カリフォルニア 州 人口。 イギリスを抜いた! カリフォルニア州の経済規模が世界で5番目に

カリフォルニア州と、カリフォルニア州の大学を知ろう

カリフォルニア 州 人口

— 379,994 310. 独立国と比較した場合、世界で34番目に人口の多い国となる。 アメリカ合衆国の中では次に人口の多いに比べて約3割多い。 カリフォルニア州は1962年にを抜いて人口最大の州になった。 現在、その人口は36,961,664人と推計され、国内で13番目に増加率の高い州である。 前回2000年の国勢調査から3,090,016人増えており、自然増(出生5,058,440、死亡2,179,958 )並びに州内への移住者純増306,925人が含まれている。 アメリカ合衆国外からの移住で1,816,633人増加し、合衆国内部への移住で1,509,708人減少した。 カリフォルニア州には過半数となる民族集団はない。 非系白人が人口の40. 1%を占めている。 がに次いで話されている言語であり、特にロサンゼルス都市圏や、やといったに近い郡では多い。 住民の43%近くが家庭で英語以外の言語を話しており、この比率は他の州に比べてかなり高いものである。 人口統計学者は2020年までにヒスパニック系が過半数になると推計している。 これは大規模な移民が続いていることと、ヒスパニック移民の出生率が非ヒスパニックのそれよりも高いという事実を基にしている。 州のはバトンウィロウ()がある、となっている。 人種と出身民族による構成 [ ] 2010年国勢調査によれば、カリフォルニア州の人口のうち、40. 1%が非ヒスパニック系白人、は5. 8%、は12. 8%、は0. 4%、混血は2. 6%となっている。 人口の37. 6%はヒスパニック系である。 白人の数では21,453,934人と国内最大の州であり、アフリカ系アメリカ人は2,299,072人と国内5位である。 アジア系アメリカ人は4,861,007人であり、国内のアジア系人口1,467万人の約3分の1がカリフォルニア州に住んでいることになる。 インディン人口は362,801人でこれも国内最高である。 白人の構成比は57%だが、非ヒスパニック系白人が上記のように過半数に満たない最大構成比の人種となっている。 それでも非ヒスパニック系白人の人口は約1,500万人と国内の州で最大である。 非ヒスパニック系白人の構成比は1960年に約92%だったが 、大きく数値を下げてきた。 非ヒスパニック系白人以外の民族(いわゆる少数民族)の人口が約2,200万人であり、これも国内の州で最大である。 アメリカ合衆国の少数民族は約1億人なので、そのうち約20%がカリフォルニア州に住んでいることになる。 とテキサス州ではヒスパニック系の人口構成比が高いが、カリフォルニア州のヒスパニック人口はどの州よりも大きい。 アジア系アメリカ人の場合も、だけが人口構成比がカリフォルニア州より高い 出身国の統計では、が最大で25%、9%、7. 7%、7. 4%の順になっている。 その他、、、など全部で70近い民族が上がっている。 ロサンゼルスとサンフランシスコ両市では、、、、およびを出自とする人々が多い。 「太平洋諸島系」はハワイや太平洋諸島の先住民を指す。 ヨーロッパ系および中東系アメリカ人 [ ] カリフォルニア州には国内どの州よりもヨーロッパ系アメリカ人の人口が多い。 例えば2000年時点で、系や系のアメリカ人はどの州よりも多かった。 も60万人おり、ロサンゼルス市の北にあるやフレズノ市で大きな地域社会を構成している。 ロサンゼルス市やサンフランシスコ市では19世紀後半の移民によって築かれたアイルランド系、イタリア系、系、ドイツ系、および系の地域社会がある。 1848年ので移民の波に入ってきたスカンディナヴィア系、フランス系、イングランド系および系住民も多く、また旧系、系、系および系住民もいる。 には約50万人の系アメリカ人がおり、特に住民の20%を構成している。 イラン系アメリカ人の地域社会は、、サンディエゴ市、地域およびでも繁栄している。 1970年代後半にアメリカ寄りのイラン国王政権が追放された後に移民してきたものが多い。 系は50万人以上がのとに集中している。 アフガニスタン系はなど州内各所にも住んでいる。 アメリカ人も50万人以上おり、アラメダ、、インペリアル、カーン、オレンジ、、サンディエゴ、の各郡に大きな地域社会がある。 アラブとの各地域を含んでいるが、特に多いのはであり、その後に、、、、、およびが続いている。 アラブ系は1920年代以降にカリフォルニアに住んでおり、特にセレスとターロックのとカルデア系、およびが有名である。 サンディエゴ市は国内でも最大級のカルデア系移民が集中している。 ヒスパニック系アメリカ人 [ ] 主にメキシコ人のヒスパニック系は圧倒的に南カリフォルニアの特にロサンゼルス市に多い。 ロサンゼルス市自体がアメリカ合衆国でも最大のメキシコ系社会と言われている。 の場合はヒスパニック系が人口の40%以上を占めて最大民族になっている。 、フレズノ、サクラメント、サンノゼ、、、およびサンディエゴの各市でも大きな地域社会を形成している。 サンタアナでは住民の75%がヒスパニック系である。 メキシコとの国境に接するインペリアル郡は70ないし75%がヒスパニック系である。 リバーサイド郡の特にコーアチェラ・バレー東端でもヒスパニック系が多い。 には多くのメキシコ系農場労働者が移民してきている。 、フレズノ郡、カーン郡、、、、、、およびでもヒスパニック系が過半数を占めている。 ではヒスパニック系が20%になっている。 