ご教授いただく 例文。 「ご教示ください」の意味と使い方や読み方!メール例文(目上や上司向け)を使って解説!

「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

ご教授いただく 例文

また取引先とのやりとりの中で、内容や手順、状況、対処の方法などを聞きたいときにも使われることがあります。 上司やクライアントなどとの日程調整で相手のスケジュールを聞きたいときも使うことが可能です。 ご教示願いますやご教示くださいは、メールなどでの書き言葉として使われることが多く、話し言葉ではお教えください。 ご指導をお願いいたします。 などが適切でしょう。 「ご教示願います」を使った例文をいくつか紹介します。 実際にビジネスメールなどを送る際に参考にしてみてください。 <例文> ・経費申請書の書き方を、お手すきでご教示願います。 ・〇〇のプランに申し込む場合の手順について、詳細をご教示いただければと思います。 ・貴社のご都合がつく日程を、いくつかご教示いただけますと幸いです。

次の

「ご教授いただく」の意味と使い方・「ご教示いただく」の違い・類語

ご教授いただく 例文

謙譲語とは相手に敬意を払い自分が遜った表現になりますので、「〇〇さんに教えていただきました」「〇〇について教えていただけますか」など誰かに教えてもらった報告や相手に教えてもらいたい時などに用います。 「いただく」は漢字で「頂く」「戴く」とも書きますが、何かをしてもらう補助動詞として使う場合はひらがなの「いただく」を使います。 「頂く」は「食べる・飲む」の謙譲語として自分が食べたり飲んだりする場合「お茶を頂く」「食事を頂く」といった使い方をし、「戴く」は相手から貰い物などをした際に「菓子折りを戴く」「お歳暮を戴く」といった使い方になります。 「お~いただく」という謙譲語の表現は「お教えいただく」以外にも、「お話いただく」「お聞きいただく」など謙譲語のパターンとして多く使われる表現です。 使い方としては「お教えいただけますか」「お教えいただけると幸いです」などになります。 「教えていただく」「お教えいただく」とも何かを教えてもらいたい場合などに、教えてもらえる事はありがたいといった意味を込めて「いただく」を使います。 教えてもらうの敬語と合わせて「読んでください」の敬語も知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 「読んでください」の正しい敬語を紹介しています。 「ご教授いただく」は専門的な知識を持つ目上の方や上司に教えを授かりたいといった場合に、多く用いられる表現です。 目上の方や上司に対して、敬意を表して教えてもらいたい場合などに使います。 「教示」は教えを示すという意味で「ご教示(きょうじ)いただく」は、目上の方や上司に手順や方法を指導してもらいたい場合などに多く使います。 ご教授くださいの意味を詳しく知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ご教授くださいの意味やメールの使い方を紹介しています。 教えてもらうの敬語の使い分け方やポイント1つ目は、日常的な会話で使う場合です。 日常会話で相手に何かを教えてもらう場合は、ご教示やご教授を用いると少し堅苦しいイメージになるので、「教えていただけますか」や「お教えいただけますか」などの使い方の方が多くなります。 ある案件に関して手順や方法を指導してもらいたい、内容を教えてもらいたい場合などは「ご教示いただけますか」や「ご教示いただけると幸いです」といった使い方をします。 ビジネスメールでも多く使われる表現で、目上の方や上司に教えや指導を乞いたい場合には「ご教示」という言葉が多く用いられます。 専門的な内容や専門的な技術を教えてもらう場合や、長期に渡って教えを乞いたい場合は「ご教授いただけますか」や「ご教授いただきたく存じます」を用います。 教授は大学教授や名誉教授など教育機関や研究機関などの高位の職階になりますので、「ご教授」を使う事で相手に対しての尊敬の意を表して使われる事が多くなります。 ビジネスシーンで教えてもらう場面は度々訪れます。 時間を割いて教えてもらったわけですから「~について教えていただき、大変ありがたく存じます」や「~についてご教示いただき、とても助かりました」などのお礼のメールを送る事も大切です。 相手のスケジュールや都合のいい時間帯を知りたい場合は、「ご都合を教えてください」や「ご都合を教えていただければ幸いです」といった使い方をします。 