ドコモ 赤チャリ ウーバーイーツ。 Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で使えるレンタサイクルについて徹底解説します【通称赤チャリ】

UberEats(ウーバーイーツ)用の自転車が欲しい!店員さんにいろいろ聞いてみた

ドコモ 赤チャリ ウーバーイーツ

「Uber Eatsで配達の仕事をしてみたいけど、自転車は何を使うのがいいの?」 そんな人に向けたエントリーです。 Uber Eatsでは配達パートナー登録時にドコモのバイクシェアサービス(通称:赤チャリ)を使うことをオプションで提案してくれます。 自前の自転車を持っていないorママチャリしかない人向けのオプションです。 >> ドコモのサービスではありますが、Uber Eats特別プランが用意されていて魅力的に見えるかもしれません。 ただし、 赤チャリでのUber Eatsの配達は絶対にオススメしません。 サマリー• ドコモバイクシェアは電動自転車を無人レンタルできるサービス• Uber Eats特別プランが用意されている• サービス自体は素晴らしいけど人気のあまり自転車は「使えない」 Uber Eatsに興味があるあなたへ。 広島市・岡山市・福山市・松山市・高松市・仙台市・久留米市・北九州市でUber Eatsのサービスが始まります。 出典: Uber Eatsで配達の仕事をしたい人以外にも、通勤通学や営業回り、近所の買い物や観光サイクリングとしてなどなど様々な用途で使われています。 Uber Eatsでドコモのバイクシェアを使うメリットは主に以下の通り。 購入すれば十数万円する電動自転車が使える• 月額3,000円で使い放題(Uber Eats特別プランの場合)• 自転車を借りる・返すポートが異なってもOK Uber Eatsは自転車やバイクを使って配達をします(自動車不可)。 自転車で配達をする場合、体力の問題が立ちはだかります。 電動自転車ならアシストしてくれるのでスイスイ登れてしまいますが、いかんせん購入すると非常に高額です。 そんな電動自転車をレンタルということで赤チャリを使ってUber Eatsの配達をしているパートナーを結構見かけます。 レンタル費用もUber Eats特別プランで月額3,000円、延長料金なしと一見割安です(一見、です)。 通常会員は月額料金が高かったり、30分以上で延長料金が発生したりします。 出典: さらに、このバイクシェアサービスの自転車は専用ポートならどこでも借りる、返すことができます。 極端な話、中央区で借りた自転車を港区に返すこともできます。 元の場所に返さなくていいのは便利です。 便利なドコモバイクシェアをUber Eatsの配達でオススメできない理由 ではなぜこのサービスがオススメできないのか?3つの観点から書いていきます。 運動不足や力の弱い女性でも軽い力でぐんぐん進むようアシストしてくれます。 ただし、 電動自転車は時速24kmまでしかアシストはしてくれません。 それ以上のスピードを出そうとすると自力で頑張るしかありません。 これは道路交通法で決められている制限です。 >> 実際にUber Eatsの配達パートナーの仕事をやってみると感じますが「もっと早くもっと」という気持ちに駆られます。 配達報酬は歩合制(時給制ではない)です。 1件あたりの基本料金+配達距離で報酬額が決定されますが、1件1件をスピーディに終わらせて件数を増やすのが稼ぐポイントです。 詳しくはこちらのエントリーをどうぞ。 赤チャリではこのスピードを出すのは難しい。 またホイールも小さく(恐らく20インチ)小径車の分類になりますが、ロードバイクは26〜28インチとかなり大きさは異なります。 タイヤが一回転する時に進む距離は大きなタイヤの方が大きくなります。 使いたくても充電されていないことも・・・ これがオススメできない一番の理由。 自転車ポートにはたくさんの自転車が用意されていますが、人気エリアとなると充電満タンの自転車が1台もないことも。 充電0なんてことも珍しくありません。 