一つテンヤ。 売れてるアイテムTOP3 『一つテンヤ』

一つテンヤマダイ釣り入門/一つテンヤマダイの釣り方(基礎編)

一つテンヤ

一つテンヤでは、魅力的な大型魚が狙えるという点がポイントです。 特定の魚をじっくり狙っていくというスタイルではなく、様々な魚を狙えます。 その中でもメインはマダイやサワラ、ヒラマサが狙い目です。 上述の通り一つテンヤは、他のルアーフィッシングなどと比較すると、タックルが細目になっている点が特徴です。 そのため、大型のヒラマサやマダイがヒットした際には、根掛かりしたのかと思うほどの強い引きを楽しめます。 タイやヒラマサではなくとも、アジやサバといった中型魚でも、他の釣り方よりも魚とのファイトが楽しめる点が一つテンヤの魅力でもあります。 テンヤ以外でマダイは狙える? マダイという魚は、いつの時代も釣りでは人気の魚で、釣れるとうれしいのは初心者はもちろんですが、経験者であっても変わりありません。 マダイは今回紹介した一つテンヤ以外にもいろいろな狙い方があるのです。 一つテンヤも面白いですが、いろいろな狙い方を知っておくと様々な状況に対応できます。 詳しい情報は以下のリンクからどうぞ。

