ほうれん草 の おひたし の 作り方。 おひたしの作り方

ほうれん草おひたしの失敗しない調理法!その9つの手順を徹底解説!

ほうれん草 の おひたし の 作り方

おひたしのほうれん草の茹で方 おひたしを美味しく作るには、普段あまり気にせずにやっているかもしれない、 『野菜のゆで方』、『だしのきかせ方』、『水気のしぼり方』、『ひたす時間』、『盛り付け方』、こういったことがポイントとなります。 まず、ほうれん草は洗ってから、塩をきかせたたっぷりのお湯で 茎側を30秒、全体を浸けて30秒と計1分ほどゆでます。 ゆでたら余分な熱が通るのを防ぎ、色止めにもなるので急冷するとよいです。 塩水でゆでることで、ほうれん草全体に塩気がうっすらと浸透して、仕上がりの味わいが引き立ちます。 ほうれん草は軽くしぼってから4~5㎝幅に切ります。 しかし、 『ほうれん草を切った後に必ずもう一度しっかりしぼる』ことがとても大切です(水っぽくしないために)。 4~5㎝幅はちょうど手のひらにすっぽり入る大きさなので、ひとかたまりを手にもって、ぎゅっと水けをしぼり出しましょう。 しぼったものは保存容器に移します。 水けをしぼったのでほうれん草も固くなっているため、 注ぎ入れた後は箸でほぐすとよいです(加えたAが少ないようならキッチンペーパーを上に広げ、味がなじみやすいようにしておきます)。 その場合は 耐熱の器に入れて600Wで1分ほど加熱して煮切るとよいです。 あとは冷蔵庫に移して味をなじませるのですが、1時間くらいは味をなじませたほうが美味しく仕上がります。 盛り付けるときは器に盛った後にたっぷりと汁をかけてください。 【 だしについての補足 】 ・おひたしには風味の強い食材や調味料が入らないため、一般的なを使うのがおすすめです。 (こだわるのであれば、かつお節はカビ付きのを使ったほうが、だし自体がまろやかな風味で野菜の風味が活きた仕上がりになると思います)。 ・だしが薄めだった、浸す時間が短かったなどというときは、 盛り付けた後にかつお節をふりかけるとよいです。 仕上げのかつお節が風味をアップしてくれます。 ・その他のだしでは、でもさほど臭みがなく、美味しく食べることができます。

