マンウィズ プロフィール。 MAN WITH A MISSION Winding Road 歌詞

MAN WITH A MISSION(マンウィズ) 人気曲ランキング

マンウィズ プロフィール

謎な部分も多いよね。 これを機に徹底解説するよ! 狼の格好をして集結した ロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 英語の歌詞もふんだんに取り入れ、海外の印象が色濃く、非常に格好良いロックバンドですよね。 しかし、狼の姿をしていることもあり、メンバーのプロフィールも含め謎の部分が多いと感じるファンも少なくないでしょう。 そこで、本記事にて、ロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の 経歴 歴史 やメンバーのプロフィール、オススメの楽曲ベスト3をご紹介いたします。 ぜひ、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の世界観を満喫するきっかけ または、参考 にしてみてくださいね。 Tokyo Tanaka トーキョー・タナカ :ヴォーカル担当、リーダー Jean-Ken Johnny ジャンケン・ジョニー :ギター、ヴォーカル、ラップ担当 Kamikaze Boy カミカゼ・ボーイ :ベース、コーラス担当 DJ Santa Monica ディージェイ・サンタ・モニカ :DJ、サンプリング担当 Spear Rib スペア・リブ :ドラム担当 の5人組ロックバンドで、頭は狼、体は人間という人狼のようなスタイルを持つ一風変わったロックバンドです。 メンバーのプロフィールに関しては、後ほどご紹介していきますが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の魅力を一言で言い表すならば、ズバリ、 スタイリッシュな装いの中にある魂の叫びに尽きるでしょう。 端的に言えば、狼そのものを表すかのようなロックバンドと言うことが出来ます。 例えば、フジテレビ『人狼・嘘つきは誰だ?』のテーマソングとして起用された『Emotions』の場合、サビの終わりに『ウォー』という叫び声が入っていますが、その叫び声も、ただ適当に入っているだけではありません。 サビの格好良いメロディをより盛り上げるかのように、うまく『ウォー』という叫び声を乗せているのです。 元来、人が叫ぶときの衝動というのはさまざまで、悲しいときに泣き叫ぶときもあれば、歓喜の時にうれしさあまりに叫んでしまうときもあります。 また、憎しみや恐怖といった感情から叫ぶときもあるでしょう。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、叫びを巧みに使いこなしながら、 人の持つ感情をむき出しにして表現させる魅力を持っています。 その叫び声が歌詞やメロディ・リズムと上手く融合して、ファンたちを虜にしているんだね! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が放つ魂の叫びの意味 さて、ここで、改めて、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽で時折見られる 『ウォー』という叫び声の意味について考えてみましょう。 正直なところ、 この叫び声だけではファンの心を揺さぶることは不可能だと筆者は考えています。 所詮効果音と言ってしまえばそれまでですし、心に響く歌詞を埋め込んだ方が幾分かマシという気もしませんか? ところが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、あえて叫び声も楽曲に盛り込んできています。 その意味とは一体何なのか・・・ あくまで、これは筆者の個人的見解に過ぎませんが、おそらくは、魂の叫びをうまく取り込むことで、対象となる人が持っている 感情をさらけ出させる効果を期待しているのではないかと思うのです。 自分たちの感情をさらけ出したものの方が見る側も気持ちの共有がしやすくなります。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が演出する『ウォー』と入る魂の叫びは、 楽曲で描かれる人物の感情を全開にぶつけていく姿の象徴として映しだされています。 時に怒りや憎しみ、時に悲しみ、時に喜びと・・・ 喜怒哀楽あらゆる感情が、ストレートにぶつけられているんだね。 ある意味、あらゆる静物は感情の中で生きています。 それは、狼だろうが、人間だろうが同じで、その全てをさらけ出すのは、かなり気恥ずかしいんですが、だからこそ共感も生まれやすい・・・。 そのことを改めて 痛感させられるような魅力が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽にはあります。 単純なる格好良さだけでなく、超直球な心理描写が最大の魅力! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、先程からお話ししている通り、人 の持つストレートな感情を『魂の叫び』に変換して伝えています。 そして、その魂の叫びが、多くのファンの心を揺さぶっているからこそ、そこに共感が生まれ、支持されていくというわけ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲は、ただ格好良いというだけでなく、人が持つ本音をストレートに表現しているので、非常にわかりやすく共感しやすい音楽ばかりです。 