タイトリスト ウェッジ sm8。 タイトリスト VOKEY(ボーケイ)SM8 ウェッジの試打&評価/さらなる進化で寄せやすい│楽しい GOLF LIFE

タイトリスト ボーケイデザイン SM8 ツアークローム ウェッジ解説

タイトリスト ウェッジ sm8

オグさんです。 今回はタイトリストのウェッジ、「ボーケイ・SM8」の試打レビューをお送りします。 ボーケイ「SM8」ウェッジ スピン・ミルドの8代目 「ボーケイ」とは、米国のゴルフギアメーカーであるアクシネット社の持つブランド「タイトリスト」に属するウェッジのブランドです。 名前は同社のマスタークラフトマンである、ボブ・ボーケイ氏からとられたもの。 プロツアーでの実績を積み重ねた高い性能が評価され、トッププロからアマまで、深い信頼と高い人気を獲得しています。 今回試打させてもらったモデルは「SM8」というモデル。 SM「はスピン・ミルド」の名前のイニシャル、「8」はシリーズの8代目ということを指しています。 ゴルフブランドで8代も続くというのは非常に珍しいこと。 時代にごとのゴルファーのニーズに、性能で応え続けていた証と言えます。 前作「SM7」よりもインパクトが安定 先代の「SM7」も非常に評価の高かったモデルですが、SM8では重心を前方に持ってくることでインパクト時の安定性を高めているのだとか。 またロフト角ごとに溝の幅を変えるグルーブ設計、溝と溝の間に精密ミーリング加工を施すなど、スピンコントロール性能も高めています。 重心を打点に合わせ、弾道や飛距離のコントロール性能を高めるプログレッシブCGデザイン、重心を浅くすることでインパクト時の安定性を高めるなど、使いやすさと性能を磨いたスピン・ミルドシリーズの8代目 やや面長のシェイプ。 トップブレードにわずかな丸みを持たせ、プレッシャーを感じさせないやわらかい顔をしています ロフト角ごとに溝の幅を変えるなど、番手に求められる性能を追求した妥協のない設計。 溝と溝との間に精密加工されたミーリングを施すなど、手の込んだ作りになっています 6種類のソールタイプを用意 スピン・ミルドシリーズの大きな特徴のひとつといえるのが豊富なグラインド(ソールの形状)バリエーションです。 SM8でももちろん健在で、6種類のグラインドが用意されています。 グラインドは、ウェッジの性能を決める非常に重要な部分です。 ソール部分の出っ張り、つまりバンスを、打ち方によって強く効かせるのか、それとも効果を抑えるのか、そういう効き具合を調整するのがグラインドの役目です。 ウェッジの打ち方、使い方はたくさんあります。 フェースを目標に向けて打つ、フェースを開いて打つ、ハンドファーストに構えてロフトを抑えて打つなど、どんな弾道を打ち、寄せたいかによってさまざまなテクニックがあります。 そしてそのテクニック、ヘッドの入射角やバンスの使い方はゴルファーそれぞれでみな異なります。 だからボーケイウェッジは、ロフト角、バンス角だけでなく、グラインドも多くのバリエーションを用意しているのです。 開かないときはソールの中央付近のバンスが効果を発揮します。 ボールだけをクリーンに打ちたいならこの部分の張り出しが少ないソール形状のモデルを、ソールを使って打ちたい方は張り出しが大きいモデルを選ぶ必要があります。 ソールの形状でかなり使い勝手は変わります。 だから多くのバリエーションが用意されているのです 開いたときはヒール側の後方のソールが強く張り出します。 開いたときに強くバンスを効かせたい方はこの部分が出たままのグラインド形状のモデルを、スパッとヘッドを抜くように打ちたいならこのヒール部分を削ったモデルが打ち方にマッチします。 多少のミスでもボールを拾ってくれるやさしさがあります 少しだけヒール後方を落としているのは開いた時にバンスが効き過ぎないようにするため。 それでもかなり強く効く印象。 ボールの下を抜けてしまうようなミスが多い方におすすめのグラインドです 大きく削られているところがなく、バンスの効果を強く発揮するグラインドです。 フルショットを基本とする、ロフトの立った番手と相性がよかったですね。 また、特にテクニックを使うことなく、シンプルに打つにはバンスが効いて、ミスをかなり助けてくれる印象があります。 シリーズ通して、シャフトはいくつか用意されています。 基本的には、お使いのアイアンのシャフトに合わせて選ぶのがいいでしょう。 アイアンよりも軽いシャフトをウェッジに選ぶのはNGです。 なぜなら、フルスイングしないクラブなので、軽いシャフトだとタイミングが取りにくくなってしまうから。 