 ロハ 箸に、 お 身 を 悔んで y てい はつ 御 制髮。 おぎ たち うち ご V. むる 如く、 申しても 行 ひ 難く、 勤めても 入り 難き は、 佛 道の 深淵。 だ Kis. 身、 佛心 決定 危ぶい. 一旦 出家 得道な し、 一 恒の罪 を 犯す 時. は 却って 地獄の 因と な る。 それより は刺髮 止めて、 緣 ある 方へ 婚姻し、 子孫の 榮へ 計られよ。 しめ あ がに で つら み ざいつ 一 ふ 櫻姬 そのお 示し は 有り難 けれど、 申す も 辛き 身 S 罪業。 長 浦 姬君樣 に はお 生れつき、 いかな 事に や、 左のお 手が 開き ませぬ わい なァ。 ひめ うま ひじり し 淸支 すり ゃ姬に は、 生れな がらに 左の 五指。 櫻姬 恥 かしい 目 を 見る 事 も、 人並なら ぬ この 身 ゆ ゑ。 せめて は 世 を 捨て 御佛 に、 お 仕へ 申す 者 あれば す こ つみ S う ちた.. 何と せん 不便の 至り。 長 浦 ハイ、 お 十七で ござり まする。 みな どう をん ねん :、、 つ しゅぎ やう 淸. 皆 同音に、 念佛 修行いた されよ。 ト涛玄 珠數. 皆々 思 ひ 入れ 淸玄 南無 阿彌。 皆々 南無 阿彌。 なむ あみ 淸玄 南無 阿彌. - ト ャ念ぁく ろ。 升 次、、 れ. ぷん - -、; 'す つゆ ひ みや、 ソ て. ,, さら まに お じと r- 淸玄 ャ。 こ りやこれ ft に。 ムゥ、 瘦 上の 朝露 何ぞ 引き 易き。 露 は 引きぬ わ ども 明朝 更に 又 落つ。 人 死 、 、へ J. 櫻姬心 づ かす LL 幸 文 Ai 姬 银 ゆめ つ S レ かラ ff 乙 樓姬 ほんに これまで 夢に だ も、 露 知ら ざり し 香箱の 五 百 この 手の 中に どうして マァ。 モシ、 淸 立樣 皆々 この 樣な。 ト 合點の 行かぬ 思 ひ 入れ。 ほんに これまで 開かぬ お 手の 開きました は、 ねん かゆ ど むすめ こと お 十 念のお 庇で がな ござり ませう。 ほんに わたし も どうぞして、 ま 一度 娘に ならる、 事なら、 お ねん 5 十 念が 受けた いわいな。 殘月 ィャ く, 長 浦 どの は 娘より、 矢ッ 張り その 儘、 はつち 婆 か糊賣 婆、 花賣 婆が ようお 似合 ひで ご ざるて ざん ゆつ みたて あ が li お ぼ 長 浦 これ は殘月 どの、 お 見 立に ぁづ かり、 有り難う ござります。 覺 えて ござんせ。 姬君樣 にも これから は、 何 IS; らぬ み 、フへ お 身の ho 待 乳 世界の 男 を 選り取りに、 お 目 づき 次第 聱 がね 樣。 こ、 ろづょ せいに き かな とのご 淺茅 お 心强ぅ 精出して、 ぉ氣に 叶うた 殿御 をば , 長 浦 したが、 お 鼻の 高い の を、 お見立て 遊ばし ませ。 ニコ 1 集 全 北 南: A; 二 四: あ が 仁 き ず,. 7 4 かく みづか あ t の, ti 櫻姬 いや、 な、 フ、 か. ' る 有り難い、 奇瑞 を 受けて なんの マァ、 兎ても 角ても 自らお、 尼に なりたい 望• みぢ やわい なう。 あったら 無鹽の 蛤 を、 彼の 雛段で 腐らす 同前。 最早 御 出家な さる、 事 は ,リへ と じ. C りん みら は ひ ご せんぞ ご か ラャラ 知 光 それく。 この 上 は疾く 人倫の 道に お入り あるが、 御 先祖への 御 孝養。 ていはつ せんい ひ, U すら 坊皆 剃 髮染衣 は 只管に せい is ん おも い ト お 主 思 ひ 入れあって 淸玄 ィャ、 方々、 さに 非す。 旣に十 念 S 功 空しから すして、 不思議に も 利益 を 受け 、この 儘 なれば 佛恩. いかで 報す る 事 あらん や。 只 これより は釋 尊の 御 弟子と なり、 愛愍 S 道 を絕ち 切り、 只 一 筋に 念佛 しゅぎ やう. U いまん ザん せ ごふ めつ のち さい はう ふ に みく に い. li か、 r 'はこ か. U 修行 怠慢な く、 前世の 業 を 減せ しめて 後、 西方の 彌陀の 御國へ 到られよ。 その 香箱の 片し こそ、 おんみ 仁 せんち しき 御身が 爲め S 善知識。 ぎゃくせ う 力" じ;, 一 は v べん なむ あ みだぶ つ 淸支 五 逆 消 威 無 他方 便、 南無 阿彌 陀佛々 々々々々力。 U うち まつりか ぐんす け いし にん お ,に ト思ひ 入れ。 - 櫻姬 松 若 どの、 日頃の 望みが 叶う たわいなう。 じゅかい こと せいゆん け ふ こ. -ろ ざ せ. -れう フ ひふく さ てん は のち ひめ すみか さミ あん -r ヌ、 らにに てい 淸立 受戒の 事 は淸玄 が、 今日 士、 5 す精靈 の、 追福 作奠 果て、 後、 姬が 住家の 草庵た る、 櫻、 谷に て、 剃 髪 させん。 ひと ねが くわん ぉム ぼさつ おんみち ひ 櫻姬 これ も 偏へ に 願うた る、 觀音 菩薩の 御 導き。 淸立 ィ、 ザ 衆 僧 達、 御堂に て 坊皆 疾 くく 御法會 あられ ませう。 櫻姬 左樣 なれば、 師の坊 樣。 おら い せい. T- くら ひめ ト 田: J ひ 入れ。 櫻 姬 に したが にんず ? 5 二 隨 ひし 人 數は殘 る。 5 - , みづか ぶつ. 松 若 御 殊勝な と は 思へ ども• そのお 姿 も 今日, り 軍 助 盛りの 花 をよ くも マ ァ、 櫻 ン坊と は あんまりな" 抓 成り ませう 事 なれば、 今暫 しの 內御 剃髮 を、 ぉ延 しあって 吉 田のお 家。 松 若 明日と 迫りし 大事の 前。 甚太 ハテ、 是非 もな き。 櫻姬 ィザ 用意 せん 皆 もお ぢゃ。 , 忪若 ァ モシ。 そで ふ き おも い づ11 ,くら ひめさ みなく いしに. , ひ ,. 唄 lL なり、 櫻 姬 先に 皆々 石段よ リ奧 ヘスる こ 、ろつ よ. 衣の 金。 ひもの 殘月 ヱ 、 、 心中 者め C 長沛 殘月 ん。 ト寄 I ふ o 殘月 女房 ども。 ト思 ひ 入れ 〕o 長 浦 ォ 、嬉し。 よりそ ときい し:; 一ん ,r 'へ ト寄添 ふ。 この 時 石段の 上に て 甚大 長 浦 どのく。 ト 呼ぶ し 殘月 ァレ く、 やら。 ? U をば ト ぶる しく 留め〕 モ シ 、世の 盛衰と はい ひながら、 兎ても 角ても 一 卷の、 "乞 じつ -r へ いへ ど. 一 いてん いのちす せん たから ゆ 紛失な せし 上から は、 とてもお 家 は 一度 返轉。 さすれば あなたのお 命 を、 捨て. - 詮ない 寶の 行く せんぎ み へ。 詮議な すまで そのお 身 を 松 若 なんと。 軍 助 モシ、 七郞樣 より ト囌 き この 奴め が わ ひそ おと ごと あ 、ひち くわん せんぎ 松 若 ナ -1、 すり や 我れ を 密かに 落し、 まつ その 如く 申し 上 ゆ、 その 內ー 卷設議 して 軍 助 めでたう 吉 田のお 家 再興。 それ ゆ ゑ、 これより 武藏 の國に 住居 ある、 山 田 郡 治 兵衞樣 方へ、 あな さも かねつぐ さま お ほ た をお 供いた せよ と、 兼 次樣の 仰せつ け。 松 若 軍 助 參れ。 ァ、、 聞え た。 ヒれ おも しんか まつ ゐ ゆん ご さに かゆ 松 若 誰かと 思へば 臣下た る、 松 井の、 源 吾貞景 ならす や。 しゅじん ,く,;:. こり や 不敵な ひき W た ちまよ まつわ か いしだん ぶ たい に ゆ ゆん ご お ゆ ぐんす けお か ;. i ちま は まつわ か ト 引退け る。 立 廻りに 松 若, 石段 f ござんせ う。 待 乳 大方 みんな あの 衆が なま. さはう V- 皆々 生臭坊主 であら、 フゎ いな。 長 浦 これく、 お前 方。 その 樣に惡 う 一, k はしゃん すな。 さう して 姬君樣 に は、 道 成 寺の 唄に ある、 煩惱 菩提の 道と やらに お入り ゆる i 附々 の わたしら も、 せめて 觀音經 なと 覺 えて、 後生 をお 助け 申す のぢ やに、 それにお 經は讀 み もせす、 ぼん わる い 坊さん を 惡ぅ云 はしゃん して 淺芽 それでも 初め 唐人の、 寢 首と あなたが 長 浦 そり や、 いつえ。 三 九 四 o 皆々 只今。 長 浦 ァ、 爐 ばっかり。 皆々 ァレ、 白々 しい 顏 わい な。 い』 , し キ,. 笙の 入りし 合 ひ 方に なリ、 向う-, 5 リ知 光、 殘月、 入 山、 久盛、 玄海、 榮曰 曰 出で 來リ、 直 Li 舞臺 へ來リ si し お ほ よ ,きに わ さんじ 殘月 師の 仰せに 依り、 先立って、 我れ く參上 坊皆 それへ 罷り通. ります る。 うち は ひ おやま みなく しもて きた ト內へ 入る。 よう マァ ほん 二 女 皆 すり や、 もう 御 制 髪の ; ES 3 11 いはつ- y-6 は-. ' さ. !; かね ぁひづ し はう じゅか、. ' の も 殘月 ィャ く。 翁 髮の儀 は、 放 參の鐘 を 合圖、 師の坊 參られ 授戒の 後。 は少 久盛 彌陀稱 名の 聲を勵 まし 、 集 全 北南大 章 文 )ll 姬樓 ぼん しん もつ 1. ちま す: 海 凡 身 を 以て 忽らに しゃ- r- じ やうぶ つし ゆ ほっしん す、 榮昌 淸 淨佛 種の 發心 を勸 む。 この 旨 急ぎ 姬 君へ 坊皆 申し 上 ゆられ 下されい。 みす うち ト 籠の 中に, て 、 け ふ み なみに ま すか み な かけ ひと か 仁 櫻姬 「今日の みと るに 淚の 十寸 鏡、 馴れに し 影 を 人に 語るな。 升次控 へろ。 ひめぎみ さま 長沛 姬君 様。 き あそ 女 皆 お聞き 遊ばしました か。 にち く あ もゐ くろかみ け ふ おろ あそ た ごり し 五 百 ほんに これまで 曰々 に 、上け 參ら せし 黑髪 を、 今日はお 卸し 遊ばす ゆ ゑ、 せめて 名殘 のお 髮 をと、 四 1 集 全 北南大 四 二 ねが まを とりあ くしけ つゆ なみだ て さき ほ て-.. こ、 ろづか およ こと なが うら ありあ こ そで てう ど あま みむ よ- ソ しな 00 いやく。 その 心 遣 ひに 及ばぬ 事。 ナニ 長铺、 これに 有 合 ふ 小袖、 調度、 尼になる 身に 無用の 品、 いに み おも はか と 形見と 思 ひ、 それん、 に、 計らうて 取らせて たも。 あ がに 長 ま ェ、、 有, り 難、 フご ります こ、 ろ み、" もの ようい しな 櫻姬 それで 心 もさつ ばりと。 ソ レ , 皆の 者、 用意の 品 を 女 皆 畏 りました。 あ かた みなく. おく は ひ しらき つ-. 、 ゑ か-. , ろ はなに て しきみ はなら ふそく t しらき. に ひ. ': SI , ト合ひ 方 LL なリ、 皆々 奥へ 入って、 白木の 机に 香 爐. 一 度 御 出家な されてから、 髪 を 生す は 如柯な もの。 よし 叉 その 氣、 力 ござらす とも、 その美し さで 人が 捨て、 は。 いまさらと へ 八し は 0- て. ' は 撄姬 これまで 思 ひ 定めた 事、 なんの 今更 止まらう、 ぞ。 ち かラす る 櫻姬 この 香箱の 片し こそ、 自らが 身の 善知識。 ヱ 、、 有り難い サ、 衆 憎 達、 とく-,, 香水。 r- まん し-つし; J 'う 坊皆 承知いた して ござる。 つか まゐ もの めん い 、つち は ひ 權助 イエ、 お 使 ひに 參 つた 者で ござり まする。 ァ、, 聞え た。 お 姬樣が 御 出家な さるので。 下樣の 分際で、 姬君樣 の 御前へ 立ちはだかり 女 皆 早う この 場 を 下がらぬ か。 需 ハイ。 長 浦 ほんに さう して、 爱へは 何し に來 やった ぞ。 モシ、 お 姬樣、 これ を ちょっと 御覽 じて ふところ いぜん づけと ふみ Hi さくら ひめ まへ つく ゑう へ お ト 懷ょリ 以前 受取りし 文,, 出して、 櫻姬が 前の 机の 上 L- 置く。 長沛 コレ、 執 次 はな ぜ賴 まぬ、 U 慮外ず め、 早う この 場 を 下がらぬ か。 ァノ爰 な、 慮外 者め。 ト 屹度 云 ふ 權助 ハイく、 下が. ります く。 こっち く さくら ひめし じラ くわん ねん つむ i い てがみ うはが き み ト 此方へ 來ろ。 」 ト その 儘讀 む。 長沛 ムゥ。 すり や 最前 わたしへ も賴 まれた、 あの人 閒 五 郞樣の 權助 左 樣サ。 お 文の 使 ひに 參 りました。 さくら ひめ さ おも い ト櫻姬 これん」 聞き、 思 ひ 入れあって 集 全 北南大 章 文 東姬櫻 櫻姬 今淸淨 無爲の 道に 入らん とする 折から、 愛慾 輪廻の 文 玉 孝、 目に 觸る、 さへ 忌 はしい。 ちゃつ と 外面へ 捨て S たも。 そんなら どうで も 御 出家な さる 御身 だに 侬 つて, こんな 物 は稳ら はしい とかえ。 ぼんな. ,' つみ ふか みづ く. ? はや とりの 櫻姬 煩惱の 罪深き、 その 水莖 は、 早う 取 返き や。 女 皆 畏 りました。 ト 皆々 立た うとす ろ。 權助 ォッと 待って 下さり ませ。 モシ、 ならない は 色事の 習 ひ. それ をなん ほ 御 出 家 をな されば とて、 封 も 切らす、 手も附 け. ずに、 捨て A しま ふと はお 情ない。 マァ、 開いて 屮を 御覽 じて、 何とな りと 御 返事 を をの こ め ふ み、 き ぶつに う ぎゃく ざ い ひと えんしょ て ふ 知 光 ァ、、 こり やく 男子。 目に 觸れ 耳に 聞く さへ も、 佛道 にて は 五 逆 罪に も 等しき 艷書。 手に 觸れる 事勿體 なし。 はう いつじ わけん こと よ き る の は うづ な む はふ もの ふみ み 殘月 放逸 邪慳 も 事に 依る。 聞いて 居れば 野 方途 も 無い 無法者。 その 文 を 見せて モシ ひょっと、 どうい こと み らう ねんが ねんぶつ ぎ やう じ や ひめぎみ もの ふ 事に かなって 見ろ、 この 一老が 念 掛けた、 ィ ャ念佛 行者と なるべき 姬 君に、 そんな 物 は、 ならぬ く。 四 五 集 全 北南大 四 六 1 坊皆 歸り 居らぬ か。 、 權助 そり や ハ ャ 、御尤もで は ござります るが、 if も あなた 方に お 目に かけろ と 云 ふぢ や ァ なし。 下がらぬ か。 一 i! ん えん き は と の ご ふで こ、 ろ-つ ご い y. いしゃ. r j 櫻姬 一旦 緣も 切れ 果てし、 殿御の 筆に 心 動かし、 いなや 云 はんも 罪 ii; ならん。 : 權助 そんなら どうで も 御 返事ば 一 しょりち よろこ おも い 、りちい ほ ざき おも い 一 ト 承知 ipJ ぬ 吾ぶ 思 ひ 入れ。 この 內 五百崎 思 ひ 入れあって ; は か ひめぎみ さま お ぼ めし --! い たか ひく よ なか をん な をと こ も かひ 長 5i 云 はしゃん すれば そんな もの、 高い も 低い も 世の中に、 女 は 男 を 持たい では、 生れた 甲斐 は ご.. さり ませぬ。 ービん r け はら た おも い さくら ひめし じう じ つ i ぐ と. 色慾 の 紐に ひかれ、 長く惡 趣に 入られう か。 重ねて 一. k うてた もんな や。 , X: の-た。 人に は 思 ひとい ふが ご.. さります。 モ シ、 皆さんお 閒 きなさい。 女 皆 そり や マ ァ、 どんな 事ぢ やえ。 權助 サァ、 どう だと 聞けば 华四郞 に、 生寫 しな 娘が あって、 近所の ニ才が 張り かける。 その 內 にも 取 分けての ろい 男が、 つけつ 廻し っロ說 いても 諾 かない ゆ ゑ、 それから ぶらく 戀烦 ひ、 とうく そいつし ま、 いうれ い むすめ と ころ ひろ ひ なか で おやに- らんされ むす. に 其奴が 死ぬ とその 儘、 幽靈 になって 娘の 所へ、 晝 日中に 出かける さう サ。 サァ親 達 は亂騷 ぎ、 娘 四 七 集 全 北南大 しゃく お 二 i いに ちで か ぢ き た う およ は 痛 を 起す やら、 それから 每日 出かける ゆ ゑ、 加持 祈禱 はいふに 及ばす、 いろく やっても せう ことな よふつ -c ころ えど いさ ゆ い-つれい おもしろ -. -ー ろ ひさ で ふ 事無く、 千法盡 きた その 所へ、 江戶の 勇みが 行き か、 つて、 ナ 二 幽靈、 面白い、 この頃 久しく 出會は あ はん ii たしき すぐ:: f めと ころい いま たは-一 ふ i あ を ない。 U はに ね かね さ, i, 、ら いれずみ み xi く はなし うち よろ ト話 li 乘 つて 片肌 脫 ぐと、 鐘に 货の 刺靑 あろ。 か t はに; J か i つづか 1 ねけ い. ,れい こおし いうれ い あ; み 二 ゑ 、• こと 出ゃァ がった、 飛んだ 氣 紛れ 幽靈 だと、 搴を くらって 幽靈も• 哀れな 聲で云 ふ 事に ゃァ. 皆々 何と 云うた や。 よろ で こ は 06 を 權助 夜 出る の は 怖い と 申しました 3 S 白々 ハ、 ゝ ゝゝゝ わら さくら ひめ -.. 