大いなる回帰。 『深遠なるヤマト、大いなる大和』

北洋漁業の盛衰 大いなる回帰

大いなる回帰

アンリミで「自然構成」はまだ流行らない。 ) 自然構成における「中盤の繋ぎ役」だよね…いつだったか「コルワの二段攻め(2回攻撃狙い)」構成における6(元7)で機動力を持った「斧使い・ランディ」みたいな感じの。 ウィッチの土印構成で「レヴィ爺三世」が同じやり方で成功したのを繰り返してる感じ。 場出し攻撃はあからさまに大きく!手札にフェアリー2枚なんて難易度低すぎるが、それでいい。 そうでなければやっていけない、使われない。 そうまでしてもなお、コルワ率いるエジェンダリーたちが使われることは欠片も無かった…。 そして、 進化時「大いなる回帰」を手札に加える。 手札にフェアフリーが4枚以上あればそのコストを2にする。 6枚あれば0にする。 なぜこれが出来ないのだ…と。 との絡みを積極的に入れ込んでいけよ…と。 大いなる回帰はどう使おう? アンリミテットでは決着ターンが456と早いから、コスト4の守備的カードは大きすぎる印象…。 シュートは汎用性が高く万能がゆえに各クラスで採用率は高いけど、エルフで云うとコスト4の「森の囁き」や「自然の浸食」が欠片も使われないのと同じで…。 大いなる回帰は主に例えばネクロの「カムイディフェンス」とか「早めに出ちゃったモルディ」とか、ロイヤルの「ジェノ(フロントガード)」とか「レオニダス」とか、あるいは潜伏待機の大型フォロワーをランダム確定で獲ってしまうとか、守備的な面ではもちろんいくらでも使える。 「能力を無にして…」は、 要は消滅と同じことになるので、アミュレットに関しては無防備だが、回帰に期待するとして「エンジェルシュート」を採用しないという構成が見えてくる!これを、ドラゴンクラスの「炎竜の使役者」「カラミティドラゴン」のように、進化時に手札に加えるというやり方、これがエルフでどれほど使えるかは難しい…炎竜の使役者もカラミティも欠片も使われていないことから鑑みてもビミョ~~~かもしれない…回帰も。 (しかし回帰は、進化フリーから得るなら、お得ですね。 ) 今はもうエルフ問わずなんでも「とりあえずシュート入れとけ~!」って時代だし、入れてないといざという大勝負の大一番の場面で、痛い事態になるて2枚3枚どうしても入れてしまうんだよね…。 アミュレットにも対応しているぶっ壊れ感で誰もが使ってしまう。 シュートと回帰の多段守備も面白いし、シュートをどかして回帰一点もまた楽し気。 現状、シャドウバースにおける新システムの出たてはアンリミテッドでは流行らないことが多い。 たいていは「旧式」の「ガチ構成(リノ虫)」が「そのまま居座って」マッチングする傾向が強い。 よって自然構成はまだまだそこまで流行らないし、流行ったとて、12期登場したての「機械系」同様にたいして強くも無い、事の方が多い。 その一方で、エルフには「オムニス」がいることによってアミュレット「ナテラの大樹」の設置がターン7の場の展開に多大なる貢献をするだろうと予想されるので、それ狙いで「自然構成」をプチ入れ込む価値と可能性が見える。 結局、機械の出たてが弱かったのって機械がらみのリーサル手段が乏しかったからであって、オムニス先輩がもう既にいるとなれば、エルフの自然構成は案外強いかもしれないし「アマツオチ」というリーサル手段をすでに入れ込んでいるてアリ寄りのアリかもしれない…蟻ではない。 で、早々に自然構成がアンリミテッドでも活き活きと活きるのであれば、この「ラティカ」は100%必須レギュとして大活躍する存在感光ること間違いなし! 「回帰する抱擁・ラティカ」の生成術! 様子見だろうね~… アンリミテッドで自然構成やりたい! って、新し物好きな人は3枚必須で作るべきだとは思いますがそうでなければ急いで作る必要はないでしょう。 機械時代の「マシンランス」みたいに機械関係なしにどんな構成でも使える! って程のものでもなくって、フェアリー2枚ある時4ダメージ飛ばす目的で入れたってなんだかな~でしょう? ネクロの「ラスワ攻め」がどのくらい流行るかによっては案外「大いなる回帰」の方が活躍するかもしれない…けどそれだったら「エンジェルシュート」でも良かったりするしアンリミであればいくらでも対処手段が豊富にある。。 機械関連の「クリフト」なんかとの合わせ技で場出し攻撃の連打で極端な耐え凌ぎ構成も面白そうだけどなんと言ってもラティカの良さは「大樹がある時フリー進化」という進化ポイントの温存もまた魅力的なのであって、どうせ使うなら自然構成の中でぞんぶんに使ってあげたいものです。 生成する必要はないけど、分解もしちゃダメ。 実装を重ねて自然構成が今後活かしやすくなった時、「ラティカ必須現象」が起きるから。 機械同様に「自然」が、いち「構築ジャンル」として確立された時、自然構成の中で起点となる3枚必須のレギュなので、分解せずにとりあえずキープが賢い選択かな~…と思います。 otomegirl.

