名誉 フェロー 意味。 【吉野彰】名誉フェローの意味は?何年くらいで受賞したの?経歴は?

フェローとは

名誉 フェロー 意味

10月9日、旭化成の吉野彰名誉フェロー(71)がノーベル化学賞を受賞しました。 受賞理由は、リチウムイオン電池の開発。 30年ほど前に開発されたものですが、モバイル時代を切り開き、環境問題にも貢献したということで、受賞が決定したとのことです。 ノーベル賞といえば新しい技術が受賞するというイメージがありますが、そんなに昔のものが表彰されることもあるんですね。 さて、僕がこのニュースを見たとき、あるところに疑問を持ちました。 名誉フェローって何!!!??? みなさんもちょっと聞き覚えがないものだったのではないでしょうか。 今回は、 名誉フェローの意味とは?旭化成吉野彰氏の役職や年収が気になる! と題しまして、名誉フェローの意味や、旭化成吉野彰氏の役職や年収についてお伝えしていきます! 名誉フェローの意味とは? 名誉フェローの意味は何なのでしょうか? ネットで調べてみたところ、 学会 、大学 、企業 、研究機関が定める学術称号。 意味合いとして名誉研究員 と近いが、名誉上級会員と訳されることも多い。 類似した職名・称号として、名誉リサーチャー、名誉スカラー等がある)。 一言で名誉フェローといっても、学会、大学、企業、研究機関のどの名誉フェローなのかということによってちょっと意味が違うようです。 しかし、意味合いとしては全て「 名誉研究員」という感じだそうです。 「 フェロー」というのは、その分野で優れた貢献をした人に与えられる人のことのようです。 「 名誉フェロー」はフェローの中でも特に優れた功績を残した人に与えられる称号です。 役職というよりは称号ということですね。 吉野彰さんの場合はおそらくリチウムイオン電池の開発によってこの称号を得たのではないかなと思います。 旭化成吉野彰氏の役職や年収が気になる! それでは、具体的に吉野彰氏は現在どのような役職を持っているのでしょうか? 調べてみました!• 名城大学大学院理工学研究科 教授• 旭化成株式会社 名誉フェロー• 技術研究組合 リチウムイオン電池材料評価研究委託センター 理事長• 株式会社 KRI 特別顧問• 九州大学 グリーンテクノロジー研究教育センター 訪問教授 いろいろな役職を持っているのですね。 大学の教授に、研究組合の理事長、特別顧問、などなど、幅広く活躍されているようです。 年収についてですが、役職ごとに予想していきましょう! まず、大学の教授というのは、有名な人だと年収は 2000万円くらいだそうです。 吉野彰氏もそのくらいもらっているのではないでしょうか。 旭化成株式会社の研究員としての年収は推定するのが難しいですが、優れた功績を残しているので最低でも 1000万円はもらっているのではないでしょうか。 研究組合の理事長は、通常 700万円〜1000万円くらいだと言われています。 KRIの特別顧問としても報酬もかなりもらっていると思われます。 顧問は通常役員クラスの報酬がもらえますので、 2000万円はもらっているのではないでしょうか。 最後に訪問教授ですが、これはわかりやすくいうと非常勤講師というような感じなので、教授ほどの報酬は貰えていないと思いますが、吉野さんほどの方であれば 1000万円くらいはもらえるのではないでしょうか。 合計すると、 7000万円くらいだということになります。 すごいですよね。 いろいろな会社や組織のトップとして立っているのですから、まあ納得です。 これはあくまで予想ですので実際にところはかなりズレがあるかもしれませんが、年収はかなり高いと考えていいと思います。

次の

旭化成名誉フェロー(ノーベル化学賞吉野さん)の年収は?実はかなり低い?

名誉 フェロー 意味

旭化成名誉フェロー・吉野彰氏 スウェーデン王立科学アカデミーは9日、2019年ノーベル化学賞を、京都大工学部出身で旭化成名誉フェローの吉野彰氏(71)ら3人に贈る、と発表した。 授賞理由は「リチウムイオン電池の開発」。 吉野氏はコバルト酸リチウムを使い、高性能のリチウムイオン電池を開発した。 リチウムイオン電池は携帯電話やノートパソコンのバッテリーなどIT社会に不可欠な電源となり、自動車にも利用が広がっている。 太陽光や風力で発電したエネルギーを蓄積でき、地球温暖化に進める化石燃料の浪費から脱却する技術であることも高く評価された。 共同受賞は、米テキサス大教授のジョン・グッドイナフ氏(97)とニューヨーク州立大特別教授のマイケル・ウィッティンガム氏(77)。 グッドイナフ氏はノーベル各賞を通じ最高齢受賞となった。 日本のノーベル賞受賞は27人目。 化学賞は2010年の鈴木章氏と根岸英一氏に次いで8人目。 出身や大学の在籍など京都にゆかりのある受賞者は15人になった。 授賞式は12月10日にスウェーデン・ストックホルムで開かれ、3人に計賞金900万クローナ(約1億円)が贈られる。 充電して再利用できる2次電池に、反応性が高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦した。 しかし充放電を繰り返すと性能が低下する性質があった。 熱暴走という安全上の問題点もあり、実用化は難しかった。 吉野氏はノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏が発見した導電性高分子のポリアセチレンに着目、2次電池に用いる研究を1981年ごろから始めた。 コバルト酸リチウムを正極とする2次電池を試作し、負極を炭素材料に切り替え、現在使われているリチウムイオン電池の基本形を85年に完成させた。 リチウムイオン電池の登場で、起電力を上げることができ、小型軽量化も実現。 91年に量産化され、95年の「ウィンドウズ95」の登場とともに情報通信機器の電源として一気に普及した。 電解質にポリマーを用いるリチウムイオンポリマー電池など改良が進み、電気自動車や住宅用蓄電池システムへの利用も進んでいる。

次の

名誉フェローとは

名誉 フェロー 意味

吉野氏は大阪府吹田市出身で71歳。 72年に京都大学大学院を修了後、旭化成に入社した。 イオン二次電池事業グループ長や電池材料事業開発室長など電池研究に従事し、17年から現職にある。 04年に紫綬褒章、18年に国際科学技術財団の日本国際賞、19年に欧州特許庁の欧州発明家賞などを受賞している。 リチウムイオン電池は正極にコバルト酸リチウム、負極に炭素材料を使用し、小型軽量や充放電のサイクル寿命が長いのが特徴だ。 吉野氏は、負極に旭化成が研究中だった炭素繊維を試し、現在のリチウムイオン電池の原型となる二次電池を世界で初めて製作した。 旭化成はリチウムイオン電池部材のセパレーターでシェア首位。 リチウムイオン電池は携帯電話やノート型パソコンなどIT機器の世界的普及に貢献し、用途は電気自動車など新市場にも広がっている。 市場調査会社の富士経済によれば、世界のリチウムイオン二次電池市場は自動車電動化の影響などから22年に7. 4兆円と17年に比べ2. 3倍となる見込み。 岡三オンライン証券によると、関連する日本企業にはや、、などもある。 二次電池向け正極材料を手掛ける田中化学の株価も一時11%高の915円と急騰した。

次の