豚肉 しょうが 焼き レシピ。 「賛否両論」笠原店主の【豚肉の生姜焼き】レシピ・おかずのクッキング : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

「賛否両論」笠原店主の【豚肉の生姜焼き】レシピ・おかずのクッキング : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

豚肉 しょうが 焼き レシピ

どうやら家庭料理を中心とした料理研究家のようです。 レストランとカフェを併設した生活雑貨ショップを経営されているそうですね。 1947年生まれなのに、なかなかパワフルな方ですね。 旦那さんは元キャスターの 栗原玲児さんです。 元々は専業主婦だったはるみさんですが、料理が上手でテレビ番組の制作の裏方に関わった事がきっかけで、料理研究家の道を目指すことになったそうです。 長男の 栗原心平さんも料理家という事です。 長女の 栗原友さんは以前、吉田類さんの番組の女版「おんな酒場放浪記」に出演していましたね。 豚のしょうが焼きはタレに浸けて焼くだけのシンプルなレシピなので、誰にでも簡単に作れますね。 醤油大さじ2杯• 料理酒大さじ2杯• 水大さじ2杯• 砂糖小さじ1杯 に変更していきます。 ついでに、アラフォー向けに塩分も減らしました。 豚肉の下処理 豚肉の下処理をしていきます。 最近は豚肉の値段が高くなっている気がするのですが、今回購入したロース肉は100グラム税抜で168円でした。 豚ロース肉 200グラム を4枚と、サランラップとすりこぎを用意します。 まずは、いちばん下にサランラップを敷いて、その上に豚肉を乗せていきます。 更に上からサランラップを被せます、サンドイッチ状態ですね。 すりこぎで叩いて薄く延ばしていきます。 こうすれば洗い物をする必要が無くなるので、後片付けが楽になります。 浸けダレに漬け込みますが、2分~3分で十分ですね。 最後に焼いていきます。 フライパンを予熱、サラダ油を引いて豚肉を焼いていきます。 やや分厚めの肉なので、片面を2分ほど焼いていきました。 ひっくり返して、もう約1分焼いていきます。 お皿に盛りつけて、栗原はるみさん風「豚のしょうが焼き」完成です。