次の

星野之宣

大いなる回帰

大いなる和の国、大和 僕たちの国は、かつて「大和(やまと)」とも呼ばれていました。 なぜ「大和」という漢字が当てられたかというのは諸説があるとは思います。 ただ、単純に読み取るとしたら「大いなる和」で「大和」という文字を当てたとも考えられます。 日本は和の国。 「和を以て貴しとなし、、、」 聖徳太子が制定した十七条の憲法の第一条にもこう書かれているのは有名なお話ですよね。 しかし、漢字が導入される前から「やまと」という言葉はありました。 これに関しても諸説あるとは思いますが、こんなお話もあります。 歴史研究家の井沢元彦さんの著書「学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論」によると、 卑弥呼(ひみこ)で有名な「邪馬台国(やまたいこく)」の「邪馬台」は 当時(3世紀頃)の中国語の発音で聞くと「やまど」に近いものなのだそうです。 やまど=やまと 日本側が「やまとこく」と言ったのを、中国側が「やまどこく」と聞き取り、「邪馬台国」という漢字を当てた。 そして、それを日本側が「やまたいこく」と現在の読み方で読んでいたのではないか、ということですが、 確かにロジック(論理)が整っていて、納得と思ってしまいました。 ) 漢字が日本に伝わったのが5世紀頃ですので、その前から「やまと」という言葉があったことがここからも伺えます。 では、この「やまと」という言葉はもともとどんな意味があったのか? 「ホツマツタヱ」「ヲシテ文字」で紐解く「ヤマト」の意味とは? 「ホツマツタヱ」「ヲシテ文字」で解釈すると、そこに込められたもっと深遠な想いを知ることができます。 「ホツマツタヱ」によると、縄文人の宇宙観では、宇宙創成の様子はこうなっています。 縄文の人たちが感じ取った宇宙のエネルギーをそのまま形にしたのが「ヲシテ文字」です。 ) そのヲシテ文字で「やまと」を読み解いていくと、、、 「や」は、宇宙の創造神アメミヲヤをあがめて、 「ま」は、その宇宙の創造神アメミヲヤから生まれた五元素が地上に伝わっていき、 「と」は、「トの教え」を表していることがわかります。 「トの教え」とは、古代の天皇(アマカミ)が人々の為に尽くした精神(つくす、やわす)や政治のこと。 つまり、「やまと」とは古代の天皇(アマカミ)が宇宙の創造神アメミヲヤから生まれた宇宙の五元素を自らの身体に取り入れて、人々のために「トの教え」で国を治めたことだと読み取ることができます。 現在の日本では、実際の政治は政治家が行っていますが、 皇室では今でも祭祀が行われており、天皇陛下は元日の四方拝に始まり、 国民や国のために全身全霊で祈りを捧げてくれています。 「トの教え」の「つくす、やわす」を漢字に当てはめるとすると「尽くす、和す」になります。 宇宙の深遠なるエネルギーがアマカミ(天皇)の身体を通り、「トの教え」として降り注ぐ。 その「トの教え」が広がっていき、大きな和のようにつながっていく。 ヲシテ文字で「やまと」の深遠なる想いを知り、漢字の「大和」からも大いなる想いも知ることができます。 どちらが正しい、間違いではなく、両方ともこの日本で育まれてきたこと。 ホツマの基本精神である「トの教え」はつくす、やわすの心。 「ヲシテ文字」と「漢字」も対立する必要はなく、「ホツマツタヱ」と「古事記、日本書紀」も対立する必要もない。 この深遠なるヤマトの国で、大いなる大和の国で育まれてきたことをこれからの未来に活かしていく。 写真の作品はそんな想いから生まれたものです。 アメミヲヤから生まれた二つのア(天)とワ(地)の渦。 そこから生まれる五元素。 この五元素に囲まれている「勾玉」は「トの教え」の象徴です。 その勾玉を中心として、円状に波のようにその教えが大いなる和のように広がっていく。 富士山は「ホツマツタヱ」で、アマテルカミ(天照大神)が生まれた場所だとされています。 「深遠なるやまと、大いなる大和」 僕なりに感じ取った「やまと」と「大和」、、、五七調で綴りました。 ヲシテ文字は母音で宇宙の五元素を表し、子音でそのエネルギーの状態を表しています。 縄文人の宇宙観をそのまま形にしたこの文字は、シンプルで、どこか懐かしい! 作品を見て感じて頂くのもいいですし、実際に書いてみるとまた感じることも違います。 プチ!【ヲシテ文字を書く会】は来場された皆さまにお氣軽にヲシテ文字に触れて頂こうとワンコイン500縁で随時開催しております(講演会の時間は対象外)。 参加された皆さまには、ポストカードにお名前を書いたものをプレゼント致します! 背景をパステルで彩り、筆文字でお名前を書いたオリジナルカードです。 「ホツマツタヱやヲシテ文字に興味がある」 という方はもちろん、 「なぜか分からないけれど、縄文に惹かれる」 という方も足を運んで頂けると嬉しいです。