次の

一つテンヤとは

一つテンヤ

テンヤ釣り自体は江戸時代から受け継がれる伝統的な釣法だが、そのテンヤ釣りの原理を使い、より手軽に狙える『一つテンヤ』の人気が近年になり急速に高まっている。 千葉県の大原で発祥した一つテンヤは、シンプルでライトなタックルでありながら、コマセ釣りと比較して釣果に遜色がないこともあり、またたく間に全国へと波及した。 エサを使う釣りのため、ルアー釣りの範疇からは外れてしまうが、タックルや釣り方に共通点も多く、ルアー釣りに似た攻めの要素を持ち、そのゲーム性の高さから、ルアー釣りと平行して行うアングラーも少なくない。 繊細なタックルを使用するため、掛けてからのやり取りも非常にスリリングでルアー釣りそのもの。 さらにエサを使用するため多彩な魚種にアピールすることが可能で、マダイ以外にもヒラメ、マゴチ、根魚類などがターゲットに入る。 通常のテンヤ釣りと違う大きな特徴として、繊細なティップを持つロッドと極細のPEラインを使うことが挙げられる。 船竿にゴツい両軸リールといった組み合わせではなく、陸っぱりで使うようなスピニングロッドにスピニングリールというライトなものだ。 これはテンヤの軽さゆえに考え出されたタックルバランスである。 船釣りのオモリとしては軽い5〜10号のテンヤが中心となり、深場でもできる限り軽いオモリを使い、ゆっくりしたフォールで食わせられるタックルが求められる。 そのため手持ちのルアータックルも流用できるので、いきなり全て揃えるのではなく、まずは流用タックルから始めてもいいだろう。 また、船宿のレンタルタックルを利用する手もある。 一つテンヤ人気が高まるにつれ船宿でも一級品の専用タックルを取り揃えるところが増えてきたので安心して使えるはずだ。 繊細なアタリを捉えやすい穂先に大物にも対応できる張りのある胴の組み合わせは専用ロッドさながらのセッティングだ。 価格帯は2万円前後のものから選べば間違いない。 もちろん最初から最上級品を購入すれば品質や耐久性にも問題なく、性能の面では後悔もしないはずだ。 長さはメーカーによって2. 1〜1. 7mと幅広いラインナップがあるが、最初の1本を選ぶなら、取り回しがよく、風の影響なども受けにくい2. 4mを基準にしよう。 ロッドの硬さはメーカーごとに細かい違いはあるが、ミディアム、ハードなどの頭文字を取り、軟らかい順にL、ML、M、MH、Hのように表記されている。 最初の一本ならばML〜MHを選べば問題ない。 タイプは先調子と胴調子に大きく分かれる。 先調子タイプはシャクリが楽でアワセも効きやすく、アタリもハッキリ出やすい。 しかし大物が掛かった場合に、ロッドが引きを吸収しにくくバレやすい面がある。 一方で、胴調子タイプは、操作性や感度で先調子タイプに劣る反面、魚を掛けた後にうまく吸収してくれるのでバラシが少ない。 また、ティップはメバリングやアジング用ロッドと同じく、中身が中空のチューブラーティップと詰まっているソリッドティップがある。 感度に優れるチューブラー、食い込みの良いソリッドといったところだが、好みで選んでも構わない。 先調子と胴調子、チューブラーとソリッドには一長一短があるが、当然両極端な製品ばかりではなく、ロッドメーカーが独自のバランスを研究し進化を続けている。 実際に使ってみるのが一番だが、まずは釣具店で手にとってみることをおすすめしたい。 価格帯は2万円前後のもので充分だ。 単に持ち重りして疲れるということではなく、繊細なアタリを捉えることができるため釣果に差がつく。 ただし、軽いロッドはパワーが不足しがちなため、80cm超級も期待できるようなエリアを攻める場合は、ある程度妥協が必要だろう。 小さなアタリに対しては感度が落ちるが、掛けた後のことを考えるとパワーがある方がやり取りがグンと楽になる。 アタリが頻繁にある魚影の濃い場所では獲れる確率が高まるため、数を稼ぎやすいだろう。 使えるフィールドは浅場に限定され、パワーがないためやり取りはスリリング。 一つテンヤという釣りに、ある程度慣れた中〜上級者向けといえる。 しかし、その価格の分だけ満足いく性能であることも確かである。 予算に余裕があるなら、とにかく最上級のものを選ぶという手もある。 重量や巻き上げ量のバランスがよい2500〜3000番が最適で、なるべくドラグ性能が高いものを選ぼう。 最初の1台を選ぶなら1〜3万円のものがおすすめ。 1万円以下のものでも使えるがドラグ性能や耐久性が落ちることを覚悟しておこう。 PEラインを使用するため、ライントラブルに対する配慮も必要だ。 メーカーによって搭載するシステムの名称が違うが、いずれもトラブル防止に役立つ。 購入する際は目的の機能が搭載されているかを確認し、できるだけ多くこれらの機能が搭載されているものを選択しよう。 船釣り用として販売されているのものならほぼすべて対応できるが、専用ラインを選べば間違いない。 PEラインは同じ号数であれば強度にほとんど変わりはないので、視認性で選んでも良いだろう。 専用ラインは一定の長さごとにマーキングが施されていたり、一定の長さ毎に色が変えられており、底取りが正確にできるのが特徴である。 道糸は細ければ細いほど潮の影響を受けず自然に落とし込むことができるため食いも良いが、必然的に強度も落ちてしまう。 6〜0. 8号を基本として考えれば大丈夫だ。 ナイロンラインでも良いが、根ズレに強い点と比重がある点を考えるとフロロが最適である。 磯・堤防釣りでも使える汎用品で充分。 号数は道糸がPE0. 8号ならリーダーはフロロカーボンの2. 5号(10lb)が標準。 PE0. 6号ならリーダーは2号(8lb)、PE1号(12lb)ならリーダー3号と対応させよう。 長さは4〜5mが目安だが、底取りのためにキリの良い数字で揃えてメインラインのマーキングに合算できるようにしよう。 したがって、なるべく軽いテンヤで攻めたいところ。 号数は水深によって決めよう。 目安は水深10mごとに2号。 つまり水深20mなら4号、60mなら12号となる。 釣り場の水深が分かるなら、その前後の水深に対応するテンヤを数種類揃えよう。 