漫画 健康。 4階|フロア案内|大和市文化創造拠点

生活保護のケースワーカーのマンガ「健康で文化的な最低限度の生活」が面白い!

漫画 健康

「 健康で文化的な最低限度の生活」という素敵な漫画を読んだのでご紹介です。 タイトルで分かるように生活保護を描いた漫画で、ビッグコミックスピリッツで連載中です。 主人公が、 生活保護のケースワーカーという今までにないジャンルを描いているのですが、これがとても面白いのです。 「健康で文化的な最低限度の生活」のあらすじ 物語は、東京都東区役所に就職した主人公「義経えみる」が、生活保護を取り扱う福祉事務所に配属された所から始まります。 当たり前かもしれませんが、生活保護は、そもそも役所の課の1つで担当しているのですね。 主人公も単純に配属されたばかりなので、よく分かっていません。 なので、疑問に持つこと、分からないことが、読者と同じ目線なので分かりやすいです。 配属されてしまったものは仕方がない。 主人公は生活保護について勉強もはじめます。 生活保護を受けている、人と人生と触れ合う所から始まります。 自分も大人になったからか、周りにも色んな人がいるようになりました。 しみじみ。 さて、この漫画では、生活保護とはなんぞや?どんな人が受けているのか?どんなことが問題なのか?を分かりやすく扱っています。 こういった社会問題を扱うときに難しいのが、説教くさくなったり、暑苦しい話になりがちなことです。 社会問題は難しいテーマな反面、個にフォーカスすれば、ドラマチックに描きやすいのです。 しかし、「健康で文化的な最低限度の生活」で良いなぁ、と思ったのが淡々としてるのですね。 主人公は、ただただオロオロする。 みたいな感じで。 それでいて、漫画としても凄く面白くなっているのは素晴らしいです。 この新人じゃ描けないであろう漫画の作者はベテラン・です。 さすがのバランス感覚。 生活保護制度という、デリケートな題材なので2年の取材期間を費やしているそうです。 実際の現場からの評判もかなり良いみたいですね。 最近、第二巻も発売されました。 ついに生活保護をテーマにしたら、避けては通れないだろう「不正受給」についての話がスタートしました。 詳しくはネタバレになるので書けませんが、「本人の自覚のない不正受給」の話もあり、そんなことがあるのかとハッとする題材です。 「不正受給」というと、悪意での行われるイメージがありますが、こんなパターンもあるのかと知りました。 切り口が素晴らしい。 何かと風当たりの強い生活保護制度ですが、必要な制度です。 色んな人がいて、様々な人生があるし、自分の人生もどうなるかは分からないのです。 こんな世の中だから、ぜひとも一度読みたい漫画と思いました。 ところで、このタイトル凄く良いですよね。 漫画のタイトルが「 健康で文化的な最低限度の生活」ですよ。 これ以上ないタイトルですよね。

次の

生活保護のケースワーカーのマンガ「健康で文化的な最低限度の生活」が面白い!

漫画 健康

入店に身分証明書は必要ですか? A. 身分証の確認は不要です。 但し小中学生のみの入館はできません(保護者の同伴が必要です)。 高校生は入館できますが、保護者の同伴がない場合は、夜10時までの滞在となります。 飲食物の持ち込みは可能ですか? A. 館内への飲食物(ペットボトル・水筒含む)の持ち込みはお断りしております。 電源は使えますか? A. コンセントのついたリクライニングシートをご用意しております。 館内の撮影はOKですか? A. フラッシュ撮影・三脚・自撮り棒は使用できません。 撮影の際は、周囲へのご配慮をお願いします。 脱衣所・浴室・サウナでの撮影は固くお断りします。

