アクアチム 軟膏 効果。 アクアチム軟膏1%の効果・用法・副作用

とびひに効く軟膏はアクアチムが良い!?市販はされてる?

アクアチム 軟膏 効果

アクアチムの効能・効果 アクアチムクリームは 表在性皮膚感染、 深在性皮膚感染、 化膿しているざ瘡(ニキビ)の3つに適応があります。 またアクアチム軟膏・が使用できる疾患は下記のようになっています。 表在性皮膚感染症 アクアチムクリーム・アクアチム軟膏 深在性皮膚感染症 アクアチムクリーム・アクアチム軟膏 ざ瘡(化膿性炎症を伴うもの) ニキビのこと アクアチムクリーム・アクアチムローション 塗り方・使い方 軟膏・クリーム・ローションどれも 1日2回で使用します。 ニキビの場合のみ洗顔後に塗るようにとなっていますが、ニキビに限らず使用する場合は入浴後や洗顔後がオススメです。 水虫・ヘルペスに使用できる? アクアチムはアクネ菌とブドウ球菌のみに適応があります。 水虫の原因菌となる真菌や、陰部や口唇ヘルペスの原因となるヘルペスウイルスを抑える効果はありません。 ヘルペス部位の2次感染時や2次感染予防を目的でアクアチムが処方されることはありますが、ヘルペスウイルスには効果はありません。 ディフェリンゲルの併用・順番 ニキビの治療薬であると同時に処方された場合は、 ディフェリンゲルを先に塗った後、アクアチムを塗ることが推奨されています。 ディフェリンゲルを先に使う理由 ディフェリンは化膿の有無に関わらずニキビ全体に塗ることができますが、アクアチムは化膿しているニキビだけに使用します。 つまり塗る面積が ディフェリン>アクアチムとなりますので先にディフェリンゲルを塗って乾いた後にアクアチムを塗る事が推奨されています。 ベピオゲルの併用・順番 BPO製剤のとアクアチムクリームが併用されることがあります。 医師から特別指示がなければベピオゲルを先に塗ることが推奨されています。 理由はディフェリンゲルの併用と同じで、ベピオゲルはニキビ全体に塗りますがアクアチムクリームは化膿のあるニキビにスポットで使用します。 先にアクアチムクリームを使用するとベピオゲルによってアクアチムが塗らなくていい場所まで広げられてしまうため、先にベピオゲルを使用することが推奨されています。 妊娠・授乳中の使用 妊娠中のアクアチムの使用ですが製薬メーカーの説明書では下記の記載があります。 アクアチムは妊婦または妊娠している可能性のある方に使用経験は少ないため、妊娠中に使用に関する安全性は確立していない。 引用元 アクアチムインタビューフォーム となっています。 しかし実際の現場では処方される機会がありますが最低限の使用に抑えるようにしましょう。 授乳中については説明書(添付文書)に注意書きはなく「授乳を続けてもOK」と指導されるケースがあります。 しかし、妊娠中や授乳中の場合は家にあるアクアチムを自己判断で使用しないようにしましょう。 アクアチムクリームのジェネリック医薬品は? アクアチムクリームには薬価の安いジェネリック医薬品が存在します。 市販薬はある? アクアチムの有効成分であるナジフロキサシンが入った市販薬は販売されていません。 効果が鋭く、間違って使用すると耐性菌が出現することがありますので、医療機関での診察が必要になる薬です。 カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の