、アラメダ郡およびに多く、またサンフランシスコのミッション地区にも多い。 とサリナス・バレー移民農場労働者によって作られた大きなヒスパニック系地域社会がある。 では、カリフォルニアのアメリカ併合以前の時代にまで遡ってカリフォルニオあるいは系アメリカ人と自らを同定する者の小さな社会がある。 カリフォルニオの文化はメキシコなどラテン系民族と密接な関係がある。 州内のヒスパニック系はほとんどがメキシコ出身だが、系、系、系、系、系と系、系、系および系も多く居る。 ロサンゼルスにはアメリカ合衆国では最大の系の社会があり、また1910年代以来のメキシコ系社会も最大である。 アジア系アメリカ人 [ ] アジア系ではが1850年代から、が1880年代から、さらに人も1世紀以上にわたる地域社会を形成してきた長い歴史がある。 1965年以降アジア系の大きな移民の波が訪れ、中国人や、人が増えた。 人の場合はさらに最近のことであるが、急速に成長している。 フィリピン系アメリカ人はロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ各市とサンマテオ、各郡に特に多く、南カリフォルニアではアーテシア、ボールドウィン、カーソン、セリトス、コビーナ、およびロサンゼルス市のイーグルロック地区に地域社会を形成してきた。 サンディエゴ市の周辺では、ミラミサ、ナショナルシティおよびに多い。 ベーカーズフィールドに近いデラノなどサンホアキン・バレーの町、コーアチェラ・バレーとインペリアル・バレーの地域、、およびランスロップにもフィリピン系住民の数が多い。 はサンフランシスコ、、サンフランシスコ・ベイエリアのイーストベイと、サクラメント、サンディエゴおよびロサンゼルス郡のサンガブリエル・バレー地域に多い。 サンフランシスコ・ベイエリアはアメリカ合衆国のどこよりもを話す中国人が集中している。 南カリフォルニアはおそらく国内最大のの社会があり、特に、セリトス、ウェストコビーナ、およびロサンゼルス市のサウスベイに多い。 の社会はロサンゼルス市のコーリアタウン、サンガブリエル・バレー東部、サンフェルナンド・バレー、セリトスとロングビーチ、ロサンゼルス市のサウスベイおよびオレンジ郡北部に存在している。 他にもサンフランシスコ・ベイエリアに多く、地域の郊外、チノ、、デザートホットスプリングスおよびサンディエゴのような都市で韓国系人口が増加している。 ロサンゼルス市のサウスベイとには大きな社会がある。 しかし日系人はサンフランシスコとそのベイエリアの対岸、サンノゼ、サリナス・バレーおよびベーカーズフィールド、フレズノ、サンディエゴ、、およびサクラメント地域にも集中している。 州内には日系商品店、新聞社およびレストランがあったが、リトルトーキョーとの大半はのの時に無くなった。 その結果、都市部の日系人の大半は歴史的な日系人社会に住んでいない。 カリフォルニアにはや中国系ベトナム人を含むなど東南アジア系の人口も多い。 ロングビーチには国内最大級の人社会がある。 隣接するウェストミンスターやにはベトナム国外では最大のベトナム人社会があり、「リトルサイゴン」と呼ばれている。 ベトナム人とカンボジア人移民はサンフランシスコ・ベイエリアの特にサンノゼ、、、にも多く、またサンホアキン・バレーやサンディエゴにもいる。 6,000人以上の人がフレズノ地域に住んでおり、その中にはミャオ族として最大の社会もある。 系の社会は南カリフォルニアに集中している。 ロサンゼルス市にはタイ国外では最大の人口がおり、世界で最初かつ唯一のタイタウンがある。 系アメリカ人の人口もカリフォルニアが国内最大である。 大半はロサンゼルス都市圏、サンディエゴおよびサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいる。 ロサンゼルス市郊外のアーテシアとセリトスにも大きなインド系社会がある。 サンノゼ、フリーモント、およびの他の都市にも多く、ハイテク産業に雇用されている。 ストックトン、ベーカーズフィールド、フレズノ、のようなセントラルバレーの都市や、インペリアル・バレーにも多い。 南アジア系は大半がインド人だが、系、系もいる。 系()と系はロサンゼルス地域のサンガブリエル・バレー(コビーナ・バレー)に集中している。 アジア系アメリカ人の人口と構成比 インド系 464,761 1. その過半数の8万人はハワイ生まれの系である。 またアジア、ヨーロッパなどの祖先を持つ者も多い。 やの出身者も25,000人居る。 大半はロングビーチやロサンゼルス市郊外のカーソン、アーテシア、セリトス、レドンドビーチ、およびアップランドに住んでいる。 やの約1万人が北カリフォルニアに住んでおり、アメリカ合衆国本土では最大の人社会となっている。 の人推計1万人が南カリフォルニアに住んでいる。 南カリフォルニアのサンディエゴ、ビスタなどの都市には出身者が多い。 パラオ人の社会は、および人の子孫であることも多いが、日系人の子孫も多く、また中国人。 韓国人およびフィリピン人の子孫もいる。 多くの人がサンディエゴに住んでいるが、チューク諸島の当初入植者はスペイン人とドイツ人であり、現在は日本人と韓国人、続いてフィリピン人と中国人である。 西太平洋の太平洋諸島人の大半は一部アジア人である。 第二次世界大戦中に日本人が、および北マリアナ諸島を占領したためである。 アフリカ系アメリカ人 [ ] カリフォルニア州には230万人のアフリカ系アメリカ人が居り、の諸州では最大、国内全体でも第5位となっている。 、、、ロサンゼルス、ロングビーチ、オークランド、、サクラメント、サンバーナーディーノおよびに大きなアフリカ系アメリカ人社会がある。 