小野 高校。 高校女子4×100mリレー決勝 (1着 小野高校 *大会新) 兵庫リレーカーニバル 2019.4

小野泰輔の経歴や高校は?妻と子供が3人の父!東京都知事選候補者・維新推薦│ざとれんのちょこっと言わせて〜ブログ

小野 高校

正門 兵庫県内で古い歴史を持つ伝統校の一つである。 毎年卒業生のほぼ全員が大学に進学する。 小野市の中心部に位置し、より徒歩3分の距離にある。 旧小野藩の藩校跡地にあり、戦前は旧制の小野中学校であったが、戦後、に小野高等学校と改称した。 また、柳桜高等学校を統合してより男女共学となる。 当初はとを有していた(家政科は後に廃止)。 に商業科、に国際経済科が設置(現在は2つが統合して計2クラス(80人))。 頃より普通科内に1クラス、40名の理数コースが設置されていたが、より後述の事情により募集を停止、等を大幅に変更した「科学総合コース」が設置されて現在の科学探究科に至る。 特色と校風 [ ] では、、、、、、、に続く進学校であり、難関国公立大学や有名私立大学へ例年多数が入学する。 伝統的に国立大志向が強い。 近隣にまともな予備校が無い環境なため現役進学が多い。 文武両道を重んじ、各種の部活動も盛ん。 政治家、学者、財界人、作家、プロ野球選手、アナウンサー、音楽家など、多様な人材を輩出している。 沿革 [ ]• (13年)5月 - 5郡 加東・美嚢・多可・加古・明石 連合の公立小野中学校設立。 (明治18年)3月 - 公立姫路中学校との統合のために廃校。 なお、最後の1年間は天皇機関説で有名なも通っていた。 (明治35年)• 4月1日 - 校名を兵庫県立小野中学校として開校。 5月1日 - 第1回入学式挙行。 この日を創立記念日と決定。 (23年)• 4月1日 - 昭和22年法律第26号により兵庫県立小野高等学校と改称。 7月1日 - 高等学校再編成(男女共学)に伴い、兵庫県立柳桜高等学校 旧称:兵庫県立小野高等女学校 と共学が始まる。 (昭和24年)4月1日 - 兵庫県立小野高等学校・兵庫県立柳桜高等学校統合、学区制実施。 第1学年は普通科3学級(150人)および家庭科1学級(50人)。 (昭和25年)4月1日 - 商業科1学級設置。 (昭和28年)5月1日 - 創立50周年記念式挙行。 現在の校歌が制定される。 (昭和29年)11月1日 - 応援歌制定。 (昭和38年)4月1日 - 家庭科を家政科に名称変更。 (昭和55年)3月16日 - 商業科創設30周年記念式挙行、創立80周年・校舎全面改築竣工記念式挙行。 (昭和60年)3月31日 - 家政科廃止。 (昭和61年)4月1日 - 普通科に理数コースを1学級設置。 (昭和63年)5月11日 - 「蜻蛉の庭」完成。 (4年)10月10日 - 創立90周年記念式挙行。 (平成5年)4月1日 - 国際経済コースおよび情報会計コース(類型)設置。 (平成6年)5月7日 - 「柳桜の庭」完成。 (平成7年)4月1日 - 国際経済科1学級設置。 (平成9年)• 2月16日 - 商業科・国際経済科推薦入試制度開始。 4月1日 - 普通科1学級増。 (平成14年)• 4月1日 - 普通科1学級減。 10月13日 - 創立100周年記念式挙行。 11月29日 - 「百周年記念館」(愛称:蜻蛉ホール)寄付受納。 (平成15年)• 3月24日 - 図書館の増改築工事完了。 4月1日 - 理数コース募集停止、代わって普通科の中に科学総合コース1学級設置。 (平成17年)4月1日 - 普通科1学級減。 (平成24年)10月27日 - 創立110周年記念式典挙行。 (平成31年)4月1日 - スーパーサイエンスハイスクール SSH の指定を受ける 令和5年度まで。 (2年)4月1日 - 普通科科学総合コースを募集停止、代わりに科学探究科を設置。 商業科と国際経済科を統合し、ビジネス探究科に改編。 基礎データ [ ] 所在地 [ ]• 西本町518番地 通学区域 [ ] 普通科のみ学区制が適用され、科学探究科とビジネス探究科は県下全域から出願できる。 第3学区• 象徴 [ ]• 「校是」として「明き、浄き、直き誠の心」が掲げられており、これは「蜻蛉魂」としてまとめられる。 校章はの形をしており、前身である旧制小野中学の「小」「中」の文字をたてにあわせて書くと丁度トンボのように見えることに基づいている(この旧制小野中学の校章は、同じ小野市内にある市立小野中学校にも同じ形で引き継がれている)。 