砂糖 イラスト。 虫歯の原因【菌・砂糖・食べ物・ストレス・病気】と予防法

砂糖, イラスト, 無料で, ラベル. 無料で, ラベル, イラスト, デザイン, 砂糖.

砂糖 イラスト

虫歯の原因となる菌について そもそもの虫歯になってしまう原因はミュータンス菌という原因菌にあると言われております。 この菌は プラーク(歯垢)をつくって歯を溶かす酸をつくる菌で、赤ちゃんは感染していません。 しかし 赤ちゃんが親から口にキスをされたり、親が使ったスプーンをそのまま使わせてしまうことで感染させてしまうでしょう。 このミュータンス菌は1924年にJ. Clarkeによって発見された菌で、かなり古くから証明されているものなのです。 この菌は、白血球に貪食されにくくお口の中に一度入り込むと完全に取り除くことはできなくなります。 また、虫歯を進行させるラクトバチラス菌というものもあり、ミュータンス菌が作り出した溶けた歯を虫歯にしてしまう菌も存在しています。 虫歯の原因は砂糖? 虫歯の原因としてよく言われるのが砂糖で、砂糖のような甘いものを摂取すると虫歯が悪化するとよく言われてきました。 しかし、砂糖が悪いというよりかは 甘いもの全般が虫歯菌が酸を作りやすい食べ物であるので、できる限り避けたほうが良いと言われているのです。 そのため飲み物もできる限り無糖のものを使うようにしたり、間食を減らすのが虫歯予防としては効果があるとよく言われているのです。 なので、この砂糖は虫歯になりやすいという意見はほぼ正解で、 砂糖を含む食べ物や飲み物は虫歯菌の活動を活発化させてしまうから虫歯になる確率を引き上げるということですね。 虫歯の原因は食べ物? 先に記載しましたが、 虫歯菌は糖分を摂取することで歯垢を作るようになり、歯の表面がザラザラするようになります。 あのザラザラは細菌の塊で酸を作り出して歯を溶かしてしまうでしょう。 要するに原因の中にはどのような食べ物を摂取したかが大きくかかわってくるので、 砂糖が含まれているものをたくさん食べている人は虫歯になりやすいということです。 さらに、食事の回数も大切で、間食することが多い人はそれだけ虫歯になる確率は上がります。 虫歯の原因はストレス? 一見何の関係もなさそうな両者ですが、間接的にですがこの二つは関係性があります。 まずストレスが溜まりすぎている人は唾液が減少します。 これは交感神経が過剰に反応してしまうために引き起こされている作用なのですが、 唾液が少なくなると口の中にいる細菌を除去する能力が低下してしまうので虫歯になる確率が上昇するのです。 とくに、注意が必要なのが妊婦さんです。 妊婦さんはホルモンバランスが崩れやすく精神的に不安定になりがちで、さらには日常生活もいろいろと支障が出てくるようになるのでストレスが溜まりやすく、さらに胎児にカルシウムを奪われることになるので、歯がもろくなって唾液も減り虫歯になる確率がかなり高まります。 他にも、唾液の分泌がされなくなると口の中の酸が中和されにくくなって虫歯菌の活動を促進させることがあるので、ストレスが溜まりすぎている人は要注意ということになるでしょう。 虫歯の原因は何かの病気? 虫歯を放置しすぎると病気になることがありますが、 病気が原因で虫歯になることもあります。 先ほどストレスの項目で説明したように、唾液の分泌が減って口の中が乾くようになるとその結果虫歯になりやすくなるのですが、 病気によって口呼吸になってしまうことで口の中が乾きやすくなることがあります。 いわゆる鼻づまりが酷い人は鼻で呼吸することができないので口呼吸になるということです。 口呼吸の回数が多すぎる人は口の中の粘膜が呼吸によって乾燥してしまうようになるので、結果として 口内の乾燥が進んで細菌が繁殖しやすくなります。 他にもシェーグレン症候群のような自分の体の一部を自分の免疫細胞が攻撃する病気になるとドライマウスになることがあるでしょう。 また、薬の副作用でドライマウスになることがあるので,これもある意味病気が原因と言えるかと思います。 たかが口の中の乾燥だとは思わないで、そのことによる弊害があると認識したほうが良いかと思います。 