一ん すけ - に 櫻姬 ほんに、 長 浦が いひつ けし 形見の 品、 それぐ 持って 次へ 立ち や。 あがに ' - — 女 皆 有-い. 敷う ござります ト 立ち 力 、る、。 みづか おんき?'. 、、の 內權 助、 慈 のみ 居て す, ゐ rf,v- ナ とて ゐ あく ら r- さま こと らち あ 權助 ャレ く、 坐って 居たら 眠氣 がき ざした。 へ い。 お 文 を 持って 歸り ませう。 櫻姬 ィ、 ャ、 其方 は 去な されぬ。 マァ 待ち や。 : ごんす けお.. い ト權助 思 ひ 入れ 權助 ハイ、 御用で も ござります か。 よう ほど こ、 櫻姬 サァ、 用が ある 程に、 ちゃつ と 爱へ。 ト 怖々 椽 側の 所へ 來リ 參 りました が、 何の 御用で くる こ、 櫻姬 苦しうな い。 爱 へお-ちゃ。 權助 ハイ。 でも、 それへ は あんまり 櫻姬 ハテ、 大事な いわいの。 - う V う 一. - めん やにい ラへぁ t ゐ 權助 ヘイ、 左樣 なら 御免な され まし。 サァ、 どうぞ 云うて 聞かして たも。 ト 側へ 寄る。 權助 そり や ァ何を 私しが 櫻姬 隱 してた もんな。 其方の 身の上。 權助 ェ。 ト思 ひ 入れ。 櫻姬 これ を 見て たも。 ひに り そで. 跳への 合 ひ 方。 權助 これ 見て ほりもの 權助 ャ。 この 刺靑は 櫻姬 其方の 腕に をり わ かひな おも い さくら ひめと. C 權助 ムゥ。 そんなら これ を あの 折に ト 我が 腕へ 思 ひ 入れ。 それから 跡で,々 と、 一 曰 二日と 經っ につけ、 次第に 床し さ懷 かし さ。 然し 此方 は 可愛 さが、 まして 年端 も 十六 七、 どう ど め ぞも 一 度 あんな 目に こゝろ はづ ま. 1 うち あ こと ハ えり ふ よ いとな 櫻姬 あうて 心に 恥 かしい、 又 その 中に どうぞして、 逢 ひたい 事 も 折に 觸れ、 たと へ 良から ぬ營み を、 ひと ひめ ご ぜ ど はだ ふ する 人 とても 姬 御前 は、 一 度な りと も 肌 觸れて 權助 外に 男 は 持つまい と、 思った ところが 名所 も、 知れまい とって 夜盗の 仕業。 うち あ しるし わ わて この 櫻姬 もし その 內に ひょっとして、 めぐり 逢 ふべき 印に と、 我れ と 我が 手へ 此 やうに 權助 わつ ちと 同じ 入れ 黑子。 さう と は 知らす どんな 氣で、 居る やらす びいて 見よう ぞと 章 文 m 姬樱 さっき たま づさ 櫻姬 それ ゆ ゑ 先刻の 玉章 も わ の, いろ ま つか 權助 我れ と 望んで 入 間の 使 ひ。 めぐ あ ふせ 櫻姬 廻り 逢瀬 も か t ら 權助 け ふ 鎌 倉。 , ふ し ぎ えん 櫻姬 不思議な 緣も• 權助 ある もの だな ァ。 たか おも い あつら おんがく ト互ひ に 思 ひ 入れ。 へ の音樂 になる。 い をり いんぐ わ にね み やど ひと くち は い か, おも れづら 櫻姬 まだ 云 ひたい は その 折に、 因果な 胤 を 身に 宿し、 さがな き 人の 口の端 も、. 好き 折 柄と 松 若に、 添うて 下りし その 日より、 佛門歸 依と 云 ひ 立て. ァノ たった 一度で。 飛んだ 話た。 さう して その 餓鬼 は も そだ は、、 か み で" - うへ なが うら し しづ て 櫻姬 サァ、 守り 育 てんん 憚る この 身。 ろ つく えんぐみ もったい ほとけ いつは る 事 を、 附々 とても 誰あって、 知らぬ 男へ 心 を盡 し、 緣組 いと ふばつ かりに、 勿體 ながら 佛を僞. り、 剃髪 授戒の 際と なり、 逢うた も盡 きぬ 二人が 仲。 五三 ffr 四 權助 そんなら 坊主になる 举は 櫻姬 なんの 斯うして 逢 ふから は 權助 そんなら 矢ッ 張りお 姬樣 か。 機姬 ァ レ まだ そんな 權助 さう して 何-たえ。 い さくら ひめ さく. 櫻姬 其方の 女房と やら。 い んす S. 權助思 ひ 入れ 權助 でも、 お;;: が 身 は 知る 通り。 みづか い 襟姬 アコ レ。 自ら さへ 云 はぬなら 權助 マァ そり ゃァ そんな もの サ。 姬 そ ん な ら これから によ う i5 う 權助 女房 だ ぞぇ。 や へ m -I. 窣文 m 姬 櫻 櫻姬 ハ テ、 なんの 偽り。 權助 術し! iil にお 姬樣。 飛んだ 夫婦 だ。 ト云 ひながら あたりん 見乂」 久し振り-たの。 おも い どくぎん t. 獨吟 1: なリ、 、;れ よ リ權 助、 櫻 姬色合 ひ。 簾 T リる。 ゼ 廻,. この 內 残月、 簾の 中へ 駅 込む 時、 懷 リ起 證.. 七郎 取上げろ。 サクと 簾 上がる と、 殘月、 しどけ なき 體の 櫻姬 捕へ、 片手に 袱紗 包 みの 香箱 持ち出る。 動かつ しゃるな。 ひき A, あく• 惡 五郎 自國太 踏んで 惡五 ェ 、 、 腹の 立つ く。 ト思 び. k れ。 この 時下 座より- 長 浦に. U め 女形 残らす 出で 來リ ひめぎみ 長. , 1 ナ 二 姬君 がい たづら とや。 ,13- 皆 ほんに あられぬ このお 姿。 ト思 ひ 入れ o 惡: A ァレ恥 かしい。 ェ ゝ。 なれ ども 跡に 殘 つた 證據。 惡五 ドレ その 證據を 殘月 ンの 中に ト 渡す。 七郞 ナニ その 中に ト 取らう とすろ 殘月 隔てる o 三人 ェ 、 、 寄らつ しゃるな。 - 淸立 ャレ 仰々 しい。 鎭 まられ よ。 おん-かく しゃう めん ふすま. で— ト音樂 LL なリ、 正 面の 襖の 内ぶ リ淸主 出て 來る。 ト知光 その他の 坊主 殘らす 附添ひ 出る。 せいゆん あ じゃり さま 七郞 ャ、 あなた は 淸立阿 奢 梨樣。 せいゆん おも い. ト洁玄 思 ひ 入れあって さい, せれて いはつ せんい こと は. - さん かね ぁひづ ま. 淸玄 最前 刺髪染 衣の 事、 放 參の鐘 を合圖 と、. これ 未た 佛 因の 至らぬ とこ, 0。 さあれば じゅかい いま ぼん しん 、:ら ひめ ふ ぎ と, が おひ I J 受戒な さ 5, るう ち は、 未だ 凡 身の 櫻 姬、」 不義と て さの み 咎 むろに は 及ばぬ。 受戒せ ぬ ゆ ゑ まだ 俗なら、 吉 田の 娘 櫻 姬。 こと ぶ つ ち けジ とが. お なにと つ、 なか 兵內 殊に 佛地 を稳 した 科、 この 儘に は 置かれますまい。 何 は 鬼 も あれ 包みの 中。 惡五 ドレ。 ト狱紗 包み 開かう とすろ。 七郞 留めて bjc 1ー ふ ぎ しょうこ• ひきに せんさく てろ. そこへ 證據を 引出して、 詮索 ある は 照 門樣、 ちっと 大家の 器に は、 お似 合 ひな さらぬ、 先づ その 儀 は。 7 ラら か きょは, キ;! よ 惡五 ャ。 こり や 香箱の、 蒔繪は 表に 蓉の 模樣、 裏に 書いた は淸立 ムゥ。 この 淸 立と いふ は。 ハ 、ァ よ きょ 1. ふ ぎ あ ひて せいゆん あ じゃり. 惡五 ォ、、 不義の 相手の 淸立阿 奢 梨。 皆々 ャ ァ、。 七郞 こ は 物に 狂 はれて か。 道德 高き 淸憎を 五 百 不義の 相手と 仰し やる は 殘月 それ. そんなら 愚 憎が 渡した その。 ホ 、ホイ。 お, n い ら、 「-が てん ゆ さ こら ひめ うちお も い ト思ひ 入れ。 七 郎合點 の 行かぬ: な L。 櫻姬 この 內思ひ 入れ か 5 ほこ みづか 櫻姬 アコ レ。 その 香箱 は 自らが 女 皆 ほんに 最前 ト思 ひ 入れ、。 -ぶ こ せ、,. ん さくら ひめ ふせ かたは お か、 フゅニ ふ ぎ しょうじ I 要 五 何 をく。 サァ淸 立、 櫻姬が 臥った る 傍ら、 落ちて あつたる この 香箱。 不義の 證據 であるまい か。 その こと もったい 櫻姬 どうして あなたが 其 やうな、 みだらな 事 を。 勿體 ない。 悟りき つたる 古への、 大道、,. - にも 情けの 道 踏 六 一 六 二 まよ ためし わ おい さくら ひめ れ, C ぼ 二と しょうこ か 、つ はこ - ひめ み 迷うた る 例 は あれ ど、 我れ に 於て はな どて この、 櫻 姬に戀 慕 せん。 殊に 證 據の 香箱 こそ、 姬が 大 ひら て うち い こふ ひと- r 一 統に をん を 皆々 よう-存じて 居ります る。 す りやこの 上に 淸立阿 奢 it へ。 か さくら ひめ せいけん で し えんじゃ しょうこ やく. 惡五 ィ、 ャ、 彼れ らは 楼姬 のかし づき。 淸玄が 弟子 ども。 緣 者の 證據 で、 役に は 立たない 殘月 そんなら どんなに、 申し 譯 いたしても。 ; かう はこ せいゆん か なにた し 1- 惡五 この 香箱に 淸 立と、 書いて あるの が、 何 より 糙か だ。 たと へど、? めら、 ソと、 淸立樣 に は 不義 はない。 あ ひて 北 集 ar あ ひて 惡五 そんなら 外に 相手が あるか。 章 文 東姬櫻 兵內 あるなら それ をキ リノ. 0 り あ ト香 筘. 殘月思 ひ 入れあって 中へ 入リ、 これ 取上げ 殘月 サァ くく、 大事 だく。 モシ、 お 師匠 檬。 ト淸 玄思ひ 入れ。 ハテ、 人 を 助ける。 ナ、 サ、 人 を 助ける 出家の 身 -ニ、 ふ ぎ ひめう ま か, -、 かラゅ こ せ:. コレ、 この 香箱の、 淸立樣 で ござ り ませう がな。 六 三 丄ハ 四 知 光 モシ、 淸 支樣, 仰せ 分けられ は 坊皆 ござり ませぬ か。 ト淸 玄思ぴ 入れあって :. 名譽の舉道たりと. の 苦しみ を受 く。 一身の 難題。 、 皆々 ェ、。 七郞 す りやこの 揚 にて、 淸立 ァ、 コ リャ。 : なる。 - んな か ; a ち あ fc 寺 を 構へ し 憎の 身で、 女 を 犯した 罰當 りめ。 July 身 こ、 ろえ 兵內 心得ました。 殘月 今まで 生臭坊主と 知らす、 師匠と 崇めた 腹癒せ。 , ころも ひつ ほ 兵殘 キリく 衣 を引剝 いで ト立 ちか、 リ、 手 ひどく 涛玄が 衣ん」 引剝 ぐ。 ぎい ミょ るく としてき にる。 知 光 こり や 又、 あんまり。 みなく. U めら ト これにて 皆々 躊躍 ふ。 ? t. : ひめぎみ さま 長 浦 して、 姬君樣 は。 惡五 ,s した 報と いひ、 SKtkssr. , みづか おも い 櫻姬 自ら を C ト思ひ 入れ。 六 五 章 文 來 姬 樱 六 六 ゝろ ひめ す こ み. 、 1 l. 長 浦 思 ひ 入れ。 おも い 殘月 ェ、、 いまく しい。 ト思 ひ 入れ 0 e- や-. ' に. - J 番八 飛んだ 事よ。 吉 田のお 姬樣、 櫻 姬樣と 色事で、 コレ 脫衣 追放と いふ 利に あはつ しゃる わえ。 U いろ ご. あん に いぢ や, f ぶ 桶 七 案じるな。 大丈夫 だヮ。 づぶ おきや ァ がれ。 :ir 方 はお 公卿 樣 のお 姬樣、 片方 は大 寺の 住持 だヮ。 仲間入り はしつ かり それ を i。 田に 大 全 章 文 束姬樓 マァ、 口 祝 ひにごん つく 極めた のよ。 皆々 そいつ は 奇妙 だ。 北 八 もっと 酒. Ma: つて 來 ようか い かゆん にあと 、に 番八 もう 好い加減 にしろ。 唄に なリ、 向うよ リ淺 茅、 綾瀨、 關屋、 宮戶、 奧 女中 絹 羽織の 侍. 侍 ひ吞み 込んで 舞 臺へ來 ろ。 身共 は吉田 I 豕 の者ぢ やが、 今日 この 所に 晒し者 ありと 承 つた。 その 番を致 もの モの はう 11 ち す 者 は、 其方 達 か。 ト 立騷 ぐ。 さり rui こ. へ ィく。 卽 爱が 場所で ござり まする。 番を 致す は へ ィ 私し 共、 仲 t もの f 間の 者で, じ ざり ま la- る や もの ども 侍 左樣 か。 f 7. よしに ォ おく づと もの たび ひめぎみ ふ りよ こと. ノ のち かゝ 淺茅 これ は 5 の 4 火 儀。 我れ く は吉 田家の 奥勤めの 者。 この度 姬君、 不慮の 事に て、 お 命に も 係 は f,l ク じひ もつ いなせ が は さら その ュ うにち なか ま くに , fc- え. 宮戶 それ、 用意の 品 これ へ。 侍 畏 りました。 はさ ほ 二 まきる 3 き ゆ v、r 'に よ ところ な i. U 番八 ハ、、 、ヽ。 これ は 御如才 のない 御 出家 樣だ。 へ ィ あなた、 お有り 難う ござり まする。 知 光. 1 ャく、 禮は此 力から。 以來は 何かと 其方 達が 世話になる であらう。 縑倉 御所の 御 祈願 所、 新淸 水の 淸立阿 奢 梨と もい は おんみ み こじき なか なにとぞ ふ じい、 フな せ れ しん れし 御身が、 見る も いぶせき 乞食の 仲間, 何卒 不自. S の 無い やうに、 世話して 進ぜて くりやれ よ 番八 ェ 、、 ァ、 この 金 も。 ェ 、、 有り難い。 そり や、 兩 方で 百兩ぁ るぞ。 どう だく。 づふ ドレ、 百兩 とい ふ 金 を 見せて 下さい。 三人 おいらに も 見せて 下さい。 番八 コ レく, やかましく 云 ふな。 騷々 しい 奴ら-た。 乞食に ゃァ 雷の 落ちた や、 フ だぞ。 みなく い ゐ ラ ちとき たいこ じか くろ てん くみこ あ を あみ の もの ト皆 々わやく 云う ズ 居ろ。 この 內 時の 太鼓 LL なリ、 向うよ リ黑四 天の 組 子-。 跡よ リ松井 源 吾、 上下、 胶 立の 形、 打 裂き 羽織、 胶 引の 侍 ひ 二人 附き出 ズ來リ 直 llI; 臺へ來 ろ。 侶、 吉 出の 女中 方、 相 詰め 居らる. n リャ、 定めて 一通りの 科 人の やうに おら かろ こ A ど ざいく わ なさ ことけ つ まか I れ.. 淺茅 これ は 松 井の 源 吾樣、 お 役目 御 苦勞に 存じます る。 中々 持ちまして, 仰せ を 背くな ど、 申す 儀に は ござり ませね ど みや づか ひめぎ A? i しほ わか 綾瀨 いは 5- お宮 仕へ を 致せし 姬君樣 に、 暫 しのお 別れ。 ぎよ い 、つ よそ めみえ 關星 たと へ 御意 は 受けす とも、 外ながら お 目 見得いた したく 宫戶 今朝 程より 相 待ちました る 事。 この 儀ば かり は ぐそゥ し て、. ' わか さ おんに ふむ ゐ みく えん こ. さりな 力ら 大 ぜ r- かみ pt ひモ みま ぎ なに ふみ ご かんべん 勢 は 上へ 恐れ、 窃かの 見舞 ひ。 この 儀ば かり は、 何卒 御 S 辨。 皆々 偏へ にお 願 ひ 申します る。 坊主 女の 長袖 なれば, セ五 七 六 暫 しの 猶豫 はして くれう ヮ。 皆々 すり やお 閒き屆 け 下さります か 源 吾 長う は 相 成らぬ ぞ。 かたじけな 皆々 ェ、、 恭 い。 番八 へ ィく。 番八 殘らす 用意いた して ござり まする。 づ ぶ. け らい めし、 フど ひきず に 源 吾 ャィ、 家來 ども。 囚人 これへ、 引 指り 出せ。 せいけん-. -1 f 侍 一 ハツ、 淸玄 御坊 さ ら ひめ 侍 一 一 櫻姬。 , 一 一人 出 ませい。 下の 鹫 籠ぶ リ櫻 ぎめ、 1 じく ilU てぎ、 w. 罂 いかに 靈。 0pff. ャィ、 ぎ 人 ども、 向後 はわ いらが 仲間 だぞ。 雨 人の 者、 しょ お こと も ひな ひめ せいゆん に. へ S ぉ姬 さん。 この 子の 里 扶持、 今 貰 ひませ う。 無い の かえ。 無くば、 その 着物で も引剝 いで、 地 切れに せに ゃァ ならない。 章 文 東姬稷 長 コレ く、 その 樣に云 はすと、 マァ わたしに 任せて 置き や。 ィ、 ャ モシ、 お 姬樣、 今日から 非人と て b と 一 さとぶ ちで き て もと そ i. 1 こ なれば、 お 手元お 納戸 も あるまい し、 里 抉 持 も出來 ない。 こり や 手元から 育つ がよ い。 これからの 渡世に は 大きによ い。 ァ、、 マァ わたしら は 子 もちに 遣る わい の。 サァ く、 退し ます。 しかもお 前 は、 まだ 乳が 出る とい ふ 事であった。 サァ、 ほんのお 母さん だよ。 00 アコ レ、 人の 見る目 も。 これまでの よしみ、 其方よ しなに。 それとも 金が あるか。 ソレ、 又せ びる; P いの。 サァ く、 抱かん せく。 むり に ちか-,. しき な さくら ひめ ち. - ふく ト 無理に 抱 かぜろ。 赤子 頻リ LL 泣く。 とめい く。 八 1 集 全 北南大 八 二 長 他 どうで 舍 はない。 着物で も引剝 いで 行か 5 かいの。 十 作 それが い、 く。 りゃう にん さくら ひめ. 見れば 屋敷 を 暇の 長 浦、 百姓 體の者 を 召 連れ、 なに 立 騷ぐ。 長沛 貸 を 取ります る。 に は たわけ I もの んな なんな おも もの きちが ひ ひ 二ん 3 ひこ 、%吾 默 らう。 白痴 者め。 非人 ども、 追 立てい。 北 小 畏 りました。 くら C- や、.. ' にんび つく ト喰 はす ゆ ゑ、 兩 人恂リ して 長 十 これ は 怪しから ぬ。 貸 を 取る の. た わな。 長 十 ハテ 、貸 を 取る の だ わな。 北 小 行けく。 