せなか れ 炎上。 ポケモン実況者ななすけ、まかろんに裏垢の元彼DMを晒され炎上「法的措置を検討」

峯岸みなみ 気の毒すぎる“そんなわけないだろ案件”炎上

せなか れ 炎上

全5310文字 「夫が育休から復帰後2日で、関西への転勤辞令が出た。 引っ越したばかりで子どもは来月入園。 何もかもありえない。 不当すぎるーー」。 妻の痛切な叫びが、SNSで炎上し議論を呼んでいる。 発言の主である夫婦が日経ビジネスの単独取材に応じた。 要点を整理するとともに、夫婦側と企業側の主張を掲載する。 夫婦は40代の共働きで、今年1月に生まれた長女の育児のため、それぞれ育児休暇を取得した。 夫が復帰したのは4月22日。 住宅を購入し、4月中旬に新居に引っ越したばかり。 夫婦によると、夫に辞令が出たのは育休復帰明け翌日の4月23日。 午前中、上司に呼ばれ、5月16日付で関西への転勤を命ぜられた。 「組織に属している以上、転勤は当然だが、今のタイミングは難しいので1〜2カ月延ばしてもらえないか」と相談するも会社側は却下。 有給休暇の申請も却下され、夫は泣く泣く5月31日付で退社した(詳細は次ページのインタビューを参照)。 退社後の6月1日、妻がこれまでの経緯に加え、「 カガクでネガイをカナエル会社」と企業名をほのめかすタグを加えてツイッターで投稿すると、瞬く間に拡散した。 夫が勤めていたのは、このフレーズをキャッチコピーとして用いている化学メーカーのカネカだ。 ツイッターでは以下のような意見が相次いだ。 「こんな見せしめのような古い気質があるとはね…」「立派なハラスメント案件だよ」「これ本当なら会社としてヤバイね」「カガクでネガイをカナエル前にシャインのネガイをカナエてくれ」「有給消化させないのは明らかな法律違反。 あと退職日を会社が指示するのも違反」……。 妻の投稿には4万を超える「いいね」が付き、一連の投稿が見られた回数は累計500万回を超えたと見られる。 もっとも、育休明けではあるものの、従業員に転勤の辞令を出したという点について、専門家は「違法性はない」との見解で一致している。 それでもSNSで炎上したのは、多くが「転勤を利用した嫌がらせ=ハラスメントだ」と認識したからだ。 SNSですぐに拡散され悪評が立てば、違法性はなくてもレピュテーションリスクは大きい。 事実、カネカの株価は下落し、6月3日に年初来安値を付けた。 女性に対し妊娠や育児を理由に嫌がらせをする「マタニティハラスメント」に加えて、育児休暇を取る男性などに嫌がらせや差別的発言をする「パタニティ(父性)ハラスメント」という言葉が注目を集めるようになってきた。 内閣府の調査によれば、男性の育児休暇取得率は年々上昇し、5. パタハラは、男性による育児参加が浸透したことによって顕在化しているとも言えるだろう。 自民党有志議員らは6月5日、男性の育児休業取得を義務づけることなどを目指し議員連盟を立ち上げる予定だ。 こうした動きに先んじて動き出す民間企業もある。 三菱UFJ銀行は5月から、2歳未満の子供がいる全行員を対象に、約1カ月間の育児休暇取得を実質的に義務化した。 カネカも、少子化対策として社員に子育て支援のための行動計画を作成し認証されたことを示す「くるみん(「次世代育成支援対策推進法」認定マーク)」を2009年に取得している。 カネカIR・広報部は日経ビジネスの取材に対して、以下のように答えている。 男性社員に育児休暇復帰後2日で転勤辞令を出した事実はあるか、との質問に対しては「ツイッターでの一連の議論は承知しているが、発言の主は当事者の妻であると推定され、かつ当社と断定して発言しているわけではないので、現時点では事実の有無も含めてコメントできない」とし、事実があった場合は「パタハラ」に当たるのかとの質問には「仮定の話には答えることができない」とした。 また、男性が上長から「有給休暇の申請を断られた」という事実はあるかとの問いに対し「事実を確認しているが、これも当事者が当社の社員であるとはっきりするまでコメントできない」としている。

