菜々の剣 キャスト。 「蛍草」の再放送は?NHK土曜時代ドラマ「螢草 菜々の剣」動画の見逃し配信

螢草 菜々の剣/再放送/見逃し配信/1話/(1月25日放送日)2020年NHKドラマの無料視聴まとめ|VOD劇場

菜々の剣 キャスト

それぞれの思いが交錯する最終章! 雪江(南沢奈央)に子どもたちを託した菜々(清原果耶)は、思い出残る家を離れることを決意。 だが恩赦が轟(北村有起哉)の偽計で、市之進(町田啓太)が無実の罪を認めたのは自分のためだと知った菜々は、轟に御前試合での父の仇討ちを申し入れる。 菜々を始末する良い機会との日向屋(本田博太郎)の思惑で仇討ちが許可され、菜々は轟との対決に臨むことに。 ひと太刀だけかわしたいと仲間達に告げる菜々には、ある勝算があった。 可愛らしい主人公は実は武士の娘で、その武士の父ははめられてしまい切腹することになるまで追い込まれていったということを知り、復習を誓う少女のストーリーで、さまざまな人とのふれあいのなかで父をはめた相手に仇討ちをするために、そして残された子供たちのことを守るために絶対に敵うはずのない相手に挑むというストーリー設定がなかなか魅力的ではないでしょうか。 清原果耶さんが刀を振りかざすシーンはとても迫力があり、この女優さんだからこそこの役が出来たのだと思います。 父の仇と不正をただすため、そして愛する子供たちまでも奪われてしまわないように若い女性ながら挑む姿にきっと感動させられるはずです。 今でこそ女性が強くて当たり前である時代ですが、このドラマの時代背景から女性がこんなにも前に出て刀を振りかざすというのはなかなかなかったのではないでしょうか。 武士の娘ということで、父の強い意思を引き継いで悪い相手とも堂々と対峙していきながらも、挫折を繰り返して成長する姿を見るのも楽しみではあります。 ストーリーは、父を切腹に追い込んだ人物が、再び奉公先の主人の命を脅かしており、その主人と亡くなった奥様の子どもたちを守るために、清原果那さん演じる菜々がその敵に立ち向かっていくというものです。 見どころの一つとしては、清原さんの剣術シーンでしょう。 たまたま団子を食べさせて助けた人が剣術の達人で、その人から剣術を学び、かわいい清原さん演じる菜々が御前試合に参加するという展開が。 あんな美女剣士がいたら、斬られてもいいと思ってしまいそうですね。 そして敵と相対する中で、様々な人間関係も繰り広げられていきます。 主人の新たな妻になりたいと思いを寄せる佐知。 実は優しいヤクザの親分湧田の権蔵。 宇梶さんこのキャスト似合い過ぎです。 謎の儒学の先生死神先生。 でも、やっぱり新しい妻になろうとしている佐知と菜々の主人に対する想いの揺れ動く様も注目したい点ではないでしょうか。 今回も清原果那さんは、喜怒哀楽ある素晴らしい演技を見せてくれています。 その清原さんの演技に魅せられながら、物語がどんな結末を迎えるのか期待したいと思います。 公式動画まとめ 私にとってU-next の1番の魅力は韓国ドラマの種類の豊富さです。 映画やドラマの見放題アプリは韓国ドラマの数が少ないというイメージがあったので元々映画を見ない私にとって、こういったアプリは全く興味がありませんでした。 しかし色々な韓国ドラマを紹介するサイトでU-next を紹介していた事がきっかけでこのアプリを知りトライアルを申し込んでみました。 