r ら さ; さくら ひめ おも い きに こやす け む V さ、 ト長 浦、 十 作ば 樱姬へ 思 ひ 入れ。 北 八、 小屋 助、 向う へ 支へ る ャァ、 容赦いた せば、 樣々 な 奴が 出て うせる わえ. - どこの 國 にか 赤子 を 抱 ひて し 51。 ェ 、、これ 侍 いつまが, に こと しゅじ,:; ようし?. せいけん; Hi で い. 主人と て 容赦 はない。 淸玄坊 も それへ 出て. 犬つ くば いに かッ つくば ひ、 I 齿 生の 成敗、 百 杖 打って 諸人へ 見せしめ。 人 も 多い にづく 入と は、 餘り 物好き。 よめ あ か は いま ゆん ご こ. - によ め り p-r- にん ほねみ こ. U 好い 目に 會 つた その代り、 今、 源 吾が、 爰で又 好い 目にあ はす。 L 打つ。 淺茅、 緩 瀬ら 思 ひ 入れ。 侍 ひ 非人と めろ。 向う バ タく に て 粟津 七 らラ あさかみ しも も、; 11 ち だ いせ ラ か で き. U ; b んご つき ま は じち と きっと 郎、 麻 上下、 胶立、 大小に て 駔けズ 出て 來リ、 源 吾 突 廻し、 鞭 取って 屹度なる。 七郞 ィ 、 ャ騷 ぐな。 SV うめ ラ ら-フ かねつぐ ゆん ご さだかけ しゅじん むち ラ 七郞 ォ、、 同 苗 七 郞兼次 だヮ。 源 吾 貞景、 なぜ 主人 を 鞭打つ の だ。 三老 よりの 仰せに て、 役に 指れ し 松 井の 源 吾、 家來 ながら も 鞭打つ 役。 支へ 立し てお 咎め 受けるな。 たいがいし tO ひめ れんぼ よしに いへ あ ふりやう およ の も やから 七郞 ォ、 それ も大槪 知れて 居る。 姬に戀 慕し 吉 田の 家、 押領 せんな ど 》、 及ばぬ 望み を かけし 輩が 、源 吾 ャ。 ゅ下せ世 わ 話に いふ 鎖との S とやら。 ;き、 御身 また I にあって、 11. なぜ 知らぬ顔して お居 やる の だ。 まいが 源 吾 サァ 七郞 それに ャ更 出かし 顔、 鞭打つ 役 も 措かつ しゃい。 吾 サ ァ、 そり や ァ 七郞 主人 を 打つ を、 忠義と 思 ふか。 理を 非に 枉 ゆて 云 ひ 伏せても、 返らぬ は姬 君のお 身の上。 一:、. ゆ、 ち. " -F. 兄 六郞に 逢うたなら、 よしな に該 びして、 たもい なう。 全 淺茅 あのお 詞を 聞く につけ、 お 心根 を 思 ひやり 集 淸瀨 私し ども、 おぎ はしう 四 人 存じます る わい なう -1 , 、 ぶよ. ト思 ひだ。. や r になり- 七 aTi ん 4 いし V -, S へ. 、る STLili きし、 r やん 4 む きえて、 5- け A.? - ひめの 二 玄櫻 姬 残る。 何の 恨みで 淸玄 を、 不義 者な りと 云 ひ 立て、、 か. 思へば く、 恨めしい お. 人ぢ やわい の。 , 、ひら き ま を わけ とほ まな なが こと さた しら か は も とき い M づ 櫻姬 そのお 恨み を 聞く につけ、 申し 譯 なる 一 通り。 申せば 長い 事ながら、 北 白 川に 在りし 時、 云ひ號 みづカ こ-ろ しの こ、 ろ かり まくら に ど なさ xiu r6 やど あと け ある 自らへ、 心 を かけ、 忍びし 心に ほた されて、 假の枕 も 只 一 度、 情けの 亂を 身に 宿し" 跡 二. て 聞けば 情けな い• 7 ナ. フ 少 淸玄 サ、、 その 樣子も 聞きました。 U ふと お. ぉ赦 しな 姬 されて 下さり ませ。 ト いるく 切なき 思 ひ 入れ。 の すけき よ ろ すな は ほっしん 淸支 ァ 、、眞 にか. -る 無實の 大難。 思 ひ 廻せば 因果の 道理。 - 廿 歳の 上 を 二つ 三つ、 また 年若き 所 化た る 身の、 稚兒 白菊と 衆 道の 起り、 命 を 捨てん と 契約 い たづ ごと な は わ のこ むじで 7 み れん. U いまさら めぐ き せ も、 徒ら 事と 成り 菜て A 、我れ のみ 殘るは 無情と も、 未練 者と も喷 はれん。 櫻姬 ャ 、 、 何 とえ。 ト 聞き 处 n めろ。 赤子 泣く o 淸玄 人 を 助ける 出家の 習 ひ 櫻姬 この 身の 果が、 思 はる ナ P いなう。 おも いぜんつ と はん い き ii ト思ひ 入れ。 禪の 勤めに なリ、 番八 うそく 出で 來リ 番八 これ はしたり お前 方 は、 何 か 身の 述懐 を 仰し やる 樣子 だが、 モシく、 今更 返らぬ 事で ござり ま ま へがた ふ ti り しん;? つ し そこな み する ヮ。 そしてお 前方 二人の、 さう して ござる ところ は、 どうしても 心中の 仕 損 ひと 見えます。 モシく、 ぉ姬樣 く、 お前 樣も、 わしら の 仲間へ 入らし やった と 、うて だお にも られ まい。 いっそ あの 淸立樣 を 還俗 させて、 お前の!: 亭主に なされて は ど ふ-? ぶ ぐら と も かせ さ や- フ うで ござります。 さう すれば 夫婦 暮 しの 共 掉ぎ。 左樣 なされ ませく。 さ,、 ら ひめ ご か. うつむ ゐ ト 櫻姬、 赤子ん」 抱へ、 俯向いて 居ろ。 淸玄 きら はしい。 ,まけの 1: が 子と なりし 身の、 今更 大俗 とならん や。 聞く 耳 持たぬ ぞ。 ハト 眼. わる お, i めし ひめさま ふ り』 を とこ もも あ: if I• お 姬樣も 二人の 男 は 勿め t n 一入ても 五 人ても お を! ; つが, 7 ぎで ござります。 ひ爱 に、 コ レく ト 以前の 酒肴 か 取って 來リ 貰って 置いた 酒肴、 還俗な された 御 祝儀に モシ あ ,0. お 樣 から 淸玄樣 へ、 一 っ献 けて、 お飲みな され ませ C 左樣 なさる と. 仲間へ 祝儀 を 出し さへ なされば、 W 人に でも、 百 姓 にで も、 勝手な 者に なれます よ。 す X さくら ひめお も い ト勸 める。 櫻姬 素人と やらに なれば、 わが 身 達の 仲 問と やらで は、 ない と 一 ガ やる のか さ や、 f 番八 左樣で ござります。 櫻姬 そんなら 其方、 好い や 5 に賴む わい の。 惡ぃ事 は 中し ませぬ。 わしに お せな され ませ。 、 よ、 よ それが 承知なら、 わしが 駆け 步 いて、 婿 も 仲人 もお の is にきら へて まする。 待って ござり ませく。 ト 木魚の 入 ひった るすが になり、 g 、ミ 5f ろ。 -IT き。 IS プぉ i ギ, る。 どうぞ 非人の 手 を 離る やうに、 力と なって 下さり ませい な。 ちから しん な-」 しゅっけ み なご ちから 淸玄 そり や モウ、 力と なって 進ぜたい が 、何もい うても 出家の 身で、 どうも 女子の 力に は なられ ませぬ。 おも い ぜん ぶし み ァ、、 これ を 思へば 以前の 如く、 武士の 身で ある なれば 00 ァ、 水の 流れと 人の 身 は、 何時 どの やうな 淺 ましい、 身に もなる かと 末の 事 を、 思 ひ 廻せば 敢 よ なか ない 世の中。 ; パ 淸立 或る 程、 深窓に 養 はれ、 荒き 風 を も 厭 ひし 身 3、 嘸 やく、;; - 苦しう。 U しな しんじゃ うま を この 行末の 身の 嗜み、 進上 申す。 あ が. U うら みづか かへ f7 な. さけ バ. - m-ij 濃姬 ェ 、, 有り難い。 人 を 助ける 出家の 身。 これ は 女に 迷 ひし 出家。 我れ は 無 實の罪 すぎ ねん ち ゆ はな しらぎく ながら、 これまで 過に し 十七 年、 散り 行く 花の 白菊と ま. a しらぎく な-. 2 姬 ヱ 、又 かいな。 ' 菊の 盛り を 散らした る、 その 罪人 は 卽ち淸 立。 されば この 姿 この 見せしめ、 力、 る 集 因 深 み う. ?' せ よ しか いま は かいに らぐ ぜんせい ちぎ ちつ j おも き 身の、 浮む 瀨 いっか 世 も あるまい。 然 らば 今より 破戒 墮 落の 前生に て, 契りし 雅兒と 思 ひかへ 九 1 態 全 北南大 , 九 二 h ひわ さくら ひめ て と きっと お.. すり や 便りな き 自ら ゆ ゑ、 御 出家 樣が 勿體 ない、 力と なって 下さります るか。 よろ 二 ぐ そ 5 まんぞく いま ちから こ ろ おち は かいに らぺ み 淸立 その 喜びに 愚 憎 も 満足、 今より 力と なる から は、 こなたの 心の 落つ くやう、 破戒 墮 落の 身と なり ひめ あらた し- T けん て、 姬と 改め、 祝言し ませう C みづか せい 1? ァノ 自ら を、 淸玄樣 が たが こ、 ろ ち しるし ちから. フ L ねん し S-. 7 ひ. yy せ ど まくら せかに みは かい. 一度の 枕 は 二世の固め、 この 身の 破戒が 憷 かな 證據。 らな い そな. さて は 其方 は淸玄 が、 胸 疑 ふ 、も ある 力。 樱姬 なんの あなた を 疑 ひませ う C 、 うにが う. U が は み i へ じゅず さす 淸玄 ィ、 ャ疑 ふ。 その 疑 ひ を 暗ら さす は、 コレ、 こなたの 見る 前 ト珠 数. t へ じ. 櫻姬 ャ、、 お前 は珠 数. ト ひい 入れ。 、 illi 新の、、 なし。 云ひ號 けの 惡 五郎、 照 門 だヮ。 いろ コ し そくて るか ど 淸立 入 間の 御子 息 照 門 どの。 おと 置 f 夢め。 si つぎ 射 あて、 紙 あ isw いた。 i にこれ な あな 子 は、 m せし、 5i 俗. 貧れ ざる この. , ぎ を、 Mis としてお よい ぽ かんが 爲 めに 忍び 來た。 J へんじ 櫻姬 サ、 その 御 返事 は さくら ひめ ぐ そラ いのち タ 淸立 ィ、 ャ、 なるまい 櫻姬 どの。 こなた は 愚 憎が、 命に 替 へても 九 三 , 集 全 北 南 人 九 四 ト立 ちか.. ト淸玄 か 引つ け 身共が 戀の 邪魔 すれば、 うぬ を 存分 t 可む ヮ。 : , ひめ みん ぶん 淸. 姬も 一 緖に 淸立 ィ、 ャ、 やられぬ. - ト 同じく 取つ く。 惡五 妨け ひろけば ふ;. この 時七郞 走り出て これ か 支へ 七郞 ャ、 こなた は 「 らう と あく らう あかご し t お ね たち ま は く. t 、ち- rN ト 刀へ 手 かける。 七郞 それ 留める。 」 惡五 それ を。 1 やつ た. こり や 議、 せす ばなる まい。 章 九 七 集 全 北南大 九 八 け や. , せんぎ に じ や. いらざる うぬが 設議 立て。 その 狀 渡せ。 もん ごん ひ けん うへ 七 郞ィ、 ャ 文 言 披見の 上 , な. 5-】 け —t: 力 u. 惡 五郎 見せ じと 支へ ろ。 この 時 後 に 窺 ふ 桶 七 づふ 六、、 の 中へ 入リ 七 ar」. 七郎繽 いて 行かう とする 兩人 組つ く。 て ーゴろ し 3 と だんな さま づぶ 手頃な 仕事 だ、 旦那 樣。 惡五 川へ どつ さり、 合點 か。 こ、 ろえ 兩人 心得ました。 あや じ やう ゆ り や 5 にん さ. - 七郞 怪しき その 狀 ト 行かう とすろ 兩人 支へ る 0 惡五 ソ レ t f ら-, 'みっしょ も むか はしい』 -? U り き li ふ かたな P. C きつ ふお も い はや ぢ. よろしく、 拔 討ち! i 見事:. L 二人 か 切り倒し、 刀 1 で ござります。 總 でもす くひ ませう か。 五郎 おいら は 向う の 土手へ 一; b つて、 野蒜 をむ しって 來て 肴に しょうか。 あいつ は 素 的に 旨い よ。 章 文 束姬櫻 官五 爱 から 直に 請 地へ か. ' つて、 向島と 洒落れ よう。 江戶藝 者が isT そ來て 居る であらう。 五郞 た ほが 無い と 酒が 飮め ねえよ。 燒 けました わい な。 官五 こり ゃァ ぉ手づ から。 コ レ姐 や、 持ち合せ たが ちょっと 献 さう。 一 っ飮 まっし。 あ が. li かう ぶ r- うは ふ しけ それ は 有り難う ござります るが、 わたし は 一 向 不調法で ござり まする。 官五 ァ、、 なに か。 おれが 杯 だから、 てめ ぇ飮 まねえ のか。 その後で 又 この 奴が 杯 も、 g さに やなら ね えぞ 眼藏 さう だく。 武士の 献 した 杯み 飮 まないで は、 第 一 不錢 とい ふ もの-た ヮ。 五郞 官五郞 どの はお 心よ しだから それでも 濟ま うが、 この 五郞ニ は癎瘤 持ち だ。 姐え や。 酒が 嫌 ひな なん ち ひ もの の ら、 何ぞ 小さい 物で、 コ レビ、、 これで 飮 むがよ いく。 たべ ませぬ と 中し まする に。 眼藏 ェ 、, 上がる 所 ぢゃァ 上がらう にと、 これ も あんまり in 風な せりふ、 た。 官五 いっそ 中を取って、 おれが この 茶碗で 始めて やらう か。 眼藏 つが ッし。 眼藏 オット 承知。 サァ、 これで 飮 ませる よ。 ト酌 すろ。 しけ これ は 又 迷惑な 事で ござり まする。 向う リ稻野 谷 半 兵衞、 深 編 笠、 着流し、 大小 LL て 出で 來リ、. おしげ 見て お出で 遊ばされ ませ。 ドレ、 お茶 上 ゆ ませ、 リか。 ト立 たうと する。 官 五郎、 おしげ 捕へ て 官五 ハテ、 打ち やって 置け な。 一 人ば かりの 客に、 茶を飮 まぜす ともい. ' わえ。 爰に 居て 一 杯飮 めよ。 しけ これ はしたり、 お 客樣で ござり まする。 眼 五 おいら も 客た ヮ ノ、。 しけ ちょっと お茶 上け ましてから。 ト 振り切って 來リ 今日は 結構な 好い お 天 氣でご ざり まする。 せわ ちゃ ビ だ 牟兵 世話ながら、 茶 を 一 つ 下され。 寧 文 東姬榉 しけ ハイく。 只今お 茶 を入替 へて 上 ゆ ませう。 ヱ 、モウ 折惡 う。 ハ イノ、 ちっとお 待ち 遊ばされ ませ ドレ、 惹, 花 を 痛へ まして もん 、ひち は ひ 二の や はや うに しも C そう どく い しゃ こしら ト とっか はと 門の 內へ 入ろ。 ?"、 か rf- り. 一 か も- r 土手 參り ませう く。 わしら も參 つて 善惡を 見届け ませう.。 宗毒 モシく、 わたしが 又 申した 事 を 仰し やります るな。 眼藏 ィャ ィ、、 申す く。 なんと 證 人に 同道いた さう か。 1 五 集 全 北南大 1 六 五郞 よう ござらう 土手 左樣 なされ ませ。 二人 サァノ 、連れ ませ、 リく。 眼藏 サ、 行かう かえ。 茶化 を 置いて 參れ。 土手 ハイ, 畏 りました。 三人 ヱ 、 、 卑怯な 醫者 だ。 はんべ ゑ あ ふ みおく お ij I どび,. お茶 を 入れて が. ; じました。 サ、、 I つ 上がり ませい な。 章 文 束姬稷 せ X ぢ よちう 1. こと この ちかごろて. ハ にく 半 兵 これ は 世 Ss で ござった。 ィャ、 女中、 ちと こなたに 問 ひたい 事が ある。

次の

【あつ森】アネキ系の住民一覧【あつまれどうぶつの森】

あつ森 性格 あねき

net! extend:on:vvvvvv:1000:512! extend:on:vvvvvv:1000:512! extend:on:vvvvvv:1000:512 次スレ作成時「! 50 ID:2T4vOvnN0. 06 ID:pDODXhNnp. net 今作は2人が主役 955 : なまえをいれてください ワッチョイ 2912-kVpw [60. 184. net みつお! 54 ID:tXRiKGtrd. 62 ID:tXRiKGtrd. 13 ID:jYy9CmE2d. 27 ID:sm5dxJTW0. 11 ID:4odM7njZ0. 36 ID:86FHaO0l0. 79 ID:A9IXonA7M. 42 ID:geJcSfrGr. net ベルじゃ今更誰も譲ってくれないよ。 69 ID:Zv5wp2uk0. 65 ID:zjkY3le80. net 結局、ある程度開拓して住民厳選終わったら、 飽きてきた。 73 ID:SMAqWeM50. net 最初からやり直したいの分かる でもカラバリリメイク不可の家具が消えるのが辛い カブやるならそんなに影響ないかもだけどカラスアゲハナーフとかもあったしちょっとね... 42 ID:zjkY3le80. net 住民厳選はやったらあかんのかも。 欲しい住民が出た時の喜びとか どうしようもない住民が気にいってくる楽しみも 楽しみ方の一つかも。 93 ID:uFkmGFcj0. 65 ID:A3flvK8ra. 99 ID:u3jxYkSLp. 49 ID:VlZAdNGk0. net ハキハキ系にモモチ欲しいが、ちゃちゃまる来たから誘惑に負けてしまった。 15 ID:gmW3IS2H0. 51 ID:wsNBpe3M0. 17 ID:u3jxYkSLp. 25 ID:PQ39y23H0. 62 ID:zxtuFpzI0. 38 ID:Pev8zGuHM. 92 ID:Pev8zGuHM. net投稿限界:Over 1000 Thread 2ch. netからのレス数が1000に到達しました。 総レス数 1001 220 KB.

