野菜 スープ 味付け。 野菜スープのダイエット効果が万能すぎる!おすすめレシピで脂肪燃焼!

栄養たっぷり!野菜スープでダイエット☆おすすめのレシピ20選

野菜 スープ 味付け

基本は4種類だけ。 ・・・キャベツ、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃの野菜を切って煮るだけ。 とっても簡単に作れます。 野菜ってそう簡単にとれません ・・・野菜スープを毎食飲めば、野菜の一日の摂取目標をなんなくクリアできて、らくちんです。 ダイエットもできる。 ・・・基本の野菜だけで作れば、カロリーも低くて、ダイエットもできる! 4. スープだから飲みやすい ・・・野菜に含まれている有効成分であるファイトケミカルは、硬い膜に覆われているので、スープにして煮ると溶け出してくれます。 スープだとサラダよりも取りやすい! 5. ビタミンまで豊富! ・・・基本の野菜スープには、ビタミンA・C・Eもたくさんあります。 野菜の中にもスープにも有効成分がありますので、すべて食べきること! 6. 食物繊維で腸活!! ・・・食物繊維は2種類ありますが、両方ともとれるこの野菜スープはすごいです。 スープには水溶性食物繊維が、具には不溶性食物繊維が残されています。 最近とても大事だといわれている腸活にもってこい!! 7. たくさんつくっておいても。 違う料理にもできる! ・・・たくさん作って余った場合は、冷蔵・冷凍保存が可能。 また、具材を追加したり、スパイスを追加したり、コンソメとベーコンをソーセージを加えるだけで、簡単にポトフもできます。 薄味になれる! ・・・一日に何度もいただく場合は、何も味付けしないのが効果的。 何も味付けしないで飲み続けるといつの間にか野菜本来の味が分かってきます。 薄味になれると他の料理にも濃い味を求めなくなり、健康に良い減塩ができます。 ・かぼちゃを後からいれることで煮崩れを防ぐ。 かぼちゃの煮込み時間が長いと煮崩れして、スープがどろどろすることがある。 ・皮や種やへたなどを一緒に煮込むことで、味わい深く、ファイトケミカルをあますところなくいただくことができる。 ・蓋はしっかりしめて、ファイトケミカルを逃さないようにする。 ・冷凍野菜も使えるが、冷凍前に下茹でしていないものを選んで!ファイトケミカルがすでに溶け出してしまっているので。。。 ただ、かぼちゃの冷凍は良く売っているので、生の野菜がなければ使ってもいいですが、煮崩れはしやすい。 ・写真は倍量で作っている。 ・なるべくなら、有機野菜や無農薬野菜がいい。 でも、そこにこだわりすぎると作れないので、揃えられるものだけでいい。 ・作ったものは、冷蔵なら2~3日。 冷凍なら2週間ほど保存が可能。 野菜スープの効果的な飲む量.

次の

野菜スープの味付けでコンソメ以外におすすめは?

