家畜 小説。 小説を読もう!

家畜小屋

家畜 小説

1970年、都市出版社より単行本に。 その後、角川文庫版はじめいくつかの版が出版され、版を追うにつれて修正や加筆が施されている。 【 物語/STORY 】 瀬部麟一郎(23)は婚約者のドイツ人女性クララ(20)と共にタイムマシンに連れ去られ、二千年後の未来世界、白人女性が君臨し、日本人の末裔が家畜として白人に使役される宇宙帝国イースに行く 文学作品としての『家畜人ヤプー』 希代のSM文学として、その名も高き『家畜人ヤプー』。 これは、もともと、マゾヒストによるマゾヒストのための小説でした。 沼正三という、妄想力豊かで、しかも文才に恵まれた一人の変態が、自分の抱く変態的な妄想を形にしたいという、やむにやまれぬ衝動に駆られて書いた小説でした。 だから、最初は、「奇譚クラブ」という、変態性欲を持つ人たちのための雑誌に発表されました。 もちろん、一口にマゾヒストと言っても、指向するところは人によって様々に異なりますから、マゾヒストを自認する人の中にも、この小説を読んでも少しも感興が湧かないという人も少なくないことでしょう。 一方、中にはこの小説に接して、他では得られないような激しい性的興奮を覚える人もいるのです。 この小説は、元来そういう特殊な読者の為に書かれた、 「読者を選ぶ」小説でした。 しかし、『家畜人ヤプー』(以下『ヤプー』)は、沼氏の意図を越え、彼が予期していなかった多くの人たちの人気を得てしまいました。 それは、この小説が持つ、 文学としての力によるものでした。 『ヤプー』は、「白人女性が支配する二千年後の未来世界で、日本人の末裔が『ヤプー』という名の家畜として扱われ、肉体を様々に改造されて白人女性に使役される」という、 全体の着想が極めてユニークであるのみならず、その着想を構成する部品( エピソード)のひとつひとつ、つまり、「ヤプー」の種類(品種?)やその使われ方、ヤプーの「主なる白人女性」に対する感情や、ヤプーを使役する白人女性の考え方などが、創造性に富んだ面白いものであり、しかもそのような奇抜なアイデアを、研ぎ澄まされた 素晴らしい文章で表現した、優れた文学作品でした。 もちろん、面白い物語を巧みな文章で綴っただけでは、優れた文学作品とは言えません。 文学作品としては、作者が、その物語を通して、何を表現したかったかが問われるわけです。 『ヤプー』の作者・沼正三は、この小説で、合意に基づくプレイではない、本当の支配・隷従関係の、極限の姿を描こうとしました。 支配者として登場するのは、 目も眩むばかりに美しい白人女性。 そして、彼女らに隷従するのは、作者の投影である、日本人の末裔・ヤプー。 ヤプーは、 輝くばかりに秀麗な白人女性を、白女神として崇拝しています。 つまり、『ヤプー』とは、 目映いばかりに凄艶な白人女性に徹底的に隷従し、彼女らを崇拝するヤプーの姿を通して、「 美に拝跪する悦び」を描いた耽美小説だ、とも言えるでしょう。 耽美派の巨匠・谷崎潤一郎の作品と同じように、マゾヒストが自分自身のM的指向を表現したいという、やむにやまれぬ衝動に基づいて書いた小説であっても、それが優れた文学作品である場合には、マゾヒストだけではなく、Mっ気などまったくないノーマルな人がよんでも面白く、その結果幅広い読者を獲得するものです。 つまり、『ヤプー』は、作者が本来意図した特殊な読者向けの読み物であるにとどまらず、 普遍的な文学的価値を有する文芸作品だったのです。 『ヤプー』の変遷 『ヤプー』は進化する小説です。 沼氏は、「奇譚クラブ」誌に連載中の『ヤプー』を、第27章まで書いた所で筆を折りました。 