校歌は50周年記念事業の一環として昭和27年に完成したものである。 旧制中学の校歌「神代の姿」に代えてつくられたこの校歌は、作詞・藤村作、作曲・福井直秋による。 1954年には応援歌歌詞が当時の生徒から公募された。 応援歌は、作詞・国井立志、作曲・村山貞雄による。 を挟んで隣にあるとチャイムの混同を防ぐために、小野高校では独自のチャイムが採用されている 名称不明。 部活動 [ ] は重要な試合の直前などを除けば、原則として試験前1週間と試験期間は活動が停止される。 中間試験や期末試験は一日2から3時限のが4日から5日程度にわたって続くため、すべての部は試験があるごとに2週間程度活動ができない。 しかし例外として試験中、もしくは直後に試合が控えている場合、試験中であっても練習が認められている。 運動部 [ ]• 部(男女)• 部(男女)• 部(男女)• 男子部 硬式・女子部員の在籍もできる• 部(男女)• 部 文化部 [ ]• 研究部 部活動成績 [ ] 野球部• 2018年:第100回全国高等学校野球選手権記念西兵庫大会 ベスト4• 2019年:第101回全国高等学校野球選手権兵庫大会 ベスト8 水泳部• 2005年〜2013年近畿大会9年連続出場。 2010年:インターハイ 沖縄インターハイ 女子200m個人メドレー出場。 2012年:インターハイ 北信越かがやき総体 女子100m平泳ぎ、女子200m平泳ぎ出場。 2017年:インターハイ(南東北総体)男子1500m自由形出場。 サッカー部• 1990年:兵庫県サッカー新人大会優勝。 2007年:兵庫県サッカー新人大会優勝。 商業研究部• 2006年:全商が主催する商業大会全国大会出場。 放送部• NHK主催、NHK杯全国放送コンテスト24年連続全国大会出場。 2002年〜現在 15年連続兵庫県総合優勝中。 (15年連続兵庫県最優秀学校賞)• 2002年朗読部門全国優勝。 文部科学大臣賞受賞。 2004年TVドラマ部門全国優勝。 文部科学大臣賞受賞。 2007年アナウンス部門、史上初の決勝進出。 全国4位。 2008年TVドラマ部門全国優勝。 文部科学大臣賞受賞。 2008年ラジオドラマ部門全国優勝。 文部科学大臣賞受賞。 2008年ラジオドキュメント部門、史上初の決勝進出。 全国3位。 2009年ラジオドラマ部門全国優勝(2連覇)。 文部科学大臣賞受賞。 2009年ラジオドキュメント部門、2年連続の決勝進出。 全国3位。 2010年ラジオドラマ部門全国優勝(3連覇)。 文部科学大臣賞受賞。 2010年アナウンス部門、決勝進出。 全国4位。 2011年ラジオドキュメント部門、決勝進出。 全国2位 準優勝。 2012年ラジオドキュメント部門、決勝進出。 全国3位。 2012年TVドキュメント部門、決勝進出。 全国3位。 2012年TVドラマ部門、決勝進出。 全国2位 準優勝。 2013年朗読部門、決勝進出。 全国2位 準優勝• 2013年TVドラマ部門、決勝進出。 全国2位 準優勝。 2015年アナウンス部門、決勝進出。 全国4位。 2015年朗読部門、決勝進出。 全国4位。 2016年アナウンス部門、2名決勝進出。 1名 全国第1位 全国優勝、文部科学大臣賞受賞。 もう1名は全国第4位。 2018年アナウンス部門、2名決勝進出。 1名 全国第2位 全国準備優勝。 もう1名は全国第4位。 空手道部• 2016年空手道全国高校選抜大会出場 男子バレーボール部• 平成30年度近畿高等学校バレーボール優勝大会出場• 第71回近畿6人制バレーボール高等学校男女選手権大会出場• 平成28年度近畿高等学校バレーボール優勝大会出場• 第69回近畿6人制バレーボール高等学校男女選手権大会出場 学科 [ ] 2008年度までは全学年8クラスで、1,2,3と数字でクラス分けされていたが、2009年度からは、62,63回生普通科の文理の人数が同じになってきたため普通科が6クラスになり、また、各クラスA〜Iで呼ぶことになった。 最近は理系のほうが文系よりも人数が多い。 文理選択は1年生の秋から冬にかけて担任との面談等も踏まえながら希望を調査し、来年度のクラス分けに反映される。 文系はさらに3年生に進級する際、文文と文理という2つのコース分けがされる。 おおまかにいえば文文は受験を目指す生徒、文理は受験を目指す生徒という分類であり、文文は3年生時に系の授業がない(授業選択によっては理数系も習う)。 科目選択として、文系はまたは、理系はまたはのどちらかを選ぶことになる。 