また、予想外の速潮に備えて、15号程度の重いものも用意しておきたい。 根掛かりが非常に多いので、スペアも忘れずに。 カラーには特にこだわらなくてもよいが、根魚などもターゲットにするなら、アピールカラーがいいいだろう。 朝夕の暗い時間帯には夜光カラー、エサ盗りが多いときは着色ナシのものが活躍する。 ただし、強度に対する不安やライントラブルの元にもなるので、それらが頻発するようであれば使用を控えよう。 釣り始めは使用して、釣果が安定してきたら直接結ぶという方法もある。 エサがしっかり付いていなければ魚は食ってこない。 地域によっては活きエビを使う船もあるが、冷凍の海エビ(サルエビなど)が基本。 スーパーで売られている甘エビなども使えないことはないが、エサ持ちやコスト面を考えると釣具店や船宿で販売されているものが無難だ。 サイズは7〜8cmのものをセレクトして使おう。 エビの刺し方は色々あるが、基本は1匹掛け。 エビが上を向くように真っ直ぐ刺す。 尾羽があると水流を受けて落とし込みにくくなるので取り去ること。 エサの確保も忘れずに。 いくら仕掛けが出来上がっていてもエサを忘れては元も子もない。 船宿で準備しているところもあるので事前に確認しておこう。 道糸とハリスは乗船前に結んでおく。 船上で結んでもよいが1投目をスムーズに行うためにも準備しておきたい。 PEラインを使うため、結び方はFGノットやPRノットなどの摩擦系ノットが基本。 電車結びなどでは1kg以上の獲物には太刀打ちできない。 ノットは練習が一番だが、ラインノッターなども使いこなせれば強い味方になる。 リールのドラグ調整も忘れずに済ませておこう。 1程度のマダイが掛かったときにドラグが滑り出すようにするために、ペットボトルに水を入れたものやダンベルなどに道糸を結び、引き上げるときにドラグから糸が滑り出すように調整する。 船長の合図が出たら釣り開始だ。 まずは水深を船長に聞きテンヤの号数を決定する。 テンヤのセットが終わったらエサを付けよう。 テンヤを投入したら、スプールをごく軽く指で押さえながらフォールさせる。 この指で押さえる動きをサミングと呼び、フォール中のアタリや着底を分かりやすくしてくれる効果がある。 潮が速くラインが流されるときは投入したテンヤがなるべく速く落ちるようにフリーフォールさせる。 同じ号数のテンヤを使っているにも関わらず他の乗船者とズレてしまった場合は、一旦回収して落とし直した方がよい。 着底の合図は、直線で落ちていく道糸がフッと緩んだ瞬間である。 着底を見逃すと根掛かりの原因にもなるので集中しよう。 着底が分からない場合は水深を船長に訪ねてみること。 色分けされた道糸を使っていれば、着底時のカラーを覚えておけば、次の投入が楽になる。 着底したらリールのベイルを戻して糸フケを取り、竿先を軽くあおる。 このときいきなりアタリが出ることもあるので構えておこう。 10秒程度待ち、アタリがなければシャクリの動作に入る。 最初は水面から45度くらいの角度になるようにゆっくり竿をシャクってテンヤを持ち上げる。 シャクったらロッド位置を戻し、そのままフリーフォールでラインが張るまで落とし込む。 最初の着底で糸フケを取るときに底から少し浮き上がっている状態なので、シャクった後は着底することはない。 糸を出して着底させる必要はなく、そのままのタナでテンヤを上下させてアタリを待つ。 同じ場所で上げ下げしていても潮流によって仕掛けは流されていき、底からかなり上の層を探ることになる。 道糸の角度が45度くらいになったら仕掛けを上げ、エサのチェックをして入れ直そう。 手前に潮が流れてくる場合はそのまま落とし込むと船下に入ってしまうので、潮上にキャストして広い範囲を流せるように調整しよう。 まずは着底させ、リールを巻いて狙いのタナまで上げ、あとは同様にシャクリと落とし込みを繰り返していく釣り方である。 大ダイは中層で掛かることも多いので、アタリがない場合でも時々タナを上げて探ってみよう。 アタリがあったら即アワセが基本である。 フォール中はラインにアタリが出ることもある。 着底していないのにラインが急に止まったり、フワッと糸フケができたりする。 竿に出るアタリより分かりにくいので、少しでも違和感を覚えたらすぐにアワセを入れてみよう。 アワせ方は、リールのベイルが戻っていることを確認し、すぐ巻き上げにかかれるようにハンドルに手を添え、利き腕で一気に竿を立てる。 魚が乗っていることが確認できたらそのままテンションを緩めず始めは速く、そしてゆっくりとリールを巻く。 魚が小さい場合や食い込みが悪くて即アワセがうまくいかないときは、聞き上げと巻きアワセを試してみよう。 アタリがあってもアワせず、ゆっくりと竿をあおり、グッと竿が重くなった瞬間にロッドは立てたままリールの速巻きでアワせる。 ドラグを鳴らすようなサイズが掛かった場合は、巻くのをやめ突っ込みに合わせてドラグを滑らす。 ラインテンションが緩みそうになったら速攻で巻き取り、また走り出したら、そのまま走らせる。 この繰り返しで手前に寄せ、最後はタモ入れでフィニッシュ。 サイズに関わらずそのままゴリ巻きが基本。 ポンピングはバレやすいので厳禁だ。 アワせ損なった場合はすぐに竿先を戻しテンヤを落とし込んでみよう。 マダイはほんの少しでもエサが残っていれば食いついてくることが多い。 アタらないからといって落としたままではタナからどんどん離れていってしまうからだ。 フォールを繰り返すことによって遠くにいる魚を引き寄せることもできる。 まず着底させ、シャクるときに小刻みに回数を多く入れてみる。 フォールの間を置かないことでテンヤも大きく跳ね上がり、広いレンジでアピールすることができる。 そのまま小刻みにテンヤを動かしたりステイの時間を多めに取って動きに変化を与えてやるのも有効だ。 水深10〜20mの浅場では20〜30mキャストし横に広く探るようにする。 テンヤをキャストし、着底したら糸フケを取る。 シャクリを入れたら竿を止め、カーブフォールで再度着底させる。 アタリがなければ竿を下げながらリールを巻いて糸フケを取り、シャクリを入れる。 この繰り返しで手元まで寄せてくる。