そこで豊富な韓国ドラマや映画が見放題ということ以外にも漫画や書籍も購入できる事、ダウンロードした映像をオフラインでも見られるという便利さに驚きました。 特に休憩時間や通勤途中の少しの時間でも韓国ドラマが見たいと思っていた私にとって、ダウンロードしたドラマをデータを使わずに外で見られる機能は本当に嬉しかったです。 毎朝その日に外で見るドラマをダウンロードして隙間時間で見ていました。 又、海外旅行が好きで飛行機に乗る機会が多いのですが、映画に興味の無い私は機内に備え付けのモニターを使う事はほぼ無く、時間を持て余していたのですが、U-next をダウンロードしてからは長時間でのフライトでも寝る間も惜しんでドラマを見ていました。 新しい人気作品も定期的にどんどん出てくるので今後も契約し続けることになりそうです。 遺法道は危険 インターネット上には、違法サイトが数えきれないほど存在します。 法律が改正されても規制は追い付いていないのが現状です。 そのような違法サイトを見かけたことがあるという人も少なくないはずです。 さて最近では「違法サイトはダメ、おすすめしない」といいながらも、違法動画へのURLを貼るサイトも存在します。 このようなサイトにはアクセスしないようにしましょう。 URLをクリックし、違法動画へアクセスすることで悪質な業者に利益が発生するからです。 そして、それが悪質な業者をはびこらせる原因となっているからです。 「サイトを作る人はダメでも、自分が見るためにパソコンやスマートフォンにダウンロードするくらい良いのでは?」と思うかもしれません。 しかし自分で視聴する場合であっても、自分の意思で違法な動画や音楽をダウンロードして発覚すると処罰の対象となることがあります。 どうせバレないだろう、とタカをくくっている人もいることでしょう。 でも、もしバレたら? 正規品を買うよりも高い代償を払う可能性だってあるのです。 そういったことに巻き込まれないようにするためにも、違法なURLには関わらないのが一番です。 あやしいサイトには絶対に関わらないようにしましょう。

次の

螢草 (葉室麟)

菜々の剣 キャスト

「螢草 菜々の剣」ネタバレあらすじ 16歳の主人公・菜々(清原果耶)は風早家の奉公人。 元々は武家の娘であったが、その身分を隠しての奉公。 父親はとある陰謀に巻き込まれ切腹を命じられ他界していた。 母親は百姓の出であったが、武家の嫁としての矜持を守り続け、やがて他界。 母親の死後、母親とともに世話になっていた母親の実家を出て、風早家に奉公に出ていたのだ。 7話最終回「いのちの剣」 雪江(南沢奈央)に子どもたちを託した菜々(清原果耶)は、思い出残る家を離れることを決意。 だが恩赦が轟(北村有起哉)の偽計で、市之進(町田啓太)が無実の罪を認めたのは自分のためだと知った菜々は、轟に御前試合での父の仇(あだ)討ちを申し入れる。 菜々を始末するよい機会との日向屋(本田博太郎)の思惑で仇討ちが許可され、菜々は轟との対決に臨む。 ひと太刀だけかわしたいと仲間に告げる菜々には、ある勝算があった。 引用元: 轟との御前試合、轟の剣の力に投げ飛ばされた菜々は、間一髪で父親の形見である短刀で轟の刃をかわし…。 一瞬の隙を見て、若殿の前に進み出た菜々の手には、轟と日向屋の悪事を証明する紙があり、お殿様!真実はここにあります!と声を張り上がるのだった。 