ダフィー ダック。 ダフィー ダック ルーニーの平均価格は2,025円|ヤフオク!等のダフィー ダック ルーニーのオークション売買情報は4件が掲載されています

ダフィー・ダックとは

ダフィー ダック

概説 [ ] このダフィー・ダックは、初期から登場しており、ルーニー・テューンズが終了する前年の1968年まで出演し続けた。 初期は今とは目も大きくかなりデザインが違っていた。 主にポーキー・ピッグ、と共演しており、主演作に「」がある。 喋る時の破裂音が特徴的で、口癖は、「お前ってサイテー! You're despicable! 」である。 (旧版では「こういうのってありなのかよ」である)。 また、現日本語吹替え版では、時々語尾が妙な丁寧語になることが多い。 性格は、初期と現在とでは大きく異なる。 初期の性格はとにかく明るくお調子者で、観客の笑いを誘う役、いわゆる"スクリューボール・キャラクター"の一躍を担っていた。 その例として『(原題:My Favorite Duck、1942年)』では、共演していたポーキーに「イカれたカモ」、「完全にイカれてる」と言われるほどである。 初期のダフィーは、笑い方が特徴で自分が相手を打ち負かした後などにを上げて喜んでいた。 しかし、『(原題:Rabbit Fire、1951年)』からダフィーの性格を一新し、現在の虚栄心が強く自己中心的な性格で、バッグスをスターの座から落としいれようとする性格に変わった。 また、バッグスのことは自分よりも人気が下だと思っており、ショーの看板で自分を差し置いてバッグスの名前が先に出ていると、「あのウサギ(バッグス)の名前が先だと!? そしてショーの責任者に「あいつ(バッグス)はシロップ漬けにしてもハエ1匹寄り付かない。 」と言い張る程(短編「ショービズはキビシ」より)である。 ちなみに好きなスポーツは、であり、よく「テニスやらない? 」と言って相手を誘う。 ちなみにアヒルとよく勘違いされているが、彼はである 「」や、一部の作品ではアヒルとして扱われているが、劇場版で「アヒル? 」と言われた際、即座に否定した。 ガールフレンドにがいる では、。 公開の『 原題:Porky's Duck Hunt 』でデビュー。 「」ではとの共演を果たした。 声優 [ ] ダフィーのはが初代で、「バッグス・バニーのぶっちぎりショー」ではが担当。 現在の「バッグス・バニー・ショー」などでは、「」では、「ベビー・ルーニー・テューンズ」ではが担当している。 また、アンティーク・アニメコレクションでは公式吹き替えで役を務めるが担当している。 出演作品 [ ] 短編映画 [ ]• Porky's Duck Hunt 1937年• Daffy Duck and Egghead 1938年• What Prince Porky 1938年• Porky and Daffy 1938年• The Daffy Doc. 1938年• Daffy Duck in Hollywood 1938年• Daffy Duck and the Dinosaur 1939年• Scalp Trouble 1939年• Wise Quacks 1939年• You Ought to Be in Pictures 1940年• The Henpecked Duck 1941年• My Favorite Duck 1942年• To Duck or Not to Duck 1943年• Yankee Doodle Daffy 1943年• Scrap Happy Daffy 1943年• A Corny Concert 1943年• Daffy the Commando 1943年• Slightly Daffy 1944年• Plane Daffy 1944年• Draftee Daffy 1945年• Book Revue 1946年• Baby Bottleneck 1946年• Daffy Doodles 1946年• Hollywood Daffy 1946年• The Great Piggy Bank Rebbery 1946年• A Pest in the House 1947年• Mexican Joyride 1947年• What Makes Daffy Duck 1948年• The Up - Standing Sitter 1948年• The Stupor Salesman 1948年• Riff Raffy Daffy 1948年• Wise Quackers 1949年• Holiday For Drumsticks 1949年• Daffy Duck Hunt 1949年• Boobs in them Woods 1950年• The Scarlet Pumpernickel 1950年• タイトル不明 1950年• Golden Yeggs 1950年• The Ducksters 1950年• Rabbit Fire 1951年• Drip-Along Daffy 1951年• The Prize Pest 1951年• Thumb Fun 1952年• Cracked Quack 1952年• Rabbit Seasoning 1952年• The Super Snooper 1952年• Fool Coverage 1952年• Duck Amuck 1953年• Muscle Tussle 1953年• Duck! Rabbit,Duck! 1953年• Design for Leaving 1954年• Quack Shot 1954年• My Little Duckaroo 1954年• Beanstalk Bunny 1955年• Stork Naked 1955年• Sahara Hare 1955年 カメオ出演• This Is a Life? 1955年• Dime to Retire 1955年• The High and the Flighty 1956年• Rocked Squad 1956年• Stupor Duck 1956年• A Star Is Bored 1956年• Deduce, You Say 1956年• Ali Baba Bunny 1957年• Boston Quackie 1957年• Ducking the Devil 1957年• Show Biz Bugs 1957年• Don't Axe Me 1958年• Robin Hood Daffy 1958年• China Jones 1959年• Apes of Wrath 1959年 カメオ出演• Person to Bunny 1960年• The Abominable Snow Rabbit 1961年• Daffy's inn Trouble 1961年• Good Noose 1962年• Fast Buck Duck 1963年• The Million Hare 1963年• Aqua Duck 1963年• The Iceman Ducketh 1964年• Assault and Peppered 1965年• Suppressed Duck 1965年• Corn on the Cop 1965年• Chili Corn Corny 1965年• Go Go Amigo 1965年• The Astroduck 1966年• Daffy Rents 1966年• Feather Finger 1966年• Daffy's Diner 1967年• Go Away Stowaway 1967年• Flesta Fiasco 1967年• Box Office Bunny 1991年• Carrotblanca 1995年• Superior Duck 1996年 このキャラクター以外の作品は「」を参照 長編映画 [ ]• (Looney Tunes:Back in Action、2003年)• (Space Jam、1996年)• (Who Framed Roger Rabbit、1988年) テレビ放送 [ ]• Tiny Toons 1990年-1995年• Baby Looney Tunes 2003年-2006年• Duck Dodgers 2003年-2005年• The Looney Tunes Show 2011年-2014年 DVD [ ] ダフィーのみのを記述する。 アンティーク・アニメコレクション「ダフィー・ダック」 脚注 [ ] [].