次の

Full text of Namboku

あつ森 性格 あねき

Full text of "" yssf 蘇 雇 靂ー醫. 與 屋 : 五 長 : 郞 吉• 色 13 り 木版。 初 世豐國 筆 卷頭 四天王 產 湯 玉 川 序幕、 市 原野の 揚の錦 給。 コ 口 タイプ" 初 世豐圈 筆 …: !ーー0五 頁の 前 鵪山畸 踊 序幕、 地藏 堂の 場の 錦 縫〕 コ 口 タイプ。 五渡亭 SOS: 筆 : i 頁の 前 鹣山崎 踊 三 慕 目、 隣 同士の 場の 錦繪" コ D タイ ブ。 五 渡 亭國貞 筆 六爱 頁の 前 姬東 文章 繪 番附の 表紙と 發端。 亞 鉛版• 一一 一 買の 前 姬東文 章 繪 番附の 序幕と 一 一 慕 目。 亞 鉛版 S 九 頁の 前 姬柬 文章 綺番 附の三 幕 目と 四 慕 目。 亞 鉛版 一-二 冥の 前 姬東 文章 縫 番附の 七 幕 目と 大詰。 亞船 版 …… 一一 一一 五 頁の 前 鵜 山 崎 踊 綺 番附の 表紙と 序幕。 亞 鉛版 五一 兀 頁の 前 鶼山畸 踊 綺番 附のニ 慕 目。 亞船 版 g 一 頁の 前 鹣山崎 踊 綺番 附の三 幕 目と 四 幕 目。 亞 鉛版 : …六 九 頁の 前 鹣山崎 踊 綺 番附の 五 幕 目と 六 幕 目。 亞 鉛版 六 八 九 頁の 前 鶼山畸 踊 七 慕 目と 大詰。 亞 鉛版 …. , 序藉、 三 目、 隣 同士 、ゾ ,檢 番附 3 表紙と 發端。 亞 鉛版. … と 一 一幕 目。 亞 鉛版. i 乂. 崎 踊 ギぁ. リ タイプ. 1 リタ イブ。 コ P タイプ。 レ 一り : : : …:: 一. それ は 初演の 時よりも 十 前、 文化 四 年に 举件を 起した 女で、 小 嫁ッ 原で はなく、 品 川であった。 品 川の、 屋號は 判然 しないが、 安右衞 門と いふ 主人の 女郎屋に、 おこ ととい ふ 女郎が ゐた。 これが、 自分 は 京都の 日 野中 納 言の 娘 だと 云 ひ 立て、、 世間み-騒がした 事件が あ つた。 文化 四 年 四月 十八 日に 申し渡された 奉行所の 判決文が、 蜀 山人の 「玉 川 砂利」 に 載って ゐ るから、 1 集 全 北南大 11 その 全文 を 爱へ揭 載しょう。 奇拔き はまる この 事件 は、 珍ら し 物好きな、 返 屈で 困って ゐる hd 戶 の 人達 を、 どれ 程 驚かした か、 想像に あまり ある。 芝居に は 持って 來 いの 材料、 南北 なぞ もき 脚色した かったら うが、 時事問題 や 三面記事 を 種と する 事 は、 表向き 堅く 禁じられて ゐた 事で あるし、 裏 を 潜つ て嗜示 的に 脚色して さへ、 南北 自身 も 一 一 一度、 その 筋の 注 怠 を 受けて、 失敗して ゐた 位で あるから、 餘 りに 有名 過ぎた この 事件に は, ちょっと 手が 下せなかった ので あらう。 當 の 芝 Ji5 にも 小說 にも、 丁 问 仕組まれ たらしい 形跡 はない。 流石に 十 年も經 てば、 そ の 筋で も 睨み はしない。 無人 芝 居の 方が 作者に とって は 却って 都合が よい。 南北 は, 座頭 S 圑十郞 に、 淸ゃ: と權 助の」 一役 を與 へて、 リ 5 ふ 存分に 活躍 させた。 この 通し狂言 を 演じた 上、 二番目に は、 五節句の 所作事 を a 段 返しの 大仕掛けで 出し、 矢張り 園十郞 と 半 四郞が 踊. りぬ いた。 一、 二番目と も 利いて、 無人ながら 芝 :115 は、 興行成績 大成功であった。 この 狂言の 三 慕 目 は、 ちょっと 揷 話と いふ 格で、 筋の 關係は あるが、 稍 別物の 觀が ある。 院本からで も轉 化した やうに 思へ るが、 不明で ある。 それにしても、 短 かい 幕ながら 一種 變 つた 味が ある。 本 卷に收 めた 臺 帳の 定木 は、 河 竹繁俊 氏の 藏 書で、 默阿彌 自身が その 一部 を手寫 した 寫 本であった。 震災 前、 わたしが 借用して、 寫 して 置いた のが 役に立ち、 原本 は燒 失した が、 兎に角 世に出す 事が 出來 た。 その 原本に、 默阿 彌自箪 の、 簡單な 手紙が 挾んで あった。 それ は、 この 三 慕 目 を、 一幕物に 脚色し 直した," 面白い 狂言が 出来る かも 知れない、 どうで あらう、 とい ふ 意昧で 座元へ 伺 ひも 立てた 手紙で あ つた。 さう いふ 狂言 は 興行され てゐ ないし. ' 手紙が その ま 挾んで あった 所から 見ても、 そ、 よ 就 W. それ は、 いつ 頃の 事 か 判然 しないが、 郡 治 兵 衞の役 を 女に 直して 圑藏 にさせ、 半 兵 衞を成 駒屋、 半 十 郞を若 太夫に 振ったら どうかと いふ、 役割の 腹案まで 附 いて ゐた、 その 顔觸れ から 想像して 見る と、 文久 元年の 事ら しい。 この 狂言で、 權 助の 役 は立敏 である。 また、 淸 立の 庵室 は、 本 所の 岩 淵と いふ 事に なって ゐろメ 第三 卷 に收容 した 「勝 相撲 浮 名花 觸」 にも、 足駄の 齒 入れ 岩 淵の 權 助と いふ 敵役が 出て くる。 北 は、 深 川 に 住んで ゐ たから、 川 向う の 地理に は 詳しかった 爲 であらう か、 鬼 角に 場所 を 本 所 深 川に 取った。 桔梗の 前 を 演じた 五 ぼ 岩 4i 一四 郞は、 美貌の 女形 のみでな く、 實に朗 々とした 笑し い 調子の 持ち主であった。 その 調子 を 利用して、 女 形に 立 役 を やらせ、 I 番目の 大詰で, 眞の良 門へ 名乘る 所で、 「相 馬の 良 門 …… と モシ、 ぉ名乘 りなされ て 下さり ませ」 と 男から 突然に 碎 ける 變り目 は、 實に 鮮やかな もので あつたと いふつ 男から 女に 變 つて んを かしくない やうに、 千代 姬の 小袖 を 利用す ると ころ なぞ は、 南北に とって は 何でもなから うが、 、 憎らしい ほど 至れり 盡 せりの 技巧で ある。 この 大詰 も、 鹿 一流 ss? I 季が いつも 現 はれる 大 江山 を、 思 ひ 切った 切り 見 世に し て、 しかも isl 言 どめ、 世話と 時代 を 5 の 中で、 巧みに 色分け にん」 ゆく 手際き は、 南北 物 に 見馴れた 人に は、 奇想天外と いふ 程 感じ もせぬ が、 初めて 見た 人 は、 煙に 卷 かれて しま ふで あらう。 渡 邊の綱 を、 鉢卷で 金棒 を曳 いて、 上使に 寄越す なぞ も、 外の 作者に は出來 ない 藝 である。 裯と 鬼兵衞 とが 向 ひ 合って、 世話から 時代の 臺詞に 移り、 また 世話に 碎 ける 件 なぞ は、 さぞ かし 見物 を ら せた 事 だら うと 思 ふ。 さて 二番目で ある。 この 狂言の 二番目 こそ、 全く 南北で なければ 書く ことの 出來 ない 一幕で ある。 まさ」 に 感心 させられる。 まづ 何より、 俳優の 私的 生活 を 舞臺に 取った のが 面白い. " それ も當 時の.. しかも その 座に 出て ゐる俳 優の 家庭 を 見せた のが 面白い。 顔兒 世の 前夜の 混雜、 俳優の 出入り、 茶屋の 賑は ひ、 大部分 は かに 當時を その 儘 S. 描寫 である。 そこに 非常な 興味が あろと 共に、 一種の 風俗 志 料と もなる。 しか も、 顔 見 世 狂言の 規則に よって、 世話から 時代へ- 戾 ると いふ 形式 は 破って ゐ ない。 圍十郞 S. 主人公の 圑十郞 も、 碓氷貞 光の 名で 「暫, 一 に 現 はれる が、 團十郞 、た け は、 本名が 碓氷貞 光な のか さう でない のか、 瞹昧 として ゐる ところが 却って 面白い。 九 1 o 「暫」 を 茶 星の 1 一階で 演じる とい ふ 趣,!: は、 當 時の 觀 客の 股 を 抉った 南北の 思 ひっきであった。 南北が 全 立 作者に なって 以來、 「暫」 に は 種々 な 趣向 を 加へ て、 鬼に 角 そ S 思 ひっきで 客 を 繋いで は來 たが、 「暫」 を 一番 目 三 建 目に 演じる とい ふ 規則 だけ は 破り 得なかった。 それ を、 この 狂言で はぶち 毀して、 二番目 へ 持って 來た。 しかも 劇中劇と いった 奇拔な 遣り方で、 圑十郞 が』 人へ 馳定に 「暫」 を兒 せる とい ふ 筋 にして、 後に 舞臺で その 扮! を 解き、 素顔に なって 見せた 時には、 俳優 本位の 當 t-s 觀客 は、 どんなに 狂喜した 事 だら う。 また ゥケを 菊 之丞の 女-唐人 にして、 それが 實は奧 女中の 假 装と いふの も 面白い し、 幸 四 郞を絵 坊主に 使った ことん, 皮肉で める。 餘 坊主に 扮 させる ために 髭に 擬 する 胡弓 や、 厚 綿の 羽織 を 早くから 用意して 匿く なぞ は、 南北に して は 朝飯前の 技巧で ある。 茶屋の 舞臺面 なぞ、 卜書に 詳しい 事 は 出て ゐな いが、 定めし 凝った 道具であった らうと 想像され る。 「暫」 を 世話で ゆきたい とい ふの が、 第一 の 思 ひ つきで、 それに 當年は 巿川白 猿 こと 五代 目圍 十郞、 卽ち七 代 rm 團 十郞; 2 祖父の 十三 回忌に 當 るので、 その 口上 も 述べたい とい ふ 私的 事情 も手傳 つて、 遂に 表 年 及-説 m 1 一番 目の 筋が 生れた ので あらう、 -內の 場で 圑十郞 菊之丞 幸 四郞が 集まり、 來 年の 春 狂- K まで 嗜 示す るの も 至れり 盡 せりで ある。 この 臺詞の 中に 「龜 井戸の 親 仁 は牲急 だから. 」 と、 南北 自身の 事まで 云 はせ てゐ る。 も 「暫」 の ッラネ は、 自作と いふ 規則に なって ゐ るので、 脚本に は 出て ゐな いが、 際、 七 代 團 卜郞, か 舞臺で 述べた 臺詞 は、 左の通りであった。 東夷 南 蠻北狄 西戎、 四 夷 八荒、 天地 乾坤の その 問に、 有るべき 人の 知ら ざらん や、 三千 餘里も 遠 からす、 ものに 怖ぢ ざる 荒 若衆 ノ近 づきな りに 出て 見れば、 うッ つい 姐え が 胴 取りと は、 四 H 餘 州の 春 遊び、 七 言 五 言 歌が るた、 鼻 S 先なる-ぼ 狩 や、 威 を かり 狐の 毛唐人、 海老が 夜食の かたま り 孫、 ひけ 人參 との 疑 ひに、 分らぬ 腹 をた つか 弓、 和らぐ 國は祌 の 末 、卑劣な 事 は 云 ひませ ぬ、 噓ぢゃ ござらぬ 正直の、 日 木 風俗 三 升が、 當年 積って 十八 歳、 誠の 年 は 二十 八、 成 田の 不動が ほ ん そう 子、 淸和 源氏の 嫡孫 源の 賴 光が、 股肱 目と 呼ばれた る、 碓 氷の 荒 太郞舆 光、 五 年ぶりで の揚 幕から、 ー聲 かけつけ 三 杯 上戸、 差 も 押へ も あらば こそ、 相手が 殖えれば 龍に 水. S 満頃ゃ 一 つ 目の、 光り かや やくろ くろ 首、 百鬼夜行が あやまって、 一味な どと は 事お かしゃ、 うぶめ も, - ざれ 雪 女、 集まり よれる 黑 髪に、. 役割 は 左の通りであった。 - 卜 部 季武。 鐡門 鬼兵衞 3 ハ相 馬六郎 公述。 足 柄 山の 分身 山姥。 高麗 屋錦 升。 中間, 栗の 木 又 治 a ハ伊贺 壽太郞 成 信 五 ャク松 本 幸 四郎 傾城• 胡蝶 W ハぉ城 山の 女郎 蜘珠。 濱村屋 路考。 奧 女中。 山伏、 黑 川の 見 珍:. 一一 ャク i9 川 宗三郞 ::. K 和 杜若 ニヤ ク岩井 半 四郎 坂 田 金 時。 00 源 次 綱。 猿 島 敬 遊 货ハ將 軍 太郞良 門。 Ifsl: へ 狂. 言 に 就い て は、 前に 詳說 したから 繰 返さぬ。 初代 菊 五郞も 演じた 事が あるから とい ふので、 上場した ので あらう。 名题は 違 ふが、 內容は 殆んど 同じ ものである。 これ も 相 當に評 刺 となった。 江戶 では 團十郞 菊 五郎で 肋 六の 競 -爭が 演じられ たので ある。 双方に 最眞々 々が 力を入れた 結果 は、 自然に 兩 優が 反目の 姿と なり、 遂に は 本當 の喧曄 となって しまった。 中へ 入る 者が あって、 兩優 和解と なつた。 その 和解 狂 首が この 「蝶 纏 山 崎 踊」 なので ある。 元々、 新う いふ 私的 關係 から 出發 したので ある。 そこへ、 興行師の 宣傳も 交って、 圑菊 顔合せと いふ 事件 を、 いやが 上に も 爆り 立てた。 結局、 狂言の 内容 は、 すべてが 喧 峰と 和解と で 成り 文って みる。 和 1 U1 m 全 牝 南 大 解の 新 狂言 を 命じられた 南北が、 「双 蝶々」 の 世界. 名 題から して 「蝶 の 比冀」 と附 けて、 -hs 優の 顔合せ を 利かして ゐる。 は 勿論で ある。 まづ 二人が 初めて 見物へ 顔 を 見せる 揚は、 淸 水の 花盛りに して、 二人 を 美しい 若衆 に 出で た、 せ, 爭 ひの 後、 相 討ら となろ 筋 なぞ は、 南北が 兩 方へ 花 を 持たせよ うとして、 苦心した とこ ろで あらう。 これ を 夢に して、 二人 を イナ セな W 話の 姿に 變 へさせる。 女形に は 又 折よ く、 半 m 郞 に-い i 之 丞の兩 優が あった。 これ を圑 菊に 配し、 後 3- 格の 幸 四郞が 眞屮へ 入った 五 人の だんまり は、 定めて 觀 客 を 湧かせた 事と 思 はれる。 その後の 幕 は、 わざく 長 吉と長 五 郞を喧 させ、 觀 客を然 立た せながら 大詰まで 引摺 つて 行って、 遂に めでたく 和解と なり、 觀客を 安心 させて お出しと なる。 その 問、 圆菊 双方 へ 少しも ケチ み」 附け ない。 どちらの 顔 も 立てながら• 喧啼 を續 けさせて ゆく に は、 南北 も 嘸苦勞 した 事 だら う。 別に、 「花屋敷の 化お」 で、 前の 「四天王 產湯干 一川」 と 同じく、 この 五 人 を 舞臺へ 素顔で 出させ、 わざ わ ざ 園 十郞菊 五郎に 仲直りの 杯 を させて ゐる。 表 年 及說解 本卷 に收錄 したの は、 勿;! 南北の 原作で あるが、 上演に 際して は、 大分に カットされ たらしい。 第一 脚本 を 讀んで 見る と、 どうも 一 幕 欠けて ゐる樣 子で ある。 「水祌 の 森の 場」 の 次に、 「箱 根 在 三 作 內の場 ! が あったら 5 と 想像され る。 それでな いと、 野手の 三 作 や 下駄の 市 助と いふ、 肝心の 團十郞 菊 五郞が 演じ る 主要な 役が 立 消えに なって しま ふ。 恐らく この 幕で は、 野手の 三 作が 古主 山 崎 家の ために 罪 を 引受け て 刑に 行 はれ、 山 崎 家の 系 圖は與 五郎の 手に 渡り、 市 助 は惡黨 ぶり を發 揮した 揚句に 殺される とい ふ 筋 であった らうと 思 ふ。 それでな いと 「品 川 新 丸本」 の 場へ 連絡し ない。 併し、 この 幕 は、 まだ 原本が 出來 上がらぬ 內 から 否決され たもの らしい。 