野菜 スープ 味付け

スープのダイエット効果について 前述の通りスープダイエットは外科手術前の患者さんを短期間で痩せさせるために考案された医療用プログラムですので体への負担が少なく、誰でも確実に痩せられるダイエット法です。 1週間で体重が2~3 kg落ちます。 個人差がありますので、もっと効果が出たという人もいます。 スープダイエットのメリットは、ダイエット中でも空腹感が少ないこと。 具材に使われる野菜はデトックス効果の高い野菜ですので毒素を排出しおなかの中もスッキリします。 お通じに良い食物繊維もたっぷり摂れますし、たくさん食べても低カロリーなのでおすすめ。 食事の量を減らしたり、断食したりする方法と違って挫折がなく成功しやすいのです。 また食べ方にもルールがあり、野菜だけでなくフルーツや肉や魚と組み合わせて行うので、食事ごとにお楽しみがあるのも嬉しいですね。 スープの栄養について スープダイエットに使われる具材は野菜なので、そればかり食べるとたんぱく質が足りない状態に陥ります。 たんぱく質が不足すると、筋肉の量が減り基礎代謝が落ちて痩せにくくなる以外に、肌や髪のトラブル、集中力や思考力の低下にもつながります。 7日間のスープダイエットではたんぱく質も補える食事構成になっています。 1日目はスープとバナナ以外のフルーツを食べる日。 2日目はスープと野菜、3日目はスープとバナナ以外のフルーツと野菜、4日目はスープとバナナとスキムミルク、5日目はスープと肉(または魚)とトマト、6日目はスープと牛肉と野菜、7日目は玄米と野菜とフルーツジュースで、普通食に戻します。 4日目から6日目でたんぱく質も補えるというわけです。 この内容なら、続けられそうですよね。 作り方は玉ねぎ、にんじん、セロリ、ピーマン、キャベツを食べやすい大きさに切ります。 鍋に野菜とトマト缶、水、コンソメを入れて、途中水を足しながら20分ほど煮込めば出来上がりです。 野菜を大きめにカットすれば食べ応えもあります。 野菜の旨味がたっぷり溶け出したスープです。 スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

スープダイエット!野菜スープで血糖値も下がり9kgの減量に成功!