同誌の自主規制にイヤ気がさしたことも理由のひとつでしたが、彼にとってそれよりも大きな痛手だったのは、読者の支持を得られなかったことだと言います。 変態性欲者を対象とする同誌の読者でさえ、彼の小説の面白さを理解できる人は多くなかったようです。 まことに『ヤプー』は読者を選ぶ小説だったのです。 ところが、筆を折って十年後の1970年(昭和45)、 から『ヤプー』を単行本にして出版する運びとなりました。 その際、沼氏はもとの原稿にかなりな加筆と訂正を施しました。 さらにその2年後、『ヤプー』が の一冊として出版されることになり、その際にも沼氏は文章に適宜修正を施しています。 都市出版社版と角川文庫版とを読み比べてみると、そのような修正によって確かに文章がより磨かれ、M的感興が増していることがわかります。 このように、『ヤプー』の文章は進化してきました。 しかし、文学作品としての『ヤプー』は、その 後 衰頽の道を辿ることになります。 単行本となった『ヤプー』が注目を集め、評判になると、そのつづきを読みたいという読者の需要が生まれました。 そうした需要に応えるべく『続・家畜人ヤプー』なるものが書き足され、さらには『家畜人ヤプー・完結編』が生まれることになりました。 ところが、 あれほど面白かった『ヤプー』が、 続編になると全く詰まらなくなるのです。 どこを読んでもM的興奮を引き起こす文章ばかりだった『ヤプー・正編』。 一方、続編以降は、どこを読んでもM的興奮なんか全然誘わないのです。 そのかわりに、マゾヒズムとは無関係な駄洒落めいた語呂合わせや言葉のこじつけ遊び(今風に言えば 「さっぶーい おやじギャグ」ですね)ばかりが目立つようになります。 同じ沼正三という名の人が書いている筈なのに、どうしてこんなことが起こったのか。 その謎解きは、「馬仙人の独り言」のに記すことにしましょう。 優れた文学作品だった正編と、優れた文学作品とは思えない続編。 しかし、正編に続編が継ぎ足され、正・続をひっくるめたものが『ヤプー』という一つの作品だということになれば、 結果として 『ヤプー』総体の文学的価値は低下します。 先に述べた「文学作品としての『ヤプー』は、その後衰頽の道を辿った」とは、そういう意味です。 乱暴な喩えを用いるなら、高級なお酒に不味いお酒を注ぎ足せば、量は増えるかもしれないけれども味はがた落ちになるのと、同じようなものですね。 いろいろなヤプー本 小説を書くのはもちろん作家の仕事ですが、それを本という形にするのは出版社(本屋さん)の仕事です。 つまり、本づくりとは、作家と本屋さんの共同作業なのですね。 本の装丁者や挿絵画家を決めるのは本屋さんの役割ですから、同じ内容の物語であっても、挿絵の違いによって、本屋さんがその物語を「美への拝跪を描いた耽美小説である」と捉えているのか、それとも、「異様で不気味な世界を描いた猟奇小説である」と考えているのかが、ある程度窺えます。 (70年) 都市出版社版/本文挿絵 全28章。 作者の沼氏は、連載小説を単行本化するにあたって、文章表現に一層の磨きをかけた。 『ヤプー』には、日本の皇室が祖神として崇敬する天照大神が実は白人女性アンナ・テラスで、天皇の祖先は彼女に付き従う「パンチー」なるヤプー(女主人の陰毛で編んだ帽子を被っている)だった等の記述があり、これが民族派の怒りを買って激しい抗議を受けた。 『ヤプー』はアブナイ小説なのだ。 (72年) 角川文庫版/カバー 全28章。 都市出版社版の文章にさらに修正が加えられている。 マゾ小説としての『ヤプー』の完成度はこの版で頂点に達したのではないだろうか。 カバー画と挿絵は 村上昂。 彼の描く白人女性には凜とした気品が漂い、小説に描写された登場人物の秀麗な容貌を彷彿させる。 