マスク いつ に なっ たら 買える の。 マスクいつから安くなる?手に入る安定して買える日は?出回るまでの流れ

AOKIマスクはオンラインで買える?次回販売いつで予約販売はある?

マスク いつ に なっ たら 買える の

新型コロナウィルス の影響でマスクが品切れになっていますが、いったいいつになったらマスク不足は解消するのか?マスクはいつから出回るのか?気になるところです。 日本ではマスクの生産量と輸入合わせてで年間で約55億枚ほど流通していますが全く足りていないためどこに行っても不足しています。 マスクは通常中国からの輸入が多いのですが、その中国がコロナウィルス の影響でマスク不足になり一時は逆に世界各国からマスクを輸入する事態になっていました。 そのため中国からのマスクの輸入が滞り日本のマスク不足は深刻化してしまい店頭から消えてしまいました。 マスクが増産されて実際にマスクがいつから安定するのか?マスク流通はいつから促進されて店頭に並ぶのかは3月中旬以降になる模様です。 マスク国内生産を3倍に増産してマスク不足解消へ 政府は国内の主要マスクメーカーにマスクの増産を指示しメーカーも増産を開始しましたがまだ一向に増える気配はありません。 加えて新規マスク生産をメーカー各社に要請して電気メーカーのシャープまで参入するようになりました。 政府がなぜシャープに打診したのかと言えば工場にクリーンルームがあり早く衛星的にマスクを製造することが可能なためシャープに要請していました。 それを受けてシャープもマスク製造に参入するようですね。 シャープマスクがいつから販売されるのかは3月中旬以降には1日15万枚程度の生産を開始するとのことなので3月中には市場に出て来そうです。 その後は1日あたり50万枚規模まで生産が可能になると言うことです。 このように既存のマスクメーカーに加え新規マスクを生産するメーカーも増えて通常の3倍増でマスクの供給が出来るようになるとのことですが実際に店頭に並ぶまでにはもう少し時間がかかりそうです。 マスクがいつから出回るのか不安になっている方も多いと思いますがマスクメーカーも全力で製造しているようです。 しかし最初に国や医療施設などから納入されるため店頭に並ぶまではもう少し時間がかかるようです。 このように製造されて絶対に必要なところから多く納入されることが予想されるためマスクがいつから安定供給されるのかは医療機関などにマスクが行き渡った後から徐々に安定するのではないでしょうか? またAmazonでマスクを購入したけど在庫があるのに全く届かないという方はなぜなのかを下記のリンクに詳しく記載していますのでどうぞ。 マスクの中国からの輸入は2月中旬から輸入再開 マスクの生産大国である中国からのマスクも2月中旬頃から再開された模様で1,000枚レベルで輸入されるようになっているようです。 経済産業省のホームページによれば3月1日以降は週に4,000枚から輸入されて3月9日の週にはさらに増えて10万枚レベルの輸入になる模様です。 さらに3月中には100万枚の輸入を目指し最終的に400万枚まで拡大するともことです。 これは2月28日時点に経済産業省がホームページで発表している数字です。 またマスク以外にも消毒液なども不足しているため詳しく案内がされています。 もっと詳しく状況を知りたい方はに経済産業省のホームページのリンクを貼っていますのでどうぞ。 マスクが増産されたり輸入が増えたりしても最初は医療機関などから優先的に納品されるため一般のドラッグストアなどの店頭に並ぶまではもう少し時間がかかるのではないでしょうか? 会社で起こるコロハラって何?が気になる人は下記のリンクからどうぞ マスクが売ってる場所はあるの? 2月の23日頃まではたまにドラッグストアでマスクを見かけていましたが2月末にはほとんど見かけなくなりました。 コンビニでもマスクを探してもほとんど見かけなくなりました。 ネットでも在庫なしと記載されている状態です。 たまにあってもぼったくり状態です。 ただ政府がこうした動きも自粛するよう要請しているため、売れなくなった業者がどこかで販売する可能性はあります。 しかしほとんどは現在の状況ではいつ入荷するのかわからないため、どこにマスクが売っているかはわかりません。 たまに入荷しても数量限定で大量購入は出来ません。 心理的に品薄になれば余計に欲しくなってしまいますが仕方ありません。 マスクが品薄になりトイレットペーパーやティッシュが品薄になるとのデマが流れ、一斉に人々が購入してしまいトイレットペーパーやティッシュまでも不足しています。 こちらはマスクとは関係ないため一時的に店頭から消えてしまいましたがすぐに解消されそうです。 誰かがSNSでデマ情報を発信したため全国的にこのような状況になったのですが世間はコロナウィルス に敏感になっている時にこのような噂があっという間に広がってしまうスピードは物凄いものです。 トイレットペーパーがないデマ情報が発生後にトイレットペーパーは在庫十分と言われてますが依然として買い占めが続く理由が気になる人は下記のリンクからどうぞ。

次の

マスクの売り切れはいつまで続く?通常の価格で買える場所を紹介!