兎に角、 喧嘩した 俳優が 和 解 後の 顔合せ 狂言と い へ ば、 双方が 理屈 を 云って 、顏を よくしよう とする 11 係 上、 いつも 狂 首 作者 は 非常 に惱 まされる〕 恐らく この 一 慕 は、 團十郞 菊五郞 どちら かに 不利な 慕であった ので、 早く も 蹴られて し まった ので あらう。 勿論 舞 臺には 上らない。 初演の 折の 番附 を揷 入して 置いた から、 御覽 になる と 解る が、 番 附に據 ると 綺 本番 附は 正確な もの である 脚本より 人物が 減り、 順序 も變更 されて ゐる。 二 慕 目で ある 「花 a: 敷」 が 序幕に なって、 しかも 五 人の 俳優が 素顏を 見せる 趣向 なぞ は 全然 削除され て ゐ る。 3 ふ拔 いてし まった ので あらう。 下駄の 市 助 なぞと いふ 役 は 全然ない。 第一 おかしい の 一 五 全 北南大 一 六 は、 主要な 役の 山 崎 娘お 關が番 附には 全然 出て ゐな いこと である。 これ も 多分 一 番 見せ揚 である、 一 慕 が拔 かれた ので、 半 四 郞が役 を 嫌った 結 ST 全然 無くなって しまったの だと 見える。 半 四 郎も阐 十郞菊 五郎の 喧嘩に は、 深い 關係を 持って ゐ たとい ふから、 相應 にぐ づっ たらしい。 新して、 折角の 和解 狂言 も、 かなりに い-ちられた 所爲 か、 興行成績 は あまり 上 乘とは ゆかなかった とい ふ。 圑十郞 菊 五郎 は 和解 狂言 中に 再び 喧嘩 をして 、顔合せ も 一 度ぎ り、 以後 四 五 年 ii は 一 座 をし なかった 役割 を舉 けて 置く。 上演の 際に 削られた 役で も、 脚本に 配役され たもの は 加へ て ある。 倉!: 丈 左衞門。 高麗 屋錦 升。 新 丸木の 仁 右衞門 0! ャク 市川宗 三郞 中 間、 下駄 市 助。 三 作 母、 妙 良 尼 ニヤ ク市川 門 三 郞;: 判 人、 權九郎 松 本 小 次郎 平方 左 源 次 川 茂々 太郎ぃ 中間、 助 市 川 小 圈次〕 えび ざこの 十 市 川 高麗 藏 奧 女中、 關屋 吾 蒌籐 藏. 山 崎與次 兵衞。 三 原 丹 平 li ャク大 谷 馬 十:; 竹お 衞門 娘、 お 早。 山 崎 娘、 ぉ關。 大和 杜若 三 ャク 井 半 四郞 山峰與 五郎。 百姓、 野手の 三 作。 成 田 尾 三 升。 當 年の 圑十郞 菊 五郎に 比すべき、 當 時の 對 立した 人氣 俳優 は、 中 福助と 市 川市滅 とであった" 兩優 S 顔が 合った ので、 攻策 上、 この 狂言 を 採用した ので ある。 俳優の 人氣 で、 狂言,. 、 評判に なった。 桝本 のま 九郎 〔仁 右衞 iZ い. 主 水 娘, おそで へお M〕:: 刀鍛冶、 新作 a 二 作. ; yc rf. i 三 fi: 市 川 筒井 重三郎 順 蔵 S. 左 源 太 左 源 次 :. 三 圍稻荷 鳥居 先の 場で みる。 B 「四天王 産湯 玉 川」 に 挿入した 三枚 績 きの 錦输 は、 「市 原野 地藏 堂」 だんまりの 一 場で ある。 業病に 死んで 火屋で 燃されろ までにな つた 良 門が、 一 卷の 威德で 蘇生す ろ。 着物 に はまた 火が 燃えつ いて ゐろ そこ へ 牛の 皮. 場景 とい ひ 人物の 取合せ とい ひ、 實に 纏まった、 凄味の あろ 畫 面の 模樣 た。 これ も璺國 であろ。 B 「蝶 鹣山峙 踊」 の 中へ 見通し に 入れた の は、 「境 木地 藏 堂の 場」 である 久しぶりで 額. B 一 頁大の は、 菊 五郎の 濡髮長 五郎で、 花道 出て くろ 姿で あろ。 兩者 とも 同じく 國貞 の-筆で あろ。 — i 2;2 文 來姬櫻 さくら ひめ あづま おん しゃ. A 櫻姬東 文章 發 端 江の 島兒ケ 淵の 場 役名 J 長 谷 寺の 自休。 稚兒、 白菊 丸。 寺 侍 ひ C 同宿 等。 iv 氷へ きく きれあって、 S に ivi、 トメに なり、 リ? r ひ、 ? S. 皆々 白菊 ゃァ い。 東の 花道より 同じく 寺 侍 ひ、 同宿、 下男 大勢、 弓張り提灯• 皆々 自休 坊や ァ い。 自休坊 と は 長 谷 寺のお 所 化。 ハ 、 ァ、 さて は をな された かな。 集 全 北南大 二 さ て しらぎ る づ さ-つし よ- rtO ん ち ご しらぎく ぎ r ヽ- 同宿 左樣で ござる お 手前 方 も 白菊 丸と ts! : ねさつ しゃる は、 相承 院の 雅兒、 白菊 どの、 儀で ごさる 力 寺 侍. して、 自休 御坊の 行く への 知れぬ は、 何時頃からの 儀で ござる。 同宿 ィャ、 今朝より かいくれ に。 寺 法は暮 六つ 限り ゆ ゑ、 所々? 同 此方 とても 同じ 事、 殊に 年端 も 行かぬ 稚兒、 最早 夜中 も餘程 過ぎて、 追つ け八ッ でも ご. さらうな ヒ 一つ 皆々 ちっとも 早く 尋ね ませう か。 〇 自休 坊や ァ い。 ザ く ひき はなみち は ひ ト禪 の、 ソ トメに なリ、 幕の 引つ けと 花道へ 入る。 ー體 物凄く 跳へ あり。 破風の 前 薄 霞 下 げ、. 5rtslJ? 、 なに たね こ, ひぐ さ おも しゅ いろみ t ふ. て、 リ. 自木 ォ、、 そり やわし も 同じ 事。 肌身 離さぬ この 香箱、 おな. ra し 4 レ み -K-l 自休 また 身の 方へ は 白菊と、 其方が 書いた 筆の 跡、 變らぬ 印 は 未来まで。 ほど なか 白菊 ソレ、 二れ 程の 仲ぢゃ もの。 よ C- そ またうた ト つと 寄 添 ふ。 もんく はい. s-c-. サ、 自 休樣。 しらぎく まる 自沐 白菊 丸。 t あみだ ぶつ 白菊 南無 阿彌 陀佛。 ト思ひ 入れあって 浪 間へ 身 か 投げる。 自休ハ ク とうる た へ 自休 コ レ、 早まった 白菊、 わし ももろ とも。 浪の 音。 寒氣 立ちし 思 ひ 入れ。 つ がん. , へき よう マ ァ思ひ 切って 飛び込んだ 事で は ある ぞ。 命 はさら く 惜しまね ど、 何十 丈の この 岩壁、 な おそ さ おも い ご の ほど" いのち う 恐ろし や。 ト氣 おくれの 思 ひ 入れ。 ェ 、く, 明の 延びろ 程 死なれぬ 命。 よ じき ラ f い ト 呼ぶ。 自休思 ひ 入れあって こと ちか おって こ ゑ しにお く みらい なむ あみに ぶつ 自休 ャ、、。 殊に は 近づく 追手の 聲" 死遲れ たる わし ももろ とも、 未來は 一 つ r 南無 阿彌陀 佛々々 々 々力々 a おな くいに ね, とい あや いしや- リ そで そな まつ ひつ とき つきで じき、 こゝろ ト 同じく 觀 念して 飛び 入ろ。 誤 まって 衣裳の 袖、 磯馴れ 松へ 引か、 ろ。 この 時 チヨ ンと月 出る。 自 休心 づき こり や、 氣 おくれして 松ケ 枝に。 ェ 、、 情ない。 死にたい わいく。 ト 時の 鐘, 浪の音。 ォ、、 さ うぢ や. コレ、 白菊、 跡の 回向 は營 ほど かなら こ. ' ろが は み らい. 自 休彻リ して 手 合せる。 木の 頭。 キザミ にて よるし く。 ま, ゝ うち AT ひどり かみしも で こ. 權助 ィ ヱサ、 わしゃ ァ 勝手に 行きます よ。 兵 内 ヱ 、 、 飛んだ のた まく だ。 V,: 內 にて しきもの も 大勢 敷物 を 持たぬ かく。 ト これ II て 兵內氣 いらち 兵內 サァ、 歩めく。 どうした もの だ。 しか ぎ や. r- れつ ぢ、 つ へ、 -. 'ない む り ごんす け ひ. リ內へ 入る ト、 知らせに つ さ 双 盤 になる。 上の 方 リ撗!. L 石段 、それに 績 いて 小高 さ 山。 白糸の 瀧。 所 々-IL 櫻の 立ち 樹。 U はさ はこ こちら あは づ "うかね つぐ まつ 榜示 拭し すべて 鎌 倉 海 光山の 體。 爱に吉 田の 松 若、 上の 方に 挾み 筘 LL か X リ、 此方 Li 栗 津七郞 兼 松 ゐ けん-. 後ろに 黑 羽織の 徒士、 紺 看板の あしがるお ほ. 軍 助、 奴の 形 LL て 草履. 、、れ にて 幕 明く。 か- U さ-つ はん ら、 t 'おも い• へんた ふし にい i つ わ,;" V- ふ ぜん y た 返答 次第 松 若君の、 御前と いはす、 座 は 立た せぬ ぞ。 主君 少將 惟貞 卿、 去 春. g 月參 内の 歸る さ、 If. :: ん しょく ゆる れ、 都鳥の ー卷 まで、 紛失な せし を押隱 し、 病死と 披露し 禁 庭へ、 繼 目の 願 ひ は 筋 違 ひ。 一 且事は 納まれ ども、 後日に 顯 はれお 咎め あらば、 取って かへ いへ は めつ ひ き はんぐ わん ないしょう うら あ か とく こと にの A 返らぬ お 家の 破滅、 それより 比 企の 判官へ、 內證 打明け 家督の 事、 なぜ 頼んで はお 見やらぬ。 U すら C- やう にん こ-ろ そ. - X ハツ。 ' やまに ぐん ぢ ベ 5! らう にん いなの や はんべ ゑ さま ど ,よ I P 軍 助 にぎぎ つる 騷 動より、 山 田 郡 治兵衞 どのに は 御 浪人。 4」 まで です KM 1 に 松 若君のお 爲も 如何。 '-n t ,でに に,. やつ こと さに: あ ふ おそ まつわ かぎみ ぎょい 七郞 ハテ 下郎に 似合 はぬ 健氣な 奴、 殊更 仰せ も 恐れ ある, 松 若君の 御意と いひ 源 吾 この 場で 事 を がす も. 然 らば 互 ひに 異論な く 二人 兎角 は 申し 談す るで ござらう。 " みな ご どうぜい ともまち 、源 吾 皆 御 同勢 は 供 待へ。 を さ し あん ふ. U り さま 納めた 思案のお 1 1 人樣ハ t I ちょ リズぶ はう ザん さんけい あ じゃり もと おも; a ! 一ち, 6 先, つ は 重 ィサ、 寶 前へ 参詣な し、 阿 奢 梨の 許へ 赴かん。 ト立 上がる 0 大勢 ハ、 ァ どう f は ひ ぐんす けの こ と きむか くつ. :- おと ト 一 同 下座 f 入る。 軍 助殘る ト この 時 向う:. 」 ァノ、 褒美と して ニ千兩 ト思 ひ 入れ o 源 吾 中々 慾の 深い 奴。 併し その 金 遣 はさねば、 貴方のお 手へ 一鋭 は と きむか トこ の 時 向う にて 大勢 片寄り ませい く。 ewp て がみ くいいち、 フ ト惡 五郎 手紙. - ん ト 三味線 音樂 にな リ、 兩人 下座へ 入ろ と、 直に 向う.. r- ナさ 久盛、 主 海、 榮昌 何れ-. -靑 坊主、 黑衣 絮裟の 形に て 珠數. かける。 , ひ ひめ こしら -ン a uf 附 いて 出る。 か 1 ザ!. ' t? r や. せ き や みやと こし も と なり な 持ち、 腰元 五 崎、 鼻紙 臺 持ち、 長 浦、 局の 持へ、 待 乳、 淺茅、 较瀬、 關屋、 tgr 腰元の 形、 じんに いふ しら? おや ぢ はかま 丄ぉ, リ っ. 長 浦 思 ひ 入れあって 長 浦 ァ、 申し、 淸 立樣、 お待ちな されて 下さり ませい。 して、 まづ 御身 ま。 すな は さい ごろ さくらに 二 さ-! 櫻姬 にて 在す る や。 ーセ 集 全 北南大 I 八 ひめ ぎみ ご む 0, おも 5 つく ご き れ. それ も 御 無理と 思 はれぬ。 このお 美しい 御 容貌で、 玉に疵と て お生れつ き、 左のお 手の 開かぬ ゆ ゑ、 入間樣 との 御 緣談、 御變替 へより、 ロハ 箸に、 お 身 を 悔んで y てい はつ 御 制髮。 おぎ たち うち ご V. むる 如く、 申しても 行 ひ 難く、 勤めても 入り 難き は、 佛 道の 深淵。 だ Kis. 身、 佛心 決定 危ぶい. 一旦 出家 得道な し、 一 恒の罪 を 犯す 時. は 却って 地獄の 因と な る。 それより は刺髮 止めて、 緣 ある 方へ 婚姻し、 子孫の 榮へ 計られよ。 しめ あ がに で つら み ざいつ 一 ふ 櫻姬 そのお 示し は 有り難 けれど、 申す も 辛き 身 S 罪業。 長 浦 姬君樣 に はお 生れつき、 いかな 事に や、 左のお 手が 開き ませぬ わい なァ。 ひめ うま ひじり し 淸支 すり ゃ姬に は、 生れな がらに 左の 五指。 櫻姬 恥 かしい 目 を 見る 事 も、 人並なら ぬ この 身 ゆ ゑ。 せめて は 世 を 捨て 御佛 に、 お 仕へ 申す 者 あれば す こ つみ S う ちた.. 何と せん 不便の 至り。 長 浦 ハイ、 お 十七で ござり まする。 みな どう をん ねん :、、 つ しゅぎ やう 淸. 皆 同音に、 念佛 修行いた されよ。 ト涛玄 珠數. 皆々 思 ひ 入れ 淸玄 南無 阿彌。 皆々 南無 阿彌。 なむ あみ 淸玄 南無 阿彌. - ト ャ念ぁく ろ。 升 次、、 れ. ぷん - -、; 'す つゆ ひ みや、 ソ て. ,, さら まに お じと r- 淸玄 ャ。 こ りやこれ ft に。 ムゥ、 瘦 上の 朝露 何ぞ 引き 易き。 露 は 引きぬ わ ども 明朝 更に 又 落つ。 人 死 、 、へ J. 櫻姬心 づ かす LL 幸 文 Ai 姬 银 ゆめ つ S レ かラ ff 乙 樓姬 ほんに これまで 夢に だ も、 露 知ら ざり し 香箱の 五 百 この 手の 中に どうして マァ。 モシ、 淸 立樣 皆々 この 樣な。 ト 合點の 行かぬ 思 ひ 入れ。 ほんに これまで 開かぬ お 手の 開きました は、 ねん かゆ ど むすめ こと お 十 念のお 庇で がな ござり ませう。 ほんに わたし も どうぞして、 ま 一度 娘に ならる、 事なら、 お ねん 5 十 念が 受けた いわいな。 殘月 ィャ く, 長 浦 どの は 娘より、 矢ッ 張り その 儘、 はつち 婆 か糊賣 婆、 花賣 婆が ようお 似合 ひで ご ざるて ざん ゆつ みたて あ が li お ぼ 長 浦 これ は殘月 どの、 お 見 立に ぁづ かり、 有り難う ござります。 覺 えて ござんせ。 姬君樣 にも これから は、 何 IS; らぬ み 、フへ お 身の ho 待 乳 世界の 男 を 選り取りに、 お 目 づき 次第 聱 がね 樣。 こ、 ろづょ せいに き かな とのご 淺茅 お 心强ぅ 精出して、 ぉ氣に 叶うた 殿御 をば , 長 浦 したが、 お 鼻の 高い の を、 お見立て 遊ばし ませ。 ニコ 1 集 全 北 南: A; 二 四: あ が 仁 き ず,. 7 4 かく みづか あ t の, ti 櫻姬 いや、 な、 フ、 か. ' る 有り難い、 奇瑞 を 受けて なんの マァ、 兎ても 角ても 自らお、 尼に なりたい 望• みぢ やわい なう。 あったら 無鹽の 蛤 を、 彼の 雛段で 腐らす 同前。 最早 御 出家な さる、 事 は ,リへ と じ. C りん みら は ひ ご せんぞ ご か ラャラ 知 光 それく。 この 上 は疾く 人倫の 道に お入り あるが、 御 先祖への 御 孝養。 ていはつ せんい ひ, U すら 坊皆 剃 髮染衣 は 只管に せい is ん おも い ト お 主 思 ひ 入れあって 淸玄 ィャ、 方々、 さに 非す。 旣に十 念 S 功 空しから すして、 不思議に も 利益 を 受け 、この 儘 なれば 佛恩. いかで 報す る 事 あらん や。 