ベーカーズフィールド、、イーストパロアルト、、フレズノ、マリンシティ、、、、サンディエゴ、サンフランシスコ、ストックトンおよびサスーンシティにもそこそこのアフリカ系人口がある。 アフリカ系アメリカ人の構成比は約7%であるが、1990年代と2000年代には構成比が小さくなってきた。 アフリカ系中流階級が郊外に転出したためにロサンゼルス市の南部と中部のアフリカ系人口が大きく減少した。 数十万人のアフリカ系がに移動した。 その祖父の世代が20世紀半ばのの時代には逆のコースを辿ってきた可能性がある。 アフリカ系アメリカ人の多い郊外地域は、インランド・エンパイア、ロサンゼルスの北のハイデザート(と)およびサンホアキン・バレー(ストックトンからモデスト、サクラメント、フレズノ、ベーカーズフィールド)である。 アメリカ・インディアン [ ] 2000年時点でカリフォルニア州のアメリカ・インディアンは376,000人が居り、国内最大である。 カリフォルニア州居住であろうとあるまいとカリフォルニア州のインディアン部族の大半は19世紀後半に絶滅されたとされている。 国勢調査には「ラテン系インディアン」という分類も含まれており、南北アメリカのアメリンディアンの血を引く者の移民である。 ・ネーションが州内最大の部族であり、人口は11万人だが、人口統計学者に拠るとチェロキー族の子孫は60万人を超えている可能性があるとのことである。 1930年代と1940年代にで起こったから避難してカリフォルニアの農業郡や都市部で仕事を求めた民の子孫であることが多い。 都市部のインディアン社会で大きなものは、ロサンゼルスとロングビーチ、サンフランシスコとオークランド、サクラメント、およびサンディエゴの地域である。 部族としては、族、、、ズニ族、、、、パイユート族、族、カウィーア族、およびチュマシュ族の人口が多い。 コーアチェラ・バレーのカウィーア族は不動産の賃貸から利益を得ており、とパームスプリングスの多くの土地は部族の法制の下に部族が所有する土地である。 不法滞在移民 [ ] 2009年に移民は人口の7%に上ると推計されており、も同規模である。 言語 [ ] 2000年時点で5歳以上のカリフォルニア州住民の60. 5%は家庭でを話し、25. 8%はを話している。 が第3位であり2. 6%、2. 0%、1. 3%と続いている。 州内で200以上の言語が読み書きされている。 スペイン語は州の「代替」言語として使われている。 州内には100以上の現地語があり、世界でも言語的に最も多様な地域の1つにしている。 現地語の全てがされているが、その言語の再生に向けた動きは無い。 カリフォルニア州憲法の下で、1986ねに命題63号が成立して以来、英語を州内共通かつ公式の言語としてきた。 言語の問題は州内でも重大な政治問題であり、特に移民言語の教育と公式の使用を規制するに関するところが大きい。 宗教 [ ] カリフォルニア州は50州の中でも最も教徒の数が多く、また、無宗教、およびの各教徒数も同様である。 カトリック教徒が次に多いのはニューヨーク州である。 以外では徒が最も多い州でもある。 キリスト教徒に次ぐ宗教に関する最も多い集団は無宗教であり、無神論者と不可知論者が入っている。 その比率が最も早く成長している。 アメリカ・ユダヤ教徒社会も大きく、アメリカ合衆国西部では最大であり、ロサンゼルス、ビバリーヒルズ、サンフランシスコ、オークランド、サクラメントおよびパームスプリングスに集中している。 イスラム教徒人口も急成長しており、ロサンゼルス西部、サンディエゴ、オレンジ郡、およびモデストの地域に大きなイスラム教社会がある。 カリフォルニア州のローマ・カトリック教徒の大半はメキシコ系であり、その他のヒスパニック系、アイルランド系およびイタリア系と続いている。 ヒスパニック系移民の流入でローマ・カトリック教徒の人口が急成長している。 非ヒスパニック白人の間でもローマ・カトリックが多く信仰されているが、アフリカ系アメリカ人や非ヒスパニック黒人の間ではそうでもない。 プロテスタントは非ヒスパニック黒人や白人の間では多数となるキリスト教宗派である。 2000年時点でカリフォルニア州における最大キリスト教宗派はローマ・カトリックで、信仰者の数は10,079,310人である。 が529,575人であり、サザン・・コンベンションが471,119人である。 ユダヤ教徒は994,000人で州人口の3%になっている。 、、、およびが一部アジア系移民によって導入されてきた。 20世紀末時点で、アメリカ合衆国の仏教徒の40%が南カリフォルニアに居住している。 ロサンゼルス都市圏は仏教のあらゆる宗派を代表する組織が単一都市の中に見出される唯一の場所として、仏教徒の世界でも特異なものになってきた。 のシティ・オブ・テンサウザンド・ブッダズと南カリフォルニアのシー・ライ・テンプルはアジア以外では最大級の仏教寺院である。 ヒンドゥー教徒の人口も大きくなりつつある。 ロサンゼルスはユダヤ系アメリカ人の推計人口が55万人以上おり、北アメリカではニューヨーク市に次いで大きなユダヤ人社会を形成している イスラム教徒の数でもカリフォルニア州は最大の州であり、推計で総人口の1%になる。 南カリフォルニアに多く、サンディエゴには10万人が住んでいる。 カリフォルニア州の宗派別人口構成比• カリフォルニア州民の62%が神を信じることについて「絶対に確か」と答えているが、全国平均は71%である。 またこの調査では、カリフォルニア州民の48%が宗教は「大変重要」と答えたが、全国平均は56%である。 