画質 よく する。 Excelのシートに貼り付けた画像の画質が低下するのを防ぐ方法

【動画を綺麗に】動画の画質を良くする無料ソフトTOP5選オススメ!

画質 よく する

初心者です。 既存のDVD(使用量3. 2G)(ごく一般なもの)を、高画質に「変換?」は無理でしょうか? DVDから映像ファイルを取り出し、ソフトで高画質に変換はできないのでしょうか。 結婚式のDVDなのですが、他の方より、「全画面にすると画像が荒すぎて見れないや、画像が悪い」などと言われました。 当方、「PowerDirector 12」で編集、書き込みしております。 とくに設定は触らず、「2Dで書き込む」だけです。 別途、「VideoStudio」も所有しておりますが、ほとんど使用したことありません。 そこで、元の映像ファイルの、{MPEG2」ファイルがありますが、この時点で、ソフト側で なにか設定や、出力方法があるのでしょうか? 元の動画は、ごく一般の、ビデオカメラです。 元が元なだけに、高画質に変換することはできないでしょうか? (ソフトは、PowerDirector 12や、VideoStudioでなくてかまいません、他に優秀なソフトあれば) AVCHDや、4Kなど調べましたが、さっぱりです・・・(すいません) そもそも、MPEG2で保存してある映像ファイルを上記のように、高画質に保存(変換)するのは無理なのでしょうか・・・。 カメラから映像をインポートし、ソフトで編集し、次の出力や保存や、書き込みの時に設定するのか、別途ソフトで変換なのでしょうか。 初心者ですいません。 アドバイスありましたら、どうかよろしくお願いします。 映像編集、書き込みソフトは、PowerDirector 12を使用。 (たまにVideoStudioも使用経験あり) 再生ソフトは、Win DVD 11か、PowerDVD 14、家庭用プレイヤー Windows 7 64Bit ブルーレイディスクには対応してない、ドライブです。 DVDや動画ファイルを高画質にならないのでしょうか まず、そんなソフトがあったら私もマジで欲しいです。 20年以上も前にVHSで録画した洋楽のプロモーションビデオをPCに取り込んで、DVDに焼いてますが、汚いものは汚いです。 これをいかにきれいに見せるかが大変な作業になります。 私は、PEGASYSのVIDEO MASTERING WORKS5というソフトを使用しています。 フィルターを駆使し、高精度映像ノイズ除去やら輪郭強調、映像シャープネス、スマートシャープなど少しずつ様子を見ながら調整していくしかありません。 フィルターをかけることにより、前よりきれいに見えるようになったかなー程度です。 3~4分程度のMPEGファイルを編集するにしてもフィルタの賭け具合によってはかなり時間がかかります。 ちなみに、 Windows7 64bit版 Mmory 8GB システムドライブSSD データドライブHDD CPU core i7 3770k ocなし このようなパソコンで編集していますが、時間はかかります。 特に、高精度映像ノイズ除去のフィルターを使用すると、かなり時間がかかる処理となります。 要するに、手間と時間と高性能なスペックのパソコンが必要な割には思った以上に画質は改善されないということです。 元データがすべてだと思います。 >カメラから映像をパソコンにインポートし、ソフトで編集し、 >次の出力や保存や、書き込みの時に設定するのか、別途ソフトで >変換なのでしょうか? BDレコーダーは持っていないですか? 1時間以内の映像なら一番 きれいなモードでDVDにダビングしてください。 私がビクターの ビデオカメラで撮影したものを丁度1時間に分割し、sonyのBD レコーダーでXPモードでダビングすると、4. 5GB使います。 この映像がDVDビデオの一番きれいな映像と考えてください。 家庭用プレイヤーで再生した映像は自分でも悪いと思いますか? パソコンで作成した映像がこの映像と大差ないのであれば、 文句を言った方の再生環境が悪いことも考えられます。 - - - - - - - - - - - - - - ビデオカメラの機種は何で、どのようなモードで撮影したか明らかに してください。 >既存のDVD(使用量3. 2G)(ごく一般なもの)を、高画質に >「変換?」は無理でしょうか? DVDからは無理です。 動画編集やオーサリングは、奥が深いですからね。 人に渡すほどの代物を本気でやるとなると、チェック作業が重要になります。 まあ、簡単なものなら調整も含めて書き込み時間を除けば、短時間で作れますが・・・、一番大変なのが、出力した動画のオーサリングチェックです。 私の平均だと、手の込んでいないものをちょちょいと作ったとしても、ディスクを3回ぐらいは焼直すことになるかな?