次の

ほうれん草のおひたしのレシピ・作り方

ほうれん草 の おひたし の 作り方

「失敗しないほうれん草のおひたし」作り方を9つの手順に分けて紹介! 私がおすすめするほうれん草のおひたしは、「レンジ」と「めんつゆ」を使うことで、 「時短・簡単・手間いらず!」を可能にした、美味しいおひたしです。 1-1. ほうれん草を水洗い 根っこの部分などに、土が残っていたりするので、丁寧に行いましょう。 1-3. ほうれん草をレンジで加熱する ほうれん草をラップで包み、お皿に乗せて 600Wで 2分加熱します。 500Wであれば、 2分20秒程度で加熱します。 1-4. あく抜き 加熱したほうれん草は、直ぐにボールかお鍋に入れて30秒くらい流水(夏場なら氷水)で冷まし、しっかりあく抜きます。 1-5. 水気を取り、食べるサイズにカット ほうれん草が冷めたら、軽く手で絞り水気を取り、まな板に移し、食べるサイズに切る。 (おすすめは 4cm) もう一度水気を取る。 (ほうれん草は切った後に水気が出やすい為。 ) 1-6. 油揚げをレンジで加熱する 油揚げをラップで包み、お皿に乗せて 600Wで2分加熱する。 加熱出来たら、短冊切りにする。 1-7. 味付け めんつゆを濃縮度に応じて、水を足して調整します。 二倍濃縮ならめんつゆ50mlに水100ml 三倍濃縮ならめんつゆ50mlに水150ml ほうれん草と油揚げを皿に移し、和えてから調味液を掛けて浸します。 冷蔵庫に入れて味をなじませる 冷蔵庫に移し、1時間くらい味をなじませます。 1-9. 盛付・トッピング お皿に盛り、お好みでトッピングに鰹節をまぶせば出来上がり。 失敗しない為の重要な4つのポイント 一章で説明したレシピの「失敗しないほうれん草のおひたし」の重要なポイントは「レンチン」「あく抜き」「油揚げ」「めんつゆ」にあります。 この4つを意識していただくと、より美味しく出来上がりますので、ぜひ理解してください。 2-1.「レンチン」はほうれん草の栄養素を逃さない! ほうれん草を加熱する際、お湯に入れて煮ると、栄養素をお湯に少なからず逃がすことになります。 しかし、「レンチン」なら水洗いをしたほうれん草をラップで包んで加熱するだけなので、ビタミンなどの栄養素が外に逃げず、最大限栄養を残すことが出来ます。 2-2.「あく抜き」は身体に害のある「シュウ酸」を取り除きます ほうれん草を食べるとき、苦みや渋みを感じることはありませんか? その嫌な違和感の正体は、あくの成分である「シュウ酸」にあります。 つまり、あく抜きがしっかりと行われていないと、シュウ酸が残ってしまい、せっかくの料理を悪くしてしまうのです。 また、シュウ酸は身体の中で結石を作ってしまう原因物質であり、 たくさん摂取していると、いつか尿路結石などになってしまう可能性があります。 シュウ酸についてはを参照ください。 つまり、料理を美味しくするためにも、身体の健康のためにも、 しっかりとあく抜きすることが重要になります。 つまり、油揚げに含まれる油が、ほうれん草の高い栄養素の吸収を助けてくれるのです。 ほうれん草と油揚げは、味の変化だけでなく、栄養摂取という面を考えても相性抜群であり、 どの具材よりも相性が良いと言えるでしょう! 2-4. 「めんつゆ」はこだわりに溢れた、最強の調味液! 「めんつゆ」にはだしに醤油や砂糖、調味料などがすでに調合されており、 濃縮度に応じて、水を足すだけで完成します。 2倍濃縮なら、 ・めんつゆ・・・ 50ml ・水・・・ 100ml といような計量をするだけで完成です。 私のおすすめは「ヤマキのめんつゆ」です。 ・すっきりとした風味の鰹節とまろやかでマイルドな宗田鰹節の二種類からだしを取る ・香りや上質なうま味がたくさん詰まった「一番だし」 ・だしと調味料を調合する際の「かえし」にこだわる というような、一般家庭ではできない製造を行って作られているため、 簡単だけど、味わい深い味付けにすることが簡単にできるので、そういった、メリットが「めんつゆ」をおすすめする理由です。 ダシをとる手間、醤油やみりんを調合する手間を省けて、失敗せず美味しく作れる「めんつゆ」は最強の調味液と言えるでしょう。 基本的なレシピも覚えておきましょう! 1章では、私のおすすめする「簡単だけど美味しいほうれん草のおひたし」のレシピを紹介しました。 しかし、お湯を沸かしてほうれん草を茹でることや、ダシから調味液を作ることの良さもありますので、基本的なレシピも紹介していきたいと思います。 水洗い まず、ほうれん草を水洗いします。 根っこの部分などに、土が残っていたりするので、丁寧に行いましょう。 水洗いが終わったら、ほうれん草の真ん中に輪ゴムでまとめておきます。 3-3. お湯の準備 大きめの鍋に、たっぷりのお湯を用意します。 沸騰したら、大さじ一杯の塩を投入しかき混ぜます。 (しっかりと塩を入れることで、塩気がほうれん草の味わいを引き立ててくれます。 ) 3-4. 茹で方 ほうれん草の葉側を持ち、根っこ側をお湯に 30秒浸けます。 次に、ほうれん草全体を鍋に浸し 30秒秒待ちます。 ( 15秒で上下を入れ替える) (葉と根で茹で時間を変えることで、柔らかい葉の部分がしなしなな食感にならないようにすることが出来ます。 ) 3-5. あく抜き 茹でたほうれん草をたっぷりの冷水に移し、 30秒程、流水で冷まします。 (シュウ酸は水に溶けて逃がすことになるので、水は多めに用意。 ) ほうれん草が冷めたら、軽く手で絞り水気を取り、まな板に移し、輪ゴムを外す。 食べるサイズに切る。 (おすすめは 4cm) もう一度水気を取る。 (ほうれん草は切った後に水気が出やすい為。 ) 3-6. 味付け 水気を切ったほうれん草は固くなっているため、箸でほぐす。 だし・醤油・みりんを混ぜ合わせ、ほうれん草に掛けて浸す。 (調味液が少ない場合は、量を増やすか、キッチンペーパーを上に広げ味がなじみやすいようにする) 3-7. 冷蔵庫に入れて味をなじませる 冷蔵庫に移し、1時間くらい味をなじませます。 3-8. 盛付・トッピング お皿に盛り、お好みでトッピングに鰹節をまぶせば出来上がり。 さいごに いかがだったでしょうか? ほうれん草のおひたしは簡単な料理になりますが、調理過程の中でちょっとしたポイントにこだわって頂くだけで、より美味しく作ることが出来ます。 今回紹介した内容をもとに、少しでもあなたの料理お手伝いが出来れば嬉しいです。 ありがとうございました。 「もっと美味しい和食を作りたいけど、 なかなかコツが掴めない」と 悩まれていませんか? 和食は繊細な味付けが肝となりますが、そのコツがわからないと悩まれる方は驚くほど多いものです。 特に日本人である以上は美味しい和食を当たり前のように作れるようになりたいと思いますよね。 本冊子では、かつお節の専門家として長く和食に携わってきた私たちが、全ての日本人に知っていただきたいと考える• うま味を7〜8倍に引き上げる食材の組み合わせ• 素材のうま味を最大限引き出すだしの取り方• 「花かつお」と「かつお厚削り」の取り入れ方の違い• 誰でも実践できる温かみある和食特有の味付けのコツ など、美味しい和食を作るための全知識を35ページに渡ってわかりやすくまとめました。 まず驚いたのが、その色です。 味付きのふりかけだからもっと茶色い素材を想像していたのですが、目に入ったのはとてもキレイな薄い金色でした。 しかもふわふわとしていて、どれもまるで私の予想を裏切る美しさでした。 本当に口の中で溶けていくんですね。

