エアコン 水 漏れ 放置。 クーラーの水ポタポタを放置して使いづつけるのは?

助手席の水漏れの原因はカーエアコンの排水漏れ!対策方法をご紹介します

エアコン 水 漏れ 放置

駐車場に止めておいた車の下の地面に、雨も降っていないのに水溜まりができていた。 車に乗ったらフロアマットが水浸しになっていた。 車内で水をこぼした覚えもないのに不思議だ。 こんな経験はありませんか。 原因はいくつか考えられるのですが、その対策を含めてご紹介していきたいと思います。 水漏れを発見したら確認すべきこと まず大前提として、車は設計上、車内に水が溜まることはありません。 車外も排水溝であるマフラー付近以外には、水溜まりができにくくなっています。 もしそれ以外で水溜まりを発見したら、色、臭い、粘り気の有無、水漏れの場所などを確認しましょう。 無色透明・無臭の場合 無色透明で何の臭いもない場合は、エアコンの排水漏れや雨水の侵入が考えられます。 車は基本的に、雨水など外部からの水が浸入しないような設計になっていますが、板金などを修理した場合、防水処理が不完全なときがあります。 しかし故障ではないので安心してください。 赤や緑などの色がついている水の場合 手触りはサラサラしているけれど、赤や緑などの色がついている場合は、冷却水、クーラントの可能性があります。 オーバーヒートの原因になりますので、早めの修理が必要です。 黒や茶色で粘り気と臭いがある場合 黒や茶色い色をしていて粘り気があり、さらに臭いまである場合はオイル漏れの可能性が高く、放っておくとエンジントラブルや車両火災につながる危険性があります。 修理工場に持ち込むなど早急の対応が必要です。 色や臭いで判別しづらいときは水漏れしている場所で判断 色や粘り気で判別しづらいときは、水漏れを起こしている場所で判断をしましょう。 助手席の下が漏れているときは、カーエアコンの排水の可能性• エンジンルームの先端付近での水漏れは冷却水の可能性• エンジンルームの下の黒っぽい水溜まりはエンジンオイル、ブレーキオイルなどの可能性あり ガソリンは臭いで判断できる 燃料タンクからエンジンルームまで、ガソリンはパイプで送られていますので、燃料タンクから離れた場所でも漏れる可能性があります。 ただガソリンは独特の臭いがありますので、判断が容易です。 車外にできる水溜まりはカーエアコンの排水 車の下に水溜まりがあった場合、故障を疑う前に、まず自分で判断をしてみましょう、 赤や緑などの色があったり、粘り気が臭いがある場合は、早い段階での修理が必要ですが、無色透明で臭いがない場合は、エアコンのホース、ドレインホースから出るエアコンからの排水です。 カーエアコンは水が出るように設計されている カーエアコンは、温かい空気を冷却装置で冷やして送風口から送り出しています。 その際、冷却装置の周りには温度差によって水滴ができます。 その水滴がまとまってドレインホースから排水されます。 ドレインホースの排出口付近でできた水溜まりなら、なんの心配もいりませんが、もしずれている位置なら、破損やねじれ、またゴミなどが詰まっている可能性もありますので、早めの点検をお奨めします。 助手席の水漏れの原因はカーエアコンの排水漏れ 既に書きましたが、車は構造上、車内に水が溜まることはありません。 車内に水が溜まること自体が異常なのです。 もしそれが助手席付近で無色なら、 カーエアコンの排水漏れによる可能性があります。 エバポレーターから伸びるホースをチェック カーエアコンの冷房は、エンジンルーム内にあるコンプレッサーで冷媒と呼ばれるエアコンガスを半液体状態にし、さらにコンデンサーで液状化したものを熱交換器と呼ばれるエバポレーターで熱を奪いながら気化し、冷たい風となり送風口から送り出していきます。 つまり温かい風を冷やすので結露が生まれ、結露で溜まった水はドレインホースという排水用のホースで外に流します。 この時 ホースの接続が抜けていたり、破損やカビやゴミなどが詰まっていると排水することができず、水漏れを起こしたり、流れることができない結露水がエバポレーターからにじみでることがあります。 これが助手席に溜まる水の原因です。 カーエアコンの排水漏れの対策方法 カーエアコンからの排水漏れの場合、直ぐに走行トラブルを引き起こす可能性は低いですが、放置しておくと車内が湿った状態が続きますので、 カビや雑菌などが繁殖したり、 他の計器への悪影響も考えられますので、早い段階でプロの手を借りた対策をお奨めします。 カーエアコンの故障をチェック 助手席の水漏れは、エバポレーターから伸びたドレインホースが原因ですが、ホース自体が破損や抜けていないかなどは、ディーラーや整備工場などで点検してもらいましょう。 故障個所がわかれば、そのまま修理してもらえて安心です。 エバポレーターのクリーニングをする 熱交換という性質上、結露水の生産場所でもあるエバポレーターはカビや雑菌の温床です。 その汚れを放っておくと水漏れの原因になる可能性が高いので、定期的にクリーニングすることを重要です。 確実でリーズナブルな方法が、クリーンデバイス・テクノロジー社が独自に開発、特許を取得している Dr. BAZOOKA洗浄 ドクターバズーカ です。 エバポレーターをクリーニングするために開発された高圧洗浄機を使って行いますので、カビや雑菌などの汚れだけでなく、嫌な臭いも除去できます。 メンテナンス次第で長持ちが可能なカーエアコン カーエアコンは、エンジンルーム内にあるコンプレッサーやコンデンサー、車内にあるエバポレーターなど、何種類もの装置が複合されて成り立っており、それをつないでいるのがドレインホースです。 地味ですが重要な存在でもあります。 プロの手によるクリーニングで定期的にメンテナンスすることで、10年といわれているカーエアコンの寿命を延ばすことが可能です。