だから、テストは必ずRWやREメディアを使い、納得したらRに焼きます。 ベースとなる動画の画質がどの程度かによりますけど・・・。 もともとの映像画質が極めて悪いならvRevealの上位版Ikenaを使えば・・・。 vReveal自体は終息していると思われますので、有料版は入手困難でしょうし、Ikenaは大口向けが中心でしょうから・・・。 よほどならvRevealの有料版を探すのがベストでしょう。 プロジェクトを出力する段階の設定はどうなっているのでしょうか? 普通に考えるとDVD-Video形式で、スマートフィットまたは、HQ最高画質でしょうか?PowerDirectorはDVDに関する設定はさほどないですから・・・。 元の映像がハイビジョンなら、ハイビジョン対応のAVCHDを利用してオーサリングすると今より画質が良いかもしれませんが・・・。 これなら、AVCHDロゴのあるBDレコーダーで再生可能な、H. 264 AVCが使えるはずです。 あくまで、ソースとなる映像がHDの場合に限られます。 SDのものでこれを使うと、画質が落ちる恐れがあるのでご注意ください。 PowerDirectorを使うなら、環境設定の出力は、必ずブロックノイズ低減と、ソフトウェアエンコーダー使用時の映像ノイズ低減にチェックを入れてください。 あとは、ハードウェアビデオエンコーダーは使わないこと。 SVRTを利用すること。 画質を重視するならメニューなどを省くこと。 無駄に容量を食うメニューは、1時間以上の動画ならその分を画質向上にあてたほうが賢い選択になります。 先に、DVDの最高画質相当のMPEG2動画出力を行い。 その作成した動画からディスク作成をすること。 ディスク作成は、ディスクに直接書き込まずにフォルダの作成でデータを作り、そのフォルダ内に造られたディスク情報を、PowerDVDなどで再生テストしたのちに、画質が期待値を超えていれば、その時初めてDVDにそのイメージを焼くのが妥当。 まあ、DVDに直接書き込むなら、DVD-RWあたりにテスト書き込みし、それが綺麗かどうかを確認してから、そのディスクをコピーするのが良いでしょう。 とにかく、綺麗なオーサリング動画を作るなら、実際に作ったディスクが元の動画に対して、どの程度の画質を維持できているかを確認して、配布する必要があります。 もとの動画がそもそも画質が悪いなら、元のソースが悪いからと相手に伝えるのが妥当です。 DVD化する前、ビデオカメラで撮ったMPEG2の段階での画質はどうなんでしょう?ここですでに画質が悪いようだと、できることはごまかしのような方法しかありませんが、元の画質はそんなに悪くないってことであれば、DVDにしたときの設定がまずかった(あるいはソフトの規定の設定が悪い)ことに原因があります。 MPEG2も映像を圧縮しているので、編集のために一時的に非圧縮に戻し、DVDに焼くときにもう一度圧縮するため、設定がまずいと大きく劣化してしまいます。 一番間違いないのは、元のMPEG2の映像をそのままDVDに焼くことです。 編集ソフトでビットレート変換が入らない設定を探してください。 また、録画時間を稼ぐためにファイルを小さくしようとしてビットレートを下げると、初めからそのビットレートで撮影したときよりも画質は悪くなると思ってください。 それどころか、一度編集すると元のビットレートで保存したとしても劣化しちゃいますよ。 すでに紹介がある超解像などの技法でアップスケーリングするのは、変換後はDVDではなくてBDにすることが前提になります。 また変換処理は一般ユーザーが目にする作業の中で最も重い処理であり、再生時間の何倍もかかることが多いです。 そうやって頑張って変換したものをまたDVDに変換する過程で画質劣化が起きるので、結果は元通りだった(下手すると悪くなった!)何てオチじゃあ、目も当てられません。 一番いいのは粗が目立たない画面の小さなTVで見ることだと思います。 もし大画面TVでTV側に超解像(画像補間)的な機能があるならそれを使えばいいと思いますが、大画面TVで超解像機能もない場合は仕方がないのであらかじめ超解像を使って高解像度しておくしかないです。 でも、私は普段からSpursEngineを使ってエンコード(ソフトはペガシス製)していますが、この超解像(画像補間して高解像度化)もさほど効果があるものには思えないです。 いくぶんマシかなという程度。 あまり期待はしないほうがいいですよ。 (高解像度化すると、DVDは絶対に無理ということはないものの、基本的にはBDに焼くことになります。 ) 元の画像が悪ければ、基本的にはそれ以上良くする事はできません。 せいぜい、ノイズ除去とか少し明るくするとという程度です。 