アズレン アルバコア 演習。 【アズールレーン】アルバコアの評価とおすすめ装備【アズレン】|ゲームエイト

▒щ╜м

アズレン アルバコア 演習

大空を翔けよ!(^ワ^) ということで共闘コンテンツ【超空強襲波】。 先輩の言うようにニューカッスルのときとは異なり、攻撃に耐えながらどこまで削れるかを競うイベント。 概要 敵はレベル120のエセックス。 空母とは名ばかりの弾幕メイン。 レベル120だけあって敵の弾幕はほとんど被弾するものと考えましょう。 中華でもかなり削られます。 そのため壁役は回避を上げた高耐久重巡などがベスト。 一方で敵の回避は低いのか、レベル1シャングリラの攻撃もしっかり当たります。 闘志から紫パーツがドロップします。 報酬 報酬は全体報酬と個人報酬の2つ。 全体報酬ではイベントTOP画面にある攻略進捗が減ると限定装備の設計図が貰えます。 個人報酬は累計ポイント。 個人で獲得したポイントに応じて報酬が貰えます。 おそらく3万がMAX。 ただし全体での攻略進捗が進まないと解放されないため1万稼いでハイオシマイとはなりません。 攻略編成 手動推奨とありましたがオートで回しています。 誰も落ちないのでネックだったコンディションも問題ありません。 1戦のポイントを稼ぎたいなら手動魚雷を当てましょう。 また、90ゲージ前後での削りによるポイント増加が大きいため潜水艦を出撃させたほうが高効率となる場合も。 潜水艦は空母特効のアルバコアやU81がオススメ。 特殊弾幕の関係でアルバコアは中央が良いかと。 自分はU81が育っていないためU47に高火力の伊19。 U47の魚雷は連続でヒットすればかなりのダメージとなるので誘導2積の最優先候補。 手加減 必須はエルドリッジ。 編成してあげるだけで前衛が落ちることはまずありえません。 手加減の状態だからか、航空攻撃より戦艦主砲の方が効率削れています。 これでだいたい200前後のポイントを獲得できます。 集中 手加減から砲撃ダメージが10%ほど減。 そのためジャンバールをエセックスに変更しても削りは大きく変わりませんでした。 むしろ安定して削ることの出来る空母の方がポイントの振れ幅が少ないような? 敵の火力も向上しているのか、伊吹では落ちることもちらほら。 しょうがないので壁役はローンちゃんに変更。 いちおう油圧+応急を装備していますがたぶん過剰。 闘志 さらに砲撃ダメージが減。 残時間45、30、20、10で立ち止まり特殊弾幕。 ここを狙っての流星はかなり効果的。 燃費を考えても、この辺から航空メインに切り替えてよさそう。 前衛は変わらず高耐久重巡+エルドリッジ。 主力に一航戦。 敵の火力は上がっているはずですが、まだ落ちません。 重巡には油圧+応急、エルドリッジに応急x2で。 一航戦を運用する場合は3回攻撃可能なように航空機の選択に注意。 赤城にソードフィッシュ、加賀に流星が定番。 これで1回150P強、潜水艦有で250前後。 これシャングリラがちゃんとしていればもっとポイント効率良いのに・・・経験値無の弊害がここで;; 底力 最終形態。 空母メインで周回していたため削り効率が上がりました。 火力もそこまで変化を感じず、闘志と全く同じ編成で周回可能。 潜水艦なしで200弱、ありで250前後。 空母メインといえばセントーが筆頭ですが・・・ セントーはロケットx2+バラクーダとあまり強みを活かせない構成にしないと3回攻撃できません。 没後 航空ダメージデバフそのままに、砲撃等のダメージが通るようになっています。 加えて弾幕のダメージがゴミとなっているので、ある程度の耐久がある前衛なら余裕で生存できるでしょう。 個人報酬が残っている方もポイントが稼ぎやすい設計となっています。 まとめ 前回が美味しすぎたのもありますが、今回はだいぶ不味いイベント。 1戦でポイントを獲得できてしまうので、ポイント効率はいつもの数倍ではありますがその分見返りが少ない。 育成関係への影響がないのに、ドロップ品もかなりしょっぱいのがなあ。 せめて紫パーツくらいは欲しかったところ。 まあ、燃料をほぼ消費せずに金設計図を狙えるのでイベント期間中はガン回しする予定ではありますが。 外装箱は落ちないけれども設計図は結構コンスタントに落ちます。 そう考えるとまあまあ美味しい? あとドロップ品の判定が謎。 いちおう削りが大きくなれば良くなっている感があります。 削りを大きくするなら潜水艦が手っ取り早いところですが、20ゲージ削らずに金設計図もドロップしているので何とも言えません。

次の

【アズレン】演習:空母軸カミカゼ編成の紹介【飛重閃】

アズレン アルバコア 演習

【アズレン】アズールレーン Part5004 46 :名無しさん@お腹いっぱい。 ワッチョイW b9b1-HdFi [126. ワッチョイW ee97-1Er9 [153. 168. 175. net 既にアルバコア持ってる場合は黒塗りのアルバコア入手できるようにしろ 48 :名無しさん@お腹いっぱい。 ワッチョイW 2e2d-SVyu [121. net やーいおまえのアルバコア厚着~ 49 :名無しさん@お腹いっぱい。 ワッチョイW 1256-lIXt [133. 206. net アルバコア許されたか.

