コロナ禍何と読む ころなか。 コロナ禍の読み方や意味を解説!なんて読むの?コロナなべ?

コロナ禍の読み方、その意味は?調べてみた。

コロナ禍何と読む ころなか

コロナ禍って何? 新型コロナウィルスが世間に認知されて数ヶ月…。 毎日ニュースでは色々な事柄が流れています。 その時に、うん?と思う言葉が時折出てきます。 初めて聞く言葉がたくさん。 ちょっとその言葉を整理してみようと思いました。 ・コロナ禍 さて、意味以前になんて読むのでしょうか? 渦、鍋…うず、なべ違うね…答えは、 コロナ禍(ころなか)と読みます。 読み方が分かった所で、意味がまったく分かりません。 漢字として読むなら、 禍々しい(まがまがしい)、禍(わざわい)がまだ読みやすいかも。 コロナ禍の意味としてもそんな感じです。 コロナウィルスによる災い、不幸な出来事という意味で使われます。 例:コロナ禍でタクシーの需要が減っている。 という感じで使いますね。 ・クラスター 英語で書くと、 cluster。 英語での意味は、群れ、集団。 なので、 新型コロナウィルス感染者集団という意味として使われます。 例:〇〇でクラスターが発生した。 ・オーバーシュート 英語で書くと、 overshoot 英語での意味は、行き過ぎる、通り越す。 でもコロナの関する意味としては、 感染者の爆発的増加という意味になります。 例:〇〇は、オーバーシュートの危険性にさらされている。 ・ロックダウン 英語で書くと、 lockdown 英語での意味は、公共施設などで、外部からの闖入者に対して内部の人間の安全確保のため建物を封鎖すること。 日本語での意味もほぼ同じです。 都市封鎖。 だけど、実際に日本では都市を封鎖することは無理です。 日本では、自粛要請にとどまるので封鎖をして人を出さないということは出来ないので。 例:このままの状態が続けば、ロックダウンの可能性が高まる。 ・パンデミック 英語で書くと、 pandemic 英語での意味は、全国的に広がる、汎流行の。 日本語でも、そんな感じの意味です。 国中や世界中で、感染症が流行すること。 世界流行、世界的流行。 感染爆発の意味でも使用する。 例:過去には何度もパンデミックが発生している。 ・エアロゾル 英語で書くと、 aerosol これは、最初に聞いた時?しか浮かばなかった。 英語での意味も想像がつかなかった。 英語での意味は、煙霧質(えんむしつ)。 更に意味が分からない(笑) 色々説明を呼んでも中々分かりやすいものはなかった。 固体や液体の微粒子が気体中に分散している状態かな。 新型コロナウィルスで言うと、エアロゾル感染。 と言われます。 空気中をウィルスが特定の条件下で一定時間漂うという感じ。 その空間の中にいたことで、感染する。 というのが言われています。 調べた中でも一番意味が理解しにくいですね。 エアロゾル感染と空気感染とは違いますので…。 というかまだ、エアロゾル感染をするのかどうかもよく分からないといことらしい。 例:タクシー車内は密室なので、エアロゾル感染が起きるかもしれない。 まだまだ分からない言葉はありますが取り合えずこれ位にしておきます。 カタカナの言葉が多いです。 そして、英語とは違う意味で使われることが度々あるので 英語と思って使うと通じないことがあるので注意しましょう。 調べても意味はよく分からないね(笑).

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍何と読む ころなか

KNNポール神田です。 突然ですが、ウェブの媒体で、『コロナ禍』という文字をよく見かけるようになりました。 『コロナ化する昨今…』とか、テレビニュースなどをよく聞く今日この頃…。 なので、『コロナか』と読む。 老眼でスマートフォンでガン見しても、『禍』も『鍋』も『渦』すべて一緒に見えてしまうから面倒だ。 テレビで聞いていた『コロナ化する社会』は『コロナ禍する社会』と言っていたのか…。 別に『コロナ化する社会』でも意味が通じるので、まったくよいのだが…。 むしろ、読めない文字は、打てないということの方が問題だ。 読めないと検索もできない。 しかし、まちがった言葉のという便利な世の中だ。 そう、まずは、まちがった読みかたで、なんでも検索してみよう! コロナ鍋『コロナなべ』というと、コロナビールで煮込んだ鍋をイメージできるが、検索すると、しっかりと『コロナ禍』が説明されて驚く。 それだけ読めない人が多いことの証でもある。 しかし、読み方がわかったけれども、書けるかというと、実はとっても書きにくい…。 『わざわい』で変換すると、『災い』が登場し、いくつか候補を探すと『禍』が登場する。 しかし、何度も、『コロナわざわい』を打ち込み『コロナ禍』を表記するのはとても大変だ。 そう、プログラマー的な発想で考えると、2回以上、面倒くさいことはプログラムを組んでしまえと発想するのだ! まずは、そんな時のための『単語登録』だ。 PCでの単語登録は知っているが、スマートフォンでの便利な単語登録が意外に知られていない…。 この『コロナ禍』を『ころなか』で登録するには、まずは、『コロナわざわい』を打ち込み、それを選択する…。 すると…ほら~! 『ユーザ辞書』で登録 出典 筆者 こんなところに『ユーザ辞書』が隠れていました…。 ここでは知られないはずだ。 そして、『よみ』を『ころなか』にすれば… よみ を打ち込みます 出典 筆者 次回から『ころなか』で『コロナ禍』が候補として現れます。 これであなたの残りの人生は余裕ができるはずだ! 問題は、アルファベットの辞書登録…だ。 そう、アルファベットや数字だけでは、『ユーザー辞書』では登録できない。 しかし、これはとても簡単なクリア方法がある。 とても簡単で、一番最後の語尾に『あ』などの日本語をいれて登録するのだ。 登録した単語で、 『ユーザー辞書』変換してから、カーソルがある最後の文末の『あ』だけを削除すればよいのだ。 長いURLも最後に『あ』を入れて辞書登録 あとで削除すればよい 出典 筆者 自分のブログやYouTubeアドレスなどもいちいちコピーペーストするのではなく、単語登録に『あ』を挿入しておくと、スマートフォンなどでもすぐに変換できて便利になる。 これで、自分のマイナンバーなども最後に『あ』を入れればすぐにでてくるようになる。 たった一回の『ユーザー辞書』の登録で人生の大幅な時間短縮につながる…。 一番の問題は、その時間短縮した効果を何に使うかだが…。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