「どこでも返せる」ことで、自転車ポートによっては規定台数以上に自転車が溢れかえってしまっていることもよく目にします。 それによってかは不明ですが充電されない状態になっており次使う人が困ってしまうということに。 溢れかえっている自転車の充電残量を調べてみると・・・ 0。 この自転車を借りても電動アシストはしてくれません。 すぐに電池切れになります。 電動自転車って実はめちゃくちゃ重い。 ママチャリでも重たく感じるのに+10kgはします。 ママチャリ(変速機なし):18kg• 電動自転車:27kg• ロードバイク:7〜10kg バイクシェアサービスに限った話ではありませんが、電動自転車のデメリットはバッテリーがきれた時。 ママチャリよりも10kgも重くなった状態で坂道など登れるのか・・・ということです。 また、 自転車が溢れかえっているポートがあるということは、自転車が1台もないポートも現実的にはありえます。 乗りたい時に乗れない。 もしUber Eatsで今日は配達しようと自転車ポートにいって1台も残されてなかった時は他のポートで探さなければならず、とても不便です。 コストはチリも積もればなんとやら シェアバイクサービスのUber Eats特別プランは月額3,000円と一見割安なのですが、よーく考えると普通に高い。 稼げません。 月額料金だけで年間36,000円にもなります。 参考までにUber Eatsで36,000円稼ぐには概算で75回、だいたい25〜30時間は配達しなければなりません。 それだけではありません。 通勤コストもかかります。 赤チャリを使って配達をしている人たちは電車を使ってUber Eatsの人気エリア(中央区、新宿区、渋谷区、港区など)まで移動し、そこで自転車を使って電車に乗って自宅まで帰るのが一般的です。 毎回の往復電車賃もチリも積もれば・・・です。 シェアバイクはレンタルでしかなく、そこに支払っても終わりがありません。 それなら初期投資はかかりますがロードバイクを購入した方が経済的だと僕は考えます。 ロードバイクはピンキリの世界ですが、安ければ数万円から手に入ります。 最近は自転車もECで買える時代になりました。 テレビCMでもが人気ですよね。 シェアバイク、ロードバイク、バイクの初期費用・ランニングコストを比較したエントリーもどうぞ。 タイヤが小さく進みにくい• バイクシェアサービスは「充電0」重いだけの自転車も珍しくない• 初期投資は抑えられるが、ランニングコストがバカにならない こんな理由からドコモのバイクシェアを使ってUber Eatsで配達の仕事をすることはオススメできません。 今週のUber Eats配達数字報告 iPhoneからGoogle Pixel3に機種変更したためスクショ結合アプリ「tailor」が使えなくなってしまいました・・・。 初めてのAndroid OSですがiPhoneアプリ「tailor」に代わるAndroidアプリが見つからず。 このエントリーからPC画面のスクショに変更です。 その代わり、距離や配達時間も見れるようになりました。 >> Uber Eats配達記録:12月12日 オンライン時間8時間21分。 配達回数インセンティブ(クエスト)で+2,500円。 時給換算1,941円。 Uber Eats配達記録:12月13日 オンライン時間6時間56分。 時給換算1,715円。 Uber Eats配達記録:12月14日 オンライン時間7時間30分。 時給換算1,717円。 Uber Eats配達記録:12月16日 オンライン時間4時間44分。 配達回数インセンティブ(クエスト)で+2,500円。 時給換算2,428円。 過去最高の時給です。 最近は注文数が増え本当に稼ぎやすくなりました。 以上、今週の数字報告でした。 Uber Eatsの配達パートナーに興味があれば、ぜひ一緒にやりましょー。 広島市・岡山市・福山市・松山市・高松市・仙台市・久留米市・北九州市でUber Eatsのサービスが始まります。 週末休みの4時間だけでも十分なお小遣いになりますよ。 ひかる.