次の

エアコンの水漏れを放置したらどうなる?そのまま使う?自分で直す?

エアコン 水 漏れ 放置

すぐに試せる!水漏れ対処法2種 最初に確認して欲しいのは、 室内機から外に繋がっているドレンホースです。 ドレンホースとは、エアコンの室内機から外へ繋がっている排水ホースのこと。 エアコンの室内機と室外機をつなぐため、壁に穴を空けていますよね。 配管を外から見てずーっと下にたどっていくと…。 ありました! 途中で切れている細い管が排水ホース、つまりドレンホースです。 ドレンホースはエアコン内部の水分を、外に出すためについています。 穴が空いた状態で外につながっているので• ホースの穴からゴミや虫が入りつまる• エアコン内部の水と一緒にホコリが排出され、ホース内でつまる という状況が起きやすく、排水されなくなった水がエアコンの室内機からしみ出てしまうんです。 つまり ドレンホースのつまりが取れれば、エアコンからの水漏れが解消される可能性が強い!ということになります。 ちなみに! 温度が低すぎるとエアコン内部に水が付きやすくなります。 もしかしたら、エアコンの設定温度を上げるだけで、水漏れが解消する可能性もあります。 28度まで温度を上げて、試運転してみるのも1つの手です。 さぁ、いよいよつまりを解消していきましょう! 自宅にあるものでできる!ドレンホース掃除に必要な道具と事前準備 <準備するもの>• 割りばし or 使い古しの歯ブラシ• 掃除機• ガーゼ or さらし• 輪ゴム 2本ぐらい まず割りばしを使って、ドレンホースの入り口をかき出します。 入り口には、土やホコリが詰まりやすいので 大きなゴミは最初にかき出しておいてください。 この後、掃除機を使って本格的につまりの原因を取りのぞいていきます! 先に大きなゴミを取りのぞいておかないと、掃除機が故障する原因となります。 掃除機まで故障してしまわないよう、ホースの中に水分が残っていないかも合わせて確認してくださいね! そしてホースの先にガーゼを巻きつけましょう。 ゴムは2本つかい、しっかり巻きつけるのがポイントです。 これで準備はOK。 それでは早速、掃除機で吸っていきます! 【その1】掃除機をつかって吸う ドレンホースからゴミを吸い出すには、掃除機が一番です。 掃除機に水が入る可能性があるので、慎重に。 「掃除機まで壊れてしまった…(泣)」とならないように、あくまで自己責任でお願いしますね。 ドレンホースをしっかり持つ 空気がもれないよう、しっかり持ちましょう。 掃除機で吸う 2秒吸ったらはなしてください! 「ズズズ」っと水を吸っている音がしたら、すぐにはなしてOK。 排水する 掃除機をはなしてドレンホースを下に向けると、水が出てきます この繰り返しです! 【その2】掃除機がないときはホースを使って自力で吸う! 水漏れを直すにはとにかく、ドレンホースの汚れを吸いださなければなりません。 掃除機がない場合は、自分で吸い出すのも効果的です。 しかし「ドレンホースに直接クチを付けて吸う!」という方法は衛生面が気になりますよね。 できれば園芸などで使用する散水用のホースなどワンクッションおいて吸い出した方が、汚水を吸い込む心配も軽減できるので安心です。 ドレンホースの入り口に散水用ホースを付ける 接合部分をしっかり握って、空気が漏れないようにします 2. 散水用ホースの先からおもいっきり吸う! 散水用ホースが長すぎると吸うのが大変なので、30cm程度にカットすると良いですよ! ドレンホースのつまりが原因であれば、これで一件落着のはず! それでも水漏れが続く場合、どう対処したらいいでしょうか? エアコンの水漏れはどこから?考えられる原因と対処法 ドレンホースのつまりが原因だった場合、エアコンの水漏れは自力で直すことができます。 しかし掃除機で吸い出しても水漏れが続く場合は、ちょっとやっかいです。 「もーめんどくさい!」となる気持ちもよく分かります。 しかし エアコンの水漏れの原因を知っておけば、防ぐこともできるんです。 まずは• エアコンはなぜ冷えるのか?• なぜ水が発生するのか? 水漏れの原因を探るために、まずはエアコンに水が付く理由をご説明します。 そもそもなぜ、エアコンから「水」が漏れる? エアコンから水が漏れるのは、エアコン内部が冷え、そこに水滴がつくから。 