都市と町 [ ] カリフォルニア州にはアメリカ合衆国の都市で人口数上位50都市に入る都市が8つあり、全米50州の中で最大である。 上位10都市の場合でも3都市が入り、テキサス州と並んで最大である。 ロサンゼルス市は人口400万人以上を抱え、州内最大かつ全米でも第2位である。 その他の大都市はサンディエゴ市(全米第9位)、サンノゼ市(第10位)、サンフランシスコ市(第12位)、ロングビーチ市(第34位)、フレズノ市(第37位)、サクラメント市(第38位)およびオークランド市(第44位)である。 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 注釈 [ ]• The following are a list of the indigenous languages: Root languages of California: Athabaskan Family: Hupa, Mattole, Lassik, Wailaki, Sinkyone, Cahto, Tolowa, Nongatl, Wiyot, Chilula; Hokan Family: Pomo, Shasta, Karok, Chimiriko; Algonquian Family: Whilkut, Yurok; Yukian Family: Wappo; Penutian Family: Modok, Wintu, Nomlaki, Konkow, Maidu, Patwin, Nisenan, Miwok, Coast Miwok, Lake Miwok, Ohlone, Northern Valley Yokuts, Southern Valley Yokuts, Foothill Yokuts; Hokan Family: Esselen, Salinan, Chumash, Ipai, Tipai, Yuma, Halchichoma, Mohave; Uto-Aztecan Family: Mono Paiute, Monache, Owens Valley Paiute, Tubatulabal, Panamint Shoshone, Kawaisu, Kitanemuk, Tataviam, Gabrielino, Juaneno, Luiseno, Cuipeno, Cahuilla, Serrano, Chemehuevi 脚注 [ ]• California State Library 2005年11月28日. 2010年1月29日閲覧。 United States Census Bureau 2009年12月22日. 2009年12月26日閲覧。 United States Census 2000. US Census Bureau Geography Division 2002年5月20日. 2010年1月29日閲覧。 Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧• Historical Census Statistics on Population Totals By Race, California• American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 Montagne, Renee 2006年6月8日. 2006年6月28日閲覧。 2003年. 2006年4月11日閲覧。 The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. 2010年1月29日閲覧。 The Association of Religious Data Archives 2002年. 2010年1月29日閲覧。 Religious Landscape Study. 2010年1月29日閲覧。

次の

カリフォルニア州の人口(推計)ランキング(郡別)

カリフォルニア 州 人口

— 379,994 310. 独立国と比較した場合、世界で34番目に人口の多い国となる。 アメリカ合衆国の中では次に人口の多いに比べて約3割多い。 カリフォルニア州は1962年にを抜いて人口最大の州になった。 現在、その人口は36,961,664人と推計され、国内で13番目に増加率の高い州である。 前回2000年の国勢調査から3,090,016人増えており、自然増(出生5,058,440、死亡2,179,958 )並びに州内への移住者純増306,925人が含まれている。 アメリカ合衆国外からの移住で1,816,633人増加し、合衆国内部への移住で1,509,708人減少した。 カリフォルニア州には過半数となる民族集団はない。 非系白人が人口の40. 1%を占めている。 がに次いで話されている言語であり、特にロサンゼルス都市圏や、やといったに近い郡では多い。 住民の43%近くが家庭で英語以外の言語を話しており、この比率は他の州に比べてかなり高いものである。 人口統計学者は2020年までにヒスパニック系が過半数になると推計している。 これは大規模な移民が続いていることと、ヒスパニック移民の出生率が非ヒスパニックのそれよりも高いという事実を基にしている。 州のはバトンウィロウ()がある、となっている。 人種と出身民族による構成 [ ] 2010年国勢調査によれば、カリフォルニア州の人口のうち、40. 1%が非ヒスパニック系白人、は5. 8%、は12. 8%、は0. 4%、混血は2. 6%となっている。 人口の37. 6%はヒスパニック系である。 白人の数では21,453,934人と国内最大の州であり、アフリカ系アメリカ人は2,299,072人と国内5位である。 