次の

峯岸みなみ 気の毒すぎる“そんなわけないだろ案件”炎上

せなか れ 炎上

日曜日に放送されたサザエさんが炎上という話題が、複数のメディアで取り上げられていました。 個人的には、今回のケースを「炎上」と呼ぶのは少し大袈裟ではないかという印象です。 ただ、テレビにおけるタレント発言の炎上報道などを考える上で、非常に興味深い事例といえるので、ご紹介したいと思います。 まず、今回の騒動を時系列にまとめるとこのようになります。 デイリースポーツは既に記事を修正 冒頭に書いたように、今回のサザエさんの事例を炎上と呼ぶのは大袈裟というのが個人的な結論です。 また、当日のツイートを分析した結果、明確に「不謹慎」と名言している人は11人しかいない、という記事が話題になるなど、デイリースポーツの記事への批判も少なくなかったようです。 参考: もちろん、長引く外出自粛の中で、GWの旅行を促しかねない番組を放送したことに、違和感を感じた人は少なくなかったのは事実だと思いますし、不謹慎というキーワード以外にも、サザエさんを見て嫌な気持ちになったという趣旨の発言をしている方は複数いたようです。 ただ、さすがに「炎上」というタイトルは書き過ぎだったと考えて、記事タイトルを修正、配信先からは削除した可能性が高いと考えられます。 しかし、残念ながらすでに炎上というタイトルの記事が出回ってしまった結果、デイリースポーツ以外のメディアは、「サザエさん炎上」を既成事実として、関連記事が量産してしまっているわけです。 グラフで見えてくる炎上の真の発火点 はたして、サザエさんは炎上と呼ぶ状態になったのかどうか、具体的にグラフで分析してみましょう。 Yahoo! リアルタイム検索というサービスを使うと、。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 30日間のグラフを見ると、サザエさんの先日の放送日に、ツイート数が大きなピークをつけていることは一目瞭然です。 ただ、一方で、毎週日曜日は「サザエさん」というキーワードを含んだ投稿が多くされていることも分かると思います。 しかも、実はこの最後のグラフのピークは、放送当日ではありません。 放送当日のツイート数は実はピークの半分強の1万件程度、普通の日曜日の投稿が7000件前後ですので、当日だけを見ると2倍も超えていません。 実は、この18000件を超える投稿数のピークは、番組放送 翌日なのです。 その理由は、一週間のツイート数のグラフを見れば一目瞭然。 (出典:Yahoo! リアルタイム検索) 確かに放送当日のツイート数は、7000件と跳ね上がっているものの、そのピークはすぐに収まります。 これは実は通常のサザエさんの放送されている週末の投稿数とそれほど変わりません。 そして、実は炎上に関するツイートが増えるのは、翌日の10時以降。 つまりデイリースポーツの記事が、各種ポータルサイトに転載されたタイミングなのです。 そして、そこからの方が炎上に関する話題が余韻を作っていることが分かります。 実際に、26日のサザエさん放映中の発言を丁寧に眺めてみると、ネガティブな投稿をしている人が、通常の週よりも増えている印象があるのは事実です。 ただ、7000件の全体数からすると、その比率はそれほど高い印象はありません。 当日一番話題になったのは、おそらく批判ツイートではなく、佐藤二朗さんの擁護ツイートでしょう。 このグラフだけを見ると、実はサザエさんは番組放送がきっかけで炎上したのではなく、炎上を報道する記事によって炎上状態になった可能性が高いと考えられるわけです。 大勢が視聴するテレビ番組と批判の構造 しかも、実はサザエさんの放送日には、という言葉もあるように、毎週のように何かしらネガティブなツイートが混じっているのが普通です。 サザエさんのような視聴率が10%を超えるようなテレビ番組は、単純計算すると全国で少なくとも数百万人が視聴していることになります。 そのうちの0. 1%の人がツイートするだけで、何千人もツイートすることになるわけです。 そのツイートする人の1割、視聴者のうちのたった0. 01%の人が批判的な投稿をすれば、数百件の批判的な投稿がツイッター上に出現することになります。 日本のツイッターのトレンドに、毎日の様にテレビ番組関連のキーワードが表示されるのはこれが背景です。 