コロナ渦 とは。 コロナ禍とは?新型コロナウイルス関連のワードを徹底解説

コロナ渦で広がる「見えない格差」とは?|はがくん@検索していくぅ薬剤師|note

コロナ渦 とは

「コロナ 渦」はなんて読む?の読み方や意味は? 「コロナ 渦」の読み方に迷ってしまう…そんな声も結構多く上がっています。 『 渦中(かちゅう)』という言葉が日常的に飛び交ういい例だと思います。 『コロナ 渦』の読み方や意味 調査した結果から、 『コロナ 渦』の読み方や意味について考えてみましょう! m3. 日付的には私の確認した中で最も早くタイトルもしくは本文内に「コロナ 禍」を使ったネットニュースですね。 Twitter ツイッター上で「コロナ 禍」を最も早く使ったツイートです。 結局ばらまかれたけど症状は大したことないみたいになるんじゃないかなー? あと、感染源がヘビという話もあるけど、ヘビって発熱しないよね? ピット器官! —. nicovideo. オリンピック開催可否に関する内容ですね。 w yahoo検索を使って、本文およびタイトルにそれぞれが含まれる件数という前提で比べてみますね! 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトル&本文に使われている記事数比較 細かいことは抜きにして、検索結果数を紹介します。 ちなみに、期間は2020年4月6日以前です。 コロナ 禍 = 約3600万件 コロナ 渦 = 約 290万件 「コロナ 禍」「コロナ 渦」がタイトルのみに使われている記事数比較 コロナ 禍 = 24000件 コロナ 渦 = 783件 比較結果 明らかに「 禍」の方が「 渦」よりも多いですね! タイトル&本文 では 約12. 4倍 の差 タイトルのみ では 約30倍 の差 「 禍=わざわい」という意味合いを表現として用いる方が状況にマッチしているんでしょうね。

次の

新型コロナ(禍)(渦)(鍋)

コロナ渦 とは

みんな読めているのか? 新型コロナ禍(か) 新型コロナ渦(か)(うず) 新型コロナ鍋(なべ???) 最近、「新型コロナ禍」という言葉をよく見かける。 初めはなんとなく流していたけど、そうもいかなくなった。 しかも、よくよく見ると「禍」と「渦」が混合しているのでさらによくわからない。 とりあえず、読み方を調べてみた。 新型コロナ禍(か) 本来は、「禍」=「わざわい」という字を使い「新型コロナ禍(か)」と読む。 しかし、今回の新型コロナウイルスでは「渦」を使う日本語メディアが出てきて文字が混乱している。 「渦」は「新型」らしい。 2月下旬ころから「渦」の使用が「禍」をしのぐ勢いになり、「不要不急のすごいブログ」によると、「恐らくは誰が判断しても『コロナ渦』の流行は明らかです」といっている。 結論、本来は「禍」を使い「新型コロナ禍」と表記するべきではあるが、「新型コロナ渦」もアリだろう、という流れらしい。 poc39.