その水分がたまると、エアコンからの水漏れにつながります。 氷の入ったコップを思い浮かべてみてください。 時間がたつと、コップの周りに水滴が付きテーブルがびちゃびちゃになった経験はありませんか? 温度が下がると空気中の水が「水」に戻ろうとします。 そのため、温度が低くなるコップに水滴がついたり、窓に結露ができたりするんです。 エアコンの内部にも、同じことが起きています。 だから、水とは無縁の機会に思えるエアコンから、水漏れが発生するんですね。 原因をさぐる前のチェック項目2つ 早速エアコンを調査!…といきたいところですが、ちょっと深呼吸。 原因をしらべる前に、確認してほしいことが2つあります。 コンセントを抜く エアコンの水漏れをさぐる前に、必ずコンセントを抜いてください。 水が出ているので、 漏電のキケンがあります。 火事などの2次被害とならないよう、 必ずコンセントは抜いてくださいね。 床にバケツをおく 水漏れした状態のまま放置しておくと、 下の階へ水漏れする可能性があります。 どこに水滴がおちるか見当が付いて入れば、バケツを置いておきましょう。 水漏れが広範囲になる場合、 ピクニックシートなどしいておくと安心です。 サクションポンプとは「吸い出す」ことが目的のアイテム。 ドレンホース用のサクションポンプがあれば、より強い力でゴミを吸い出すことができます。 価格も2,000円前後とお手頃なので、「修理代を節約したい!」と思ったら試してみる価値はあるかもしれませんね。 それでもエアコンの後ろから 水漏れするようなら、ドレンホースの劣化やホースが途中で折れているかも。 修理業者さんを探して、修理依頼をした方がよさそうです。 【原因2】水が降ってくる!?吹出口からの水漏れ 吹出口から水漏れしている場合、 内部の熱交換器に水が付きやすくなっている可能性があります。 エアコンをつけた後、上から水滴が降ってきて「うわっ冷たい!」と思ったことはありませんか? 吹出口から水漏れしている可能性大! このとき、 すぐできる対応が2つあります。 風向きを「上向き」に変える• フィルター掃除をする それでも水漏れが改善されない場合は、修理業者さんに相談してみましょう。 ) 「出張料あり」となっていないメーカーも、場所によっては 出張料がかかる場合もあるようです。 実際に修理を行わなくても「点検料」として5,000円程度必要になるメーカーもあります。 こうしてみると、かなり高額ですね…。 できれば水漏れとは縁のないエアコン生活を送りたいものです。 ではエアコンからの水漏れを、予防する方法はあるのでしょうか? エアコンの水漏れは予防できる! 一度水漏れしてしまったら、 なんども繰り返してしまうエアコンの水漏れ。 その原因はホコリやゴミなどの汚れが、たまっていく事にあります。 年に1度はエアコンクリーニングをしよう エアコンからの水漏れを予防するには、定期的なエアコンクリーニングがおすすめです。 エアコンの水漏れは、修理をした後に繰り返す傾向にあります。 くり返さないためには、ホコリやゴミをためないよう日頃のお手入れが大切。 フィルター掃除だけでは取りきれないホコリやゴミは、高圧洗浄でのお掃除が必要です。 奥につまったホコリやカビをしっかり落とすことで、ドレンホースのつまりを防ぎ、 水漏れの再発を防ぐことができます。 つまり エアコンクリーニングは、エアコン水漏れを防ぐための予防注射と言えるんです! エアコンスプレー等で済ませずに、中までしっかり高圧洗浄できるエアコンクリーニングを習慣にしてくださいね。 では、エアコンを分解して高圧洗浄を行います。 同時に室外機のクリーニングも行えば、エアコンからの水漏れ予防に効果的ですよ! まとめ いかがでしたか? エアコンからの水漏れを発見したら、• まずドレンホースを掃除する• それでもダメなら、原因を探る• 定期的なエアコンクリーニングで水漏れを予防しよう この3つのポイントに気をつけて、対処していってくださいね! 一番大切なのはエアコンの水漏れを予防すること。 ホコリやゴミが水漏れの原因になるのなら、それを前もって取り除く必要があります。 そのために、定期的なエアコンクリーニングが必要なんです。 みんなのハウスクリーニングでは、 1台12,800円でエアコンクリーニングができます! あなたのエアコンから、水漏れがなくなることを願っています。