たばこが虫歯の原因に? タバコを吸う人はまず歯が黄ばみます。 Sponsored Link これはほとんどの人たちが知っている事実でしょうが、 実は虫歯の原因にもなっております。 こちらを知らない人は結構いるようです。 実際の数値としては タバコを吸う人と吸わない人の差が3倍にもなります。 その理由として、まずタバコを吸うとタバコの有害物質が口の中にたまり始めますので、不衛生な環境になります。 歯茎の健康に欠かせないビタミンCも破壊されていってしまうので、歯の健康状態が保たれにくくなるのです。 そして、口の中も乾燥しやすくなるので、歯垢が溜まりやすくなってしまい、そのたまった歯垢が今度は歯石に変化していくので、早いスピードで虫歯になっていきやすいです。 タバコが原因でこのような負のサイクル陥りやすいということです。 その他の虫歯の原因は? 虫歯の原因として大きいのは食べ物ですが、飲食回数も大きく関係しています。 なので、 できる限り間食を減らして砂糖を摂取する回数を減らしましょう。 また、 噛む回数があまりにも少ない人は唾液の分泌が少なくなるのでできる限り顎を使うようにしてください。 柔らかいものばかり食べるのは良くないでしょう。 他には、歯の質が弱いと虫歯菌の出す酸の影響を受けやすくなるのですぐに虫歯になってしまうことがあります。 歯の質を強くするために歯磨き粉がフッ素入りのものを使うことです。 フッ素入り歯磨き粉を使って歯の質を強化しましょう。 また、詰め物を入れてから時間が経つと劣化して隙間ができるので、場合によってはそこから虫歯になってしまうこともあります。 幼児が虫歯になる大きな原因は? 幼児が虫歯になる大きな原因は親が使ったスプーンを使ったり、口にキスをしたことで虫歯の原因菌をうつされてしまうことです。 永遠に虫歯菌をもらわないようにするのは難しいことですが、早い時期に虫歯菌をうつされてしまうと、虫歯になる確率がかなり上昇すると言われているので、親は子供が虫歯にならないようにうつさない努力をしてください。 他には、哺乳瓶を使って甘いものを飲ませられていた期間が長い人は特定の歯が虫歯になりやすくなっているので、気を付けましょう。 また、虫歯になる原因というわけではありませんが、乳歯による虫歯は最初の状態は白くなっているため非常にわかり難く、虫歯になっているかどうかを気が付けないので ママやパパはしっかりと歯磨きを行うようにして観察も怠らないようにしてください。 虫歯の予防法は? 虫歯の予防方法はかなりたくさんありますので、記載できるだけ記載しますね。 ・歯磨き粉の量は多めにしてすすぎは少なめにする ・歯と歯の間もしっかり磨く ・寝る前の歯磨きはしっかり行う ・食事の回数は3度として間食を減らす ・キシリトールガムを噛む ・親知らずを抜く ・歯を磨きながら磨き残しがないかを舌で確認する ・歯ブラシが直角に当たるようにして、奥歯には斜めに入れるようにする ・歯磨き粉をフッ素が含まれている虫歯予防用のものを使う、歯槽膿漏用とか別のものは成分が違う ・就寝前に何かを食べないようにする 以上になります。 思いつく限りのことを記載したので結構な量になりましたが、大切なことなのでできる限り実行されると良いかと思います。 虫歯に関しましては次のページも参考にしてみてください。 虫歯の原因【菌・砂糖・食べ物・ストレス・病気】と予防法まとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は虫歯の原因についてと、虫歯にならないようにするにはどうしたらいいのかを記載致しました。 虫歯は完全に防ぐのは難しいですが、しっかりと対策を行えば発生確率をかなり下げることができます。 逆に、間食を増やすとか甘いものをたくさん食べるといった行動を続けると虫歯になる確率が簡単に上がってしまうので、気を付けるようにしましょう。 特に注意が必要なのが乳歯の子供たちで、乳歯の子供たちは永久歯と比べて虫歯になりやすいので親の方々は時々チェックを行って虫歯になっていないか細かく見てあげましょう。 カテゴリー•