次の

ダフィー・ウォーズ

ダフィー ダック

内容 舞台は未来の地球。 この世界である一大危機が迫っていた。 その理由はシェービングクリームの原料のイリジウムが深刻に不足していたためだった。 そしてそのイリジウムが存在するのは、惑星Xのみだという。 ドジャースはすぐに宇宙空港に行き、助手である若き宇宙飛行士(ポーキー・ピッグ)とその惑星Xへと旅立った。 若き宇宙飛行士の助言(惑星をアルファベットの順番通りにたどれば惑星Xにたどり着く)を頼りに惑星Xへ着いたドジャース一行はこの星を地球のものと宣言した。 しかしその時、火星のロケットが着陸し、中から出てきた火星人()も惑星Xを火星のものと宣言した。 こうして惑星Xを巡ってドジャースと火星人との戦争が始まるのである。 関連作品• こちらはゴッサマーが登場する。 「」原題:Rocket Squad 今作同様未来を舞台にした作品。 ダフィーとポーキーの関係も対等になっており、ダフィーの言い間違いにどもりながらも突っ込んでいる。 「」原題:Superior Duck 今作同様未来が舞台の作品で、1956年公開の「ステューパー・ダック(Stupor Duck)」と同様のパロディ。 今作におけるネタが流用されている。 他のルーニー・テューンズのキャラも多数登場し、スーパーマン本人も登場する。 以上の作品は、今作と同監督である(チャールズ・M・ジョーンズ)が監督した。 「」 今作が原作となったテレビアニメ。 今作のキャラは全員出演している。 ポーキーやマービンが演じる役にそれぞれ名前が追加され、一部のルーニー・テューンズキャラや過去の作品のパロディも見受けられる。

