アブ 刺され たら。 蚊よりもかゆい、ブヨ(ブユ・ブト)に刺されたら!対策と対処法は?|YAMA HACK

アブに刺された時にする正しい処置|市販薬で効くものはある?

アブ 刺され たら

アブの特徴 アブとは 「昆虫綱 ハエ目 ハエ亜目」に属する昆虫の総称とする説が有力なのですが、範囲や定義が明確に整っておらず 曖昧な部分があります。 狭義な意味合いでは、その下層にあたる 「アブ科」に属する昆虫ともされているのです。 日本にもアブは 100種ほどが生息し、その内の 10種ほどが蚊と同様に人間も含めた動物からの 吸血種(雌のみ)になるのです。 アブの大きさは種類によってまちまちです。 たいてい 1センチメートル程度、大きいものでは3センチメートル程度になるものもいます。 頭部が大きく球状をしていて、触覚が短いですね。 また吸血種の雌の口吻は吸血するためによく発達しています。 胸部は大きく発達し,翅も大きくなります。 体色も種類によってまちまちで、 ハエの様に黒や茶系のもの、ハチのように黄色模様が入るものなどもいて本当に様々です。 このあたりも定義が曖昧なところからきていますね。 アブの生息地 アブは、日本でも都心部を離れるとよく見かけます。 北海道から九州まで日本全国の自然環境豊かな地に多く生息しています。 アブがあらわれる時期は地域により違いはありますが、 夏(6月から9月)になると最も活発で、 レジャーシーズンと重なるので人間も刺される被害に遭う機会が多くなります。 生息環境は、森林や川、沼などの水辺付近で人間が レジャーとして訪れる自然環境豊かな地には必ずと言って良いほどにあらわれます。 また、 吸血対象となる牛や馬などの家畜がいると家畜施設にもあらわれますね。 アブの生態 アブは基本的には 昼行性です。 このあたりも人間と活動時間がリンクしてしまいますね。 食性は、 幼虫の時は土中の小さな昆虫を捕食しますが、 成虫になると種によってまちまちで、花の蜜を吸ったり(ハナアブなど)他の昆虫を捕食(シオヤアブ、アオメアブなど)したりします。 吸血性のアブ(雌のみ)は 産卵に必要なたんぱく質の摂取のために牛や馬などの家畜動物や人間から吸血をします。 発達した口吻で動物の皮膚を指し(咬みつき)、傷口から出血した血を吸血します。 人間が刺された場合には、鋭い痛みを感じます。 繁殖は 卵生で、発生場所近くの葉などに産卵を行います。 卵は 1週間程度で羽化し、1年から3年程度(種によって異なる)の幼虫時代を過ごしたのち、蛹そして成虫へと育ちます。 飛ぶときは大きな羽音とともに素早く飛び回ります。 意外と素早いので驚いてしまいますね。 アブが動物を刺す目的は吸血 これまでもお話をしてまいりましたが、アブが動物や人間を刺すのは 吸血が目的になります。 これは産卵に必要なたんぱく質を摂取するための吸血です。 ハチなどは、防御のために刺しますが、アブは吸血が目的なのです。 ハチの場合には、ある程度離れれば襲ってくることはありませんが、アブは 吸血が目的なのでかなりしつこく付きまとってきます。 同じ吸血をする昆虫に蚊がいますが、蚊の場合には刺された時に 刺されたと気付かないほどに痛みはありません。 しかし アブの場合には、鋭い痛みを伴うのが厄介なところですね。 アブに刺された時の症状 アブに刺されると、まず刺された際に 強い痛みが伴います。 そして、患部には 腫れや痒みという症状があらわれます。 この腫れや痒みは、たいていの場合に 2日から3日程度で治まるのですが、時として 10日以上続くこともあるようです。 また、 発熱や化膿などへの悪化も懸念されます。 刺されたら適切に対処しましょう。 アブに刺された時の対処法 もしもアブに刺されてしまった場合には、「 まずは清潔な水で傷口を洗い流す」ことをしましょう。 消毒液があれば尚良いのですが、綺麗な水で洗い流すだけでも充分に効果的です。 次に 患部に市販の痒み止めを塗り様子を見ましょう。 痛みが気になる場合は患部を冷やすのも良いですね。 しかし、市販薬を塗ってもなかなか治まらない場合には、 皮膚科を受診して抗ヒスタミン薬やステロイド薬を処方してもらいましょう。 アブに刺されないための予防策 それでは、アブに刺されないようにするにはどうすれば良いのでしょうか。 まずは 服装から整えましょう。 肌の露出をおさえることが一番です。 特にアブに狙われやすいのが、 足首やすね部分です。 長ズボンに靴下、靴、さらには長袖に帽子も理想的ですね アブなどの虫よけ 「忌避剤」として、蚊取り線香のような煙の出るものや、 防虫スプレーがあります。 これらの活用もおすすめです。 また、 殺虫剤も携帯しておくと便利ですね。 危険ではないアブもいる これまでアブが厄介者としてご紹介をしてまいりましたが、 全てのアブが人間を刺す危険な昆虫ではありません。 アブの種類で人間を刺すのは一部なのです。 ハナアブ類 ハナアブ類などは、 花の蜜を吸う種で人間に対して害はありません。 それどころからミツバチ同様に 受粉を助けてくれます。 そして幼虫時代は、農作物の害虫となる アブラムシを食べてくれるのです。 幼虫時代、成虫時代ともに農業を助けてくれる益虫なのですね。 実はこのハナアブ、紛らわしいですが、分類的にはハエの仲間になるのですね。 ムシヒキアブ類 またムシヒキアブ類も ユニークです。 少々厳つい容姿をしたムシヒキアブ類は、他昆虫などを捕食する 肉食性のアブになります。 なんとその狩りの対象には、 スズメバチも含まれているのです。 素早い動きで相手をしとめる狩りの成功率は非常に高く、「 暗殺昆虫」という呼ばれ方もしています。 人間を刺すアブの仲間 一応、人間を刺すアブの代表格もご紹介しておきますね。 「ヤマトアブ」「アカウシアブ」この2種が人間を多く刺す種の代表となりますので、ご注意ください。 まとめ 今回は、アブについて色々とご紹介をしてまいりました。 夏のレジャーには必ずと言って良いほどに、その姿を見せるアブです。 刺されてしまうと、折角のレジャーも気持ちが滅入ってしまいますね。 レジャーに出掛ける際には、アブ対策もお忘れなく! そして、アブ全てを忌み嫌うのもやめましょう。 人を刺すアブはわずかな種類で、人畜無害となる種類のアブの方が多いのですから。

