ビデオ通話 アプリ。 【更新】Zoomだけじゃない。無料で使えるビデオ会議アプリ徹底比較……Teams、LINEのメリット・デメリットとは

ビデオ通話の無料アプリ4選!録画方法や通信量を解説

ビデオ通話 アプリ

Amazonの音声アシスタント「Alexa」の機能の1つに、ビデオ通話機能がある。 画面付きスマートスピーカー「Echo Show」シリーズや、スマートフォンにインストールしたAlexaアプリを使い、別の部屋にいる家族を画面上で呼び出したり、実家の親などとリモートでビデオ通話が行えたりする機能だ。 もっとも、Alexaのコミュニケーション機能はこれら以外にも、家庭内の全端末にメッセージをブロードキャストする機能や、留守番電話のようにメッセージを残す機能など多岐に渡っていて、全貌がつかみにくい。 製品リリース後に、しばらくしてから追加された機能がほとんどということもあり、Alexaの利用歴が長いユーザーでも理解できていない人は多いはずだ。 今回はこうしたAlexaのコミュニケーション機能のうち、ビデオ通話という用途に絞り、ケースバイケースで機能をどう使い分けるべきかを見ていく。 以下では、画面付きスマートスピーカー3製品「Echo Show」「Echo Show 8」「Echo Show 5」をまとめてEcho Showシリーズ(あるいはEcho Show)と称しているので適宜読み替えてほしい。 スマホにインストールしたAlexaアプリも基本は同じで、まずホーム画面下の「連絡」をタップ(画像=左)。 先ほどのEcho Showと同様「コール」「メッセージ」「呼びかけ」「アナウンス」が表示される(画像=右) まず「呼びかけ」だが、同じAmazonアカウントに登録されている別デバイス1台を指定して通話を行う機能だ。 実際には別アカウント間でも通話は可能なのだが、事前にお互いを許可する必要がある。 後述の「コール」と区別するためにも、「同じアカウントでの通話機能」と考えた方が混乱しなくて済む。 この「呼びかけ」の特徴は、相手側が応答ボタンを押さなくとも、自動的につながってしまうことだ。 言うなれば家族がいきなり部屋の中にスッと現れるイメージで、最初はやや面食らう。 別アカウントとのやりとりが許可制になっているのも、この仕様からすると当然だ。 「呼びかけ」アイコンをタップすると、対象のホームデバイス一覧が表示される。 相互に許可していた場合のみ別アカウントも対象となる(画像=左)。 呼びかけを実行すると、応答ボタンを押すことなくすぐさまつながる(画像=右) イメージ的に近いのは、部屋間の内線電話だ。 新型コロナウイルスの影響が続く現在であれば、別室で隔離されている家族とコミュニケーションを取るのに最適だ。 相手が応答ボタンを押さなくとも自動的につながってしまう仕様も、相手が寝たきりで体を動かしにくい状況ならば意味を持ってくる。 ちなみに、Alexaアプリを入れたスマホへの発信はできないが、その逆、つまりAlexaアプリを入れたスマホからEchoデバイスへの発信は行える。 この場合はモバイル回線を経由しても接続できるので、隔離されている家族の枕元に置いたEchoデバイスを外出先から強制的に呼び出して、容態を尋ねることも可能だ。 関連記事• スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。 今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。 電撃発表から約1年。 ついに「Amazon Alexa」と「Cortana」の音声アシスタント連携機能がパブリックプレビューまで到達した。 実際に試したレポートをお届けする。 スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。 今回は、Alexaをさらに使いこなすための最新Tipsをまとめた。 Appleのタブレット「iPad Pro」「iPad」「iPad Air」シリーズだが、各モデルとも似ているようで全く違う部分もある。 今回は10の視点でチェックした。 PCを持っていても、手元にタブレットがあると何かと便利だ。 ここでは、なるべく安くて長くえるモデルとして、Appleの「第7世代iPad」と格安タブレットの代名詞といえるAmazonの「Fire HD 10」を、さまざまな角度で比較した。