本来ならば、大人としての行動を取らなければいけないために、言いたい気持ちを押し殺すことも多々あるでしょう。 ぜひ、気持ちを押し殺さなければならず、心のモヤモヤを抱えている人に、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲を聴いてほしいです。 必ずや、 心のモヤモヤが解消され、晴れ晴れとした気持ちを持つことが出来るはずですよ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の経歴 歴史 さて、魂の叫びが最大の魅力となっているロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ですが、ここで、彼らが歩んできた これまでの歴史 経歴 を振り返ってみましょう。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』結成背景。 頭に狼のマスクをかぶりバンド演奏をし続けるユニークなロックバンドとして彼ら『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、2010年に立ち上がっていますが、 もともとは、 全く別のロックバンド『GRANTZ』として活動していました。 バンド名にはクソガキたちという意味合いが込められていて、『今の世界の不条理にもの申し音楽で風穴を開けていく・・・』というポリシーを持っていたロックバンドとして、彼らは活動していました。 ところが、2009年にバンドを解散し、完全にGRANTZは消滅しています。 そんな中、狼のマスクをかぶり、 謎の生命体(頭を狼なのに体は人間)が、ある使命を受けて地球に降り立ち音楽活動していくという、今の『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のスタイルが生まれたのです。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の設定 使命 とは? さて、ここで、気になる 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の設定や、彼らに与えられた使命について見ていきましょう。 まず設定についてですが、19XX年、世界で戦争や紛争が繰り広げられている中、エレクトリックレディーランドという最果ての地で音楽を通じて世界を制圧するために、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は生まれました。 彼らを生んだ科学者とは、 天才科学者兼音楽家である、ジミー・ヘンドリックス。 ジミーは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』という頭脳明晰で音楽の才能を持つ人狼たちを創り上げ、地球を制圧しようとしていました。 その途中で、スターリーンやヒトラーに悪用利用されていたと気づき、自身の罪にさいなまれてしまいます。 そして、一度、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を、南極に凍結しました。 しかし、度重なる地殻変動によって南極の氷が溶けてしまい、再び、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が永い眠りから覚めてよみがえるのです。 そして、永い眠りから覚めた人狼たちは、 自身の音楽スキルを生かしながら、音楽で世界を変えてやろうとバンド活動を繰り広げる。 意外としっかりとした設定があったんだね。 チケさるくん この設定を見ても分かるとおり、世の中の不条理に対して、音楽の力を用いて一変させていくというのが大きな使命となっています。 わかりやすく例えるならば、欅坂46のように、『音楽を通じて、社会に対してもの申すといったスタンスをとり続けている』といった方がわかりやすいでしょうね。 このように、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』は、 社会に対して反発していきながら、もの申していくロックバンドとして、2010年に結成されたのです。 人狼ブームと『Emotions』の爆発的ヒット! instagram. そして、2011年6月には、フルアルバム 『MAN WITH A MISSION』でメジャーデビューしますが、まだ知名度は伸びず、地道な活動が続きます。 今でこそ、人狼ゲームは、 人狼スリアロチャンネル アルティメット人狼 人狼TLPT 人狼殺 人狼ジャッジメント 人狼最大トーナメント など、 多種多様の媒体で、映像化やイベント・舞台化され人気を博しています。 そんな人狼ゲーム人気の火付け役と言っても過言でない番組が、フジテレビバラエティ番組『人狼・嘘つきは誰だ?』でした。 そもそも、この人狼ゲームには、『昼間は人間に化けながらも、夜には狼という正体を現し村に住む人間を捕食していく人狼を村から追放していく』という、基本コンセプトがあります。 そして、この基本コンセプトは、まさに 、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を象徴とするような設定です。 