ビデオは、光量の不足する場所で撮るとかなり画質が落ちます。 光子が足らないからデータを取れないのです。 色などのデータが少ない、欠落する事で画質が悪くなります。 ごく一般のビデオカメラでも、照明を使うだけで特段に画質が良くなります。 室内の、人間の目では充分に明るい程度でも、カメラの素子によっては夕闇に等しいのです。 で、PowerDirectorは使った事が無いから分かりませんが、多少はいじれると思います。 ノイズ除去、明るさやコントラストの変更で、少しは見やすくなるかもしれません。 また、保存時もデフォルトのままではなく、一定のビットレート(無闇に上げても無駄ですが) エンコードも1パスではなく2パス(処理時間は倍になりますが) など、色々試行錯誤してみて下さい。 4Kやハイビジョンなどは映像の規格であり、元の映像が良くなければ意味はありません。 >DVDや動画ファイルを高画質にならないのでしょうか? 動画ファイルとDVD DVDビデオ は話が違います。 動画ファイルならある程度きれいに編集できるはずです。 DVD DVDビデオ の場合は1時間以内でビットレートを約9Mbpsに できればある程度きれいなはずです。 途中の過程でも極力ビットレートを落とさないようにしてください。 参考 DVDオーサリングについて教えて下さい。 (投稿日時 8月10日 00:12) - - - - - - - - - - - - - >元の映像ファイルの、MPEG2ファイルがありますが MPEG2ファイルだけではわかりません。 DVD Flick なら、「MPEG2はコピーする」にチェックを入れて 処理すれば、エンコードしないため、画質も劣化しません。 となっていますが、たぶんこのMPEG2ファイルのことではないでしょう。 - - - - - - - - - - - - - VideoStudio 11 で出力したAVCHDファイルは拡張子が. mpg 以下のものは VideoStudio 11 で出力したものではありません。 mpg] 1920x1080 MPEG2 1:1 29. 97fps 12000. 10kHz 128. 868 28. BDにするしかないでしょう ソースの画質が悪いのだから、いくらしても画質が悪いですよ 機器やソフトに搭載のアップスケーリング機能を用いると、多少はマシに見えますけどね DVDをリップして、エンコード時にアップスケーリングを行うと、多少はマシに見えるかもしれません。 ただ、それをDVDビデオ形式するなら、アップスケーリングしたものを、またダウンスケーリングを行うってことになりますので(やる意味あるの?って疑問) DVDビデオ形式にしないで、DVDに焼いてしまえばいいけど、そんなことすると、DVDプレイヤーで見れないぞ~ゴルァって文句言うでしょうね。 PCでも、H. 264の入っていないVista以前でも同様に見れないぞ~ゴルァって言うでしょうし・・・ Q 液晶TVでDVDを再生すると画質が汚いのですが・・・ 安くなってきたので液晶TVに買い替えました。 東芝のREGZA(32A900S なんですが、地デジ放送を見ると確かに今までより綺麗で満足しています。 しかし、持っていたDVDやレンタルしてきたDVDを再生すると画質が荒く あれ・・・?目が悪くなってしまったのか?と思うほど映画等を見ていても思ってしまいます。 ちなみに再生しているレコーダーはPS3(120G)です。 購入した時にHDMIケーブルで接続するととても綺麗に見えると聞いていたので 余計にがっかりしています。 何か設定等に問題があるのでしょうか? どなたかアドバイス頂ければ幸いです、よろしくお願いします。 PS HDMIケーブルは2000円程度の物です。 どれだけ隙間が出て醜くなるか、想像出来ますでしょうか?(アナログの赤白黄色、AVケーブルで接続すると、本来の状況が体感出来ますよ) PS3は隙間等を上手に埋め合わせる技術として、最高性能の部類です。 でも、ご質問者様が感じた程度なんですよね。 ケーブルの価格は関係ありません。 高度なデジタルオーディオですと、昔のアナログレコードもそれなりに良い音で楽しめるのですが、ハイビジョン対応の液晶やプラズマで従来のDVDやVHSは悲惨ですね。 (このため、従来のブラウン管テレビを大切に使い続けている人も多いようですし、一部の人たちは未だにブラウン管の方が高性能だと主張される場面もありますね。 私の場合はプラズマ導入後も29型ブラウン管でDVD-Video等を見てます。 パソコンとテレビは赤白黄色のAVケーブル(S端子ですが)を使っています。 プラズマにD-subで繋ぐと、ザラザラでガッカリな画面ですからね(苦笑) 液晶でも17型くらい小さな画面だと、アラが目立たなくて、見やすくなるのかもしれませんが、試した事が無いので憶測です。 