次の

Uber Eatsの配達でドコモバイクシェアをオススメしない3つの理由

ドコモ 赤チャリ ウーバーイーツ

買うべきか、レンタサイクルすべきか 基本は買った方がいい Uber Eatsで働くためには「自転車」が必要です。 すでに持っている場合はすぐに働けますが、無い場合は用意しなくてはいけません。 自転車を手に入れる方法は、• 新しい自転車を買う• レンタサイクルを使う の二択。 自分は 「今後配達パートナーとして稼いでいくし、初期投資だ」 と思って3万円くらいのクロスバイクを買いました。 めちゃくちゃ使いやすく、最初の2〜3週間で元を取れてしまったので、買って正解でした。 今後配達パートナーとして稼いでいくつもりなら、自転車を買ってしまった方がいいでしょう。 関連記事 レンタサイクルの方がいい場合もある 基本的には「新しい自転車を買ってしまう」方がオススメなのですが、レンタサイクルの方がいい場合もあります。 試しに1〜2回配達をしてみたい• 自宅から遠くのエリアで配達したい 順に解説します。 まず 試しに配達してみたい場合です。 せっかく自転車を買っても 「Uber Eatsの仕事は自分には合わなかった」 と辞めてしまったら、自転車を買った意味がなくなってしまいます。 レンタサイクルなら「30分100円程度から」使えるプランもあるので、 とりあえず配達を試してみたい人にはオススメ。 レンタサイクルのプランについてはこの後解説します。 次に 自宅から離れたエリアで配達したい場合です。 Uber Eatsで稼げるエリアは「都心エリア」です。 郊外に自宅がある場合、都心部まで出張して効率よく稼ぎたい人もいるはず。 距離によっては、配達したいエリアまで自転車で行くのは大変です。 レンタサイクルなら「配達したい場所」で自転車を借り、 「配達が終わった場所」で自転車を返せばいいので、自宅から離れたエリアで配達したい人には最適です。 レンタサイクルの一番の候補となるのは「ドコモバイクシェア」です。 通称「赤チャリ」と呼ばれています。 最初に断っておきますが、 料金体系や手続きがめちゃくちゃめんどくさいです。 笑 利用するにはアプリで空きを調べ、利用予約をし、メールでパスワードをもらい、自転車に打ち込んで、という感じ。 それでもやろうと覚悟した方のみ読み進めてください。 ドコモバイクシェアとは 街中で• ドコモのマーク• スポンサー企業のマーク が入った、赤い自転車を見たことがあれば、それが「ドコモバイクシェア」です。 NTTドコモが、区役所などの自治体と提携して運営しています。 現在利用できるエリアは• 東京23区の一部(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、目黒区、大田区、渋谷区)• 練馬区• 大阪市 となっています。 上記エリアでレンタサイクルを使いたいなら、ドコモバイクシェアを使っておけば間違いはありません。 使った感想 ドコモバイクシェアで借りれるレンタサイクルは、 電動自転車です。 普通の自転車と乗り心地が違うので、 「電動自転車」という別の乗り物に乗る気分の方がいいかもしれません。 笑 電動自転車のメリット まず圧倒的に漕ぐのが楽です。 特に坂道では力を発揮し、座っていてもスイスイ進んでいきます。 またタイヤの直径が小さいので、安定して運べます。 Uber Eatsではバックを水平に保つことが重要なので、安定して運べるのはかなりのメリット。 専用の置き場(=ポート)があれば、好きな場所で借りて、好きな場所で返せます。 稼働の場所が自由なのも素晴らしいと思います。 自分の自転車だと、基本的には自宅の近くしか配達できません。 電動自転車のデメリット デメリットはなんと言っても、 充電が気がかりなことです。 ポートに置いてある自転車は、充電が完了している訳ではありません。 充電がないと、途端に「漕ぐのが重くて進まない」自転車になってしまいます。 常に充電を気にしなければいけないのはデメリットだと思います。 また 平坦な道と 下り坂では、普通の自転車の方が加速します。 