只 これより は釋 尊の 御 弟子と なり、 愛愍 S 道 を絕ち 切り、 只 一 筋に 念佛 しゅぎ やう. U いまん ザん せ ごふ めつ のち さい はう ふ に みく に い. li か、 r 'はこ か. U 修行 怠慢な く、 前世の 業 を 減せ しめて 後、 西方の 彌陀の 御國へ 到られよ。 その 香箱の 片し こそ、 おんみ 仁 せんち しき 御身が 爲め S 善知識。 ぎゃくせ う 力" じ;, 一 は v べん なむ あ みだぶ つ 淸支 五 逆 消 威 無 他方 便、 南無 阿彌 陀佛々 々々々々力。 U うち まつりか ぐんす け いし にん お ,に ト思ひ 入れ。 - 櫻姬 松 若 どの、 日頃の 望みが 叶う たわいなう。 じゅかい こと せいゆん け ふ こ. -ろ ざ せ. -れう フ ひふく さ てん は のち ひめ すみか さミ あん -r ヌ、 らにに てい 淸立 受戒の 事 は淸玄 が、 今日 士、 5 す精靈 の、 追福 作奠 果て、 後、 姬が 住家の 草庵た る、 櫻、 谷に て、 剃 髪 させん。 ひと ねが くわん ぉム ぼさつ おんみち ひ 櫻姬 これ も 偏へ に 願うた る、 觀音 菩薩の 御 導き。 淸立 ィ、 ザ 衆 僧 達、 御堂に て 坊皆 疾 くく 御法會 あられ ませう。 櫻姬 左樣 なれば、 師の坊 樣。 おら い せい. T- くら ひめ ト 田: J ひ 入れ。 櫻 姬 に したが にんず ? 5 二 隨 ひし 人 數は殘 る。 5 - , みづか ぶつ. 松 若 御 殊勝な と は 思へ ども• そのお 姿 も 今日, り 軍 助 盛りの 花 をよ くも マ ァ、 櫻 ン坊と は あんまりな" 抓 成り ませう 事 なれば、 今暫 しの 內御 剃髮 を、 ぉ延 しあって 吉 田のお 家。 松 若 明日と 迫りし 大事の 前。 甚太 ハテ、 是非 もな き。 櫻姬 ィザ 用意 せん 皆 もお ぢゃ。 , 忪若 ァ モシ。 そで ふ き おも い づ11 ,くら ひめさ みなく いしに. , ひ ,. 唄 lL なり、 櫻 姬 先に 皆々 石段よ リ奧 ヘスる こ 、ろつ よ. 衣の 金。 ひもの 殘月 ヱ 、 、 心中 者め C 長沛 殘月 ん。 ト寄 I ふ o 殘月 女房 ども。 ト思 ひ 入れ 〕o 長 浦 ォ 、嬉し。 よりそ ときい し:; 一ん ,r 'へ ト寄添 ふ。 この 時 石段の 上に て 甚大 長 浦 どのく。 ト 呼ぶ し 殘月 ァレ く、 やら。 ? U をば ト ぶる しく 留め〕 モ シ 、世の 盛衰と はい ひながら、 兎ても 角ても 一 卷の、 "乞 じつ -r へ いへ ど. 一 いてん いのちす せん たから ゆ 紛失な せし 上から は、 とてもお 家 は 一度 返轉。 さすれば あなたのお 命 を、 捨て. - 詮ない 寶の 行く せんぎ み へ。 詮議な すまで そのお 身 を 松 若 なんと。 軍 助 モシ、 七郞樣 より ト囌 き この 奴め が わ ひそ おと ごと あ 、ひち くわん せんぎ 松 若 ナ -1、 すり や 我れ を 密かに 落し、 まつ その 如く 申し 上 ゆ、 その 內ー 卷設議 して 軍 助 めでたう 吉 田のお 家 再興。 それ ゆ ゑ、 これより 武藏 の國に 住居 ある、 山 田 郡 治 兵衞樣 方へ、 あな さも かねつぐ さま お ほ た をお 供いた せよ と、 兼 次樣の 仰せつ け。 松 若 軍 助 參れ。 ァ、、 聞え た。 ヒれ おも しんか まつ ゐ ゆん ご さに かゆ 松 若 誰かと 思へば 臣下た る、 松 井の、 源 吾貞景 ならす や。 しゅじん ,く,;:. こり や 不敵な ひき W た ちまよ まつわ か いしだん ぶ たい に ゆ ゆん ご お ゆ ぐんす けお か ;. i ちま は まつわ か ト 引退け る。 立 廻りに 松 若, 石段 f ござんせ う。 待 乳 大方 みんな あの 衆が なま. さはう V- 皆々 生臭坊主 であら、 フゎ いな。 長 浦 これく、 お前 方。 その 樣に惡 う 一, k はしゃん すな。 さう して 姬君樣 に は、 道 成 寺の 唄に ある、 煩惱 菩提の 道と やらに お入り ゆる i 附々 の わたしら も、 せめて 觀音經 なと 覺 えて、 後生 をお 助け 申す のぢ やに、 それにお 經は讀 み もせす、 ぼん わる い 坊さん を 惡ぅ云 はしゃん して 淺芽 それでも 初め 唐人の、 寢 首と あなたが 長 浦 そり や、 いつえ。 三 九 四 o 皆々 只今。 長 浦 ァ、 爐 ばっかり。 皆々 ァレ、 白々 しい 顏 わい な。 い』 , し キ,. 笙の 入りし 合 ひ 方に なリ、 向う-, 5 リ知 光、 殘月、 入 山、 久盛、 玄海、 榮曰 曰 出で 來リ、 直 Li 舞臺 へ來リ si し お ほ よ ,きに わ さんじ 殘月 師の 仰せに 依り、 先立って、 我れ く參上 坊皆 それへ 罷り通. ります る。 うち は ひ おやま みなく しもて きた ト內へ 入る。 よう マァ ほん 二 女 皆 すり や、 もう 御 制 髪の ; ES 3 11 いはつ- y-6 は-. ' さ. !; かね ぁひづ し はう じゅか、. ' の も 殘月 ィャ く。 翁 髮の儀 は、 放 參の鐘 を 合圖、 師の坊 參られ 授戒の 後。 は少 久盛 彌陀稱 名の 聲を勵 まし 、 集 全 北南大 章 文 )ll 姬樓 ぼん しん もつ 1. ちま す: 海 凡 身 を 以て 忽らに しゃ- r- じ やうぶ つし ゆ ほっしん す、 榮昌 淸 淨佛 種の 發心 を勸 む。 この 旨 急ぎ 姬 君へ 坊皆 申し 上 ゆられ 下されい。 みす うち ト 籠の 中に, て 、 け ふ み なみに ま すか み な かけ ひと か 仁 櫻姬 「今日の みと るに 淚の 十寸 鏡、 馴れに し 影 を 人に 語るな。 升次控 へろ。 ひめぎみ さま 長沛 姬君 様。 き あそ 女 皆 お聞き 遊ばしました か。 にち く あ もゐ くろかみ け ふ おろ あそ た ごり し 五 百 ほんに これまで 曰々 に 、上け 參ら せし 黑髪 を、 今日はお 卸し 遊ばす ゆ ゑ、 せめて 名殘 のお 髮 をと、 四 1 集 全 北南大 四 二 ねが まを とりあ くしけ つゆ なみだ て さき ほ て-.. こ、 ろづか およ こと なが うら ありあ こ そで てう ど あま みむ よ- ソ しな 00 いやく。 その 心 遣 ひに 及ばぬ 事。 ナニ 長铺、 これに 有 合 ふ 小袖、 調度、 尼になる 身に 無用の 品、 いに み おも はか と 形見と 思 ひ、 それん、 に、 計らうて 取らせて たも。 あ がに 長 ま ェ、、 有, り 難、 フご ります こ、 ろ み、" もの ようい しな 櫻姬 それで 心 もさつ ばりと。 ソ レ , 皆の 者、 用意の 品 を 女 皆 畏 りました。 あ かた みなく. おく は ひ しらき つ-. 、 ゑ か-. , ろ はなに て しきみ はなら ふそく t しらき. に ひ. ': SI , ト合ひ 方 LL なリ、 皆々 奥へ 入って、 白木の 机に 香 爐. 一 度 御 出家な されてから、 髪 を 生す は 如柯な もの。 よし 叉 その 氣、 力 ござらす とも、 その美し さで 人が 捨て、 は。 いまさらと へ 八し は 0- て. ' は 撄姬 これまで 思 ひ 定めた 事、 なんの 今更 止まらう、 ぞ。 ち かラす る 櫻姬 この 香箱の 片し こそ、 自らが 身の 善知識。 ヱ 、、 有り難い サ、 衆 憎 達、 とく-,, 香水。 r- まん し-つし; J 'う 坊皆 承知いた して ござる。 つか まゐ もの めん い 、つち は ひ 權助 イエ、 お 使 ひに 參 つた 者で ござり まする。 ァ、, 聞え た。 お 姬樣が 御 出家な さるので。 下樣の 分際で、 姬君樣 の 御前へ 立ちはだかり 女 皆 早う この 場 を 下がらぬ か。 需 ハイ。 長 浦 ほんに さう して、 爱へは 何し に來 やった ぞ。 モシ、 お 姬樣、 これ を ちょっと 御覽 じて ふところ いぜん づけと ふみ Hi さくら ひめ まへ つく ゑう へ お ト 懷ょリ 以前 受取りし 文,, 出して、 櫻姬が 前の 机の 上 L- 置く。 長沛 コレ、 執 次 はな ぜ賴 まぬ、 U 慮外ず め、 早う この 場 を 下がらぬ か。 ァノ爰 な、 慮外 者め。 ト 屹度 云 ふ 權助 ハイく、 下が. ります く。 こっち く さくら ひめし じラ くわん ねん つむ i い てがみ うはが き み ト 此方へ 來ろ。 」 ト その 儘讀 む。 長沛 ムゥ。 すり や 最前 わたしへ も賴 まれた、 あの人 閒 五 郞樣の 權助 左 樣サ。 お 文の 使 ひに 參 りました。 さくら ひめ さ おも い ト櫻姬 これん」 聞き、 思 ひ 入れあって 集 全 北南大 章 文 東姬櫻 櫻姬 今淸淨 無爲の 道に 入らん とする 折から、 愛慾 輪廻の 文 玉 孝、 目に 觸る、 さへ 忌 はしい。 ちゃつ と 外面へ 捨て S たも。 そんなら どうで も 御 出家な さる 御身 だに 侬 つて, こんな 物 は稳ら はしい とかえ。 ぼんな. ,' つみ ふか みづ く. ? はや とりの 櫻姬 煩惱の 罪深き、 その 水莖 は、 早う 取 返き や。 女 皆 畏 りました。 ト 皆々 立た うとす ろ。 權助 ォッと 待って 下さり ませ。 モシ、 ならない は 色事の 習 ひ. それ をなん ほ 御 出 家 をな されば とて、 封 も 切らす、 手も附 け. ずに、 捨て A しま ふと はお 情ない。 マァ、 開いて 屮を 御覽 じて、 何とな りと 御 返事 を をの こ め ふ み、 き ぶつに う ぎゃく ざ い ひと えんしょ て ふ 知 光 ァ、、 こり やく 男子。 目に 觸れ 耳に 聞く さへ も、 佛道 にて は 五 逆 罪に も 等しき 艷書。 手に 觸れる 事勿體 なし。 はう いつじ わけん こと よ き る の は うづ な む はふ もの ふみ み 殘月 放逸 邪慳 も 事に 依る。 聞いて 居れば 野 方途 も 無い 無法者。 その 文 を 見せて モシ ひょっと、 どうい こと み らう ねんが ねんぶつ ぎ やう じ や ひめぎみ もの ふ 事に かなって 見ろ、 この 一老が 念 掛けた、 ィ ャ念佛 行者と なるべき 姬 君に、 そんな 物 は、 ならぬ く。 四 五 集 全 北南大 四 六 1 坊皆 歸り 居らぬ か。 、 權助 そり や ハ ャ 、御尤もで は ござります るが、 if も あなた 方に お 目に かけろ と 云 ふぢ や ァ なし。 下がらぬ か。 一 i! ん えん き は と の ご ふで こ、 ろ-つ ご い y. いしゃ. r j 櫻姬 一旦 緣も 切れ 果てし、 殿御の 筆に 心 動かし、 いなや 云 はんも 罪 ii; ならん。 : 權助 そんなら どうで も 御 返事ば 一 しょりち よろこ おも い 、りちい ほ ざき おも い 一 ト 承知 ipJ ぬ 吾ぶ 思 ひ 入れ。 この 內 五百崎 思 ひ 入れあって ; は か ひめぎみ さま お ぼ めし --! い たか ひく よ なか をん な をと こ も かひ 長 5i 云 はしゃん すれば そんな もの、 高い も 低い も 世の中に、 女 は 男 を 持たい では、 生れた 甲斐 は ご.. さり ませぬ。 ービん r け はら た おも い さくら ひめし じう じ つ i ぐ と. 色慾 の 紐に ひかれ、 長く惡 趣に 入られう か。 重ねて 一. k うてた もんな や。 , X: の-た。 人に は 思 ひとい ふが ご.. さります。 モ シ、 皆さんお 閒 きなさい。 女 皆 そり や マ ァ、 どんな 事ぢ やえ。 權助 サァ、 どう だと 聞けば 华四郞 に、 生寫 しな 娘が あって、 近所の ニ才が 張り かける。 その 內 にも 取 分けての ろい 男が、 つけつ 廻し っロ說 いても 諾 かない ゆ ゑ、 それから ぶらく 戀烦 ひ、 とうく そいつし ま、 いうれ い むすめ と ころ ひろ ひ なか で おやに- らんされ むす. に 其奴が 死ぬ とその 儘、 幽靈 になって 娘の 所へ、 晝 日中に 出かける さう サ。 サァ親 達 は亂騷 ぎ、 娘 四 七 集 全 北南大 しゃく お 二 i いに ちで か ぢ き た う およ は 痛 を 起す やら、 それから 每日 出かける ゆ ゑ、 加持 祈禱 はいふに 及ばす、 いろく やっても せう ことな よふつ -c ころ えど いさ ゆ い-つれい おもしろ -. -ー ろ ひさ で ふ 事無く、 千法盡 きた その 所へ、 江戶の 勇みが 行き か、 つて、 ナ 二 幽靈、 面白い、 この頃 久しく 出會は あ はん ii たしき すぐ:: f めと ころい いま たは-一 ふ i あ を ない。 U はに ね かね さ, i, 、ら いれずみ み xi く はなし うち よろ ト話 li 乘 つて 片肌 脫 ぐと、 鐘に 货の 刺靑 あろ。 か t はに; J か i つづか 1 ねけ い. ,れい こおし いうれ い あ; み 二 ゑ 、• こと 出ゃァ がった、 飛んだ 氣 紛れ 幽靈 だと、 搴を くらって 幽靈も• 哀れな 聲で云 ふ 事に ゃァ. 皆々 何と 云うた や。 よろ で こ は 06 を 權助 夜 出る の は 怖い と 申しました 3 S 白々 ハ、 ゝ ゝゝゝ わら さくら ひめ -.. 一ん すけ - に 櫻姬 ほんに、 長 浦が いひつ けし 形見の 品、 それぐ 持って 次へ 立ち や。 あがに ' - — 女 皆 有-い. 敷う ござります ト 立ち 力 、る、。 みづか おんき?'. 、、の 內權 助、 慈 のみ 居て す, ゐ rf,v- ナ とて ゐ あく ら r- さま こと らち あ 權助 ャレ く、 坐って 居たら 眠氣 がき ざした。 へ い。 お 文 を 持って 歸り ませう。 櫻姬 ィ、 ャ、 其方 は 去な されぬ。 マァ 待ち や。 : ごんす けお.. い ト權助 思 ひ 入れ 權助 ハイ、 御用で も ござります か。 よう ほど こ、 櫻姬 サァ、 用が ある 程に、 ちゃつ と 爱へ。 ト 怖々 椽 側の 所へ 來リ 參 りました が、 何の 御用で くる こ、 櫻姬 苦しうな い。 爱 へお-ちゃ。 權助 ハイ。 でも、 それへ は あんまり 櫻姬 ハテ、 大事な いわいの。 - う V う 一. - めん やにい ラへぁ t ゐ 權助 ヘイ、 左樣 なら 御免な され まし。 サァ、 どうぞ 云うて 聞かして たも。 ト 側へ 寄る。 權助 そり や ァ何を 私しが 櫻姬 隱 してた もんな。 其方の 身の上。 權助 ェ。 ト思 ひ 入れ。 櫻姬 これ を 見て たも。 ひに り そで. 跳への 合 ひ 方。 權助 これ 見て ほりもの 權助 ャ。 この 刺靑は 櫻姬 其方の 腕に をり わ かひな おも い さくら ひめと. C 權助 ムゥ。 そんなら これ を あの 折に ト 我が 腕へ 思 ひ 入れ。 それから 跡で,々 と、 一 曰 二日と 經っ につけ、 次第に 床し さ懷 かし さ。 