ボンドルド 語録。 「メイドインアビス」の悪役キャラ、ボンドルドとは?彼の偉業と外道な本性に迫る!

「鬼滅の刃をパクった」漫画一覧yyyyyyyyyyyyyyyyy

ボンドルド 語録

裏で悪に手を染め、 海外では罪状不明の指名手配で、懸賞金まで付いているボンドルド は、「メイドインアビス」史上かなりの悪役キャラクターだといえます。 白笛探窟家はライザやオーゼンなど、憧れに満ちた人物たち が多いのかと思っていた人も多いと思いますが、ボンドルドの登場で覆されましたよね。 祈手(アンブラハンズ)は何者? ボンドルドの探掘隊「祈手」は、皆な素顔を見せず固有のマスクを被ってる。 分かる範囲で「28人」もいた。 「私は不滅です」とか自ら言うだけある。 これは「中の人は将来のボ卿候補だから、入隊の段階で素顔は秘匿する」って措置なのかな?「祈手は個のペルソナを持たない」的な不文律もありそう。 その カートリッジはまさしくプシュルカ……。 前の話でプシュルカがカートリッジになってしまったことは判明していましたが、現実に絵で表現されていると悲しくなってしまいますよね。 レグとボンドルドの戦い。 命が掛ってるのにボ卿は全く怒らない。 ずっと口癖の「素晴らしい」って言ってる。 最初から最後まで、焦る素振りもなく冷静。 ピンチになって声を荒げたり、暴言を吐いたりもしない。 唯一驚いた反応を見せたのは、「祝福実験の成功例であるナナチ」の命が危険に晒された時だけ。