アジア系アメリカ人は4,861,007人であり、国内のアジア系人口1,467万人の約3分の1がカリフォルニア州に住んでいることになる。 インディン人口は362,801人でこれも国内最高である。 白人の構成比は57%だが、非ヒスパニック系白人が上記のように過半数に満たない最大構成比の人種となっている。 それでも非ヒスパニック系白人の人口は約1,500万人と国内の州で最大である。 非ヒスパニック系白人の構成比は1960年に約92%だったが 、大きく数値を下げてきた。 非ヒスパニック系白人以外の民族(いわゆる少数民族)の人口が約2,200万人であり、これも国内の州で最大である。 アメリカ合衆国の少数民族は約1億人なので、そのうち約20%がカリフォルニア州に住んでいることになる。 とテキサス州ではヒスパニック系の人口構成比が高いが、カリフォルニア州のヒスパニック人口はどの州よりも大きい。 アジア系アメリカ人の場合も、だけが人口構成比がカリフォルニア州より高い 出身国の統計では、が最大で25%、9%、7. 7%、7. 4%の順になっている。 その他、、、など全部で70近い民族が上がっている。 ロサンゼルスとサンフランシスコ両市では、、、、およびを出自とする人々が多い。 「太平洋諸島系」はハワイや太平洋諸島の先住民を指す。 ヨーロッパ系および中東系アメリカ人 [ ] カリフォルニア州には国内どの州よりもヨーロッパ系アメリカ人の人口が多い。 例えば2000年時点で、系や系のアメリカ人はどの州よりも多かった。 も60万人おり、ロサンゼルス市の北にあるやフレズノ市で大きな地域社会を構成している。 ロサンゼルス市やサンフランシスコ市では19世紀後半の移民によって築かれたアイルランド系、イタリア系、系、ドイツ系、および系の地域社会がある。 1848年ので移民の波に入ってきたスカンディナヴィア系、フランス系、イングランド系および系住民も多く、また旧系、系、系および系住民もいる。 には約50万人の系アメリカ人がおり、特に住民の20%を構成している。 イラン系アメリカ人の地域社会は、、サンディエゴ市、地域およびでも繁栄している。 1970年代後半にアメリカ寄りのイラン国王政権が追放された後に移民してきたものが多い。 系は50万人以上がのとに集中している。 アフガニスタン系はなど州内各所にも住んでいる。 アメリカ人も50万人以上おり、アラメダ、、インペリアル、カーン、オレンジ、、サンディエゴ、の各郡に大きな地域社会がある。 アラブとの各地域を含んでいるが、特に多いのはであり、その後に、、、、、およびが続いている。 アラブ系は1920年代以降にカリフォルニアに住んでおり、特にセレスとターロックのとカルデア系、およびが有名である。 サンディエゴ市は国内でも最大級のカルデア系移民が集中している。 ヒスパニック系アメリカ人 [ ] 主にメキシコ人のヒスパニック系は圧倒的に南カリフォルニアの特にロサンゼルス市に多い。 ロサンゼルス市自体がアメリカ合衆国でも最大のメキシコ系社会と言われている。 の場合はヒスパニック系が人口の40%以上を占めて最大民族になっている。 、フレズノ、サクラメント、サンノゼ、、、およびサンディエゴの各市でも大きな地域社会を形成している。 サンタアナでは住民の75%がヒスパニック系である。 メキシコとの国境に接するインペリアル郡は70ないし75%がヒスパニック系である。 リバーサイド郡の特にコーアチェラ・バレー東端でもヒスパニック系が多い。 には多くのメキシコ系農場労働者が移民してきている。 、フレズノ郡、カーン郡、、、、、、およびでもヒスパニック系が過半数を占めている。 ではヒスパニック系が20%になっている。 、アラメダ郡およびに多く、またサンフランシスコのミッション地区にも多い。 とサリナス・バレー移民農場労働者によって作られた大きなヒスパニック系地域社会がある。 では、カリフォルニアのアメリカ併合以前の時代にまで遡ってカリフォルニオあるいは系アメリカ人と自らを同定する者の小さな社会がある。 カリフォルニオの文化はメキシコなどラテン系民族と密接な関係がある。 州内のヒスパニック系はほとんどがメキシコ出身だが、系、系、系、系、系と系、系、系および系も多く居る。 ロサンゼルスにはアメリカ合衆国では最大の系の社会があり、また1910年代以来のメキシコ系社会も最大である。 アジア系アメリカ人 [ ] アジア系ではが1850年代から、が1880年代から、さらに人も1世紀以上にわたる地域社会を形成してきた長い歴史がある。 1965年以降アジア系の大きな移民の波が訪れ、中国人や、人が増えた。 人の場合はさらに最近のことであるが、急速に成長している。 フィリピン系アメリカ人はロサンゼルス、サンディエゴ、サンフランシスコ各市とサンマテオ、各郡に特に多く、南カリフォルニアではアーテシア、ボールドウィン、カーソン、セリトス、コビーナ、およびロサンゼルス市のイーグルロック地区に地域社会を形成してきた。 サンディエゴ市の周辺では、ミラミサ、ナショナルシティおよびに多い。 ベーカーズフィールドに近いデラノなどサンホアキン・バレーの町、コーアチェラ・バレーとインペリアル・バレーの地域、、およびランスロップにもフィリピン系住民の数が多い。 はサンフランシスコ、、サンフランシスコ・ベイエリアのイーストベイと、サクラメント、サンディエゴおよびロサンゼルス郡のサンガブリエル・バレー地域に多い。 サンフランシスコ・ベイエリアはアメリカ合衆国のどこよりもを話す中国人が集中している。 南カリフォルニアはおそらく国内最大のの社会があり、特に、セリトス、ウェストコビーナ、およびロサンゼルス市のサウスベイに多い。 