それだけでなく、アイアンよりもウェッジのシャフトが軽いと、アイアンのスイングにも悪影響を及ぼしかねないのです。 「 NS PRO 950GH neo」が90g、「NS PRO MODUS3 TOUR 105」が100g、「ダイナミックゴールド S200」が約130gですので、アイアンのシャフトを下回らない重さのシャフトを選ぶのがいいと思います。 フェースを開かなくてもバンスを使いやすいので、開いて打つのが苦手な方におすすめしたいグラインドです Fグラインド同様、ソール全体でバンスを効かす形状ですが、ソール幅を広げて、刺さりにくさや滑りやすさを追求したモデルと言えます。 滑りやすいソールのため、少々のダフリは緩和してくれますし、やや鋭角にヘッドが入っても刺さりづらいので、極端なザックリにはなりにくいですね。 アベレージプレイヤーにはミスに強いやさしモデル、テクニックのあるゴルファーには、バンスを使いやすいモデルと言えます。 ソールの接地面が小さい形状ですが、ソール自体は適度に幅があり、打ち方によって当たる面積が大きく変わる印象です 削られている面積は広範囲ですがソール自体が幅広く、いろいろな面を使えるように考えられています。 構えや打ち方によって、かなり幅広い性能を発揮してくれそうです トゥ、ソール後方、ヒールと削られている面積は広いのですが、ソール中央のバンスがしっかり付いているグラインド。 ヌケはいいが、フェースを開かずに打つとちゃんとバンスがはたらき、開くと途端にヌケがよくなり、テクニックが使いやすい印象でした。 オートマチックにも打てて、テクニシャンが技術を思う存分使える、幅懐の広いモデルって感じで、なかなか使いやすいと思います。 Dグラインドと比べると、こちらはソール全体で接地するようにできているため、バンスの効果がマイルドになっている感じがします 全体的にバンスの効果をマイルドにし、ヌケがよく、テクニックが使いやすいモデルといった印象です。 とはいえスパスパ抜けるといった感じではなく、マイルドながらバンスが仕事をしてくれますので、難しい!といった感じはありません。 テクニックの使える方なら使いやすいと感じるでしょう。 初心者が使うと、微妙に助けてくれない感じを受けるかもしれませんが、これで練習したらうまくなりそうですね。 大きなミスや弾道のバラつきが少ない シチュエーションを変えて、6種のグラインドを打たせてもらいました。 感想としては、安定してスピンがかかるな、という印象。 強烈なバックスピン!というのは、グリーン周りが中心の試打ということもあり、できませんでしたが、どんな状況からでも安定してスピンがかかっていました。 球の上がり方にバラつきが少なく、大きなミスや弾道のバラつきが減ったな、というのがSM8全体に感じたことです。 SMシリーズはツアープロからのフィードバックをもとに開発されているため、ツアープロのためのモデル、つまり難しいモデルと思われている方がいらっしゃいますが、そんなことはありません。 ツアープロが使いやすいように設計されているのは間違いないですが、それがアマチュアにとって難しいウェッジとは限りません。 特に今回のSM8は安定感が非常に高く、FグラインドやKグラインドはミスにも強いので、安定したアプローチがしやすいモデルに仕上がっていると思いますね。 刈られた花道などの薄い芝からでもボールが拾いやすかったのはLグラインドやMグラインド グリーン周りのラフなど、やや沈んだ状態で安定感が高かったのはFグラインドとKグラインド バンカーは結構好みが分かれると思いますが、個人的に、狙ったように打てたのはDグラインド つま先上がりなど、しっかり構えにくいところでは、Kグラインドがよかったですね どんな環境でもしっかりとスピンがかかる、というのが今回の試打の印象。 ロフトの多いウェッジで転がそうとした場合は、かなり意識して芯を外さないと、スピンで止まっちゃいそうです ウェッジが苦手なら「F」や「D」 SM8はしっかりと進化をさせつつ、安定感が高まったことで、より安心して使えるウェッジになったと言えます。 個人的にはスピン性能がしっかりしたせいなのか、フルショットは少し飛ばなくなった印象があったので、アイアンのすぐ下のウェッジは購入前にしっかりフルショットの距離を確かめてから購入することをお勧めします。 またタイトリストは、自社のHPでウェッジセレクターを用意していますので、自分がどんなウェッジを使ったらいいかわからない!という方は一度試してみるとよいでしょう。 取材協力: 写真:野村知也.