どれだけ隙間が出て醜くなるか、想像出来ますでしょうか?(アナログの赤白黄色、AVケーブルで接続すると、本来の状況が体感出来ますよ) PS3は隙間等を上手に埋め合わせる技術として、最高性能の部類です。 でも、ご質問者様が感じた程度なんですよね。 ケーブルの価格は関係ありません。 高度なデジタルオーディオですと、昔のアナログレコードもそれなりに良い音で楽しめるのですが、ハイビジョン対応の液晶やプラズマで従来の... A ベストアンサー 画質はBD>DVDアップスケーリング>DVDです。 DVDの720x480をBDの1920x1080にするわけですから元から1920x1080のBDにはなりません。 1920x1080の点で構成された画像では何とか入る小さな文字は720x480の点では点が足らず文字にならない部分が潰れます。 これを1920x1080にしたら1920x1080と完全に同じ文字に戻るという事はありません。 コピー機で最小まで縮小コピーしてそれを最大に拡大コピーしても元通りにならないのと同じです。 そのままDVDを1920x1080に拡大するよりは綺麗になるという状態です。 たとえばBDの最小ドットで書かれたAやBがDVDでは1つか2つのドットの点になっていた場合、DVDをBDにアップスケーリングを行ってもその1つか2つのドットからAやBを完全に復元することまではできないということです。 実際は画像補正や画像解析なども入るので場合によってはかなり綺麗に見えるでしょう。 Q 家庭用DVD デッキ プレイヤーでパソコンの中のaviのファイルをDVD-Rに焼いて見たいのですが、どうやったら良いのか分かりません。 友達から拡張子を変更しないとダメと言われたので、様々な拡張子に変換できるツールを探して、インストールまでやったのですが…どの拡張子に変更したら良いのか分かりません…。 そこで…どの拡張子にすれば、PC上のaviファイルをDVD-Rに焼いてDVD デッキ プレイヤーで見られるのか教えてください。 音声の拡張子と、映像の拡張子のどちらも教えて頂ければ幸いです。 何か補足が必要でしたら要求してください。 お暇な時にご回答お願いします。 お待ちしてます。 拡張子を変更してaviがDVDになるはずありません。 そもそも拡張子の認識を間違っているようです。 拡張子はファイルの種類をあらわす認識票みたいなもので、これを変えることは比較的自由です。 そもそも、拡張子はエクスプローラーで普通に変更できます。 ですが、ファイル本体の内容は変更されません。 ですから、拡張子を変えても何も換わりません。 OSから見ると、主に関連付けというところに関係します。 aviの拡張子だとデフォルトでWMPが立ち上がります。 ですが、aviをxlsに変えることも出来ます。 この場合、OSでは勝手にEXCELを立ち上げますが、ファイル本体は動画なので当然エラーです。 ですから、拡張子は全く関係ありません。 この場合、ファイル本体の内容を把握する必要があります。 まず、パソコンで再生できないとDVDにすら出来ません。 コーデックがパソコンに入ってないからです。 パソコンで再生できて初めて次の段階に進みます。 なお、aviをDVDに変換してDVDプレイヤーで見るにはNo. 1の方のやり方が一般的です。 でも、その前にお手元のaviの素性を調べることをお奨めします。 ちなみに友人が言っていた「拡張子を変える」というのは、No. 1の方のやり方を実施することだと思います。 これを行うと、動画ファイルは拡張子がvobになります。 だからって、拡張子をそのままvobにしてもだめですよ。 まず、質問者さんは大変な誤解をしています。 拡張子を変更してaviがDVDになるはずありません。 そもそも拡張子の認識を間違っているようです。 拡張子はファイルの種類をあらわす認識票みたいなもので、これを変えることは比較的自由です。 そもそも、拡張子はエクスプローラーで普通に変更できます。 ですが、ファイル本体の内容は変更されません。 ですから、拡張子を変えても何も換わりません。 OSから見ると、主に関連付けというところに関係します。 aviの拡張子だとデフォルトでWMPが立ち上がりま... watch. impress. nvidia. youtube. 家電のDVDプレーヤーで再生させるには「DVD-Video」の規格に沿った形で動画データを変換して焼く必要があります。 freemake. 簡単な操作でオーサリング・焼付までやってくれます。 >PCで焼いたものはDVDプレーヤーでは観られないのでしょうか? 見られます。 海外製やパイオニア製のDVDプレーヤーはオーサリングしていないDVDも結構再生できます。