次の

一つテンヤで真鯛を釣ろう6つのポイント

一つテンヤ

テンヤ釣り自体は江戸時代から受け継がれる伝統的な釣法だが、そのテンヤ釣りの原理を使い、より手軽に狙える『一つテンヤ』の人気が近年になり急速に高まっている。 千葉県の大原で発祥した一つテンヤは、シンプルでライトなタックルでありながら、コマセ釣りと比較して釣果に遜色がないこともあり、またたく間に全国へと波及した。 エサを使う釣りのため、ルアー釣りの範疇からは外れてしまうが、タックルや釣り方に共通点も多く、ルアー釣りに似た攻めの要素を持ち、そのゲーム性の高さから、ルアー釣りと平行して行うアングラーも少なくない。 繊細なタックルを使用するため、掛けてからのやり取りも非常にスリリングでルアー釣りそのもの。 さらにエサを使用するため多彩な魚種にアピールすることが可能で、マダイ以外にもヒラメ、マゴチ、根魚類などがターゲットに入る。 通常のテンヤ釣りと違う大きな特徴として、繊細なティップを持つロッドと極細のPEラインを使うことが挙げられる。 船竿にゴツい両軸リールといった組み合わせではなく、陸っぱりで使うようなスピニングロッドにスピニングリールというライトなものだ。 これはテンヤの軽さゆえに考え出されたタックルバランスである。 船釣りのオモリとしては軽い5〜10号のテンヤが中心となり、深場でもできる限り軽いオモリを使い、ゆっくりしたフォールで食わせられるタックルが求められる。 そのため手持ちのルアータックルも流用できるので、いきなり全て揃えるのではなく、まずは流用タックルから始めてもいいだろう。 また、船宿のレンタルタックルを利用する手もある。 一つテンヤ人気が高まるにつれ船宿でも一級品の専用タックルを取り揃えるところが増えてきたので安心して使えるはずだ。 繊細なアタリを捉えやすい穂先に大物にも対応できる張りのある胴の組み合わせは専用ロッドさながらのセッティングだ。 価格帯は2万円前後のものから選べば間違いない。 もちろん最初から最上級品を購入すれば品質や耐久性にも問題なく、性能の面では後悔もしないはずだ。 長さはメーカーによって2. 1〜1. 7mと幅広いラインナップがあるが、最初の1本を選ぶなら、取り回しがよく、風の影響なども受けにくい2. 4mを基準にしよう。 ロッドの硬さはメーカーごとに細かい違いはあるが、ミディアム、ハードなどの頭文字を取り、軟らかい順にL、ML、M、MH、Hのように表記されている。 最初の一本ならばML〜MHを選べば問題ない。 タイプは先調子と胴調子に大きく分かれる。 先調子タイプはシャクリが楽でアワセも効きやすく、アタリもハッキリ出やすい。 しかし大物が掛かった場合に、ロッドが引きを吸収しにくくバレやすい面がある。 一方で、胴調子タイプは、操作性や感度で先調子タイプに劣る反面、魚を掛けた後にうまく吸収してくれるのでバラシが少ない。 また、ティップはメバリングやアジング用ロッドと同じく、中身が中空のチューブラーティップと詰まっているソリッドティップがある。 感度に優れるチューブラー、食い込みの良いソリッドといったところだが、好みで選んでも構わない。 先調子と胴調子、チューブラーとソリッドには一長一短があるが、当然両極端な製品ばかりではなく、ロッドメーカーが独自のバランスを研究し進化を続けている。 実際に使ってみるのが一番だが、まずは釣具店で手にとってみることをおすすめしたい。 価格帯は2万円前後のもので充分だ。 単に持ち重りして疲れるということではなく、繊細なアタリを捉えることができるため釣果に差がつく。 ただし、軽いロッドはパワーが不足しがちなため、80cm超級も期待できるようなエリアを攻める場合は、ある程度妥協が必要だろう。 小さなアタリに対しては感度が落ちるが、掛けた後のことを考えるとパワーがある方がやり取りがグンと楽になる。 アタリが頻繁にある魚影の濃い場所では獲れる確率が高まるため、数を稼ぎやすいだろう。 使えるフィールドは浅場に限定され、パワーがないためやり取りはスリリング。 一つテンヤという釣りに、ある程度慣れた中〜上級者向けといえる。 