さらに、テーマソングに、『Emotions』が起用され、多くのファンに関心を持って貰ったことが、爆発的なヒットに繋がりました。 もちろん、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の人気の秘訣は、それだけではありませんが、人狼ブームと共にブレイクしていったロックバンドといっても過言ではないでしょうね。 ミュージックステーション初出場 元々、インディーズバンドとして活動していた『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』でしたが、人狼ブームと共にブレイクし、同時期に、テレビ朝日の音楽番組 『ミュージックステーション』にも初出演。 ライブ活動では、姿を現していた『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ですが、 地上波の番組は初めてでした・・・。 彼らの姿に衝撃を受けた音楽ファンも多く、ブレイクにさらなる拍車がかかります。 ブレイク後の『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』 人狼ブームやミュージックステーション初出演などをきっかけに、ブレイクしていったロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 ブレイク以降は、時にアニメのモブキャラとして出演したり、数々の媒体で、彼らの楽曲がタイアップされたりと大忙し・・・。 特に、皆さんが印象に残っているのが、テレビドラマ 『ラジエーションハウス』の主題歌に起用された『Remember Me』ではないでしょうか。 後ほど楽曲の内容については詳しくご紹介していきますが、ドラマ主題歌として起用されたことも大きく影響し、今でも音楽番組で時折『Remember Me』を演奏している彼らの姿を目にします。 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』はブレイクし続けているね! 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のミッションは大成功! 以上が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の簡単な経歴 歴史 となります。 彼らの基本コンセプトでもある、 音楽で世の中を変えていくということに関しては、ある意味、大成功していると言えるのではないでしょうか。 社会に対して多くの人が不満を抱き、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が、自身の音楽を通じて、代弁している・・・ その結果として、 世界を変える第一歩に繋がっていると筆者は考えています。 今後も、世の中に対して、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』が音楽を通じてもの申してくれると思うので、どんな音楽が飛び出てくるのか楽しみです。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』メンバーのプロフィール ただ音楽を奏でるのではなく、しっかりとしたメッセージを乗せて、私たち聴き手の心を揺さぶり続けているロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』。 でも、いくら彼らの音楽が素晴らしくとも、所詮は謎の狼集団・・・。 それだけに、メンバーたちがどんな人物(キャラクター)なのか気になるファンも多いはず。 では、早速、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』メンバーのプロフィールを見ていきましょう。 Tokyo Tanaka(トウキョウ・タナカ):ヴォーカル担当、リーダー Tokyo Tanakaさんは、人狼ロックバンド集団『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』をまとめるリーダー。 真面目な生活で、他のメンバーの暴走を食い止める大人な存在ですが、 決して堅物というわけではありません。 ウインタースポーツ(スキー・スノボー)を始め、スピード感満載なスポーツ『エクストリームスポーツ』全般を得意とするキャラクターです。 クラブミュージックが好きで低音ボイスが魅力的! 確かに、彼自身、楽曲制作に携わっているというわけではありませんが、彼の好むクラブミュージックのテイストは、『FLY AGAIN 2019』のような、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』ならではのクラブミュージックに活かされています。 また、全ての楽曲におけるメインヴォーカルとして、より スタイリッシュに独自の音楽を声で描いている貴重な存在です。 まさに、 魂の叫びは、Tokyo Tanakaさんの低音ボイスから発せられているとも言えるでしょう。 ぜひ、彼の独特の低音ボイスを聴いて見てくださいね。 Jean-Ken Johnny ジャンケン・ジョニー :ギター、ヴォーカル、ラップ担当 Jean-Ken Johnnyさんは、 パンクロックを好む人狼アーティスト。