キャッツ アイ と は 道路。 チャッターバー

キャットアイマーカー

キャッツ アイ と は 道路

コメント一覧 35• 名無しさん• 2017年04月13日 19:17• 群馬の山はイニシャルDのせいでノーマル車高のセダンでバンパー擦る凹凸やグルービングやら凄いからな• 名無しさん• 2017年04月13日 19:26• これは明らかに踏むやつがおかしい• 名無しさん• 2017年04月13日 19:30• 杏里定期• 名無しさん• 2017年04月13日 19:45• 二輪も乗るけどマンホール蓋の方が怖い• 名無しさん• 2017年04月13日 19:55• 名無しさん• 2017年04月13日 19:57• 踏むやつがバカとか言ってるやつに限って、自分が踏んだら発狂するんだろうなw 道路上には余計な障害物は無い方が良いに決まってるじゃん• 名無しさん• 2017年04月13日 20:02• 踏んだバカしか発狂してないから大丈夫• 名無しさん• 2017年04月13日 20:14• 名無しさん• 2017年04月13日 20:21• 路駐していて踏まなきゃならんこともあるよ。 名無しさん• 2017年04月13日 20:24• バイク考慮するとさすがにここは一個減らせよ、っていう危険なやつも実際あるけどな 普通におばちゃんスクーターとかが逝きかねんようなやつ we get you• 名無しさん• 2017年04月13日 20:27• 名無しさん• 2017年04月13日 20:32• 名無しさん• 2017年04月13日 20:43• 分かってないなぁ。 安全運転しないから取り締まりや規制が増えるんだよ。 流れがーとか言い訳せずに、全員が制限速度を守って安全運転してれば取り締まりや規制が厳しくなることはない。 運転免許証がなんであるか分かってるのか?• 名無しさん• 2017年04月13日 21:00• 名無しさん• 2017年04月13日 21:03• キャッツアイごときで其処まで熱くなれるのも凄いな よっぽどひどい目に合ったんか• 名無しさん• 2017年04月13日 21:13• 名無しさん• 2017年04月13日 21:24• 道路工事で反対車線へ誘導された際に こいつがあった時のウンザリ感は半端ない 突き上げ痛いんじゃボケ• 名無しさん• 2017年04月13日 21:34• 名無しさん• 2017年04月13日 21:52• 車線を逸脱する様な走り方しなければ 気にならんだろ• 名無しさん• 2017年04月13日 21:58• 万が一って言ってんじゃん 前を走ってた自転車が転んで避けようとして、とか前のトラックから荷物が落ちて来て…とか• 名無しさん• 2017年04月13日 22:13• 寧ろはみ出してきて危ない奴が多いから近所の山道にも設置してほしいわ• 名無しさん• 2017年04月13日 22:16• キャッツアイとか踏まなければいい。 それより危険なのはアスファルトのすべり止め用?溝切りカット、あれ二輪はハンドル取られてマジ危ない。 東名の御殿場付近上り線がちょっと前までそうだったけど、危ないからやめてくれって何回もNEXCOにメールしたは。 名無しさん• 2017年04月13日 22:28• ツーリング中に前の車を 追い越して戻ろうとしたら そこからキャッツアイの復讐で 見事に120kmで転倒したあげく その手前でねずみ取りもしてたらしく スライディングサイン会場いりしたわ。 ツナギ着てて無傷だったけど 免許は無くなった。 名無しさん• 2017年04月13日 22:40• 危険運転防止のため コーナーでセンターライン割るような運転するなよってのが設置側の言い分だろ 俺も若いころバイクで踏んでハイサイドやらかして無茶苦茶ビビったことあるけど• 名無しさん• 2017年04月13日 22:55• 路駐とかで、やむ終えず通過しなきゃいけない時でもゆっくり通過すりゃ何ともないだろ• 名無しさん• 2017年04月13日 23:52• 踏む奴は馬鹿とか言ってる人いるけど。 市バスやらタクシーやらクルマが路肩に停まってると嫌でも踏んで追い越さないといけないんだよね。 どこの田舎民だよw• 名無しさん• 2017年04月14日 01:48• 設置して運転者が死ぬか 設置せずに関係ない人が巻き込まれるか• 名無しさん• 2017年04月14日 01:52• 名無しさん• 2017年04月14日 03:10• そんなことより、カーブにあるマンホールはどうにかならんのか 雨の日のバイク乗りを殺すつもりか!!• 名無しさん• 2017年04月14日 07:00• ロード乗りで「これ危ない」とか言ってる奴は、自分の運転を改めろバカ お前らみたいのがいるから、ロード乗りが白い目で見られるんだ• 名無しさん• 2017年04月14日 08:34• 名無しさん• 2017年04月14日 12:41• 名無しさん• 2017年04月14日 13:54• キャッツアイがあるとこに停車しないでほしいわ。 名無しさん• 2017年04月16日 01:10• 何「ロード」ってwww チャリンコのことか? チャリンコは車道走んなカスwww• 名無しさん• 2018年06月04日 02:18• ブラックパックンやゴルドー危ないと言ってもそれ避けろとしか.