スケジュール調整をしたいので、ご都合をお教えください 引用元: career-picks 自分の都合がつかない場合の敬語の使い方を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 都合がつかないの敬語や都合がつかない場合のビジネスメールを紹介しています。 「教えていただけますか」でも問題ありませんが「ご教示いただけますでしょうか」といった言い方の方が目上の方や上司に送る場合は相手を敬った言い方になります。 明日の打ち合わせの詳細について、ご教示いただけますでしょうか。 「教えてください」や「教えていただけますか」でも間違いではありませんが、教えてもらえるかまずおうかがいする文言にするとより丁寧な言い方になります。 新商品の機能について、ご教示いただきますようお願い申し上げます。 方法や手順の場合は「ご教示」を用いて、「ご教示いただきたく存じます」や「ご教示いただけますでしょうか」といった使い方をします。 これも時間を割いて教えてもらう事になるので、「お忙しいところ恐縮ですが」や「お手数をおかけいたしますが」など時間を割いてもらう事に対しての配慮の言葉を加える事も大切です。 教えてもらえると助かるという意味で伝えたい場合、ビジネスシーンではありがたいという意味を持つ「~いただけると幸いです」という言葉を多く用います。 教えてもらえると助かると伝える場合は「ご教示いただけると幸いです」や「ご指導いただけると幸いです」といった言い方になります。 ご指導も教え導いて欲しいという意味になるので、「お教え」や「ご教示」に変わって「ご指導」を使っても、同じような意味になります。 先日お願いしたミーティングの件、ご都合のよい日時をご教示いただけると幸いです。 引用元: マナラボ ありがたいの敬語を知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 ありがたいの敬語のビジネスメールやありがたいの類語を紹介しています。 誰から教えてもらったか伝える際、教えてくれた相手が目上の方や上司などの場合は「ご教示いただきました」「ご教授いただきました」といった文言を使います。 「教えていただきました」でも間違いではありませんが、ご教示やご教授を使う事で教えてもらった相手に敬意を持っている事も伝わります。 専門的分野について教えてもらう場合は「ご教授」を使い、さらに目上の人からいただくという意味を持つ「賜る」をつなげる事でより丁寧な言い方になります。 ぜひ〇〇先生に、本件につきまして歴史的な観点からのご教授賜りたく存じます。 長期間に渡って教えてもらう、教えてもらった場合は「ご教授」を使います。 長い間教えてもらったお礼の場合は「長い間ご教授いただきありがとうございました」、引き続き教えてもらいたい場合は「末永くご教授いただければ幸いです」などの文言になります。 今後とも末永くご教授いただければ幸いです 引用元: 英語部 上司や目上の方に送るビジネスメールをもっと知りたい場合は、下記の記事も参考にして下さい。 上司や目上の人のビジネスメールの書き方を紹介しています。 例えば誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がお教えいたします」といった使い方になります。 しかし教えるという行為は教える側の立場が上のようなイメージになってしまうので、敬語として間違いではありませんがシーンによっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。 その為この後紹介していきますが、「ご説明」や「ご案内」といった別の言葉を用いて伝える方が柔らかい印象になります。 先に紹介したシーンのように誰かわかる人はいないかなどと問われた場合、「〇〇については、私がご説明させていただきます」とご説明に置き換えるだけで失礼のない言い方になります。 また場所などを尋ねられた場合も、「私がお教えいたします」より「私がご案内させていただきます」の方が遜った言い方になるので印象が良くなります。 ビジネスシーンでも相手から依頼があり何かを教える場合「ご説明させていただきます」「ご案内させていただきます」に置き換えて伝える事が多くなります。 もっと詳しく正しい敬語について知りたい場合は、敬語の正しい敬語の使い方や敬語の必要性など詳しく動画で紹介されているのでぜひ参考にして下さい。 教えてもらう時は丁寧な敬語で伝えよう ビジネスシーンで何かを教えてもらう場合は、相手に時間を割いてもらう事になるので丁寧な敬語で伝える事が大切です。 また教えてもらった後は感謝の気持ちもしっかり伝えるようにしましょう。

