トニー スターク パーカー。 トニー・スターク

声優・藤原啓治、逝去 「クレヨンしんちゃん」野原ひろし、「アイアンマン」トニー・スターク役など

トニー スターク パーカー

トニーに注目してエンドゲームを振り返る まずは物語を順番に追いながら、トニースタークの行動を振り返っていきたいと思います。 5年後になる前まで 序盤はトニースタークがどう救出されるか注目ポイントだったと思います。 しかし、あっさりキャプテン・マーベルに救出されて少し物足りなさを感じましたね。 やせ細ったトニーが、燃料も酸素も残り少ないという絶体絶命の状態でどう地球に戻るか描いてほしかったです。 アイアンマン1作目の洞窟の中から復活するような、ピンチの乗り越えるトニーが見たかったんですよね。 そんな事やってる暇がないといえばそうですが、彼のファンとしては物足りなさを感じたのではないでしょうか。 地球に戻った後はキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースと口論。 サノスとの戦いを経てお互い仲間を失ったという共通のものを持ちながらも、シビル・ウォーで対決してたときと関係と大して変わっていない印象でした。 インフィニティ・ウォーでトニーがスティーブに電話しようとしていた場面がありました。 ですから、トニーはスティーブと仲直りする気があったように思います。 しかし、サノスに敗北し、関係は一気に逆戻りしたと言えるでしょう。 半分が犠牲になった状態でいまさら協力などできないと。 トニーの隠居生活 5年後、トニーは森の中でペッパーとの間に生まれたモーガンちゃんと3人で隠居生活。 誰もが憧れるような親子関係でなんかほっこりしましたね。 バートン(ホークアイ)もそうですが、ヒーローは引退後に自然に囲まれた場所でひっそり暮らす生活に憧れるように思います。 そして、スコットたちがタイムトラベル案をトニーに持ちかけます。 しかし、タイムトラベルは無茶だと反対。 昔のトニーなら自分を犠牲にしてでも数十億人を助けるという気持ちになっていたでしょう。 守るべき家族ができた彼は、自分を犠牲にできないとタイム泥棒案を断ります。 彼の心情には理解できましたが、彼の行動に残念に思った方が多かったでしょう。 トニーとピーターの親子のような関係 食器を洗っていたときに、ふとピーター・パーカーとのツーショットに目をやります。 そういえば、キャプテンマーベルに救出され、スティーブに最初にかけた言葉が「ピーターを失った」でしたね。 やはりトニーにとってピーターは大事な存在で、どこか彼を助けたいという気持ちがあったように思います。 ピーターも自分と同じように育ての親を失っていることで、自分が守らくてはという責任があったと思います。 息子のようにかわいがっていただけに、ホームカミングやインフィニティ・ウォーで無茶をしようとするピーターをほっとけなかったのでしょう。 そして、試しにタイムトラベルをシュミレーションしていたら成功。 彼の姿を見ていたモーガンちゃんを寝かしたときに 「3000回愛してる I love you three thousand. )」と言われます。 この言葉はエンドゲームでの名言ですね。 それから、トニーのほうからスティーブに和解を持ちかけます。 5年前の二人の関係ではあり得なかった光景で、トニーとスティーブの成長を感じました。 そして、スティーブに盾を返します。 シビル・ウォーの後、ずっとトニーが持っていたことに驚きましたね。 これが和解の印だったように思います。 タイム泥棒実行!2012年のアベンジャーズ1に戻る タイムトラベル装置が完成し、トニー、スティーブ、スコット、ブルースはマインドストーン、スペースストーン、タイムストーンを取り返すべく、2012年のアベンジャーズ1の時間に戻ります。 トニーの場面だけに注目すると、彼がアイアンマンに変身するシーンは良かったですね。 アベンジャーズ1でロキからビルに突き落とされてマーク7に変身するところを彷彿とさせる場面でしたね。 インフィニティ・ウォーからそうですが、個人的にナノ粒子はメカっぽさが薄いので、少し残念でしたね。 トニーはハルクに吹き飛ばされ、コズミックキューブを取り戻すことに失敗します。 父・ハワードとの再会と名言 ピム粒子は往復分しかないため、このまま戻ってしまうとスペースストーンをゲットすることができません。 トニーはスティーブと共に、コズミックキューブとピム粒子を同時にゲットできる1970年に戻ります。 ここで父・ハワード・スタークと再会。 