デント ヘルス 歯磨き粉。 【楽天市場】デントヘルス 薬用ハミガキSP / デントヘルス / 歯磨き粉★税込1980円以上で送料無料★デントヘルス 薬用ハミガキSP(90g)【デントヘルス】[歯磨き粉](爽快ドラッグ)

歯周病に効き目あり!歯磨き粉14選!

デント ヘルス 歯磨き粉

目次 デントヘルスの名前がついている商品は複数存在しますが、用途によって「歯槽膿漏薬」「オーラルケア用品(歯磨き粉・ブラシ系)」「入れ歯ケア用品」の3種類に大別されます。 よって以下では「歯槽膿漏薬」と「オーラルケア用品」について解説していきます。 ご自身の症状が軽度の歯槽膿漏なのか、あるいは歯槽膿漏を予防するための日常的なケアを主眼とするのか、まずはその点をご確認いただくとよいでしょう。 歯槽膿漏用には「デントヘルスR」と「デントヘルスB」の2種類が用意されています。 2製品の最大の違いは使用方法で、Rは患部に手で直接塗り込むタイプ、Bは歯磨き粉のようにして歯ブラシを使用して塗り込むタイプです。 使用の対象となる方 以下のデントヘルスRの添付文書の記述に見られるように、効果・効能はあくまでも症状の「緩和」で、治療に効果があるとは記載されていません。 【効果・効能】 歯肉炎・歯槽膿漏における諸症状(歯ぐきの出血・発赤・はれ・うみ・痛み・むずがゆさ、口のねばり、口臭)の緩和、口内炎 デントヘルスR 添付文書 よってデントヘルスの対象となる利用者は、「歯槽膿漏っぽい」「以前に歯科を受診した際にすすめられた」など、軽症の方に限られます。 使い分け 結論からいうと、青の「デントヘルスR」の方が効果が高くおすすめです。 いずれも殺菌成分と抗炎症成分を含んでいるので、歯槽膿漏に対する基本的な効果は押さえてありますが、デントヘルスRには組織収斂(しゅうれん)成分・組織修復成分が含まれ、歯茎を引き締めると同時に修復する作用もあるからです。 ただし、指の届きにくい場所や、使用感などの理由がある場合には「デントヘルスB」を選択されるとよいでしょう。 普段の歯磨きのようにして手軽に使用することができます。 オーラルケア用品は歯磨き粉(3種類の練り歯磨きと1種類の液体歯磨き)とブラシ製品に大別されます。 デントヘルスの歯磨き デントヘルスシリーズの歯磨きは医薬品に準ずる「薬用」の歯磨きで、殺菌作用や抗炎症作用のある薬用成分が含まれているため、ごく一般的な歯磨きとは効果面で一線を画します。 効果は歯槽膿漏の治療ではなく予防となりますが、過去に歯槽膿漏にかかった経験のある方など、毎日の歯磨きをこちらに変えることで予防を心がけてはいかがでしょうか。 歯磨き粉の使い分け 「SP」には歯茎を引き締める成分が多く含まれています。 そのほかは基本的には商品名称にある特徴の通り素直に選ぶとよいでしょう。 歯茎のダメージが気になる方には研磨剤無配合の「無研磨ゲル」、歯茎がしみてつらい方には知覚過敏予防成分の入った「しみるブロック」が適しています。 いずれも原因菌の殺菌に効果を発揮するイソプロピルメチルフェノールと炎症に効くトラネキサム酸を最大濃度配合していますので、歯槽膿漏の予防には最適な処方です。 デンタルリンスは就寝前のケア用品のため、歯磨き粉のようにメインで使用するというよりも、プラスで加えるケアになります。 歯周ポケットにひそむ歯周病菌を浸透殺菌し、歯周病菌をよせつけないことで歯周ポケットをケアします。 また、おとろえてきた歯ぐき細胞を活性化し、組織を修復して歯周病を防ぎます。 上述のデントヘルスシリーズの歯磨き粉と併用しても構いませんし、普段は別の歯磨き粉を使用されている方にもおすすめです。 デントヘルスの歯ブラシ製品 デントヘルスは歯槽膿漏対策のシリーズであり、歯ブラシや歯間ブラシも使用感や効果を考慮して研究されています。 歯ブラシは歯科医と共同研究されており、また、歯間ブラシは歯槽膿の原因となる歯間の歯垢・食べカスを取り除くことができます。 ほかのケア用品と併せてご使用いただくと対策は万全でしょう。

次の

【歯磨き粉人気ランキング】選び方と歯周病に効くおすすめ品を厳選!

