生理 痛 体制。 【医師監修】生理痛になりやすい体質チェックと症状別原因&緩和方法

民工生理病,社会体制痛

生理 痛 体制

では、生理痛の原因と症状別の緩和方法をお話しますね。 腹痛 原因: プロスタグランジンが必要以上に分泌される事が原因。 過剰に分泌される事で、子宮の収縮を強めてしまいます。 また、体が冷えていたり、ホルモンバランスが崩れるとプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまいます。 緩和策:下腹部や仙骨をカイロで温めたり、お腹に「の」の字をかくようにマッサージし 血流を良くする事で痛みの軽減につながります。 また、手の甲の親指と人差し指の間にある、 「合谷(ごうごく)」というツボを押すのもいいと言われています。 市販薬の痛み止めも即効性があり、効果的。 頭痛 原因:卵子を育てる役割をしているエストロゲンという女性ホルモンが、生理が始まると急激に減少。 この ホルモンの急激な変化で血管が拡張されるため、頭痛が起きると言われています。 緩和策:血管が拡張されて起こる頭痛の場合、血行が良くなると痛みが強くなってしまいますので、温めたりツボを押すのは避けましょう。 保冷剤や冷却枕等で前頭部を冷やすといいです。 市販薬の痛み止めも即効性があり、効果的。 腰痛 原因:生理時に プロスタグランジンが過剰に分泌されることにより、骨盤内の血行が悪くなって腰痛を引き起こします。 緩和策:湯船に浸かったり、腰や仙骨をカイロを貼って温めましょう。 温めることで血行が良くなり、痛みの軽減につながります。 市販薬の痛み止めは即効性があり、効果的。 貧血 原因:生理の出血が原因。 もともと貧血気味だったり、病気が原因で生理の出血量が多くなることで貧血が起こります。 緩和策:鉄分を摂りましょう。 特に、レバーやかつお、まぐろ、あさり等に含まれる 「ヘム鉄」は体に吸収されやすい鉄分なので、積極的に食べましょう。 また、鉄分の吸収を助ける ビタミンC(ピーマン・カリフラワーなど)や、造血作用のある ビタミンB12(チーズ・卵黄など)・ 葉酸(ほうれん草・ブロッコリーなど)を一緒に摂るとさらにいいですよ。 吐き気 原因: プロスタグランジンが必要以上に分泌されることが原因。 プロスタグランジンは子宮だけではなく胃も収縮させてしまうので、吐き気が起こってしまいます。 緩和策:これといった効果的な対策法は難しいですが、プロスタグランジンの影響で起こる吐き気の場合は、体を温めると症状の緩和が期待できます。 胃の働きが悪くなっているので、食事はうどんなどの消化の良いものにしましょう。

次の

月経カップの使い方!生理が楽になるスクーンカップ!