次の

ボーケイの最新モデル「SM8」はどう進化した? プロがさっそく試打!

タイトリスト ウェッジ sm8

タイトリスト「ボーケイデザインSM8ウェッジ」 「たしかにボーケイデザインウェッジの基礎には、ツアープロが求める性能を持つウェッジという点はありますが、決してアマチュアが使って難しいウェッジではありません。 むしろやさしいと言っても良いかもしれません。 ウェッジデザイナーであるボブ・ボーケイ氏がツアーに通い、様々なプロから意見を聞き、完成させたのがスピンミルドシリーズで、発売されてからもプロはもちろん様々な角度から常に情報収集を行い、進化を重ねてきています。 最新型のSM8はその集大成と言えるんじゃないでしょうか」(小倉氏、以下同) SM8の特筆すべき点と言えば、やはりバリエーションの多さだ。 「ウェッジは様々なライからいかにボールをコントロールできるかが重要なクラブ。 ゴルファーの技量はもちろん、打ち方やコースの状況によっても使い勝手が大きく変わります。 「自社でウェッジフィッティングを行っていたり、HPで質問に答えながら自身にピッタリなモデルや組み合わせを推奨してくれるセレクターを作ったりとユーザーが自分に合った物を手に取りやすくなるような工夫をしっかりと行っていること。 こういった努力がブランドとしての価値をより一層高め、多くのゴルファーに受け入れられている要因だと思います」 もちろん、前提として評価されているのはウェッジとしての性能が高いから。 SM8ウェッジの機能面を小倉氏に解説してもらおう。 「重心を打点に合わせるプログレッシブCGデザインを採用し、前作より重心位置を変えずに浅重心化することでさらにインパクトの安定化を図っているそうです。 また溝もロフトごとに幅を変え、溝と溝の間にミーリング加工を施すなど、どんなライからでも安定したコントロールを可能にしてくれます」 小倉氏が試打を行ったのは、ソールのトレーリングエッジからヒールを小さく削ることで、高いバウンス効果と操作性を両立する、バランスタイプのSソール。

次の

タイトリスト ボーケイウェッジ[SM8]を購入された方に伺います。使...

