ニキビ ゲンタシン。 ゲンタシン軟膏は顔に塗れる?鼻や唇、口内炎に使って大丈夫?

ニキビにオロナイン軟膏って効くの?悪化するって本当?

ニキビ ゲンタシン

はじめに ゲンタシン軟膏は、ニキビの治療薬として昔から使用されてきました。 実はニキビの治療以外にも、とびひや湿疹の治療としても使うことがあります。 今回はゲンタシン軟膏の成分や副作用についてご紹介します。 ゲンタシン軟膏の成分と効果 ゲンタシン軟膏の主成分であるゲンタシンは、細菌に対して優れた抗菌作用があります。 ニキビの主な原因と言われている「アクネ菌」に対しても抗菌作用を発揮することから、ニキビ治療薬として病院から処方される事があります。 また、ニキビが悪化すると私たちの皮膚にはアクネ菌だけでなく「黄色ブドウ球菌」と呼ばれる菌も発生してしまいます。 ゲンタシン軟膏はアクネ菌だけでなく、黄色ブドウ球菌に対しても抗菌作用を発揮させることから、ニキビ治療に適した薬だと言えるでしょう。 しかし、ゲンタシン軟膏はニキビの治療には効果が期待できますが、ニキビ跡改善の効果はありませんので間違えないようにしましょう。 ゲンタシン軟膏の適応症状 ゲンタシン軟膏は処方薬ですので、医師の診断の元で処方されます。 しかし、ニキビ治療で必ずゲンタシン軟膏が処方されるわけではありません。 現在は様々なニキビ治療薬があり、ニキビ治療で抗生物質の軟膏が処方される事が少なくなってきています。 ゲンタシン軟膏は主にニキビや吹き出物治療、おでき、化膿性皮膚病、そして二次感染症のリスクがある皮膚病変などに対して効果が期待できます。 ステロイドは配合されておらず、他のニキビ治療薬の「ダラシンTクリーム」と同じ、外用の抗生物質になります。 ゲンダシン軟膏の副作用 ゲンタシン軟膏を使用すると、稀に皮膚が赤くなったり、ヒリヒリとした痛み、湿疹、かゆみなどを感じる場合があります。 ゲンダシン軟膏を使用して皮膚に違和感を感じた場合、もしかするとアレルギー性接触皮膚炎を起こしている可能性があります。 ニキビの症状が悪化する可能性がありますので、すぐに使用を中止して、皮膚科で診てもらうようにしましょう。 また、長く使い続けると効果が薄くなる事があります。 これは、アクネ菌がゲンタシン軟膏に対して耐性を持ってしまったことが原因として挙げられます。 効果を感じにくくなったかな?と感じた方は、医師に相談してみましょう。 刺激が少ないから様々な症状に使用出来る ゲンタシン軟膏にはステロイドが入っていないため、赤ちゃんに使用する事が出来る優しい薬です。 新生児のおむつかぶれに使っている方もいます。 また、あせもや乳児湿疹などにも使用できますので、赤ちゃんの肌トラブルにも適している薬だと言えます。 また、刺激も少ないため女性のデリケートゾーンの痒みなどにも使用する事が出来ます。 ゲンダシン軟膏の効果的な塗り方 ゲンダシン軟膏は、色やにおいがなく伸びも良いので塗りやすい軟膏です。 一般的には1日1回以上患部に塗りますが、症状に応じて医師から塗る回数の指示があると思います。 指示がない時は薬剤師に相談の上、お風呂上りか起床後に塗りましょう。 直接患部に塗っても問題ありませんが、ガーゼにゲンダシン軟膏を塗って患部に貼っても問題ありません。

