ベンガル猫 子猫。 ベンガル猫の飼い方 4つの項目別ポイント

ベンガル猫の飼い方は?性格や価格は?ヒョウ柄/子猫/販売/一人暮らし

ベンガル猫 子猫

14年程度 病気• ストレス性の脱毛• 膀胱炎 ベンガル猫の平均寿命は14年程度です。 中には16歳を超える長寿なベンガル猫もいますよ。 特有の病気はありませんが、「ストレス性の脱毛」や「膀胱炎」に注意してあげる必要があります。 野生のなごりで敏感な性質が少し残っているので、落ち着かない環境ではストレスを抱えてしまうことがあります。 ベンガル猫におすすめのキャットフードは? モグニャンキャットフード ベンガル猫には、「モグニャンキャットフード」がおすすめです。 モグニャンキャットフードには、 被毛の健康を維持する「オメガ脂肪酸」や長毛の猫が患いやすい 泌尿器系のケアに役立つ成分であるキナ酸を含む「クランベリー」などがバランスよく配合されています。 かかりやすい病気として「脱毛」や泌尿器疾患である「膀胱炎」があげられるベンガル猫には最適なフードといえますね。 主原料には猫が最も必要とする動物性タンパク質の白身魚が使用されているので、効率よく摂取することができますよ。

次の

ベンガル猫の飼い方は?性格や価格は?ヒョウ柄/子猫/販売/一人暮らし

ベンガル猫 子猫

ヒョウに似た模様を持っている、見た目もワイルドで美しい猫がベンガルですが、野性のベンガルヤマネコとイエネコを交配させて産まれました。 最初はとても野性味あふれる見た目でしたが、イエネコと交配されていく事でどんどん愛らしい姿へと変わっていったようです。 見た目はとてもクールで格好いい印象を与えます。 人にも懐かない気難しさを感じますが、実際は遊んだり飼い主さんに甘えることが大好きな性格をしている場合が多いようです。 猫と言えば水が苦手なイメージがありますが、ベンガルは水も怖がらない性格を持っています。 猫ちゃんそれぞれによりますが、シャンプーなども割とスムーズにさせてくれる子が多いかもしれません。 ただ、水を怖がらない場合は飼い主さんが気付かないうちにお風呂の浴槽の中に入ってしまったり、どこかで突然事故を起こしてしまう可能性もあります。 お風呂であればお湯を抜いておく、入れないようにしておくなどの対処が必要になってきます。 運動量も食事量も多いので、部屋は出来るだけ運動できるようなスペースを確保しましょう。 運動があまりできない状態や、甘えたいのに甘えられる対象がいない、飼い主さんとの関係が希薄になってしまうとストレスになってしまうことがあります。 そこから病気になってしまうこともあるので一緒に暮らす前に一緒に遊んだり運動できる環境を用意してあげられるのか、よく考えておきましょう。 届出済み(飼い主不在を確認済み) 出会った時はとても痩せていて、 擦り寄ってきたり後をついてきたりで どうしても見捨てられませんでした。 保護して半年以上経ちますが 先住の内一匹がなかなか受け入れてくれず、 人が居ない時はケージに入れています。 私が仕事を始めるのでケージにいる時間が長くなることもあり、この子がもっと幸せになれるお家があるのではないかと思い里親探しを決意しました。 気になった方は質問だけでも、 お気軽にメッセージ頂けたらと思います。 不要になった猫用トイレや餌皿・ブラシ等、 この子用の移動用キャリーもあります。 里親になって下さる方がもしお持ちでなく 必要でしたら無償でお譲りします。 全国どんな場所でも近所に野良猫は住んでいるかと思います。 ですが、その野良猫は実は迷子猫である可能性もあります。 また、猫を飼っている・いないに関わらず、ある日突然縁があって野良猫や迷い猫を保護する事になるかもしれません。 そんな「もし迷い猫だったら?」「どこに連絡をするべき?」などのポイント、猫を保護したけどそもそも猫を迎えた事が無い、これから猫を迎えるけど猫との生活は初めてだから不安…と思っている里親さんもいらっしゃるかと思います。 