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲の作詞・作曲を主に手がけているメンバーの一人で、英語が堪能で、彼らの流ちょうな英語の歌詞が並んでいるのも、彼の英語力が大きく影響しています。 キャラクターとしてはしゃくれ顎がチャームポイントとなる人狼キャラクター。 チキンタツタと筑前煮という両極にあるような取り合わせの食べ物を好み、リーダーとして崇拝するTokyo Tanakaさんを慕い、何かと 酒の勢いを借りて愚痴をこぼし続けているという話も・・・。 狼=怖い存在というイメージをもたれがちですが、 実にユニークな人狼キャラクターです。 Kamikaze Boy カミカゼ・ボーイ :ベース、コーラス担当 Kamikaze Boyさんは、Jean-Ken Johnnyさんと共に 、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲の作詞・作曲を手がける貴重なメンバー。 長身でイケメンではあるものの、勘違いやドジな一面も持ち、メンバーに多々迷惑かけている おっちょこちょいな存在。 ただ、そのユニークな性格も含め、メンバーから『ポンコツ』と呼ばれながらも、 一種のムードメーカーとして愛されているようです。 なお好きな音楽はロックで、趣味はベース演奏とハンティング。 まさに、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽の根幹をになう人狼キャラですね。 DJ Santa Monica ディージェイ・サンタ・モニカ :DJ、サンプリング担当。 DJ Santa Monicaさんは、 ディスクを回すお調子者というキャラクター。 お笑い芸人EXITのようなチャラい風貌というわけではなく、繊細かつ常識人という風貌ではありますが、 DJだけあって、 バンド全体を盛り上げてくれるメンバーの一人として、貴重な存在と言えますね。 なお、特技は、DJだけに留まらず、 阿波踊りも得意とし、さらにヒップホップも好きな音楽とのことで、リズミカルな『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽に、多彩な演出を施してくれるでしょうね。 Spear Rib スペア・リブ :ドラムス担当。 Spear Ribさんは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のリズムを刻む大きな役割を持つドラマーです。 ヘビーメタルを好み、 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽にも多大な影響を及ぼしています。 なお、キャラクター名の『Spear Rib』は、 彼自身がスペアリブを好物としていることから、名付けられたようですね。 Vedder(イー・ディー・ヴェダー):ギター担当 E. Vedderさんは、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の正規メンバーではありませんが、 サポートメンバーとして、共に活動されているメンバーです。 あくまでサポートメンバーなので、パーカーのフードをかぶり白塗りの仮面をしている特殊な装いのキャラクターであり、 狼の姿をしている 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』とも異なる不気味な存在。 ただ、単にサポートメンバーとして『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』を支えているだけでなく、一部の楽曲で作曲を手がけることもあり、彼らの音楽を支える上で大きな役割を担っているメンバーといえますね。 キャラ設定も明確化された狼軍団『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』 以上、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の簡単なメンバープロフィールです。 リーダーであるTokyo Tanakaさんを筆頭に、 個性豊かなキャラクターが集結した人狼軍団であることは、彼らのプロフィールからよく伝わりました。 ただ、ヘビメタ好きだったり、お調子者だったり刷るメンバーがいる中で、その個性が、バラバラに動くことはなく、一つの音楽としてまとまっています。 後ほど、彼らのオススメ楽曲を3曲ご紹介していきますが、ぜひ、個性豊かでありながら、 魂の叫びを通じたメッセージを受け止めてみてください。 きっと、彼らの主張に共感できる何かを感じられるはずですよ。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』のオススメ楽曲ベスト3 個性的で魅力的なロックバンド『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、いずれもオススメしたい秀逸な楽曲ばかりです。 では、ここからは、その楽曲の中でも 特にオススメしたい楽曲を3曲厳選してご紹介していきます。 