阪神 西宮 百貨店。 阪急百貨店・阪神百貨店の支払い方法

必見!阪神百貨店、キッチン売り場がスゴイ!

阪神 西宮 百貨店

兵庫県から絞り込み• 神戸市灘区 0• 神戸市兵庫区 0• 神戸市長田区 0• 神戸市須磨区 0• 神戸市垂水区 0• 神戸市北区 0• 神戸市中央区 0• 神戸市西区 0• 姫路市 0• 明石市 0• 洲本市 0• 芦屋市 0• 伊丹市 0• 相生市 0• 豊岡市 0• 加古川市 0• 赤穂市 0• 西脇市 0• 宝塚市 0• 三木市 0• 高砂市 0• 川西市 0• 小野市 0• 三田市 0• 加西市 0• 丹波篠山市 0• 養父市 0• 丹波市 0• 南あわじ市 0• 朝来市 0• 淡路市 0• 宍粟市 0• 加東市 0• たつの市 0• 川辺郡猪名川町 0• 多可郡多可町 0• 加古郡稲美町 0• 加古郡播磨町 0• 神崎郡市川町 0• 神崎郡福崎町 0• 神崎郡神河町 0• 揖保郡太子町 0• 赤穂郡上郡町 0• 佐用郡佐用町 0• 美方郡香美町 0• 美方郡新温泉町 0.

次の

阪神ギフトモール|阪神百貨店公式通販 HANSHIN GIFT MALL

阪神 西宮 百貨店

阪神百貨店(はんしんひゃっかてん)は、株式会社傘下の 株式会社阪急阪神百貨店が運営するである。 また、 株式会社阪神百貨店は、(平成20年)9月30日までこれを運営していた企業である。 歴史・概要 [ ] ターミナルデパート設立への序章 [ ] (14年)4月に梅田停留場構内にあった出張所を契約満了を理由に退去した白木屋の代替の店舗として(15年)に当時の梅田停留場構内に白木屋阪神出張店を開業 させたのが阪神によるターミナルデパートの始まりである。 の終わり頃からの新設計画に合わせて現在地付近への延伸と駅の移転を含む大阪市の構想への対応を求められていた阪神電気鉄道は、その延伸費用の回収のために(昭和4年)に大阪市に百貨店用地の分譲を求め 、そのテナントとしてに進出していた と(昭和5年)にビルの賃貸の予約の覚書を交わし 、直営ではなくテナントの招致によるターミナルデパートの開設を当初は計画し 、その計画に基いて(昭和6年)12月には建物の設計まで終えた。 その後、(昭和8年)3月には阪神電気鉄道梅田停留場構内の店舗を直営の 阪神マートを開業して直営によるターミナルデパート経営の第一歩に踏み出し 、(昭和12年)1月22日に阪神電気鉄道の役員会で「阪神ビルの百貨店は資本金2百万円の株式会社阪神百貨店を新設し阪神傍系の別会社として経営する」と決定し、その日のうちに創立総会を開いて株式会社阪神百貨店を新設し、一般から公募せずに全株式を阪神電気鉄道が引き受ける完全子会社とすることで事実上直営化する方向へ方針転換をした。 そして同年3月に計画地のうち御堂筋沿いの角地を取得したが 、1月の百貨店新設の発表に猛反発した阪神急行電鉄が一日平均1. 8万人の乗客で混雑する梅田駅の混雑緩和を目的に昭和初期から計画していた南側への新駅開設に必要だとして 、ビルの建設予定地の西半分に当たる約2,000坪を地主から密かに買収してしまった ため、大阪市や中央政界・中央官庁などを巻き込んでその土地の取得を巡って阪神急行電鉄と激しい紛争を繰り広げることになったが、(昭和13年)5月19日に大阪市の決定で無事構想通りの用地取得に成功した。 しかし、この間に戦時体制の一環として鉄材の節約を理由に同年7月に百貨店などの高層建築の中止命令が出され 、百貨店法による許可も受けていなかった ため構想の実現が不可能になり、(昭和15年)5月26日 に地上8階の予定が縮小されて地上4階地下2階として建設された梅田阪神ビルディング(後の大阪神ビルの東側部分)の地下1階に 阪神マートを移転させて規模を大幅に縮小して開業する ことを余儀なくされた。 