マスク いつ に なっ たら 買える の

追記として、マスクをより確実に手に入れる方法を考察してみました。 が、生産量が追い付かない以上は一般消費者へ行き届くのは先の話になりそうです。 皆様こんにちは 先日WHOがの呼称を「COVID-19」にすると発表したようです。 巷では肺炎にしろとか発生源に因んだ名前にしろとの声もありますが、差別を助長するような呼び名は配慮する必要がある、との機関の談です。 が、何とも呼びづらいので、本記事は(新型)と書く事にします。 昨今のの影響により、マスクや除菌関連製品が欠品しています。 地方住まいのブログ主ですが、近辺で見かけたのはコンビニに売っている袋入りタイプかのマスクぐらいで それも品出し後数分で完売 、マスクを見かけたことがありません。 だけでは無くインフルエンザも心配(一家予防接種は受けていますが)。 加えて我が家では夫婦共々花粉症持ちの為、マスクが手に入らないのはかなり厳しいです。 果たしてこの状態はいつまで続くのか、個人的な意見になりますがつらつらと書いてみたいと思います。 そもそも日本に流通するマスクは中国製 や等、日本でマスクを生産している企業もあり現在24時間体制で生産を頑張って頂いていますが、そもそも日本に流通しているマスクの8割近くは輸入マスク、それも中国で製造されています。 参照:マスク生産 国内生産・輸入 数量 推移 は中国国内で製造されているマスクは自国に充てるようお達しを出している為、日本の等、外国資本の入っている企業以外(ここも当局の匙加減ですが)は日本を含む外国へマスクを輸出することを制限しています。 資本を挟まず丸々外注している企業にとっては大打撃です。 中国はウイルスの発生源ですし、まずは自国の需要を満たす、賛否両論かもしれませんが当局の判断は致し方ないのかなと思いますが。。 よって、日本は国内で生産されているマスクに頼らざるを得ないのが現状です。 中国製のマスクには頼れない。 この3割のみのシェアを有していた日本産マスクを国民全員に行き渡らせるにはかなりの時間を必要とするのではと考えます。 日本国内のマスク流通量は大幅に絞られている。 この前提を把握したうえで、不安を煽らず必要以上のマスクは買い控える事、これが重要だと思います。 マスクが足りない。 その理由について 1.マスクは消耗品。 一般的に流通しているマスクはご存知の通り使い捨てタイプです。 買い替えが必要だということになります。 箱入りで30~50枚入り、袋タイプだと3枚~10枚入をよく見かけますが、1人が1日1枚使っても単純に30枚は必要になります。 もし子供がいる3人家族だとしたら、1カ月毎にに2~3箱は必要になるのではないでしょうか。 現状この量を確保するのは難しいと個人的な経験から思います。 ただの風邪で有ればいざ知らず、を超える未曾有のの様相を呈しているから身を守る為には、学校や外出や仕事でマスクを付けたい、付けなくては、と思う人は少なくはないでしょう。 また周りがつけているのに自分は付けていない、というエチケット的な部分もあると思います。 この時期マスクも付けずせき込む方を見ると一抹の不安を抱きます。 こういった背景では1カ月分のマスクを確保しなければ(なんなら数カ月先まで)、という感情が湧いてもおかしくはないと推察します。 2.日本国内生産量の絶対数が需要に対して追い付いていない 中にはマスクを付けない方もいるし、毎日つけない、という人もいるでしょうが、一人30枚は必要と仮定します。 日本衛生材料工業連合会の統計資料を参考にすると、2018年の段階で日本国内製マスクの年間生産量は11億枚とのことです(海外生産マスクは44億枚)。 現在、国内メーカーが生産ペースを24時間の3交代制に上げているので、約3倍の生産量が見込めると考えても製造シーズン等条件を省きどんぶり勘定にはなりますが、月あたり3,000万枚以上は増産していると前提に置きます。 一方で、既存のマスク在庫 国内 数量については2018年で8億7千枚で、ピークの年で15億枚ありました。 