次の

ニキビに効果がある?ゲンタシン軟膏の成分と効果

ニキビ ゲンタシン

Contents• ニキビに効くゲンタシン軟膏とは ゲンタシン軟膏は、1970年に販売を開始した薬です。 約60年近く、皮膚炎やニキビに悩む多くの方に使われてきました。 しかし、ニキビ治療薬としてはマイナーな存在で、「家にあるけど、ニキビに効くとは知らなかった」と言う方も多いものです。 そこで、下記ではゲンタシン軟膏の効果などを解説していきます。 ゲンタシン軟膏とは ゲンタシン軟膏とは、「アミノグリコシド系」という抗生物質を配合した薬です。 「ゲンダマイシン硫酸塩」という主成分で出来ており、長い名前を省略して「ゲンタシン」と名付けられました。 ジェネリック医薬品では、「ゲンタマイシン硫酸塩軟膏0. 1%〇〇」という名称で処方されています。 ゲンタシン軟膏と似た効果がある薬として、ステロイドを配合したリンデロン軟膏があります。 これらは、ニキビ治療としても使われる他、擦り傷やとびひなどの治療にも使われる薬です。 ゲンタシン軟膏は、色や臭い・刺激が無く、伸びが良いので非常に使いやすいと言えるでしょう。 しかし、近年ではニキビ治療薬として使われる事が少なくなりました。 なぜなら、保険診療の制約により、「ニキビの治療」としてゲンタシン軟膏が処方できなくなったからです。 その他、ニキビに良く効く薬が増えたという事も、ゲンタシン軟膏が使われなくなった理由として挙げられます。 ゲンタシン軟膏の効果 ニキビ治療薬と聞くと、「菌を殺菌して炎症を鎮める」というイメージを持っている方は多いと思います。 しかし、ゲンタシン軟膏には、アクネ菌やブドウ球菌を殺菌する成分が含まれていません。 「菌の繁殖を防ぐ」という効果だけがあるのです。 ニキビの原因であるアクネ菌やブドウ球菌は、繁殖を行う際に独自のタンパク質を合成します。 ゲンタシン軟膏には、そんなタンパク質の合成を阻害する効果があります。 繁殖に必要なタンパク質が無いため、菌は数を増やす事が出来ず、ヒトの免疫によって死滅します。 これらの効果によって、ニキビの炎症や傷が早く治るのです。 ちなみに、菌が生成するタンパク質は、人間が生成するタンパク質と形が異なります。 ゲンタシン軟膏は、菌の生成するタンパク質のみに効果を発揮するため、人体への悪影響は殆どありません。 ニキビに塗って効果が出るのはいつ 主成分「ゲンタマイシン硫酸塩」は、短時間で細菌の数を減少させる事が分かっています。 特に、ブドウ球菌には殺菌効果が出やすく、約2時間程で菌の減少が確認できます。 しかし、リンデロンなどのステロイド配合薬と比べると、あまり即効性はありません。 ゲンタシン軟膏をニキビに塗ると、約2~3日でニキビの炎症が鎮まる方が多いようです。 また、使用から約2週間もすると、ニキビはほぼ完治し、キレイなお肌に近づく事が出来ます。 ただし、菌の数やニキビの炎症具合などによっては、さらに日にちが掛かる方もいます。 ゲンタシン軟膏を2週間使ってもニキビが改善しない場合は、使用を止めましょう。 ゲンタシン軟膏はどこで買える? ゲンタシン軟膏は、処方箋医薬品です。 このため、薬局や量販店で購入する事が出来ません。 皮膚科を受診して、処方してもらいましょう。 一口にニキビと言っても、ニキビには赤ニキビや白ニキビなど、様々な種類があります。 ゲンタシン軟膏がどんなニキビにも効けば良いのですが、残念ながら効果のあるニキビは限られています。 改善効果があるニキビと、改善効果が無いニキビがあるのです。 そこで、ここからはゲンタシン軟膏が効くニキビの種類をご紹介します。 炎症を起こしたニキビに効く ゲンタシン軟膏には、菌の繁殖を防ぐ効果があります。 このため、菌の繁殖によって悪化した「赤ニキビ」や「黄ニキビ」の治療に効果的です。 しかし、炎症を起こしていると言っても、初期段階の赤ニキビにはあまり効果がありません。 ゲンタシン軟膏が効くニキビは、重度の炎症を起こした赤ニキビや黄ニキビのみなのです。 これは、主成分の「ゲンタマイシン硫酸塩」が、アクネ菌に対して強い効果が無いためと言われています。 アクネ菌に対しても抗菌作用はあるのですが、改善するには少し時間が掛かるでしょう。 