猫を家族の一員として迎える為にも、お住いの環境が猫に合っているのか、子猫の募集が増える時期はいつ頃なのか、猫の性格や最低限必要なグッズなどを迎える前にご自身や家族とチェックしておくと、迎えてから慌てたりせずに済むので安心です。 近年では里親詐欺なども存在する為、保護活動をしている方々も年々厳しく里親希望者を選ぶようになっています。 悪い人ばかりでない事は十分承知しているのですが、それでも万が一の時の被害が大きすぎるため、やむなく里親募集は狭き門になりつつあります。 応募しても決まらない、長期間決まらなくて迎える気持ちが減ってきてしまっている…なんて里親希望の方がいらっしゃるかもしれません。 ですが、 実はアピール不足の可能性もあるんです! 自分の住まいから応募できる方にお送りしていますか?あまりにもかけ離れている場所の方にお送りしていませんか?他にも、ネコジルシならではのSNS機能を使ったプロフィールの充実や日記などを投稿して自分の性格などをアピールする方法や、応募時にチェックしておくべき部分もあるので、ぜひ確認してみてください! 里親を探している募集者さまへ 2匹目の探し方なんですが 先住が、病気がない場合(母猫が血液検査で大丈夫と聞いている) 里親募集で子猫で血液検査してない場合 検査してもらってからがいいとは思うんですが、野良ちゃんの猫や脱走して妊娠した親猫さんだと 生まれた子猫にの中に陽性の子がいたら白血病が移る場合があるんでしょうか? こんな表現はあれですが・・ 数匹全員調べてもらうのも大変だと思うので、いいと思う子だけ検査してもらってもどうなのかな?と思い 最初から結果のわかる子から探した方がいいのでしょうか? また先住猫も少し脱走した事あったら血液検査したほうがいいですか? どうやって探してますか? 見た目の好きな子からえらんでいるんでしょうか? 性格がまだはっきりわからない猫ちゃんだと会わせてみるしかないでしょうか? 同じ性格のじゃなくてもうまくいきますか? 何度かトライアルして迎えた方もいるのでしょうか? よろしくお願いします。 去年から母猫1匹と、子猫3匹が家の敷地内に住み着いていました。 そのうち子猫2匹は保護して去勢済みです。 母猫と子猫 オス約1歳 はなかなか捕まえられず、母猫は妊娠し、4月の終わりに4匹の子猫を出産しました。 そのうち2匹は最近見つけられずにいました。 オス猫、母猫、子猫2匹は家の納屋を寝床にしていました。 昨日、オス猫を保護しようと捕獲器を設置していたのですが、子猫2匹が捕獲器にはいっていました。 子猫はまだ3カ月弱なので去勢ができず、最初は逃そうかと思いましたが、時が経てば去勢をしなければならないので、いまのうちに人に慣れさせておこうと思い保護しました。 しかし、夜から朝にかけて母猫が子猫を探して鳴き続け、子猫もずっと鳴いていました。 猫を保護する時に、夜鳴きすることは分かっていましたが、まだまだ小さい子猫と母猫がお互いを探して鳴いており、とても心苦しくなりました。 心を鬼にして我慢しようかと思いましたが、猫の声が大きく近所の方に迷惑で保健所に連絡されるのではないか、子猫を保護したことによって子育てがなくなりすぐにまた妊娠してしまうのではないか、いっしょにいた親子を引き離すことがまず間違っているのでは、、と色々と考えてしまい母猫が近くに来ている時に子猫を逃してしまいました。 一匹は母親の元に走っていきましたが、もう一匹を逃すのにすこし手間取ってしまい走り去っていくときには母猫の姿は近くに見当たりませんでした。 そこから夜が明けるまで心配であまり寝付けず、たまに子猫の鳴き声が聞こえるような気がして、もしかして二匹目は母猫に会えず彷徨っているのではないかと今も心配です。 何度か納屋を見にいきましたが猫の姿は見つからず、違う寝床を探しに行ったのではないかと思います。 