次の

『コロナ禍』の正しい読み方や意味とは?『渦』や『鍋』との違い

コロナ渦 とは

公益財団法人:日本生産性本部が行った調査によると、テ レワークに肯定的な意見をもつヒトは6割以上もいるとのこと。 高額なオフィスの維持費などの物理的コストを考えても、ポストコロナ時代の働き方は、コロナ前の時代よりも確実にオンラインにシフトしていきます。 子どもが考えてもわかる事実です。 小学校で体育の授業をしています。 チャットツールやデジタルデータのやり取りは、カンタンに可視化できます。 数値化できます。 業績は全て管理できるようになります。 日本人の完全失業率は今のところ2. でも、アメリカの失業率は14. これからも日本は失業率を2. 残念ながら、答えはNoです。 考えてみてください。 企業はなるべく人件費を最小限にして、最大の利益を出すための組織です。 必要人員が少なくていいことが分かれば、当然削減します。 しかし、失望する必要はありません。 より引用 働きアリと働かないアリをそれぞれ別のグループに分けると、もとのグループの比に働くアリと働かないアリが発生します。 人間社会では、おそらく A社で働かない(働けない)ヒトがB社で働くようになるはずです。 そこで成果を出せる人もいれば、 成果を出せずにC社に行くヒトもいるでしょう。 コロナ時代に発生する「格差」とは、 流動的に移り変わる職環境に適応できる人物と、 できない人物の差なのではないでしょうか。 次は、社会全体を3つのタイプに分けて考えてみます。 君主制とは、王様がいる国です。 王様のいうことはゼッターイってやつ。 王様に能力と人望があるうちは繁栄しますが、たいてい世襲制にするせいで無能が王になって崩壊します。 パワーバランスが拮抗しているとうまいこと競争して繁栄しますが、権力争いによって崩壊します。 民主制とは、権力を民衆に分散している国です。 権力による不平等に強いものの、何も決まらず崩壊します。 コミュニティとは、国とは、社会とは、この3つのタイプを行ったり来たりしながら形成されていきます。 この考え方を使って、 「企業」について考えてみましょう。 高度経済成長期における大企業には、強い社長が存在していました。 彼らが王様です。 王様にはリーダーシップがあり、自動車・ラジオ・ウォークマンなど工業的な実績もどんどん積み上げられることで、絶対的な信頼感がありました。 頑張って大学まで行って、大企業に就職してしまえば、人生は成功の時代です。 フリーランスも、昔は就職できないヒトがやるもの。 信頼できない、仕事を任せられないという立場の時代が続きました。 しかし今ではフリーランスを好んで選択している人も増えています。 フリーランスで有名なヒトといえばマナブくんあたりでしょうか。 彼を目指してフリーランスに夢を持っている人も多いかもしれません。 また、今はフリーランスと呼ばれているワケではありませんが、「 ネットでバズりを稼ぎにしているヒト」も民主制グループに入るでしょう。 ・君主制(大企業で生きる) ・寡頭制(中小企業やオンラインサロンで生きる) ・民主制(フリーランスや個人として生きる) これまでは、どれか1つを選ぶのが人生でした。 しかし、テクノロジーが進化し、物理的距離よりも 「なにができるか」「なにがしたいか」を選択できる今、わざわざ1つを選んで選択肢を狭めたいと思うヒトがどのくらいいるのでしょうか。 今後は流動的にそれらを 行き来したり、もしくは 同時に2つ以上のコミュニティで存在することが、最大利益となるはずです。 人生という長いスパンで1つの企業に勤める時代が終わっただけではありません。 一生フリーランスも、オンラインサロンオンリーで生きるのも難しい時代です。 だって、世界は変化するのだから。 やはり、 コロナ時代に発生する「格差」とは、流動的に移り変わる職環境に適応できる人物と、できない人物の差なのではないでしょうか。 しかし、就職やフリーランスよりも収入が安定しない場合もあるでしょう。 ここで、豊かに生きる方法を考えてみるべきでしょう。 仕事には、 「お金」と 「やりがい」と 「人間関係」の3つの要素があります。 しかし、君主制、寡頭制、民主制の3タイプが同時に存在しうる世界では、それぞれを分けて考える事も重要です。 収入の安定性で言えば、やはり君主(大企業)の安定性が好ましいヒトもいるでしょう。 フリーランスや起業家としてガッツリ稼ぎたいと思うヒトもいるでしょう。 しかし、やりがいについては案外、 尊敬できる自分の選んだヒトと何かをつくれるオンラインサロンが最強かもしれません。 人間関係だって、主催者や主催者を好きなヒト(好みの合うヒト)と繋がることができるのだから、オンラインサロンが最強でしょう。 それぞれの幸せ要素を分けて、 自分はどんなバランスで人生をおくっていくのかを考えないと、破綻します。 おそらく1つのコミュニティだけですべての幸せを手に入れられる時代は、もう終わりました。 そして、今後生きているうちに来ることもないでしょう。 情報の交換の中で生まれる格差とは何かについて深い考察がなされています。 就職が最強だった時代が終わった事は、コロナによって自明の理になりました。 それは、昔からわかっていたのに認めたくなかった事実です。 しかしそれを受け止めなくてはならない時が来てしまったのです。 ・君主制(大企業で生きる) ・寡頭制(中小企業やオンラインサロンで生きる) ・民主制(フリーランスや個人として生きる) 私は3つのタイプに分類しました。 これらが移り変わっていきます。 たまにはオーバーラップしながら、その時のベストを選び取っていく時代です。 そして、どのタイプを選ぶにしても「自分ブランド」があるかどうかが重要です。 寡頭制と民主制が現代に成り立つためには、インターネットが不可欠です。 自分が何者か。 何をしてきた人物か。 どういう人格なのか。 知ってもらうことで、つながりが生まれます。 そのために「自分ブランド」を育てることは重要なのです。 「どう発信するか」 「何を発信するか」 「何を交換するか」 それは池松さんの記事の方に詳しく載っています。 そちらをぜひ読んでみてください。 情報と幸せに向き合うための方法、についても書きたかったのですが、長くなってきたのでまた別の機会に。 コメントをもらえたら優先度上げて書きます! ではまた! 【サポートについて】 情報を広く、正しく知ってもらうために無料で記事を書いています。 共感できる方はサポート頂けたらとても嬉しいです🎉 質の高い情報発信を続けていけるよう、 サポートで応援をお願いします。 🙇 【ツイッターについて】.

次の