の社会はロサンゼルス市のコーリアタウン、サンガブリエル・バレー東部、サンフェルナンド・バレー、セリトスとロングビーチ、ロサンゼルス市のサウスベイおよびオレンジ郡北部に存在している。 他にもサンフランシスコ・ベイエリアに多く、地域の郊外、チノ、、デザートホットスプリングスおよびサンディエゴのような都市で韓国系人口が増加している。 ロサンゼルス市のサウスベイとには大きな社会がある。 しかし日系人はサンフランシスコとそのベイエリアの対岸、サンノゼ、サリナス・バレーおよびベーカーズフィールド、フレズノ、サンディエゴ、、およびサクラメント地域にも集中している。 州内には日系商品店、新聞社およびレストランがあったが、リトルトーキョーとの大半はのの時に無くなった。 その結果、都市部の日系人の大半は歴史的な日系人社会に住んでいない。 カリフォルニアにはや中国系ベトナム人を含むなど東南アジア系の人口も多い。 ロングビーチには国内最大級の人社会がある。 隣接するウェストミンスターやにはベトナム国外では最大のベトナム人社会があり、「リトルサイゴン」と呼ばれている。 ベトナム人とカンボジア人移民はサンフランシスコ・ベイエリアの特にサンノゼ、、、にも多く、またサンホアキン・バレーやサンディエゴにもいる。 6,000人以上の人がフレズノ地域に住んでおり、その中にはミャオ族として最大の社会もある。 系の社会は南カリフォルニアに集中している。 ロサンゼルス市にはタイ国外では最大の人口がおり、世界で最初かつ唯一のタイタウンがある。 系アメリカ人の人口もカリフォルニアが国内最大である。 大半はロサンゼルス都市圏、サンディエゴおよびサンフランシスコ・ベイエリアに住んでいる。 ロサンゼルス市郊外のアーテシアとセリトスにも大きなインド系社会がある。 サンノゼ、フリーモント、およびの他の都市にも多く、ハイテク産業に雇用されている。 ストックトン、ベーカーズフィールド、フレズノ、のようなセントラルバレーの都市や、インペリアル・バレーにも多い。 南アジア系は大半がインド人だが、系、系もいる。 系()と系はロサンゼルス地域のサンガブリエル・バレー(コビーナ・バレー)に集中している。 アジア系アメリカ人の人口と構成比 インド系 464,761 1. その過半数の8万人はハワイ生まれの系である。 またアジア、ヨーロッパなどの祖先を持つ者も多い。 やの出身者も25,000人居る。 大半はロングビーチやロサンゼルス市郊外のカーソン、アーテシア、セリトス、レドンドビーチ、およびアップランドに住んでいる。 やの約1万人が北カリフォルニアに住んでおり、アメリカ合衆国本土では最大の人社会となっている。 の人推計1万人が南カリフォルニアに住んでいる。 南カリフォルニアのサンディエゴ、ビスタなどの都市には出身者が多い。 パラオ人の社会は、および人の子孫であることも多いが、日系人の子孫も多く、また中国人。 韓国人およびフィリピン人の子孫もいる。 多くの人がサンディエゴに住んでいるが、チューク諸島の当初入植者はスペイン人とドイツ人であり、現在は日本人と韓国人、続いてフィリピン人と中国人である。 西太平洋の太平洋諸島人の大半は一部アジア人である。 第二次世界大戦中に日本人が、および北マリアナ諸島を占領したためである。 アフリカ系アメリカ人 [ ] カリフォルニア州には230万人のアフリカ系アメリカ人が居り、の諸州では最大、国内全体でも第5位となっている。 、、、ロサンゼルス、ロングビーチ、オークランド、、サクラメント、サンバーナーディーノおよびに大きなアフリカ系アメリカ人社会がある。 ベーカーズフィールド、、イーストパロアルト、、フレズノ、マリンシティ、、、、サンディエゴ、サンフランシスコ、ストックトンおよびサスーンシティにもそこそこのアフリカ系人口がある。 アフリカ系アメリカ人の構成比は約7%であるが、1990年代と2000年代には構成比が小さくなってきた。 アフリカ系中流階級が郊外に転出したためにロサンゼルス市の南部と中部のアフリカ系人口が大きく減少した。 数十万人のアフリカ系がに移動した。 その祖父の世代が20世紀半ばのの時代には逆のコースを辿ってきた可能性がある。 アフリカ系アメリカ人の多い郊外地域は、インランド・エンパイア、ロサンゼルスの北のハイデザート(と)およびサンホアキン・バレー(ストックトンからモデスト、サクラメント、フレズノ、ベーカーズフィールド)である。 アメリカ・インディアン [ ] 2000年時点でカリフォルニア州のアメリカ・インディアンは376,000人が居り、国内最大である。 カリフォルニア州居住であろうとあるまいとカリフォルニア州のインディアン部族の大半は19世紀後半に絶滅されたとされている。 国勢調査には「ラテン系インディアン」という分類も含まれており、南北アメリカのアメリンディアンの血を引く者の移民である。 ・ネーションが州内最大の部族であり、人口は11万人だが、人口統計学者に拠るとチェロキー族の子孫は60万人を超えている可能性があるとのことである。 1930年代と1940年代にで起こったから避難してカリフォルニアの農業郡や都市部で仕事を求めた民の子孫であることが多い。 都市部のインディアン社会で大きなものは、ロサンゼルスとロングビーチ、サンフランシスコとオークランド、サクラメント、およびサンディエゴの地域である。 部族としては、族、、、ズニ族、、、、パイユート族、族、カウィーア族、およびチュマシュ族の人口が多い。 コーアチェラ・バレーのカウィーア族は不動産の賃貸から利益を得ており、とパームスプリングスの多くの土地は部族の法制の下に部族が所有する土地である。 