パチンコ 新台 噂 ドキュメント。 ミリオンゴッドシリーズ(6号機)の新台噂情報まとめ

パチンコ・パチスロ(6号機) 検定通過情報

パチンコ 新台 噂 ドキュメント

過去の導入一覧• 2020年• 2019年• 2018年• 2017年• 2016年• 2015年• 2014年• 2013年• 2012年• 2011年• 2010年• 2009年• 2008年• 2007年• 2006年• 2005年• 2004年• 2003年• 2002年• 2001年• 2000年• (C)NISHIJIN• (C)BELLCO• (C)2020 TAKEYA Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)2006, 2010 広江礼威・小学館/BLACK LAGOON製作委員会 (C)Spiky(C)NANASHOW• (C)2012「貞子3D」製作委員会 (C)2013「貞子3D2」製作委員会• (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. All Rights Reserved. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)Spike Chunsoft Co. , Ltd. (C)HEIWA Character design by SHIROGUMI INC. (C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT• (C)松竹・ABCテレビ (C)KYORAKU• (C)石森プロ・東映• (C)KITA DENSHI• (C)福本伸行/講談社・VAP・マッドハウス・NTV・D. ドリームパートナーズ (C)福本伸行/講談社・VAP・NTV (C)Sammy.

次の

パチンコ新台『北斗無双3』に続き「最高級の一撃」が再び!? 完全復活へ向かう業界の気になるウワサ

パチンコ 新台 噂 ドキュメント

MAX機を代表する爆裂機『初代・牙狼』は、 パチンコ分野において大旋風を巻き起こした。 そんな「レジェンド」を超える出玉スピードを実現。 「牙狼」シリーズで登場する絶狼を主役としたスピンオフ作品が熱視線を浴びている。 現在YouTube版サンセイチャンネルにて、新機種『P10カウントチャージ絶狼』のPVが公開中。 大きな反響が寄せられている状況だ。 5%というスペックで登場。 そんな本機最大のウリは「初代牙狼を超える」と宣言した「最高峰の時間性能」である。 「『P GODEATER』でお馴染みの『10カウントチャージ』を搭載。 さらには『ストレスZERO捕喰装置』を採用することで、これまでにない爽快感が味わえそうです。 1セット約148秒という高速消化を実現。 さらに右打ち時の大当りはALL1500発で継続率は約77%と、大量出玉に期待できる仕様ですね。 『時速約3万発』との情報にも納得です。 目玉機種になりそうですね」(パチンコ記者) パチンコ分野で高い人気を誇る『牙狼』シリーズ。 規制強化後のシリーズに対する評価は賛否両論だが、愛するファンは今なお多い。 「神速神撃10カウントチャージ」とのコラボレーションにより、全盛期の輝きを取り戻すのだろうか。 「初代牙狼を超える最高峰の時間性能」への期待は高まるが……。 早くも最新作が準備中と話題だ。 「噂のシステムを搭載?」と関係者の間で囁かれている。

次の

パチンコ新台『北斗無双』が年内に!? あの大物も検定通過……『北斗』シリーズに熱視線!!

パチンコ 新台 噂 ドキュメント

11月5日の週より看板機種の最新作を導入する大手サミー。 業界のエース『 北斗の拳』が パチスロ6号機となって降臨だ。 人気シリーズ最新作『パチスロ北斗の拳 天昇』は、目押し不要のAT「真・天昇RUSH」で出玉を増やす仕様。 1G純増は約6. 3枚で、セット継続率は約85%と抜群の瞬発力を秘めている。 減少区間のインターバルは存在せず、突入すれば平均1000枚(設定1)の獲得が可能。 高設定のポテンシャルは「6号機最高クラス」とも言われている。 「王道」から「覇道」へと向かうエースが、どのような反響を得られるかに注目だ。 早くも話題のパチスロ『北斗の拳』だが、シリーズ機がパチンコ分野も盛り上げてくれそうである。 スピンオフ作品の最新作『P蒼天の拳双龍SFB』が検定を通過。 以前より登場が噂されていた『蒼天の拳』が、ついに動き出した。 「人気漫画というだけではなく、パチンコ・パチスロ化されているユーザーにとってはお馴染みのコンテンツ。 2016年リリースされた『天帰(蒼天の拳)』が現在でも稼働しているように、一定の評価は得ていると言えるでしょう。 気になる発売時期に関しては年末との説が有力視されていますが、来年にずれ込む可能性もある様子。 仕上がりに関しては『新内規のミドルタイプ!? 』など、様々な情報が浮上していますね。 続報に注目しましょう」(パチンコ記者) 『蒼天の拳』第5弾の登場する瞬間が迫っているのだろうか。 その動向に注目したいが……。 2016年のデビューから、今なお高稼働を見せる初代『北斗無双』。 リリースされた直後に確変継続率65%規制が適応されたことは大きいが、高い出玉性能・従来の北斗シリーズとの差別化を図った仕上がりは高い評価を得ることに成功。 記録的なロングヒットを果たしたことも納得だ。 そんな人気シリーズの最新作『P真北斗無双第2章頂上決戦SEA』が検定を通過している。

次の