次の

「ご教授ください」の意味と使い方と例文!「ご教示」との使い分け

ご教授いただく 例文

わからないことを教えて欲しい時や確認したい時などによく目にする「ご教示ください」。 「ご教示ください」とはビジネスメールなどでよく使われる言葉ですが、「ご教示ください」の読み方や意味と使い方を正しく理解して、使えていますでしょうか? 「ご教示ください」に似た言葉で「ご教授ください」がありますが、「ご教示ください」と使い方や意味に違いがあるのでしょうか? ビジネス上の言葉には、何となく使ってしまう言葉があるかと思いますが、読み方や正確な意味を知らずに使うと失礼にあたってしまう場合があります。 目上の方や上司、取引先に対して正しい意味を理解して使い分けられるように、例文と合わせてチェックしていきましょう。 今回は『ご教示くださいの読み方』、 『ご教示くださいの意味と使い方』、 『ご教示くださいの目上の方、上司へのメールの例文』などを解説していきたいと思います。 Topics• 「ご教示ください」の意味や使い方、読み方 「ご教示ください」のご教示とは、「ごきょうじ」と読みます。 尊敬語の「ご」+「教示」で「ご教示」になり、「教示」は、知識や方法などを教え示すことを意味します。 何か物事を教えてもらいたい時に「教えて下さい」を使いますが、この言葉に対する敬語的な表現が「ご教示下さい」、「ご教示願います」となります。 ビジネスで使われる場面としては、「教示」は知識や方法が対象となっている言葉なので、ものの使い方や書き方、対処の方法がわからない時などに使います。 例えば、書類の書き方がわからない時や仕事の内容や状況、対処の方法などを聞きたい時に使われることがあります。 また、会議や打ち合わせの日程調整で相手の都合をを確認したい時にも使うことが可能です。 「教えて下さい」も丁寧語ではありますが、ビジネス上のやり取り、特に上司や目上の方、取引先などに対しては、「ご教示」を使うようにしましょう。 「ご教示ください」や「ご教示願いますは、基本的にメールや手紙などで使われることが多い書き言葉です。 しゃべり言葉で使ってはいけないわけではありませんが、堅苦しく感じる人もいらっしゃるので、あまり使わない方がよいでしょう。 「ご教示ください」の上司や目上の方へのメールの例文 「ご教示ください」を使ったメールの文例をいくつかご紹介します。 明日のスケジュールをご教示願います。 申請書の書き方をご教示ください。 来週の会議の詳細をご教示お願い致します。 ただし、上司や目上の人、取引先へは、「ご教示ください」、「ご教示願います」よりも、より丁寧な言葉遣いとなる以下のようなフレーズを使うことをおすすめします。 ご教示いただければと存じます。 ご教示いただきたく存じます。 ご教示いただければ幸いです。 ご教示くださいますようお願い申し上げます。 ご教示くださいますよう、よろしくお願い致します。 ご教示いただきますよう、よろしくお願い致します。 ご教示いただきますよう、何卒よろしくお願い致します。 ご教示のほどお願い申し上げます。 【スポンサードリンク】 「ご教示」してもらった時のお礼・返事 「教えてください」」と目上の人などに質問やアドバイスをお願いしているのですから、お忙しい中、返答下さった上司や先輩には、素早くお礼のお返事を忘れないようにしましょう。 お忙しい中ご教示いただきまして、ありがとうございます。 と 回答やアドバイスをもらったら、すぐにお礼をするのが社会人としての最低のマナーです。 「ご教示ください」の類語 教えてほしい時に使う「ご教示ください」の類語・類義語となる言い換えの表現をご紹介しておきます。 ご教示とは別に、目上の人や取引先の人へ、ものごとを尋ねるときに使う敬語表現には、メールや書面の場合は、「お教えください」、「ご指導ください」などの言い換える言葉があります。 また、電話口や対面での会話の場合は、「教えていただけませんか」、「ご指示ください」、「お教え願います」などがありますので、使う相手に対して使い分けするようにしましょう。 「ご教示の程」 で使う「程」の意味 「ご教示の程よろしくお願いいたします。 」などと書く事も多いと思います。 「ご教示の程」「ご指示のほど」「ご確認の程」で使う「程」の意味は何か大事な意味があるのでしょうか? 実は、「~ほど」という言葉は、断定を避け、言い方や表現を柔らかいイメージにするために使われる言葉です。 「〜のほど」は相手に何かを依頼するときや何かをしてもらうときに使います。 敬語表現を持つ言葉なので、敬意を表しますが、どこかワンクッション置いて使っていることが多いようです。 和らげて物事をお願いする表現であり、敬語に変わりはありません。 「ご教授ください」とは?ご教示とご教授の意味や違いについて 「ご教示下さい」と混同しやすいもう一つの言葉として、「ご教授下さい」があります。 「ご教授いただきましてありがとうございました」という場合の「ご教授」は「ごきょうじゅ」と読み、「専門的な知識、学問・技芸を伝え教えること」という意味があります。 これは「教授料」や、先生を表す「教授」などと言えばピンと来るかもしれませんが、学校・学術の分野などに使う言葉です。 つまり学問や専門的な技術に関して使う言葉であり、学校や医者など大学関係者間で使う言葉として解釈した方がよいでしょう。 生徒と先生の間で使用する言葉はもちろんですが、先生同士でも使うことが多いです。 専門的な事柄を何年も掛けて教えを乞う事に対して使う言葉となります。 「ご教授」という言葉は、何かを研究されている方や技術を磨いている人に対して使う言葉であり、一時では知り得ない、長期的に教えてもらう情報を対象とします。 ビジネス上のやり取りで、相手に「何かのやり方や使い方」など聞いたらすぐに知ることができる情報や方法を聞く場合には、「ご教示」を使いましょう。 もし、「ご教授」をビジネス上で使ってしまうと、長期に渡りスキルや知識教えてもらうというニュアンスになってしまいますので、注意が必要です。 「ご教示ください」の英語表現 上司や目上の方にお願いする時の丁寧な表現です。 」という表現になります。 I would appreciate it if you could give me advice on how to make an effective presentation material 効果的なプレゼンテーション資料の作り方を教えていただけますでしょうか。• 販売計画の作り方についてアドバイスいただけますでしょうか。 以下は、同僚の方への丁寧なお願いの仕方になります。• Is it possible to〜 Is it possible to let me know the current status of this project. プロジェクトの状況を教えてください。• Could you〜 Could you explain about the details of this market. マーケットの詳細について教えてください。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「ご教示」は「知識や方法などを教え示すこと」を意味し、「ご教示下さい」は「教えて下さい」の敬語表現でした。 また、「ご教授ください」は、「専門的な知識を教えること」を意味していましたね。 音は似ていますが、「ご教示」と「ご教授」には明確な違いがあります。 「ご教示」と「ご教授」の誤用は、マナー以前に自らの無知さを露呈することになってしまいますので、この機会にしっかりと違いを理解して使えるようにしたいですね。

次の