会った瞬間、コズミックキューブを忘れそうになるなどトニーの動揺している姿がうまく描かれていましたね。 このときトニーはまだ産まれていないので当然ハワードはトニーが自分の息子だと気づきません。 そして、別れ際にハワード・スタークが次のように言います。 「子供のためなら、どんなことだってしたい」 子供の頃から仕事で忙しかった父ハワードから愛情を感じず、認めてくれないと思っていたトニー。 それだけに、心の底では自分のことを愛していたと知って、本当に嬉しかったと思います。 こう見ると、トニーとハワードの関係と、トニーとピーターの関係は似ていますね。 ピーターもずっとスパイダーマンとして認めてくれないと感じていたので、やっぱり、父から子への愛情表現というのは難しいのでしょうかね。 サノスvsビッグ3 過去のネビュラがサノス軍団を呼び寄せてしまい、ビッグ3(アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー)とサノスが対決。 インフィニティ・ウォーでサノスとアイアンマンの対決シーンは結構描かれていたのもあり、エンドゲームはアイアンマンが戦うシーンは控えめだった印象です。 今回はキャップのムジョルニアがすごかったですからね。 しかし、3人が力を合わせてもサノスには歯が立たず、絶望的なアベンジャーズ。 サノス軍団vsアベンジャーズ そこに現れた、灰になったヒーローたち。 一番鳥肌がたった瞬間でしたね。 トニーがピーターと再開するシーンは二人の絆を感じましたね。 照れ臭いのかトニーはあまり顔に出しませんが、心の中ではすごく嬉しかったと思います。 ペッパーと背中を合わせて戦っているシーンもかっこよかったですね。 できれば、戦闘中に二人で会話してほしかったです。 トニーの最期 そしてバトルの終盤。 ついにガントレットがサノスの手に渡ってしまいます。 ドクター・ストレンジがトニー・スタークを見ながらて人差し指を挙げます。 方法は一つしかないと… そして再び、サノスに向かって立ち向かうトニー。 ガントレットを奪おうとしたと思いきやひっそりインフィニティ・ストーンだけ、自分の腕に引き寄せていました。 最後はアイアンマン1作目のラストの言葉「 I am Iron Man. 」と言って指パッチン。 サノス軍団は灰になってしまいました。 同時にトニーもストーンの力に耐えきれず息を引き取りました… もうこのシーンを思い出しただけで涙が出てきます。 トニーと絆が深いローディ、ピーター、そしてペッパーが彼に近づきます。 特にペッパーとの別れのシーンはやばかったですね。 数秒間音楽がなくなる場面があるのですが、そこがもう…言葉にできません。 トニーのメッセージと「トニースタークにも心がある」について トニーは自分の最期を予測していたかのように遺書のようなメッセージを残していました。 あれもグッと来ましたね。 そして最後は、花飾りと共にペッパーがトニーにプレゼントした 「proof that tony stark has a heart(トニー・スタークにも心がある)」が池に流されます。 このアークリアクターはアイアンマン1で登場したもの。 英語の部分を訳すと、(このアークリアクターが)トニー・スタークにハートがあることの証明。 (ハートがある証だ)という意味になります。 元はというと、洞窟の中でトニーが開発したアークリアクターで、不良品になったため新しいものと交換されました。 しかし、ペッパーが標本にしてトニーにプレゼント。 クライマックスでは、彼の命を守る生命線として役に立ちました。 吹き替えでは「心」の部分がハートとなっています。 葬儀にはアイアンマン3で登場したハーレー君の姿もありました。 アイアンマンを受け継ぐのはモーガンちゃんかハーレー君か、それとも別の後継者があらわれるのか。 今後の展開も楽しみですね。 エンドクレジットではマーベルスタジオのロゴと共に「カーン、カーン」と見覚えがある音が流れます。 これはトニーがアイアンマン1の洞窟のシーンでマーク1を作っていたときですね。 アイアンマンで始まり、アイアンマンで終わる。 とても感慨深い映画でした。 この映画だけでもトニーの成長がよく描かれたと思います。 アイアンマンのファンとして、アベンジャーズのトニーがもう見れないのは残念ですが、トニー・スタークの完結編としては文句はないですね。 11年間、いつもワクワクさせうようなアイアンマンでいてくれて、ありがとうと伝えたいです。 トニー、3000回愛してる。