最も在庫量が少ない年で2011年の4億枚は在庫として確保していた、ということを意味しています。 日本の総人口は1億2709 万4745 人(平成27 年10 月1日現在)となっており、その中で、乳幼児 0~2歳 は200万人程度ですが現実的に乳幼児にマスクを付けることは難しいと考えて、マスク着用世代から除外しても、1カ月間37億枚必要になります。 国民の半数はマスクをしない、と考えても19億枚です。 さらに着用者を絞り5人に1人がマスクをすると考えても、7億枚必要になります。 国内生産量に対して需要が全然足りていない、というか例年通り海外(中国)マスクをガンガン輸入させても、1月の生産量は1億枚にも満たないので、国民全員に1枚ですらも行き渡らせることすらできません。 しかしながら、そもそもマスク在庫は4億枚から15億枚あったはずです(昨年の統計が無いので憶測ですが)。 国内在庫を消費し需要を満たしつつ、増産して安定供給を行っていけば、本来であればマスクが足りない、という事態にはならないはずです。 しかし現実を見るとマスクの供給不足が発生しています。 なぜでしょうか?(すっとぼけ) 参照:統計局 3.中国国内の生産量も追いついていない ネット情報でソースは乏しいですが、中国の最大生産量は一日あたり約2千万枚以上に上る、との記載が一般的です。 月度ベースで換算すれば、60億枚です。 とてつもない量です。 他方で中国の人口は14億人とも言われています。 中国ではマスク未着用での外出は場合によっては拘束される可能性がある為、着用が必要な状況です。 よって日本以上にマスクは必需品となります。 マスクの備蓄量は勘定に入れていませんが、1カ月30枚の確保が14億人に必要と考えると、、、書くまでも無く全然足りません。 参照: 4.自分が使う以外の用途で購入している人がいる そもそも日本国内のマスク在庫量は1カ月程度であれば国民に行き渡る分のあった(はず)。 しかし現実は1月末には供給不足で店からマスクが消えました。 国内のマスクメーカーが24時間体制で生産を急いでいますが、国内製のマスクは国民の絶対数に対し供給不足。 そしてお隣の国中国も足りていない。 さらに問題に拍車をかけるのは、御存じ の存在です。 国という垣根を超えたネットオークションでマスクが国内に流出している 今起こっている現状を知るべく、メルカリやを見てみました。 そこでマスクを扱うオークションの質問欄を見ると、出品者の良心を疑うような訴えかけ&罵声もある一方で、同時に業者のような方からの問い合わせも見受けられます。 推測ですが、これら業者はクライアントから依頼を受けた輸出代行業者なのだと思われます。 マスクごときでここまでするのか、と驚きを隠せません。 も終わり、日本国内の中国人旅行者の数は減った為、実店舗での買い占めは減りましたが、今度は輸入代行業者を介して、中国本土から、日本のオークションでマスクを購入して中国本国へ発送しているのだと思われます。 恐らくですが、日本国内の在庫はによる中国人観光客の買い占め&オークションで大部分は国外へ流失していると考えられます。 何てったて中国国民は15億人いますから、いくつあってもマスクは足りません。 数の暴力です。 事実、中国宛のEMS(国際郵便)の遅延が発生しています。 航空機の確保の問題もあるかとは思いますが、以下のお知らせをが出しています。 1月27日(月)以降、国際郵便物(特に、中国、香港および宛て)のお引受けが急増したことから、外国宛て郵便物のお引受けから航空会社への引渡しまでの、郵便局における処理に大幅な遅れ(1週間以上)が発生しております。 また、航空会社からの情報では、中国向け航空機の運休等により搭載までに相当の時間がかかっているとのことです。 オークション品を出品している多くは所謂が占めている。 マスクの品薄問題は来週には収束する? 2月12日時点で政府がマスク不足の解消を高らかに宣言しております。 