突然 ごめんね でも 聞い て ほしい 曲名。 中編小説 『夏に出会った僕らのエチュード』 後日談 その4

英語で丁寧に頼み事・お願いをするときの定番フレーズ

突然 ごめんね でも 聞い て ほしい 曲名

Can I just interrupt you for a second? 少々お時間いただいてもよろしいでしょうか Do you have a minute? 少しお時間ありますか ちなみにsecondは「秒」、minuteは「分」を意味する語であり、 for a second および for a minute の形で「少しの間」という意味で用いられます。 厳密に何分何秒と言い分ける必要はありませんが、「本当に一瞬で終わる」事を強調したい時にはfor a secondを、そうではない時はfor a minuteを使う、と考えておくとよいでしょう。 お願いがあることを伝える表現 「ちょっとお願いしてもいいですか」という場合の「お願い」は favor と表現できます。 favor は基本的には「好意」「親切」「親切な行為」という意味ですが、《 do +人+ a favor》で「人に親切な行為をする」、つまり「人の頼みを聞く」という意味で使えます。 《 ask +人+ a favor》は「人からの好意を求める」すなわち「人にお願いをする」という意味で使えます。 Will you check this? これを見てもらえますか? Can you have a look at the data I sent you, please? お送りしたデータを見ていただけないでしょうか? Could you give me a copy, please? 一部いただけますか? Would you be able to come with me? 私と一緒に来ていただけますか? Would it be possible for you to do this by 3pm? 3時までにやっていただくことはできますか? 「mind」や「trouble」を使って表現する Do you mind ~? や Would you mind ~? といった表現の mind は「嫌がる」「気にする」という意味です。 直訳では「~するのは嫌ですか?」ですが、「お嫌でなければお願いしたい」という意味で使います。 返答としては、承諾はNO、拒否をYESで伝えます。 お願いされる側で Do you mind ~? と尋ねられ、了承する場合には、 No, of course not. (いえいえ、もちろん気にしません)と否定で答えるか、 No problem. (大丈夫ですよ)と言いましょう。 「いいですよ!」というつもりで Yes! と答えると「嫌です!」という意味になってしまうのでご注意を。 同じような表現で Would it be too much trouble for you to ~? のtroubleは「面倒」「迷惑」という意味です。 too ~ to ~は「~すぎて~できない」という意味の慣用句。 直訳すると「~する事は余りにも迷惑でしょうか?」となりますが、こちらも「ご負担、ご面倒でなければお願いしたい」という意味になります。 Would it be too much trouble for you to take a look at this letter? wonderは「疑問に思う、知りたいと思う」という意味で、過去進行形にすることで「過去にそう思っていた」という意味になります。 自分の中ですでにある程度質問を逡巡させてから相手に尋ねている、という印象を与えるため、依頼への「ためらい」が感じられかなり丁寧な表現となります。 I was wondering if it would be possible for you to proofread my draft? 私の原稿を校正していただけないかと思いまして if を使った表現 依頼表現で仮定法のifは良く使われます。 依頼を一方的に押し付けるのではなく「あくまでも相手が良ければお願いをする」という相手への配慮が伝わるので丁寧な表現になり、「もしやっていただけるのであれば有り難い」というニュアンスがでます。 「~していただければ感謝します」という表現は柔らかく依頼をするのに便利な言い方です。 appreciatedは「(物事)に感謝する」で、主語が Iではなく Itになるのに注意しましょう。