次の

エアコンの水漏れの原因や自力でできる対処方法を解説!メーカー別修理料金の目安まとめも

エアコン 水 漏れ 放置

エアコンをつけてみたら、え?エアコンが泣いている? いや、違う!ポタポタと水漏れが!そんな経験はありますか? 編集部では、20~50代の女性100人に 「エアコンの水漏れを経験したことがありますか?」と聞いてみました。 4人に1人以上は、エアコンの水漏れを経験したことがあるという結果に!案外たくさんいるのですね。 ただ、そんな水漏れも原因を突き止められれば、落ち着いて対応することができますよ! ということで、今回は、 水漏れの原因と解決する方法がカンタンにわかるフローチャートを作りました。 フローチャートを使って、原因を突き止めてみましょう! そして、エアコンが水漏れした時にどうするのか、原因別にそれぞれ解説しました。 水漏れに焦る方は必見ですよ! ・外のホースからきちんと排水されているか? ・お掃除をして水漏れが直らないか? この2つを確認するだけで、エアコンからの水漏れの原因と対処法がすぐにわかるんです! エアコン水漏れの原因は7つ エアコンからの水漏れには、 7つの原因が考えられます。 そして、その7つの原因は、次の 3つのパターンに分けることができるんです。 パターン1: ドレンホースに原因がある 原因1. ドレンホースの詰まり 原因2. ドレンホースのたるみ・劣化 パターン2: エアコン内部に原因がある 原因3. フィンの結露 原因4. ドレンパンの汚れ 原因5. 部品の故障 パターン3: 超例外 原因6. エアコン(室内機)の傾き 原因7. 実は、 暖房の時は、ほとんど水漏れしません。 暖房を使っていて水が漏れるとしたら 室外機。 ただ、室外機から水滴が落ちるのは 正常です。 故障ではないの安心してくださいね。 約8割の原因はドレンホースの詰まり エアコンから水漏れが……! 実は、その水漏れの原因の多くが「 ドレンホースの詰まり」なのです。 ・エアコン(室内機)の吹き出し口にタオルなどを当てておく ・ハンドルを押すときには、ドレンホースからポンプを取り外す 部品の交換 家の中以外でも、水漏れは発生しているんですよ。 具体的に言うと、ドレンホースの 屋外に露出している部分ですね。 プラスチックでできているドレンホースは、 紫外線により劣化していきます。 当初はやわらかかったホースも、時間が経てばカチカチに。 ふとした拍子にひび割れて、水が漏れてしまうなんてことも。 こうなると 交換するしかありませんね。 直径を意味する記号ですね。 こう聞くと、難しくないですよね。 ではどんな違いがあるのか、見ていきましょう。 ・排水の容量 上でもお話したように、一番の違いは 直径の大きさです。 ですが、エアコンの水はそれほど大量に流れる訳ではありません。 常に少しずつ排水されていきます。 あれ?大きさに意味が無いように思えてきましたね。 ・詰まりにくさ そう、 ゴミなどの詰まりにくさに関係しています。 通常運転の時もそうですが、お掃除の時にもゴミが出ますよね。 これらが詰まってしまうと、水がうまく排出されずに溢れてしまいます。 