次の

ピーター・パーカー / スパイダーマン『アイアンマン2』でトニー・スタークと出会っていた?『アイアンマン』第1作とリンクする設定も判明

トニー スターク パーカー

4月4日(土)よる8時から、WOWOWで『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』('19)が初放送される。 本作は、現時点でのMCU最新作。 トム・ホランドが主演する「スパイダーマン」シリーズの第2作であり、全世界興行収入歴代第1位に輝く『アベンジャーズ/エンドゲーム』('19)のエピローグでもある。 劇場公開時には、その衝撃的な内容と見事なストーリー展開が大いに話題となった。 中でも多くのファンを感動させたのは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』である事件に巻き込まれたアイアンマン/トニー・スターク(ロバート・ダウニー・ジュニア)とスパイダーマン/ピーター・パーカー(トム・ホランド)の絆の終焉。 師匠に起こった事件を乗り越えて"真のヒーロー"へと成長していくピーターの姿を描き、本作は傷つきながらも戦い続ける"親愛なる隣人"「スパイダーマン」の本流へと立ち返ったといえよう。 今回は、そんな『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の魅力を、ネタバレなし(作品の構造上、非常に困難を極めるのだが... )でご紹介する。 まずは、簡単なあらすじから。 『アベンジャーズ/エンドゲーム』のトラウマを引きずったまま、ヒーロー活動を続けるピーター。 しかし、"次期アイアンマン"の重圧に耐えかねてヒーローをいったん休業し、高校の行事であるヨーロッパ旅行に向かう。 しかしそこに、4体の怪物"エレメンタルズ"が出現。 ピーターは、異世界から来たというヒーロー、ミステリオ(ジェイク・ギレンホール)と共闘していくのだが...。 All Rights Reserved. アメリカ、イタリア、イギリスなど世界各国を舞台にしたスケール感、ピーターの新技や新たなガジェット、軽快でアクロバティックなアクション、同級生とのもどかしい恋路を描く青春恋愛ドラマなど前作『スパイダーマン:ホームカミング』('17)から進化した点は数多いが、やはり『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の最大の面白さは、観れば観るほど深みが増す秀逸なストーリーにあるだろう。 そのテーマを描くために、序盤からピーターには"試練"が畳み掛ける。 マスコミからは"次世代のヒーロー"の過度な期待をかけられ、現実逃避で行った旅行先では、至る所でアイアンマンへのメッセージを目にするのだ。 さらに、トニーがピーターに宛てた"メッセージ"と"アイテム"、アイアンマンと似た雰囲気を持ったミステリオの存在が、ピーターを"幻影"で包み、悩ませていく。 All Rights Reserved. アイアンマンとは違い、世間に正体を明かしてはいないものの、もはや一介の高校生として生きることを許されない現実。 アベンジャーズの中でも最年少であるスパイダーマンの魅力は、未成熟な等身大の青年が成長していくドラマ面にあるが、本作はその特長と『アベンジャーズ』シリーズの流れ、さらには観客の"アイアンマン・ロス"を見事にミックスさせ、ピーターに奮起を促していく。 そもそもピーターとトニーの関係性は、本作に至るまで4作品にわたって紡がれてきた。 and LSC Film Corporation. All Rights Reserved. トニーはピーターの"父親代わり"として成長を見守り続け、ピーターもトニーの期待に応えようと奮闘し続けてきた。 しかし、この先の道は、ピーターが一人で歩んでいかなければならない。 そういった意味では、今回がMCUでは初のスパイダーマンの"単独作"といえる。 われわれが目にするのは、これまでの4作品すべてを布石とした、堂々たる「独り立ち」だ。 ストーリーの流れはもちろん、細かいセリフ回しにもシリーズ愛が存分に盛り込まれている。 例えば、『スパイダーマン』シリーズの名セリフ「大いなる力には、大いなる責任が伴う」と連動したあるセリフや、劇中に登場するガジェット「E. 」が意味する「Even Dead,I'm the Hero. (たとえ死んでも私はヒーロー)」は、トニーの名言「私がアイアンマンだ」を彷彿させるものであると同時に、ピーターに向けた激励のメッセージにもなっていく。 さらに、ピーターがトニーとオーバーラップする感動的なシーンも用意されており、一度ならず2度、3度と観ていくことで"涙腺崩壊ポイント"が増えていくことだろう。 新型コロナウイルスの影響でMCU新作『ブラック・ウィドウ』が公開延期となってしまった今、本作が果たす"意義"はますます重要だ。 初見の方はもちろん、既に観ている方も今一度、この完璧な1本を堪能していただきたい。 最新記事•