生理 痛 体制

女性なら誰しもが経験する生理。 赤ちゃんを授かるためには、とても大切で重要な役割をしている生理ですが、 毎月毎月、「わぁ~生理がきた!」と笑顔で迎えられるものではありませんよね(笑) 生理が来る前のお腹・腰の痛み、乳房の張り、イライラなど不快な症状から始まり 生理が来たら、子宮を握りつぶされるような激痛とお腹・腰の重だるさ、吐き気など 人によって悩んでいる症状は様々ですが、本当に本当に辛いものですよね。 今回は、生理痛について書いていきます。 痛みの感じ方は、人によって様々です。 鈍い痛み・重怠い感じ・チクチクする・子宮をおもいっきり握られている、激痛など 日常生活に支障をきたすくらいの痛みを訴えている人も少なくありません。 〇生理痛が起こる原因 〇 生理痛が起こる原因として最も考えられるのが、 プロスタグランジンの過剰分泌です。 プロスタグランジンとは、子宮内膜から分泌される生理活性物質の1つで 子宮を収縮させ、体外に不要な経血や粘膜を押し出すという重要な役割をしています。 しかし、プロスタグランジンの分泌量が 必要以上に多くなると、子宮の収縮が強くなり 結果、強い下腹部痛(生理痛)に繋がります。 また、日常生活に支障をきたすくらいの生理痛が起きてしまう方もいますよね。 例えば… ・痛すぎて学校や職場に行くことができない ・ただただ冷や汗かきながらうずくまる事しかできない ・歩くことさえ難しい など その方々は、プロスタグランジンの過剰分泌の他に なんかしらの原因があるかもしれません。 それに伴い血流も悪くなるため、冷えが起こり生理痛を悪化させえしまいます。 また、冷たい食べ物や飲み物も身体を冷やす原因となります。 温める 短いスカートや裸足は、下半身を冷やしてしまいます。 冷えない服装を心掛けて下さい。 制服や服装指定がある職場の場合は、保温性の下着や貼るタイプのカイロ、ブランケットなどで 下腹部・腰・下半身を温めましょう。 身体を温めてくれる食事を摂りましょう。 また、乳製品の摂り過ぎも生理痛の悪化につながるため、摂り過ぎなようにしましょう。 お風呂につかることで、身体全体が温まり血流が改善されます。 しかし、月経中は抵抗力が落ちているので、お風呂につかる場合は清潔なお湯につかりましょう。 湯船につからなくても、足湯もおすすめです。 鎮痛剤を飲む 温めても緩和しなかったり、お薬でも緩和されないようでしたら 一度、レディースクリニックの受診をおすすめ致します。

次の

生理痛の腹痛、その原因と和らげる体勢とは?

生理 痛 体制

女性なら誰しもが経験する生理。 赤ちゃんを授かるためには、とても大切で重要な役割をしている生理ですが、 毎月毎月、「わぁ~生理がきた!」と笑顔で迎えられるものではありませんよね(笑) 生理が来る前のお腹・腰の痛み、乳房の張り、イライラなど不快な症状から始まり 生理が来たら、子宮を握りつぶされるような激痛とお腹・腰の重だるさ、吐き気など 人によって悩んでいる症状は様々ですが、本当に本当に辛いものですよね。 今回は、生理痛について書いていきます。 痛みの感じ方は、人によって様々です。 鈍い痛み・重怠い感じ・チクチクする・子宮をおもいっきり握られている、激痛など 日常生活に支障をきたすくらいの痛みを訴えている人も少なくありません。 〇生理痛が起こる原因 〇 生理痛が起こる原因として最も考えられるのが、 プロスタグランジンの過剰分泌です。 プロスタグランジンとは、子宮内膜から分泌される生理活性物質の1つで 子宮を収縮させ、体外に不要な経血や粘膜を押し出すという重要な役割をしています。 しかし、プロスタグランジンの分泌量が 必要以上に多くなると、子宮の収縮が強くなり 結果、強い下腹部痛(生理痛)に繋がります。 また、日常生活に支障をきたすくらいの生理痛が起きてしまう方もいますよね。 例えば… ・痛すぎて学校や職場に行くことができない ・ただただ冷や汗かきながらうずくまる事しかできない ・歩くことさえ難しい など その方々は、プロスタグランジンの過剰分泌の他に なんかしらの原因があるかもしれません。 それに伴い血流も悪くなるため、冷えが起こり生理痛を悪化させえしまいます。 また、冷たい食べ物や飲み物も身体を冷やす原因となります。 温める 短いスカートや裸足は、下半身を冷やしてしまいます。 冷えない服装を心掛けて下さい。 制服や服装指定がある職場の場合は、保温性の下着や貼るタイプのカイロ、ブランケットなどで 下腹部・腰・下半身を温めましょう。 身体を温めてくれる食事を摂りましょう。 また、乳製品の摂り過ぎも生理痛の悪化につながるため、摂り過ぎなようにしましょう。 お風呂につかることで、身体全体が温まり血流が改善されます。 しかし、月経中は抵抗力が落ちているので、お風呂につかる場合は清潔なお湯につかりましょう。 湯船につからなくても、足湯もおすすめです。 鎮痛剤を飲む 温めても緩和しなかったり、お薬でも緩和されないようでしたら 一度、レディースクリニックの受診をおすすめ致します。

次の