中央が阪神百貨店 ホームより 1955年 昭和30年 頃 百貨店の開業 [ ] 後に再び構想の実現に取り組み、その一環として梅田阪神ビルディング(当時)北側地下道の両側に(昭和26年)に 全国名菓名物街を開業し 、11月1日に売り場を1階まで拡張した際に屋号を 阪神百貨店と改め 、(昭和27年)には1階に京阪神の甘辛の一流店を集めて 阪神甘辛のれん街を開設する など、この頃から専門店を誘致した委託部門優先をしていた。 そして(昭和32年)4月に改めて2代目の株式会社阪神百貨店を設立し 、同年6月1日に念願の百貨店の開業 に漕ぎ着けた際にも、阪神電気鉄道梅田停留場から直接入店できる出入り口を設置 してターミナルデパートの強みをフル活用しつつ、取引先のノウハウを活用する委託優先・専門店招致の方針を掲げて後発によるノウハウの不足を補う方針で営業を開始した。 その後(昭和33年)3月に梅田阪神ビルディング(当時)の5階から8階を増床 、更に(昭和38年)6月に西側部分を増築、約23年の歳月をかけて、第二次世界大戦前の当初構想の店舗面積へ拡大し 、現在の規模の店舗となった。 この時にビル名称を「大阪神ビルディング」と改称している。 阪神百貨店(1979年) 小型店の出店による多店化 [ ] 長らく梅田本店のみの営業を続ける堅実経営で知られていたが、親会社の阪神電気鉄道が高架下に(平成15年)3月18日に開業した内に売場面積4,998の 阪神・にしのみやを開業 したのを皮切りに多店化に乗り出し、(平成18年)10月4日には前の本社ビルであるの地下1階に食品売場のみで売場面積1,276m 2の さんのみや・阪神食品館 、(平成20年)3月20日には阪神電気鉄道御影駅前の内に売場面積5,900m 2の 阪神・御影 、(平成21年)10月20日にはJR尼崎駅前のあまがさきキューズモール内 に売場面積5,329m 2の あまがさき阪神を相次いで開業し、グループの地盤である阪神間で小規模店による多店化を進めた。 しかし、 阪神・にしのみやは初年度に目標を上回る年間売上約57億円を達成した が、 阪神・御影は(平成21年)3月期で年間売上約29. 01億円 と低迷して赤字になっていた さんのみや・阪神食品館 をその期末で一旦休業して同年12月末に営業を再開させずにそのまま正式に閉店 、(平成23年)7月24日には 阪神・御影の2階売場を閉鎖して2度目の規模縮小を行って売場面積804m 2まで縮小し 、 あまがさき阪神も赤字でこそないものの(平成23年)3月期で年間売上約36. 33億円、(平成24年)3月期で年間売上約37. 27億円と初年度の売上高目標40億円を下回り続けており、(平成28年)には2階売場を閉鎖するなど、多店化は必ずしも成功していない。 また、阪神間以外にも(平成18年)7月26日にのに売場面積約1万m 2で出店する計画が発表された が、との業務提携に向けた経営方針の見直しの一環で出店地域を京阪神地区に注力するとして、同年11月10日に出店計画を撤回している。 食品販売の強さ [ ] 百貨店化する以前の(昭和26年)の 全国名菓名物街、(昭和27年)の 阪神甘辛のれん街など個性と伝統のある店を集める名店街や各地の名物食品を集めて販売した 伝統から発展し、(平成17年)3月期で売上高1,095. 06億円のうち食料品が415. 京王百貨店との提携 [ ] (平成12年)から同様にグループの鉄道沿線のターミナルデパートのみを展開し、全国展開していないのと業務提携し、紳士服の共同企画や質流れバザールや全国うまいもの市などの催事情報の交換を行うようになった。 (平成14年)7月からは京王百貨店も「阪神タイガースショップ」を新宿店に開設し 、(平成15年)優勝セールを共催した。 株式会社阪神百貨店 [ ] (昭和12年)1月22日に設立された初代株式会社阪神百貨店 は戦時体制の強化に伴って百貨店の開業が出来なかった 為消滅し、(昭和32年)4月17日に2代目の株式会社阪神百貨店が改めて設立し直され 、本格的な百貨店を開業している。 (昭和41年)12月に株式額面変更のため、(昭和22年)6月30日設立の企業が存続企業となって2代目の株式会社阪神百貨店を吸収合併して3代目の株式会社阪神百貨店となり 、(昭和42年)10月30日に第二部に上場し 、(昭和44年)2月からは第一部に上場していた が、グループの再編に伴い、(平成17年)10月1日 付けで阪神百貨店株1に対し阪神電気鉄道株1. 80が割り当てられたによって阪神電気鉄道の完全化される ことになり、(平成17年)9月27日にされた。 従来は電鉄が発行済み株式の52. そのため、同じのと提携の検討が阪急阪神ホールディングスの統合後 からされて、(平成19年)10月1日に阪急百貨店と経営統合しての完全子会社へ移行した。 そして、百貨店の運営会社を1社に統合するため(平成20年)10月1日に株式会社阪急百貨店が株式会社阪神百貨店を吸収合併して商号を 株式会社阪急阪神百貨店へ変更し、株式会社阪神百貨店は消滅した。 梅田本店の建替え計画 [ ] 建て替え1期工事が完成した阪神梅田本店 (平成18年)8月に当時の親会社阪急ホールディングスの社長が「統合を象徴する事業」として梅田本店の建替えの検討を発表し 、(平成19年)3月に(平成24年)度竣工を目途に南隣のと一体化して全面建て替えを行うとなり (平成19年)3月22日付 、(平成20年)9月22日には(平成24年)のの完成後に現在の新阪急ビルのテナントをそこに移転させて建て替えを行い、建替え後の新阪急ビルに梅田本店を移転させ、その後に現在の梅田本店のビルを建替える2段階の構想となり 、(平成25年)に新阪急ビルの工事を始めるとされていた。 しかし、(平成23年)2月に「容積率の緩和に関係する法律の改正も見通せない状況に加えて、オフィスビル市況の悪化もある」「当初描いていたスケジュールをペースダウンし、着工時期を遅らせる方向だ」として延期する方向となっていた。 しかし、(平成25年)1月、は阪神百貨店梅田本店の建て替えの方針を固め、具体的な手続きに入ったと報じられた。 これによると事業費は最大1千億円規模を見込み、隣接しているの改修も同時に行い、完成には10年を要する一大事業となるとした。 これを受けて持株会社のは阪神梅田本店の建て替えを正式に発表。 阪神電気鉄道と合意に達し、建て替えの為の具体的な検討に入るとした。 そして、(平成26年)3月、とは阪神梅田本店が入居する大阪神ビルと隣接する新阪急ビルを建て替え、(平成30年)春頃に百貨店を先行開業させ、(令和3年)秋頃の全面開業を目指すとした。 2014年秋頃から西側の百貨店の営業を続けながら東側の解体を始め、東側建て替え後に西側を建て替える。 売り場面積は工事前と同程度の53000平方メートルになる予定。 第一期棟は2018年4月27日に竣工し、6月1日には阪神梅田本店が移転した。 また、ビルの名称は「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」となる。 全体竣工は2022年(令和4年)春頃を予定している。 阪急うめだ本店が入居する梅田阪急ビルも2022年の本ビルの全体竣工と共に「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」と名称変更し、両ビルを「大阪梅田ツインタワーズ」と総称する予定。 阪神タイガースの優勝・応援セールの扱い [ ] 阪急阪神東宝グループ(旧・阪神グループ)である同百貨店では、阪神タイガースが優勝・日本一となる場合、優勝記念セールが行われることが慣例となっている。 旧大阪神ビルが全面完成したのは、(昭和38年)のことなので、このビルで行われたはじめての優勝記念セールは、翌(昭和39年)である。 