『コロナ禍』!?って何て読む?意味は?

コロナ禍何と読む ころなか

Contents• 「コロナ禍」の読み方 学校で習ってないのに、いきなりテストに出た、みたいに登場。 「ぅぉおおっ! ビックリしたぁ。 いつからそこにいたの?」 みないな微妙な存在感。 そんなんでも3月から検索キーワードでトレンド入りしているらしい。 何て読むのか、地味に気になる。 たぶん、おそらく、 「ころなか」 って読むのかな。 いや、でも、そんな言葉は聞き慣れないし、ちょっと変な気がする。 いまいち自信が持てない。 とは言え他に思いつかない。 とにかく「ころなか」だと仮定してググってみることにししよう。 「ころなか」で変換っと・・・変換っと・・・「コロナか」から進まない。 やっぱり変換できない。 仕方がないので 「ころな」を変換して「コロナ」 続けて 「か」を変換して「禍」(18番目くらいに出てきた) という要領で「コロナ禍」を何とか入力して検索。 あった、ありましたよ! どうやら 「ころなか」 という読み方で合っていたよう。 「コロナか!」 誰もが一度は心の中でダジャレを叫んだはず。 「禍」という漢字 音読みは「か」で、訓読みは「わざわい」だそうだ。 だから意味は「災い」のこと。 つまり「コロナ禍」とは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって社会全体が危機的な状況、あるいは災害に直面していること、くらいの意味。 わかった。 これで「コロナ禍」の話しはおしまい。 ・・・何だかもの足りないので補足します。 「か」と読む他の微妙な漢字たち さて、似て非なる漢字からいきましょう。 「渦」 訓読みは「うず」です。 水や風の流れが台風のようにグルグル巻きになっている状態のことですね。 これを「か」と読む頻出の慣用表現が 「渦中の人」 「かちゅうのひと」 話題になっている人のこと。 話題の関係者、中心人物、深くかかわっている人、などのこと。 「蝸」 訓読みは「かたつむり」です。 意味もそのまま。 確かに虫へんがついてます。 この漢字はほとんど使いません。 文系の高校生ならば文学史で「蝸牛庵」(かぎゅうあん)という言葉を目にしたことがあるかもしれません。 幸田露伴が自身の住処をそう呼んでいたことで有名です。 「窩」 難しい漢字ですね。 訓読みは「あな」とか「いわや」などです。 複数あるようです。 意味は、凹み(へこみ)や窪み(くぼみ)のこと。 この漢字もほとんど使いません。 高校の生物で「中心窩」という言葉が出てきます。 眼球の網膜の中心部分のことです。 網膜上で最も視細胞の密度が高く、ここに映った映像なら見たものを細かく認識することができます。 人間の視野は中心ほど細かいものをハッキリと見る事ができて、視野の周辺ほどボケて見えるでしょう。 視野の端に見えている文字は読めませんよね。 視野の最も高精細な中心部分を実現している、網膜の中心部分のことです。 この漢字を使ったのを実際に見たは、塾長の人生ではそれくらいです。 「火」 他にもたくさんありますが、最後は親しみのある漢字で終わります。 説明は不要ですよね。 この漢字を「か」と読む慣用句(ことわざ)は主に2つ。 「火中の栗を拾う」は、だれかのために、わざわざ自分が危険を冒すこと。 自分が苦労したのに他人に利益を持っていかれた、という意味も入るようです。 「漁夫の利」を逆の立場から言わせた意味に近いですね。 「対岸の火事」とは、川向こうの遠くに見える火事のように、自分には関係なく損もしない他人の不幸のこと。 よく否定の文で「対岸の火事にするな」などと使われます。 他人事だと思って教訓にせず油断していると自分にも同じ災いが降りかかるぞ、他人事ではないぞ、という戒めですね。 最後に 緊急事態宣言が延長されてしまいました。 今の自分が健康だとしても、それはたまたまです。 コロナ禍で苦しんでいる人たちのことを対岸の火事とせず、みんなで当事者意識を持って、この難局を一緒に乗り切りましょう。 生徒・保護者様のお友達登録はこちら LINE登録するとプレゼントがもらえます! 【会員限定】お子様の成績と可能性を伸ばす18個のノウハウ 塾関係者様のお友達登録はこちら LINE登録するとプレゼントがもらえます! 「zoomで簡単。

次の