左 肋骨 下 違和感。 右肋骨の下が痛い5つの原因!違和感がしたらぜひチェック!

左肋骨の下が痛いときの原因・治し方・疑われる病気について解説

左 肋骨 下 違和感

右肋骨の下に痛みを感じる原因 深呼吸をすると痛みを感じる場合 肋間神経痛• 深呼吸• しゃっくり• 大声を出す などをしたときに右肋骨の下あたりに痛みを感じる場合は肋間神経痛である可能性が高いです。 肋間神経痛とは、背骨から出ている肋間神経という神経が刺激されることによって痛みを感じます。 肋間神経の近くにある筋肉や骨などに圧迫されたときに痛みを感じると言われているのです。 このような肋間神経痛が起こる原因はさまざまあるのですが、• ストレスや疲労• 猫背 が一番よくある原因としてあげられます。 日ごろからストレスがたまっていると、無意識的に体が緊張していることが多いです。 例えば、ストレスがたまっていたり、イライラしていると貧乏ゆすりをしてしまうことがありますよね。 緊張して体がこわばってしまうと、肋間神経の圧迫につながり肋間神経痛が起こりやすくなってしまうのです。 また、デスクワークなどをしているときにいつも背中が曲がっていたり、普段から猫背気味の方は肋間神経痛を起こしやすいと言われています。 背中が曲がっている猫背の状態は肋間神経を圧迫しやすい状態になっているのです。 この結果、深呼吸や咳などの刺激で右肋骨の下あたりに痛みを感じることがあるのです。 また、肋間神経痛では押しても痛みを感じることがあります。 肋間神経痛の場合は、慢性的に痛みが続くことはありませんので1~2日できるだけ安静にしていると気づいたら治っていることが多いです。 ただ、肋骨の痛みには他の重篤な病気が隠れている可能性もありますので、痛みが強かったり、痛みがずっとひかない場合は必ず内科などに受診するようにしましょう。 押すと痛みを感じる場合 ひび・骨折・打撲 右側の胸あたりを押したときに痛みを感じる場合は、肋骨にひびが入っていたり、骨が折れていたり、あるいは打撲になっていることが考えられます。 また、笑ったり、寝返りをしたときに痛みを感じる場合も肋骨にひびが入っている可能性があります。 他にもひびや骨折である場合は、押したときだけでなく咳などの突然の刺激でも痛みを感じることが多いです。 肋骨のひびは他の部位の骨がひび入っているときより痛みが少なく分かりにくいことが多いので注意しなければなりません。 こちらで症状や治療などについて詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 筋肉痛 単純に、右肋骨あたりの筋肉痛ということも考えられます。 日ごろから運動をしている方は、なにか過剰な運動をしていない限り右胸が筋肉痛になることは考えにくいですが、運動不足の方だと少しの負荷で筋肉痛になってしまうことも考えられます。 例えば、何か重い荷物を抱えて持ったりしただけで翌日筋肉痛になってしまっていることもあるのです。 何もしなくても痛みを感じる場合 帯状疱疹 帯状疱疹とは、 体に赤い湿疹や水ぶくれが出ることが特徴的です。 このような皮膚にあらわれる症状の他にも体の片側に神経痛が出るという特徴があります。 このチクチクとした神経痛は湿疹が現れる前に起こります。 なので、右肋骨が痛くなった後に湿疹などが体に現れた場合は帯状疱疹である可能性が高いです。 帯状疱疹の初期症状についてはこちらの記事でお伝えしていますのでぜひチェックしておきましょう。 参考: 内臓の病気 右側のあばら骨の下には、肝臓や胆のうといった臓器が存在します。 特に肝臓は臓器の中で一番大きいですが、「静かなる臓器」といわれ肝臓が悪くても症状がかなり表れにくいのです。 他にも胃の痛みが右肋骨の下あたりの痛みとして感じることもあります。 このように肝臓の下あたりにズキズキとした鈍い痛みがある場合は、どこか内臓に異常がある可能性もありますので内科などで診察してもらうことをおすすめします。 まとめ 右側の肋骨の下あたりに痛みを感じる原因についてお伝えしました。 症状別に分けるとさまざまな原因が考えられ、内臓も近くにあるので重篤な病気の前兆である可能性もゼロではありません。 痛みの原因としては肋間神経痛である場合が一番多いと感じますが、少しでも「なんかおかしいな」と感じたら病院に行くなど柔軟な対応をしていきたいです。 また、左側の肋骨あたりに痛みを感じる場合についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますので併せてご覧ください。 参考:.