次の

【通販モノタロウ】

キャッツ アイ と は 道路

キャッツアイ効果とは? キャッツアイ効果とは、宝石に見られる模様の一つです。 インクルージョン 鉱物に入っている液体や小さな結晶 による光の反射具合によって、猫の目のような模様が現れます。 詳しくは、キャッツアイの特徴の部分で紹介したいと思います。 このキャッツアイ効果を示す宝石は、例えばトルマリンやオパールなど様々な種類があるのですが、とりわけクリソベリルに多く見られることから、普通「キャッツアイ」と言えばクリソベリルと言われるようになりました。 キャッツアイの性質 キャッツアイの特徴は、何と言ってもやはり「キャッツアイ効果」に尽きます。 そこで、ここからはキャッツアイ効果についてより詳しく説明したいと思います。 キャッツアイ効果ってどんな感じ? キャッツアイ効果がどのような感じなのかは、動画を見てもらった方が早いです。 そこで、動画投稿サイト「YouTube」でキャッツアイ効果の動画を検索した結果、いちばんわかりやすいと感じたのがこの動画です。 キャッツアイ効果とは? キャッツアイ効果の原理について簡単に説明していきたいと思います。 一言でキャッツアイ効果を述べるとすると、「入射光がインクルージョンによって反射し、その反射光が干渉しあって一条の筋になる」現象です。 なにやら難しい単語が出てきたので、一から解説していきます。 キャッツアイ効果に必要なのは、インクルージョンです。 しかし、ただのインクルージョンではダメで、綺麗なチューブ状になっている、同方向のインクルージョンが必要です。 この筋状のインクルージョンに光が入射すると、インクルージョンに当たった光は入射光と同じ角度で反射しますが、宝石の外に出るときに光の屈折現象が起きて、曲がります。 このために反射光は宝石の外部に焦点を作ります。 このため、下の図のように、見える光の筋が宝石の外側を動くように見えるのです。 キャッツアイ効果は他にどんな鉱石に見られる? キャッツアイ効果に必要なのは、以下の2点です。 表面がきれいに加工されていないと、光の筋が波打ったり、左右で光の動き方が違って見えたりするので、購入を検討する際には注意が必要です。 一方、インクルージョンというのはもともと「内包物」という意味を持っていて、宝石の中で鉱石の構成成分以外のものを指すことが多いです。 そのため、原理状はどの宝石にも含まれることになります。 つまり、石のでき方次第ではありますが結構な宝石でこのキャッツアイ効果を見ることができるとされていて、その数は30とも50とも言われています。 価値のあるキャッツアイの特徴 同じキャッツアイでも、その色によって価値は異なります。 最高級と言われるのは、「ハニーカラー」と呼ばれる、はちみつ色のものです。 これに次いでレモン色やクリーム色などの黄白色、淡黄色系の色が続きます。 アップルグリーン系の色も人気だそうです。 また、猫の目と呼ばれる光の筋のラインを境にして半分がはちみつ色、もう半分が乳白色 ミルク色 をしている色合いをハニーミルクと呼んだりしますが、これも最高級のキャッツアイの1つです。 キャッツアイ界のスーパースター 最初、「キャッツアイ」と言えばクリソベリル・キャッツアイといっていましたが、実はいちばん価値が高いとされているキャッツアイは他にもあるのです。 それは… アレキサンドライト・キャッツアイです。 アレキサンドライトは、太陽光の下では緑色、人口光の下では赤色と光源によって色を変えるのですが、この宝石にさらにキャッツアイ効果が見られると、「アレキサンドライト・キャッツアイ」となります。 アレキサンドライトだけでもかなり高級な宝石に入るのに、キャッツアイが組み合わさればその価値はいうまでもなく高いです。 さらに、キャッツアイがはっきりと見ることができるような大きさのものとなればさらにさらに価値は高まります。 一度拝んでみたいものです。 アレキサンドライトの詳しい説明は、以下の記事をご覧ください。