次の

ブヨに刺されたら?症状写真や対策、生息地まとめ。腫れが治らない虫刺され

アブ 刺され たら

スポンサードリンク 山や川などでアウトドアを楽しんでいるときや 外で遊んでいた子供がアブに刺されることもよくありますね。 アブに刺されたら激痛が走り、腫れや強いかゆみも出ますので、 冷やすなどの応急処置が必要です。 川や沼、水田といった湿地を好み、 雨上がりなどの湿度の高い日は特に注意が必要です。 活動する時間帯は朝や夕方になりますので、 湿気の多い日の早朝や夕方はアブをよく見かけますね。 アブも蚊と同じように人間の血を吸うのですが、 蚊とは違って皮膚を食いちぎるようにして血を吸ってきます。 これが激痛の原因であり、2~3日は腫れが収まらず、 強いかゆみに悩まされることになります。 特に子供が刺されたらそのときの痛みも大変ですが、 かゆみによって傷口をかいてしまうことで、 とびひなどの感染症を引き起こすこともあるためやっかいです。 冷やして止血するなど、速やかに応急処置をしましょう。 スポンサードリンク アブに刺されたときの応急処置 アブに刺されたときの応急処置ですが、 アブに刺されたら、まずは冷やす前に止血をします。 その際に気をつけたい点があります。 アブが刺すとき、同時に毒素も注入してきます。 この毒素は血を止まりにくくしたり、かゆみを誘発したりするので よく洗って、少しでも出してやる必要があります。 その方法は刺された箇所をきれいな水で洗いながら、 血を絞り出すようにすることです。 傷口から直接、口で吸い出すやり方をしている人もいますが、 こちらは素人にはあまりオススメできません。 しっかりと洗ったあとは冷たい水や氷で冷やし、腫れを抑えます。 最後に、市販の薬でいいので幹部に塗っていきましょう。 応急処置の手順をまとめると、以下のようになります。 冷静に対応すべし! 大人がアブに刺されてもそれほど慌てずに対処できるかと思いますが、 子供が刺された場合はパニックになる可能性がありますね。 そんなとき、応急処置をする親も慌ててはいけません。 親が慌てると子供も不安になってしまいますからね。 アブは蚊ほど刺される機会はないかと思いますが、 処置の内容を頭にいれておき、冷静に対応していきましょうね! アブの対策としては、腕や脚の露出を避けることや、 虫除けスプレーなどを使うなどの方法があります。 湿気の多い場所に行く場合はそういった対策もしっかりしておきましょう。 作成者:Masa.