また、白人女性に調教・使役されるヤプーの「苦悶の表情」の描写も秀逸である。 それにしても、角川文庫の仲間入りしたということは、未成年者を含めて誰にでも気軽に手に入るようになったということを意味するが、『ヤプー』はもともと「奇譚クラブ」という変態成人を対象にした雑誌に連載されていた小説である。 Mの素質のある青少年の中には、この小説を読んだ結果、M性を大きく開花させてしまう者もいるであろう。 青少年の健全な性欲の発達を歪め、マゾヒズムという倒錯した性の深淵に誘うという点では、 並のエロ本などよりはるかに有害である。 その意味でも、『ヤプー』はアブナイ小説なのだ。 角川・限定愛蔵版 (84年) 角川・限定愛蔵版/外函 全31章。 「続編」に属する余計な章が含まれるものの、 村上昂氏によるカラー口絵と挿画の素晴らしさがそれを補っている。 ところで、『ヤプー』には、黒人差別と見なされてもやむを得ないような記述が随所に見られる。 大出版社・角川書店が、差別文献を出版したとして糾弾されても不思議ではない。 出版に踏み切ったのは、言論・表現の自由を奉じる出版社の勇気ある決断か、それとも単にその危険性に気づかなかっただけなのか。 ともかく、『ヤプー』はアブナイ小説なのだ。 『劇画・家畜人ヤプー』 (石森章太郎・作 83年 辰巳出版) 劇画・家畜人ヤプー/カバー 石森章太郎氏の描く白人女性には、『ヤプー』原作に謳われた「鋭敏さと冷酷さがないまぜになった不思議な魅力のある容貌」や、「まばゆいばかりの肉体美」がまるで感じられない。 このマンガに、原作に漲る耽美な興奮を期待するのは、ムリなのではないだろうか。 白人女性の凄艶な容貌姿態の描写を得意とする 叶精作氏や 三山のぼる氏が作画を担当していたなら随分違ったものになったであろうに。 ちなみに、叶氏には『マギー's犬(ドッグ)』、三山氏には『麗羅』という、それぞれS女的ヒロインの登場する作品がある。 あるいは、イラストレーターの 空山基氏が、ヤプーを使役するイース女性、例えば、「畜人馬アマディオに騎乗するドリス」や、「犬人間ニューマに足を舐めさせるポーリーン」などを描いたら、惚れ惚れするような作品になるのではないだろうか。 太田出版社版(92年) 冬幻社 アウトロー文庫版(99年) 全3巻、49章 太田出版社版の 文庫版 全5巻.

次の

沼正三

家畜 小説

家畜小屋へようこそ。 このページは警告文に書いてある通り、 ほるにっせの描いた 不健全で変態的で偏った趣味の下手くそなSM系CGを展示するページです。 そういった趣味のない方は今すぐお帰りください。 本サイトには エッチな絵しかありません。 殆どは 「制服」「半脱ぎ」「緊縛」です Welcome to the cattle house. If this sounds gruesome to you, leave here immediately! Some CGs are attached with story, now AVAILABLE IN ENGLISH thanks to tranlation work of Mr. All pictures are Erotic here. Uniform, Semi-nude and Bondage. CGギャラリー 日本語• CG Gallery English• おえびギャラリー Paint BBS Gallery• 頂き物ギャラリー Gift Gallery• 家畜小屋はリンクフリーです。 muvc. Free free to link Cattle House. muvc. com.