朝もう一度考えてみると一度保護したのなら、逃さず我慢するべきだったととても後悔しています。 母猫は子猫の居場所は匂いや鳴き声で分かるものでしょうか?餌付けしていたので、またご飯を食べに戻ってくるでしょうか。 自業自得ですが誰にも相談できず、とても悩んでいるので少しでも意見をお聞きできれば幸いです。 別のサイトにて、元飼い主様がブリーダーより購入された11か月のミヌエットの女の子(避妊済み)を里親募集にて私のところへお迎えさせていただきました。 元飼い主様の里親募集の経緯としましては、以下に元飼い主様からの連絡の文章転載致します。 「もともとこの子は非常に見た目がよく短足のため、ママになる予定でブリーダーさまのお宅におりました。 ただ、ブリーダーさまもこの子が大勢の中の1匹でいることに葛藤していたようで、8ヶ月とある程度成長したところですが、これくらいが環境の変化に素直に順応でき、子猫っぽい見た目で可愛がってもらえる限界と判断しお値段を下げての募集に至った、とのことでした。 」 「私の家に来たのが今年の3月下旬頃になります。 先住猫とは最初は仲が良かったのですが、この子がいると遊びも甘えも遠慮しちゃってできなくてストレスで、でもこの子のことは好きっていうか、構ってほしいしお世話もしたいのだが肝心の相手はツン…だしショボン…なら攻撃…みたいな感じで仲が悪くなり喧嘩が多くなり、自分自身も限界を感じ今回募集に至りました。 」 とのことでした。 私のおうちには6月の終わりにお迎えし、1週間で体調を崩すこともなく今では半分仰向けになり爆睡したり、夜中にお布団に飛び乗ってきてふみふみしたり、撫でて~と鳴かれ手を出すとすりすりするまでに仲良くなりました。 いたずらも阻喪もせず、トイレ等の健康状態も特に問題なし、昨日初めて行った動物病院様のお話では体重も適正(約2. 3キロ、2. 5キロを超えないようにと指導されております)、体格も良好と言われています。 お迎え後、元飼い主様からは「最近は前に比べてかまってあげられていなかったので1対1は絶対嬉しいはずです。 うちにいた頃はやはりストレスもあったのでしょう、イタズラもあったので(高級イヤホンを断線させたのはついこの間のこと…)、やっぱり今の環境がとても良いのだと思います。 本当にこちらこそ感謝してもしきれません。 私は無責任でしたが、兄猫は前に比べて甘えてくるようになったりで、今回のご縁で皆幸せになれたのかな、と思っております。 」 と連絡いただきました。 前置きが非常に長くなりましたが、悩みはここからになります。 元飼い主様よりお引き受けの際に、ブリーダー様のお名前がわかる書類もいただいており、昨夜ブリーダー様のお名前で検索をしてみたところ、HP・Instagram・ブログをやられており、その中のブログに小さいころのこの子のお写真がたくさん掲載されておりました。 大切に育てられ、かわいがられていたんだろうなと感じられるブログのお写真と内容でした。 お迎えの際の元飼い主様も仰られていたように、ブリーダー様も悩みぬいてのお譲りの決断だったのだろうと思い、ブリーダー様のInstagramのメッセージでご連絡をとりました。 ・簡単なあいさつと、自己紹介(名前、飼育環境、一人暮らしで在宅での仕事であること) ・前飼い主様と里親募集で知り合ったこと ・こうして連絡をしている事は前飼い主様にはお伝えしていない事 ・うちにきて1週間の様子(新しい名前、写真10枚ほどと文章) ・前飼い主様よりブリーダー様も悩まれての販売と聞いており元気であることを連絡したかったこと ・動物病院にて検査をうけ、とても健康であること(体格、体重、ごはん、トイレなど) をお伝えし、お返事をいただいたのですが、販売後の子が里親に出された連絡をうけびっくりさせてしまい、混乱させてしまいました。 その際、「ぽこた(私)さまのことや生活環境について、何も存じあげないのですが、 何も知らないから申し上げるのですが わたくしどもへお返しいただくことはできませんか?