「謀られた…」そうつぶやく轟。 若殿の前には鏑木家・家老の柚木弥左衛門(イッセー尾形)が進み出て、何卒、藩のために審議をお願いしますと頭を下げ…。 そんなことは終わったことだ、戯言だとその場を収めようとする大殿の鏑木勝重(中原丈雄)。 しかしその時、藩主は自分である!と父親を見下ろす若殿・勝豊(中山麻聖)。 かくして、轟が陥れた市之進、そして菜々の亡き父・安坂長七郎の無罪が証明され、轟は切腹。 日向屋は財産全てを召し上がられた。 この功績から市之進は若殿の側用人に引き立てられ、ずっと江戸住まいになると思われた。 市之進の親戚・田所与六などは、菜々に小銭を渡して、これから出世するであろう市之進の邪魔になってはならぬと言い、どこかに行けと。 その言葉に従った菜々が町を歩いていると、目の前に正助ととよ、そして市之進が現れた。 江戸でなくても藩に貢献できる仕事はできる。 ここ鏑木の地でこの子たちと、そして菜々、お前と一緒に夫婦として生きていきたい…。 菜々の瞳に涙が光った(完)。 6話「偽りの告白」 轟(北村有起哉)に証拠を渡した菜々(清原果耶)だが、それは節斎(石橋蓮司)に作ってもらった写しだった。 一方、市之進(町田啓太)が罪を認めれば切腹を免れ、恩赦で市之進を無罪にできると轟に持ちかけられた雪江(南沢奈央)は、菜々を救うために罪を認めるよう勧める手紙を市之進に送る。 菜々の身を案じた市之進は苦悩の末、無実の罪を認めることを決意。 故郷の村に帰るよう菜々に命ずる手紙を雪江に託す。 引用元: しかしそれは轟の罠であった。 恩赦で市之進を無罪にできると持ちかけ、その実は永久に蟄居処分されるというものだった。 しかし、それを知らない雪江(南沢奈央)は、風早家の子どもたちを引き取り、菜々に家を出て行くように伝えると…。 それに従った菜々は、お骨さんの紹介で女中の仕事を探すことができて、これから新しい生活をと思った矢先に、市之進が無罪放免にならないことを雪江から知らされるのだった。 5話「希望の光」 野菜を売って生計を立て始めた菜々(清原果耶)。 湧田の権蔵(宇梶剛士)一家に因縁をつけられるが、ひょんなことから親しくなる。 一方、江戸での詮議で日向屋(本田博太郎)と轟(北村有起哉)の不正に触れ怒りを買った市之進(町田啓太)だが、老臣・柚木(イッセー尾形)の助けで沙汰は据え置きとなる。 父の遺品を調べた菜々は儒学者・椎上節斎(石橋蓮司)の協力で不正の証拠を発見。 だが轟がそれを奪いに乗り込んで来る。 引用元: なぜ轟が不正の証拠があると知ったかというと、菜々に親しげにしながら、その実は見張っていた仙之助(高田翔)のチクリから。 それで乗り込んでいた轟に対峙したのが、湧田の権蔵(宇梶剛士)親分。 昔、娘を亡くしていた過去がある権蔵が、娘を彷彿させるとよと菜々たちが心配でやってきたのだ。 しかし轟の剣にはかなわず撃沈。 死んだかと思われたが、なんとか生き延びた。 そしてお骨さんや死神先生が集まってきて、菜々が観念したかのように証拠を轟に渡した。 ちなみに、菜々が野菜を調達したのは、母親の実家である赤村の秀平(阿南健治)宅。 息子の宗太郎(松大航也)は、菜々にほの字で秀平も菜々が不憫でならない。 でも、そんな状況も全て気に入らない秀平の妻・勝から厳しい言葉を投げかれられる菜々が健気。 