わかり ず らい づらい。 ずらいとづらいの意味は?わかりずらい/わかりづらい/しずらい/じづらい

「づらい」と「ずらい」はどちらが正しい用法なのか 中の人コラム

わかり ず らい づらい

「わかりづらい」というフレーズは普段の生活の中に密着している表現ということができるでしょう。 なぜなら「わかりづらい」という言葉を使うことによって、ある特定の事柄が理解しやすいのかどうかを表現することが可能になるからです。 このように、多くの人の間で使われている「わかりづらい」というフレーズであったとしても、敬語表現で使うことができなければ、周りの人に不快感を与えてしまう可能性があるのではないでしょうか。 社会人として言葉遣いに注意しなければならないのは当然のことですから「わかりづらい」の敬語表現についてしっかりと理解することが大切です。 具体的にどのような表現が「わかりづらい」の敬語になるのでしょうか。 今後の生活に必ず役に立つ、実際的な情報を見つけることができるはずです。 「おわかりづらい」 「わかりづらい」の敬語表現を使うのであれば「おわかりづらい」ということができるでしょう。 たった一文字である「お」が文章の初めに来るだけで、相手に対して表現することのできる敬意が変わってきます。 たとえば、ある友人があなたに対して「わかりづらいでしょうか」という質問をしてきたとしましょう。 文章の最後の部分に「でしょうか」という表現が使われているので、不敬に感じることはないでしょう。 それでも、もし「おわかりづらいでしょうか」という敬語表現が使われているのであれば、受ける印象は違いますか。 おそらく、大体の人は「おわかりづらいでしょうか」の方が敬意を示されていると感じるのではないでしょうか。 そのため、一文字しか変わらない表現になりますが「おわかりづらいでしょうか」は会話の中で使うことができる実際的なフレーズと言えます。 「わかりづらい」の敬語での使い方とは? 「わかりづらい」という言葉の敬語の使い方を理解するためには、いろんな種類の敬語について精通する必要が生じてくるでしょう。 なぜなら、ほとんど同じような意味を伝えているとしても、敬語表現に言い換えた時には、いろんな言い方をすることができる場合が少なくないからです。 では、いろんな敬語表現を学ぶためにも「わかりづらい」の具体的な敬語を紹介します。 敬語の種類 ある人たちは敬語はひとつしか存在しないと考えています。 つまり、そのような人たちにとっては「わかりづらい」はひとつの敬語表現にしか言い帰ることができなくて、別の表現が存在しないことになってしまいます。 しかし、実際のところ敬語表現は複数存在します。 そのため「わかりづらい」とほとんど同じような意味を伝えているとしても、いろんな仕方で「わかりづらい」を敬語表現に言い換えることができると言えるでしょう。 では、具体的にどのような仕方で「わかりづらい」の敬語表現を作成することができるのでしょうか。 ご理解しづらい 別の言い方では「わかりづらい」を「理解しづらい」と言う敬語表現にすることができるでしょう。 もちろん「理解しづらい」という表現だけ使うのであれば、しっかりとした敬語ということはできません。 それでも「理解しづらいでしょうか」というフレーズを作ることによって敬語表現にすることができます。 「わかりづらい」と同じ意味を伝えていることになるので、使い方は非常に簡単ということができるでしょう。 それでも、文章の最後の部分に来るを工夫することによって、相手に対する深い敬意を示すことが可能になります。 使い方 「わかりづらい」の敬語表現について紹介しましたが、それなの表現を実際に自分の会話の中に使うことは非常に難しいこととされています。 なぜなら、使い方に精通することができていないからです。 どのような状況で、どのようなフレーズを組み合わせながら敬語表現を使用することができるのでしょうか。 その点に関する理解を深めることができれば、普段の会話の中で自然と「わかりづらい」の敬語表現を使うことができるようになります。 「おわかりづらい点があれば」 ひとつの実用的な使い方は「おわかりづらい点があれば」と言う敬語表現になります。 この表現は、どのような状況の中で使うことができるのでしょうか。 たとえば、あなたがコールセンターなどで働いていたとしましょう。 お客さんからたくさん電話きて受け答えをしなければならないことになりますが、たくさん質問のあるお客さんと会話をしているとします。 お客さんが知りたいと感じている質問に対して直接的に答えることができますが、いくつかの質問はお客さんが思い出すことができません。 そのような時に「おわかりづらい点があれば、いつでもご連絡ください。 お待ちしております」という敬語表現をお客さんに対して使うことができるでしょう。 