理系は受験科目としての地歴公民科は例年 理系でを選択することも可能だが希望者が少ない為開講されない に統一されている。 旧理数コースとは異なり、科学総合コース・科学探究科の場合はの選択も可能である。 文系の『時事英語』は、3年次より始まるもので、週3であるが、英語のと文法事項を合わせたような内容になっている。 また、今なおの根本的な変更がままある。 1年時より、他の普通科とはやや異なる方針と時間割で進められている。 必須・受験科目に加え、国際問題など現実的な問題に対する考えや姿勢を育てるため、様々なセミナーやフォーラムを組み込んだり授業したりしている。 尚、昔は文系でも数学III・Cまで授業を行っていたが、現在は行われていない。 一方理系は、旧理数コースと大して変わらないカリキュラムのためか、文系より安定した計画の下、授業が組まれている。 [ ]その代表的な課目である、『』は、3年次より始まるもので、週2単位である。 高校数学ではそれほど深くまで習わないような内容まで掘り下げて学んでいく科目である。 文理共通の科目に、『探究』というがある。 1年次に、の書き方、ミニ論文の作成を行い、2年次に本格的に各自で設定した課題の研究に入る。 しかしながら、大体は指導教諭が先に設定した課題から選択してグループで研究をするという形式になっている。 [ ]2年生の3月には、1年生の科学総合コースの生徒、各中学校の教諭、来年次の科学総合コースに合格した生徒のうち希望者、、地域住民を前に研究発表会を実施する。 その後3年次の1学期で探究の授業は終了し、その間に研究をまとめて論文を作成、1冊の本にする。 2020年度より科学探究科として普通科から独立した。 商業科として全国の商業学校が取得を目指している検定は7つあり、検定1級 、1級、 全商情報処理検定1級 、商業経済検定1級、 1級、 1級 、 1級である。 7冠を遂げたものは学校長から学校表彰や、全商などから表彰状が授与されるが、ほぼ毎年7冠達成者が1名から2名いる。 また、日本で初めて7冠(当時は9冠といっていた)を取得したのも小野高等学校商業科(98年3月卒業)の生徒である。 また商業科の生徒は、二年生になるとインターンシップがあり自分でお世話になる企業を決め、自ら取引を行い、価格を決める。 売れ残ったら自分たちで買うという特典つきである。 2020年度より商業科と国際経済科が合併し、ビジネス探究科となった。 同科には以下の3コースが設定されている。 マネジメントコース 商業科の学びを継承• グローバルリーダーコース 国際経済科の学びを継承• コミュニティデザインコース 地域活性化・商品開発に挑戦 小野高校での生活 [ ] 日常生活 [ ]• 移行による授業時間の減少を避けるため、平成14年度より45分7時限授業を実施していたが、さらに改善を加え、平成25年度からは50分6時限授業(月・木曜日は7時限目まで)を実施している。 朝は8時20分から始まるに出席することが付けられ、それ以前にも小等がほとんど常に行われているため生徒の朝は早い。 それでも遅刻する生徒は一日あたり0. 8人程度という少なさを誇っている 2008年度は0. 3人という最小記録となった。 生徒の出身地はを中心に地区全体に広がっているが、第3学区の最北端で、公共交通の不便な加美区、八千代区からの進学者は極めて少ない。 学校へ自転車で通学するには自宅から学校までの距離がおよそ1. 5km以上離れていなければならない(2005年には自転車置き場が余っているため、1. 5km以下でも申し出れば自転車通学が許可されるようになった)。 したがって、生徒の通学形態は、、、等がある。 テスト前などが休止されるため、これらのはが多くなる。 本数の少ないJRではこの傾向が顕著である 昼間の一部列車に充当される1両編成だと乗りきれないことがある。 は基本的にを持参している生徒が多いが、1階(体育館本体は2階)にある(正式名称は食堂ではなく多目的集会所)にも多くの生徒が訪れる。 食堂には日替定食・日替丼・うどん・オムライス・カレー・デザートなどがある。 食堂の外に設置されている自動販売機は紙コップと缶、紙パック、ペットボトルと様々な種類の飲料が揃っており、さらにはやも購入することができる。 の授業については、が整備されておらず、指定された教室にて更衣を行っている。 6時限の終了は15時00分(月・木曜日は7時限・16時00分終了)である。 