小滝 ちひろ ツイッター。 小滝ちひろtwitter削除内容|過去にも炎上!上智大学卒業で顔写真は?

小滝ちひろtwitter削除?wikiプロフィールや経歴も!コロナ発言で大炎上?

小滝 ちひろ ツイッター

アメリカでは新型コロナウイルスの感染が拡大し、多くの州で非常事態宣言が出され、トランプ大統領自身も国家的非常事態を宣言するとかしないとか言われている状況にまでなってます。 そうしたところをとらえて、戦争でもないのに大統領が恐れ慄く(おののく)、そうした事態を招いたのが新型コロナウイルスであり、だから新型コロナウイルスは痛快な存在だ、と言っているようです。 それほどアメリカの大統領が困るのが嬉しい、という意味合いになるでしょうか。 もしかして裏垢があるのか、と調べてみましたが、こちらはないようですね。 過去の不適切ツイート 過去にも不適切とされるツイートをして謝罪した、ということがあったようです。 そのツイートが以下ですが... 元になったニュースは朝日新聞の「」。 記事内容をざっくり見れば「米海軍イージス駆逐艦とフィリピン船籍のコンテナ船が衝突事故を起こした」ということですが、結果として乗組員7人が死亡したとこのこと。 その事故(7名もの犠牲者が出ている事故)に対して(朝日新聞社公認のツイッターアカウントで)「戦場でもないのになにやってるの」と皮肉というか批判のツイートをしたようです。 この件に対して読売新聞が以下のように報道してるようですね。 大阪本社広報部などによると、投稿後、インターネット上で批判が集まったほか、 社内からも不適切だという指摘があり、小滝氏が19日に投稿を削除した。 小滝氏は同日、 ツイッター上で、「不快な思いをされた方々にお詫びします」などと釈明した。 同社の古川伝・編集局長は「ご遺族や関係者のみなさまに対する配慮に欠けた投稿だった」とコメントした。 同広報部によると、小滝氏は1986年に朝日新聞社に入社し、高松総局次長などを経て、2006年から編集委員を務めている。 言い間違えや、意図してない表現で批判が集まる場合もありますが、今回の2つのツイートは何か大きく感覚が違うのでは?という気がします。 上司が部下を好きになるきっかけには実にいろいろなパターンがありますし、部下から上司に送る「好きサイン…• ジャニーズ人気の少年忍者!水曜日のジャニーズJr. チャンネルが「Snow Man」から「少年忍者」に…• Youtuberにもいろいろな方がいますが、健康的で美しく楽しい、となる最近注目はこの方「Marin…• 妻がヒステリーで大変なんだ。 もう疲れたよ、限界だ! 子供にも罵倒する、泣き叫ぶ。 もうどうしたらいいか…• 良く行くお店の人が気になる! これは男性であれ女性であれ、1度ならずも2度3度と経験するところかもし…• 結婚する時は想像すらしていなかった妻のイライラ。 妻がイライラして耐えられない、もう疲れた...とい…• 女性と目が合う男性も多いと思いますが、さて、目が合う合わない、目を合わせないなど、女性からの目線や視…• そんないい方しなくてもいいだろ!と、妻の言い方がきつい、むかつく、という場合もありますね。 実は妻も…• 今やメールはオフィスの中ではなくてはならないコミュニケ-ションツ-ル。 お手軽で便利な最強の武器、と…• 会社における上司と部下、この人間関係は、普段の仕事の成果や給料、出世といったところに非常に大きな影響…• 社内恋愛でまだ片思いの段階、付き合う前の段階でもいろいろありますね。 特に男性から女性へ片思いの気持…• TBSのダウンタウン企画「MONSTER IDOL」(モンスターアイドル)から生まれた女性元4人で今…• 上司である立場を忘れて部下を好きになってしまう!ということ、ありますね?あなたも部下を好きになり、正…• 脈あり女性が話す会話ってどいういったものだろう。 会話の中で脈ありか脈なしか見分ける方法ってないんだろ…• 気になる女性とのLINEともなれば、このメッセージは脈があるのかどうなのか、なんて、大いに気になると…• 社内に素敵な異性がいる!この人と付き合いたい! こうして始まるときめきの社内恋愛ですが、同じ社内、と…• 妻がわがままでもう疲れた、逃げたい、離婚したい!などと思う夫も多いですね。 男女とも結婚するまでは、…• 部下が上司を好きになる、上司が部下を好きになる。 でも年の差があって...なんて考えることもありますが…• 社内にときめく人がいる、想いを伝えたい!、といった社内恋愛。 会社という非常に近い人間関係の中、また…• あなたの周りにもきっと1人や2人はいるはず「使えない部下」。 使えない部下に対しては上司はストレスで….

次の

【小滝ちひろさんの思想は】朝日新聞記者のTwitter炎上、死者が出てる重大さよりも政治的な思想を優先させた記者にSNS教育が必要【朝日新聞の思想そのもの!】

小滝 ちひろ ツイッター

Contents• 小滝ちひろ編集委員不適切発言でTwitter炎上 朝日新聞編集委員・小滝ちひろ「超大国の大統領が恐れ慄く。 新型コロナウイルスは痛快な存在」〜ネットの反応「最低だな」「これがパヨクだぞ。 人が大勢死んでいるのに頭おかしいだろ?皆よく覚えておくように」「狂ってる」 — アノニマス ポスト ニュースとネットの反応 vG2AZlCr4F3hx6Y 今回の炎上の原因は、新聞記者でもあるはずの人物がこのようなツイートをしました。 「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄く。 」 「新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない。 」 なんとコロナウィルスを 「痛快な存在」とツイートしたのです。 この発言は、感染してしまった人に対する侮辱的な文言ですね。 新聞記者が、このようなことを発言するなんてありえないですよね。 さらに今回の炎上に、拍車をかけている原因がツイートをした張本人である 「小滝ちひろ記者」がTwitterアカウント消して逃亡しているようです。 無責任の極みのようなじん人物ですね。 許せません。