遅すぎて配達できない、というレベルではありませんが、 普通の自転車に抜かれたりするのでイライラするかもしれません。 笑 重いので駐輪する時などは若干苦労します。 プランについて ドコモバイクシェアのプランは• 1回利用会員• 月額利用会員 の2種類があります。 (正確には会員登録せず「1日」使うプランもあるのですが、コスパが悪すぎるので今回は無視します。 ) 1回利用会員では• 最初の30分=150円• その後は30分ごと=100円 という料金が、1回利用するごとにかかります。 「お試しで配達してみたい」という方は1回利用会員がオススメ。 月額利用会員では• 月額基本料金=2000円• 最初の30分=無料• その後は30分ごと=100円 という料金体系になっています。 月額2000円さえ払ってしまえば、月に何回乗ろうと、 「30分以内であれば」追加料金はかかりません。 30分を超えると、延長料金として30分ごと100円がかかります。 今後もレンタサイクルで配達を行うつもりであれば「月額会員プラン」がオススメ。 配達パートナー専用プラン そしてここからが重要ですが、配達パートナーには、• 月額4000円で4時間まで使い放題 という第3のプランが用意されています。 月額4000円さえ払ってしまえば、毎回の利用で、 4時間までは追加料金なしで使えます。 ただし4時間を超えると、30分ごと100円の追加料金がかかります。 面倒ですが4時間以内に一度、専用駐輪場(ポート)へ返せば、追加料金はかかりません。 「月額2000円コース」では、最初の30分を超えると延長料金がかかるため、長時間の配達には適していません。 まとめ• プランには「1回」「月額」「配達パートナー専用」がある• 今後ずっとレンタサイクルで配達するなら「月額」プラン• ただし「月10時間以上」延長料金を払うなら、「配達パートナー専用」プランがいい 登録方法 バイクシェア公式サイトから会員登録をします。 エリアを選ぶようになっていますが、どこで登録してもOK。 新宿区で登録しても、他のエリアでも使えるので安心してください。 登録フォームに入力していきます。 注意点として、 配達パートナー専用プランを利用したい場合は、IDの先頭に「UBER」とつけます。 そのあとメールで配達パートナー専用プランを申し込みますが、その時の目印だと思います。 配達パートナー専用プランを希望する場合は、登録が終わったら以下のアドレスにメールします。 uberjp-ml d-bikeshare. com メールの内容は、• プラン変更希望• 配達パートナー専用プランにしたい という旨が分かればOKです。 数日以内に返信が来ます。 登録の流れに戻ります。 会員証登録とは、Suicaなどの電子マネーをかざすだけで利用できるようになる仕組みです。 使うには普通、メールでパスワードをもらって自転車に打ち込まなくてはいけません。 会員証登録=Suicaなどの登録をすると、Suicaをかざすだけで使えるようになるのです。 そんなSuicaの登録をするかどうかが、「会員証登録」という項目です。 登録の詳しい仕方は以下のページを読んでください。 会員プランを選びます。 配達パートナー専用プランを利用したい人は、 1回会員を選びましょう。 登録後メールをして、配達パートナー専用に変えてもらう、という流れです。

次の

【2020年最新】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達に必須!ドコモ・バイクシェア(赤チャリ)の特別月額プランや登録方法を徹底解説【電動自転車・レンタサイクル】

ドコモ 赤チャリ ウーバーイーツ