不法滞在移民 [ ] 2009年に移民は人口の7%に上ると推計されており、も同規模である。 言語 [ ] 2000年時点で5歳以上のカリフォルニア州住民の60. 5%は家庭でを話し、25. 8%はを話している。 が第3位であり2. 6%、2. 0%、1. 3%と続いている。 州内で200以上の言語が読み書きされている。 スペイン語は州の「代替」言語として使われている。 州内には100以上の現地語があり、世界でも言語的に最も多様な地域の1つにしている。 現地語の全てがされているが、その言語の再生に向けた動きは無い。 カリフォルニア州憲法の下で、1986ねに命題63号が成立して以来、英語を州内共通かつ公式の言語としてきた。 言語の問題は州内でも重大な政治問題であり、特に移民言語の教育と公式の使用を規制するに関するところが大きい。 宗教 [ ] カリフォルニア州は50州の中でも最も教徒の数が多く、また、無宗教、およびの各教徒数も同様である。 カトリック教徒が次に多いのはニューヨーク州である。 以外では徒が最も多い州でもある。 キリスト教徒に次ぐ宗教に関する最も多い集団は無宗教であり、無神論者と不可知論者が入っている。 その比率が最も早く成長している。 アメリカ・ユダヤ教徒社会も大きく、アメリカ合衆国西部では最大であり、ロサンゼルス、ビバリーヒルズ、サンフランシスコ、オークランド、サクラメントおよびパームスプリングスに集中している。 イスラム教徒人口も急成長しており、ロサンゼルス西部、サンディエゴ、オレンジ郡、およびモデストの地域に大きなイスラム教社会がある。 カリフォルニア州のローマ・カトリック教徒の大半はメキシコ系であり、その他のヒスパニック系、アイルランド系およびイタリア系と続いている。 ヒスパニック系移民の流入でローマ・カトリック教徒の人口が急成長している。 非ヒスパニック白人の間でもローマ・カトリックが多く信仰されているが、アフリカ系アメリカ人や非ヒスパニック黒人の間ではそうでもない。 プロテスタントは非ヒスパニック黒人や白人の間では多数となるキリスト教宗派である。 2000年時点でカリフォルニア州における最大キリスト教宗派はローマ・カトリックで、信仰者の数は10,079,310人である。 が529,575人であり、サザン・・コンベンションが471,119人である。 ユダヤ教徒は994,000人で州人口の3%になっている。 、、、およびが一部アジア系移民によって導入されてきた。 20世紀末時点で、アメリカ合衆国の仏教徒の40%が南カリフォルニアに居住している。 ロサンゼルス都市圏は仏教のあらゆる宗派を代表する組織が単一都市の中に見出される唯一の場所として、仏教徒の世界でも特異なものになってきた。 のシティ・オブ・テンサウザンド・ブッダズと南カリフォルニアのシー・ライ・テンプルはアジア以外では最大級の仏教寺院である。 ヒンドゥー教徒の人口も大きくなりつつある。 ロサンゼルスはユダヤ系アメリカ人の推計人口が55万人以上おり、北アメリカではニューヨーク市に次いで大きなユダヤ人社会を形成している イスラム教徒の数でもカリフォルニア州は最大の州であり、推計で総人口の1%になる。 南カリフォルニアに多く、サンディエゴには10万人が住んでいる。 カリフォルニア州の宗派別人口構成比• カリフォルニア州民の62%が神を信じることについて「絶対に確か」と答えているが、全国平均は71%である。 またこの調査では、カリフォルニア州民の48%が宗教は「大変重要」と答えたが、全国平均は56%である。 都市と町 [ ] カリフォルニア州にはアメリカ合衆国の都市で人口数上位50都市に入る都市が8つあり、全米50州の中で最大である。 上位10都市の場合でも3都市が入り、テキサス州と並んで最大である。 ロサンゼルス市は人口400万人以上を抱え、州内最大かつ全米でも第2位である。 その他の大都市はサンディエゴ市(全米第9位)、サンノゼ市(第10位)、サンフランシスコ市(第12位)、ロングビーチ市(第34位)、フレズノ市(第37位)、サクラメント市(第38位)およびオークランド市(第44位)である。 関連項目 [ ]• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 注釈 [ ]• The following are a list of the indigenous languages: Root languages of California: Athabaskan Family: Hupa, Mattole, Lassik, Wailaki, Sinkyone, Cahto, Tolowa, Nongatl, Wiyot, Chilula; Hokan Family: Pomo, Shasta, Karok, Chimiriko; Algonquian Family: Whilkut, Yurok; Yukian Family: Wappo; Penutian Family: Modok, Wintu, Nomlaki, Konkow, Maidu, Patwin, Nisenan, Miwok, Coast Miwok, Lake Miwok, Ohlone, Northern Valley Yokuts, Southern Valley Yokuts, Foothill Yokuts; Hokan Family: Esselen, Salinan, Chumash, Ipai, Tipai, Yuma, Halchichoma, Mohave; Uto-Aztecan Family: Mono Paiute, Monache, Owens Valley Paiute, Tubatulabal, Panamint Shoshone, Kawaisu, Kitanemuk, Tataviam, Gabrielino, Juaneno, Luiseno, Cuipeno, Cahuilla, Serrano, Chemehuevi 脚注 [ ]• California State Library 2005年11月28日. 2010年1月29日閲覧。 