次の

『深遠なるヤマト、大いなる大和』

大いなる回帰

・ラウンド1 決まった対戦数のバトルを行い、その中での勝利数に応じて、次回ラウンドのグループ分けを行う。 グループは上位グループであるAグループと、下位グループであるBグループが存在する。 ・ラウンド2 決まった対戦数のバトルを行い、その中で規定の勝利数に達することで、決勝ラウンドに進むことができる。 規定の勝利数に達することができなかった場合は、敗退となる。 ・決勝ラウンド 決勝ラウンドは2回負けた時点、もしくは、Aグループの場合5回戦、Bグループの場合3回戦を終えた時点で終了する。 また、期間中1度のみ挑戦できる。 それ以降は、大会ごとの上限回数までクリスタルやルピ、グランプリチケットを消費することで挑戦可能となる。 ・決勝ラウンド 無料で挑戦することができる。 ・未受取の報酬がある状態で終了した場合、その報酬はギフトに付与される。 (付与されない場合、一度タイトル画面へ戻りしあらためてギフトを確認してほしい。 ) ・ランクマッチをプレイしているユーザーとマッチングすることがある。 ・グランプリのバトルで勝利すると1勝につき累積BPを「100」獲得できる。 ・決勝ラウンドで使用したデッキは、後日ゲーム上などで紹介される場合がある。 【報酬内容】 ・ラウンド1、2 1回挑戦するごとに、勝利数に応じて下記の中から選出された報酬を獲得できる。 ・決勝ラウンド 決勝ラウンド進出報酬に加え、勝利数に応じて追加報酬を獲得することができる。 2回負けた時点、もしくはAグループの場合5回戦、Bグループの場合3回戦を終えた時点での勝利数で報酬が決定する。 Aグループ決勝ラウンド進出報酬:大いなる回帰 エンブレム 、大いなる回帰 スリーブ Aグループ決勝ラウンド追加報酬 0勝:なし 1勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚 2勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 1個 3勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 2個 4勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 3個 5勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、プレミアムオーブ 1個、VEC アンリミテッド杯 優勝 称号.

次の