次の

写真やグラフをきれいに印刷するには、どうすればよいですか。

画質 よく する

現在、YouTubeで視聴できる動画の画質には次のような種類があります。 ちなみにそれ以下では360p、240p、144pといった画質も。 これらは単純に数字が大きいほど高画質ということになります。 ただしそれと比例して負荷も大きくなるので、視聴に使う機器や通信環境によっては再生が困難になる場合もあります。 以下は、再生する動画の画質を手動で変更する基本的な方法です。 PCでYouTube動画の画質を変更する方法 この動画の説明通り、YouTubeのプレーヤー右下にある歯車マークの「設定」をクリックし、さらに「画質」をクリックすると、表示された解像度の中から自由に画質を選択できます。 AndroidのYouTubeアプリで画質を変更する方法 スマホなどの場合は、この動画のようにYouTubeアプリのプレーヤー上に表示される右上のボタンをタップし、展開されたボタンの中からさらに「画質」をタップ。 すると画質の選択画面が表示されます。 毎回このような操作を行うのはなかなか面倒ですよね。 YouTube動画をとにかく高画質で視聴したいのなら、ブラウザの機能やアプリを使って常に自動で高画質を選び再生できる方法もあります。 PCやiPhoneでYouTube動画を常に高画質で再生する方法! 手動でわざわざ画質を選択するなどの手間もなく、YouTube動画を再生する際に自動で高画質の設定になるという便利な方法。 以下からは、ブラウザの機能やアプリで実践できるそんな裏技的な手法をいくつか紹介していきます。 Google Chromeをインストールしたら、拡張機能である「YouTubeのための自動HD再生機能」を追加しましょう。 初期設定で既に「再生画質」が1080pフルHDにセットしてありますので、特にいじる必要もありません。 以後はYouTubeにアクセスするとアドレスバー横に「HD」というアイコンが表示されますので、それをクリックすれば必要に応じて簡単に設定を変更することができます。 その名も「YouTube High Definition」。 英語音声ですが、下の動画でその使い方や設定項目などが見られます。 Firefoxアドオン「YouTube High Definition」の紹介動画 YouTube High Definitionをインストールすると、Firefox画面の右上に「HD」というアイコンが追加され、そこをクリックすれば設定画面が表示されるようになります。 ちなみに初期設定では常に最高画質で再生される仕様となっています。 スペック的に4K画質以上は厳しいといった場合は、それ以下のHD画質を選択するなど設定を変更しておきましょう。 アプリを使って常に高画質で再生する(iPhone) iPhoneでYouTube動画を見るなら、「App Store」でダウンロードできるアプリ「EverTube」を使って常に高画質で再生する方法もあります。 このアプリの操作はとても簡単。 左上の歯車マークをタップすることで表示される設定画面にて、「画質」の項目をセットするだけ。 例えば720を選択すればあとは自動的にその画質でのみ再生されるようになります。 埋め込んだYouTube動画を常に高画質で再生させる方法 ブログやサイトでYouTube動画を紹介する際などに、埋め込みプレーヤー上で常に高画質で再生させる方法もあります。 