次の

5日間日持ちする常備菜レシピ。ほうれん草のさっぱりおひたしの作り方

ほうれん草 の おひたし の 作り方

ほうれん草の綺麗な緑色は調理を誤ると変色してしまいます。 ほうれん草のアクである「シュウ酸」は調理中に流出し煮汁を酸性にしますが、ほうれん草の色素(クロロフィル)は酸性に弱く変色してしまう、というロジックです。 綺麗なおひたしにするには「たっぷりの湯」「食塩1〜2%」「冷水にさらす」がポイント。 様々な書籍で言われていますが、果たして本当なのか検証してみます。 以下の条件で検証します。 塩は加えない• 茹で時間「2分間」• 冷水にさらす 検証1:たっぷりの湯で茹でる まずはたっぷりの湯として1000gの沸騰した湯の中でほうれん草を茹でます。 根元を湯の中で20秒、柔らかくなったところで葉先まで投入して合計2分間。 シュウ酸の影響で煮汁は黄色くなっています。 茹でたほうれん草は冷水の中へ。 余熱を取り去ります。 検証2:少量の湯で茹でる 次に少量の湯でほうれん草を茹でます。 これは湯量がかなり少なくて、ほうれん草全体が湯の中にひたりません。 ひたっていないのに「おひたし」なのか。。 こちらも同様に2分間。 理屈通りならば、湯量が少ない分煮汁が賛成にかたむきほうれん草が変色(黄色っぽく)してしまうはず。 こちらも煮汁は黄色くなりました。 比べてみると、煮汁の色に違いがありません。 結論:「湯量」「塩」は気にしなくても良い 茹でたほうれん草を比べると、どちらも色に違いはなく綺麗な発色のままとなりました。 今回わかったのは湯量の違いや湯の中に塩を加えることは変色防止にはそれほど影響がなさそうということです。 湯量については意外な結果。 塩については加えずに茹でた方がその後の味付けの邪魔にならなくていいよさそう。 また食べ比べてみると、違いはなく。 茹で時間を長くすると、ほうれん草のアク独特な「キシキシ感」は和らぎますが食感が弱まり、時間を短くすると食感が楽しめますがアクが残ってしまう。 このトレードオフがおひたしの難しいところ。 茹で時間「2分間」でアクが気にならず適度に食感も残ったのでこれで問題なさそうです。 味付けについて考える 次はおひたしの味付けについて検証します。 味付けは食べ手の好みによるところが大きいのですが、僕個人的なものと解釈ください。 結論から書くと、「醤油洗い」が良さそうです。 ほうれん草のおひたし「醤油洗い」 醤油洗いとは、食材を短時間醤油にひたして味付けする方法です。 醤油は少量で十分で。 醤油の中に茹でて水気を切ったほうれん草を投入。 醤油の中で軽く和えてほうれん草全体に醤油をなじませること1分ほど。 浸透圧によってほうれん草の中に醤油が入り込みます。 魚をヅケにするのと同じ原理原則です。 醤油からほうれん草を取り出してキッチンペーパーで醤油を吸い取ります。 せっかく醤油の味付けをしたのに、です。 これがポイント。 ほうれん草のおひたしを醤油洗いして盛り付けたもの、皿に盛った後に醤油を回しかけたもの。 醤油洗いをした方はキッチンペーパーで吸い取ったものの、しっかり醤油の塩分を感じます。 全体的に醤油が回っているのでどこを食べても安定感よく醤油を感じられます。 醤油を吸い取っている分、刺身のように醤油をつけて食べるのとは違う「ほんのりとした」醤油味です。 醤油の主張が強すぎないところがかなりいい感じです。 醤油をかけただけのおひたしは食べる部分によってムラがあります。 しょっぱかったり薄かったり。 誤って醤油をかけすぎ!てことも普段やってしまいがち。 醤油を回しかけるよりも醤油洗いの方が、おひたし全体への醤油馴染みと柔らかい味付けになります。 その後キッチンペーパーで水分を吸い取って完成。 見た目にはいつも通りのおひたし。 醤油などの味付けをせずいただきます。 醤油洗いと同様おひたし全体に味付けが行き届きます。 醤油洗いに比べさらにマイルド。 醤油のキリっとした感じはなく塩分濃度は醤油よりも弱い気がします。 マイルドになった分、ほうれん草の甘さが引き立ちます。 かなり素材感に寄り添った味付けですが、僕はこれも好き。 醤油を回しかけると、醤油が強すぎてほうれん草を食べてるのか醤油をなめているのか主語がぼやけてしまいがちだからです。 「醤油洗い」と「1%食塩」シンプルな味付けとしていいかも。 ほうれん草に限らず他の青菜おひたしでも使えます。 おひたしの味付け前には「キッチンペーパー」で水分を吸い取る これまでほうれん草のおひたしは冷水で冷やした後「手で絞って」水分を取り去っていました。 が、キッチンペーパーが断然、良さそうです。 手で絞った場合、力の入れ加減で水分が残ってしまい味付けしてもぼやけてしまうことがあったりします。 食感も「シャキシャキ」ではなく「シミシミ」してはっきりしない。 強すぎると食材を壊してしまったり、絞ったつもりでも一方に水分が移動しただけで絞りムラができてしまうこともあります。 キッチンペーパーで包みしっかりおさえることで手で絞るよりも正確に効率的に水分を吸い取ってくれます。 味が乗りやすくなるしおひたしならではの食感が楽しめるので、味付けの好みはあるのせよ、キッチンペーパーを使うのは必須にしたい一手間です。 ひかる 見た目は童顔、中身はおじさん。 好きなものはお酒と旨いつまみ。 太田和彦氏。 好きな言葉は「いい酒、いい人、いい肴」 赤提灯居酒屋好きが転じて居酒屋料理の自宅再現ブログやってます。 UberEatsの配達パートナー(認定ゴールドパートナー)についても書いてます。 記事が参考になったら「ほしいものリスト」にてご支援くださると喜びます。 #生粋の米党(白飯・日本酒) #おしゃれなお店よりも味のあるお店が落ち着く #女が喜ぶ店を知らない連れていけない結果デート下手 #ワインの違いがわからない味オンチ #女も男も黙って酒だろ派閥 #白飯の至高のおかずは肉料理で異論なし #だけれど最近は肉より魚をいじるのが楽しい.

次の