しかし、その価格の分だけ満足いく性能であることも確かである。 予算に余裕があるなら、とにかく最上級のものを選ぶという手もある。 重量や巻き上げ量のバランスがよい2500〜3000番が最適で、なるべくドラグ性能が高いものを選ぼう。 最初の1台を選ぶなら1〜3万円のものがおすすめ。 1万円以下のものでも使えるがドラグ性能や耐久性が落ちることを覚悟しておこう。 PEラインを使用するため、ライントラブルに対する配慮も必要だ。 メーカーによって搭載するシステムの名称が違うが、いずれもトラブル防止に役立つ。 購入する際は目的の機能が搭載されているかを確認し、できるだけ多くこれらの機能が搭載されているものを選択しよう。 船釣り用として販売されているのものならほぼすべて対応できるが、専用ラインを選べば間違いない。 PEラインは同じ号数であれば強度にほとんど変わりはないので、視認性で選んでも良いだろう。 専用ラインは一定の長さごとにマーキングが施されていたり、一定の長さ毎に色が変えられており、底取りが正確にできるのが特徴である。 道糸は細ければ細いほど潮の影響を受けず自然に落とし込むことができるため食いも良いが、必然的に強度も落ちてしまう。 6〜0. 8号を基本として考えれば大丈夫だ。 ナイロンラインでも良いが、根ズレに強い点と比重がある点を考えるとフロロが最適である。 磯・堤防釣りでも使える汎用品で充分。 号数は道糸がPE0. 8号ならリーダーはフロロカーボンの2. 5号(10lb)が標準。 PE0. 6号ならリーダーは2号(8lb)、PE1号(12lb)ならリーダー3号と対応させよう。 長さは4〜5mが目安だが、底取りのためにキリの良い数字で揃えてメインラインのマーキングに合算できるようにしよう。 したがって、なるべく軽いテンヤで攻めたいところ。 号数は水深によって決めよう。 目安は水深10mごとに2号。 つまり水深20mなら4号、60mなら12号となる。 釣り場の水深が分かるなら、その前後の水深に対応するテンヤを数種類揃えよう。 また、予想外の速潮に備えて、15号程度の重いものも用意しておきたい。 根掛かりが非常に多いので、スペアも忘れずに。 カラーには特にこだわらなくてもよいが、根魚などもターゲットにするなら、アピールカラーがいいいだろう。 朝夕の暗い時間帯には夜光カラー、エサ盗りが多いときは着色ナシのものが活躍する。 ただし、強度に対する不安やライントラブルの元にもなるので、それらが頻発するようであれば使用を控えよう。 釣り始めは使用して、釣果が安定してきたら直接結ぶという方法もある。 エサがしっかり付いていなければ魚は食ってこない。 地域によっては活きエビを使う船もあるが、冷凍の海エビ(サルエビなど)が基本。 スーパーで売られている甘エビなども使えないことはないが、エサ持ちやコスト面を考えると釣具店や船宿で販売されているものが無難だ。 サイズは7〜8cmのものをセレクトして使おう。 エビの刺し方は色々あるが、基本は1匹掛け。 エビが上を向くように真っ直ぐ刺す。 尾羽があると水流を受けて落とし込みにくくなるので取り去ること。 エサの確保も忘れずに。 いくら仕掛けが出来上がっていてもエサを忘れては元も子もない。 船宿で準備しているところもあるので事前に確認しておこう。 道糸とハリスは乗船前に結んでおく。 船上で結んでもよいが1投目をスムーズに行うためにも準備しておきたい。 PEラインを使うため、結び方はFGノットやPRノットなどの摩擦系ノットが基本。 電車結びなどでは1kg以上の獲物には太刀打ちできない。 ノットは練習が一番だが、ラインノッターなども使いこなせれば強い味方になる。 リールのドラグ調整も忘れずに済ませておこう。 1程度のマダイが掛かったときにドラグが滑り出すようにするために、ペットボトルに水を入れたものやダンベルなどに道糸を結び、引き上げるときにドラグから糸が滑り出すように調整する。 船長の合図が出たら釣り開始だ。 まずは水深を船長に聞きテンヤの号数を決定する。 テンヤのセットが終わったらエサを付けよう。 