次の

無理なお願いをするときのビジネスメールの書き方【例文付き】

突然 ごめんね でも 聞い て ほしい 曲名

記事の目次• ご愁傷様です。 「え!謝ったら、まるでこの死が私に責任があるみたいに聞こえない?」と心配になった人もいるのでは? 学校で英語の授業を受けている時、このフレーズは「ごめんなさい」という意味で習ったかと思います。 実は sorryにはそれ以外に「気の毒で」「残念に思う」といった意味があるのです。 そのため誰かが亡くなった時にも、この表現をよく使います。 最初は違和感があるかもしれませんが、一番簡単なので突然の不幸に対応できるフレーズです。 ご愁傷様です。 こちらは先ほどのフレーズに、「亡くなった方」を指したワードを付け加えたもの。 lossは「失うこと」「喪失」の意味がある英語で、 death(死)という直接表現を避けて死者について話す時に使われます。 ちなみにここで使われる yourは、残された家族や友人を表しています。 シンプルですが、この表現だけで遺族に対して十分気持ちを伝えることができるので、是非覚えておきましょう。 他にもこんな言い方をすることができます。 (ご愁傷様です。 passingも比喩的に死を表すワードで、遠回しに亡くなったことに触れることができる表現です。 このフレーズでは亡くなった方の名前を入れることができ、より応用がきく形ですね。 ちなみに pass awayで「亡くなる」「他界する」という意味を表します。 die(死ぬ)という直接的な動詞を和らげたものなので、こちらの表現を使っておくと無難です。 (先週お母様が亡くなられたということで、お悔やみ申し上げます。 お悔やみ申し上げます。 condolenceは「お悔やみ」「哀悼」という意味の英語です。 「深い哀悼の意を受け取ってください。 」と表現することで、お悔やみの言葉を述べることができます。 メッセージなどの最後に My deepest condolences. と書くことも多くあります。 欧米では不幸があった時は、メッセージカードを送るのがマナー。 カードショップにも専用のコーナーがあるほど一般的です。 もし直接会えない場合は、英語で手紙を送ってあげましょう。 このフレーズでは、亡くなった対象を明確に表すことができます。 send(送る)の代わりに、 offer(捧げる)という英語を使ってもいいですね。 ) My condolences go to the whole family. ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。 「遺族」を強調し、お悔やみを伝えたい時に使えるのがこの英語フレーズ。 そもそもお悔やみの言葉は残された人間に対して伝えるものです。 精神面でも今後遺族をサポートしていきたい場合は、是非この一言を添えてあげましょう。 心からお悔やみ申し上げます。 condolenceと同じくらい使われるのが、「お悔やみ」「同情」という意味のある sympathy。 先ほど同じように「私の心からのお悔やみを受け取ってください。 」と伝えることで、哀悼の意を表します。 sympathyを使ったその他の英語フレーズがこちら。 You have my sympathies. (お気持ちお察し致します。 ) We extend our deepest sympathies to you for your terrible loss. (今回のご不幸に、私たちから哀悼の意を表します。 ) In my deepest sympathy. ご冥福をお祈りします。 こちらもメッセージカードの最後に付け加えたいお悔やみの言葉。 Inを外して、 My deepest sympathy. や、With に変えて With my deepest sympathy. でも同じような英語表現になります。 あなたのことを思ってお祈りしています。 直訳をすれば「私の思いと祈りはあなたと共にあります。 」ということになるこの英語フレーズ。 物理的に相手と離れていても「私は一緒にいるよ」「あなたを考えているよ」と伝えることで、お悔やみの言葉を捧げているということになりますね。 thoughtsとprayersをそれぞれ単体で使うこともあります。 My thoughts are with you. (あなたを想っています。 ) My prayers are with you. (あなたを祈っています。 ) My thoughts go out to you. (私の想いはあなたのもとにあります。 ) My prayers go out to you. (私の祈りをあなたに捧げます。 ) thoughts(考えること)という英語が便利な点は、 prayers(祈り)と違って宗教的な要素がないことです。 