一方、黄ニキビの原因であるブドウ球菌に対しては、とても強い抗菌作用を発揮します。 膿を持った黄色ニキビであれば、リンデロンやオロナインなどの薬よりも、早めに治す事が出来るのです。 白ニキビやニキビ跡には効かない 白ニキビや黒ニキビ、ニキビ跡がある毛穴には、殆ど菌がいない状態です。 このため、ゲンタシン軟膏でこれらの症状の改善は出来ません。 初期段階のニキビやニキビ跡を改善するには、スキンケアや食生活を見直してみましょう。 特に、スキンケアはお肌に直接行う事なので、1番見直しをするべき項目と言えます。 洗顔料は泡立ちの良い物を使う、お肌を十分に保湿する、ニキビ専用の基礎化粧品を使うなどの工夫を行いましょう。 その他、初期段階のニキビであれば、病院で面皰出圧(めんぽうしゅつあつ)を行い、改善する事も出来ます。 どんなニキビもゲンタシン軟膏で治そうとはせずに、症状に合った使い方をする事が大切です。 ゲンタシン軟膏は、重度のニキビの治療に効く薬と覚えておきましょう。 ニキビに効くゲンタシン軟膏に副作用はある? 1.洗顔後、いつも通りのスキンケアを行います。 2.清潔な手にゲンタシン軟膏を適量とり、ニキビの部分のみに塗ります。 3.ゲンタシン軟膏を塗ったニキビに、ガーゼや絆創膏を貼りましょう。 ゲンタシン軟膏は水に溶けやすく、多少ベタつきがあるので、他の部位に薬が流れてしまう事があります。 これらを防ぐために、スキンケア後の使用や絆創膏を使うのです。 しかし、仕事がある日はメイクを行うため、絆創膏やガーゼが貼れない方も多いと思います。 メイクを行う場合は、ゲンタシン軟膏を軽くティッシュでオフし、その後に薄く化粧を施しましょう。 こうすれば、ゲンタシン軟膏のベタつきも気にせず、メイクを行う事が出来ます。 ゲンタシン軟膏が処方できない人がいる ゲンタシン軟膏は比較的に副作用が少なく、安全性の高い薬です。 しかし、中にはゲンタシン軟膏の処方が出来ない方がいます。 以下に当てはまる方は、ゲンタシン軟膏を処方出来ない可能性があります。 そのため、皮膚科を受診した時に必ず申告をしましょう。 特に、抗生物質でアレルギーを起こした事がある方は要注意です。 この場合は、先に血液検査を行ったり、他のニキビ治療方法を検討する必要があります。 どんな治療方法が良いのかを医師と相談するためにも、病院を受診する時はお薬手帳を持参しましょう。 ニキビが治ったら使用を止めよう ニキビが治ったら、ゲンタシン軟膏の使用を必ず止めましょう。 と言うのも、抗生物質の長期使用は、「耐性菌」という免疫を生じさせるからです。 耐性菌とは文字通り、抗生物質に対して耐性を持った菌のこと。 抗生物質の効果で弱っても、稀に生き残った菌が突然変異で免疫を作ってしまうのです。 耐性菌が1度でも生じてしまうと、同じ薬は殆ど効きません。 次にニキビが出来た時、ゲンタシン軟膏ではニキビの改善が出来ないのです。 より効果の強い抗生物質に切り替える必要があるので、その分、副作用などのリスクも高くなります。 これらのリスクを避けるためにも、ニキビが治った時はゲンタシン軟膏の使用を止めましょう。 その他、ゲンタシン軟膏を2週間使っても改善兆候が見られないと言う場合も同じです。 この場合はゲンタシン軟膏が効いていない証拠なので、他の治療法を選ぶ必要があります。 ニキビに効くゲンタシン軟膏のまとめ 昔から、皮膚炎やニキビの治療に使われてきたゲンタシン軟膏。 近年では様々なニキビ治療薬が開発されたため、ニキビの治療として処方される事が少なくなりました。 ゲンタシン軟膏は副作用が少なく、妊娠中や授乳中でも比較的安全に使える薬です。 一部の病院ではまだ処方を行っているので、気になる方はお近くの病院に聞いてみましょう。 しかし、ニキビを改善するには、薬だけに頼らず、日頃の生活習慣を見直す事も大切と言えます。 睡眠不足や栄養バランスの偏った食事を見直して、元気なお肌と体を手に入れましょう。 また、スキンケアでしっかりニキビ対策を行う事も重要です。 繰り返すニキビに悩んでいる方は、基礎化粧品をニキビ用の物に変える事をオススメします。 手ごろな価格の商品も多いので、一度検討してみても良いでしょう。 自分に合った薬やスキンケアを見つけて、ニキビの無いキレイなお肌に近づけて下さい。