実際に、歌詞全体のほぼ9割が英語で綴られ、スタイリッシュなメロディラインであるために、実に格好良くスマートな印象を受けますし、その中で熱くメッセージが伝えられているところも好印象! サンプリングされたスタイリッシュなイントロに始まり、サビパート(厳密には前サビ)のメロディがアカペラで歌われ、一気に他の楽器と合流してAメロが展開されていく楽曲進行・・・ 特に若い女性がEmotionsを聴いたら、間違いなく魅了されてしまうのではないかと思うほど、 イントロから滅茶苦茶格好良いです。 ただ、ほぼ全て英語の歌詞で綴られているので、格好良く聴こえるものの、何を伝えようとしているのか、正直分からないという人も多いはず・・・ そこで、 英語で綴られている部分を含め、歌詞も解釈してみました。 Emotionsで描く、魂の叫びの意味とは? 実は、このEmotionsは、この世界を一つの闇と称し、 「その不条理な闇に埋もれることなく、希望を持って戦い続けていけ」というメッセージが込められていると分かります。 つまり、Emotionsを通じて、彼らが発する魂の叫びとは、世の中の不条理に対する怒りや、いいなりになりたくないという反発の気持ちだったりするわけ。 この世には、何かと不条理なことは存在するわけで、その大半の原因は、身勝手な人間たちによるねじ曲がった正義の使われ方によるものがほとんどです。 だからこそ、多くの人は、いろんな物を諦め、無気力の中で無駄に生かされるかのごとく、死ぬまでの多くのことを諦めさせられているわけです。 Emotionsは、そんな不条理に対する怒りや反発をテーマとして描かれています。 「言いなりになんてなるものか!」 「俺たちだって、ちゃんと幸せになりたいんだ!」 そんな気持ちが魂の叫びと共に訴えられている・・・ だからこそ、 世の中の不条理に納得出来ない人たちは、Emotionsを聴いて共感していくのです。 きっと皆さんも、いろんなところで、理不尽な目に遭い憤ることがあるでしょう。 そういうときこそEmotionsを聴いて、負けない心で日々の生活に立ち向かってみてください。 きっと、Emotionsは、皆さんが諦めかけた日常に対して、 生きる希望を与え、「不条理に負けるな!」応援してくれるはずですよ。 Remember Me 『Remember Me』は、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の10thシングルであり、窪田正孝さん・本田翼さん主演月9ドラマ『ラジエーションハウス』の主題歌にも起用された人気楽曲です。 タイトル通り、『Remember Me』は、「私を忘れないで・・・」という意味が綴られた楽曲なのですが、筆者個人の見解としては、 2つのニュアンスが含まれていると考えています。 鎮魂歌としてのRemember Me 一つは、鎮魂歌としての『Remember Me』。 そのように感じるのは、この曲がハードロックテイストでありながら、 イントロの静けさが、実に叙情的で、弱さ・儚さを感じさせるからです。 まるで、悲しい死者との別れという印象を覗かせているのです。 実際に、コード進行を見ていくと、イントロ部から、C、D、G、Amという風に進行し、メジャー進行とマイナー進行を行ったり来たりしていることが伺えます。 メロディラインを見ても明るくなったところで、 どこかもの悲しく暗い気持ちが覗かせています。 では、この少しの明るさともの悲しさの正体は一体何なのでしょうか? おそらく、その正体は、愛する人との死別の哀しい気持ちと、残された者を慰め見守る、死者の暖かい気持ちなのではないでしょうか。 『Remember Me』は、「私を忘れないで・・・」という趣旨の楽曲に変わりありません。 しかし、そのニュアンスとしては 、「 死別した後も 私を忘れないで・・・天国からあなたのことを見守り続けているから・・・」といったニュアンスに捉えることも可能です。 あくまで、一つの解釈に過ぎないのですが、死別したことで取り残された遺族に寄り添う大切な人からのメッセージと受け取ることも出来ると言うわけ。 だから、もの悲しくもあり、どこか闇から晴れて見え隠れする太陽という印象も覗かせているんだと筆者は感じました。 厳密には鎮魂歌ジャないのかもしれないけど、哀しい気持ちに寄り添ってくれるどこか優しい歌になってるね。 一人じゃないと寄り添う意味合いでのメッセージソング 『Remember Me』で描かれている登場人物は2人存在します。 そして、その2人は、 ある事情を抱え離ればなれになってしまっているようです。 ただし、それは、誰かの死を迎えた上での別れなのか、別の事情による別れなのか、はたまた、同じ空間にいながら、1人は孤独を抱え、1人は寄り添おうとしている状況なのか・・・ はっきり断言しているわけではありません だから、先程、死別による鎮魂歌としてのニュアンスをご紹介しました ただ、一方では、違う要素で別れてしまったと受け取ることは可能ですし、聴き手の多くは、 孤独を抱えた人物に対する寄り添う気持ちを綴った楽曲と受け取られると思います。 その暖かい気持ちが、メジャーコードによる進行として映しだされていくわけです。 誰しも、一人孤独を抱えてしまうことはあるでしょう。 でも実際には、孤独なんて幻想に過ぎず、周りを見渡せばあなたを助けてくれる人はたくさんいます。 『Remember Me』で伝えようとしているのは、 「一人じゃないから大丈夫、あなたを助けてくれる人はちゃんといるから、そのことを忘れないで・・・」ということではないでしょうか。 