簡単に言うと、賛否が分かれるようなテレビ番組であれば、今回程度の批判的な投稿がツイッター上に数十から数百件出てくるのは、ある意味普通の状況とも言えるわけです。 本来「炎上」という言葉で連想するのは、企業や個人がしでかした不祥事により、批判やクレームの電話が殺到して止まらなくなる火だるまのような状態をイメージされる方が多いはず。 今回のサザエさんの旅行への批判は、ウイルス感染により私たちが感じているストレスが、普段、私たちがテレビを見ながら独り言のように突っ込んでいる発言とともに、ツイッター上にも表出しているだけと考えると、これを「炎上」と呼ぶべきかどうかは議論が分かれるはずです。 メディアが既成事実化する炎上のネガティブサイクル ここに、昨今のテレビ番組に関するネット上のメディアの炎上報道の問題点が見えます。 最近、芸能人の過激な発言の炎上を取り上げるメディアが増えているのも、同様の構造と言えるでしょう。 今回も、ガリガリガリクソンさんのツイートをメディアが記事化していますが、このツイートは記事のタイトルにまで取り上げられた割に、この記事執筆時点で70程度しかリツイートされていません。 ツイッター上の話題のツイートが1万単位のリツイートが珍しくなくなっていることを考えると、このツイートは芸能人のツイートとは言え、それほど注目されていないツイートと言えます。 ひょっとすると、メディア側もリモート推奨で取材に行けなくなっているという現状もあり、ネット上のこうした小さな出来事を取り上げざるをえない状況になっているのかもしれません。 こうしたテレビを起点にした話題にメディアが頼らざるをえない状況が、それほど炎上していない話題を、大手のメディアが記事化し、それにより炎上が既成事実化するというテレビとネット報道のネガティブサイクルを加速しているように感じます。 炎上のネガティブサイクルを加速しないために もちろん、私自身も、こうして炎上事例の解説記事を書いており、このサイクルの末端に関わってしまっているのは事実ですので、他人事のように書ける立場ではありません。 ただ、読者の方に是非知って頂きたいのは、特にネット上のメディアにおいては、記事の表示回数が広告収入に直結するビジネスモデルが確立されてしまった結果、個人が運営するネットメディアはもちろん、デイリースポーツや日刊スポーツのように歴史のあるメディアであっても、時にこうやって炎上を過剰に報道してしまうことがあるという点です。 参考: 炎上のネガティブサイクルを生み出しているのは、メディアかもしれませんが、そうした記事に釣られて炎上記事の拡散に私たちが協力してしまうと、私たちもネガティブサイクルを回すことに加担してしまっていることになります。 炎上がタイトルに入っている記事を見つけたら、是非その記事を拡散する前に、少し落ち着いて、本当に炎上が事実なのか、調べてみることをオススメします。 個人的には、ウイルス感染拡大により、人々の間に不安や他の人に対する不信や怒りが広まってしまっている今このタイミングで、こうしたささいな出来事を炎上と取り上げて火に油を注ぐ行為は、できるだけさけ、未来に向けて私たちが協力していくために役立つ記事を増やしていきたいと、自分にも改めて言い聞かせたいと思います。 来年のゴールデンウィークには、サザエさんのゴールデンウィーク旅行を全国の人が心から楽しく見ることができますように。

次の

「だいしゅきホールド」の起源主張をして炎上したラノベ作家。消息不明になる

せなか れ 炎上

ピパピパを飼育する際のエサは、人口エサではなく、冷凍の赤虫やイトミミズなどになります。 なんとピパピパは人口エサを食べてくれないカエルなのです。 グルメですね。 笑 赤虫やイトミミズなどを食べいると水質が悪化しやすいので、やはりろ過装置はあったほうがいいかと思いますし、また水の交換も多めにしてあげたいところ。 そして気になる繁殖ですが、不可能ではないもののちょっと難しいのだそうです。 まず、繁殖後のピパピパを、飼えなくなったからといって捨てることも出来ません。 生態系に関わりますからね。 また、複数飼育ともなれば更に水質悪化には気をつけなければいけません。 水槽も大きめの90cm以上の水槽が必要となってきます。 もしどうしても繁殖させてみたい場合は詳しい人に相談しながらやるのが良いです。

次の