このフレーズを使いながら「他にも質問を思い出した時には、いつでも連絡してください」という気持ちを敬意を込めながら伝えることができています。 メールでの使い方 「わかりづらい」の敬語表現に精通することができていたとしても、気づかないうちに間違いを犯してしまう可能性があります。 なぜなら、メールの中で文章を作成するときには、普段の会話の中では使うことのない表現を使用する可能性があるからです。 では「わかりづらい」の敬語表現をどのようにしてメールの中で使うことができるのでしょうか。 ビジネスマンとして必要なスキルについて紹介します。 理解で言い換えた方が良い場合も 場合によっては「わかりづらい」という表現を「理解」という言葉で置き換えた方が良い場合もあります。 たとえば「おわかりづらいのであれば」という文章をメールで送りたいとします。 この文章を使うことによって、場合によっては、相手を不快な気持ちにさせてしまう可能性があります。 そのため「おわかりづらいのであれば」という表現を使う代わりに「理解しづらいと感じることがおありであれば」という敬語表現に言い換えることができます。 明らかに「理解しづらいと感じることがおありであれば」 という文章の方が相手に対する敬意が含まれていることになります。 大事な取引先とメールのやり取りをしているのであれば「わかりづらい」の代わりに「理解」という表現を取り入れて敬語を作成することができるでしょう。 ビジネスの場面でも「わかりづらい」の敬語表現を使うことは非常に難しいこととされています。 なぜなら、相手によっては言葉遣いに敏感な人がいるので、周りの人を不快にさせることのないように工夫しなければならないからです。 そのような難しいビジネスの場面において「わかりづらい」の敬語表現をどのように使う事ができるのでしょうか。 普段からビジネスマンとして活躍しておられるのであれば、これから紹介されるフレーズに精通しておく必要があるでしょう。 説明が不十分で申し訳ありません 場合によっては「説明が不十分で申し訳ありません」という敬語表現を使うことができるでしょう。 「わかりづらい」とは似ている響きがないので、相手に伝える意味が異なっていると考えてしまう場合があります。 それでも「わかりづらくて申し訳ありません」というフレーズを使うのではなくて「説明が不十分で申し訳ありません」という敬語表現を使うことによって、ビジネスの場面でも上手な言葉遣いで会話を進めることができるでしょう。 「わかりづらい」を敬語表現するときの例文 置かれている状況によって使うことのできるフレーズは変わってきますが「かりづらいと感じさせてしまう」も日常会話の中で使うことのできる便利なフレーズです。 この表現は形容詞のように使うことができるでしょう。 たとえば「わかりづらいと感じさせてしまう書類を送ってしまい申し訳ありません」のように、書類がどのようなものであるかを説明することができるようになります。 そのため、ある特定の物やな内容が周りの人にとって理解しにくいと感じるのであれば「分かりづらいと感じさせてしまう」というフレーズを使うことによって、その特定のものをについて説明することができるようになります。 「わかりづらい」の別の敬語表現の例とは? 「わかりづらい」という敬語表現は「わかりにくい」というフレンズによって作成することもできます。 たとえば「不十分な説明で、おわかりにくかったことを深くお詫び申し上げます」という敬語表現を作成できます。 このフレーズを使用することによって「良い説明が行われなかったことによって、複雑になってしまいました。 申し訳ありません」という意味を相手に対して伝えることが可能になります。 ビジネスの場面であったとしても、自分と会話をしている人が職場の上司であったとしても「不十分な説明で、おわかりにくかったことを深くお詫び申し上げます」というフレーズを使うことができるに違いありません。 正式な仕方で目上の人に対して謝罪をしたいのであれば「不十分な説明で、おわかりにくかったことを深くお詫び申し上げます」という敬語表現を使うことができるでしょう。 「わかりづらい」の敬語で謝罪も可能になる 社会人として求められるスキルのひとつは、しっかりと謝罪をすることと言えるのではないでしょうか。 もちろん、毎日謝罪をしなければいけないという意味ではありません。 そうではなくて、必要が生じた時には、しっかりと謝ることによって相手に対する誠意を伝えなければならないということです。 そして、そのような社会人としての スキルを満たすために、非常に効果的な敬語表現が「わかりづらい」になります。 このフレーズを敬語表現に言い換えることによって、目上の人やお客さんに対して敬意を示すことが可能になりまし、場合によっては、誠意を込めた謝罪をすることも可能になります。 実用的なフレーズなので「わかりづらい」の敬語表現を普段の生活の中で使うことができるように努力していきましょう。