次の

栗原はるみさん風「豚のしょうが焼き」~浸けて焼くだけの簡単レシピ

豚肉 しょうが 焼き レシピ

人々の胃袋をわしづかみにする不朽の定番、豚肉のしょうが焼き。 あれ、なんであんなにおいしいんでしょうね。 ご飯のおかずによし、酒のつまみによし、温かくてもうまいし弁当に詰められ冷めててもうまい。 偉大なり! 社食、学食、定食屋さんといったいわゆる「食堂」でも、豚肉のしょうが焼き定食は定番です。 あの味、家でも作れないでしょうか。 作り方自体はさほど凝った感じじゃなさそうだし、食材も豚肉と玉ねぎのみ。 的確な助言があれば、お店で食べるような豚肉のしょうが焼きを自分でも作れるかもしれません。 というわけで、豚肉のしょうが焼き定食が評判のお店「ななふん食堂」に、自宅でもおいしく作るコツを教えていただいてきました! 母娘が切り盛りする家庭的なお店 小田急線の小田急駅から徒歩7分のななふん食堂。 駅改札から徒歩7分が店名の由来です。 お店の前にはこんな看板が。 「お惣菜をつまみに呑むもよし、定食でガッツリお腹を満たすもよし」。 いいですよね、こういうの。 「どっち使いもできてひとりでも気軽に入れて良心価格のお店、もちろんうまい」というすべての条件を満たしているお店って、そうそうないです。 お店を切り盛りするのは明るくキュートな仲良し母娘。 残念ながら顔出しNGでした。 「せめて後ろ姿だけでも」と無理を言って激写! 母娘ともどもお酒は好きですが、「飲み屋さん」ではなく、料理が得意なお母さんの腕をいかした、毎日食べても飽きない味を出すお店にしたかったそうです。 お母さんいわく、「好きな料理ができてお酒が飲めて楽しくおしゃべりできるお店にしたいと思ったら、こういうお店になりました」。 店内は奥行きがあってぜいたくな広さ。 おふたりともライブ好きなので、この広さを活用して不定期にライブも開催しています。 カウンター席はお母さんや娘さんと話したい男性客が利用されることが多いようです。 実はななふん食堂、普段は取材を受けていないそうなのですが、今回は特別に受けてくださいました。 なぜなら偶然にも娘さんが筆者の高校の後輩で、同じ恩師に学んだというご縁があったから! さて、ななふん食堂の豚肉のしょうが焼き定食 は1,080円(日替わりランチ850円で注文できる場合もアリ)。 完全無欠のルックスですね。 もう間違いない感じ。 定食はすべて単品での注文も可能で、豚肉のしょうが焼きのみの場合は680円です。 「がっつり食べたい人」と「飲みながらつまみたい人」双方のニーズに応えてくれているの、さすがです。 本日のお惣菜は各350円。 これをつまみに飲むのも楽しそうです。 あ、生ビールはハートランド(550円)です。 瓶ビールもありますよ。 おいしく作るための5カ条とは? さて、それでは本題。 まずは作り方へ入る前に、料理初心者でも豚肉のしょうが焼きをおいしく作るための5カ条を教えてもらいました。 豚肉はかならず日本酒に漬けておく 肉が柔らかくなるし甘味が出ます。 冷蔵庫で数時間~半日くらい漬けておきましょう。 日本酒を「もみ込む」のではなく日本酒に「漬けておく」というのがポイント。 料理酒ではなく日本酒を使う 料理酒には余計なものも含まれているので、安くてもいいから日本酒を使います。 豚肉はたれに漬け込まない 意外ですが、しょうゆの成分で肉が硬くなってしまいます。 フライパンはよく温めてから使う しっかり温まってないと油の浸透が悪く、玉ねぎを炒めたときベシャっとなってしまいます。 たれとは別にしょうがのすりおろしを加える たれにはしょうがのすりおろしが入りますが、それとは別にしょうがを投入することで、より風味がよくなります。 筆者は日本酒をもみ込んでいたので、そんなケチくさいことしてちゃいけなかったんだと反省。 「肉に味が染みるからたれに漬け込んだほうがいい」と思っている人も結構いそうですね。 しょうゆに含まれる成分が肉を硬くしてしまうので、これからはやめておきましょう。 上記以外にも、お母さんからこんなアドバイスをいただきました。 お母さん:付け合わせはしょうが焼きのたれとの相性がいいキャベツの千切りがおすすめです。 千切りが面倒なら市販されているキャベツの千切りを買ってください。 無理して料理のハードルを上げる必要はありません。 市販の千切りキャベツでもいいんですか! 心強い。 忙しいときや疲れてるときは助かりますものね。 お母さん:もしもたれを作るのが面倒なら、市販のしょうが焼きのたれを使うのもアリだと思います。 その場合、しょうがとにんにくのすりおろしを加えると、ぐっとおいしくなりますよ。 料理初心者にやさしいアドバイスをありがとうございます! いざ、作り方伝授 それでは実際に豚肉のしょうが焼きの作り方を教えてもらいましょう。 普段は目分量だというお母さん、季節や天候、その日の体調などによって分量は日々微妙に異なるそうです。 【1人前の材料】• 豚ロース肉 120g• 玉ねぎ 120~130g(小1個分)• キャベツの千切り(つけあわせ)適量 たれの材料• しょうが(すりおろし) 大さじ1• にんにく(すりおろし) 大さじ1• しょうゆ 大さじ2• 日本酒 大さじ3• 砂糖 少々 【作り方】 1. たれは材料をすべて混ぜ、あらかじめ作っておく。 味が濃いと思ったら、日本酒を加えて調整する。 フライパンに油大さじ1(分量外)引いてくし切りにした玉ねぎを炒める。 玉ねぎに少し火が通ったら豚肉を加えて炒める。 豚肉を漬けていた日本酒も一緒に投入してOK。 お母さん:菜箸よりトングのほうが使い勝手が良いかもしれません。 なるほど! 4. 豚肉に生っぽさがなくなったら、しょうがのすりおろしとたれを加える。 たれを絡ませながら引き続き炒める。 お母さんかっこいいです。 汁気がこのくらいまで減ったら完成。 できました! ああ、このビジュアル…… もうカンペキ。 まんま同じ方法で作ってみた そんなわけで、さっそくお母さんに教わった通りに自宅で作ってみましたよ。 炒めて…… たれを投入して…… できた! お母さんの豚肉のしょうが焼きほど美しくないですが、ちゃんとおいしくできました。 ちなみに、豚ロース肉、米国産だと100g 98円程度から購入可能ですが、おいしい豚肉は脂身に甘味があるので、個人的にはできれば100g 200円以上のものをおすすめしたいです。 いやぁ、しかし少なくともこれまでの人生で作った豚肉のしょうが焼きの中では一番おいしかった……マジで。 ななふん食堂さん、ありがとうございました! 材料も作り方もいたってシンプル。 豚肉のしょうが焼きは偉大でありながら料理初心者にもやさしいことがわかりました。 ますます偉大だ……。 自分で作れれば玉ねぎ多め、タレ甘めといった応用も効くし、外食で食べる予算で何倍もの量を作れます。 自宅で豚肉のしょうが焼き、挑戦してみませんか? 「ななふん食堂」の豚肉のしょうが焼き定食が食べたくなったら もう一度言いますが、ななふん食堂は小田急線の小田急駅から徒歩7分です。 そして最後にもう1枚、おいしく美しく非の打ちどころがないななふん食堂の豚肉のしょうが焼き定食の写真をどーんと。 ああ、今スグ食べたい! お店情報 ななふん食堂 住所:県座間市相模が丘2-30-19 電話:042-705-5102 営業時間:11:30~14:00(土曜日のみ12:00~)、18:00~22:00 定休日:日曜日、月曜日 Facebook:.

