ベーカー 嚢腫。 膝裏の腫れと違和感(特に中高年の方):ベーカー嚢腫|よくある症状・疾患|札幌スポーツクリニック|札幌市中央区の整形外科・内科・リハビリ科

膝裏の腫れと違和感(特に中高年の方):ベーカー嚢腫|よくある症状・疾患|札幌スポーツクリニック|札幌市中央区の整形外科・内科・リハビリ科

ベーカー 嚢腫

右膝が変形性膝関節症でしたが、さらに「ベーカー 嚢腫 ( のうしゅ ) 」だとわかりました。 長く歩くと右足が突っ張ります。 正座できず、階段の上り下りは痛いです。 手術を勧められていますが、怖いのでしたくありません。 手術以外の治療法はないですか。 (72歳女性) たまった液体 注射で抜く 井尻慎一郎 井尻整形外科院長(神戸市) 膝の裏に、黄色く粘った液体がたまる病気です。 膝を深く曲げたり、正座したりすると違和感があります。 液体がたまった袋(嚢腫)は、ピンポン球大に膨らむこともあります。 主な原因は二つです。 滑液と呼ばれる液体が入った「滑液包」というクッションの役割を果たす器官で炎症が起きて液体が過剰にたまる場合と、変形性膝関節症や関節リウマチなどでできた液体が後ろに押し出されて袋を作る場合です。 放置しても問題はないのですが、膝の曲げ伸ばしの邪魔になったり、神経や血管が圧迫されて膝から下にしびれや浮腫が起きたりしたら、注射で液体を抜きます。 1度抜いても、またたまることがあります。 数か月に1度の目安で注射を続けます。 袋自体の摘出手術は慎重に考えましょう。 膝の裏には大事な神経や血管があって、完全に摘出することが難しく、摘出できても再発の可能性はあります。 変形性膝関節症や関節リウマチがある場合は、先にその治療をし、その上でヒアルロン酸や、ほんの数回、長時間作用性ステロイドを投与します。 この治療で治まることもあります。 主治医と相談してください。 階段の上り下りで足が痛むのは変形性膝関節症の症状と思われます。 膝に問題のある人に正座は禁物です。

次の

右膝に「ベーカー嚢腫」 : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

ベーカー 嚢腫

奈良 大和郡山市 じゅん整骨院 膝裏の腫れ(ベーカー嚢腫)に対する新しい見解。 思考を簡素化して捉える。 じゅん整骨院には膝裏の水腫で悩んでいる患者さんが多く来院されます。 それもこれも、 の記事を読まれた方々が遠方から来られます。 同様の患者さんを診させてもらう機会が増え、 症例経験が多くなればなるほど見解も変わってきます。 今はベーカー嚢腫の原因や治療に対する考えが以前よりが変化してきました。 『もっともっと簡単に考えてもいいんじゃないか?』 なぜ起こるの? なんでそんな症状になるの? って事を余計な知識を含めずに考えていました。 ベーカー嚢腫とは上の画像のようにぷく~っと膝の裏に水のようなものがたまります。 この腫れは患者さんによって個人差があります。 小さい人も大きく腫れあがっている人も。 でも腫れ具合に個人差がある中でほとんどの方に診られる症状もあります。 ・太ももの前の筋肉に異常な緊張がある。 ・膝が軽度屈曲位 この二点だけはほとんどの患者さんに診られます。 さて、ここからが大切。 簡単に考えて見ましょう。 「太ももの前に緊張があり膝が伸びない」ってことですね。 このバランスが崩れた状態を安定させるために身体が反応します。 この反応こそが 膝裏の腫れなのです! 「膝裏に水腫を出すことで足の裏側に張り・緊張感を出させ、 伸びきらず曲がった膝の裏を安定させるための水腫です。 治療に関してですが、 膝が伸びるように身体を変えていく事で自然と膝裏の腫れは消えていくのです。 先ほど説明した通り、身体のバランスを安定させるための現象です。

次の

「ベーカー嚢腫」ってどんな病気?原因や症状、治療法は?

ベーカー 嚢腫

ベーカー嚢腫(のうしゅ) 高齢者の「少し気になる」「とても心配」といった 整形外科の病気について専門医が、 わかりやすく、正しく、くわしくお話をしています。 || いろいろな病気や骨折について ベーカー嚢腫(のうしゅ)とは? 膝の後ろにある滑液包といわれる袋で炎症が起こり、その袋に水が溜まることにより生ずる腫瘤(しゅりゅう)です。 滑液包は、関節が動くことにより生じる腱や靱帯の摩擦や機械的刺激を少なくするための潤滑油(滑液といいます)がはいった袋で、様々な関節の近くに存在します。 膝関節にも10数個の滑液包があるといわれています。 歴史的にベーカーという人が結核菌による膝関節炎に合併する嚢腫として初めて紹介したため、このような名前がついています。 実際は、結核菌による関節炎よりも、変形性膝関節症、慢性関節リウマチといった膝の関節炎に合併して起こることが大半です。 何故起こるの? 膝の裏側にある内側腓腹筋滑液包と半腱様半膜様筋滑液包といわれる滑液包の炎症により起こってきます。 どのくらいの人に起こるの? 50歳代の女性に好発します。 どんな症状が出るの? 痛みは少なく、膝の裏がはれている、膝を曲げる際に圧迫感、違和感がある、といった症状が主なものです。 ただ、袋の中に溜まった水が多くなってくると、内圧が高くなって強く痛んだり、袋が破れて周囲の静脈炎を起こしたりすることがあります。 どのように診断するの? 整形外科医であれば、膝の後ろ側に液体のはいった袋があるかどうかを触診で判断できます。 ただ、判断が難しい場合もあり、その時はエコーやMRIの検査をします。 また、同様な検査で、他の軟部腫瘍との鑑別や嚢腫の広がりを調べることもあります。 どんな治療があるの? 特に症状が無ければ治療の必要はありませんが、膝関節の可動域制限や痛みなどある場合には穿刺を行います。 つまり注射器に針をつけて刺して、内容物を吸引します。 一回の穿刺で収まることもありますが、数日で再発を起こすことがあります。 再発を繰り返すようなら穿刺後に炎症を抑える注射や飲み薬を用いますが、強い症状がなければ、時々穿刺を繰り返しながら経過を見ていく場合もよくありますし、関連する膝関節炎の治療を行えば消えていくこともあります。 手術的治療は侵襲が大きく、再発することもあるため、手術が行われることは多くありません。 ただ、痛みが強い場合などには手術も考えます。

次の