然し 此方 は 可愛 さが、 まして 年端 も 十六 七、 どう ど め ぞも 一 度 あんな 目に こゝろ はづ ま. 1 うち あ こと ハ えり ふ よ いとな 櫻姬 あうて 心に 恥 かしい、 又 その 中に どうぞして、 逢 ひたい 事 も 折に 觸れ、 たと へ 良から ぬ營み を、 ひと ひめ ご ぜ ど はだ ふ する 人 とても 姬 御前 は、 一 度な りと も 肌 觸れて 權助 外に 男 は 持つまい と、 思った ところが 名所 も、 知れまい とって 夜盗の 仕業。 うち あ しるし わ わて この 櫻姬 もし その 內に ひょっとして、 めぐり 逢 ふべき 印に と、 我れ と 我が 手へ 此 やうに 權助 わつ ちと 同じ 入れ 黑子。 さう と は 知らす どんな 氣で、 居る やらす びいて 見よう ぞと 章 文 m 姬樱 さっき たま づさ 櫻姬 それ ゆ ゑ 先刻の 玉章 も わ の, いろ ま つか 權助 我れ と 望んで 入 間の 使 ひ。 めぐ あ ふせ 櫻姬 廻り 逢瀬 も か t ら 權助 け ふ 鎌 倉。 , ふ し ぎ えん 櫻姬 不思議な 緣も• 權助 ある もの だな ァ。 たか おも い あつら おんがく ト互ひ に 思 ひ 入れ。 へ の音樂 になる。 い をり いんぐ わ にね み やど ひと くち は い か, おも れづら 櫻姬 まだ 云 ひたい は その 折に、 因果な 胤 を 身に 宿し、 さがな き 人の 口の端 も、. 好き 折 柄と 松 若に、 添うて 下りし その 日より、 佛門歸 依と 云 ひ 立て. ァノ たった 一度で。 飛んだ 話た。 さう して その 餓鬼 は も そだ は、、 か み で" - うへ なが うら し しづ て 櫻姬 サァ、 守り 育 てんん 憚る この 身。 ろ つく えんぐみ もったい ほとけ いつは る 事 を、 附々 とても 誰あって、 知らぬ 男へ 心 を盡 し、 緣組 いと ふばつ かりに、 勿體 ながら 佛を僞. り、 剃髪 授戒の 際と なり、 逢うた も盡 きぬ 二人が 仲。 五三 ffr 四 權助 そんなら 坊主になる 举は 櫻姬 なんの 斯うして 逢 ふから は 權助 そんなら 矢ッ 張りお 姬樣 か。 機姬 ァ レ まだ そんな 權助 さう して 何-たえ。 い さくら ひめ さく. 櫻姬 其方の 女房と やら。 い んす S. 權助思 ひ 入れ 權助 でも、 お;;: が 身 は 知る 通り。 みづか い 襟姬 アコ レ。 自ら さへ 云 はぬなら 權助 マァ そり ゃァ そんな もの サ。 姬 そ ん な ら これから によ う i5 う 權助 女房 だ ぞぇ。 や へ m -I. 窣文 m 姬 櫻 櫻姬 ハ テ、 なんの 偽り。 權助 術し! iil にお 姬樣。 飛んだ 夫婦 だ。 ト云 ひながら あたりん 見乂」 久し振り-たの。 おも い どくぎん t. 獨吟 1: なリ、 、;れ よ リ權 助、 櫻 姬色合 ひ。 簾 T リる。 ゼ 廻,. この 內 残月、 簾の 中へ 駅 込む 時、 懷 リ起 證.. 七郎 取上げろ。 サクと 簾 上がる と、 殘月、 しどけ なき 體の 櫻姬 捕へ、 片手に 袱紗 包 みの 香箱 持ち出る。 動かつ しゃるな。 ひき A, あく• 惡 五郎 自國太 踏んで 惡五 ェ 、 、 腹の 立つ く。 ト思 び. k れ。 この 時下 座より- 長 浦に. U め 女形 残らす 出で 來リ ひめぎみ 長. , 1 ナ 二 姬君 がい たづら とや。 ,13- 皆 ほんに あられぬ このお 姿。 ト思 ひ 入れ o 惡: A ァレ恥 かしい。 ェ ゝ。 なれ ども 跡に 殘 つた 證據。 惡五 ドレ その 證據を 殘月 ンの 中に ト 渡す。 七郞 ナニ その 中に ト 取らう とすろ 殘月 隔てる o 三人 ェ 、 、 寄らつ しゃるな。 - 淸立 ャレ 仰々 しい。 鎭 まられ よ。 おん-かく しゃう めん ふすま. で— ト音樂 LL なリ、 正 面の 襖の 内ぶ リ淸主 出て 來る。 ト知光 その他の 坊主 殘らす 附添ひ 出る。 せいゆん あ じゃり さま 七郞 ャ、 あなた は 淸立阿 奢 梨樣。 せいゆん おも い. ト洁玄 思 ひ 入れあって さい, せれて いはつ せんい こと は. - さん かね ぁひづ ま. 淸玄 最前 刺髪染 衣の 事、 放 參の鐘 を合圖 と、. これ 未た 佛 因の 至らぬ とこ, 0。 さあれば じゅかい いま ぼん しん 、:ら ひめ ふ ぎ と, が おひ I J 受戒な さ 5, るう ち は、 未だ 凡 身の 櫻 姬、」 不義と て さの み 咎 むろに は 及ばぬ。 受戒せ ぬ ゆ ゑ まだ 俗なら、 吉 田の 娘 櫻 姬。 こと ぶ つ ち けジ とが. お なにと つ、 なか 兵內 殊に 佛地 を稳 した 科、 この 儘に は 置かれますまい。 何 は 鬼 も あれ 包みの 中。 惡五 ドレ。 ト狱紗 包み 開かう とすろ。 七郞 留めて bjc 1ー ふ ぎ しょうこ• ひきに せんさく てろ. そこへ 證據を 引出して、 詮索 ある は 照 門樣、 ちっと 大家の 器に は、 お似 合 ひな さらぬ、 先づ その 儀 は。 7 ラら か きょは, キ;! よ 惡五 ャ。 こり や 香箱の、 蒔繪は 表に 蓉の 模樣、 裏に 書いた は淸立 ムゥ。 この 淸 立と いふ は。 ハ 、ァ よ きょ 1. ふ ぎ あ ひて せいゆん あ じゃり. 惡五 ォ、、 不義の 相手の 淸立阿 奢 梨。 皆々 ャ ァ、。 七郞 こ は 物に 狂 はれて か。 道德 高き 淸憎を 五 百 不義の 相手と 仰し やる は 殘月 それ. そんなら 愚 憎が 渡した その。 ホ 、ホイ。 お, n い ら、 「-が てん ゆ さ こら ひめ うちお も い ト思ひ 入れ。 七 郎合點 の 行かぬ: な L。 櫻姬 この 內思ひ 入れ か 5 ほこ みづか 櫻姬 アコ レ。 その 香箱 は 自らが 女 皆 ほんに 最前 ト思 ひ 入れ、。 -ぶ こ せ、,. ん さくら ひめ ふせ かたは お か、 フゅニ ふ ぎ しょうじ I 要 五 何 をく。 サァ淸 立、 櫻姬が 臥った る 傍ら、 落ちて あつたる この 香箱。 不義の 證據 であるまい か。 その こと もったい 櫻姬 どうして あなたが 其 やうな、 みだらな 事 を。 勿體 ない。 悟りき つたる 古への、 大道、,. - にも 情けの 道 踏 六 一 六 二 まよ ためし わ おい さくら ひめ れ, C ぼ 二と しょうこ か 、つ はこ - ひめ み 迷うた る 例 は あれ ど、 我れ に 於て はな どて この、 櫻 姬に戀 慕 せん。 殊に 證 據の 香箱 こそ、 姬が 大 ひら て うち い こふ ひと- r 一 統に をん を 皆々 よう-存じて 居ります る。 す りやこの 上に 淸立阿 奢 it へ。 か さくら ひめ せいけん で し えんじゃ しょうこ やく. 惡五 ィ、 ャ、 彼れ らは 楼姬 のかし づき。 淸玄が 弟子 ども。 緣 者の 證據 で、 役に は 立たない 殘月 そんなら どんなに、 申し 譯 いたしても。 ; かう はこ せいゆん か なにた し 1- 惡五 この 香箱に 淸 立と、 書いて あるの が、 何 より 糙か だ。 たと へど、? めら、 ソと、 淸立樣 に は 不義 はない。 あ ひて 北 集 ar あ ひて 惡五 そんなら 外に 相手が あるか。 章 文 東姬櫻 兵內 あるなら それ をキ リノ. 0 り あ ト香 筘. 殘月思 ひ 入れあって 中へ 入リ、 これ 取上げ 殘月 サァ くく、 大事 だく。 モシ、 お 師匠 檬。 ト淸 玄思ひ 入れ。 ハテ、 人 を 助ける。 ナ、 サ、 人 を 助ける 出家の 身 -ニ、 ふ ぎ ひめう ま か, -、 かラゅ こ せ:. コレ、 この 香箱の、 淸立樣 で ござ り ませう がな。 六 三 丄ハ 四 知 光 モシ、 淸 支樣, 仰せ 分けられ は 坊皆 ござり ませぬ か。 ト淸 玄思ぴ 入れあって :. 名譽の舉道たりと. の 苦しみ を受 く。 一身の 難題。 、 皆々 ェ、。 七郞 す りやこの 揚 にて、 淸立 ァ、 コ リャ。 : なる。 - んな か ; a ち あ fc 寺 を 構へ し 憎の 身で、 女 を 犯した 罰當 りめ。 July 身 こ、 ろえ 兵內 心得ました。 殘月 今まで 生臭坊主と 知らす、 師匠と 崇めた 腹癒せ。 , ころも ひつ ほ 兵殘 キリく 衣 を引剝 いで ト立 ちか、 リ、 手 ひどく 涛玄が 衣ん」 引剝 ぐ。 ぎい ミょ るく としてき にる。 知 光 こり や 又、 あんまり。 みなく. U めら ト これにて 皆々 躊躍 ふ。 ? t. : ひめぎみ さま 長 浦 して、 姬君樣 は。 惡五 ,s した 報と いひ、 SKtkssr. , みづか おも い 櫻姬 自ら を C ト思ひ 入れ。 六 五 章 文 來 姬 樱 六 六 ゝろ ひめ す こ み. 、 1 l. 長 浦 思 ひ 入れ。 おも い 殘月 ェ、、 いまく しい。 ト思 ひ 入れ 0 e- や-. ' に. - J 番八 飛んだ 事よ。 吉 田のお 姬樣、 櫻 姬樣と 色事で、 コレ 脫衣 追放と いふ 利に あはつ しゃる わえ。 U いろ ご. あん に いぢ や, f ぶ 桶 七 案じるな。 大丈夫 だヮ。 づぶ おきや ァ がれ。 :ir 方 はお 公卿 樣 のお 姬樣、 片方 は大 寺の 住持 だヮ。 仲間入り はしつ かり それ を i。 田に 大 全 章 文 束姬樓 マァ、 口 祝 ひにごん つく 極めた のよ。 皆々 そいつ は 奇妙 だ。 北 八 もっと 酒. Ma: つて 來 ようか い かゆん にあと 、に 番八 もう 好い加減 にしろ。 唄に なリ、 向うよ リ淺 茅、 綾瀨、 關屋、 宮戶、 奧 女中 絹 羽織の 侍. 侍 ひ吞み 込んで 舞 臺へ來 ろ。 身共 は吉田 I 豕 の者ぢ やが、 今日 この 所に 晒し者 ありと 承 つた。 その 番を致 もの モの はう 11 ち す 者 は、 其方 達 か。 ト 立騷 ぐ。 さり rui こ. へ ィく。 卽 爱が 場所で ござり まする。 番を 致す は へ ィ 私し 共、 仲 t もの f 間の 者で, じ ざり ま la- る や もの ども 侍 左樣 か。 f 7. よしに ォ おく づと もの たび ひめぎみ ふ りよ こと. ノ のち かゝ 淺茅 これ は 5 の 4 火 儀。 我れ く は吉 田家の 奥勤めの 者。 この度 姬君、 不慮の 事に て、 お 命に も 係 は f,l ク じひ もつ いなせ が は さら その ュ うにち なか ま くに , fc- え. 宮戶 それ、 用意の 品 これ へ。 侍 畏 りました。 はさ ほ 二 まきる 3 き ゆ v、r 'に よ ところ な i. U 番八 ハ、、 、ヽ。 これ は 御如才 のない 御 出家 樣だ。 へ ィ あなた、 お有り 難う ござり まする。 知 光. 1 ャく、 禮は此 力から。 以來は 何かと 其方 達が 世話になる であらう。 縑倉 御所の 御 祈願 所、 新淸 水の 淸立阿 奢 梨と もい は おんみ み こじき なか なにとぞ ふ じい、 フな せ れ しん れし 御身が、 見る も いぶせき 乞食の 仲間, 何卒 不自. S の 無い やうに、 世話して 進ぜて くりやれ よ 番八 ェ 、、 ァ、 この 金 も。 ェ 、、 有り難い。 そり や、 兩 方で 百兩ぁ るぞ。 どう だく。 づふ ドレ、 百兩 とい ふ 金 を 見せて 下さい。 三人 おいらに も 見せて 下さい。 番八 コ レく, やかましく 云 ふな。 騷々 しい 奴ら-た。 乞食に ゃァ 雷の 落ちた や、 フ だぞ。 みなく い ゐ ラ ちとき たいこ じか くろ てん くみこ あ を あみ の もの ト皆 々わやく 云う ズ 居ろ。 この 內 時の 太鼓 LL なリ、 向うよ リ黑四 天の 組 子-。 跡よ リ松井 源 吾、 上下、 胶 立の 形、 打 裂き 羽織、 胶 引の 侍 ひ 二人 附き出 ズ來リ 直 llI; 臺へ來 ろ。 侶、 吉 出の 女中 方、 相 詰め 居らる. n リャ、 定めて 一通りの 科 人の やうに おら かろ こ A ど ざいく わ なさ ことけ つ まか I れ.. 淺茅 これ は 松 井の 源 吾樣、 お 役目 御 苦勞に 存じます る。 中々 持ちまして, 仰せ を 背くな ど、 申す 儀に は ござり ませね ど みや づか ひめぎ A? i しほ わか 綾瀨 いは 5- お宮 仕へ を 致せし 姬君樣 に、 暫 しのお 別れ。 ぎよ い 、つ よそ めみえ 關星 たと へ 御意 は 受けす とも、 外ながら お 目 見得いた したく 宫戶 今朝 程より 相 待ちました る 事。 この 儀ば かり は ぐそゥ し て、. ' わか さ おんに ふむ ゐ みく えん こ. さりな 力ら 大 ぜ r- かみ pt ひモ みま ぎ なに ふみ ご かんべん 勢 は 上へ 恐れ、 窃かの 見舞 ひ。 この 儀ば かり は、 何卒 御 S 辨。 皆々 偏へ にお 願 ひ 申します る。 坊主 女の 長袖 なれば, セ五 七 六 暫 しの 猶豫 はして くれう ヮ。 皆々 すり やお 閒き屆 け 下さります か 源 吾 長う は 相 成らぬ ぞ。 かたじけな 皆々 ェ、、 恭 い。 番八 へ ィく。 番八 殘らす 用意いた して ござり まする。 づ ぶ. け らい めし、 フど ひきず に 源 吾 ャィ、 家來 ども。 囚人 これへ、 引 指り 出せ。 せいけん-. -1 f 侍 一 ハツ、 淸玄 御坊 さ ら ひめ 侍 一 一 櫻姬。 , 一 一人 出 ませい。 下の 鹫 籠ぶ リ櫻 ぎめ、 1 じく ilU てぎ、 w. 罂 いかに 靈。 0pff. ャィ、 ぎ 人 ども、 向後 はわ いらが 仲間 だぞ。 雨 人の 者、 しょ お こと も ひな ひめ せいゆん に. へ S ぉ姬 さん。 この 子の 里 扶持、 今 貰 ひませ う。 無い の かえ。 無くば、 その 着物で も引剝 いで、 地 切れに せに ゃァ ならない。 章 文 東姬稷 長 コレ く、 その 樣に云 はすと、 マァ わたしに 任せて 置き や。 ィ、 ャ モシ、 お 姬樣、 今日から 非人と て b と 一 さとぶ ちで き て もと そ i. 1 こ なれば、 お 手元お 納戸 も あるまい し、 里 抉 持 も出來 ない。 こり や 手元から 育つ がよ い。 これからの 渡世に は 大きによ い。 ァ、、 マァ わたしら は 子 もちに 遣る わい の。 サァ く、 退し ます。 しかもお 前 は、 まだ 乳が 出る とい ふ 事であった。 サァ、 ほんのお 母さん だよ。 00 アコ レ、 人の 見る目 も。 これまでの よしみ、 其方よ しなに。 それとも 金が あるか。 ソレ、 又せ びる; P いの。 サァ く、 抱かん せく。 むり に ちか-,. しき な さくら ひめ ち. - ふく ト 無理に 抱 かぜろ。 赤子 頻リ LL 泣く。 とめい く。 八 1 集 全 北南大 八 二 長 他 どうで 舍 はない。 着物で も引剝 いで 行か 5 かいの。 十 作 それが い、 く。 りゃう にん さくら ひめ. 見れば 屋敷 を 暇の 長 浦、 百姓 體の者 を 召 連れ、 なに 立 騷ぐ。 長沛 貸 を 取ります る。 に は たわけ I もの んな なんな おも もの きちが ひ ひ 二ん 3 ひこ 、%吾 默 らう。 白痴 者め。 非人 ども、 追 立てい。 北 小 畏 りました。 くら C- や、.. ' にんび つく ト喰 はす ゆ ゑ、 兩 人恂リ して 長 十 これ は 怪しから ぬ。 