最終時間は、17時50分から18時30分の間で変動する。 清掃 [ ] 生活三原則のひとつとして清掃を掲げており、学期末に行われる「」のほかに月に一度ずつ「全員清掃」の日を設定して、この日は掃除以外の者も加わって普段より念入りに掃除をする。 大掃除は体操服、全員掃除は制服で行う。 これらのため、は決して新しくないにもかかわらず、内部の清掃は比較的ゆきとどいている。 学業 [ ]• 課題考査や全員受験の(おもに進研模試)等を含めたテストはおよそ月に一回の割合で実施される 3年生は夏から冬にかけて校外模試を受験する機会が増えるので、さらに回数が増える。 定期考査は一週間に渡って実施され、1日2から3教科行われる。 また、2・3年生を対象にした校内模試が5月初旬に実施される。 夏休み等の長期休暇に出される宿題は「きちんと予定をたてて消化すれば終わる程度の量」とされるが、非常に量が多い。 塾や予備校に通っている生徒も多く、中には神戸や大阪まで通う者もいる。 補習は試験の点数や出席日数が足りないために行われるものの他に、とには生徒全員を対象とした補習も行われる。 夏休み補習は例年は1・2年生が7月21日頃〜31日までの約10日間、3年生が7月21日頃〜31日と8月20日前後〜31日頃までの約20日間となっている。 春休み補習は新2・3年生のみを対象とし、3月末に約1週間程度行われる。 これらの補習はのを先へ進めるために行われ、公欠者以外の全員が参加している。 さらに3年生は、6月の進研模試以降から90分間の放課後補習 全員参加 がある。 また、対策の授業を行う「希望補習」もあり、例年生徒一人一人がいくつか用意された補習から選択して、10月から2月にかけて受講している。 3年生は1月終了時点で正課のは終了し、2月は希望補習のみ(自由登校)となる。 進路 [ ]• 北播地域では随一の進学実績を誇る。 過去には1年間でに10名前後、に15名前後、に30名前後を輩出したこともあるが、近年これらの大学への進学実績は低迷しており、数名ずつの合格者を出すにとどまっている。 なお、2017年度入試では東京大学に推薦入試での合格者を輩出した。 難関国公立大学のほかをはじめとする有名私立大学にも例年多数の生徒が進学し、枠も多く保有している。 なお進学率の高さに比して医学部医学科への進学者は少ない傾向にある。 これは学部選択よりも大学名を重んじる伝統的な進路指導のあり方が大きく関係しているとされるが、理科系の成績優秀者の中には例年神戸大、徳島大等の医学部医学科へ進学する者もいる。 毎年前年度の卒業生が後輩へ向けて書いたメッセージを抜粋して紹介する小冊子「後輩の諸君へ」が全生徒へ配布される。 卒業生がこの冊子の原稿を書くのは3月が一般的であり、とくに普通科生徒は自分の受験のことのみを書いている場合も多い。 生活指導 [ ] 「生活三原則」として「挨拶励行、清掃徹底、時間厳守」を設定しており、また「食事、起床、就寝(または家庭学習開始)」の時間を固定する「三点固定」も生徒に要求する。 廊下・教室等で生徒以外の人(職員・来賓など)とすれ違う時はかならず挨拶をするようしつけられている。 施設 [ ] 校内の施設 [ ] 施設の名称にとにかく「蜻蛉(せいれい)」の文字が多いのが特徴である。 また校舎は増築や改築が繰り返され、全体的に階段や段差が多い。 さらに、ホームルーム教室は下駄箱から遠くに位置しているため、生徒を困らせている。 - 5階建ての本館 北棟 を中心として、商業棟、一年生棟 南棟 、管理棟と体育館がある。 一年生の国際経済科・商業科以外の生徒は一年生棟で生活する。 現在では、耐震工事のために一年生棟を3階建てから2階建てに改築された。 - 平成26年7月から平成27年3月まで本校舎の耐震工事のため線路側のテニスコートに仮校舎を建て、として使用していた。 - 二階建てであり、体育の授業や部活動が行われるのは2階で、1階は柔道場、剣道場、トレーニング室、食堂、2階は体育教官室が入っている。 基本的に、生徒の2階の渡り廊下の使用は禁じられている。 蜻蛉会館 - 同窓会会館。 2階はがついており、補習やのなどにも利用される。 蜻蛉ホール - 創立100周年を記念して2002年に完成した。 当初は仮称を「百周年記念館」とし、9月に生徒から正式な名称を生徒から募集した結果、校是にちなんだ「蜻蛉ホール」という名前になった。 空調設備が整えられ、体育や運動部の活動から、学年集会や講演会など様々な用途で使用されている。 