何がこの子にとって幸せなのかわかりませんが、とてもかわいそうな気持ちでいっぱいです。 ご気分を害されましたら本当に申し訳ありません。 ちょっと今は、そんなことしか頭に浮かばなくて。 それではよろしくお願いします!とは、とても言えなくて😿ほんとにごめんなさい。 ちょっと頭を冷やして、改めてご連絡させていただいてもよろしいでしょうか?」 と言わせてしまいました。 突然の連絡でショックと混乱させてしまったのに、とても丁寧なお返事だとは思っております。 気分を害するということもないですし、ブリーダー様のおっしゃることもわかります。 私としては、ブリーダー様が大切にされていた猫ちゃんは今は私のところにおり、こんなに元気にかわいくなっていますよ。 ということを知ってもらいたかったのですが、浅はかな考えだったのかもしれないと、お返事をいただいてから思うようになりました。 やっと仲良く慣れてきはじめ、おなかも撫でさせてくれるようになってきてこれから…という所です。 自分の浅はかな考えで連絡してしまい、ブリーダー様の気持ちを考えると胸が苦しく、とはいえお返しする考えも全くなかったのですが、お返ししたほうがいいのか?生まれ育った家のほうが幸せではないのか?という考えがぬぐい切れません。 どうしようどうしようという感じではなく、ブリーダー様のことを考えると胸が苦しくずっともやもやしております。 批判や罵倒、どんなご意見でも大丈夫ですので、この質問を見て思ったことを私に話してもらえないでしょうか… お時間取って申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いいたします。 画像はお迎えした猫ちゃんです。 こちらを通じて里親応募し、6月27日 土 に猫が譲渡されたのですが、その3日後に元の飼い主から猫の返還を求められました。 その理由が譲渡際に、元飼い主から「ずっとトイレに行っていないのでトイレに行かせてあげてください」と言われて、抱いていた妹がトイレの場所に連れていき、座らせ、手を離すと、猫がトイレからすぐに出て、部屋のすみ TV台の裏 に行きました。 元飼い主がそれを見て「逃げた」ととられたようですが、その時は何も言いませんでしたが、その後のメッセージでその事を言ってきて、慣れていないから返してほしいと言われました。 その後の猫ですが、元飼い主の方には行かず、開いたままの連れてきたキャリーバッグにも戻ることもなく、父親が抱き上げて、TV台の裏から出し、妹が再び抱いていました。 その間、猫はいっさい鳴くことはありませんでした。 そして、そのまま猫を置いて、元飼い主は帰宅されました。 譲渡された時に「この子でいいですよね?」と猫の確認をし、写真を撮りました。 1週間後と、1ヶ月後の猫の様子をサイトのメッセージを通じて写真を送るとの口約束はありました。 その日の夜にメッセージで「慣れるまで時間がかかるかもしれませんが、根気よくやってください」とあり、毎日数回、メッセージが来て、その都度、返信していました。 そして、譲渡からおよそ3日後の6月30日の午前1時頃、メッセージで「猫を返してほしい」と言ってきました。 その間に、猫はうちに慣れて、家族にも甘えたりしています。 ひざの上で寝るなど。 書面でのやり取りも等はなく、相手の言い分は、「譲るとは言っていない」「預けるだけ」と言ってきています。 募集内容に 「譲渡後にどうしてもやむなき事情の際は、1週間以内に連絡下さい。 その場合は引き取りしかないと思う」とありましたが、こちらから返す話しはしていません。 相手の言い分としては「里親様には1週間のお試し期間を示してあるので、募集する側にも1週間のお試し譲渡の考慮期間があってもよいと思います」と言われましたが、それは譲渡後にメッセージで伝えられたものです。 こちらとしては返したくないのですが、その旨を伝えても、何度も返還を求めるメッセージが毎日、こちらが返事をする前に来ます。 