冒頭では月の生産量は3,000枚と試算していましたが、企業努力のお陰で予想を上回る週間1億枚のペースで生産できるとのことです。 月度4億枚のペースなので解消はできそうな気はします。 しかし、この1億枚はも含まれるでしょうし、月に消費するマスクの量は5人に1人が毎日使うことを想定しても7億枚は必要と試算しました。 加えての存在もあります。 今もなお、1個人が数千、数万枚単位でオークションにて取引がある以上、1億枚という枚数は心もとないです。 どんどん中国へ流出してます。 中国がワクチンを接種しもう大丈夫、収束した。 と言うまでは中国国内のマスク需要は減らないといえると思います。 マスク無しで外出が出来ない地域がある以上、マスクは無くてはならない存在です。 よって、中国14億人の需要が満たされない限り、日本のオークションの取引は続きますし、マスク転売も減らないと考えます。 は発生から収束迄半年以上を要しています。 前例を倣うと半年以上は掛かるかもしれません。 そう考えるとあと数カ月はこの状態が続くのでは、と推測します。 他方で、ワクチンの開発まで1年以上は要する、という算出も目にします。 試算にしかなりませんが、マスクの供給が安定するまであと数か月は覚悟しておく必要があると思います。 極東のみの局所的な問題ならいざ知らず、世界的なの様相を呈している為です。 3月14日以降は緩やかに入荷されていくものと思われますが、下記のような政府による緊急措置法に基づき感染が拡大している地域に優先して流通するなど、地域による偏りはあると思われます。 また、昨今のトイレットペーパーのように疑心暗鬼から転売目的ではない必要以上の買占めはあるのでは、と予想されます。 政府は来週にもマスクの転売を禁止する方針だが、緊急措置法の26条を適用し、懲役5年以下、または、300万円以下の罰金を科すことを検討している メーカーが増産体制が整えば、問題が解決する、というのは楽観的? 上述の通り、生産数が普段使に必要な絶対数すら間に合っていないので国内製造品だけでは賄いきれないのが現状です。 また、市場に流通しても転売での買い占めがある為、増産すれば解決するとは言い難いです。 増産についても生産ラインを拡大することは現実的では無く、やはりでカバーするほか無いので、生産スピードに際し、これ以上の劇的な変化は望めないかと思います。 3月4日追記:緊急措置法の26条が適用されればマスクや除菌スプレーをはじめとする衛生用品の転売が厳罰化される可能性も大きく、いよいよもっては封じ込められるのではないでしょうか。 マスク以外の防護策を講じる マスクと同じく除菌スプレーも品薄状態にありますが、除菌ハンドソープは現状流通量が確保されているようです。 手洗いはで効果的な為、確保しておく必要はあると思います。 またなんかでは花粉対策メガネという目をゴーグルのように覆えるメガネもあります。 目から感染するとの情報もあるので、目を保護することは有効な手かもしれません。 我が家も最悪の事態に備えて家族分を購入しました。 子供用もあるので便利です。 上子供用・下大人用 目を覆う構造。 これで100円! ブログ主は専門家ではないですが、汚れた手で目を掻く、口に手を当てる事による感染を防ぐ為やはり手洗いは重要だと思われます。 いくらマスクをつけていても、ウイルスの付いたマスクの表面を触ったり、手にウイルスが付いている状態で顔を触ってしまえばマスクだけでは防げないと思います。 因みに、品薄傾向にある除菌スプレーですがが展開するにはパストリーゼと成分が殆ど同じ、【アルコール78】なる食品にかけても無害な除菌スプレーが1リットル500円程度で安価に販売されています。 我が家では、これも欠品するだろうな、と思いマスクが欠品してきた1月末に早めに買いそろえました。 主に車のハンドル、ドアノブやテーブル、マスク、洋服等こまめに吹きかけ除菌を徹底させています。 外出先でも子供がトイレに行きたがるので除菌スプレーは携行します。 