次の

「家畜人ヤプー」

家畜 小説

公式キーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 作品傾向• ギャグ• シリアス• ほのぼの• ダーク 登場キャラクター• 男主人公• 女主人公• 勇者 舞台• 学園 時代設定• 未来 要素• ロボット• アンドロイド• 職業もの• ハーレム• 逆ハーレム• 群像劇• チート• ミリタリー• ハッピーエンド• バッドエンド• グルメ• ゲーム• 超能力• タイムトラベル• ダンジョン• パラレルワールド• タイムリープ おすすめキーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 恋愛 恋愛〔大ジャンル〕• 異類婚姻譚• 身分差• 年の差• 悲恋 異世界• ヒストリカル• 乙女ゲーム• 悪役令嬢 現実世界• オフィスラブ• スクールラブ• 古典恋愛 ファンタジー ハイファンタジー• オリジナル戦記 ローファンタジー• 伝奇 文芸 ヒューマンドラマ• ハードボイルド• 私小説• ホームドラマ 歴史• IF戦記• 時代小説• 逆行転生 推理• ミステリー• サスペンス• 探偵小説 ホラー• スプラッタ• サイコホラー アクション• 異能力バトル• ヒーロー• スパイ• 冒険 コメディー• ラブコメ SF SF〔大ジャンル〕• 近未来• 人工知能• 電脳世界 VRゲーム• VRMMO 宇宙• スペースオペラ• エイリアン 空想科学• サイバーパンク• スチームパンク• ディストピア• タイムマシン パニック• バイオハザード• パンデミック リプレイ用キーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 リプレイ用 キーワード• ソード・ワールド2. アリアンロッドRPG2E• ダブルクロス The 3rd Edition• メタリックガーディアンRPG• グランクレストRPG• ガーデンオーダー• ナイトウィザード The 3rd Edition• アルシャードセイヴァーRPG• ドラゴンアームズ改• モノトーンミュージアムRPG• ブレイド・オブ・アルカナ• セブン=フォートレス メビウス• バトルガールプロデュースRPG エースキラージーン• チェンジアクションRPG マージナルヒーローズ• 片道勇者TRPG• 神話創世RPG アマデウス• デッドラインヒーローズRPG• 常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ• 巨獣討伐RPG コロッサルハンター 公式キーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 作品傾向• ギャグ• シリアス• ほのぼの• ダーク 登場キャラクター• 男主人公• 女主人公• 勇者 舞台• 学園 時代設定• 未来 要素• ロボット• アンドロイド• 職業もの• ハーレム• 逆ハーレム• 群像劇• チート• ミリタリー• ハッピーエンド• バッドエンド• グルメ• ゲーム• 超能力• タイムトラベル• ダンジョン• パラレルワールド• タイムリープ おすすめキーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 恋愛 恋愛〔大ジャンル〕• 異類婚姻譚• 身分差• 年の差• 悲恋 異世界• ヒストリカル• 乙女ゲーム• 悪役令嬢 現実世界• オフィスラブ• スクールラブ• 古典恋愛 ファンタジー ハイファンタジー• オリジナル戦記 ローファンタジー• 伝奇 文芸 ヒューマンドラマ• ハードボイルド• 私小説• ホームドラマ 歴史• IF戦記• 時代小説• 逆行転生 推理• ミステリー• サスペンス• 探偵小説 ホラー• スプラッタ• サイコホラー アクション• 異能力バトル• ヒーロー• スパイ• 冒険 コメディー• ラブコメ SF SF〔大ジャンル〕• 近未来• 人工知能• 