次の

<至急>右の肋骨内側に違和感

左 肋骨 下 違和感

身体の鎖骨の下部部分から、胸部上半身を形成しているのが、両側に12本ずつで、計24本の骨で形成されているのが肋骨です。 これらは、骨の下にある内臓を脊椎から取り囲むように覆っていますが、その覆う役目として、骨下の内臓に、直接外圧からの衝撃が及ばないよう保護する役目をしています。 生活をして行く上で、稀に肋骨全体や、肋骨下に違和感を感じた事はないでしょうか? 軽い鈍痛ぐらいで、我慢できない痛みではなく、しかし、継続して痛みがある場合ですが、何もなければ良いのですが、その違和感や痛みの出る場所によっては、痛みの原因や、治療となれば、その治療方法も違ってくるとの事です。 今回は、主に左肋骨下に主眼を置いてご紹介いたしますが、原因となる初めの違和感や痛みは、ご自分でも思い出せない事が多いと思います。 日中身体を動かしたり、就寝中に寝返りをした際に骨が触れると刺したような痛みが生じ、その状態が考えてみると長期間、続いていたと言うケースを良く耳にします。 食欲が無い訳でもなく、うわべでは胃などの内臓には問題はないと判断されてしまいます。 中でもスポーツを以前からされてた方は、怪我は付き物と思い、少々の痛みでは医療機関を受診するには至りませんし、一般の方でも、ついつい放置状態になってしまいます。 そこにはどんな内臓がある? 左肋骨の下には、 心臓・胃・腸と言う人間にとって大事な臓器があります。 肋骨の骨形成が崩れ、その触れで合併症を起こしてしまう場合と、臓器患部そのものの痛みが、左肋骨下あたりに生じている事があります。 痛いときに考えられる原因は?何かの病気? 一つ目は、 便秘です。 左肋骨下部分は大腸の最後の部位と同位置で、消化物は腸の左側に便となり詰まってしまう事が多く、腐敗ガスによるお腹や腸の張りにより、痛みが生じます。 また、胃酸の分泌が多く胃の中での障害や、胃から腸に繋がる幽門部の狭窄や、十二指腸潰瘍でも左肋骨の下に痛み現われる時があるそうです。 その痛みの箇所は、ガスのたまる場所が移動する為、 同じ位置とは限らないのが特徴です。 二つ目は、急に肋骨に沿って痛みが出る 肋間神経痛と言う病気です。 原因は、末梢神経の異常や、神経にウィルスが潜む帯状疱疹や内臓疾患の既往症の方が発症しやすいと言われていますが、解明まではなされてないようです。 肋骨は、胸から背中全体を覆うように広がっており、内臓を保護するうえでも重要な役割を担っています。 その為、肋骨は他の骨と比べて丈夫で折れにくいと考えてしまいがちですが、実はとても折れやすい部分であり、肋骨骨折は40代以降の成人から高齢者にかけて多く若い人でもスポーツや事故などで肋骨骨折をしてしまう場合もあります。 また、それだけではなく他にも様々な原因で骨折をする場合があります。 そんな肋骨骨折の原因には以下のようなものが考えられます。 その為、妊娠中の方は突然、肋骨に痛みを感じた場合は早めに医師と相談することが大切です。 このように、肋骨骨折の原因には外からの圧力だけでなく加齢や妊娠などの影響もある為、様々な事に注意しなければならないようです。 スポンサーリンク 肋骨の骨折を放置するとどうなる? 肋骨は意外と骨折しやすく、骨折が起きたとしても完治するような薬や治療はないと言われていますが、骨折の回復は比較的早いようです。 その為、コルセットやバストバンドなどで固定し、安静にして出来るだけ動かない事で早い回復を待ちます。 しかし、何もせずに放置することは姿勢の変化や呼吸をするだけでも骨折した部分が動くことになる為、危険を伴う場合があります。 特に他の内臓器官への合併症が考えられることから注意が必要です。 その合併症には以下のようなものがあります。 ・心臓。 大きな血管の損傷 ・肺の損傷 ・胸壁の血管損傷 ・内胸の動脈や静脈の損傷 ・肋骨間の血管損傷 これらの事が考えられるため注意しなければなりません。 スポンサーリンク 効果的な治し方はある? 便秘と思われ場合は、医療機関で触診やレントゲンで痛みの原因である宿便がわかりますので、 下剤・乳酸菌整腸剤が主として処方されます。 便秘は、出来るなら植物繊維含有の多い食物を摂取する食事療法や、定期的に運動をして腸や身体全体を活性化させる療法を行うと、今後の身体のためにも役に立つと思われます。 また、胃はヘリコバクターピロリ菌など、検査ですぐわかる病気が源で、左肋骨の下が痛んだりしますが、菌を除菌する処置もされますので、早期に受診され潰瘍などにならないようにしたいものです。 肋骨の骨折では、ひび程度の場合、鎮痛消炎剤の服用、骨を固定する矯正バンドや、コルセットを使用し、 理学療法などと併用した治療が行われます。 また、複雑骨折等では肺・心臓など内臓や気管、血管に傷を付けてしまう事がありますので、入院は避けられませんので、専門的な医師や理学療法士の指示に従って治療を行って下さい。 肋間神経痛では、薬の服用以外では、緊張している背筋の一部である脊柱起立筋、肩甲骨から脊柱突起部までの菱形筋や、その上を通る首から背中にある僧帽筋の筋肉の緩和をする ストレッチやツボ押しで改善されると言われています。 また、痛みの緩和策として、血行促進や副交感神経を活発にし、身体全体の免疫のレベルを上げる自律神経失調症改善する上でも、適度な入浴が良いとされています。 ガスだまりの症状は、お腹が張り苦しい時もある為、辛い症状になります。 様々な原因が考えられていますが、中でも運動不足によるものが多く腸の蠕動運動が弱まる為にガスや便が出にくくなると言われています。 そんなガスだまりの症状にはガス抜きのポーズが効果的です。 1、 仰向けに寝て両膝を抱えます。 2、 息を吐きながらゆっくり膝を引き寄せて状態を起こします。 3、 お尻を持ち上げたまま5回ほど呼吸をします。 4、 このセットを数回繰り返します。 また、両足が辛い場合は片足ずつ行うと良いでしょう。 この他には、ラジオ体操は身体全身のストレッチにも繋がる事からお薦めできます。 ガスが溜まりがお腹の張りが辛いときに効果的な市販薬は? ガスだまりを改善する方法には様々な事が考えられますが、お腹の張が辛いときは市販薬を試す方法もあります。 ガスだまりのガスを潰す成分には、消泡剤(ジメチルポリシロキサン)があり、また、ガスの発生を抑える成分には、食物繊維を分解する消化酵素(セルラーゼAP3)などがあります。 ガスだまりが辛い症状にはこれらの成分を含む薬を選ぶ事が改善に繋がるものと思われます。 効果的な市販薬には以下のようなものがあります。 1、 ガスピタンa 2、 コパガード 3、 ラッパ整腸薬BF 4、 ザ、ガードコーワ整腸薬PC 5、 太田胃散チュアブルNEO 6、 新グリーン胃腸薬OX 7、 ラクサレット これらの他にも様々にある為、自分の症状に合った薬を選ぶ事が大切です。 スポンサーリンク 肋骨の痛みを止めるツボは? 肋骨の痛みを止めるツボは以下のような部位に位置します。 スポンサーリンク 心臓の不調が痛みの原因の場合どのような検査をしたらわかる? 肋骨骨折で心臓付近に痛みがあると思っていたら心臓の不調が痛みの原因だったと言う場合は、先ずは肋骨の骨折の有無を調べるためにレントゲン検査を行います。 特に問題がなかった場合は、心臓の検査をする必要がありあります。 その代表的な検査には以下のようなものがあります。 1、 先ずは問診を行います。 いつ、どんな場合にどんな症状なのかを医師に伝える。 2、 心電図検査を行います 安静時における心臓の拍動状態を調べる。 3、 胸部レントゲン検査 心臓の大きさや肺の状態を調べます。 その他に考えられる検査としては以下のようなものがあります。