デント ヘルス 歯磨き粉

デントヘルス(Denthealth)とは? デントヘルスは大手会社ライオンの中のメーカーです。 他にもクリニカやシステマなどのメーカーもあり、 ハミガキのプロフェッショナルといえます。 デントヘルスはその名の通り口内の健康を意識したメーカーといえます。 今ある歯をできるだけ守ることを目標に掲げています。 デントヘルスの歯磨き粉の特徴 デントヘルスは健康な歯を維持していくことを目的としたブランドといえます。 高齢になるにつれ永久歯が抜けてしまいやすくなるイメージがありますが、実はその原因は歯槽膿漏といわれています。 デントヘルスのコマーシャルでも謳っているように、 ライオン史上最大濃度の薬用成分が配合されています。 歯ぐきの腫れや出血といった初期症状から、膿が出てしまう後期症状までどの状態でも使用できるのも魅力といえます。 ほかにも健康な歯を維持するため、 歯肉炎対策や抗炎症効果もあります。 デントヘルス製品は通常通り歯ブラシで歯を磨くほかに、直接指で歯茎マッサージする事もできるのが大きな特徴といえます。 デントヘルスの歯磨き粉の口コミや評判 デントヘルスの効果はたくさんの人に知られており、一番多かった声は腫れた歯ぐきに効果を感じられたというものでした。 歯ぐきの腫れがひどくいたい時に、歯医者に行けない場合の即席対処法として使用してみたという声までありました。 腫れがひどくて歯が磨けない時も指で マッサージすることでも効果がでるため、口内トラブルを抱えている方に人気がある印象でした。 反対の意見では初めて使用したときに粒々の違和感がすごくあり、そのあと使えなくなったという声もありました。 シンプルにサラッとしたテクスチャーが好みの方には少しあわないとの意見もありました。 デントヘルスの歯磨き粉はどんな人におすすめ? 虫歯予防などの歯のトラブルよりも、 健康的な歯を維持したい方や歯ぐきのトラブルに困っている方におすすめです。 歯肉炎や歯槽膿漏に効果があることがベースになっており、そこから知覚過敏用や低発泡、ホワイトニング効果のあるものなど、様々な効果で選択できるようになっています。 どんなところが魅力なのか、おすすめポイントを踏まえて紹介していきます。 デントヘルス薬用ハミガキSP デントヘルスを代表するハミガキ粉です。 歯槽膿漏のトータルケアができる優れもの。 ホワイトニング効果・虫歯予防・出血を防ぐ・歯肉炎予防・口臭除去とたくさんの嬉しい効果があります。 配合されている成分の中には、 殺菌作用で有名なイソプロピルメチルフェノールや歯ぐきを活性化させるビタミンEもあります。 薬用は泡立たないイメージの物が多いですが、このデントヘルス薬用ハミガキSPはしっかり泡立つタイプになっています。 この歯磨き粉のオススメポイントはこの泡で、 粘着性の高い泡がしっかり歯ぐきにとどまってくれるので、より効果を得やすい仕組みになっています。 デントヘルス薬用ハミガキ無研磨ゲル デントヘルス薬用ハミガキ無研磨ゲルはそのなの通り、 研磨剤が無配合で低発泡になっています。 定番商品のデントヘルス薬用ハミガキSP同様、歯槽膿漏のトータルケアやその他の効果もあります。 違いといえば研磨剤が無配合なのでホワイトニング効果はないという事と、ゲルなので粘着性が高まり、殺菌作用などはより高い効果が見込めるといった点になります。 またじっくり磨くために 香味もマイルドハーブミントになっています。 ゲルなので歯ぐきマッサージ剤として使えるのもポイントで、少量を歯ブラシにとりゆっくり歯ぐきをブラッシングするだけで歯ぐきトラブルの予防に効果が期待できます。 デントヘルス薬用ハミガキしみるブロック コチラも歯槽膿漏トータルケアができるシリーズになっています。 特徴は商品名にもあるように 知覚過敏を防ぐことができること。 もちろん歯肉炎の予防や虫歯予防、ホワイトニング効果もしっかりあります。 知覚過敏の予防成分として 硝酸カリウムと乳酸アルミニウムが配合されています。 デントヘルス独自の配合で、細管に刺激が入らないようにし、痛みを感じた神経を素早くなかったことにしてくれるダブル効果で痛みの原因をしっかり予防してくれます。 しみるのが怖くてついつい歯磨きを手短にすましてしまう方などにオススメしたい商品です。