次の

アブが発生する原因とは?アブの退治方法と予防対策

アブ 刺され たら

多分都会のど真ん中、会社の近所にチョッと大きな公園があって、そこを通るときにちょっと草むらに入ってしまい・・・多分その時にブヨに刺された!左足ふくらはぎ5か所。 通ったのは午前中、夕方あたりから「かゆいなあ?」と思って無意識に掻いていました。 事務所常備の普通の虫刺され薬をぬって2~3日、事務所で仕事をしながらボリボリ、とにかくかゆい!家で家事をしながらボリボリ、寝ている時も無意識にボリボリ。 とにかくかゆい!ちっとも治らないんです。 なんと、初めから美脚ではないが、左足が腫れあがってパンパン。 パンツの左足だけが入らない!!階段の上り下りが痛い!たかが虫刺されで?と侮ってはいけなかった。 治らないどころか、だんだん悪化してすごすご病院に行く羽目になりました。 ブヨに刺されたら、まず、体の中から毒を取り出すのが一番の対処方法です。 体の中から毒素が出れば、その後の症状もかなり緩和されます。 でも、慣れない素人は、頭でわかっていてもどうやったかわからないことが多いです。 現場では、舞い上がってしまうことも多いです。 注射器のような形で毒を絞りだすのが楽に素早くできます。 緊急の場合は、爪を立てて絞り出す方法が一番ですが、それだと痛いし、雑菌が入ってしまう可能性もあります。 ドラッグストア、薬局、通販で手軽に買えます。 刺された跡に当てて、注射器で採血をする要領で傷口から毒素を出すことができます。 子どもが、キャンプや、川遊びをするときは必ず持っていると便利です。 アブもブヨもハエの仲間です。 写真で見るとそっくりです。 そして、アブは基本的に自然の多い川や田んぼなどに生息します。 アブの特徴として皮膚を刺して血を吸うのではなく、皮膚を切り裂いて流れ出てくる血を吸います。 ぶよと、アブは、そっくりですよね。 そして、アブも、時間が経つにつれ皮膚が腫れて強いかゆみを覚え、かゆみは2~3週間続くこともあるので、掻きむしらないことや手当、場合によっては病院に行くことが大事です。 ここまでは、アブとブヨは、そっくりです。 違うことは、ブヨは2~5㎜ですが、アブは、2㎝~3cmあります。 そしてアブは、7月ごろから出回るようになり、9月頃までしかいません。 ブヨと、アブの特徴はそっくりですが、アブの方が刺されてもあまり重傷にはならないようです。 モシャモシャ毛が生えているペットは、アブ、ハチ、ブヨなんかには、刺されないだろうと思いますが、アブやブヨは、毛の薄い耳の中や目の縁を狙って刺します。 アブやブヨなどの毒虫に刺されると、刺咬症と言って炎症を起こします。 原因となる害虫によって症状は異なりますが、人間と同じで、赤く腫れたり、かゆみや痛みをともなったりします。 ペットの場合は、痒がらないしそのうち治ることもありますが、放っておくと刺咬症によって刺された跡をしきりに気にするようになり、舐めたりかきむしったりするなどの行動をとるようになります。 脱毛してしまう事もあります。 危険な場合もあるので気をつけてあげてください。 人間が腫れて大変な時はペットも大変です。

次の