次の

白上フブキ【関連語】

ボンドルド 語録

常に仮面とスーツを身にまとった謎の人物。 たった10年程で、他の誰も突破できなかったルートの開拓や、アビス深層でも活動できる拠点確保等、停滞してた深窟技術を推し進めたようです。 これだけ聞くと、まるで英雄的な存在ですが、白笛オーゼンからは「筋金入りのろくでなし」と言われています。 白笛マニアのハボルグも実際にボンドルドと会った時のことを印象深く語っています。 俺も今までぶったまげるような原生生物や狂気に触れた探窟家連中に出くわしてきたがよ。 ボンドルドに会った時の印象はどれとも違った。 得体の知れない何かが仮面被ってヒトの真似事をしているんだ。 奈落に怪物がいるとするならおそらくああいうのを言うんだ。 一体、どんな人物か気になりますね。 ここからさらにボンドルドについて深掘りしていきます! 黎明卿の由来 タグでご提案いただいたメイドインアビスのボンドルドです — 矮鶏EX chaboEX 「黎明卿」の2つ名を持つ白笛、「新しきボンドルド」。 その名前の由来は、「良き伝統も、探窟家の誇りも、丸ごと踏みにじって夜明けをもたらす」からだと、言われています。 数々の栄光も栄光も、そのやり方が前代未聞だったのです。 探窟のルート確保に邪魔な動植物がいたら、周りに誰がいようが容赦無く火を放ったり、深層の遺物や情報を独断横流し巨額のお金を手に入れたり、人体実験を繰り返したりとボンドルドは、アビスのためなら、人道から外れることを全く気にしません。 そのような性格のせいか、海外では、何らかの理由で指名手配されているようです。 しかし、賞金目当てに近づいた人間が全て行方不明になってしまっているところが、ボンドルドの不気味さをもの物語っています。 ボンドルドの人物像 非常な丁寧な話し方で、決して声を荒げることもない紳士然とした人物です。 しかしその本質は、目的をたっせいするためなら人命さえ使い潰すマッドサイエンティストです。 ボンドルド自身はあくまでも「人類の発展への貢献」のため、このようなことをおこなっているようですが、人体実験・環境破壊・その他どんな非人道的手段だろうが躊躇なく行うところは、まさに狂人と言えるでしょう。 ボンドルドの強さの元は遺物装備 数々の逸話を残しているボンドルドは実際かなり強いようです。 その強さの元となっているとも言えるボンドルドの武装をここでは紹介します。 月に触れる ファーカレス 腕の装置から発射される、触腕。 二級遺物「ファーカレス」で、できています。 装置から出る触腕は、原生生物の一部からできているため、この遺物の扱いはかなり難しいようで、ボンドルドは、何体もの「自分」を失って、扱いに慣れることができてます。 ボンドルドの探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」 ボンドルドに従う探窟隊は「祈手(アンブラハンズ)」と呼ばれています。 全員が姿や形は違えど仮面とスーツを装着しています。 不死身のボンドルド 私はボンドルド、アビスの探窟家『白笛』です。 — Gスロット geimu7 実はボンドルドは作中で主人公達に一度殺されてしまいます。 しかしそのあとすぐ近くにいた祈手(アンブラハンズ)がボンドルドの仮面を身につけることで、新しいボンドルドとして蘇ります。 そもそもボンドルドは普段から祈手に人格・意識を移せるようです。 こうなるとアビスの呪いも関係ありません。 不死身の秘密は精神隷属機(ゾアホリック) ボンドルドの不死身の秘密は精神隷属機(ゾアホリック)と呼ばれる特級遺物です。 自分を他人に植え付けて自分自身を増やすことのできる遺物ですが、自分の意識を混ぜたり増やしたりすると使った本人は発狂してしまうようです。 すでに狂っていると言えるボンドルドはこの遺物をうまく使いこなし、不死を実現しました。 常に死と隣り合わせのアビスの深層で、「不死身」であることは最強と言っても過言ではありません。 白笛は本来、一級遺物までしか所持が認められていないのですが、ボンドルドこの装置を隠し持っていることも頷けます。 元々のボンドルドはどこへ? 白笛の材料は人間からできるいますが、ボンドルドは自分自身を供物として白笛を生み出しました。 普通はこの時点でボンドルドの存在は消えるのですがゾアホリックによって克服しました。 白笛を手にいれるためとは言え手段を選ばないところがボンドルドらしいですね。 ボンドルドの愛娘、プルシュカ すでに、本体は存在しないボンドルドですが、プルシュカと言う娘が登場します。 倫理観が常人から逸脱してしまっているボンドルドですが、プルシュカからは「パパ」と慕われ、また自身も娘のことを慕っていることがわかります。 愛娘すら実験の道具 アビス語りとっても良かったー! アニメ関係のイベント初めてだったけど、かなり胸熱でした。 ラストはボンドルド卿を囲む子供達の体験ができましたね.. とりあえず心落ち着けないと帰れない! — satm satm16722696 アビス6層の呪いを受けると必ず死ぬと言われいます。 一方でボンドルドは強すぎる呪いの効果に隠された、別の効果がアビスには存在していると言います。 その効果をアビスの祝福、アビスの祝福とボンドルドは呼びます。 アビスの祝福をうけるには、他者との相互に愛し合うほどの深い精神的な繋がりが必要だとボンドルドは言います。 ボンドルドがプルシュカを大切に扱っていたのも最終的にはアビスの祝福を受けるためだったのです。 アビスの祝福を受けるボンドルド ボンドルドはアビスの祝福を受けるため、実はプルシュカ以外にも多くの子供と親子のような関係を気づいていたようでした。 その子供達を犠牲にすることでようやくようやくボンドルド自身がアビスの祝福をうけるまでに至ります。 その過程で多くの子供達が死んでいきます、もはや生きてるのか死んでいるかもわからない子供達の名前や夢までもしっかり覚えているほど愛情深いところにボンドルドの異常さ感じられます。 祝福を受けたボンドルドはもはや人の姿を超えてしまっていますが、絶大な力を得るのでした。 まとめ 以上、ボンドルドの正体や特徴を紹介してきました。 ボンドルドの異常さに嫌悪感を感じつつもまちがいなくメイドインアビスと言う作品を面白くしている一要素だと思います。