次の

「キャッツアイにやられました・・・(筑波山 にて)」KENJのブログ | Born to Run

キャッツ アイ と は 道路

踏んだ瞬間、「ガガガッ」というショックがあり、「ひょっとしてタイヤが損傷を受けたかも」と思ったら、間もなくインパネに「タイヤ空気圧警告」が点灯。 これはマズイとクルマを道路脇に止めて確認したところ、左前のタイヤのサイドウォールが裂け、完璧にパンクしていた。 タイヤサイズは、18インチの40扁平。 かなり薄いタイヤだったので、キャッツアイとホイールにサイドウォールが挟まれる形になり、何か所か裁断されたようにズタズタの状態だった。 実は私も、同じ場所でキャッツアイを踏んだことがあり、その時はサイドウォール内部のカーカス(骨組み)が一部切れ、タイヤにコブができてしまった。 結局タイヤ交換となったが、ゆっくりなら走ることはできた。 装着タイヤは、パンクしてもある程度の距離を走れるはずのランフラットタイプだったが、パンクの際は剛性のあるサイドウォールで車重を支える構造なので、サイドが裂けてしまってはどうにもならず、救援のローダーを呼ぶしかなかった。 キャッツアイにもいろいろなタイプがあるが、友人が踏んだのは、日本全国多くのセンターラインなどに埋め込まれている、上から見ると平行四辺形をしたタイプだ。 調べると、高さはちょうど5cm(土台の厚み6. 5mmを含む)という設計である。 反射板で道路の境界を示しつつ、これを踏むと衝撃が発生してドライバーに知らせる。 同時に、斜めの設置形状によりクルマを車線の内側へ押し戻す力が働き、はみだしを防ぐ効果があるという。 しかし、キャッツアイを踏んでパンクしたという事例はかなり多く、しかもかなりの勢いで増えているが、背景にはタイヤの低偏平化がある。 近年、タイヤの低偏平化が進み、一般的なファミリーカーでも、そこそこの偏平タイヤが装着されるようになった。 たとえば新型カローラを例に取ると、上級グレードには、215/45R17というサイズのタイヤが装着される。 これだとサイドウォールの高さは10cmもない。 高さ5cmのキャッツアイをそれなりの速度で踏めば、スポーツカーとは程遠いファミリーカーのカローラでも、パンクしてしまう可能性はある。 もちろん、キャッツアイの存在意義は、「踏まないように誘導すること」にあり、そもそも踏んではいけないものではあるが、それにしても、踏んだらパンクしてしまう物体がそこら中に埋め込まれているというのは、安全上どうなのか? 「パンクすれば速度が落ちるから安全じゃ?」と思うかもしれないが、パンクしてもその場に止まるわけではない。 逆にパンクによってコントロールを失う可能性もあるし、故障車を発生させることにもなるから、安全上はどう考えてもマイナスだ。 5ch. あくまでも注意喚起とはみだし防止が目的です」との答え。 では、「近年のタイヤの低偏平化によって、パンクするようになってしまったということですね?」と尋ねると、「そうですね……。 そういう面はあるかもしれません」と自信なさげだった。 その担当者は、そもそもキャッツアイを踏んでパンクする事例があることを初めて聞いたという雰囲気だった。 タイヤの低偏平化は自動車メーカーが勝手に進めたことで、国交省はあずかり知らぬだろう。 しかし、どんなモノも時代によって変化していく。 キャッツアイの形状は、現在のクルマにとって、一種の凶器になっている。 なにせ全国に設置されているものなので、それを交換するのは大変な作業だし、すぐには到底不可能だろうが、そろそろ規格を変更して、更新するものから順次でいいですから、パンクさせないキャッツアイに取り換えていただけないものでしょうか。 安全のために。

次の