次の

オンラインビデオ通話によるデータ通信量を比較まとめ

ビデオ通話 アプリ

新型コロナウイルスの感染防止を目的として、人との接触を避けるために自宅で業務を行なう在宅勤務が広がりつつある。 また4月11日には、緊急事態宣言が発令された7都府県の全事業者に対し、出勤者を最低7割減とするように安倍首相が要請しており、在宅勤務で業務を行なう人がさらに増加するのは間違いないだろう。 この在宅勤務において、問題となりやすいのがコミュニケーションである。 オフィスに出社しているときのように、顔を合わせて会話したり、あるいは会議やミーティングを行なったりするのは難しいためだ。 そこで重宝するのが、インターネット経由でビデオおよび音声でのコミュニケーションを可能にするオンライン会議サービスである。 こうしたサービスはいくつもあり、実際に活用しているユーザーも多いだろう。 今回、主要なオンライン会議サービスを比較してみた。 またオンライン会議時に利用できる機能の比較は、基本的にWindows版の専用アプリを用いて行なっている Google HangoutsはWindowsアプリがないため、Google Chrome上で実施。 ぜひ自分にあったサービスを見つけてほしい。 Microsoft Teams チャットとオンライン会議などの機能を統合した、Microsoftの新たなコミュニケーションプラットフォームとなっているのが「」だ。 このサービスは同社のクラウドサービスである「Office 365」や「Microsoft 365」に組み込まれているほか、無料版も提供されている。 無料版では会議の録画は不可能になるが、デスクトップやウィンドウの共有、背景をぼかすといった機能が使えるほか、カスタム背景にも対応している。 オンライン会議が可能なだけでなく、メンバー同士でのテキストチャットによるコミュニケーションのための機能も充実している。 日常的なコミュニケーションはテキストチャットで行ない、必要に応じてオンライン会議を実施するといった使い方ができるのがMicrosoft Teamsの魅力だと言える。 Facebook Messenger SNSであるFacebookでは、チャットのためのサービスとして提供している「」において、ビデオ通話と音声通話を利用しており、Web会議の目的で利用することも可能となっている。 Webブラウザで利用可能なほか、WindowsとmacOS、iOS、Androidのそれぞれで専用アプリも提供している。 ただあくまでも個人向けサービスという立ち位置のためか、Microsoft Teamsなどと比べると利用できる機能は少ない。 なおデスクトップ共有について、Windows向けの専用アプリでは利用できなかったが、WebブラウザとしてGoogle Chromeを利用し、さらに専用の機能拡張をインストールすればデスクトップの共有が可能になる。 Google Hangouts Googleアカウントさえ取得していれば、誰でも「」を使ってWeb会議を実施できる。 PCを利用する場合、Google Hangoutsの上記のWebサイトにアクセスしてWeb会議を行なう。 またiOSとAndroidには専用のアプリが提供されている。 デスクトップや特定のウィンドウの共有は可能で、同じ資料を見ながら会議を行なうこともできる。 難点は会議に参加できる人数が10名までと少ない点。 なおGoogleが提供する企業向けサービスの「G Suite」では、もっとも安価な「G Suite Basic」で100人、最上位プランの「G Suite Enterprise」では250人までが参加できる。 Zoom 多機能なWeb会議サービスとして、人気を集めているのが「Zoom」だ。 またカスタム背景をサポートしていることも魅力だろう。 ただ無料版の場合、1対1でのミーティングは無制限だが、グループミーティングは40分までに制限されている。 業務で本格的に利用したいといった場合には、「プロ」や「ビジネス」などの有料プランの利用が前提となるだろう。 またZoomはセキュリティ上の問題が指摘されており、海外ではZoomの利用を禁止する組織も出ている。 こうした点も踏まえ、利用するかどうかを判断したい。

次の

テレビ電話するならLINEとSkypeどっちがいい?