どうやら広告を打ったようで、先週末より欠品が目立つようになりました マスクは安心感がありあるに越したことは無いですが、まだまだ探せばができる製品はあるので、マスクにせず、先手を打って自衛を行っていくべきだと思います。 まとめ ・日本製マスクのシェアは2割程度。 8割は Made in Chinaのマスク。 ・日本製マスクを増産体制、ても1カ月分の需要を確保できるか不透明。 ・中国も同様にマスクの品不足が続いている。 ・オークションサイトで日本国内のマスクが転売により中国へ流出している。 ・中国からの需要が減らない限りは日本国内の流通の安定化は難しい。 ・マスク以外の自衛策も必要(先手を打つ) ・政府が具体的な転売対策を進めているため、3月14日以降に緩やかにマスクは流通するものと予想されます。 政府の声明通り来週にはマスクの流通体制が整うことを願っています。 sucasamicasa.

次の

大王製紙マスクは販売はいつから?買える場所やネット通販はある?

マスク いつ に なっ たら 買える の

マスク売り切れいつまで続く? マスクの売り切れは2020年4月~5月中まで続きそう?な感じがしますね。 いま、多くの企業がマスクの生産に取りかかっているため、 3月~4月にかけてマスクが増産されているはずです。 そのため「3月末くらいから売り切れはなくなるかな?」と思いましたが、いまだ「普通に店頭にマスクが並ぶ」という状況にはなっていないようですね。 マスクは確実に増えていますが、先に「医療機関」などに渡っているようです。 ドラッグストアやコンビニで普通にマスクが買えるのは、もう少し先になりそうですね。 マスク生産状況について マスク生産状況について、ニュースなどで公式に発表されたことを時系列にまとめています。 2020年2月12日時点の状況 2020年2月12日の会見で、菅官房長官が「来週以降マスク不足が緩和する見通し」だと話されていました。 2月12日から考えて来週以降ということは、2月17日以降ということになります。 マスクの生産体制を強化してもらうように各企業へお願いしているため、来週以降(=2月17日以降) 「1億枚以上のマスクを供給できる予定」ということでした。 2020年2月17日以降に品薄が緩和するということは、 売り切れ続出が続くのも2月中で終わり?かと思っていたのですが、3月以降になりそうですね。 菅官房長官のお話もあくまで「見通し」ということでしたし、企業さんもいま頑張って生産してくださっていると思います。 新型コロナウイルスの影響で品薄になっているマスクについて、内閣官房長官 菅義偉氏は2月12日の会見で「来週以降」マスク不足が緩和される見通しであると話した。 1月28日に厚生労働省と経済産業省から企業へ生産体制の強化を「強く要請」済みであり、24時間生産などの体制強化で1億枚以上の供給ができる見通しがあるとし、その時期が「来週以降」だと説明した。 watch. impress. html) 2020年2月20日時点の状況 2月20日に、日本製紙連合会の矢嶋進会長が 「マスク品薄が解消されるのは、新型コロナウイルスが収束する頃だろう」と会見で話されていました。 収束するまではまだ時間がかかりそうなので、これが真実であれば困ってしまいます。 新型コロナウイルスが収束する頃となると・・・夏頃になってしまいそうな予感です。。。 日本製紙連合会の矢嶋進会長(王子ホールディングス会長)は20日、新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受けたマスクの品薄状態について「(平常に戻るのは)中国でウイルスが収まるころになるだろう」と述べ、当面はマスクが手に入りにくい状況が続くとの見通しを示した。 東京都内で開いた定例記者会見で質問に答えた。 yahoo. つまり、 3月中には少なくとも「6億枚以上のマスク」が供給されるということになります。 