他にも返還の理由が「母猫が寂しがっている。 」「自分も気持ちが晴れない」「子猫は母親と一緒にいた方がいい」等とも言ってきます。 他にも兄弟猫を譲渡したようですが、そちらの方には言ってないそうです。 この場合、返還しなければならないのでしょうか? こちらは最後まで飼うと決めて応募しています。 検査もされていないようだったので、病院に連れて行き、血液検査をし、ノミダニ寄生虫駆除もし、その際にワクチンや、去勢の時期を相談してきました。 とても困っています。 皆さんのご意見を聞かせて下さい。 あまりことをあらげたくなかったために、先ほど妹が代わりに同じ質問をしてくれました。 その際にアドバイス頂き、ありがとうございました。 後だし条件は禁止というルールがあることを教えて頂いたので、それを相手に伝えたいと思います。 他にもアドバイスがあればよろしくお願いいたします。 先日、こちらのサイトを通じて里親応募し、先週末自宅に猫が譲渡されたのですが、その3日後に元の飼い主から猫の返還を求められました。 その理由が譲渡の際に、元飼い主から「ずっとトイレに行っていないのでトイレに行かせてあげてください」と言われ、抱き上げてトイレの場所に連れていき座らせ手を離すと、猫がトイレからすぐに出て、部屋の隅(テレビ台の裏)に行きました。 それを「逃げた」と捕らえたようですが、その時は何も言いませんでした。 その後猫は飼い主の方に行かず、空いたままの連れてきたキャリーバッグに戻ることもなく、父親が抱き上げてその場から出しました。 その間猫は一切鳴く事もありませんでした。 そしてそのまま猫を置いて飼い主さんは帰宅されました。 その時に「この子で良いですよね? 」と猫の確認と、一週間後と1ヶ月後の猫の様子をサイトのメッセージを通じて写真を送るとの口約束はありました。 その日の夜にメッセージで「慣れるまで時間が掛かるかもしれませんが根気よくやってください」とあり、何度かメッセージ来て、毎日数回メッセージが来てその都度返していました。 そして、譲渡から3日後にメッセージで猫を返して欲しいと言って来ました。 その間に猫は家に慣れて、家族にも甘えたりする仕草も見せています。 書面でのやり取りはなく、相手の言い分は「譲るとは言っていない」「預けるだけ」と言ってきています。 トライアル等の話はされていません。 募集内容に 「譲渡後にどうしてもやむなき事情の際は、一週間以内に連絡ください。 その場合は引き取るしかないと思う」とありましたが、こちらから返す話はしていません。 相手の言い分としては「里親様には一週間のお試し期間を示してあるので、募集する側にも一週間のお試し譲渡の考慮期間があってよいと思います」と言われましたが、それは譲渡後にメッセージで伝えられた物です。 こちらとしては返したくないのですが、その旨を伝えても何度も返還を求めるメッセージが毎日何度もこちらが返事をする前に来ます。 この場合、返還しなければならないのでしょうか? 出来れば返したくありません。 返すつもりもなく、検査等されていなかったのでこちらで病院にも連れて行きました。 里親応募した方や、譲渡した側、両方の意見が聞きたいです。 よろしくお願いいたします。

次の

ベンガルの柄(模様)や色ってどんなものがあるの?|猫の総合情報サイト ペットスマイルニュースforネコちゃん

ベンガル猫 子猫