しかしながらこの時はセール時期が東京オリンピックの直前だったため、オリンピックのロゴが大変目立つように装飾されており、優勝記念セールは脇役となってしまったという。 また当時は優勝記念セールとはいわずに、「阪神タイガース優勝カーニバル」と表現されていたのも大変特徴的である。 その後、 (昭和60年)、(平成15年)、(平成17年)に、同球団がセントラル・リーグ優勝を決めた際は、「 阪神タイガース(西暦)セ・リーグ優勝記念セール」が開催された。 加えて日本一となった 1985年(昭和60年)には、日本一のセールも開催されているが、旧大阪神ビルにおける日本一のセールは、同ビルの長い歴史の中でこの時が唯一となった。 またこの時、の中継で、当時人気絶頂期にあったが閉店後のセール会場をバックに「」を歌っている。 この映像史料によると、日本一のセールの折にも、セ・リーグ優勝時のセールに使われた旗やポスター等が使いまわしされていたようである。 (日本シリーズで確実に日本一になる保証はできないため、予め「日本一」と書いたものは用意しにくい事情がある。 ) なお、優勝セールではないが、 (平成20年)10月には、前年(平成19年)10月に経営統合した持株会社の「エイチ・ツー・オーリテイリング」傘下の百貨店事業会社が合併し「阪急阪神百貨店」が発足したことで、その合併記念セールとあわせて、「めざせ日本一!阪神タイガース応援セール」(セントラルリーグ・進出決定記念セール)が、阪神百貨店・阪急百貨店の各店で開催された。 また(平成22年)にも阪神タイガースが、同年度のセントラルリーグの公式戦での順位が2位に確定したことにより、同年10月9日から12日まで「めざせ日本一!阪神タイガース応援セール」(クライマックスシリーズ進出決定記念セール)が、阪急百貨店・阪神百貨店の各店で行われた。 沿革 [ ]• (昭和8年)3月 - の旧梅田停留場に白木屋阪神出張店を開業。 1933年(昭和8年)3月 - 阪神電気鉄道の付帯事業として旧梅田停留場に阪神マートを開業。 (昭和15年)5月26日 - 梅田阪神ビル(後の大阪神ビル)が地上4階地下2階で暫定竣工、阪神マートを同ビル内に移転。 (昭和26年)11月1日 - 売り場を1階まで拡張し、屋号を 阪神百貨店と改称。 (昭和32年)4月17日 - 阪神電気鉄道から百貨店事業を分離独立するため、2代目の株式会社阪神百貨店を設立。 6月1日 - 阪神電気鉄道よりを受け、本格的な百貨店を開業。 (昭和33年)3月13日 - 梅田阪神ビルの5階から8階までを増床。 (昭和38年)6月 - 梅田阪神ビルの西側拡張工事が完了、同ビル名を「大阪神ビル」と改称。 なお当時、阪神百貨店が使用する床面積は同ビル全体の約3分の2に過ぎなかった。 (昭和39年) - 優勝カーニバル開催。 (昭和42年)10月30日 - 第二部に上場。 (昭和44年)2月 - 大阪証券取引所第一部に上場。 (昭和49年)11月 - 「大阪神ビル」を全館阪神百貨店化。 (昭和53年)10月5日 - 第1次ストア・リフレッシュ。 これを機にアルファベットの「H」と「S」、四つ葉のクローバーをモチーフにした草刈順デザインの現行ロゴに変更。 (昭和55年) - 第2次ストア・リフレッシュ。 (昭和58年) - 第3次ストア・リフレッシュ。 (昭和60年) - 1985セ・リーグ優勝記念セール開催。 日本一のセールも行われた。 なお「大阪神ビル」における日本一のセールは、この時が唯一の開催となった。 (平成7年)5月 - のに漢神百貨を開業。 (平成12年) - ()と提携。 (平成14年)10月 - 外壁リニューアル工事完了。 (平成15年)2月23日 - にくまもと阪神を開業。 3月18日 - 内に阪神・にしのみやを開業。 9月 - 2003セ・リーグ優勝記念セール開催。 (平成17年)9月27日 - 上場廃止。 9月~10月 - 2005セ・リーグ優勝記念セール開催。 10月1日 - により阪神電気鉄道株式会社のとなる。 (平成18年)7月26日 - のへの出店計画発表 するも、同年11月10日に出店計画を撤回。 9月22日 - 株式会社と包括的業務提携。 2006年(平成18年)10月4日 - 前のにさんのみや・阪神食品館を開業。 (平成19年)10月1日 - 株式交換により株式会社の完全子会社となり、阪急百貨店と経営統合。 (平成20年)3月20日 - 阪神電気鉄道御影駅前のに阪神・御影を開業。 10月1日 - 運営会社合併により、株式会社阪急阪神百貨店の運営となる。 10月20日 - JR尼崎駅前のにあまがさき阪神を開業。 (平成22年)4月1日 - さんのみや・阪神食品館を休業。 12月末 - さんのみや・阪神食品館を正式に閉店。 (平成23年)2月23日 - 熊本・県民百貨店との業務支援契約満了に伴い、熊本から撤退。 なお同百貨店は、その約2年後に閉店。 7月24日 - 阪神・御影の2階売場を閉鎖して売場面積804m 2に縮小。 (平成26年)3月29日 - 梅田本店で営業していた「ふるさと名産」閉店。 (平成27年)2月17日 - 大阪梅田ツインタワーズ・サウス(I期棟)建設に伴い、この日限りで大阪神ビル東側部分を閉鎖。 (平成28年)1月11日 - あまがさき阪神の2階売場を閉鎖 、売場面積を2,855m 2に縮小。 6月1日 - 梅田本店が大阪梅田ツインタワーズ・サウス(I期棟)において新装開業。 直営店舗 [ ] 梅田本店・尼崎・西宮・御影の4店であるが、フルラインの百貨店としての機能を有するのは、梅田本店のみである。 45億円 から(平成24年)3月期は約923. 5億円 に減少したものの(平成22年)3月期の約921. また地下1階売り場の一部はの下にあり、地下2階がになっている。 アクセス [ ] 阪神電車大阪梅田駅が最も近く、直上にある。 地下鉄、にもほぼ隣接。 からもそう遠くない。 車の場合は、駅前第2ビルなどの駐車場を利用することになる。 (平成18年)現在でも上のは1番地であるので、土地としては大阪市北区梅田一丁目1番地の地番の土地上に建っている。 旧店舗時代のに、30-40歳代の女性向けのブランドを新規導入するなど衣料・雑貨売場の改装を行い、OL向けの売上確保や新たな顧客層の開拓も目指している。 梅田店地下1階の 「スナックパーク」は、から続く有名な をはじめ、(たこ焼きの元祖といわれている)、、、、、麺類などがそろったで値段が安く人気があった。 また地下食料品売り場()は充実しており、梅田本店の売り上げの半数近くを占め、 「食の阪神」と評される。 2015年から続く建て替えの際に対しても、食の強化を目指している。 このことから梅田界隈では『 高級派の阪急百貨店』、『 庶民派の阪神百貨店』に二分されている。 ファッションに強みを持ち高級路線の阪急百貨店との違いを打ち出すことで同じグループの隣接する店舗同士の棲み分けが図られている。 ちなみに、阪神百貨店で有名な鮮魚コーナーとさかな屋の寿司を経営している会社は、株式会社髭定である。 他に地下2階のコンコース脇には、各種飲食店が並ぶ「フードテリア」(・が利用可能)もあった。 梅田本店の建て替え工事に伴い、(平成26年)3月31日にフードテリアが、(平成27年)2月17日にスナックパークがそれぞれ営業を終了したが、いか焼きなど一部店舗は食料品売り場内へ移転し、持ち帰り専門店として営業を継続。 なお、スナックパークに関しては、(平成30年)6月1日の大阪梅田ツインタワーズ・サウス(I期棟)開業に伴い復活。 新店舗でも阪神タイガースショップは設けられてはいるが、店舗面積は旧店舗と比べて縮小されている。 