ビデオ通話 アプリ

以前から働き方改革の促進で需要のあった「ビデオ会議」だが、新型コロナウイルスの影響でその進化がめまぐるしいものになっている(クリックすると大きく表示)。 作成:小林優多郎 テレワークが増え、ビジネス以外にも多用する人が増えているのが、Zoomを始めとしたビデオ会議アプリだ。 こうしたビデオ会議アプリの多くは、一定の機能が無料で使える「無料版」が公開されていて、中小規模の事業者やフリーランサー、さらに個人でも気軽に利用できる。 一方、それぞれの特徴は、実際に使い込んでみないとわからない面も多々ある。 今回は、代表的なアプリを実際に試して、その機能をチェックした。 【SNS系会議アプリ】互いに事前承認したメンバーと話せる Googleの法人向けサービス「Google Meet」は5月、一般ユーザーも無料で利用できるようになった。 グーグルは5月頭に法人向けに提供していたビデオ会議サービス「Google Meet」を一般ユーザー向けにも無料で開放した。 Googleアカウントを持っている人同士であれば100名まで、9月30日までは時間無制限に利用可能(通常時は60分の利用制限がある)。 スマートフォンなどでは専用アプリが必要だが、PCではブラウザーだけで画面共有や3種類のレイアウト変更機能などが利用できる。 法人向けと比べて「会議の録画機能」や「Googleアカウントを持たないユーザーへの招待不可」といった違いはあるが、個人が利用する範囲であれば、十分に実用的だ。 【ゲストはID不要】登録はホストだけでOK。 ゲストはURLから手軽に参加できる4ツール Skypeはグループでのビデオ通話(写真)のほか、URLを生成できる「会議」も利用可能。 こなれたインターフェースで、無料のビデオ会議ツールとしてかなり優秀。 前述のハングアウトでも会議中に専用のURLを生成できるが、アクセスするにはGoogleアカウントでのサインインが必要。 その点、 アカウントなし、サインインなしでも参加可能なのが「Skype」だ。 Skypeでは事前承認した相手と最大50人までのビデオ通話ができるのに加えて、「会議」機能を使うとURLを生成して未登録のゲストを招待できる。 ゲストはブラウザまたはSkypeアプリから、ユーザー登録不要で参加できる仕組みだ。 画面の共有や録音のほか、背景をぼかす機能や自動的に字幕をつけられる機能なども利用できる。 また、あらかじめ通話の予定を設定して、参加予定者に通知できる機能もしっかり備わっている。 Zoomのホワイトボードはホストだけでなく、参加者も書き込み可能。 ブレストなどに活用でき 無料で利用できる本格的なビデオ会議ツールとして人気の 「Zoom」でも、参加者は登録なし、サインインなしで会議にアクセス可能だ。 ホストはあらかじめ会議を開催する日時を設定して、会議ごとに専用のURLを生成して共有するだけ。 PCやスマートフォンのブラウザ、アプリのほか、専用の番号に電話をかける方法でも参加可能。 無料版でも最大100人までの大規模なミーティングを開催できる。 会議では画面の共有はもちろん、その場で書き込めるホワイトボードも共有でき、背景をぼかしたり、 任意の背景を合成できる機能や、録音・録画機能、挙手できる機能も提供する。 さらに、ホストは参加メンバーを、「ブレイクアウトルーム」と呼ばれる少人数グループに分けられるなど、かなり本格的な機能まですべて無料で利用できる。 なお、 有料版との大きな差異は、3人以上のビデオ会議の時間が、1回あたり40分に制限されていること。 録音・録画した会議のログデータをクラウド保存できることなどだ。 「Cisco Webex Meetings」はメニューが豊富で機能が充実していることが特徴。 有料版も90日間無償利用できるプログラムが提供されている。 同じく100人までの会議が無料で開催できる 「Cisco Webex Meetings」も、ユーザー登録が必要なのはホストのみ。 参加者は共有されたURLまたは、専用アプリからミーティングごとの番号でアクセスし、名前とメールアドレスを登録するだけで会議に参加できる。 画面やファイルの共有のほか、URLを指定してWEBコンテンツを共有できる機能や、ホワイトボード機能、投票機能なども備わっていて、会議で必要になりそうなツールがひととおり揃っている印象。 ただし、使える機能はOSやブラウザーに依存するところも大きく、コンテンツの共有などはブラウザによって利用できないケースもあるようだ。 さまざまな企業で導入が進んでいるMicrosoft Teams。 無料版も存在する。 出典:Microsoft 最後にもうひとつ、コラボレーションツールとして急成長中の 「Microsoft Teams」も無料版を提供している。 ビジネスチャットとビデオ会議の機能を併せ持つツールで、 無料版でも最大250人までの利用が可能(Teamsへの登録自体は300人まで可能)。 ホストはもちろん、ゲストにもMicrosoftアカウントが必要となるが、チャットやビデオ会議でコミュニケーションしつつ、 同じ画面上でWordやExcel、Power PointといったOfficeアプリを使った共同作業ができる。 「Slack」や「Chatwork」といったビジネスチャットツールでも、一対一のビデオ会議なら無料で利用できるが、Teamsは無料版でもグループでのビデオ会議が可能。 誰でも利用できる手軽さではサインイン不要のツールが勝るものの、チャット、ファイル共有、ビデオ会議でグループ作業を効率化できるツールとしては、ほかにないオールインワンの魅力がある。 無料版では今のところ、ビデオ会議の録音・録画や、あらかじめスケジュール設定した会議の開催はできない仕様になっているが、会議のスケジュール機能については将来、無料版でも提供予定とのことなので、その点も期待したい。 テレワークの広がりを受けて、今急速にニーズが高まっているビデオ会議ツールだが、無料版の提供だけでなく、有料版の無償トライアル期間を長く設定するなど、企業向けにも様々な支援プログラムが提供されている。

次の