次の

「づらい」と「ずらい」はどちらが正しい用法なのか 中の人コラム

わかり ず らい づらい

「ずらい」と「づらい」はどちらを使うか2つ目は、言葉を分解してどちらが正しいかを判断するというものです。 「やりずらい」「やりづらい」という言葉を分解してみましょう。 ずから濁音を抜いてみましょう。 すらいという日本語はないので「やりずらい」は間違っていると言えます。 では「やりづらい」はどうなのでしょうか。 つらいという言葉は日本語にありますし「辛い」という単語1つで成立します。 よって「やりづらい」の方が正しい日本語だと言えるのです。 このことから「ずらい」と「づらい」はどちらが正しい日本語なのかという問題は「づらい」が正しいのです。 私的なメールなどとは違い、相手に気を遣いながら文章を書かなくてはなりません。 美しく正しい日本語で書くことによって相手からの印象も良くなります。 取引先相手から日本語がとても適当なメールが送られてきたら「なんだこの人は」と思う人は決して少なくありません。 ビジネスとプライベートの文章を分けるというのは大変かと思いますが、プライベートの場合は自分が書き慣れている文章を書き、ビジネスの場合はきちんとした正しい日本語の文章を書きましょう。 単純に「づ」を使えばいいという話ではなく、分解してもそれぞれ単語が独立した意味を持っているのかということに注目していきます。 「分かりづらい」を分解してみます。 ここから濁音を抜きます。 分からないではなく、分かりそうだけど少し分からないから「分かりづらい」ということで「わかりずらい」ではなく「わかりづらい」や「分かりづらい」という日本語を使うのです。 これからは「分かりづらい」と表記しましょう。 「あの掃除機、機能性が良くないから掃除がしずらい」という文章と「さっきの件はこちらでは対応しづらい」という文章はどちらが正しいと思いますか?正解は「さっきの件はこちらでは対応しづらい」です。 対応はできるかもしれないが、あまり自信がないのでしっかりとした対応ができなくて「つらい」ということですね。 対応できないのではなく、「対応しづらい」ということによってほんの少し可能性を秘めているニュアンスがあります。 「しずらい」ではなく「しづらい」なのですね。 「しずらい」は間違いと覚えておきましょう。

次の

『しづらい』と『しずらい』正しいのはどっち?間違いやすい理由とは?

わかり ず らい づらい

「これ読みづらいな〜」• 「これ読みずらいな〜」 と言った時に、「づ」と「ず」の区別をつけることができません。 本当は「づ」と「ず」、どっちでも良いが正解なのですが、それだと混乱します。 そのため、 現状の決まりとしては「〇〇+辛い」という場合は、日本語表記としては「づらい」を使うことが一般的になっているようです。 【ずらい】をスマホやパソコンで検索すると パソコンで「ずらい」と入力すると、自動的に「づらい」に変換されるので、間違えることは少ないです。 逆に、 携帯やスマホの場合は自動変換で「づらい」とならないので、TwitterなどのSNS記事などでは、「ずらい」という表記を見かけることも多いです! なんとなくの感覚で、「づらい」より「ずらい」を使いたくなる気持ちはわかります。 「ずらい」のほうが、なんかしっくり来る感じがするんですよね。 まとめ 【ずらい】と【づらい】で迷った場合は、【づらい】を使えば間違いありません! ただし、「ずらい」を使っても本当は間違いではない様子。 「ずらい」に統一するか、「づらい」に統一するかで、現状は「づらい」に統一されています。 SNS世代など、大多数が「ずらい」を使うようになると、今後「ずらい」になる可能性もあるかもしれませんね!.

次の