ベンガルがとても運動量の多い猫であることはこれからベンガルを飼おうとしている人ならご存知でしょう。 狭い場所での飼育は思い切り走り回ることができず、ベンガルはストレスが溜まってしまいます。 ベンガルは神経質な一面を持っており、ベンガルを飼う上でストレスには特に気をつけなくてはなりません。 ベンガル猫の飼い方としては広いスペースを確保して、さらにジャンプで上下運動できるように高さのあるキャットタワーを用意してあげると良いでしょう。 ベンガルを飼う場合はキャットタワーは必須といっても過言ではないです。 ベンガルはかなり俊敏に動き回ったり高いところに登ったりするので、落とすと割れる物や壊されたら困る物は出しておかないようにしておきましょう。 また、ベンガルが家具にぶつかっても怪我をしないように家具の角に保護材を施しておくとなお良いです。 ベンガルは社交的な性格であるため、多頭飼いをするのも良いでしょう。 仕事などで家を留守にしがちの方がベンガルを飼うなら他にも犬や猫を飼うという飼い方をすれば、飼い主が留守中でも遊び相手がいるので運動量が多いベンガルも運動不足にならず、ストレスが溜まらないメリットがあります。 ただし、ベンガルがいくら社交的な性格といっても個体差があります。 多頭飼いを考えるのであれば、まず先住のベンガルとの相性を必ず確かめましょう。 相性が良くないと相手の存在がストレスになってしまうので逆効果です。 また多頭飼いの飼い方のデメリットとして、一匹が病気に感染してしまうと他の子にも感染してしまうかもしれないことも頭に入れておきましょう。 あの筋肉質な体を維持するためにベンガルの飼い方で食事においては、高タンパクな食事を与えましょう。 猫はもともと肉食動物であるため、穀物の消化は得意ではありません。 一般的に売られている極端に安価なキャットフードは、タンパク質となるお肉やお魚の量を減らして穀物をたくさん使用することでかさ増ししている物が多いため値段を抑えているのです。 穀物の消化がうまくいかずに下痢してしまうベンガルから穀物が多いフードでも全然平気なベンガルまで個体差はあると思いますが、できるだけお肉やお魚が多く含まれていてタンパク質の含有量が多いフードがベンガルにとって良い食事だと言えます。 子猫期 ベンガルの成長期である生後7~8ヶ月くらいまでは子猫用の高カロリー高タンパクのフードを与えましょう。 この時期に栄養が不足してしまうと十分に成長できなくなり、健康なベンガルに育ちません。 1歳に近付くにつれて成長も緩やかになっていき、子猫から成猫へとなっていきます。 この頃には成猫用のフードに少しずつ移行していきましょう。 フードを切り替える際は今まで食べていたフードに新しく変えるフードを少しずつ混ぜていき、その量をどんどん増やしていくとベンガルもフードに対してストレスにならずに済むでしょう。 成猫期 ベンガルが1歳を過ぎて成猫になってからも子猫用のフードを与えていると、摂取カロリーが多すぎて肥満になってしまうので必ずフードの切り替えをしましょう。 また、避妊や去勢といった不妊手術をしたベンガルには避妊・去勢済みの猫向けの低カロリーのフードもオススメです。 不妊手術をすると消費カロリーが抑えられてしまうため肥満になりやすいので、フードの量を調整するか、低カロリーのフードに切り替えましょう。 老猫期 ベンガルは成猫になってもまるで子猫のように運動量は衰えませんが、それでもやはり老齢になってくると寝る時間も増えてじっとしていることが多くなり、運動量は減ってくるでしょう。 7歳を目安にシニア用のフードに切り替えましょう。 低カロリーなのはもちろん、消化を助けてくれる工夫がなされています。 ベンガルは私個人的には、いつか家族に迎え入れたいなというねこちゃんの種類の1つです。 ただ、やはり運動量が他のねこちゃんに比べて多いので、実はそこが心配の種でもあります...。 被毛も美しく、毛並みもキレイですし、性格もとても明るくて社交的、結構他のねこちゃんとも仲良くできるのかな、と思っていましたが、もちろん個体差はあるようですが、多頭飼育にも向いているのですね。 ねこちゃん同士が一緒に遊んだり過ごしたりするのをみるのはとても微笑ましいですよね。 ただ、最初にも書いた通り、狭いお家ではなかなか難しいのかな、という印象をうけました。 そして一緒に遊べる時間がないとねこちゃんのストレスがたまってきてしまって、病気などにもなりやすくなてしまうのではないかと思います。 