テンヤを投入したら、スプールをごく軽く指で押さえながらフォールさせる。 この指で押さえる動きをサミングと呼び、フォール中のアタリや着底を分かりやすくしてくれる効果がある。 潮が速くラインが流されるときは投入したテンヤがなるべく速く落ちるようにフリーフォールさせる。 同じ号数のテンヤを使っているにも関わらず他の乗船者とズレてしまった場合は、一旦回収して落とし直した方がよい。 着底の合図は、直線で落ちていく道糸がフッと緩んだ瞬間である。 着底を見逃すと根掛かりの原因にもなるので集中しよう。 着底が分からない場合は水深を船長に訪ねてみること。 色分けされた道糸を使っていれば、着底時のカラーを覚えておけば、次の投入が楽になる。 着底したらリールのベイルを戻して糸フケを取り、竿先を軽くあおる。 このときいきなりアタリが出ることもあるので構えておこう。 10秒程度待ち、アタリがなければシャクリの動作に入る。 最初は水面から45度くらいの角度になるようにゆっくり竿をシャクってテンヤを持ち上げる。 シャクったらロッド位置を戻し、そのままフリーフォールでラインが張るまで落とし込む。 最初の着底で糸フケを取るときに底から少し浮き上がっている状態なので、シャクった後は着底することはない。 糸を出して着底させる必要はなく、そのままのタナでテンヤを上下させてアタリを待つ。 同じ場所で上げ下げしていても潮流によって仕掛けは流されていき、底からかなり上の層を探ることになる。 道糸の角度が45度くらいになったら仕掛けを上げ、エサのチェックをして入れ直そう。 手前に潮が流れてくる場合はそのまま落とし込むと船下に入ってしまうので、潮上にキャストして広い範囲を流せるように調整しよう。 まずは着底させ、リールを巻いて狙いのタナまで上げ、あとは同様にシャクリと落とし込みを繰り返していく釣り方である。 大ダイは中層で掛かることも多いので、アタリがない場合でも時々タナを上げて探ってみよう。 アタリがあったら即アワセが基本である。 フォール中はラインにアタリが出ることもある。 着底していないのにラインが急に止まったり、フワッと糸フケができたりする。 竿に出るアタリより分かりにくいので、少しでも違和感を覚えたらすぐにアワセを入れてみよう。 アワせ方は、リールのベイルが戻っていることを確認し、すぐ巻き上げにかかれるようにハンドルに手を添え、利き腕で一気に竿を立てる。 魚が乗っていることが確認できたらそのままテンションを緩めず始めは速く、そしてゆっくりとリールを巻く。 魚が小さい場合や食い込みが悪くて即アワセがうまくいかないときは、聞き上げと巻きアワセを試してみよう。 アタリがあってもアワせず、ゆっくりと竿をあおり、グッと竿が重くなった瞬間にロッドは立てたままリールの速巻きでアワせる。 ドラグを鳴らすようなサイズが掛かった場合は、巻くのをやめ突っ込みに合わせてドラグを滑らす。 ラインテンションが緩みそうになったら速攻で巻き取り、また走り出したら、そのまま走らせる。 この繰り返しで手前に寄せ、最後はタモ入れでフィニッシュ。 サイズに関わらずそのままゴリ巻きが基本。 ポンピングはバレやすいので厳禁だ。 アワせ損なった場合はすぐに竿先を戻しテンヤを落とし込んでみよう。 マダイはほんの少しでもエサが残っていれば食いついてくることが多い。 アタらないからといって落としたままではタナからどんどん離れていってしまうからだ。 フォールを繰り返すことによって遠くにいる魚を引き寄せることもできる。 まず着底させ、シャクるときに小刻みに回数を多く入れてみる。 フォールの間を置かないことでテンヤも大きく跳ね上がり、広いレンジでアピールすることができる。 そのまま小刻みにテンヤを動かしたりステイの時間を多めに取って動きに変化を与えてやるのも有効だ。 水深10〜20mの浅場では20〜30mキャストし横に広く探るようにする。 テンヤをキャストし、着底したら糸フケを取る。 シャクリを入れたら竿を止め、カーブフォールで再度着底させる。 アタリがなければ竿を下げながらリールを巻いて糸フケを取り、シャクリを入れる。 この繰り返しで手元まで寄せてくる。

次の