次の

【小滝ちひろさんの思想は】朝日新聞記者のTwitter炎上、死者が出てる重大さよりも政治的な思想を優先させた記者にSNS教育が必要【朝日新聞の思想そのもの!】

小滝 ちひろ ツイッター

小滝記者の投稿は「あっという間に世界中を席巻し、戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄(おのの)く。 新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」というものでした。 記者は「ウイルスの威力の大きさを表そうとした」と説明していますが、「痛快」という表現は著しく不適切で、感染した方、亡くなった方のご遺族をはじめ、多くの方々に不快な思いをさせるものでした。 記者は過ちを認め、「心からおわびします。 深く反省しています」と述べています。 小滝ちひろの反省は、あくまで「痛快」という表現が「不快な思い」をさせるものであったという点にあるようだ。 しかし、私は小滝ちひろの投稿の悪質さは「痛快」という表現自体ではなく「超大国の大統領が恐れ慄く」ことに痛快さを見出したそのマインドを表出したことにあると思っている。 政治家や大衆を恐れ慄かせることでもって何らか政治的な目的を達成しようとするのがテロリズムの骨格だ。 もちろん小滝ちひろは新型コロナウイルスをバラ撒いたわけでもなく、超大国の大統領に何か政治的な要求をしたテロリストでもない。 ただし、政治家が恐怖に支配されるのを好ましいものとする彼のマインドを表に漏らしてしまった。 テロリストと共通するもしくはテロリストと親和性の高いマインドの新聞記者が、我が国の大手新聞社朝日新聞に在籍して「ソーシャルメディア記者」としてSNSでの情報発信を任されていたのだと考えると、背筋に寒いものが流れる。 朝日新聞は少なくとも今回の騒動までは、その公式サイトで小滝ちひろについてこのような紹介を載せていた。 (現在は削除か?) また、朝日新聞の謝罪記事では次のように書かれている。 小滝ちひろによれば「ツイッターでの投稿内容は私個人の意見です。 朝日新聞社の見解ではありません」。 朝日新聞社も「本社の記者ツイッターは記者個人の責任で発信しています」とその投稿の文責を個人に帰している。 ところが不思議なことに、朝日新聞は小滝ちひろの「専門的な情報発信を担う「ソーシャルメディア記者」の資格を取り消し」ているのだ。 朝日新聞は社として、今まで小滝ちひろに「ソーシャルメディア記者」の資格を与えていたらしい。 SNS記者って何?とも聞かれるので私なりの理解で説明すると、朝日新聞は2012年、各分野の記者にSNSを通じた発信を担うソーシャルメディア記者制度を立ち上げ、当時LA支局にいた私は初期メンバーに。 にもかかわらず、朝日新聞は「記者個人の責任」であるという逃げを用意していたということになり、こういう点でも朝日新聞の児狡さが見てとれる。 ともかくも、朝日新聞は社としてテロリストマインドが漏れ出すような人物をSNSでの発信を担わせるにふさわしいものとして、社内制度で資格を与えていた。 そうして、このタイプの記者は、朝日新聞の他のソーシャルメディア記者の中にまだまだいると考えるのが自然だろう。 で、本人はアカウント削除して逃亡だから、結局、ソーシャルメディアで実名でやってる私たちが代わりに矢面に立つ形で、「痛快」という言葉をぶつけられている。 一度就いたらほぼ再任され続けているこういう「編集委員」こそ、肩書に見合った対応をしてほしい、と一ヒラ記者は思います。 会社の看板を表に出してSNSで発信を続けている以上は、ある程度は仕方のないことだろう。 しかし次のような度を越したツイートをする者が現れた。 「阪神支局事件」というのは「赤報隊」を名乗る犯人が起こした一連のテロ事件のうち、朝日新聞の記者1名が殺害、もう1名が重傷を負わされた出来事である。 これはさすがになので、もう一度だけ反応します。 阪神支局襲撃事件を示唆するのはやめてください。 阪神支局襲撃事件を正当化する物言いはやめてください。 あの事件について少しでも知っていたら、そんなことを例示すらできるはずがありません。 右だの左だの政治思想のベクトル関係なく、そういう人達があちこちにいて、ちょっとした引き金で言動に現われる。 小滝ちひろは新型コロナウイルスの世界的感染拡大が引き金に、田舎の居酒屋オヤジは小滝ちひろのツイートが引き金になった。 あのような人物の存在はそもそも治安にとって潜在的な不安要素だろう。 しかし、現に大手メディア朝日新聞の看板を使った小滝ちひろのツイッターでテロリストマインドの漏れ出た投稿がなされ、一般人の朝日新聞に対する怒りの感情を増幅させるようなことがなされたのもの事実。 朝日新聞やその社員は、自らが読み手の一部に強い怒りを呼び起こすような報道姿勢(捏造・歪曲)や言論をしばしば垂れ流すことで、自分たちへの憎悪を拡大させてるというのをそろそろ自覚したほうが良いのではないだろうか。 それでも、あえてそういうことをやり続けたけりゃやればいい。 今後も朝日新聞の記者たちが国民の恐怖・不安などのネガティブな感情を煽りテロリストマインドを垂れ流しても、ネトウヨの私はブレることなく言論で対抗しつづけるのみである。 朝日新聞の報道テロリズムに屈するつもりはさらさらない。

次の