貸 を 取る の. た わな。 長 十 ハテ 、貸 を 取る の だ わな。 北 小 行けく。 r ら さ; さくら ひめ おも い きに こやす け む V さ、 ト長 浦、 十 作ば 樱姬へ 思 ひ 入れ。 北 八、 小屋 助、 向う へ 支へ る ャァ、 容赦いた せば、 樣々 な 奴が 出て うせる わえ. - どこの 國 にか 赤子 を 抱 ひて し 51。 ェ 、、これ 侍 いつまが, に こと しゅじ,:; ようし?. せいけん; Hi で い. 主人と て 容赦 はない。 淸玄坊 も それへ 出て. 犬つ くば いに かッ つくば ひ、 I 齿 生の 成敗、 百 杖 打って 諸人へ 見せしめ。 人 も 多い にづく 入と は、 餘り 物好き。 よめ あ か は いま ゆん ご こ. - によ め り p-r- にん ほねみ こ. U 好い 目に 會 つた その代り、 今、 源 吾が、 爰で又 好い 目にあ はす。 L 打つ。 淺茅、 緩 瀬ら 思 ひ 入れ。 侍 ひ 非人と めろ。 向う バ タく に て 粟津 七 らラ あさかみ しも も、; 11 ち だ いせ ラ か で き. U ; b んご つき ま は じち と きっと 郎、 麻 上下、 胶立、 大小に て 駔けズ 出て 來リ、 源 吾 突 廻し、 鞭 取って 屹度なる。 七郞 ィ 、 ャ騷 ぐな。 SV うめ ラ ら-フ かねつぐ ゆん ご さだかけ しゅじん むち ラ 七郞 ォ、、 同 苗 七 郞兼次 だヮ。 源 吾 貞景、 なぜ 主人 を 鞭打つ の だ。 三老 よりの 仰せに て、 役に 指れ し 松 井の 源 吾、 家來 ながら も 鞭打つ 役。 支へ 立し てお 咎め 受けるな。 たいがいし tO ひめ れんぼ よしに いへ あ ふりやう およ の も やから 七郞 ォ、 それ も大槪 知れて 居る。 姬に戀 慕し 吉 田の 家、 押領 せんな ど 》、 及ばぬ 望み を かけし 輩が 、源 吾 ャ。 ゅ下せ世 わ 話に いふ 鎖との S とやら。 ;き、 御身 また I にあって、 11. なぜ 知らぬ顔して お居 やる の だ。 まいが 源 吾 サァ 七郞 それに ャ更 出かし 顔、 鞭打つ 役 も 措かつ しゃい。 吾 サ ァ、 そり や ァ 七郞 主人 を 打つ を、 忠義と 思 ふか。 理を 非に 枉 ゆて 云 ひ 伏せても、 返らぬ は姬 君のお 身の上。 一:、. ゆ、 ち. " -F. 兄 六郞に 逢うたなら、 よしな に該 びして、 たもい なう。 全 淺茅 あのお 詞を 聞く につけ、 お 心根 を 思 ひやり 集 淸瀨 私し ども、 おぎ はしう 四 人 存じます る わい なう -1 , 、 ぶよ. ト思 ひだ。. や r になり- 七 aTi ん 4 いし V -, S へ. 、る STLili きし、 r やん 4 む きえて、 5- け A.? - ひめの 二 玄櫻 姬 残る。 何の 恨みで 淸玄 を、 不義 者な りと 云 ひ 立て、、 か. 思へば く、 恨めしい お. 人ぢ やわい の。 , 、ひら き ま を わけ とほ まな なが こと さた しら か は も とき い M づ 櫻姬 そのお 恨み を 聞く につけ、 申し 譯 なる 一 通り。 申せば 長い 事ながら、 北 白 川に 在りし 時、 云ひ號 みづカ こ-ろ しの こ、 ろ かり まくら に ど なさ xiu r6 やど あと け ある 自らへ、 心 を かけ、 忍びし 心に ほた されて、 假の枕 も 只 一 度、 情けの 亂を 身に 宿し" 跡 二. て 聞けば 情けな い• 7 ナ. フ 少 淸玄 サ、、 その 樣子も 聞きました。 U ふと お. ぉ赦 しな 姬 されて 下さり ませ。 ト いるく 切なき 思 ひ 入れ。 の すけき よ ろ すな は ほっしん 淸支 ァ 、、眞 にか. -る 無實の 大難。 思 ひ 廻せば 因果の 道理。 - 廿 歳の 上 を 二つ 三つ、 また 年若き 所 化た る 身の、 稚兒 白菊と 衆 道の 起り、 命 を 捨てん と 契約 い たづ ごと な は わ のこ むじで 7 み れん. U いまさら めぐ き せ も、 徒ら 事と 成り 菜て A 、我れ のみ 殘るは 無情と も、 未練 者と も喷 はれん。 櫻姬 ャ 、 、 何 とえ。 ト 聞き 处 n めろ。 赤子 泣く o 淸玄 人 を 助ける 出家の 習 ひ 櫻姬 この 身の 果が、 思 はる ナ P いなう。 おも いぜんつ と はん い き ii ト思ひ 入れ。 禪の 勤めに なリ、 番八 うそく 出で 來リ 番八 これ はしたり お前 方 は、 何 か 身の 述懐 を 仰し やる 樣子 だが、 モシく、 今更 返らぬ 事で ござり ま ま へがた ふ ti り しん;? つ し そこな み する ヮ。 そしてお 前方 二人の、 さう して ござる ところ は、 どうしても 心中の 仕 損 ひと 見えます。 モシく、 ぉ姬樣 く、 お前 樣も、 わしら の 仲間へ 入らし やった と 、うて だお にも られ まい。 いっそ あの 淸立樣 を 還俗 させて、 お前の!: 亭主に なされて は ど ふ-? ぶ ぐら と も かせ さ や- フ うで ござります。 さう すれば 夫婦 暮 しの 共 掉ぎ。 左樣 なされ ませく。 さ,、 ら ひめ ご か. うつむ ゐ ト 櫻姬、 赤子ん」 抱へ、 俯向いて 居ろ。 淸玄 きら はしい。 ,まけの 1: が 子と なりし 身の、 今更 大俗 とならん や。 聞く 耳 持たぬ ぞ。 ハト 眼. わる お, i めし ひめさま ふ り』 を とこ もも あ: if I• お 姬樣も 二人の 男 は 勿め t n 一入ても 五 人ても お を! ; つが, 7 ぎで ござります。 ひ爱 に、 コ レく ト 以前の 酒肴 か 取って 來リ 貰って 置いた 酒肴、 還俗な された 御 祝儀に モシ あ ,0. お 樣 から 淸玄樣 へ、 一 っ献 けて、 お飲みな され ませ C 左樣 なさる と. 仲間へ 祝儀 を 出し さへ なされば、 W 人に でも、 百 姓 にで も、 勝手な 者に なれます よ。 す X さくら ひめお も い ト勸 める。 櫻姬 素人と やらに なれば、 わが 身 達の 仲 問と やらで は、 ない と 一 ガ やる のか さ や、 f 番八 左樣で ござります。 櫻姬 そんなら 其方、 好い や 5 に賴む わい の。 惡ぃ事 は 中し ませぬ。 わしに お せな され ませ。 、 よ、 よ それが 承知なら、 わしが 駆け 步 いて、 婿 も 仲人 もお の is にきら へて まする。 待って ござり ませく。 ト 木魚の 入 ひった るすが になり、 g 、ミ 5f ろ。 -IT き。 IS プぉ i ギ, る。 どうぞ 非人の 手 を 離る やうに、 力と なって 下さり ませい な。 ちから しん な-」 しゅっけ み なご ちから 淸玄 そり や モウ、 力と なって 進ぜたい が 、何もい うても 出家の 身で、 どうも 女子の 力に は なられ ませぬ。 おも い ぜん ぶし み ァ、、 これ を 思へば 以前の 如く、 武士の 身で ある なれば 00 ァ、 水の 流れと 人の 身 は、 何時 どの やうな 淺 ましい、 身に もなる かと 末の 事 を、 思 ひ 廻せば 敢 よ なか ない 世の中。 ; パ 淸立 或る 程、 深窓に 養 はれ、 荒き 風 を も 厭 ひし 身 3、 嘸 やく、;; - 苦しう。 U しな しんじゃ うま を この 行末の 身の 嗜み、 進上 申す。 あ が. U うら みづか かへ f7 な. さけ バ. - m-ij 濃姬 ェ 、, 有り難い。 人 を 助ける 出家の 身。 これ は 女に 迷 ひし 出家。 我れ は 無 實の罪 すぎ ねん ち ゆ はな しらぎく ながら、 これまで 過に し 十七 年、 散り 行く 花の 白菊と ま. a しらぎく な-. 2 姬 ヱ 、又 かいな。 ' 菊の 盛り を 散らした る、 その 罪人 は 卽ち淸 立。 されば この 姿 この 見せしめ、 力、 る 集 因 深 み う. ?' せ よ しか いま は かいに らぐ ぜんせい ちぎ ちつ j おも き 身の、 浮む 瀨 いっか 世 も あるまい。 然 らば 今より 破戒 墮 落の 前生に て, 契りし 雅兒と 思 ひかへ 九 1 態 全 北南大 , 九 二 h ひわ さくら ひめ て と きっと お.. すり や 便りな き 自ら ゆ ゑ、 御 出家 樣が 勿體 ない、 力と なって 下さります るか。 よろ 二 ぐ そ 5 まんぞく いま ちから こ ろ おち は かいに らぺ み 淸立 その 喜びに 愚 憎 も 満足、 今より 力と なる から は、 こなたの 心の 落つ くやう、 破戒 墮 落の 身と なり ひめ あらた し- T けん て、 姬と 改め、 祝言し ませう C みづか せい 1? ァノ 自ら を、 淸玄樣 が たが こ、 ろ ち しるし ちから. フ L ねん し S-. 7 ひ. yy せ ど まくら せかに みは かい. 一度の 枕 は 二世の固め、 この 身の 破戒が 憷 かな 證據。 らな い そな. さて は 其方 は淸玄 が、 胸 疑 ふ 、も ある 力。 樱姬 なんの あなた を 疑 ひませ う C 、 うにが う. U が は み i へ じゅず さす 淸玄 ィ、 ャ疑 ふ。 その 疑 ひ を 暗ら さす は、 コレ、 こなたの 見る 前 ト珠 数. t へ じ. 櫻姬 ャ、、 お前 は珠 数. ト ひい 入れ。 、 illi 新の、、 なし。 云ひ號 けの 惡 五郎、 照 門 だヮ。 いろ コ し そくて るか ど 淸立 入 間の 御子 息 照 門 どの。 おと 置 f 夢め。 si つぎ 射 あて、 紙 あ isw いた。 i にこれ な あな 子 は、 m せし、 5i 俗. 貧れ ざる この. , ぎ を、 Mis としてお よい ぽ かんが 爲 めに 忍び 來た。 J へんじ 櫻姬 サ、 その 御 返事 は さくら ひめ ぐ そラ いのち タ 淸立 ィ、 ャ、 なるまい 櫻姬 どの。 こなた は 愚 憎が、 命に 替 へても 九 三 , 集 全 北 南 人 九 四 ト立 ちか.. ト淸玄 か 引つ け 身共が 戀の 邪魔 すれば、 うぬ を 存分 t 可む ヮ。 : , ひめ みん ぶん 淸. 姬も 一 緖に 淸立 ィ、 ャ、 やられぬ. - ト 同じく 取つ く。 惡五 妨け ひろけば ふ;. この 時七郞 走り出て これ か 支へ 七郞 ャ、 こなた は 「 らう と あく らう あかご し t お ね たち ま は く. t 、ち- rN ト 刀へ 手 かける。 七郞 それ 留める。 」 惡五 それ を。 1 やつ た. こり や 議、 せす ばなる まい。 章 九 七 集 全 北南大 九 八 け や. , せんぎ に じ や. いらざる うぬが 設議 立て。 その 狀 渡せ。 もん ごん ひ けん うへ 七 郞ィ、 ャ 文 言 披見の 上 , な. 5-】 け —t: 力 u. 惡 五郎 見せ じと 支へ ろ。 この 時 後 に 窺 ふ 桶 七 づふ 六、、 の 中へ 入リ 七 ar」. 七郎繽 いて 行かう とする 兩人 組つ く。 て ーゴろ し 3 と だんな さま づぶ 手頃な 仕事 だ、 旦那 樣。 惡五 川へ どつ さり、 合點 か。 こ、 ろえ 兩人 心得ました。 あや じ やう ゆ り や 5 にん さ. - 七郞 怪しき その 狀 ト 行かう とすろ 兩人 支へ る 0 惡五 ソ レ t f ら-, 'みっしょ も むか はしい』 -? U り き li ふ かたな P. C きつ ふお も い はや ぢ. よろしく、 拔 討ち! i 見事:. L 二人 か 切り倒し、 刀 1 で ござります。 總 でもす くひ ませう か。 五郎 おいら は 向う の 土手へ 一; b つて、 野蒜 をむ しって 來て 肴に しょうか。 あいつ は 素 的に 旨い よ。 章 文 束姬櫻 官五 爱 から 直に 請 地へ か. ' つて、 向島と 洒落れ よう。 江戶藝 者が isT そ來て 居る であらう。 五郞 た ほが 無い と 酒が 飮め ねえよ。 燒 けました わい な。 官五 こり ゃァ ぉ手づ から。 コ レ姐 や、 持ち合せ たが ちょっと 献 さう。 一 っ飮 まっし。 あ が. li かう ぶ r- うは ふ しけ それ は 有り難う ござります るが、 わたし は 一 向 不調法で ござり まする。 官五 ァ、、 なに か。 おれが 杯 だから、 てめ ぇ飮 まねえ のか。 その後で 又 この 奴が 杯 も、 g さに やなら ね えぞ 眼藏 さう だく。 武士の 献 した 杯み 飮 まないで は、 第 一 不錢 とい ふ もの-た ヮ。 五郞 官五郞 どの はお 心よ しだから それでも 濟ま うが、 この 五郞ニ は癎瘤 持ち だ。 姐え や。 酒が 嫌 ひな なん ち ひ もの の ら、 何ぞ 小さい 物で、 コ レビ、、 これで 飮 むがよ いく。 たべ ませぬ と 中し まする に。 眼藏 ェ 、, 上がる 所 ぢゃァ 上がらう にと、 これ も あんまり in 風な せりふ、 た。 官五 いっそ 中を取って、 おれが この 茶碗で 始めて やらう か。 眼藏 つが ッし。 眼藏 オット 承知。 サァ、 これで 飮 ませる よ。 ト酌 すろ。 しけ これ は 又 迷惑な 事で ござり まする。 向う リ稻野 谷 半 兵衞、 深 編 笠、 着流し、 大小 LL て 出で 來リ、. おしげ 見て お出で 遊ばされ ませ。 ドレ、 お茶 上 ゆ ませ、 リか。 ト立 たうと する。 官 五郎、 おしげ 捕へ て 官五 ハテ、 打ち やって 置け な。 一 人ば かりの 客に、 茶を飮 まぜす ともい. ' わえ。 爰に 居て 一 杯飮 めよ。 しけ これ はしたり、 お 客樣で ござり まする。 眼 五 おいら も 客た ヮ ノ、。 しけ ちょっと お茶 上け ましてから。 ト 振り切って 來リ 今日は 結構な 好い お 天 氣でご ざり まする。 せわ ちゃ ビ だ 牟兵 世話ながら、 茶 を 一 つ 下され。 寧 文 東姬榉 しけ ハイく。 只今お 茶 を入替 へて 上 ゆ ませう。 ヱ 、モウ 折惡 う。 ハ イノ、 ちっとお 待ち 遊ばされ ませ ドレ、 惹, 花 を 痛へ まして もん 、ひち は ひ 二の や はや うに しも C そう どく い しゃ こしら ト とっか はと 門の 內へ 入ろ。 ?"、 か rf- り. 一 か も- r 土手 參り ませう く。 わしら も參 つて 善惡を 見届け ませう.。 宗毒 モシく、 わたしが 又 申した 事 を 仰し やります るな。 眼藏 ィャ ィ、、 申す く。 なんと 證 人に 同道いた さう か。 1 五 集 全 北南大 1 六 五郞 よう ござらう 土手 左樣 なされ ませ。 二人 サァノ 、連れ ませ、 リく。 眼藏 サ、 行かう かえ。 茶化 を 置いて 參れ。 土手 ハイ, 畏 りました。 三人 ヱ 、 、 卑怯な 醫者 だ。 はんべ ゑ あ ふ みおく お ij I どび,. お茶 を 入れて が. ; じました。 サ、、 I つ 上がり ませい な。 章 文 束姬稷 せ X ぢ よちう 1. こと この ちかごろて. ハ にく 半 兵 これ は 世 Ss で ござった。 ィャ、 女中、 ちと こなたに 問 ひたい 事が ある。

次の