4話「別れ」 轟(北村有起哉)が襲撃されるのを目撃した菜々(清原果耶)の報告で、市之進(町田啓太)は菜々と轟の因縁を知る。 一方、破談になった再婚話の相手、雪江(南沢奈央)が市之進を訪ねて来る。 雪江の思いを知り気持ちがざわつく菜々は、追放を覚悟して暇を言い渡す市之進に、佐知(谷村美月)との約束で自分が子どもたちを守ると誓う。 やがて風早家は閉門、菜々たちは屋敷を追い出され、市之進は詮議のため江戸送りになると決まる。 引用元: 市之進の親戚は冷たい。 金はたかりに来るが、いざ風早家が取り潰しの危機に陥ると、残された二人の子どものことは一切関係なしという態度。 そして菜々は、亡き佐知との約束通り、二人の子を抱えて町で住む場所を探すと…。 お骨さん(濱田マリ)こと舟さんのボロボロの空き家を借りて住むことになり、みんなで大掃除。 若君・正助の教育はおろそかには出来ないと思案中のところに、隣に住んでいる死神先生こと椎上節斎(石橋蓮司)に儒学を教えてもらうことになる。 3話「忍び寄る影」 間一髪飛び込んできた菜々(清原果耶)は、五兵衛(松尾諭)に習った突きの型でかどわかしの犯人を倒す。 だが無理もたたった佐知(谷村美月)の命の灯は燃え尽きようとしていた。 武家の出であることを告白した菜々に市之進(町田啓太)と子どもたちを託し、佐知はこの世を去る。 その間に轟(北村有起哉)のわなでぬれぎぬを着せられ、市之進は謹慎処分となった。 怒った仙之助(高田翔)たちは、実力行使で轟を除こうと動きだす。 引用元: 轟は、市之進に忠告していた。 自分サイドに付けばよくしてやると。 しかし質実剛健気質の市之進はそれを拒否。 怒った轟は、仙之助たちの自分に対する暗殺行為を市之進が先導したと、仙之助にうその供述書を出させて、という流れ。 ちなみに、轟は市之進の父親が妾に産ませた子ども。 しかし母親の出自が公になることを恐れた市之進の父親が、妾の実家である日向屋(本田博太郎)に轟を預けさせ、冷遇したことで風早家に恨みを抱えていた。 2話「父の仇」 市之進(町田啓太)の建白書が突き返された裏に居たのは、やはり轟(北村有起哉)だった。 父を陥れた男の姿を初めて見た菜々(清原果耶)は、かつて団子(だんご)をごちそうして助けた壇浦五兵衛(松尾諭)が剣術指南役になったことを知り、剣の指導を願い出る。 一方、佐知(谷村美月)が結核に冒されていることがわかり、薬代をつくるため市之進の頼みで質屋に向かった菜々だが、その間に子どもたちがかどわかしに遭ってしまう。 引用元: 市之進の仕事は藩の財政をつかさどる会計出納。 そこで藩の財政を立て直すための建白書を若手の同志とともに上司に提出するのだが、「見なかった」ことにされてしまい、その裏に轟の存在を感じる市之進。 憤りを隠せない同志たちは、市之進の忠告を無視して轟を襲撃し、その命を断とうとするが、逆に返り討ちに逢い、足をひきずることになる桂木仙之助(高田 翔)。 後々、このことをネタに市之進やその家族を見張るように轟から命令される桂木仙之助だった。 1話「武家の娘」 武家に初めての奉公に上がった菜々(清原果耶)は初日の朝から失敗続き。 しかし奥様の佐知(谷村美月)と主人の市之進(町田啓太)の優しさに包まれ、すぐに風早家に溶け込む。 だが菜々には、実は武家の出身という秘密があった。 ある夜、屋敷を訪れた男の名前を聞いて菜々は凍りつく。 