次の

健康で文化的な最低限度の生活 1巻 |無料試し読みなら漫画(マンガ)・電子書籍のコミックシーモア

漫画 健康

この記事の内容• 健康で文化的な最低限度の生活を読んだ感想【ちょっと表現がオーバー?】 「健康で文化的な最低限度の生活」を読んだことがある人は、「ちょっとこれはオーバーだろ」とか、「しょせんフィクションだろ」と思ったことがあるかもしれません。 いいえ、そんなことはないです。 たとえば、こんなシーン。 「一ケース減ってよかったじゃん。 」 こんなセリフ、福祉事務所のケースワーカーが言うの?と思いますよね。 ざんねんながら、たしかに言ったりする人もいます。 私が所属していた福祉事務所でもこのような発言を耳にしたことがあります。 元ケースワーカーの私からすると、この漫画の内容は事実が多いです。 おそらく時間をかけてインタビューをしたのだと思います。 だからこそ、おもしろい。 ケースワーカーのような仕事をしていないと体験できない世界を、この漫画を読むこと疑似体験できる。 生活保護を受給している人、または生活保護を受けようか迷っている人だけではなく、生活保護とは無縁な人でも何かこころに刺さるものがあります。 健康で文化的な最低限度の生活を読んだ感想【生活保護の制度に詳しくなれる】 たとえば、「法テラス」という言葉をご存知ですか? なんだか、法律に関係しそうだけどむずかしそうに感じますよね。 しかし、この「健康で文化的な最低限度の生活」なら、漫画を読みながら生活保護に関する知識がどんどんたくわえられていきます。 こんな感じで。 そのほかにも生活保護に関する知識や情報がもりだくさんです。 また、漫画の最後の方には、生活保護Q&Aもあります。 (4巻からはQ&Aの掲載がなくなります。 ) たとえば、生活保護を受けるさいのハードルとなっている「扶養照会」について。 これも事実です。 現在は、親族になんとなく扶養照会をするのではなく、扶養が期待できる関係かどうかをケースワーカーで判断して扶養照会を行います。 インターネットなどの情報は、どうしてもまちがったものが多いので、「健康で文化的な最低限度の生活」の「生活保護Q&A」で正しい知識を身に付けましょう。 健康で文化的な最低限度の生活を読んだ感想【1巻】 新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。 右も左もわからない新米ケースワーカーであるえみるに一本の電話が。 「これから死にます。 」 そして、その人は次の日... 生活保護の、基本的なことについて知らないことばかりなんだなとあらためて認識。 ストーリーに自然にひきこみつつ、ケースワーカーの仕事や生活保護を中心にした様々な制度について知ることができる。 (重いテーマなので、読むのがつらくなるかなと思ったが、心配しすぎだった。 尻込みしている人は、ぜひ手に取ってほしい。 ) 本書を読んでいてもわかるとおり、生活保護を利用せざるをえない状況に陥ることは、どんな人でも、おこりうることだ。 そんな時に人々が制度をきちんと使えるためには、制度それ自体をきちんと知っていることが必要だ。 そうすることで、偏見も減らせるのではないだろうか。 広く多くの人に読まれるといいと思う。 生活保護世帯の子供の生活についても考えさせられた。 多くの子供たちがこんな絶望感を覚えていることに胸が痛む。 さすが柏木ハルコだと思った。 鳥肌が立った。 とくに第54話「雷注意報」と第55話「自助グループ」で描かれた泣き顔。 見ているこっちも思わず心が揺さぶられる気がする。 これぞ、柏木ハルコの絵だと思った。 僕も医療・保健・福祉分野の端くれに携わる者として、 この漫画をとても楽しみにしている。 例えば、義経えみるという主人公や『健康で文化的な最低限度の生活』に登場する様々な登場人物のエピソードや発言から受けた刺激はとても大きい。 そういったエピソードや発言を見聞きして、普段の自分自身の考え方や姿勢について反省させられた。 『健康で文化的な最低限度の生活』という漫画作品に出会うことが出来て、僕は嬉しい。 ありがとう。 柏木ハルコ。 未来に希望の残された、救いのある結末にホッとしました。 子供の貧困問題について、対象が母子家庭だと母親に矛先が向くことが多いのがですが、しかし不幸な母子がいるということはその数だけ無責任な男が存在するわけです。 相手の男に感情をぶつける栗橋さんには胸がすかれる思いでした。 しかし、係長の、 「他人の税金で子供を育てることが常識的に許されることかどうか」といったセリフには、そうだよなと思いつつも、苛立ちました。 むしろ、子供を、税金で助けて何が悪い? というか、金持ちの子も貧乏の子も、等しく救われるべきであり、親になった瞬間から全ての金銭的負担がのしかかる現状が間違っているのでは、と思わされました。

次の