電脳世界 VRゲーム• VRMMO 宇宙• スペースオペラ• エイリアン 空想科学• サイバーパンク• スチームパンク• ディストピア• タイムマシン パニック• バイオハザード• パンデミック リプレイ用キーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 リプレイ用 キーワード• ソード・ワールド2. アリアンロッドRPG2E• ダブルクロス The 3rd Edition• メタリックガーディアンRPG• グランクレストRPG• ガーデンオーダー• ナイトウィザード The 3rd Edition• アルシャードセイヴァーRPG• ドラゴンアームズ改• モノトーンミュージアムRPG• ブレイド・オブ・アルカナ• セブン=フォートレス メビウス• バトルガールプロデュースRPG エースキラージーン• チェンジアクションRPG マージナルヒーローズ• 片道勇者TRPG• 神話創世RPG アマデウス• デッドラインヒーローズRPG• 常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ• 巨獣討伐RPG コロッサルハンター 初回掲載日 (年月日) ~ 抽出条件の指定• 挿絵のある小説• 小説PickUp!対象小説• ブックマークしている小説• 評価をつけた小説 ブックマークしている小説、評価を付けた小説の抽出はしてご利用下さい。 登録必須キーワード• R15• 残酷な描写あり• ボーイズラブ• ガールズラブ• 異世界転生• 異世界転移 除外条件の指定• 長期連載停止中の小説• ブックマークしている小説• 評価をつけた小説 ブックマークしている小説、評価を付けた小説の除外はしてご利用下さい。 登録必須キーワード• R15• 残酷な描写あり• ボーイズラブ• ガールズラブ• 異世界転生• 異世界転移 ワード検索範囲指定• 作品タイトル• あらすじ• キーワード• 作者名 すべてのチェックを解除した場合、すべての項目がワード検索の対象となります。 検索結果の並び替え: 家畜 検索結果: 266作品 魔法使いの国に生まれた少年には、魔法を扱う才能がなかった。 無能と蔑まれ、両親にも愛されず、優秀な兄を頼りに何年も引きこもっていた。 そんなある日、魔法の国は魔物の襲撃を受ける。 そして同時に少年の魔物を操る能力も目覚める。 能力に呼応し現れた魔獣は、少年だけを助けた。 滅びた故郷を去り、少年は様々な国を渡り歩く。 残酷な呪いを知り、凄惨な日常を知り、少年は自らの能力を平和のために使うと決意する。 悪魔の家畜として扱われる人間、退廃的な生活を送る天使、人との共存を望む悪魔、そして地の底に封印された堕天使。 彼らと関わって、少年は何を学ぶのか。 少年は歪んでいく世界を救うことは出来るのか。 少年は……自らの幸福を、見つけられるのか。 そして、全てを仕組んだ者を出し抜けるのか。 信仰を捧げる家畜として人々が飼いならされている世界の中に、二人の特異点が生まれ落ちた。 神に棄てられし、生命を極めた男。 神に背きし、叡知に呪われた女。 これは、彼と彼女が出会い、共に世界を巡り、その果てに永劫を誓い合うまでの物語である。 感想とか評価とか貰えるとモチベーションに繋がるので、できればお願いします。 重層構造のフロアに異形の怪物が跋扈している監獄迷宮〈タルタロス〉は、極刑の重罪人が収容される牢獄であり、処刑場だ。 入口は一方通行。 囚人の脱獄はなぜか公認されているが、外へ出るには最下層にいるとされる守護者を倒し迷宮を攻略するしかない。 「……さ、最悪だ……まさか、こんなことになるなんて……理不尽すぎる……」 強制労働に勤しむだけの隷民に戦闘経験などなく、武器の扱い方も知らなければ、人を殴ったことさえない。 そんな彼を救ったのは『神民』で『魔力使い』の少女だった。 「弱いうえに、男のくせにびーびー泣いて、鼻水垂らして……情けない」 お互い第一印象は最悪、しかし少女の戦闘力はすさまじく、目的が同じならこれ以上頼もしい存在もない。 