次の

アベンジャーズエンドゲームでの3000回愛してるの意味は?トニースタークのセリフを考察

トニー スターク パーカー

スポンサーリンク 今や公開されるたびに社会現象となるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の第一作目である「アイアンマン」。 アイアンマンであるトニー・スタークは、天才的な頭脳と技術を持つ発明家であり、スターク・インダストリーズという軍事企業の社長でもあります。 その性格は 自信家でナルシスト、さらにプレイボーイといった問題点ばかりです。 ある日、テロリストに誘拐され自らが開発した兵器が悪の手によって使われていることを知り、そこで出会ったインセンとの出会いを経て改心した彼は軍事兵器の開発をやめます。 その後は 自らが開発したパワード・スーツを装着し、テロリストなど地球を脅かす存在と戦うことを決意。 一見完全無欠に思えるトニーですが、追い込まれると冷静さを欠いたり、自分を見失いがちになります。 そんなトニーの姿には私たちと同じような人間臭さがあり、共感できる部分が数多くあります。 人が今まで成し遂げたことのないことをやろうというトニーの野心がよくわかりますね。 結果として、スーツは凍結していまいますが、このハプニングがラストの伏線になっています。 野心によって成長するトニーと、それに伴ってアップグレードしていくパワードスーツの関係はシリーズを通して描かれるテーマでもあります。 (トニー・スタークも心がある証拠)」 出典: アイアンマンでお馴染みのアーク・リアクターは、トニーの心臓に爆弾の破片が刺さらないようにするためのものでした。 新型のアーク・リアクターを開発し、旧型と交換したために、ペッパーに古いアーク・リアクターを捨てるように頼んでいましたが、ペッパーはそれでオブジェを作り、この言葉を刻みました。 ペッパーの行動のおかげで、このあとトニーは命拾いすることになります。 なにかと妬まれたり嫌われたりするトニーですが、 彼を最も理解して慕っていたのは秘書のペッパーでした。 (やっとやるべきことがわかったんだ。 そして、心から思っている。 それは正しいと)」 出典: トニーはペッパーにパワードスーツを使って平和を守る活動をすると話します。 ペッパーはそれを止めようとしますが、トニーは決意を表明します。 トニーは自らの才能を武器の開発に注いできましたが、インセンとの出会いや戦争の実態を目の当たりにし、改心します。 「理由がなければ、生きている意味がない」。 それがトニーの生き様です。 (真実は…私がアイアンマンだ)」 トニーとオバディアの戦いは、スタークの研究室で繰り広げられました。 それを嗅ぎつけたマスコミは、トニーが何かしらに関係していると踏んで取材が殺到します。 記者会見を開き、トニーは軍が用意した原稿を読み上げて事態を収束させる予定でした。 しかし、会見の会場に立ったトニーは、 突然自分がアイアンマンであることを明かします。 やはり破天荒で向こう見ずなトニー。 記念すべきMCU第一作目にふさわしい締めくくりでした。 America is secure. You want my property? (私が核抑止力となっている。 抑止力は機能し、安全は保たれている。 私の所有物が欲しい? それはできない話だ。 )」 出典: 政府はアイアンマンが世間の脅威になることを危惧し、トニーが所有しているパワードスーツを引き渡すように説得します。 その討論が繰り広げられる公聴会のシーンでのトニーの発言です。 自分がアイアンマンであるからそれが抑止力となっており、平和が保たれていると主張するトニー。 自らの命の危険と、アイアンマンであるという重荷ゆえに強がってしまい、つい本心ではない暴言をぶちまけてしまう彼の未熟さを表すセリフでした。 (私が生み出したもので、最もすばらしいものはおまえだ。 が秘密裏に保管していた父ハワードのファイルを受け取ったトニー。 トニーの父親は彼とおなじく偉大な発明家でした。 その中には、ハワードが写ったフィルムがありました。 そこには、ハワードが将来のトニーに向けて贈る言葉が。 アイアンマン2では、トニーがアイアンマンというアイデンティティをいかに守り続けるかを描いた物語です。 彼を勇気づけたのは、 時を越えて伝えられた父の愛でした。 父は自分のことを期待していなかったと思っていたトニーでしたが、彼は確かに愛されていたのです。 )」 ハワードが撮影したフィルムから、前回のスターク・エキスポのジオラマにある秘密が隠されていることに気づくトニー。 その構造を分析し、読み解いた結果、新しい元素の情報につながっていることに気づきます。 トニーはそれを新しいアークリアクターの素材として使うことにします。 父のおかげで新しい力を手に入れたトニーのセリフです。 幼い頃に父をなくしたトニーがまるで親子同士の会話をしているような、感動的なシーンでした。 (ココナッツと…メタルの味がする。 )」 パラジウムに代わる新元素を発見したトニー。 しかし、喜びもつかの間、刑務所から脱獄したヴァンコから電話が。 不吉な予感を覚えたトニーは、テストもせずに新しいアーク・リアクターを装着します。 その、装着中のトニーの感想です。 なかなかイメージしづらい表現ですが、 死ぬかもしれないというときにユーモアのあるセリフを言ってしまうトニーの性格が垣間見れるセリフですね。 (すまないな、これは1度しか使えないんだ。 )」 スタークエキスポの日本庭園で、ハマードローンの軍団に襲われたトニー(アイアンマン)とローディ(ウォーマシン)。 突然ローディにしゃがむように叫んだトニーは、両手から繰り出したレーザーでハマードローンたちを一掃します。 その時のローディの「もっとはやくやれよ! 」というセリフにトニーが返した言葉です。 彼らのチームワークの良さが表れた一言であり、最後の最後で隠し玉を持っていたトニーの抜け目なさにニヤリとしてしまうシーンでした。 (ひとりにしないでくれ。 )」 出典: テネシー州まで飛行した際、スーツの電源が切れてしまい、人工知能のJARVISも停止してしまったトニーがパワードスーツに向かってポツリと呟く言葉です。 アイアンマン3はトニーのスーツ依存症に焦点を当てた作品であり、チタウリのニューヨーク襲来以来、それが トラウマになってしまったトニーはスーツなしでは生きられなくなってしまいます。 秘書のペッパーも、スーツという自分を守る殻もない、一人では何もできないのだと自信をなくしてしまうトニーを見るのは辛いものがありました。 (デキる男ってのは隠し玉を持ってるもんさ)」 トニーが、いじめっ子を撃退する道具としてハーレイに渡した照明弾。 なんと、ハーレイはそれを殺し屋相手に使います。 殺し屋が一瞬ひるんだ瞬間、一度きりのリパルサーをお見舞いし、撃退します。 ハーレイだけでなく、トニー自身にもあてはめて言ったんでしょうね。 ハーレイの照明弾と、トニーの必殺即席リパルサーのコンビで敵を倒すという、二人が「繋がった」盛り上がるシーンでした。 (私たちは自分で悪魔を作り上げてしまう。 )」 出典: 自分の研究成果をトニーに無視されたため、キリアンが悪に染まってしまったり、ハンセンの純粋な再生医療研究から、エクストリミスを完成させてしまったり、知らず知らずのうちに悪の片棒を担いでしまっていたトニー。 元々はトニーも発明家という名の武器職人でした。 そんな 自分の過去を戒める意味での言葉でもあり、私たちの生活を豊かにする科学やテクノロジーでも、一歩間違えれば殺人や犯罪に使われることを示唆しています。 偉大な力には大いなる責任が伴うのです。 (たたきつぶせ。 )」 出典: クリスマスの夜、トニーは今まで自分が開発したパワードスーツのすべてを召喚し、テロリスト集団であるテン・リングスに攻撃を仕掛けます。 その時、「メリークリスマス!」というセリフと共にこの言葉を言います。 数十体のスーツが一斉に会するのは圧巻の一言です。 クリスマスであることから、「彼ら(テロリストたち)を教会まで連れて行ってやれ」という意味ですが、 トニーらしい皮肉のきいたジョークですね。 彼らを倒したあとは残った スーツを花火のように自爆させる、シリーズ最終作のフィナーレに相応しい打ち上げっぷりでした。 (私の家もおもちゃも取り上げることはできる。 だが、ただひとつ取り上げることが不可能なものは…私がアイアンマンだということだ。 )」 クリスマスの戦いのあと、トニーは心臓手術を受け、今まで自分の身を脅かしつづけたミサイルの破片を取り出し、アーク・リアクターも取り外します。 そうして彼は普通の人間に戻ったのです。 「アーマーは私にとって繭だった。 それを破って私は生まれ変わった。 」とトニーは言います。 パワード・スーツがなくとも、 トニーはこの頭脳と技術があるからこそアイアンマンであり、トニー・スタークなのです。 第一作目で一からパワードスーツを作り上げ、アイアンマンとなった彼は今一度あのときの自信を取り戻したのです。 スポンサーリンク まとめ 出典: アイアンマンシリーズの名言や名台詞を解説とともにお送りしました。 一作目が公開されるやいなや、全世界が夢中になり、瞬く間に人気シリーズとなったマーベル・シネマティック・ユニバース。 彼らの魅力は、とてつもないパワーを持ちながら、 私たちと同じような悩みや不安を抱えている人間臭さにあります。 まさにアイアンマンことトニー・スタークはそれに最も当てはまるようなキャラクターだと言えるでしょう。 彼は『アイアンマン』だけでなく、『アベンジャーズシリーズ』や、『キャプテン・アメリカ シビル・ウォー』、『スパイダーマン・ホームカミング』にも登場します。 他のヒーローたちと接する彼は、『アイアンマンシリーズ』では見せないような一面も見せてくれます。 是非、みなさんもアイアンマンの魅力に酔いしれてみて下さい!.

次の