また「医療機関などからじょじょに出荷されるので、 店頭に並ぶまでは時間がかかることが想定される」とも話されていました。 3月頃には病院などの医療機関に対してマスクが供給され、そのあとドラッグストアやスーパーなどに並ぶということですね。 ・・・ということは、3月終わり~4月頃にかけて、マスクの売り切れが解消される可能性もありますね。 菅官房長官は、衆議院予算委員会で、品薄状態にあるマスクについて、「来月には、月産6億枚を超える規模の供給を図ることになっている。 在庫が不足する医療機関などから徐々に出荷されるため、店頭に並ぶまでは時間がかかることも想定されるが、できるかぎり早く、品切れが緩和されるよう、さらに増産を要請している。 買い占めをすることなく、1人でも多くの皆さんの手に渡るように、ご協力いただきたい」と述べました。 nhk. html) 2020年2月28日時点の状況 2020年2月28日、シャープさんが「3月なかばにマスクの生産を開始する」と発表されました。 政府からの緊急要請があったそうです。 しばらくのあいだは 1日あたり15万枚を生産し、3月中に出荷を始めるということです。 毎日15万枚を生産するということは、1週間で105万枚、1ヶ月(30日)で450万枚になりますね。 さらに、最終的には 1日あたり50万枚のマスクを生産できるようにする予定とのことです。 とても心強いですね! シャープさんはもともとマスクの生産はしていないので、異業種からの初参戦となります。 液晶ディスプレーを生産する「クリーンルーム」を使うようですね。 いま「マスク不足」に対して不安に思っていらっしゃる方が多いので、このような朗報をきくと気持ちも明るくなりますね。 ^^ 政府からも、 約3,000万円の補助金が出されるそうです。 シャープは28日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けた政府の緊急要請に応じ、3月半ばからマスクの生産を始めることを明らかにした。 当面は1日あたり15万枚を生産し、同月中にも出荷を開始する。 政府は新型コロナウイルス対策の予算で設備投資費などを補助する。 シャープによると、液晶ディスプレーを生産する三重工場(三重県多気町)のクリーンルームを活用し、当面は3つの製造ラインでマスクを生産する。 最終的には10ラインに増やし、生産能力を1日あたり50万枚まで上げるという。 政府は感染拡大阻止に向けた取り組みを支援するため、令和元年度予算の予備費から103億円の支出を決定した。 マスク生産設備の導入事業も対象で、シャープには3000万円程度を補助する見通しだ。 yahoo. つまり、下記の企業において「マスク生産の製造ラインを強化する」「新たにマスクの製造ラインを設置する」などが行われることになります。 もっとシンプルにいうと、とにかく 「マスクの生産量が増える」ということですね。 meti. meti. html) これだけの企業でマスク増産が計画されているので、品薄解消まであと少し!といった感じでしょうか。 日本国内でマスクの生産数が増える? 政府から、マスクを生産している企業に「生産数を増やしてほしい」とお願いしているとのことです。 いままで、日本で使われているマスクは中国製が多かったのですが、国内でのマスク生産量を1. 5倍に増やすことを目標に進めているようです。 中国製のマスクを使っても大丈夫なのか?安全性については「」にまとめています。 マスクの製造ラインを増やして増産した企業には補助金も出されるとのことなので、各企業もいま頑張って生産中だと思います。 余ったマスクは政府が買い上げるとのことなので、マスク製造会社は安心して日本製マスクを増産していただきたいですね。 政府は、マスクメーカーなどに増産を要請していて、生産ラインを増強した大企業には、設備投資額の最大3分の2を、中小企業には4分の3を補助する方針。 予算額は4億5,000万円で、需要が落ち着いたあとに余った場合は、政府が買い上げる方向。 