家名の名誉と威厳が失墜しかけており、邪道の名門家系である久世家に起死回生の法を授かる。 その法とは、母体に異形の血肉を埋め込み子を孕ませるという人道を踏み外したもの。 アレッタは家畜のような生活を強いられ、父親から愛されずに魔術師としての魔力増幅の実験に疲弊する毎日。 十歳のある日、父親から親子の縁を切られ家を追い出されてしまう。 行先も無く、頼るべき相手もいない。 そんな中、自分に名前を付けた医師の誘いに乗って訪れたのは、シェルシェール・ラ・メゾンと呼ばれる父も属する世界最大規模の魔術組織を運営管理する東洋人の青年の屋敷だった。 彼は柊春成と名乗り、人里離れた山奥に一人、花の楽園に住んでいる。 アレッタは選択した、彼と共に過ごす事に。 柊との出会いが、後に最高位最強の魔術師と呼ばれる将来が確約された。 伯爵家の嫡男だ。 さっそくだが、この世には2種類の人間がいる。 生まれたときから勝ち組の貴族と、その他負け組の家畜どもだ。 俺はもちろん勝ち組さ。 ふはははは。 家畜どもよ、今日も俺のためにせっせと働くがよい。 それしか能がないのだからな! と、考えているゴミ貴族に転生してしまった俺。 父は絵にかいたような悪徳領主。 使用人からの評価は最悪で、領民は疲弊しまくり、不満が爆発寸前。 そして、その息子のオーウェンは父の影響を色濃く受け、デブで無能な少年に育っていた。 「伯爵家なら頑張らなくても裕福な生活ができそうだ。 デブはなんとかしたいが、普通に生きていこう!」 しかし、普通の行動をしているはずなのに、なぜか周囲からの好感度が上がっていく!? そして、落ち目のペッパー家から生まれた麒麟児として、もてはやされるようになる。 そして、人間達にはメンタルチップという物が頭に埋め込まれており、ーーロボット三原則ーーでは無くーー人間三原則ーーが組み込まれている。 第一条 人間はロボットに危害を加えてはならない。 第二条 人間はロボットにあたえられた命令に服従しなければならない。 第三条 人間はロボットを常に敬わなければならない ロボット達は人間達を家畜の様に扱い、戦争に使用して、遊び感覚で殺してしまう様な世界である。 主人公スクエは小さい頃からヒーローに憧れていたが、ある事件がきっかけで夢を諦めてしまう。 そんなスクエが目を覚ました所は奴隷市場であり、今まさにロボット達によるスクエの競りが始まっていた。 そうしなければいけない気がするんだ」 天を目指して建設されていく階段都市クルケアン、その最下層に住むセトとエルシャは上層を目指すため、仲間を集めてアスタルトの家とよばれる小さなギルドを結成する。 そこで都市に利益をもたらしながら中層、上層へと上り詰めていく。 また、兄替わりのバルアダンは飛竜騎士団の一員として都市の治安を守り、公務で神殿や評議会など都市の支配者たちと交わる中で違和感を覚えていた。 なぜ魔獣の被害を半ば黙認し、その発生地である北方へと討伐軍を向かわせないのか、なぜ神殿は弟妹を監視しているのか…。 そして都市の表舞台で活躍するバルアダンとは対照的に、神官でありながら神の存在を否定する背教者のダレトは歴史の真実を求めて都市の裏側を調べていく。 やがて彼らは魔獣が神殿によって生み出されていると知り、互いに猜疑を向けながらも共に戦うことになる。 建設から五百年の間、クルケアンでは成人になる前に個々に祝福が授けられ、その才能を以って職業に就き、都市を上層へ発展させていた。 しかし、神の啓示を預かり、祝福を子供らに伝える神殿長のシャヘルの顔は苦み走ったものであった。 うな垂れるシャヘルを教皇であるトゥグラトが冷たい目で、都市建設の家畜よ、と言い放つ。 信心深いシャヘルはダレトとは違い神の愛、そしてその存在を確かめるために真相を欲していた。 それは権力者に阿ってでも出世をし、神殿の奥の院の知識を得ることを意味していた。 セトやエルシャはやがて市民を味方につけ、祝福に拠らない都市建設を目指して行く。 そしてバルアダンやダレトは彼らを守るべく、麾下の兵を率いて実力でクルケアンの暗部に立ち向かっていくのだ。 