一人寂しく孤独を抱えている人は、ぜひ、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の『Remember Me』を聴いてみてください。 きっと不安な気持ちが解消され、 一歩前に踏み出す勇気を手にすることが出来ますよ。 『Remember Me』は、Emotionsと180度異なる楽曲 同じ魂の叫びを象徴する『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の楽曲でも、『Remember Me』は、先述したEmotionsと180度異なる楽曲です。 怒りや反発の感情を綴った楽曲がEmotionsなら、 『Remember Me』は、どこか優しくもあり、それでいて悲しみや哀悼を象徴とする楽曲。 その違いも含めて、一度『Remember Me』を聴いてみてください。 きっと、いろんな不安や汚れが浄化され、いろんな意味でスッキリ出来るはずですよ。 Seven Deadly Sins 『Seven Deadly Sins』は、2015年2月に発売された、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の4thシングルであり、テレビアニメ『7つの大罪』第1期後半のOPに起用された楽曲でもあります。 イントロ部分から明るい曲調で進んでいくかと思いきや、 語り口調なメロディが展開され、どこか情緒不安定な印象も伺えますが、それもそのはず、この楽曲に登場する主人公は、7つの大罪を抱え苦しんでいたというのです。 あくまで、歌詞の中では7つの大罪を犯した人々と綴られているわけですが、そもそも 7つの大罪とはどういうものなのでしょうか? これはキリスト教の用語としても用いられている話なのですが、人間はそれぞれ ・傲慢 ・物欲 ・怠惰 ・嫉妬 ・憤怒(怒り) ・貪食(大食) ・色欲 の7つの大罪で出来ていると言われています。 確かにその通りで、グルメに走って無駄に動物の命を奪ってみたり、色恋に溺れたり、嫉妬により人を傷つけてみたり、誰かに偉ぶって天狗になってみたり・・・ 言いも悪いも、些細なことで、人は誰かを傷つけながら生きているといえるでしょう。 もちろん、不完全な生き物であり、失敗だって犯してしまいます。 なので、その失敗や罪の全てを、極悪非道と捉え責め立ててしまうのは、 あまりにも厳し過ぎるというのが一般的な考えです。 ところが、『Seven Deadly Sins』に登場する、主人公は、その 過ちを罪や悪魔のような存在と見なして、どこか毛嫌いする一方、でも、 そのことを認め、自分を解き放っていこうとする気持ちも持っています。 まさに、自分の中で感じる善と悪とで揺れ動いてしまい、どこか虚無感を抱いているというわけ。 だからこそ、 メロディも結構単調に聞えたり、一部で急に明るく感じたりしてしまいます。 これから明るくなりたいと考えている人ならサビの明るいパートを中心に、一方、高ぶった気持ちを落ち着かせたいなら落ち着いたメロディラインを中心に聴いていくと、より共感でき、『Seven Deadly Sins』を聴くことが出来るでしょう。 まぁ、いずれにしても、自分に対する善悪の揺れ動きを魂の叫びに乗せて発信している楽曲です。 誰もが持ち合わせる深層心理を描いた楽曲として聴いてみるといいかもしれません。 『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の描く魂の叫びは多種多様! 以上が、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の中でのオススメ楽曲ベスト3です。 他にも多数オススメしたい楽曲はありますが、やはり、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』をこれから聴き始めようと刷る人に向けてお勧めしたい楽曲は、先にご紹介した3曲 特に、『Emotions』、『Remember Me』はわかりやすく超おすすめ! はオススメです。 ぜひ、いろんな感情が揺れ動く中で、、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽に触れてみてください。 きっと、いろんな感情に揺さぶられ、どこか晴れやかな気持ちにさせてくれるはずですよ。 最後に・・・ 今回は、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の魅力や、彼らの経歴 歴史 、プロフィール、オススメ楽曲ベスト3をご紹介させていただきました。 何度もお話ししていますが、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽は、 ズバリ魂の叫びを集約したような音楽です。 魂の叫びというと、人は、怒りや憎しみを想像してしまいがちですが、決してそれだけではなく、 悲しみや自問自答の感情も存在し、だからこそ、いろんなシーンに合わせて『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽を聞き分けることが大切です。 ぜひ、今回オススメした3曲を軸に、いろんなシーンに分けて、『MAN WITH A MISSION マンウィズ 』の音楽を、皆さん自身の視点で聞き分け楽しんでみてくださいね。

次の

マンウィズの正体「GRANTZ」がオオカミバンドになった理由は?マンウィズの「使命」の本当の意味とは?