そのため、もしあなたがクリスチャンなどでなくても「相手を想う」ことはできるわけですから、適切な表現になるということ。 覚えておくと便利ですね。 You and your loved one will be in my thoughts and prayers. いつも私たちの心と思い出にいます。 これも先ほど紹介した thought and prayersを使ったフレーズ。 今度は主語を You and your loved oneに変えることで、相手をより強調して使える英語表現です。 この loved oneは普段使うと「最愛の人」というように、配偶者、恋人、家族などを指しますが、お葬式のシーンなどでは「故人」という意味で捉えることができます。 遺族と故人の両方を想う時に使いたいフレーズですね。 私たちは皆、寂しい思いをするでしょう。 よく I miss you. という英語表現で使われる missという動詞。 実はこれを完璧に日本語訳するのは難しいのです。 「恋しい」「寂しい」「会いたい」というニュアンスが含まれており、使うタイミングによって意味合いも変わってきます。 遠くにいる恋人や友達に使うこともあれば、故郷を思い出す時にも言われるこの表現。 もちろん故人に対しても使うことができます。 亡くなってしまい、もう会えないあの人に、「みんなに惜しまれている」ということを伝えることができるフレーズです。 行った場所では、もう痛みはありません。 宗教観の違いによって死後の世界の捉え方は異なりますが、多くの場合死んだ後は「安らかになれる」と信じている人が多いですよね。 例えば長い闘病生活の上亡くなった方、悲惨な事故で亡くなった方がいた場合に、この英語フレーズがしっくりときます。 「死んでしまったことは悲しいけど、もう故人は苦しまなくていいんだね。 」という気持ちを伝えることができる英語表現です。 彼(彼女)は素晴らしい方でした。 彼(彼女)と知り合いになれて嬉しかった。 人は死後、残された者たちの記憶の中に生き続けると言われます。 このように生前の故人を評価し、「出会えてよかった」と伝えることで、遺族も救われた気持ちになることでしょう。 相手が亡くなっても、その人と知り合いになれた事実は消える事はありません。 そういった気持ちを表現したい時に使える英語表現です。 なんという言葉をおかけしたらいいのか分かりません。 私が想像できないほどのお悲しみでしょう。 よく苦しんでいる人を前にして、 I know how you feel. (あなたの気持ち分かるよ。 )と英語で言う人がいますが、これは人によっては反感を買います。 当たり前ですよね、たとえその人が誰かを亡くす経験をしていても、全く同じ境遇を経験することは一生ないからです。 気安く相手の状況を理解したつもりになるのではなく、「私には想像できない気持ちなんだろうね」と声をかけてあげたほうが無難。 他にもこういった言い方ができます。 (あなたを想っています。 どんなにお辛いかも想像できません。 (さぞお辛いでしょう。 こういう時は誰もが助け合うものだよ。 私がここにいますから。 という英語は、非常に心強い言葉。 辛い思いをしている人を元気づけることは難しいです。 でもその人のために側にいることは誰だってできます。 話し相手になってあげるでもいいし、日常生活に戻るために一緒に付き合ってあげるでもいいし、ただ黙って隣にいるだけでも構いません。 に値するのです。 他にもこういった言い方ができます。 (どれだけ辛いか分かりませんが、私にできることがあれば何でもします。 (もし私にできることがあれば、何でも言ってください。 ) How about a hug? ハグなんてどう? 日本人としてはなかなか慣れない文化かもしれませんが、欧米では悲しみに暮れている人を支える際は、必ずと言っていいほどハグをします。 確かに全員がこの方法を好むわけではありませんが、人によっては What can I do to help you? (私に何がしてあげられる?)と聞かれた時に、 Can you come over and give me a hug? (ここにきてハグしてもらえる?)なんて返してくる人もいます。 辛い時は人の温かみを感じたいもの。 自分と相手が近しい間柄であれば、このフレーズを使ってハグをしてあげましょう。 時にハグは言葉よりも強い力を持ちますよ。 おわりに あまり使いたくない英語表現ではありますが、生きていればこうった場面には必ず出くわします。 そんな時にかけてあげる言葉が英語で出てこないのはもどかしいですよね。 紹介した英語フレーズを使って最低限の気持ちを伝え、一緒に悲しみを分かち合いましょう。