野菜 スープ 味付け

大根10cm• 玉ねぎ1個• セロリ1本• キャベツ3枚• えのき1袋• にんにく みじん切り 1片• オリーブオイル大さじ1• A・ホールトマト1缶• A・水800ml• A・コンソメ 固形 1個• A・ローリエ1枚• A・鷹の爪お好みで• B・塩小さじ2弱• B・コショウ適量• B・砂糖ひとつまみ~• B・黒コショウお好みで• 大根・玉ねぎ・ニンジン・セロリの茎・キャベツは、 1cmの角切りにします。 セロリの葉は 粗みじん切りに、えのきは 1cmの長さに切ります。 鍋にオリーブオイルとにんにくを入れて、香りが立ったら玉ねぎ・ニンジン・大根・セロリを入れて、塩を ひとつまみ入れます。 入れた具材が透き通るまで炒めていきます。 2にキャベツ・セロリの葉・えのきも加えてしんなりするまで炒めたら、Aを入れてスープを作り味を付けてから、 弱火で20分ほど煮ます。 スープにBを加えて味を調えたら器に盛り付けて完成です。 豚バラ薄切り肉150g• キャベツ2枚~3枚• ニラ半束~• ごぼう30cm• 大根3cm• ニンジン3cm• もやし1袋• えのき1袋• A・水1000ml• A・鶏ガラスープの素大さじ1. A・にんにく1片• A・しょうが1かけ• A・鷹の爪1本• A・酒大さじ1• B・白味噌大さじ4強• B・コチュジャン小さじ1• B・甜麺醤小さじ1• ごま油適量• ごま適量• 柚子コショウ適量• ごぼうは ささがきにして、酢 分量外 少々を入れた水にさらします。 ニラは 長さ5cmほどに切り、そのほかの材料も 食べやすい大きさに切っておきます。 にんにく・しょうがをすりおろして、鍋にAを全部入れて煮立てスープを作ります。 スープが煮立ったところで ニラ以外の1の材料を加えて煮ます。 材料に火が通ったら、Bをスープに溶き入れてからニラを入れてスープをひと煮立ちさせ、ごま油を回しかけます。 スープを器に盛り付け、ごまを振りかけたら完成です。 大根10cm• 豚挽き肉 合挽き可 150g~• 豆板醤小さじ1~• 水700ml• A・ウエイパー 中華スープの素でも可 大さじ1• A・味噌 甜麺醤 大さじ2• A・にんにく すりおろし 小さじ1• A・しょうが すりおろし 小さじ1• A・ピーナツバター 有糖 大さじ1~2• B・酢大さじ1• B・ごま油大さじ1• 大根は 2cm~3cm角に切ります。 鍋に挽き肉を入れて炒め、火が通ったら豆板醤と大根を入れてサッと炒めます。 1に水を入れて、 途中アクが出たらとりながら、大根に火が通るまで煮込みます。 2にAの調味料を入れてスープに味をつけたら、さらにスープにBと塩コショウを入れて味を調えます。 スープを器に盛りつけたら、お好みでごまやニラのみじん切りをかけて完成です。 豚バラ薄切り肉100g• オクラ2本• 鶏ガラスープ600ml• A・酒大さじ1• A・醤油大さじ2• A・粗挽きコショウ少々• 大根の皮を剥いて食べやすい大きさの 短冊切りにします。 オクラはヘタを取って 縦に半分に切り、豚バラスライスは 1cm幅に切っておきます。 冷たいままの鶏ガラスープに大根を入れて火をつけます。 鍋に火をつけたら、鶏ガラスープが まだ冷たいうちに豚バラ肉も入れてほぐしたら、ひと煮立ちさせます。 スープが煮立ってきたら火を 弱火にして、アクを取り除きます。 スープのアクを取り除いたら 10分ほど煮込みます。 時間が経ったらオクラを入れてサッと茹でます。 Aを入れて味を調えたら、スープを器に盛り付けて完成です。 大根3cm~4cm 250g• ちくわ3本• ごま油小さじ2• 水600ml• 鶏ガラスープの素大さじ1• 酒大さじ1• 醤油小さじ1• 塩ひとつまみ• しょうが すりおろし 小さじ1~• 塩コショウ適量• A・片栗粉大さじ1• A・水大さじ1• 小ネギ 小口切り 適量• ちくわを 縦と横それぞれ半分ずつに切って4等分にし、えのきは石突を取り除いてから 半分に切ります。 大根は 皮を剥いておきます。 鍋にごま油を熱して、焦がさないように気をつけながら、ちくわとえのきを軽く炒めます。 水を加えて沸騰したら、鶏ガラスープの素・酒・みりん・醤油・塩を加えてひと煮立ちさせてスープを作った後、一度火を止めます。 鍋に大根を 直接すりおろしながら入れ、しょうがも加えます。 再び火をつけたら、スープを 沸騰させすぎないようかき混ぜながら温めていきます。 塩コショウで味を調えて、Aを合わせて水溶き片栗粉を作ってスープにとろみを付けたら火を消して、スープを器に盛り付け小ネギを散らして完成です。 キャベツ グリーンキャベツ 半分• 大根適量• ニンジン適量• 水適量• 鶏ガラスープ 顆粒 小さじ2• コンソメ 顆粒 小さじ2• 塩コショウ少々• 大根は 爪楊枝で刺して落ちないくらいの硬さに茹でておきます。 