階段都市が天に届く時、それは人が天に近づくためか、神が地に降りるためなのかを若者達は知ることになる。 「君が何処へいっても、わたしだけは見つけてみせる」 『階段都市クルケアン』これは大切な人との絆を描いた物語。 メルセデスが巡る亡国は、友、仲間、親族、想い入れのある者達が暮らしていた場所。 そんな亡国で、メルセデスは声なき依頼を受けて旅をする。 大丈夫、怖がる事はない。 私はただ、亡国を巡って旅をしているだけなのです。 私はご覧の通り目が見えない身。 だから、何もしていないなら私を恐れる事はない。 何もしていないなら、恋人も、腹の中にいる赤子も、夫、妻、先祖、始祖、家畜、ペット、召喚獣、朝あいさつをする程度の知人に対しても、私が何かする事はありません。 何もしていないあたなにとって、私はただの旅人だ。 これが、盲目の王子、メルセデスという人物だ。 そんな中、場にそぐわない中年のおっさんが一人戦闘について行けずにへばっていた。 彼の名前はウードという。 こんな戦火の中で、そんな状態で無事なのが不思議なくらいだが、それは彼の傍にいる大型の魔獣が護っているのが答えになるだろう。 「お父さん!大丈夫?!」 「クレス、お父さんは、もうダメだ…」 「もう~!だからついてきちゃダメって言ったのに!リーヴァ、お父さんを頼んだよっ!」 少女はそう言うと、颯爽と戦場に戻っていく。 「フェーン、一緒に来て!あの魔人を倒すよ!」 少女は月の色をした毛を持つ大きな狼のような魔獣の背中に飛び乗る。 フェーンと呼ばれた魔獣は、少女を乗せたまま魔人に飛び掛かり、少女と一緒にこの魔人を斃すのだった。 ウードは、剣も魔法も才能が無く唯一使えるのは弓矢くらい。 若い時に冒険者目指すも無理だと言われて門前払いされるほど、才能が無い。 妻は若くして亡くなり、子供もおらず、天涯孤独と諦めていた時に偶然にも迷子の女の子を拾ってしまう。 育てた娘がとある事がきっかけに冒険者になったので、心配になったウードは戦えないのに、一緒に冒険者になる事を決める。 秩序も規律も守られ、犯罪も起きぬ泰平の世界。 その住人に何の悪意もなく大切な人を喰わされた鴉紋は、腕を黒く変化させ人ならざる剛力の力を発現する。 怒り迸り何もかもを破壊しながら、鴉紋はその世界を統治するという9人の天使の子を殺し尽くし、自らの願う世界を創造する為に闘う事を決意する。 始めは一人であった鴉紋だが、その道すがら志を共にする仲間に出会う事になる。 五百森梨理に似たロチアートの少女セイル。 ロチアート農園の教育者、『死人使い』のフロンス。 貧民街の快楽殺人鬼『夢使い』のシクス。 いずれも特殊な性癖を持つロチアートである彼等に、自らも人間であることを悟らせた鴉紋は、彼等と共闘し都の憲兵隊そして天使の子と激闘を繰り広げ、世界そのものに反旗を翻す。 しかし、彼がこの世界に訪れてしまった事も、その世界を破壊するといった、ある種異常に思える意志すらも、彼の内に潜む別の人格による因果のものである事を彼は知らない。 そして壊れていく。 ロチアートも同じ人間だと言いながら、ロチアートの為に人間を殺戮していく悪魔へと。 平和な世界に堕ちて来た、ただ一つの悪意として。 カクヨムにも投稿していますが、こちらに先行アップ、挿し絵も載せます。 冒険者や商人が世界という枠組みを開拓していき、地図を広げている中で、主人公であるマルク・ヴァンプールは自らの夢のために、相棒でもある少女、ミネルと共に旅を続ける。 果たしてマルクの夢とは? 『幻獣』とは何か? ゆったりのんびりと、彼らの冒険譚を綴った長編小説になります。 社畜とは、対価が存在しない会社の為の労働畜産者の略である。 主に日本で、自主的に社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思と良心を放棄し、長時間労働及びサービス残業や転勤も厭わない家畜と化した賃金労働者の状態を揶揄している。 その社畜の最たる例が施工管理、いわゆるゼネコンだ と思う。 皆さんご存じだろうか?