タイトリスト ウェッジ sm8

ジョーズ、グライド3. たとえばタイトリストの最新モデル「ボーケイ SM8」ならば、ソールの形状だけで6種類があり、そこからさらにロフト、あるいはバウンスを選ぶ必要がある。 それだけどんなゴルファーにも合うモデルが見つけやすいことを意味するが、同時に、ある程度の知識がないとどれを選んでいいのかわからないということにもなる。 というわけで(やや乱暴ではあるが)ウェッジ人気4モデルのなかから、プロゴルファー・中村修が「このスペックがやさしい!」というものをピックアップした。 「まず、SM8ならば56度のFソール(バウンス14度)。 これはバウンスが非常に効いていて、ミスがミスになりません。 ソールの幅が広く、かつバウンス角も大きいので、ダフリのミスに非常に強いんです」 キャロウェイのジョーズ、そしてピンのグライド3. 0も、選んだのはワイドソールのモデルだ。 ピンのグライド3. 0も56度のワイドソール(WS)を選びました。 それぞれバウンスが12度と14度と、バウンスが効いているモデルです」(中村) 左からピン「グライド3. 0 56度WS」(14度)、タイトリスト「ボーケイSM8 56度Fグラインド」(14度)、キャロウェイ「ジョーズ56度Wグラインド」(12度)、テーラーメイド「ミルドグラインド ハイ・トゥ ビッグフット58度」(15度)の4モデル プロが愛用するウェッジは、フェースを開いたときに邪魔にならないようにソールが削られていたり、ボールにソリッドにコンタクトするためにバウンス角が最小限に抑えられていたりする。 が、プロのような技術のないアマチュアには、バウンス角は大きいほうが扱いやすいし、ソール幅は広めのほうがダフリに強くなる。 上にあげた4つの「やさしさ最強スペック」は、バウンス角の大きさ、あるいはソール幅の広さという条件のいずれか、あるいは両方を満たしたモデル。 「ショートゲームに多少なりとも不安を抱える人は、ローバウンスのモデルではなく、これらのワイドソールでハイバウンスなモデルを選んだほうが、スコアが良くなると思います」と中村。 「ピックアップした4つのスペックはどれもソールのバウンス角がハイバウンスなのが特徴です。 芝の上をソールが滑ってくれることでダフリやザックリのミスに強いのはもちろん、抜けがいいことで強く振る必要がなくなり距離感も合わせやすくなります。 プロのようにOKに寄せるというより、グリーン周りからとりあえず1ピンくらいに寄せておく。 そんな使い方にマッチします」 と、中村は胸を張る。 いずれもやさしい4モデルだが、それぞれに持ち味が違う では実際の使い心地はどうか、新小岩にあるゴルフスタジオ「PGST」の堀口宜篤プロにコースで打ってもらった。 まず、そもそもなぜハイバウンスがいいのか。 画像Aをぜひご覧いただきたい。 「写真左はインパクトの瞬間。 写真右は、別のショットではありますが、インパクト直後をとらえた写真です。 この2枚を比較すると、右の画像のほうがロフトが立っていますよね? これは、バウンスが地面に当たった瞬間にフェースが返るから。 バウンスがあることでフェースが返るから、刺さらずに抜けてくれるんです」(堀口) 画像A:ソールのバウンスが芝の上を滑りボールを運んでくれる 球をつかまえるのが苦手なアマチュアでも、バウンスが仕事をしてくれれば自然にボールをつかまえて、適度なスピンをかけることもできるというわけだ。 今回ピックアップした4モデルは、すべてこのような効果を期待できる。 だが、もちろんそれぞれに持ち味は異なるので、以下はそれぞれをモデルごとに見ていこう。 「ボーケイSM8 <56度Fグラインド>」はダウンブローで打ってもしっかり抜ける タイトリスト「ボーケイSM8<56度Fグラインド>」はバウンス角が14度ありソールの一番後ろの部分が高くなっているクラシカルなハイバウンスウェッジ。 どういう効果が期待できるのだろうか。 「バウンスの一番高いところがソールの後方にあるため、ボールを右足寄りに置いてリーディングエッジからボールをとらえようとしても、インパクト付近でバウンスが当たってくれます。 それ以降はクラブが地面に深く潜っていかず、ボールを前に運んでくれるため、スピンもよく入るんです。 フェースを開けばさらにバウンスが効くのでバンカーでも効果は抜群。 ハンドファーストが強い人におススメできるモデルです」(堀口) タイトリスト「ボーケイSM8の56度Fグラインド」はソール後方が高くなっている 「ジョーズ<56度Wグラインド>」は広いソールを滑らせるように打つと最強 キャロウェイの「ジョーズ<56度Wグラインド>」はバウンス角は12度ながらラウンドした幅広いソールが特徴。 いかにもソールが滑りそうな形状で、見た目にもダフリに強い。 「ソールが滑るのを感じられますね。 ボールを直接打つというより少しハンドファーストのままボールひとつ手前から滑らせて打つようなイメージだとやさしくフェースに乗せるようにボールを運んでくれます。 ハンドファーストが強くない人におススメできます。 ボールをすくおうとせず、ソールを滑らせるイメージを持てばオートマチックに打てます」(堀口) キャロウェイ「ジョーズ<56度Wグラインド>」はラウンドした幅広いソールが特徴的 グライド3. 0WSはバンカーに強い「開けるワイドソール」が特徴 ピン「グライド3. 0<56度WS>」はヒールからトウにかけて幅が広くなる形状。 「グライド3. 0ワイドソールはスクェアに構えてもしっかりバウンスが効いてくるので、ボールを右足寄りに置いても真ん中に置いてもバウンスの効果を感じられます。 ヒール側は幅が広くないのでフェースを開いてもバウンスが効きすぎずない。 ハンドダウンやハンドアップに構えを変化させることでバウンスの効果を調整することができます。 とくにバンカーでフェースを開くと砂に当たる面が大きくなるので砂を押しのけ爆発させてくれるからやさしく脱出できます。 バンカーが苦手な人におススメします」(堀口) ピン「グライド3. 0 56度ワイドソール」はヒールからトゥにかけて幅が広くなるソールを採用 「ビッグフット」はソール幅を感じさせない テーラーメイド「ミルドグラインド ハイ・トゥ ビッグフット」は見るからにソール幅が広くバウンス角も4本の中では15度と最大だ。 これだけあるとバウンスが邪魔になりそうな気すらしてくるが、無論、そんなことはない。 「ちょっとした驚きだったのですが、見た目と違ってまったく違和感がなく構えられてバウンスが邪魔になりません。 非常にオートマチックに打てて幅広ソールとバウンスの効果は絶大です。 ハンドファーストが強い人にはとくにおススメできます。 ソールのヒール側が削られているのでフェースを開いても使えますし、バンカーでも意外に抜けがよくて苦手な人にはかなりお助けウェッジになるのでは」(堀口).

次の