その男、轟平九郎(北村有起哉)は藩政を陰で動かす誰もが恐れる存在だったが、この轟こそ菜々の父を無実の罪で切腹に追い込んだ敵だった。 引用元: 風早家には2人の子どもがいて、長男・正助を演じているのが山下心煌くんで、妹のとよを演じているのが田中乃愛ちゃん。 お気づきの方もいるかと思いますが、朝ドラ「なつぞら」で奥原千遥の幼少期を演じたのが田中乃愛ちゃん。 千遥が結婚するような大人になった時、その役を演じたのが清原果耶ちゃんということで、このつながりが絶妙です。 で、山下心煌くんも「とと姉ちゃん」に出演していました。 この兄妹が菜々に懐き、それを微笑ましく見ている若奥様の佐知(谷村美月)という人間関係が描かれた初回でした。 「螢草 菜々の剣」キャスト 菜々:清原果耶 風早家の奉公人で、もとは武士の娘。 市之進が陥れられ、それを仕組んだのが父を切腹に追い込んだ男だと知った時、市之進と子供たちを守るため強大な敵に大勝負を挑む。 風早 かざはや 市之進:町田啓太 風早家の主。 乱れた藩政の刷新を目指すが、そのために疎まれ、罪を着せられてしまう。 佐知:谷村美月 市之進の妻。 菜々を妹のように優しく導くが病に倒れ、菜々に市之進と子供たちを託す。 轟 平九郎:北村有起哉 藩内で隠然たる力をふるう。 雪江:南沢奈央 市之進の再婚話の相手。 かつて花見の宴で見かけて以来、市之進のことを恋慕い、自ら市之進との縁談を申し出た。 壇浦五兵衛(だんご兵衛):松尾 諭 空腹で行き倒れになりかかっているところを菜々が助けた浪人で、実は剣の達人。 その時に食べた団子60本分の礼として、菜々に剣の手ほどきをする。 舟(お骨):濱田マリ 菜々が主家の金策のために訪れた質屋の女将。 女一人での商売をなめられないようにと、背中に髑髏(どくろ)をあしらった長羽織を常に羽織っている。 椎上(しいがみ)節斎(死神先生):石橋蓮司 菜々の隣に住む儒学の先生。 幽霊と間違われたことで「死神先生」と呼ばれるようになる。 湧田の権蔵(駱駝の親分):宇梶剛士 地元を仕切るヤクザの親分。 幼いとよを死んだ娘と重ね合わせ、菜々たちの味方になる。 絵草子のラクダに似ていると、「駱駝の親分」と呼ばれることに。 甚兵衛:苅谷俊介 風早家に先代から仕える忠実な家僕。 桂木仙之助:高田 翔 市之進の朋輩で藩政改革の同志。 軽率な行動が市之進に累を及ぼすことに。 宗太郎:松大航也 菜々の従兄。 幼馴染の菜々に一途な思いを寄せる。 柚木弥左衛門:イッセー尾形 鏑木家の家老。 昼行燈のように生きていたが、詮議の場で市之進の姿に接し、藩の未来の希望を託す。 鏑木勝重:中原丈雄 長年鏑木家に君臨した藩主。 藩主の座は世嗣・勝豊に譲ったが、実権は握り続けている。 日向屋孫右衛門:本田博太郎 藩内の商いを一手に取り仕切る豪商。 轟を育て、藩主・勝重に食い込ませた。 藩の財政を食い物にして手に入れたいまの地位を代替りの後も保とうとする。 引用元: 安坂五月:奥貫 薫 菜々の母。 赤村の実家で病気で死亡。 安坂長七郎:川口 覚 菜々の父で鏑木藩の藩士。 城内で轟を刃を向け、後に切腹を命じられた。 宗太郎の父・秀平:阿南健治 菜々の母・五月の弟。 宗太郎の母・勝:黒田こらん 秀平の嫁で、実家に出戻った義理の姉・五月菜々母子を毛嫌いしている。 風早正助:山下心煌 風早とよ:田中乃愛 田所与六:中村育二 鏑木勝豊:中山麻聖 スポンサーリンク.