次の

リンデロンVG軟膏はニキビには不向き!リンデロンの成分とニキビの関係

ニキビ ゲンタシン

Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使っても良い部位 ゲンタシン軟膏は、ステロイドなどの副作用の強い成分が含まれていないため、大抵の場所に塗れる使いやすい塗り薬です。 腕や足、お腹、背中といった基本的な部分はもちろんのこと、以下のような部分にも塗ることが出来ます。 おでこ、頬、あごなど ゲンタシン軟膏は、おでこや頬、あごといった、 顔の大抵の皮膚部分には塗っても問題ありません。 顔の化膿した切り傷やすり傷、赤く腫れたニキビなどに塗ることが出来ますので、ばい菌が入った場合には使ってみると良いでしょう。 鼻 意外と塗っていいのか迷ってしまう鼻ですが、 鼻の表面、鼻の入り口、鼻の中のどこでも塗って大丈夫です。 「鼻の中に塗っても大丈夫なの!?」と思うかもしれませんが、 耳鼻科などでも鼻の中が荒れた際には処方されていますので、心配せず使って問題ありません。 ただ、鼻の中は少し塗りにくいので、ゲンタシン軟膏を綿棒などで少量だけ取り、優しく伸ばすように塗ると良いでしょう。 唇 唇や唇の周りも、傷口が腫れたり化膿している部分があれば塗って問題ありません。 口角炎や唇の傷、唇のひどいひび割れや荒れなどが腫れたり膿んだりした場合に使うと良いでしょう。 口唇ヘルペスの場合は、できものや水疱がジュクジュクとした時に塗っておくと、細菌感染による症状の悪化を予防することが出来ますよ。 塗ったゲンタシン軟膏が口に入って、うっかり飲み込んでしまうことを心配する人が多いのですが、 ゲンタシンは腸で吸収されないので害になることはありません。 陰部などのデリケートなゾーン ゲンタシン軟膏は、陰部や乳首などのデリケートな部分にも使うことが出来ます。 傷や荒れで赤みが出たり、腫れている場合などには効果が期待出来ますよ。 ただ、カンジダなどの細菌が原因ではない感染症の場合は、ゲンタシン軟膏が逆効果になるケースもあります。 原因が分からない症状の場合には、むやみに塗らない方が良いでしょう。 また、かゆみを直接抑える効果はありませんので、かゆみがひどい場合にはかゆみ止めの成分が含まれる専用の薬を処方してもらった方が良いですね。 ゲンタシン軟膏は、顔の皮膚や鼻の中、唇、陰部などのデリケートな部分にも使える! Sponsored Link ゲンタシン軟膏を使ってはいけない部位 上にも書いた通り、ゲンタシン軟膏は体の大抵の場所に塗ることが出来ますが、一部塗らない方が良い場所もあります。 具体的には以下の3か所ですね。 目の粘膜 ゲンタシン軟膏は、基本的に目の中に使うことが出来ません。 目の粘膜は皮膚と比べてデリケートなので、眼科用の専用の塗り薬を使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は刺激の少ない塗り薬なので、一度目に入ったからといって急に何か起こることはあまりありませんが、目に異常が現れるケースもありますので注意しておきましょう。 まぶた、目の周り まぶたや目の周りなど、目に入ってしまう可能性のある部位にゲンタシン軟膏を塗るのは避けておきましょう。 厳密には目の粘膜に触れなければ問題ありませんが、うっかり目をこすって入ってしまうケースも少なくありません。 特に子供の場合は、どうしても目をこすってしまいがちなので、きちんと眼科で処方してもらった薬を使うようにしてくださいね。 口の中(口内炎など) ゲンタシン軟膏は皮膚に使うことを考えて作られているため、口の中で使えるようには作られていません。 仮に塗っても唾液で流れ落ちてしまいますので、口の中には塗らないようにしましょう。 口内炎や口の中の切り傷などには専用の薬がありますので、そちらを使うようにしてください。 ゲンタシン軟膏は、赤ちゃんでも大人と同じように使える! まとめ ゲンタシン軟膏は顔や陰部などのデリケートな部分を含め、大抵の場所に塗ることが出来ます。 今回の話を簡単にまとめておくと以下の通りですね。 ゲンタシン軟膏はデリケートな部位でも塗ることが出来る• 顔はおでこや頬、あご、鼻、唇などは塗ってもOK• 目に入れない方が良いので、まぶたや目の周りは避ける• 口の中(口内炎など)に塗っても流れ落ちてしまうので意味がない• 赤ちゃんでも大人と同じように塗って良い ゲンタシン軟膏は、塗り薬の中でも害の少ない薬なので、使用にあたってあまり心配しすぎる必要はありません。 ただ、肌荒れや病気の種類によっては、塗っても意味がない、逆に症状が悪化してしまうということも考えられます。 そのため、ゲンタシン軟膏は、 ばい菌に感染して赤く腫れている、化膿して膿がたまっている、傷口がジュクジュクしている時などに塗るものと考えておきましょう。

次の