次の

ルーニー・テューンズ ダフィー・ダックのブリキ看板の通販・販売

ダフィー ダック

概説 [ ] このダフィー・ダックは、初期から登場しており、ルーニー・テューンズが終了する前年の1968年まで出演し続けた。 初期は今とは目も大きくかなりデザインが違っていた。 主にポーキー・ピッグ、と共演しており、主演作に「」がある。 喋る時の破裂音が特徴的で、口癖は、「お前ってサイテー! You're despicable! 」である。 (旧版では「こういうのってありなのかよ」である)。 また、現日本語吹替え版では、時々語尾が妙な丁寧語になることが多い。 性格は、初期と現在とでは大きく異なる。 初期の性格はとにかく明るくお調子者で、観客の笑いを誘う役、いわゆる"スクリューボール・キャラクター"の一躍を担っていた。 その例として『(原題:My Favorite Duck、1942年)』では、共演していたポーキーに「イカれたカモ」、「完全にイカれてる」と言われるほどである。 初期のダフィーは、笑い方が特徴で自分が相手を打ち負かした後などにを上げて喜んでいた。 しかし、『(原題:Rabbit Fire、1951年)』からダフィーの性格を一新し、現在の虚栄心が強く自己中心的な性格で、バッグスをスターの座から落としいれようとする性格に変わった。 また、バッグスのことは自分よりも人気が下だと思っており、ショーの看板で自分を差し置いてバッグスの名前が先に出ていると、「あのウサギ(バッグス)の名前が先だと!? そしてショーの責任者に「あいつ(バッグス)はシロップ漬けにしてもハエ1匹寄り付かない。 」と言い張る程(短編「ショービズはキビシ」より)である。 ちなみに好きなスポーツは、であり、よく「テニスやらない? 」と言って相手を誘う。 ちなみにアヒルとよく勘違いされているが、彼はである 「」や、一部の作品ではアヒルとして扱われているが、劇場版で「アヒル? 」と言われた際、即座に否定した。 ガールフレンドにがいる では、。 公開の『 原題:Porky's Duck Hunt 』でデビュー。 「」ではとの共演を果たした。 声優 [ ] ダフィーのはが初代で、「バッグス・バニーのぶっちぎりショー」ではが担当。 現在の「バッグス・バニー・ショー」などでは、「」では、「ベビー・ルーニー・テューンズ」ではが担当している。 また、アンティーク・アニメコレクションでは公式吹き替えで役を務めるが担当している。 出演作品 [ ] 短編映画 [ ]• Porky's Duck Hunt 1937年• Daffy Duck and Egghead 1938年• What Prince Porky 1938年• Porky and Daffy 1938年• The Daffy Doc. 1938年• Daffy Duck in Hollywood 1938年• Daffy Duck and the Dinosaur 1939年• Scalp Trouble 1939年• Wise Quacks 1939年• You Ought to Be in Pictures 1940年• The Henpecked Duck 1941年• My Favorite Duck 1942年• To Duck or Not to Duck 1943年• Yankee Doodle Daffy 1943年• Scrap Happy Daffy 1943年• A Corny Concert 1943年• Daffy the Commando 1943年• Slightly Daffy 1944年• Plane Daffy 1944年• Draftee Daffy 1945年• Book Revue 1946年• Baby Bottleneck 1946年• Daffy Doodles 1946年• Hollywood Daffy 1946年• The Great Piggy Bank Rebbery 1946年• A Pest in the House 1947年• Mexican Joyride 1947年• What Makes Daffy Duck 1948年• The Up - Standing Sitter 1948年• The Stupor Salesman 1948年• Riff Raffy Daffy 1948年• Wise Quackers 1949年• Holiday For Drumsticks 1949年• Daffy Duck Hunt 1949年• Boobs in them Woods 1950年• The Scarlet Pumpernickel 1950年• タイトル不明 1950年• Golden Yeggs 1950年• The Ducksters 1950年• Rabbit Fire 1951年• Drip-Along Daffy 1951年• The Prize Pest 1951年• Thumb Fun 1952年• Cracked Quack 1952年• Rabbit Seasoning 1952年• The Super Snooper 1952年• Fool Coverage 1952年• Duck Amuck 1953年• Muscle Tussle 1953年• Duck! Rabbit,Duck! 1953年• Design for Leaving 1954年• Quack Shot 1954年• My Little Duckaroo 1954年• Beanstalk Bunny 1955年• Stork Naked 1955年• Sahara Hare 1955年 カメオ出演• This Is a Life? 1955年• Dime to Retire 1955年• The High and the Flighty 1956年• Rocked Squad 1956年• Stupor Duck 1956年• A Star Is Bored 1956年• Deduce, You Say 1956年• Ali Baba Bunny 1957年• Boston Quackie 1957年• Ducking the Devil 1957年• Show Biz Bugs 1957年• Don't Axe Me 1958年• Robin Hood Daffy 1958年• China Jones 1959年• Apes of Wrath 1959年 カメオ出演• Person to Bunny 1960年• The Abominable Snow Rabbit 1961年• Daffy's inn Trouble 1961年• Good Noose 1962年• Fast Buck Duck 1963年• The Million Hare 1963年• Aqua Duck 1963年• The Iceman Ducketh 1964年• Assault and Peppered 1965年• Suppressed Duck 1965年• Corn on the Cop 1965年• Chili Corn Corny 1965年• Go Go Amigo 1965年• The Astroduck 1966年• Daffy Rents 1966年• Feather Finger 1966年• Daffy's Diner 1967年• Go Away Stowaway 1967年• Flesta Fiasco 1967年• Box Office Bunny 1991年• Carrotblanca 1995年• Superior Duck 1996年 このキャラクター以外の作品は「」を参照 長編映画 [ ]• (Looney Tunes:Back in Action、2003年)• (Space Jam、1996年)• (Who Framed Roger Rabbit、1988年) テレビ放送 [ ]• Tiny Toons 1990年-1995年• Baby Looney Tunes 2003年-2006年• Duck Dodgers 2003年-2005年• The Looney Tunes Show 2011年-2014年 DVD [ ] ダフィーのみのを記述する。 アンティーク・アニメコレクション「ダフィー・ダック」 脚注 [ ] [].

次の