次の

螢草 菜々の剣(NHKドラマ)動画フルの無料視聴方法|Pandoraについても

菜々の剣 キャスト

原作は「螢草」 ほたるぐさ になっており、葉室麟さんによる長編時代小説になっています。 小説推理にて2011年11月号から2012年7月号に連載され、双葉社より刊行された作品になっています。 小説の内容は、父が無実の罪で切腹し出自を隠していた16歳で奉公に上がった主人公の菜々が、奉公先の主人が無実の罪を着せられその中に父の仇敵がいることを知り、奉公先の幼子を守りながら仇討ちのため孤軍奮闘する姿を描いた時代小説作品になっています。 そんな作品が清原果耶さん主演で今回ドラマ化されます。 清原果耶さんにとっては今回の作品が時代劇ドラマとしては初挑戦になるようで、彼女にとっては女優としての新しい可能性のあるドラマになっているのではないでしょうか。 その他のキャスト陣としては、風早市之進役に町田啓太さん。 佐知役に谷村美月さん。 轟平九郎役に北村有起哉さんの出演されています。 どのような復讐劇の時代ドラマになっているのでしょうか。 野菜を売って生計を立て始めた菜々 清原果耶。 湧田の権蔵 宇梶剛士 一家に因縁を付けられるが、ひょんなことから親しくなる。 一方、江戸での詮議で日向屋 本田博太郎 と轟 北村有起哉 の不正に触れ怒りを買った市之進 町田啓太 だが、老臣・柚木 イッセー尾形 の助けで沙汰は据え置きとなる。 父の遺品を調べた菜々は儒学者・椎上節斎 石橋蓮司 の協力で不正の証拠を発見。 だが轟がそれを奪いに乗り込んで来る。 螢草 菜々の剣 キャスト 清原果耶,町田啓太,北村有起哉,本田博太郎,南沢奈央,イッセ-尾形,石橋蓮司,宇梶剛士,松尾諭,濱田マリ,中原丈雄,中山麻聖,川口覚,高田翔,山下心煌,田中乃愛,小岸洸琉,近江谷太朗ほか 町田圭太さんの魅力 整った顔立ちに秀才そうな雰囲気、細身なのに背が高いところが魅力です。 ドラマでもエリート会社員の役などがぴったりです。 LDH所属の俳優さんの中でも、いま1番勢いのある俳優ではないでしょうか?パイロットになりたくて航空高校に進学しているだけあり、育ちの良さが全面に出ています。 群馬出身とのことで、群馬にもこんな素敵な人がいたということにビックリです。 ダイヤの原石だったのでしょう。 若い世代の女性より30代40代50代の主婦層からの人気があるような気がします。 私の母は、60代ですが「頭が良さそうで、素敵」とテレビで町田さんを見かける度に言っております。 中学聖日記では、仕事のできる婚約者役を演じておりましたがとてもはまり役だったと思います。 町田さんの雰囲気そのままの役で、町田さんの他には演じることのできる俳優さんはいなかっただろうなという印象を受けました。 ガテン系がほとんどを占めるイメージのLDHですが、インテリ系イケメンもいるのだということを全面にアピールしてこれからもたくさんの役を演じている姿を拝見したいです。 主演のドラマも見てみたいので、これから期待しています。 目指していたパイロット役など素敵な役が似合いそうなので見てみたいです。 みんなの感想まとめ 注目キャストの清原果耶さん 面白そうな所は、主演が、清原果耶さんという所です。 清原果耶さんが、洗剤のCMに出演しているのを観て透明感のあるかわいい女優さんだなと思いました。 オロナミンCのCMも楽しく魅力的に登場して人を惹きつけるオーラが、すごいです。 今回は、時代劇という事で必殺仕事人に出演して以来の時代劇だと思います。 きれいな女優さんなので時代劇の衣装もよく似合います。 奉公先で父親の仇の轟と出会う物語ですが、菜々が、仇討をするのかが、見どころになると思います。 奉公と言うとおしんのように奉公先でいじめられるようなイメージも強いですが、菜々の奉公先の風早家では、優しく接してくれるので従来の奉公とは、違うフインキになりそうです。 