次の

栗原はるみさん風「豚のしょうが焼き」~浸けて焼くだけの簡単レシピ

豚肉 しょうが 焼き レシピ

どうやら家庭料理を中心とした料理研究家のようです。 レストランとカフェを併設した生活雑貨ショップを経営されているそうですね。 1947年生まれなのに、なかなかパワフルな方ですね。 旦那さんは元キャスターの 栗原玲児さんです。 元々は専業主婦だったはるみさんですが、料理が上手でテレビ番組の制作の裏方に関わった事がきっかけで、料理研究家の道を目指すことになったそうです。 長男の 栗原心平さんも料理家という事です。 長女の 栗原友さんは以前、吉田類さんの番組の女版「おんな酒場放浪記」に出演していましたね。 豚のしょうが焼きはタレに浸けて焼くだけのシンプルなレシピなので、誰にでも簡単に作れますね。 醤油大さじ2杯• 料理酒大さじ2杯• 水大さじ2杯• 砂糖小さじ1杯 に変更していきます。 ついでに、アラフォー向けに塩分も減らしました。 豚肉の下処理 豚肉の下処理をしていきます。 最近は豚肉の値段が高くなっている気がするのですが、今回購入したロース肉は100グラム税抜で168円でした。 豚ロース肉 200グラム を4枚と、サランラップとすりこぎを用意します。 まずは、いちばん下にサランラップを敷いて、その上に豚肉を乗せていきます。 更に上からサランラップを被せます、サンドイッチ状態ですね。 すりこぎで叩いて薄く延ばしていきます。 こうすれば洗い物をする必要が無くなるので、後片付けが楽になります。 浸けダレに漬け込みますが、2分~3分で十分ですね。 最後に焼いていきます。 フライパンを予熱、サラダ油を引いて豚肉を焼いていきます。 やや分厚めの肉なので、片面を2分ほど焼いていきました。 ひっくり返して、もう約1分焼いていきます。 お皿に盛りつけて、栗原はるみさん風「豚のしょうが焼き」完成です。

次の