いつか、広いおうちを持つことができたら、その時はご縁があれば一緒に遊んだり過ごしたりしたいな、なんて思っています。 こちらも楽しい生活ができそうです。 ベンガルは野性的な模様もあって、一般的な猫と同じような飼育法で良いのか疑問でした。 運動量が必要というのは、見た目のイメージ通りでした。 意外だったのが性格です。 社交的で多頭飼いもできるとは思いませんでした。 また、甘えん坊な性格というのも見た目からは想像できませんでした。 猫の性格は品種によってある程度分かっていても、環境などで変わってくるように思います。 我が家の猫は大人しくて警戒心が強いのですが、飼育して2年経ってから興味のあるものに向かっていくようになったと思います。 家族にも鳴いて何かを訴えたり、前よりも心を開いてくれたように感じます。 ベンガルも環境や家族の関わり方で性格の変化や飼い方の変化があるかもしませんね。 友人がベンガルを飼っていますが、食事もカロリーを考えて与えていて運動もちゃんとさせているのに最近太り気味だと言っていました。 なので、痩せてもらうためにも、今度その友人に多頭飼いを勧めてみようと思いました。 他の猫と遊ぶ時間が増えてたくさん運動してくれれば良いなと思います。 また、ベンガルは社交的な性格だとあったのでどんな子とも仲良くできる子が多いと思いますが、相手の猫も多頭飼いに向いている種類を選ぶべきですよね。 友人には同じベンガルか多頭飼いに向いているアメリカンショートヘアを勧めてみたいと思います。 先住猫と新入り猫とのトラブルが起きる可能性はもちろんありますが、多頭飼いのコツをしっかり学んでから臨むなら大丈夫です。 ちなみに友人のベンガルはオスなので相性の良いメスの子猫が一番望ましいです。 先住猫がメスで新入り猫も大人のメスというのが一番難しい組み合わせだと思います。 相性の良い子が見つかれば嬉しいですね。 ベンガルは、猫本来の野性味が強く残っている品種でもある為、初めて猫を飼う人にはあまりオススメできないと言われることもあります。 最近では、改良をされ人懐っこく大人しい個体も増えてきましたが、やはりそのやんちゃぶりに音を上げる飼い主さんも居るようです。 運動能力も高く、その筋肉質でがっしりした体格から悪戯の規模も大きいようで、家のなかがぐちゃぐちゃになったり、物を次々と壊されてしまったりすることもあるようです。 そのことをしっかり覚悟したうえでお迎えする必要がありますね。 また、多頭飼いについては記事にあったようなメリットもありますが、多頭飼いをすることによって縄張り意識が強くなり、マーキング行為が増えたり、ストレスを抱えたりする可能性もあります。 また、ベンガルはできるだけ広い場所で飼育することが推薦されていることもありますし、頭数が増えるだけキャットタワーやトイレを置くスペースが必要となるので、十分な準備が必要になりますね。 これはベンガルに限ったことではありませんが、野性味が強く残っている品種をの暮らしを始める際には、愛猫の悪戯と向き合っていく覚悟を決めてからお迎えするようにしたいですね! 野生を連想させるのは、やはりヒョウを思わせる柄です。 けれど、れっきとした猫ちゃんなので、なんとなく不思議な違和感を感じる自分がいます。 猫なのか、ヒョウなのか、ヒョウなのか、猫なのか・・・猫ですよね! 家の中にベンガルがたくさんいたら、小さな動物園になりそうですが、私は日頃仕事で長時間家を空けているので、社交的な猫なら遊び相手として、複数飼うだろうなと思います。 私が知っている猫の多くは、子猫時代はやんちゃ、成猫前半時代は活発、後半は適度な活発さ、高齢期は落ち着きをもって、ジャンプしたり走り回る事が減るイメージです。 ベンガルも成長に応じて落ち着いていくのであれば、私でも飼えるかもしれません。 魅力がある猫だという事は確実なので、お目にかかれる日が来たら良いなと思ってます。

次の