1.概要 最近よく見かけるこの赤い自転車は、ドコモ・バイクシェア・レンタサイクルです。 東京では2016年2月より開始され、2018年現在では全国で大規模に広がっています。 公式サイト ドコモ・バイクシェア (iPhone)公式アプリ ドコモ・バイクシェア ポートナビ (Andoroid)公式アプリ ドコモ・バイクシェア ポートナビ 2.このレンタサイクルの5つの特徴 このレンタサイクルの気になる特徴は次の5つです。 今までのレンタサイクルとは違います。 (1)電動自転車 このレンタサイクルは、すべて電動自転車です。 購入すれば、いまだ10万円以上するイメージの電動自転車ですが、いざ初めて乗ってみると、まじ…すごい感動します。 ほとんど漕いでる感じしない、空を飛んでる感じがして、夢にも出てきます。 一度、電動に乗るともう戻れないです。 (2)都内でポートが288箇所(増加中) 2017年現在、東京都内にポートが288箇所あるようです。 そして毎週のように増えてます。 現在は6区(千代田区、港区、中央区、新宿区、江東区、文京区)にしかないので注意です。 (渋谷区にはありそうでない) ポートの位置については公式アプリで簡単にGPSで探せます。 (2018. 30)追記 現在は渋谷区品川区大田区練馬区などを含め、約460箇所に大幅に拡大しています。 (3)24時間どこで借りてどこで返してもいい ポートは24時間営業です。 急な予定変更にも対応できるし、フレキシブルですね。 (4)Suicaをカギにしてタッチで解錠できる 条件を満たせば、SuicaやFelica対応のスマホなどを鍵の代わりに登録して使うことができます。 これはかなり快適です。 (正直、番号をダイヤルを使う方法はかなり面倒です。 メールを受信する作業とかが入ります。 ) Suicaなら、Enter押してタッチで5秒で出発できます。 (5)月額2000円プランで毎日30分以内乗り放題、1日1500円プランで1日乗り放題 月額2000円で30分乗り放題プランがおすすめです。 (2018年現在は、ポートが増えて、もはや30分で返すことはすごく簡単になりました。 ) 観光や土日なら、1日1500円コースもおすすめですかね。 1日何回使っても1500円ということです。 使い放題でこそ、このレンタサイクルの真価が発揮されると思います。 バッテリーが切れても、自転車の型が気に入らなくても、交換し放題。 気が変わって、途中で電車で帰って、また乗っても大丈夫です。 3.使い方 では、ここから詳しい使い方を書いていきます。 申し込み方法 申し込み画面 規約に同意して、名前住所クレジットカード情報などを記入し、ユーザーIDパスワードを決めるだけです。 登録会の際にスタッフの方に登録方法を聞けば教えてもらえます。 クレジット以外の手段 Q.クレジットカードを持っていません。 サービスの利用はできますか? <「1回会員」、「月額会員」について> ドコモの回線契約(個人名義)をお持ちのであれば、ドコモ払いでのお支払いも可能です。 <「1日パス」について> 下記の方法でサービスのご利用が可能です。 ・有人窓口にて現金(当日のご利用料金を前払い)のお支払い ・無人販売機ではICカード(チャージ済み)でのお支払い 詳しくは より引用 上記のように、クレジットカードを持っていなくてもドコモユーザーならドコモ支払いができるようです。 観光向けの1日パスは窓口を探せば、現金払いができるようです。 借り方・返し方 こちらの公式ページで説明されていますが、はっきり言ってわかりにくいです。 正直、読む気がしません。 なので要約して解説していきますね。 (毎週、外国人観光客の方が1時間以上登録で迷っているのを見かけます。 マジなんです、これ。 六本木でいつも見かけます。 マジです。 ) Suica登録がポイント まず 一番大事なポイントはSuica登録です。 Suica、ようするにFelica(タッチ式カード端末。 Pasmo、おさいふケータイ、など)です。 それをかざせば、鍵が開くように設定することができます。 ・ログインして「駐輪場から」を選択 ・どの駐輪場を使うのかを選択 ・今いる駐輪場の名前を確認 ・その駐輪場の名前を300以上ある中から探す ・自転車の番号を確認 ・自転車の番号を30くらいの中から探す ・自転車を選択してパスコードを発行 ・メールが受信されるのを待つ ・メールが迷惑メールフォルダに振り分けられがちなので確認 ・メールが無事に届いたらパスコードを確認 ・パスコードを自転車に入力 ・もし自転車に不具合(パンクなど)があったら、もう一度最初からやり直し (前提として常にネット環境にいること、メールが受信できること、スマホが充電されていることが必要) このように、暗証番号を発行するパターンはすごくめんどくさいです。 