アクアチムクリーム1%の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

アクアチム 軟膏 効果

基剤とは 主成分を溶け込ませて安定させる受け皿です。 アクアチムは1%の主成分と99%の基剤からできています。 詳しくはこちらをチェック! 『』 アクアチムクリームの特徴 アクアチムクリームは塗り心地がピカイチです。 しかし、アクアチムクリームは水溶性と脂溶性の基剤を使用しているため、添加物がアクアチム軟膏より多く、かぶれなどの副作用を起こすことがあります。 アクアチムローションの特徴 アクアチムローションはサラっとした塗り心地で、広範囲に塗るのに適しています。 しかし、添加物に アルコールを含むため、少しでも皮膚に傷があるとシミます。 アクアチムの効果No. 1は? アクアチムの主成分は ナジフロキサシンです。 ナジフロキサシンはブドウ球菌属・アクネ菌を 殺菌する効果があるため、とびひ治療にはもってこいです。 しかし、とびひに効果があるはずなのに、とびひに使われないアクアチムがあります。 とびひに使わないアクアチムは? 健康保険の関係で、とびひに使わない(使えない)塗り薬がひとつだけあります。 それは アクアチムローションです。 そして、とびひに使うのは アクアチム軟膏が多いです。 とびひはかゆみ強い皮膚病です。 そのため、掻きむしり傷になり、水ぶくれになることも多く、あらゆる皮膚症状に対応できるアクアチム軟膏がちょうどいいからです。 かゆみには花粉症によく使われる 抗ヒスタミン薬が有効です。 『』 また、アクアチムは ニキビ薬としても有名ですが、アクアチムローションが保険上の理由でとびひと使わないのと同様に、 アクアチム軟膏もニキビに使いません。 アクアチムはナジフロキサシンを主成分とする世界初のニューキノロン系抗菌剤の塗り薬• いずれもとびひに効果があるが、アクアチムローションは保険上の理由でとびひには使わない• とびひに使う多くはアクアチム軟膏であるが、クリームも同等の効果がある• アクアチムクリームはとびひとニキビの両方に使える• とびひのかゆみには抗ヒスタミン薬が有効 強い化膿炎症を起こしたニキビには、抗生物質の飲み薬も有効です。

次の

とびひにアクアチムを使う時の注意点!効果や副作用をチェック!

アクアチム 軟膏 効果

とびひの薬アクアチムとは? アクアチムという薬はナジフロキサシンという成分が主となっている軟膏で、いわゆる抗菌薬として細菌が関係している皮膚炎などの治療薬として使われます。 とびひの原因となっている黄色ブドウ球菌などの細菌が、患部で増殖しないようにするために処方されます。 赤ちゃんの場合はどうかわかりませんが、 子供のとびひに処方される時には内服薬と一緒に処方されるため、内外からしっかりと治療をしていく事ができます。 赤ちゃんに本当に良いのか不安 とびひに効果があるという薬のアクアチムは抗菌薬としては刺激が強い方だと言われています。 そんな薬を赤ちゃんに使って本当に大丈夫なのでしょうか? お母さんだったら誰もが不安に感じてしまうのは当然の事かもしれません。 確かにこのアクアチムという軟膏は 赤ちゃんや幼児への使用実例があまり多くないと言われています。 自宅にあったからといって使ってはいけません 恐らく自宅にこの薬があるという事は、以前大きな子供さんがとびひにかかった時に処方していただいた薬なのだと思うのです。 処方していただいた薬が余った場合、たいていの方はその薬を保存して次の機会に使ったりしますよね? でも軟膏を使うのが赤ちゃんだったらちょっと待ってください。 危険があるとはいいませんが赤ちゃんや幼児に使う時には注意した方がいいお薬なので、まずは病院に行って相談をしてみるといいでしょう。 もしその時にアクアチムは塗らない方がいいという事であれば、 別のお薬を処方していただけるはずです。 薬の効果は絶大だと言われています! 赤ちゃんに使えないからといって捨てる必要はありません。 実はこのお薬はニキビがひどくなってしまったりした場合にも使うことができるので、気になるおできや大きな子供さん以上の方が使う分には問題はないからです。 思春期のニキビやおできなどの治療薬として役立てるといいでしょう。 赤ちゃんや幼児にはアクアチムは使わずに、まずは病院に行って受診して 赤ちゃんにピッタリのお薬を処方してもらう事が重要なポイントです。

次の