次の

デントヘルス薬用ハミガキ 口臭ブロック|ハミガキ

デント ヘルス 歯磨き粉

歯周病予防向け歯磨き粉の選び方 歯周病予防に役立つ商品を選ぶにあたり、一番大切なのはどの成分がどんな効力を持っているのか知ることです。 歯周病に効くとうたっている商品は数えきれないほどありますが、 全ての歯磨き粉が効果抜群というわけではありません。 ですので自分でしっかり予防できる歯磨き粉はどれなのか選び抜く必要があります。 歯周病予防に効果のある成分をいくつか紹介していきますので、参考にしてみてください。 また、下記で紹介した成分の他にも トラネキサム酸・ビタミンE・塩化ナトリウム・グリチルリチン酸モノアンモニウム(MAG)なども歯周病に効果があるといわれています。 歯茎にも作用し、 歯周病を防いでくれるので選びたい成分の1つといえます。 塩化クロルヘキシジン 口中にいる歯周病菌を 殺菌してくれる効果があります。 IPMP(イソプロピルメチルフェノール) 歯周病の菌の付着を防ぐ効果があり、さらに口内の菌を浸透殺菌してくれることで有名です。 歯周ポケットを清潔に保つ効果もありますのでオススメの成分といえます。 プロポリス 名前は聞いたことが有るという方はいるかもしれませんね。 美容用品などにも用いられ 殺菌作用と抗菌作用を持っていてミツバチの樹液などからとれる成分です。 カナバニン なた豆から抽出できる成分で 抗炎症作用や排膿作用も有名です。 歯周病になると歯茎が膿んでしまう場合があります。 そんな時にもカナバニンが血流を流し膿を排出してくれるので、状態をよくする効果も期待できます。 おすすめの歯周病予防向け歯磨き粉ランキング:TOP10 歯周病に本当に効果がある歯磨き粉を厳選してランキングを作りました。 上記でも紹介したようにランキングの 基準は本当に効果的な成分が入っているかという点です。 口に入れるものという基本的な考えから 天然の成分をメインに配合。 抗菌作用のあるカミツレや、止血作用を持つラタニア、腫れを抑えてくれるミルラなどが 歯周病の予防をしてくれます。 薬用ハミガキSPにはイソプロピルメチルフェノール・ビタミンE(酢酸トコフェロール)・トラネキサム酸が配合されています。 歯槽膿漏の研究に70年もの時間をついやしているため、信頼のある商品といえます。 システマEXはイソプロピルメチルフェノールが配合されている為 歯石が付着するのを防ぐ効果も期待できます。 またメディカルペパーミントの香味を使用しているので サッパリした口内を演出することもできます。 菌が繁殖するのを抑えてくれるので歯周病予防にはピッタリの歯磨き粉といえます。 殺菌・抗菌の作用があるので口の中のトラブルを抑制することが可能です。 殺菌効果プラス歯肉炎などの予防、虫歯や口臭予防にも活躍します。 グリチルリチン酸モノアンモニウムを配合しているので 炎症を抑える効果があり、歯茎の健康にも一役かってくれる商品です。 しみやすい方でも歯周病ケアができる人気商品です。 歯周病になってしまってからも状態を元通りの健康な口内へと導いてくれる効果が期待できるのでおすすめです。 口臭予防にも役立つと評判の商品です。 虫歯や口臭も予防してくれるので、とてもオススメの商品です。

次の