次の

お悔やみを英語で伝える〜相手に不幸があった時にかける言葉16選〜

突然 ごめんね でも 聞い て ほしい 曲名

社会人になると多くの人と関わって仕事をするようになります。 人に仕事を頼むことはごく当たり前ですが、場合によっては「無理なお願い」をしなければならないこともあります。 無理なお願いを聞き入れてもらうためには、どんな注意をすればいいのでしょうか。 今回は「無理なお願いをするときのメールの書き方」について、相手を不快にさせず、お願いを聞いてもらうためのコツを例文付きでご紹介します。 多くの人に少しずつ仕事を割り振って、会社全体の大きな仕事を回しています。 しかし、場合によっては「通常よりも納期が早い」「十分な予算が回せない」「人手が不足している」などの悪条件で、他の人に仕事をお願いしにくくなることがあります。 昨今は、仕事の依頼はメールや電話で連絡を取るのが一般的ですが、頼みにくい無理なお願いをするメールを書くには、以下のような点を押さえておきましょう。 「その人に頼みたい」という点を強調する 頼まれる側の視点では「誰か手の空いた人に担当してほしい」と言われるより「あなたにお願いしたい」と言われた方が「信頼されている」と感じられるものです。 そもそも「無理なお願い」なのですから「誰でもいいなら他の人に頼んでほしい」と考える人が多いのではないでしょうか。 しかし、「信頼されている」「頼られている」と思えば「なんとかして期待に応えたい」と考えてくれる可能性があります。 ただし、これは普段から仕事を任せている、信頼関係のある間柄だからこそ有効な方法でもあります。 初めて仕事をお願いする人に対して無理なお願いをすれば、「無理な仕事を頼んでくる相手」と認識され、確実に印象が悪くなってしまいます。 相手にとってのメリットを提示する 「無理なお願い」を引き受けてもらう一番確実な方法は、相手にとってのメリットを提示することです。 以下のようなメリットを提示できれば、引き受けてもらえる可能性が高くなるでしょう。 ・報酬を上乗せする 通常より納期が短い場合に、報酬に「特急料金」を上乗せすることができれば、物理的に無理なのでなければ高い確率で引き受けてもらえるでしょう。 ・今後の継続した依頼がある その仕事をすることで、引き続き定期的な依頼につながると言えば、多くの場合は引き受けてもらえる可能性が上がります。 例外的に、先の予定が埋まっているような忙しいフリーランスには別のアプローチをした方が良いかもしれません。 また、次に新しい仕事が発生したときに優先的に依頼する、という約束をするのもよくあることです。 ただし、条件の厳しい仕事を続けてお願いしていると、いずれ断られてしまうことになるでしょう。 ・その仕事そのものが魅力的 その仕事に関わることで名誉が得られる、業界の著名人とコネクションができるなど、その仕事自体に価値があると思ってもらえれば、条件面が厳しいとしても引き受けてもらえる場合があります。 相手の立場を思いやる文面を加える 通常の依頼で送るメールに一言相手を思いやる言葉を加えると、メールの印象も変わります。 以下のような文を加えてみましょう。 仕事の条件をしっかり伝える 仕事をお願いするのですから、内容や条件はしっかり伝えましょう。 場合によっては引き受けてもらえるまで詳細を伝えられないこともありますが、可能な範囲で条件を伝え、受けられるのかどうかを検討してもらいましょう。 「無理なお願い」は時間に余裕がないことも多いので、そのような場合はいつまでに返事が欲しいのかも書いておかなければなりません。 不利な条件でも、伝えていないとトラブルが起きる原因になります。 「引き受けてもらえなくなるかも」と隠すのではなく、「このような条件ですが引き受けてもらえないでしょうか」とお願いしましょう。 相手にとっても仕事の話なので、ビジネスライクに割り切って検討してくれるでしょう。

次の