菜々は、父親の無実を果たせることが、できるのかが、興味深いです。 奥様役の谷村美月さんも名女優さんなので楽しみです。 風早家の人々が、菜々の仇を知った時にどう行動するのかも注目です。 かたき討ち 仇討させるのか無実を果たすために一緒に轟に父親の冤罪を証言させるのか展開が、楽しみです。 轟は、誰もが、恐れる男という事で菜々だけのチカラでは、父親の無実を果たすのは、無理かもしれませんが、奉公先で出会った風早家に協力してもらえば追い詰める事もできると思います。 主人公の菜々は実の父親が無実の罪で切腹に追い込まれたばかりか、奉公に上がった先の主人である風早市之進までもが冤罪で投獄されてしまうという憂き目に遭います。 それらの事件に共通する黒幕は、藩政の実力者で剣の達人でもある轟平九郎。 十代の少女で、実家が取り潰されてしまい、日々の暮らしにも苦労している菜々にとっては、あまりにも強大な敵です。 普通の方法では、仇討ちなんてできっこありません。 この憎き仇をどうやって討ち果たすのか、菜々の執念の頑張りこそが、このドラマのメインストーリーと言えるでしょう。 同じBS時代劇でも、先に放送されている『大富豪同心』では、江戸一の両替商の若旦那というあまりにも恵まれすぎる経済力を持つ主人公が、運にも恵まれて。 トントン拍子に名を上げてゆくお話しでしたし、全体にコミカルな雰囲気が満ちています。 その『大富豪同心』に対して、『螢草菜々の剣』は主人公の境遇といい、物語の雰囲気といい、全く逆の作品となりそうですね。 この2つの対照的な作品を比較してみても楽しそうだなと思いました。 みどころ 武家の出身であることを隠し、とある武家に奉公に上がった菜々。 そんなある日、優しく真っすぐな人柄である奉公先の主人、風早市之進が無実の罪を着せられてしまいます。 そしてそのことを仕組んだのが自分の父を切腹に追い込んだ仇だと知った時、「今度こそ市之進と子供たちを絶対に守ってみせる」そう強い決意を持って、強大な敵に立ち向かっていくヒロインを清原果耶さんが演じています。 何の力も持たない一人の女性が、どうやって絶大な権力を持つ男に挑んでいくのか、全く想像がつかない状態で、とても気になっています。 彼女の心根の優しさに導かれるように、次第に協力してくれる仲間が増え、様々な壁にぶつかりながらも、少しずつ核心に迫り、敵に近づいていくというような展開になるのでしょうか。 また、タイトルに「菜々の剣」とあるので、お話の中で何か剣が関係してくることになるのでしょうか。 どんな展開だったとしても、きっと目的を達成してくれるはずです。 清原果耶さんの爽やかなイメージそのままに、ひたむきに必ず助けられると信じ続ける菜々のあきらめない姿を見て、元気を分けてもらいたいと思っています。 奉公先の主人を演じるのは、町田啓太さんです。 優しそうなイメージがあるので、今回の役柄にぴったりな気がします。 そして、強大な敵として立ちはだかる轟平九郎を演じるのは、北村有起哉さんです。 癖のある役なども得意としている役者さんなので、物語に奥行きを与えてくれそうです。 重くなりすぎず、気分爽快なドラマを期待しています。 ラジオから NHKドラマ「BS時代劇螢草菜々の剣」は、一度2013年においてNHKラジオ第1「新日曜名作座」にてラジオでのドラマ化がされており、今回は「螢草菜々の剣」でのタイトルを題してしてNHKBSプレミアムでの「BS時代劇」にてテレビドラマ化されます。 このドラマの原作は「螢草」 ほたるぐさ で、葉室麟さんによる時代小説になっております。 小説の内容は、父親が無実の罪だったのに関わらず、切腹し出自を隠していた16歳で奉公に上がった主人公の菜々が、奉公先の主人が無実の罪を着せられその中に父の仇敵がいることを知り、奉公先の幼子を守りながら仇討ちのため孤軍奮闘する姿を描いた時代物の小説作品になっております。 ドラマの主演は清原果耶さんで、彼女は同じNHKで「透明なゆりかご」において主演を果たして評価もされている女優さんになっています。 