fnn. いま、医療機関でもマスク不足が深刻です。 そのため先に医療機関などにマスクが渡るため、いまの時点では増産しても追いついていない状況なのですね。 しかも、 入荷されると最初のうちは一気に売れてしまう可能性が高いですよね・・・。 そのため「マスクの品薄」は、もうしばらくのあいだ続くのではないでしょうか。 マスクも大事ですが「毎日の手洗い」も忘れずに習慣にしていきたいですね。 正しい手洗い方法を「」にまとめていますので、洗い残しがないようにしっかり洗いましょう。 マスクをすることで安心して、逆に手洗いがおそろかになる方も多いようなので気をつけてくださいね! マスク売り切れで買えない場合はどうする? マスクがお店に売っていない場合はどうすれば良いのでしょうか? 通販で注文する 近くのお店でマスクが買えない場合は 「通販で買う」という選択肢もあります。 通販だと、日本製のマスクが少しずつ入荷してきているようです。 ただ、やはり人気のため 数時間前は在庫があったマスクも気づいたら売り切れというパターンも多いですが・・・。 欲しいマスクの在庫に気づいたら、急いで購入するとゲットできるかもしれません。 手作りする 「手作り」するという選択肢もあります。 じっさい、手作りマスクを自作している方々もいらっしゃるようです。 「」という記事にマスクの作り方が載っていたので、ためしてみても良いかもしれませんね。 いちから材料をそろえるのはめんどう・・・という場合は「マスクの手作りキット」もありますよ。 日本でマスク売り切れの理由・・・1つは中国人観光客の爆買い? マスクが売り切れの理由はいくつかあると思いますが・・・理由の1つは「中国人観光客の爆買い」といわれているようです。 訪日中の中国人観光客たちが「日本にいる間にマスクを購入しておこう」と爆買いしていたのですね。 「春節」で日本にも多くの中国人観光客が押し寄せていました。 「春節」とは中国の旧正月です。 昔からある大型連休・祝日のようなものですね。 2020年の「春節」は1月24日~1月30日で7連休となっていました。 そのため、1月24日~1月30日のあいだは日本に観光に来た中国人観光客がとても多かったんですね。 中国では日本以上に「新型コロナウイルス」が流行していて、多くの方がマスクをつけています。 そのため、 中国でもマスクが売り切れ状態になっていたんです。 中国で新型コロナウイルスが公表されてから一斉に国民がマスクを求め始めたので、一気に品薄になったのですね。 ちなみに「」でまとめているように、中国では2019年にすでに新型コロナウイルスが発生していました。 日本でも感染者が増えていますが、退院された方々もいらっしゃいます。 新型コロナウイルスに感染したら治るのか?については「」にまとめています。 中国でマスクが売り切れなので、とうぜん日本に来たらマスクを大量に購入するだろう、とは思いますが・・・ ふだんマスクが売り切れになることなんて滅多にありませんよね。 日本でも「マスク売り切れのお店が続出」する事態になっているのは驚きです。 マスクの正しい使い方 マスクをつけるときは、こまめに取り替えて清潔なマスクを使用することが大事です。 マスクは息苦しくなる場合もありますが、 マスクから鼻を出していては意味がないのでしっかりと装着しましょう。 また、外出中に 手洗いをせずにマスクの表面を触ってしまうと、手についた菌がマスクに付着する可能性が高いです。 そのまま同じマスクをつけたままにしていると、外すときに手や口元を触ったりして逆にウイルスが体内に入ってしまうことも。 とにかく、顔を触る前に手洗いをすることが大切です。 まとめ 手洗い・マスクでお互いに予防を意識することが大切ですね。 新型コロナウイルスの予防は「手洗い」「換気」などが有効だといわれているので、手や空気を清潔に保ちましょう。 感染しやすい場所については「」にまとめています。 新型コロナウイルスが早く収束しますように・・・!.

次の