キャベツは 縦に半分に割って 芯は残しておきます。 鍋に油 分量外 をひいてキャベツを焼きます。 キャベツに焼き色が付いたら、別の器に取っておきます。 鍋に油 分量外 をひきなおして大根を入れて、鍋を回しながらほんのり焼き色を付けます。 大根に焼き色が付いたらキャベツを入れて、 大根の頭が少し出るくらいの水を入れます。 水が沸いたら鶏ガラスープとコンソメ・塩コショウを入れます。 スープに味を付けたらキャベツ全体にかかるようにかけます。 ニンジンを入れたら 弱火にして、鍋に蓋をして 15分ほど煮込みます。 大根が好みの硬さになったら器に盛り付けて完成です。 牛細切れ肉200g• 長ネギ1本• にんにく1片• しょうが1かけ• 昆布10cm四方1枚• 水600ml• A・ごま油大さじ1• 鶏ガラスープの素 顆粒 小さじ1• 酒大さじ2• 黒コショウ適量• 水に昆布を入れておきます。 牛肉は食べやすい大きさに切って、Aを よく揉みこんだら 5分ほどおいて味を浸み込ませます。 大根は皮を剥いてから 5mmの厚さの半月切り またはいちょう切り にします。 ねぎは 斜め切りに、にんにくとしょうがは 薄切りにします。 鍋に牛肉・にんにく・しょうがを入れて火にかけて、肉の色が変わるまで炒めます。 大根を加えて透明感が出るまで炒めたら、1の昆布だし・鶏ガラスープの素・酒を加えます。 スープが沸騰したらアクを取って、 鍋に蓋をして中火で 15分ほど煮ます。 最後にスープにネギを加えてからひと煮立ちさせて、器に盛り付けたらコショウを振って完成です。 豚薄切り肉250g• 大根200g• 玉ねぎ中1個 200g• サラダ油大さじ1• 水800ml• 牛乳150ml• 豚肉・玉ねぎは 一口大に切ります。 大根・ニンジンは いちょう切りにします。 ほうれん草は茹でて水気を切り、 3cm~4cmの長さに切ります。 厚手の鍋にサラダ油をひいて熱したら、豚肉・玉ねぎ・大根・ニンジンを炒めます。 鍋に水を加え火をつけ、沸騰したらスープのアクを取って、材料が柔らかくなるまで 弱火~中火で約10分間煮込みます。 スープに牛乳を入れてさらに 約5分間煮込みます。 最後にほうれん草を加えてスープをひと煮立ちさせたら、スープを器に盛り付けて完成です。 豚バラ150g• 玉ねぎ1個• こんにゃく1袋• 出し汁700ml~800ml• 味噌大さじ3• 油適量• しょうが チューブ 1cm• ネギ適量• 煮込み用に出し汁を作っておきます。 大根・ニンジン・玉ねぎ・こんにゃく・ごぼうを、それぞれ 食べやすい大きさに切っておきます。 豚バラ肉は 一口サイズに切っておきます。 鍋に油をひいて熱し、豚バラ肉を入れて炒めます。 赤い部分がなくなってきたら こんにゃく以外の野菜を入れます。 玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、こんにゃく・出し汁を入れます。 沸騰してきたらスープのアクを取り除き、しょうがを入れます。 15分間ほど煮込んだら 火を止めて、味噌を溶かします。 蓋をして 30分以上おいておき、味をしっかり浸み込ませます。 器に盛り付けたらネギを散らして完成です。 しじみ200g• 大根350g• 昆布出し400ml• 酒大さじ4• しょうが汁1かけ分• 醤油大さじ1• 青ネギ適量• しじみはこすり合わせてよく洗っておきます。 お湯500mlに水500mlを入れて作ったぬるま湯 分量外 に、ザルに入れたしじみを入れて 砂抜きします。 昆布出しは鍋に 水400mlを入れて、そこに 昆布を浸け込んでとっておきます。 2の鍋に1のしじみと、 5mm幅にいちょう切りにした大根を入れて、火にかけます。 アクが出てきたら取り除いて酒を入れます。 しじみの口が開いたら、しょうがの絞り汁・醤油・みりんを加えて、小口切りにしたネギを散らします。 塩で味を調え器に盛り付けたら完成です。 ニンジン1本 100g• 水4カップ• ほんだし小さじ山盛り1• 味噌大さじ2. ごま油大さじ1• 大根・ニンジンは 4cmの長さの短冊切りにします。 水菜も 4cmの長さに切ります。 豆腐は 粗くちぎり、 500Wの電子レンジで2分間加熱したら、ザルに上げて水気を切ります。 鍋にごま油を引いて熱したら、 中火で豆腐を入れて、油がまわるまで炒めます。 続けてニンジン・大根を順に加えてサッと炒めます。 2に水・ほんだしの 半分の量を加えて煮立て、 弱火で蓋をして 15分間煮ます。 水菜を加えて味噌を溶き入れたら、 残りのほんだしを加えて 沸騰直前で火を止め、器に盛り付けて完成です。

次の