かつては5階に、百貨店としては珍しい高級専門コーナー「オーディオファイル」が設けられていたが、(平成21年)3月3日に閉鎖された。 6階には松下電器(現在の)のショールーム「アクセス」(後の「梅田阪神ナショナルショウルーム」)が1テナントとして構えていた時期もあり、の土曜深夜番組「」や「のアクセス塾」の公開録音が行われていたが、に閉館された。 ふるさと名産コーナー [ ] かつて梅田本店の地下通路では、全国各地の名産販売店が集まる「ふるさと名産」が営業していた。 実際には現地を訪れていなくても、現地のを買うことが出来たことから「アリバイ横丁」の愛称があった。 戦後の混乱状況を変えるため、1951年に「全国銘菓名物街」としてオープンしたが、従業員の高齢化などで閉店が相次いだほか、に伴い2014年3月29日に全て閉店。 63年の歴史に幕を閉じた。 夏季には屋外テレビで阪神戦を中継も行われるが開かれ、阪神タイガースファンが集まることでも知られていた。 屋上遊園地は9階と12階の2ヶ所に分かれていたが、建て替え工事の準備のため、12階部分については2014年2月に閉鎖され、残る9階部分も2015年には閉鎖された。 ライバル関係 [ ] を挟んだ向かい側のは、食料品・衣料品の両面において最大の競争相手であったが、(平成19年)には持株会社「」のもとで経営統合し、さらに翌年(平成20年)10月に運営会社が合併し、「阪急阪神百貨店」が発足してからは、兄弟店舗の関係にもなっている。 経営統合・合併以降は、共存共栄できるように、相互の戦略的差別化の一方、相互の協力関係が必須になると考えられ、(平成19年)にはに先行し、お互いが発行したカードで相手のでの使用の際も優待を行うようになったほか、(平成21年)8月の改装では建て替え工事に伴って売り場面積が縮小する阪急百貨店梅田本店から婦人服の一部売場を移し、ヤング向けの品ぞろえを拡充させて補完しあい 、(平成23年)5月11日からは初めて阪急百貨店梅田本店との大規模な共同催事「初夏の阪急・阪神大食品祭」を開催するなど協力を深めている。 同店周辺においては、北側のJRビル(・サウスゲートビルディング)内の梅田店が、(平成23年)に増床リニューアルオープンしたことで、店舗面積では大丸の後塵を拝することになった。 また同じ(平成23年)には、JR大阪駅北口のに、グループとの合弁となる、「JR大阪三越伊勢丹」が開業したが、競合店の多い梅田で同店は不振続きとなり、にはの「」に衣替えする結果に終わっている。 や、を機に同じグループとなった・などの高級衣料品・店の入居する各は、競争相手というより、を補完する存在である。 なお、のについては、商品面での競合は少ない、と考えているようである。 店内で作る「できたて総菜」や和洋菓子など阪神百貨店が得意とする食品売場いわゆるデパ地下を強みとし 、で従来あったや市場が潰れて大型店の競合が少ない地域性 をバックに順調に売上を伸ばし、初年度に目標を上回る年間売上約57億円を達成した が、(平成20年)3月期は約52. 54億円 、(平成21年)3月期は約50. 25億円 、(平成22年)3月期は約47. 36億円 、(平成23年)3月期は約46. 60億円 、(平成24年)3月期は約45. 79億円 と売上が減少が続いているが、阪神百貨店の支店の中ではトップの売上を維持している。 梅田本店から近いため周辺5キロの小商圏と見込み 、若いファミリー層が多い地域性を考慮して子育て中の母親世代と子どもをターゲットとしている。 しかし、(平成23年)3月期で年間売上約36. 33億円 と初年度の売上高目標40億円 を下回ったため、婦人服売り場の拡張などのてこ入れを行い 、(平成24年)3月期には年間売上約37. 27億円 と少し伸ばした。 それでもなお、梅田本店との近接から苦戦が続き、(平成28年)をもって2階売場の営業を終了。 跡地はキューズモールの専門店ゾーンとなった。 