United States Census Bureau 2009年12月22日. 2009年12月26日閲覧。 United States Census 2000. US Census Bureau Geography Division 2002年5月20日. 2010年1月29日閲覧。 Census Bureau. 2011年2月4日. 2011年4月5日閲覧• Historical Census Statistics on Population Totals By Race, California• American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 American Fact Finder. US Census Bureau. 2009年12月26日閲覧。 Montagne, Renee 2006年6月8日. 2006年6月28日閲覧。 2003年. 2006年4月11日閲覧。 The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints. 2010年1月29日閲覧。 The Association of Religious Data Archives 2002年. 2010年1月29日閲覧。 Religious Landscape Study. 2010年1月29日閲覧。

次の

カリフォルニア州の人口動態とは

カリフォルニア 州 人口

カリフォルニア州の58郡を示す地図 本項目は カリフォルニア州の都市圏の一覧(カリフォルニアしゅうのとしけんのいちらん)である。 下表には、左列より以下の情報を示す。 合同統計地域(定義されている場合)の名称• 合同統計地域の人口• (大都市統計地域および小都市統計地域)の名称• コアベース統計地域の人口• 各統計地域に含まれる郡の名称• 各統計地域に含まれる郡の人口 下表における人口の数値はすべて2010年4月1日に行われた国勢調査時のものである。 また、合同統計地域、コアベース統計地域(大都市統計地域・小都市統計地域)のいずれも、2018年9月14日時点での定義に従う。 カリフォルニア州の都市圏 合同統計地域 人口 コアベース統計地域 人口 郡 人口 17,877,006 12,828,837 9,818,605 3,010,232 4,224,851 2,189,641 2,035,210 オックスナード・サウザンドオークス・ベンチュラ都市圏 823,318 823,318 8,923,942 サンフランシスコ・オークランド・バークレー都市圏 4,335,391 1,510,271 1,049,025 805,235 718,451 252,409 サンノゼ・サニーベール・サンタクララ都市圏 1,836,911 1,781,642 55,269 ストックトン都市圏 685,306 685,306 モデスト都市圏 514,453 514,453 サンタローザ・ペタルマ都市圏 483,878 483,878 バレーホ都市圏 413,344 413,344 サンタクルーズ・ワトソンビル都市圏 262,382 262,382 マーセド都市圏 255,793 255,793 ナパ都市圏 136,484 136,484 サンディエゴ・チュラビスタ・カールズバッド都市圏 3,095,313 3,095,313 2,414,783 2,149,127 1,418,788 348,432 200,849 181,058 ユバシティ都市圏 166,892 94,737 72,155 トラッキー・グラスバレー小都市圏 98,764 98,764 1,234,297 930,450 930,450 ハンフォード・コーコラン都市圏 152,982 152,982 マデラ都市圏 150,865 150,865 ベーカーズフィールド都市圏 839,631 839,631 バイセイリア都市圏 442,179 442,179 サンタマリア・サンタバーバラ都市圏 423,895 423,895 サリナス都市圏 415,057 415,057 サンルイスオビスポ・パソローブルズ・アロヨグランデ都市圏 269,637 269,637 レディング・レッドブラフ広域都市圏 240,686 レディング都市圏 177,223 177,223 レッドブラフ小都市圏 63,463 63,463 チコ都市圏 220,000 220,000 エルセントロ都市圏 174,528 174,528 ユーレカ・アーケータ小都市圏 134,623 134,623 ユカイア小都市圏 87,841 87,841 クリアレイク小都市圏 64,665 64,665 ソノラ小都市圏 55,365 55,365 スーザンビル小都市圏 34,895 34,895 クレセントシティ小都市圏 28,610 28,610 (設定無し) 45,578 44,900 38,091 28,122 26,397 21,419 20,007 18,251 13,786 14,202 9,686 3,240 1,175 関連項目 [ ].

次の