清原果耶さんはとてもカワイイ顔をされておりますが、このドラマではかなりりりしいお顔も似合っているのではないかと思います。 みどころの総括 奉公先の主人を陥れようとする敵は、父親を死に追いやった男だったのでした。 強大な敵に大勝負を挑む16歳の菜々を演じるのは、清原果耶さんで、葉室麟さん原作の新たな時代劇ヒロインがここに誕生するのでした。 本作は葉室麟さんの小説を原作にしたドラマになっており、2005年に江戸時代元禄期の絵師尾形光琳と陶工尾形乾山の兄弟を描いた「乾山晩愁」にて、第29回歴史文学賞を受賞するなど評価もかなり高い作家さんになっています。 そんな作者の原作をドラマでの脚本を担当される方は、渡邉睦月さんと森脇京子さんになっており、どちらの脚本家さんともに数々のドラマや映画を担当されており、本作の濃厚な物語をしっかり描いてくれるのではないでしょうか。 そして主演をされている清原果耶さんは、今注目されている若手女優さんになっています。 そして本作の主人公の見どころは、主家の主人とその子供たちを守る一途なヒロインの戦いが始まるようなので、目的のある女性の活躍が本作で描かれている印象ではないかと思います。 時代劇においても男性だけではなく、これからは女性の活躍が目立ってくる時代になっているのではないでしょうか。 「NHKの時代劇ドラマは制作実績が良く、楽しめます」時代劇ドラマは、ドラマ制作に多額のお金が掛かるので、今、無料で見るにはNHK 総合、BS含む 時代劇が一番、ドラマ制作実力は高く、見ていて面白いです。 過去、大岡越前(主演:東山紀之)、雲霧仁左衛門(主演:雲霧仁左衛門、原作:池波正太郎著)等、良いドラマが多いです。 原作は葉室麟(はむろりん)さんです。 葉室さんはもう既に病気でお亡くなりになられておられますが、歴史小説家として、ご存知の方も多く、葉室さんのファンの方も多いでしょう。 1回毎に事件解決して、一件落着というパターンではないので、ストーリーがどうなるのか、どう展開していくのか、原作を読んだことのない方にはその様な見方が楽しみの一つです。 配役を見て、「強大な敵に大勝負を挑む16歳の菜々を演じるのは、清原果耶。 葉室麟・原作の新たな時代劇ヒロイン誕生! 」とあるので、若手俳優さんたちがメインでどう演じてくれるのか、これからの成長を含め、見どころの一つでしょう。 殺陣のシーンもあるので、時代劇ファンには楽しみの一つです、ベテラン勢が脇を固めてくれている様に感じます。 阿知波悟美さんや刈谷俊介さんはベテランで個性的な演技が面白いので、期待できます。 本作のドラマ作品は、奉公先の主人を陥れようとする敵は、父親を死に追いやった男だったのでした。 強大な敵に大勝負を挑む16歳の菜々を演じるのは、清原果耶さんで、葉室麟さん原作の新たな時代劇ヒロインがここに誕生するのでした。 このドラマは全部で7話の放送回数になっており、武家に初めての奉公に上がったてから菜々 清原果耶 は初日の朝から失敗続きで、しかしながら奥様の佐知 谷村美月 と主人の市之進 町田啓太 の優しさに包まれて、すぐに風早家に溶け込むのでした。 だが菜々は、実は武家の出身という秘密があったのです。 そんなある夜に、屋敷を訪れた男の名前を聞いて菜々は凍り付くのでした。 轟平九郎 北村有起哉 は藩政を陰で動かす誰もが恐れる存在だったのですが、この男こそが菜々の父を無実の罪で切腹に追い込んだ仇だったのです。 この時代劇は復讐劇になっているのではないでしょうか。 そして主演をされる清原果耶さんは今現在では朝ドラ「なつぞら」にも出演している人気女優さんになっています。 着物姿で刀を振り回す姿が見れるではないかと思います。 本人も着物で殺陣は難しいと発言されており、本編でもそのようなシーンの数々があるようなので期待できる時代劇になっているのではないでしょうか。

次の