これは、来訪してくれた視聴者になるべく綺麗な映像を見てもらいたい場合などにおすすめです。 YouTube動画のホームページへの埋め込み方法と注意点 このように、動画を埋め込む際に様々な設定ができるようになっています。 ただし注意点として、まずその動画が1080p、または720pでアップロードされている必要があります。 また、視聴者側の端末もHD画質の動画を再生可能なスペックを満たしているというのが前提条件です。 参考までに、画質設定用のパラメータには、HD以外にも次のような種類があります。 例えば、旧世代の携帯電話を使用し貧弱な回線でYouTubeのHD動画を見る場合と、最新スペックのPCを使用し光回線で同様の動画を見る場合とでは、明らかに後者のほうが自動的にHD画質で再生される可能性が高くなります。 一般的に、高画質の動画を視聴する際に重要なのは、機器のCPUやビデオカードの性能、そして通信環境であるとされています。 PCであればグラフィックボードを導入、あるいは付け替えたり、またその他の機器でも思い切って最新の機種に買い換えたりしてみるのもアリでしょう。 通信環境についても、より高速な回線を使用することでその効果は如実に現れます。 再生環境をスペックアップすることで、YouTubeで動画が常に高画質で再生されるようになる可能性が高くなり、そしてそれ以前に比べよりスムーズに動画を再生できるようになるはずです。

次の

画質を損なわずに 画像のサイズを変更 する方法

画質 よく する

「子供の時に、両親が撮ってくれた写真は画質が低くて見にくいので、その写真の画質を向上させたい。 」 「画像が小さすぎて、拡大すると、ノイズが多くて画質が悪くなりました。 高画質で小さい画像を拡大したい。 」 そのような場合、画像の画質を上げることができるソフトが必要です。 今回は、写真や画像の画質を良くすることができるソフトを2つご紹介します。 Movavi写真編集ソフト(Movavi Photo Editor) MacとWindowsに両対応する画像編集ソフトです。 下のボタンをクリックしてソフトを体験できます。 その機能は以下のとおりです。 画質を手動または自動で強化する。 カラーバランスの修正、視覚的ノイズの軽減、画像の質感を引き出す。 マウスクリックで、写真から不要なオブジェクトを削除する。 画像背景を削除し変更できる。 写真のクロップ、反転、回転、サイズ変更、歪み修正。 ポートレートのレタッチ、デジタルメイクアップをエアブラシで追加する。 破損した古い写真を復元できる。 画像のノイズを削除したい、写真の質感を高めたい、写真から不要なものを削除したい、写真の背景を変更したいといったような場合、この画像編集ソフトは是非お試し下さい。 「waifu2x」 公式ページ: 「waifu2x」は画像や写真のノイズを除去し、画質を向上させることができる無料サイトです。 また、画質を改善する同時に、画像のサイズを1. 6xや2xで拡大できます。 使い方は非常に簡単です。 6xまたは2xを指定します。 それで、解像度が向上した画像が得られます。 次は画質向上前後のサンプルです。 このサイトはPCだけでなく、iPhoneとAndroidスマホでも動作できます。 それで、PC、iPhone及びAndroid端末で、このサイトを使って画像のノイズを除去し、解像度を向上させ、小さい画像を高画質で拡大することが可能です。

次の