これが上でもお話した、 ドレンホース詰まりの水漏れ。 聞きなれない単語ですが、とても大切なポイントなので覚えておきましょう。 ・耐候性とは 読んで字のごとく、 気候変化に耐性があるということ。 直射日光に含まれる紫外線が、ドレンホースをボロボロにするとお話しましたね。 この 紫外線に対して強い作りになっているのが、耐候性と呼ばれる商品です。 他にも、温度変化や雨風にも強いと言った特徴があります。 ですが、ドレンホース自体にも大きな違いがあるので、そちらもご紹介。 ポイントはホースの 内側。 外側は白い素材なのに対して、内側には 黒い素材が使われています。 この 二重構造こそが耐候性の特徴なんです。 交換の時に見てみるのも、おもしろいかもしれませんね。 プロにエアコンクリーニングを頼む手もある ちなみに、ドレンホースは「 エアコンクリーニング」でも綺麗にしてもらうことができます。 自分でお掃除するのはちょっと…、という場合には、プロにお願いしましょう。 そこで 「ユアマイスター」では、エアコンクリーニングのプロに「」と聞いてみました! プロにお掃除を頼むときは、エアコンクリーニングを予約した後に、 「ドレンホースの掃除もお願いしたいです」と伝えておきましょう。 事前にちゃんと伝えておくことで、クリーニングもスムーズに進みますよ。 ドレンホースの劣化は自分で解決できない? ドレンホースの詰まりを解消したのに水漏れがする! そんなときは、 ドレンホースのたるみや劣化を疑いましょう。 ドレンホースがたるんだり、劣化したりしていると、そこに水が溜まって、水が流れなくなります。 そして、水が外に排出されないと、水が逆流してきて水漏れになってしまうのです。 劣化したドレンホースは、取り替えなければなりません。 自分で取り替えるのは難しいですよね… そのため、 エアコンの取り付け業者さんや、修理業者さんを呼びましょう! エアコン内部に潜む3つの原因も掃除で解決 外のホースからきちんと排水されているのに水漏れしてる! そんなとき、原因はエアコン(室内機)の内部にあると考えられます。 エアコン内部にある原因として考えられるのは、 3つ。 雨水の侵入 雨が降る時にばかり、水漏れが発生する場合、雨水が侵入していることが原因の可能性があります。 いわば雨漏りの一種ということですね。 雨水の侵入も、自分で解決するのは難しいです。 修理業者さんに連絡しましょう! まとめ 今回は、 エアコンが水漏れする7つの原因とそれぞれの解決方法を紹介しました。 水漏れする原因の圧倒的No. 1は「 ドレンホースの詰まり」。 お掃除で解決しましょう! 他にも、 フィンの結露や ドレンパンの汚れが水漏れの原因になっていた場合も、お掃除で解決できますよ。 ・自分でお掃除するのは、大変…。 ・お掃除する時間が作れない! そんな方には、 プロのエアコンクリーニングがおすすめです。 水漏れ以外にも、 カビや嫌なニオイもいっぺんに解決できますよ! これからエアコンが大活躍する季節です!突然の水漏れにも、焦らず対応できるようになりたいですね!.

次の