乗車時に無駄にメールが送られてくる 鍵を開けて借りたり、返したりするたびにメールが送られてきます。 頻繁に利用する場合、正直邪魔なので、フィルターをかけて自動で別フォルダに移動するようにしておいた方がいいと思います。 (たぶんdocomoの携帯を使っていることを想定しているのでしょう… キャリアメールなんてもはや使ってる人いんのかな? 時代読んでほしい。 LINEならまだしも。 ここの地図を見ると、わかりやすいです。 ポートマップ (2018. 31)追記 対象エリアはどんどん広がっています。 現在は、千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区、品川区、大田区、渋谷区まで広がり、ポートは約460箇所。 練馬区も、今後は共通で使えるエリアに入ると予想します。 (1)ポートを検索 アプリでは「ポートを検索」機能をよく使います。 むしろ、それしか使わないと思います。 とにかく操作がわかりづらいです。 上のように「ポート検索」を押すと、地図が表示されるので地図をスライドしてポートを探します。 地名から検索は押さない方がいい 地名から検索は押さない方がいいです。 現バージョンでは、地名から検索を押しても地名で検索できないし、検索条件を解除できなくなります。 なぜ直さないのかよくわからないですが、とにかく押さない方がいいです。 (2) 地図が使いづらい このポート検索の地図ですが、 iPhone独自の地図で表示されます。 (地図が回転できないし、自分が今向いている方向が表示されない) 企業間の契約の問題なのかわからないですけど、使いづらいです。 なので、僕はざっくりとポートの位置を確認したら、GoogleMAPに移って方向確認しています。 Google My Mapをインポートする手段もあるが邪魔くさい 公式ページに、自転車のポートのGoogle My Mapが公開されているので、これをインポートしてスマホで使うこともできます。 しかし、ポート数は460箇所以上あるので、インポートしてしまうと、本来の地図が見にくくなります。 それでもいいという方は、リンクはこちらです。 (大抵はURLを押せば自動でインポートされます) (3) 残り台数表示 なぜ台数表示が重要なのか 都心の人気エリアの自転車は極端に減ることがあります。 3連休や天気が良くて利用者が急増した場合などです。 きちんと調べてから向かわないと、永遠に探し続けることになります。 そういう時に自転車を探す場合、複数のポートをチェックする必要があります。 1つチェックするのに3分で、5つチェックするのに15分もかかります。 僕たち配達員は15分あれば500円上の給料を稼げますし、時間制限でボーナス制度がかかっている場合、その15分で2000円から3000円以上失うこともあります。 このアプリを作っているプログラマーさんはいったい何を考えているのか、僕には理解できません。 (普通に考えて台数表示のスクリプトを、このページに記述すればいいだけじゃん) ソフトバンク系列のアプリはきちんと台数表示が地図上に表示されるし、webブラウザからも見れます。 他社で可能なことはやっていただきたいです。 アプリのアップデートのペースも遅く感じます。 (4)他の機能(一切、使いません)• 他に、お知らせメッセージ、公式サイトの紹介、ヘルプページなどの機能があります。 お知らせメッセージは何の意味があるのかもよくわかりません。 必要のない機能は表示優先度を下げて欲しいです。 むしろパンクなどの不具合通報機能をつけてほしい 逆に不具合通報機能をつけるのはどうでしょうか。 自転車のパンクなどの不備を瞬時に車体番号だけ(あるいは写真だけ)で連絡できる通報機能のようなものです。 それをつけた方が、利用者も運営側も、全員が幸せになれると思います。 今はパンクなどの不備を、親切心で連絡しようとしても難しいです。 階層が深いところにあるボタンからメールアプリに移動してメールを打つことしかできません。 (メールなんて打ってる時間ないです) 公式サイトに至っては「レンタサイクル実証実験」といまだに大きく書かれていてます。 (更新忘れ?) 「実験」に高い金払わせるなんて、偉そうだなって思います。 とにかくアプリのUIが汚い、使いづらい。 覚悟して使いましょう。 (2018. 30)追記 最近はパンクなどの不具合はかなり減ってきたように思います。 整備スタッフの方の巡回ペースが増えて、努力されているからなのかもしれません。 30分超えると料金かかってくるのはどうなんでしょうか… ストレス溜まりそうです。 都内は、信号・天気・工事中とかで、予定時刻通りに到着できないこともあるので、時間オーバーは不可避なことが多いです。 (2018. 31)追記 街にポートが増えまくった2018年現在の状況で考えると、この月額プランは魅力的です。 ここまでポートが増えまくると、30分以内返却は、わりと簡単です。 一度返して、また借りるという技を使って乗り継いで行けば、住んでる場所によっては通勤通学にも使えますね。 (2)1回会員 1回会員に限っては、絶対におすすめしません。 完全にお試し用だと思います。 自転車に不満があっても交換すら有料です。 もし自転車のバッテリーがなかったりパンクしていたとしても、交換にまた108円かかってしまいます。 (もちろん、スタッフさんが一生懸命整備しているし、 バッテリー残量も事前に確認できるのはわかります。 しかし、乗ってみないとわからないことは多いです。 ブレーキの効き具合、タイヤ圧、座席の座り具合、車輪の摩擦など。 ) (3)1日パス 1日パスは観光に便利ですね。 使い放題なのが良い。 1日で2000円近くは高いけど…外国人観光客なら喜んで払うかも。 バスや電車と違い、電動自転車で観光するのも楽しそうです。 ただ、バッテリーは1日は持たないと思いますし、途中で乗り換える作業が必要だと思います。 (1日パスの手数料っていうのが意味不明。 1日パスの時に専用のICカードを登録するための料金で、無人登録なら必要ないらしい…ですが、何を言ってるのか15分考えてググりましたが、よくわかりませんでした。 おそらく人件費っていう意味でしょう。 ) (4)法人プラン 僕は法人契約で、月額4000円で使い放題の契約をしています。 (Uber eatsというお弁当配達の仕事) 最近は同じように、オフィスからスーツ姿で使用している社会人の方もかなり見かけます。 所属している法人が契約している場合、もしくは自身が経営者の場合便利ですね。 (5)料金プランまとめ 結論から言うと、月額4000円で使い放題を一度味わってしまうと、個人利用では日常的に使う気にはならないっす。 自分で買うと高い電動自転車を気軽に使えるのはわかりますけど、まだ料金…高くないですかね? (もっと利用者が増えたら、変わるのかもしれませんね。 ってか、このサービス競合いなすぎて、価格下がらなそうですよね) 定額乗り放題にしてこそ価値がある このサービスの真骨頂はおそらくこの「乗り放題」でしょう。 「乗り放題」だからこそ、ちょい乗りができるし、「乗り放題」だからこそ、電車との組み合わせも可能なんです。 東京という巨大過密都市にマッチしたシステムだと思います。 ソフトバンク系列のHELLO CYCLING参入により価格競争時代へ ソフトバンク系列のHELLO CYCLINGや、メルカリ、セブンイレブンなどの参入により、ようやく競争が激化してきました。 これにより、価格も下がりサービスの質もよくなるのを期待したいです。 保険込みです 料金には保険料も含まれています 保険について ご自身のおケガ 死亡・後遺障害保険金額 1,000万円 入院保険金日額 5,000円 通院保険金日額 2,500円 第三者への賠償 限度額 対人 1名1億円/1事故5億円 対物 5,000万円 より引用 ただ、自転車保険の相場って、下記の通り、わりと安いので、保険料込みだからといって、そこまでお得感はないです 「価格. com 保険」 ざっと見ましたが、1年で2000円とか3000円が多そうです。 4.Q&A(よくありそうな質問) よくありそうな質問に対して、ヘビーユーザーの僕が、答えていきます。 