次の

【アズレン】演習:空母軸カミカゼ編成の紹介【飛重閃】

アズレン アルバコア 演習

未検証• 動画 ガトー級潜水艦は、第二次世界大戦で米海軍が使用した潜水艦級であり、ディーゼルエンジンと電気モーターを使用した従来の動力潜水艦に属します。 その後のバラオ級とテンチ級と共に、彼らは一緒になって第二次世界大戦中の米海軍の潜水艦隊の主力を構成しました。 当時の他の米国の潜水艦と同様に、77匹のネコザメ級の潜水艦が建造されました。 いずれも船の名前として水生生物の名前を使用していました。 ガトー級潜水艦はタンボール級潜水艦の設計を受け継いでおり、水中と水面での航続距離を拡大し、航続距離を延長しています。 これらの潜水艦は、日独間の貿易を混乱させ、戦略的物資の輸送を妨害し、戦争の勝利の背後にある英雄になりました。 太平洋戦争の初めに、真珠湾事件の深刻な損失のため、太平洋艦隊は日本の攻撃的な攻撃を止めるのに十分な軍艦を持っていませんでした。 潜水艦部隊(主に猫サメのクラス)は太平洋諸島への日本の交通と戦うために有名な「オオカミの群れ作戦」を開始しました。 太平洋艦隊に貴重な準備時間を与え、ミッドウェイ島の戦いとガダルカナルの戦いの状況を逆転させ、最終的に日本艦隊を打ち負かすことができました。 米国と日本がガダルカナルの血まみれの戦いに巻き込まれ、太平洋艦隊が4回の海戦(サンタクルスでのソロモンと海軍の最初の戦い、3回目の戦い)により大きな損失を被ったように、ガトー潜水艦は再び攻撃に大きな役割を果たしました島で日本軍を隔離した日本の輸送艦隊は、米軍に最終的な勝利をもたらしました。 海軍の歴史家の中には、「ガダルカナルの日本軍は、食糧がなくなったため、自分で米を切る必要がありました。 潜水艦は日本の輸送線を遮断した。 )」実際、日本の補給はすべて米国の潜水艦によってブロックされたわけではなかった。 大部分は米軍および他の米軍とガダルカナル島のヘンダーソン空港に置かれたによって投資された水上艦隊であった。 「航空チームは停止しました。 それでも、潜水艦は貢献しました。 輸送ラインを打つことに加えて、ガトー級は主要な戦闘現場で非常によく機能しました。 アルバコア アルバコア(USSアルバコアSS-218)は米海軍でガトー級潜水艦アルバコアという名前の第二船への1つ、米海軍の船。 アルバコアは、1941年4月21日にコネチカット州グロトンにあるボートカンパニーの造船所で建設を開始し、1942年に打ち上げられ、1942年6月1日に就役しました。 第二次世界大戦中、太平洋戦域で活躍していると5隻を負傷米国陸軍海軍委員会(JANAC)により確認済み。 しかし、それについては疑いの余地はありません。 米国のすべての潜水艦の中で1隻の船の最大トン数を沈める名誉を持っています。 第二次世界大戦での功績により、大統領部隊からの勲章を獲得しました。 スペックデータ 排水量(水上) 1549トン 排水量(水中) 2463トン 長さ 95メートル 幅 8. 2メートル 吃水 5. しかし、何日も戦った後、小沢の水上艦隊は発見されず、攻撃されました。 午前8時19分日米日本ベースの航空機が被っていない直前に、日本最大の空母狙っていた水没潜水艦艦隊小沢チームAで発見された。 午前9時に大豊で魚雷を発射しようとしていたとき、魚雷コンピュータは故障し、視覚的に6隻の魚雷しか発射できなかったが、その後、日本の駆逐艦に攻撃されて潜水しました。 日本人のパイロットが潜水し、魚雷の1つを爆破しましたが、その1つはいまだにに命中しています。 強力な潜水爆撃機は、喫水線の下の船体を魚雷に対する不適切な保護から保護するために設計されています。 正午に、米軍の有名な潜水艦(ガトー級と同じレベル)が6本の魚雷を発射し、少なくとも3発が命中し、すぐに戦闘力を失った。 14 :32分で沈没。 以前に魚雷に見舞われていた空母大豊も午後3時に異常に変化しました。 その魚雷はその時の大風のパイプラインを損傷し、パイプからオイルとガスが漏れ、空母の船体全体に浸透しました。 高い油とガスの濃度、および船内の人員による偶発的な火花が船内で火災を引き起こしました。 