阪神とはいえ、 前ではないので注意が必要である。 地元の人が「毎日通える百貨店」をコンセプトに団塊世代の主婦を主なターゲット としての新業態1号店を含む総菜 、菓子、生鮮食品などの揃う 梅田本店と同様のいわゆるデパ地下形式 の食品売場を1階に置き、食品に強い阪神百貨店らしさをアピールし 、2階は婦人服や生活雑貨を中心とした売場構成 として開業したが、肝心の食品売場の不振が深刻で(平成21年)3月期で年間売上約29. しかし、(平成22年)3月期は約17. 88億円 、(平成23年)3月期は約13. 53億円 と低迷して赤字が続いたため、(平成23年)7月24日には 阪神・御影の2階売場を閉鎖して2度目の規模縮小を行って売場面積804m 2 となって百貨店とはいえない規模にまで縮小し、「御影クラッセ」の核店舗でなくなった。 こうした売場縮小の影響もあり、(平成28年)3月期の年間売上は約5. 59億円 となっている。 漢神百貨店 [ ] 業務・資本提携を行っている・の百貨店。 英字ロゴは「阪神」と同様の「HANSHIN」。 高雄市前金区と高雄市左営区()、(漢神購物広場)に店舗を構える。 なお、高雄市内にはも出店していたが、2016年に提携を解消した。 詳細はを参照。 当初5年だったものを県民百貨店側の要望で3年間延長していたが 、(平成23年)2月23日からは営業支援契約の満了に伴い、法人名と同じ 県民百貨店へ改称し、阪神の商標の使用を終了した。 なお、引き続き7. その後、をもって、所在するの再開発に伴い移転を模索したものの断念し閉店・廃業することが決まった。 しかし、(平成20年)3月期は約14. 63億円 、(平成21年)3月期は約13. 34億円 、(平成22年)3月期で年間売上約12. 01億円 と低迷して赤字になりながら年々売上が減少していたため、(平成22年)4月1日から一時休業 して、改装や賃料引き下げ交渉などを行ったが黒字化の目処が立たず 、同年12月31日にそのまま正式に閉店した。 その後(平成23年)9月22日に、後継店舗としてが開業した。 過去の関連会社 [ ] かつては大阪ダイヤモンド()の株式の40. 脚注 [ ] []• 読売新聞社. 2008年3月27日• 毎日新聞社. 2007年10月1日• エイチ・ツー・オー リテイリング. 2012-05-10. 梅信 No. 568 通信教育部 2012-1-1. 阪神百貨店. 2006-06-29. 朝日新聞社. 1937年6月20日• 朝日新聞社. 1938年7月5日• 季刊誌CEL 60号 2002-3. 日本経済新聞社. 2003年1月31日• 阪急阪神百貨店. 2010-12-29. 日本食糧新聞社. 2008年3月28日• 神戸新聞社. 2009年9月18日• 神戸新聞社. 2005年5月24日• エイチ・ツー・オー リテイリング. 2009-06-25. 朝日新聞社. 2008年2月21日• 神戸新聞社. 2009年8月1日• エイチ・ツー・オー リテイリング. 2010-06-25. 神戸新聞社. 2010年1月29日• 産経新聞社. 2010年12月29日• 日本経済新聞社. 2006年7月27日• 日本経済新聞社. 2006年11月10日• 朝日新聞社. 2006年11月10日• 日本食糧新聞社. 2003年8月25日• 親会社のはに出資している関係上、と親密である。 読売新聞社. 2005年10月3日• 日本経済新聞社. 2005年8月11日• 日本経済新聞社. 2006年7月21日• 日本経済新聞社. 2006年8月8日• 産経新聞社. 2008年9月23日• 読売新聞社. 2011年1月18日• 朝日新聞社. 2011年2月19日• 朝日新聞社. 2013年1月4日• 株式会社阪急阪神百貨店 阪神梅田本店の建て替えについて Report. エイチ・ツー・オー リテイリング. 