次の

【メイドインアビス】新しきボンドルドの全て!黎明卿の狂気と実力を紹介!【メイドインアビス】

ボンドルド 語録

常に仮面とスーツを身にまとった謎の人物。 たった10年程で、他の誰も突破できなかったルートの開拓や、アビス深層でも活動できる拠点確保等、停滞してた深窟技術を推し進めたようです。 これだけ聞くと、まるで英雄的な存在ですが、白笛オーゼンからは「筋金入りのろくでなし」と言われています。 白笛マニアのハボルグも実際にボンドルドと会った時のことを印象深く語っています。 俺も今までぶったまげるような原生生物や狂気に触れた探窟家連中に出くわしてきたがよ。 ボンドルドに会った時の印象はどれとも違った。 得体の知れない何かが仮面被ってヒトの真似事をしているんだ。 奈落に怪物がいるとするならおそらくああいうのを言うんだ。 一体、どんな人物か気になりますね。 ここからさらにボンドルドについて深掘りしていきます! 黎明卿の由来 タグでご提案いただいたメイドインアビスのボンドルドです — 矮鶏EX chaboEX 「黎明卿」の2つ名を持つ白笛、「新しきボンドルド」。 その名前の由来は、「良き伝統も、探窟家の誇りも、丸ごと踏みにじって夜明けをもたらす」からだと、言われています。 数々の栄光も栄光も、そのやり方が前代未聞だったのです。 探窟のルート確保に邪魔な動植物がいたら、周りに誰がいようが容赦無く火を放ったり、深層の遺物や情報を独断横流し巨額のお金を手に入れたり、人体実験を繰り返したりとボンドルドは、アビスのためなら、人道から外れることを全く気にしません。 そのような性格のせいか、海外では、何らかの理由で指名手配されているようです。 しかし、賞金目当てに近づいた人間が全て行方不明になってしまっているところが、ボンドルドの不気味さをもの物語っています。 ボンドルドの人物像 非常な丁寧な話し方で、決して声を荒げることもない紳士然とした人物です。 しかしその本質は、目的をたっせいするためなら人命さえ使い潰すマッドサイエンティストです。 ボンドルド自身はあくまでも「人類の発展への貢献」のため、このようなことをおこなっているようですが、人体実験・環境破壊・その他どんな非人道的手段だろうが躊躇なく行うところは、まさに狂人と言えるでしょう。 ボンドルドの強さの元は遺物装備 数々の逸話を残しているボンドルドは実際かなり強いようです。 その強さの元となっているとも言えるボンドルドの武装をここでは紹介します。 月に触れる ファーカレス 腕の装置から発射される、触腕。 二級遺物「ファーカレス」で、できています。 装置から出る触腕は、原生生物の一部からできているため、この遺物の扱いはかなり難しいようで、ボンドルドは、何体もの「自分」を失って、扱いに慣れることができてます。 ボンドルドの探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」 ボンドルドに従う探窟隊は「祈手(アンブラハンズ)」と呼ばれています。 全員が姿や形は違えど仮面とスーツを装着しています。 不死身のボンドルド 私はボンドルド、アビスの探窟家『白笛』です。 — Gスロット geimu7 実はボンドルドは作中で主人公達に一度殺されてしまいます。 しかしそのあとすぐ近くにいた祈手(アンブラハンズ)がボンドルドの仮面を身につけることで、新しいボンドルドとして蘇ります。 そもそもボンドルドは普段から祈手に人格・意識を移せるようです。 こうなるとアビスの呪いも関係ありません。 不死身の秘密は精神隷属機(ゾアホリック) ボンドルドの不死身の秘密は精神隷属機(ゾアホリック)と呼ばれる特級遺物です。 自分を他人に植え付けて自分自身を増やすことのできる遺物ですが、自分の意識を混ぜたり増やしたりすると使った本人は発狂してしまうようです。 すでに狂っていると言えるボンドルドはこの遺物をうまく使いこなし、不死を実現しました。 常に死と隣り合わせのアビスの深層で、「不死身」であることは最強と言っても過言ではありません。 白笛は本来、一級遺物までしか所持が認められていないのですが、ボンドルドこの装置を隠し持っていることも頷けます。 元々のボンドルドはどこへ? 白笛の材料は人間からできるいますが、ボンドルドは自分自身を供物として白笛を生み出しました。 普通はこの時点でボンドルドの存在は消えるのですがゾアホリックによって克服しました。 白笛を手にいれるためとは言え手段を選ばないところがボンドルドらしいですね。 ボンドルドの愛娘、プルシュカ すでに、本体は存在しないボンドルドですが、プルシュカと言う娘が登場します。 倫理観が常人から逸脱してしまっているボンドルドですが、プルシュカからは「パパ」と慕われ、また自身も娘のことを慕っていることがわかります。 愛娘すら実験の道具 アビス語りとっても良かったー! アニメ関係のイベント初めてだったけど、かなり胸熱でした。 ラストはボンドルド卿を囲む子供達の体験ができましたね.. とりあえず心落ち着けないと帰れない! — satm satm16722696 アビス6層の呪いを受けると必ず死ぬと言われいます。 一方でボンドルドは強すぎる呪いの効果に隠された、別の効果がアビスには存在していると言います。 その効果をアビスの祝福、アビスの祝福とボンドルドは呼びます。 アビスの祝福をうけるには、他者との相互に愛し合うほどの深い精神的な繋がりが必要だとボンドルドは言います。 ボンドルドがプルシュカを大切に扱っていたのも最終的にはアビスの祝福を受けるためだったのです。 アビスの祝福を受けるボンドルド ボンドルドはアビスの祝福を受けるため、実はプルシュカ以外にも多くの子供と親子のような関係を気づいていたようでした。 その子供達を犠牲にすることでようやくようやくボンドルド自身がアビスの祝福をうけるまでに至ります。 その過程で多くの子供達が死んでいきます、もはや生きてるのか死んでいるかもわからない子供達の名前や夢までもしっかり覚えているほど愛情深いところにボンドルドの異常さ感じられます。 祝福を受けたボンドルドはもはや人の姿を超えてしまっていますが、絶大な力を得るのでした。 まとめ 以上、ボンドルドの正体や特徴を紹介してきました。 ボンドルドの異常さに嫌悪感を感じつつもまちがいなくメイドインアビスと言う作品を面白くしている一要素だと思います。

次の