次の

正に『万病の元』...砂糖が脳と体に与える・恐すぎる9つの害とは?

砂糖 イラスト

ピクセル インチ cm JPY SサイズJPEG 795x800 px - 72 dpi 11. 0" x 11. 1" 72 dpi 28. 0 x 28. 3" x 5. 3" 300 dpi 13. 5 x 13. 9" x 10. 0" 300 dpi 25. 2 x 25. 3" x 13. 4" 300 dpi 33. 9 x 34.

次の

砂糖ストックイラスト画像。134,948 砂糖イラストは数千ものロイヤリティーフリーEPSベクタークリップアートのグラフィック画像提供者から検索することが可能です。

砂糖 イラスト

パパ・ママの皆さん、こんな悩みはありませんか?• 子どもが言うことを聞かない• 落ち着きがないし、キレやすい• 肌が弱くて、すぐに湿疹ができる• 病気がちで体が弱い そしてそれを 「この子の個性だ」とか 「生まれつきのものだ」とか諦めていませんか? そう決め付けるのは早すぎます。 なぜなら、それはあなたが子どもに食べさせている 砂糖(糖質)が原因である可能性があるからです。 食生活を見直し、改善することでこれらは大きく改善するかもしれません。 今日は砂糖(糖質)の摂りすぎで起こる害を9つご紹介します。 1つでもあなたの子どもに当てはまる症状があれば要注意! 見たくないかもしれません。 しかし 本当につらいのは子どもです。 目を背けずに、まずは僕たち親がきちんと認識しておきましょう。 ポイントは 血糖値と脳内物質です。 砂糖(糖分)を食べると、 血糖値が急激に上昇します。 血糖値が上がりすぎると体に負担をかけてしまいますので、ここで インスリンという物質が登場。 インスリンは 血糖値を一定の量に保つはたらきがあり、急激に上がった血糖値を元に戻そうとします。 一気に上がったものを、また一気に下げようとするわけなので、 血糖値のバランスは崩れ体と脳に大きな負担がかかります。 これで終わりではありません。 血糖値の急降下を防ぐために、また次の物質が脳内に放出されます。 それが 「攻撃ホルモン」とも呼ばれる アドレナリン。 気分を高揚させる 麻薬や覚せい剤のようなものと考えるとわかりやすいかもしれません。 アドレナリンは無理やり血糖値を元の状態に戻そうとするため、 またここでも体と脳に負担がかかります。 体と脳は、まるで ジェットコースターのように血糖値のアップダウンを繰り返す… これが砂糖が体と脳に害を及ぼすメカニズムです。 砂糖だけではなく糖質そのものが問題 ここまで話すとこう思われる方がいるかもしれません。 「じゃあ、砂糖とかお菓子を食べなきゃいいじゃん」 残念ながら事はそう簡単ではありません。 砂糖はあくまでも例。 砂糖だけでなく、 糖質そのものを摂りすぎることが問題なのです。 (注:砂糖は糖質の一種) 白米や、パンや麺類などの小麦原料の食品はもちろん、 いわゆる GI値が高い食品はすべて急激に体に吸収され、 先に書いた内容と同じメカニズムで体と脳に害を与えます。 外食すれば栄養は糖質と脂質に大きく偏りますし、 できあいのお惣菜やカップラーメンは言うまでもありません。 お菓子や砂糖を控えればいいという問題ではないのです。 砂糖の害まとめ 前置きが長くなりました。 それでは砂糖(糖質)が招く害をご紹介したいと思います。 砂糖の害1:落ち着きのない子になる 血糖値を上昇させ、かつアドレナリンの分泌を促すため、常に興奮状態になります。 そのため、いわゆる 「落ち着きのない子ども」になってしまいます。 じっとしていられなかったり、急に大声や奇声を発したり等の症状が代表的です。 砂糖の害2:アトピー 過剰な砂糖(糖質)の摂取は 内蔵にも大きな負担をかけます。 消化しきれなかった砂糖(糖質)は 免疫力を狂わせアトピーの原因物質を排除しきれなくさせます。 この結果、アトピーが発症してしまうのです。 肝臓は体内に入ってきた有害物質を解毒してくれる重要な器官。 それが機能しなくなるのですから、アトピーが発症してしまうのは当然です。 まとめ あなたの子どもに当てはまるものはあったでしょうか? 今回は、ひとりの子を持つ親として、また、自分自身に活を入れるためにも敢えてキツイことを書かせていただきました。 心と体は、今日まで食べた物と飲んだ物で作られます。 冒頭にも述べたように、子どもは自分で自分の食べる物を選べません。 もし上記のような症状があなたの子どもにあったとしたら、 それは今まであなたが子どもに与えてきた食べ物と飲み物に何らかの過ちがあったということ。 しかし逆に、 食べ物と飲み物で人は大きく変わります。 人は本来、健康なもの。 今日から食事の中から砂糖を排除して、家族の健康を取り戻しましょう!.

次の