少しだけ乗る分には気にしなくていいでしょう。 途中でバッテリーがなくなって、交換するのは非常に面倒です。 バッテリー切れになると、漕ぎにくいというより漕げないです。 負荷がかかるので、平坦な道や下り坂をなんとか走れるくらいですね。 上り坂は無理だと思います。 電動アシスト状態とバッテリー残量ここに数字で表示されます。 (距離や時速も見れます) 標準モードの使い道 基本的には標準でいいと思います。 一度、強を体感してしまうと…標準は重く感じますが、そんなに重くはないです。 強ばっかり使うと、ダイエットや運動にはならなそうなので、僕は標準を使うようにしてます。 強モードの使い道 坂道や、走り出しの時や、疲れた時には、強モードが便利です。 めっちゃくちゃ、軽いです。 感動します。 あまりに軽いので、事故に気をつけましょう。 ただ、坂道の登り坂で、あまりに急過ぎる坂は、いくら強にしても漕げないっす、歩いて押しましょう。 デメリットとして、強を使うとバッテリーがすぐなくなります。 1日の始めに使い過ぎると、あとでバッテリー切れになるので注意です。 エコモードの使い道 正直使ったことないです。 エコモードに切り替えると、バッテリーを省エネできる…みたいですが、僕の実感では標準との違いがよくわからないです。 ペダルの重さも、あまり変わらないです。 標準でもわりとバッテリーは持つので、あまり使ったことがないです。 これに関しては、こちらのリンク先に書きましたので、参照していただければと思います。 これに関しては、こちらのリンク先に書きましたので、参照していただければと思います。 (それは言い過ぎか) でも、電動ってホント早いんで、電車では行きづらかった所でも、行ってみようっていう気分になりますよ。 最近、テレビでもこの自転車でお散歩してみましたのコーナー多いですよね。 (王様のブランチ的な番組) 僕が行った場所と行ってみたい場所を紹介します。 行った場所 橋の上からの景色 他にも、浅草の歴史的街並み、原宿の竹下通り、表参道、恵比寿ガーデンプレイス、六本木ヒルズ、上野公園、皇居周り、秋葉原電気街…などなど毎日この自転車で東京の街並みを眺めています。 先ほども書きましたが定額のプランがいいと思います。 もし、自宅から自転車に乗らなくても、「電車で都内まで出て最寄りのポートから自転車を借りて、大学の近くのポートで返す」という使い方もできそうですよね。 GPS付いているので、位置情報で監視されているような気がします。 それにバッテリー切れたら漕げないくらい重くなるので、そもそもあまり意味ないと思います。 一回、片側のブレーキが効きにくかったことありますが、それ以外は完璧です。 赤いポロシャツのスタッフさんが、整備してるのをよく見かけるので、そのおかげかもしれません (2018. 31)追記 この後、2017年の秋冬あたりは、かなり故障車が増えていった印象です。 2018年の春あたりから、また故障車が減ってきた印象です。 こちらは渋谷区にもポートがいくつかありますね。 他にも検索すると、いろいろ出て来ますが、ざっと僕が見た感じでは、docomoが展開している6区に限っては、docomoには勝てないんじゃないかなあ…って思いました(ポートの数的にね) (2018. 31)追記 史上最大の強敵、ソフトバンク系列のHELLO CYCLINGが登場しました。 埼玉、千葉、川崎、神奈川郊外あたりはソフトバンクが占拠している状況です。 ドコモ対ソフトバンクの陣地争いが続いています。 川崎の状況についてで書きました。 渋谷区にないと不便ですよね…なんでだろう (2018. 31)追記 渋谷区にもポートが増えてきました。 今までは渋谷区には他社のレンタサイクルがあったために、経営戦略的に優先順位が低かったからと思われます。 東京都内の以外にもdocomoはシステムを提供しているみたいなので、全国レベルで広がるかもしれないですね (2018. 31)追記 埼玉県と千葉県(千葉市を中心)にソフトバンク系列のHELLO CYCLINGのシェアが伸びています。 おすすめのヘルメットについてこちらに詳しく書きました。 動画でも解説しています.

次の