同時に、弾薬庫が爆発し、の腹部で大きな爆発を引き起こしました。 乗り換え巡洋艦は去りましたが、その通信施設は旗艦の旗艦としての役割を果たすには程遠いものでした。 同時に、移転による混乱のために、小沢は彼のパイロットの居場所を知らなかった、そして日本のパイロットの自己欺USのために、彼はアメリカ艦隊がひどく打撃を受けたと思った。 同じ日の18時28分に、と共にフィリピン海で死亡しました。 1944年10月に香港を出た後、アルバコアは消えました。 日本の敵の防衛チームの「暗号潜水艦潜水確認報告書No. 1」(1944年11月15日)によると、アルバコアは7月7日、北海道の北東部で撃沈されました。 1944年11月7日12時35分、日本のは、津軽海峡の東口と青森県下北半島の海岸防衛基地の海山岬灯台近くの海域で、大爆発を聞きました。 高さ約10メートルの水柱と、大量の燃料油、コルク、寝具、日用品、および貯蔵された食料が水面に浮かび上がりました。 12月21日、アルバコアは米軍によって行方不明と確認され、1945年3月30日に追放されました。 米軍は、戦後まで日本の記録からアルバコアの沈没についてこれ以上学ばなかった。 艦船の歴史 改装が完了し、新しいエリコン20mm大砲が設置されたアルバコアは、11月11日に2回目の警戒を行いました。 割り当てられた領域はセントジョージ、ニューブリテンの東海岸に沿って、ニューギニアの海峡、およびオフマダン港でした。 11月24日、潜水艦は2隻の貨物船の船団を発見しました。 アルバコアは所定の位置に移動し、2本の船尾管を発射しましたが、魚雷もその標的を発見しませんでした。 2日後の11月26日、アルバコア自身が攻撃されました。 2隻の日本の駆逐艦が爆撃し、爆発により圧力船体の周りに多数の小さな漏れが生じました。 2時間の追跡の後、日本軍は撤退し、アルバコアは警戒範囲をヴィティアズ海峡に移しました。 アルバコアが日本の駆逐艦3隻を発見した12月13日に、絶好の機会が生まれました。 3発の魚雷を発射しましたが、再び失敗しました。 12月18日、アルバコアはマダン沖に配置されました。 潜水艦は輸送機と駆逐艦と思われるものを発見しました。 エンジンのオーバーホール後、アルバコアは1943年1月20日に3回目の巡回を開始しました。 ニューギニアの北海岸沖で、同じくらいの日数で11の標的を発見しました。 2月20日に遭遇した最初の集団は、駆逐艦と機雷敷設機を護衛するフリゲート艦で構成されていました。 アルバコアは10隻の魚雷を発射し、駆逐艦を沈め、フリゲート艦を損傷したと信じていました。 翌日、アルバコアは1機のタンカー、複数の貨物船、および別の駆逐艦を攻撃しました。 これらの行動中に消費された8隻の魚雷のうち、全員が目標を逃しました。 アルバコアがブリスベンでの警戒を終了したとき3月11日、駆逐艦1隻とフリゲート艦1隻を合計2,250トン沈めたと認められました。 米軍がサイパンに上陸し始めた2日後の6月18日の朝、アルバコアはマリアナ諸島の西の位置からさらに100マイル南の新しい位置に移動しました。 チャールズ・アンドリュース・ロックウッド提督は、タウィ・タウィからサイパンに向かっていると伝えられる日本の小隊を潜水艦が迎撃できるように、この動きを命じた。 翌朝0800頃、アルバコアは潜望鏡を持ち上げ、小沢の主な空母集団の中心にいることに気づきました。 ブランチャードは、ある日本軍が無傷で通過することを許可し、2番目の航空会社を標的に選択しました。 潜水艦の魚雷データコンピューターは、5,300ヤードに入ると、誤った情報を提供し始めました。 命中の確率を最大化するために、ブランチャードは6本の艦首管をすべて発射しました。 空母は空爆の準備を進めていたため、パイロットの1機が意図的に飛行機を魚雷に突っ込み、早めに離陸させました。 3機の日本の駆逐艦がすぐにアルバコアを起訴。 潜水艦が脱出のために潜水している間、乗組員は1回の魚雷の爆発を聞きました。 それとほぼ同時に、潜水艦に25回の対潜攻撃が降り始めました。 それから、ブランチャードは大きな力の遠く離れた持続的な爆発を聞き、続いて別のものを聞いた。

次の