次の

右肋骨の下が痛い5つの原因!違和感がしたらぜひチェック!

左 肋骨 下 違和感

呼吸をするとかなりの激痛が走ると思います。 呼吸すると肺が膨らむので肋骨も動くのですよ。 なので、それでも肋骨が折れているというのであれば、無痛覚症かなにかなのかなと思います。 むしろそれだけ痛みがないのなら肋骨の内側の臓器に問題があるのではないかなと思うのですが…。 病院に行く場合は、どちらも兼ねてある総合病院がいいと思います。 肋骨が折れていたら外科だと思うし、そうでない場合は内科の場合もありますから。 判断されるのはお医者さんですし…。 ただ、いずれにせよ違和感がある場合は早めに病院に行かれることをお勧めします。 お大事にー。 ユーザーID: 6780076182• 違うかもしれませんが・・・ 皆さまのレス、ありがとうございました。 昨日病院へ行きました。 レントゲン検査で骨に異常はなく、あとは細密検査の結果が週明けに出ます。 minami様からの質問があったのでお答え致します。 ご心配頂きありがとうございました。 >症状ですが、違和感のある肋骨を触ってみて、痛い部位がありますか? 痛みはほとんどありません。 >深呼吸はできますか? できます。 ただ、時々肺なのかどこなのかピキっとした痛みがあります。 >違和感のある部位の皮膚は正常ですか? 見た目は正常です。 >あと、よろしければ参考までに年齢、性別を教えていただけますか? 28歳、女性です。 他にも、皆さまの体験談を交えたレス&ご心配ありがとうございました。 ユーザーID: 0466003030• 受診されたのですね.

次の