2013-01-31. 産業経済新聞社. 2014年3月26日• - 阪神電気鉄道・阪急電鉄 2014年9月25日• 『昭和の大阪 昭和20~50年』産経新聞社• 福岡女子短大紀要 第67号 2005-12. 1階にはオープンデッキ を設けるなど集客力向上を図る。 日本経済新聞社. 2011年2月23日• 都市商業研究所 2016年1月10日. 2016年7月2日閲覧。 エイチ・ツー・オー リテイリング 2016年5月12日. 2016年7月2日閲覧。 エイチ・ツー・オー リテイリング. 2011-06-23. 樋口尚平 2018年6月20日. アパレルウェブ. 2019年1月30日時点のよりアーカイブ。 2019年9月30日閲覧。 食品産業新聞社ニュースWEB 2018年6月4日. 2019年9月30日時点のよりアーカイブ。 2019年9月30日閲覧。 産経新聞社. 2011年3月9日• 朝日新聞社. 2008年9月17日• 橋長初代. 日経ビジネス電子版. 2020年2月19日閲覧。 (のキャッシュ)• - 産経WEST• - 産経WEST• - 日本経済新聞• リージョン日経堂島 通巻第14号 日経大阪中央販売 コーポレート部 2007-3-20. 日本経済新聞社. 2006年2月18日• 四国新聞社. 2009年8月26日• 産経新聞社. 2011年5月12日• 神戸新聞社. 2003年3月2日• エイチ・ツー・オー リテイリング. 2009-06-25. 『麒麟麦酒株式会社五十年史』麒麟麦酒、1957年4月。 産経新聞社. 2009年8月6日• 毎日新聞社. 2011年11月11日• 朝日新聞社. 2008年9月17日• 日本食糧新聞社. 2009年10月30日• 日本経済新聞社. 2009年9月21日• 神戸新聞社. 2005年3月29日• 神戸新聞社. 2012年5月11日• 、東急不動産SCマネジメント 2015年11月4日. 2016年6月23日閲覧。 日本食糧新聞社. 2008年3月28日• くまもと経済 2007年2月号 地域経済センター 2007-2-28. 熊本日日新聞社. 2010年12月• 1973年に開店時はと提携した「岩田屋伊勢丹」、のちに伊勢丹撤退で熊本岩田屋。 - 日本経済新聞電子版 2014年8月13日• , 県民百貨店2014年8月12日• 日本経済新聞社. 2005年5月24日• 神戸新聞社. 2010年3月17日• 日本経済新聞社. 2010年12月28日• 阪神電気鉄道 第185期有価証券報告書 Report. 阪神電気鉄道. 2006-06-30. 阪神電気鉄道 第190期有価証券報告書 Report. 阪神電気鉄道. 2011-06-30. 関連項目 [ ]• (繁体字中国語)• [ ]•

次の

阪神ギフトモール|阪神百貨店公式通販 HANSHIN GIFT MALL

阪神 西宮 百貨店

兵庫県から絞り込み• 神戸市灘区 0• 神戸市兵庫区 0• 神戸市長田区 0• 神戸市須磨区 0• 神戸市垂水区 0• 神戸市北区 0• 神戸市中央区 0• 神戸市西区 0• 姫路市 0• 明石市 0• 洲本市 0• 芦屋市 0• 伊丹市 0• 相生市 0• 豊岡市 0• 加古川市 0• 赤穂市 0• 西脇市 0• 宝塚市 0• 三木市 0• 高砂市 0• 川西市 0• 小野市 0• 三田市 0• 加西市 0• 丹波篠山市 0• 養父市 0• 丹波市 0• 南あわじ市 0• 朝来市 0• 淡路市 0• 宍粟市 0• 加東市 0• たつの市 0• 川辺郡猪名川町 0• 多可郡多可町 0• 加古郡稲美町 0• 加古郡播磨町 0• 神崎郡市川町 0• 神崎郡福崎町 0• 神崎郡神河町 0• 揖保郡太子町 0• 赤穂郡上郡町 0• 佐用郡佐用町 0• 美方郡香美町 0• 美方郡新温泉町 0.

次の