世間一般に言われる土方こと現場作業員の方々の多くは、何を隠そう定時上がりが基本である。 しかし、管理する現場監督は違う。 定時からが本番とも言える。 建設業界を渡り歩き立派な社畜として飼いならされ、心に闇を抱えた主人公が奴隷となり自分を取り戻す。 そんなお話し。 「ここは魔獣を育成、栽培して、魔王城を目指す冒険者たちの足止めや、呪術の生贄として出荷し生計を建てている魔獣ファームなのです」そこは、異世界家畜産業の第一線。 冒険者たちが魔獣たちに四苦八苦する裏では、こうした農家が存在するのでした。 彼らの目的は人類家畜計画を企てる吸血鬼を滅亡させる事。 最終的に吸血鬼と血飢屍が両者滅亡する事が人類の計画であった。 彼女・トーニャも血飢屍であり指揮官の命令のみを聞く屍から生まれた少女。 主人公に召喚された事で主人公を指揮官として認識しその命令に忠実となる。 突然の事に戸惑うも、元の世界の知識となぜか備わっていた鑑定の能力、妹の危険察知の能力を活かして優しくない異世界をなんとか生き抜き、虐げられているエルフを助けつつ、妹を護るために最終的に大陸を統一する話。 シリアス成分あり。 優しくない世界に優しい人。 地味めの話なので無双展開とかはない予定。 お爺さんの仕事である炭焼きと僅かな家畜ではハイジ一人が生活をするには難しかった。 ハイジは長年住んでいた炭焼き小屋と家畜を売り払い、かつて、一時期を過ごしたドイツへと向かう。 フランクフルトはプロイセン王国に併合され、急激な工業都市へと発展をしている最中であった。 人口は増加の一途を辿り、富が集中していた。 資産家だったクララを頼ったハイジ。 友人としてクララはハイジに身の回りを世話をするメイドとしての仕事を与える。 しかしながら、山暮らししかしてこなかったハイジにはメイドとしての才能はまったくと言って恵まれず、また、彼女自身もそれが酷い精神的苦痛へとなっていった。 ある日、軍人の男がハイジの高い戦闘技能を目撃して、彼女はメイドよりも傭兵として雇った方が遥かに有効であるとクララに進言する。 クララはハイジがどうして、そのような技能を有しているかを彼女に直接、尋ねると、お爺さんから何かあった時の為にと教えられたと答えた。 傭兵としての高い戦闘技能を有したハイジを傭兵として雇う事はクララにとっても安心が出来る事であり、即座にハイジを傭兵としてクララの身辺警護を任せた。 ひょんなことからただの家畜に成り下がった男「ベスト」。 しかも場所は異世界! しかし、徐々に彼は何人もの仲間と出会い、確実に強くなっていく そして前に立ち塞がる巨大な悪『ギーシャ』 彼はそれを倒し、元の世界に戻ることを決意する しかし、ギーシャの他にも困難はいくつもあって... 家畜以下の仕打ち、玩具同然の扱い、生命としての尊厳は無いに等しい。 死んでも魂は捕縛され、実験材料として永遠の鎖につながれる。 彼らに許される行為はご機嫌取りのみ。 うまくいけばお気に入りとして、ペットくらいの生活を保障されるかもしれない。 魔族全体が、人間の隷属であるという認識で固まっていた。 そんなある日、中心都市で奇妙な連続殺人事件が発生した。 被害者は皆心臓部分を太い何かで一突きにされて、風穴を開けられるという事件。 凶器不明、動機不明、被害者同士の接点もなければ犯人の手掛かりすら見つからない。 とても平和ボケしている兵士には手に負えない。 業を煮やした貴族が大枚をはたいて最強の二人を雇い入れた。 元勇者のメンバーであった、現冒険者組合組長 若くして魔術師としての才覚を見せる、魔学研究塔のエース。 そしてその二人に買われた元獣人族の王。 この三名が連続殺人事件に終止符を打つために動き始めた頃、当の犯人は街外れにある森の中で休憩している奴隷商の一団を発見していた。 殺人鬼は奴隷商や雇われ冒険者たちを烈火の如く皆殺しにしてみせた。 残虐非道、しかし何故か奴隷には危害は加えずその場を立ち去ろうとする。 そんな彼の手を一人の少女が掴んだ。 烏のような黒翼が美しい少女。 彼女との出会いは、単なる個人の無差別殺人を世界を巻き込んだ一大事件へと発展させていった。

次の