マンウィズ プロフィール

マンウィズ正体はグランツメンバーで決まり? 2010年に結成されたマンウィズの正体は、2010年に解散したグランツだったということが、ネット上で身バレしています。 グランツ(Grantz)は2001年11月にNishidaさんとTsuyoshi さんが中心になって茨城で結成した、5人組のミクスチャーロックバンドです。 茨城県筑波や都内を中心にライブ活動をし、下積みを重ねて少しずつライブハウスのキャパも広げ、フェスに出演したり、「10-FEET」との共演も果たしました。 マンウィズの正体がグランツだと言われる理由を簡潔にまとめると次の5つです。 ボーカル• ボーカル兼ギター• ベース• ドラム で構成されており、人数もバンド構成も一緒です。 カバー曲が同じ かつてグランツは、ニルバーナの名曲をカバーしていました。 そして、マンウィズも、同じくニルバーナの楽曲をカバーしてます。 さらに、曲目も同じ 「Smells Like Teen Spirit」で、アレンジもほとんど同じ・・・笑。 楽曲も同じ グランツとマンウィズの楽曲は激似なものがあり、 タイトルが日本語から英語になったり、小文字から大文字になっていたりします。 グランツ『7月の雨』とマンウィズの『RAIN OF JULY』• グランツ『Rock In The House』とマンウィズ『ROCK IN THE HOUSE』•

次の

マンウィズのファンクラブとは?月額会費いくら?入会方法とサイトのコンテンツ【FUN WITH A MISSION】

マンウィズ プロフィール

被り物をしているのに、 そんなに激しく歌を歌って疲れないのかな?とも思いましたが(笑) 彼らの曲は王道のエモロック!とにかくカッコいい曲がとても多い! そんな曲を人気曲に標準を絞ってランキング形式でご紹介していきます!どの曲も最高にカッコいいのでぜひ聞いてみて下さいね! スポンサーリンク MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング 第10位 evils fall 曲情報• シングルリリース年:リリースなし• 収録アルバム:「The World's On Fire」 MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング第9位は 「Out of Control」です! 映画 「 」のED曲にも選ばれた一曲。 Zebrahead(ゼブラヘッド)と共演している事で話題を呼びましたね! 日本のバンドがゼブラヘッドと共作するなんて!なんて凄い事なんでしょうか! メタコアロックな感じですね~。 シングルリリース年:配信限定シングル• 収録アルバム:「Tales of Purefly」 MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング第8位は 「Wake Myself Again」です! 映画 「 」の主題歌にも選ばれた一曲。 シングルリリース年:2017年(7thシングル)• シングルリリース年:2011年(インディーズ時代)• 収録アルバム:「MAN WITH A MISSION」 MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング第5位は 「FLY AGAIN」です! 「NEVER FXXKIN' MIND THE RULES」はインディーズ時代にリリースされ、その全て完売したので、今や入手困難の伝説のシングルとなっています! そんなシングルのカップリングを務めるこの曲。 シングルリリース年:2013年(3rdシングル)• シングルリリース年:2015年(4thシングル)• 収録アルバム:「The World's On Fire」 MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング第3位は 「Seven Deadly Sins」です! アニメ 「 」のOP曲にも選ばれた一曲。 かなり有名な曲なので、聞いた事がある人も多いでしょう! ちなみにタイトルは直訳すると 「七つの大罪」となります。 シングルリリース年:2015年(5thシングル)• 収録アルバム:「The World's On Fire」 MAN WITH A MISSIONの人気曲ランキング第1位は 「Raise your flag」です! アニメ 「 」のOP曲にも選ばれた一曲。 彼らの代表的な一曲でもあるこの曲。 タイトルがRaise your flagですからね。 カッコ悪い訳がありません。

次の