また、2008年に可動式の客席が整備された。 蜻蛉の庭 - 本館と商業棟の間に位置する。 かつては初代・の木が立っていた。 ほぼ中心に通称ゴールデンボーイと呼ばれる男生徒を模した金色の像が立っている。 このゴールデンボーイは作製当時の美術部長であるという。 柳桜の庭 - 本館と体育館の間に位置する。 体育などで移動時のグランドへの通り抜けは禁止されている。 - 1階は図書室、2階は室となっている。 自習室は空調設備がある。 2003年4月に立て替えられ、2階自習室が整備された。 図書館一階の北西にある区画は一見立ち入り禁止だが、実はそうではなく、立て替えの際にお払い箱となった比較的古い書籍が集められている。 図書の貸し出しは、生徒なら年度初めにと同時に配布されるシールを利用して2週間5冊まで可能である。 返却期限が数ヶ月程度経過するとクラスを通じて文が手渡される。 - 屋上は立ち入り禁止である。 - 一般的な学校のトイレであるが、バリアフリーにも気を遣っており、車いす用のトイレもある。 2004年度女子トイレに「」が設置され、2005年度には女子トイレのほぼ全部が全自動式トイレになった(和式)。 2018年以降本館から順にトイレの更新工事が行われ、洋式トイレが多数導入されている。 - 主な運動部の部室はの北側に位置する。 2階建てで、1階は男子、2階は女子が使用している。 男子が2階に行くことは、暗黙の了解で禁止されている。 また、かつては、グラウンドの南東に文化部室が位置し、一部の運動部、文化部が使用していたが、2006年度に行われたグラウンド改修の際に取り壊され、現在は校舎の一階に移動した。 また部は、に併設するを、そのままとして使用している。 - の中ではとても小さい。 1周400mほど。 陸上競技部、野球部、サッカー部、ソフトボール部がひしめき合うように部活動を行う。 また、2014年にあるCMで使われたことでも有名である。 ウエイトルーム - グラウンドの西側に位置し、部活動で使用する。 器具は豊富である。 トレーニング室 - 体育館の1階に位置し、卓球部と空手部が主に使用する。 体育の授業にも使う。 - 物理の実験や部活動で使用する。 - 化学の実験や部活動で使用する。 - 生物の授業や部活動で使用する。 探究ルーム - かつてはだったが、先述の通り小野高校での理科の科目選択においては、化学と生物か物理という選択肢しかないため地学の授業はなく、2015年頃に設備を撤去して第3講義室に名称変更がなされた。 その後2020年に設備改良を行って現在の名称となっている。 主に科学探究科とビジネス探究科の「探究」活動の授業で使われる。 第3講義室時代まではギター部と天文部が部活動で使用していたが、現在は部活動での利用できなくなっている。 生徒会室 - 調理室から茶道室を挟んだ隣にある。 - 蜻蛉の庭の隣にあり、主に雨天時、部活動の為の場所として使われる。 また、集合場所として使われることも多い。 - 調理実習や部活動で使用する。 - コーラス大会の練習や授業・部活動で使用する。 - 美術の授業や部活動で使用する。 - 赤本など、進路研究のための資料が保管されている。 後述のスタディ・ルームと同様、自主学習も可能である。 - 学校専属のALTと、その授業を補佐する教師の待機場所となっている。 更衣室はである。 授業以外は部の練習場所(兼部室)として使用されている。 柔道場 - 部活動で使用する他に、で柔道実施時にも使用する。 - 部活動で使用する。 - グラウンドの南側に5面 うち1面はバレー部との兼用である 、西側に3面ある。 部活動で使用する他に、体育でも使用する。 室 - 商業棟2階にあり、普通科の学生が使用する。 度現在、全てMicrosoft Windows 7,8. 1である。 マルチメディア室 - 商業棟3階にあり、商業・国際経済科 75回生以降はビジネス探究科 の生徒が使用する。 度現在、全てMicrosoft Windows 10である。 理数研究室 - 成績処理等が行われるため、生徒の入室は禁じられている。 スタディ・ルーム - 二階職員室の隣にあり、生徒が自主的な学習をするために設けられている。 授業や補習の際に使用されるプリントなどがこの部屋を通じて配布されたり、課題の提出場所として指定されることも多い。 毎週行われる漢字テストが不合格になった時に課せられる漢字レポートや、数学課題の再テストもこの部屋に置いてある。 もとは会議室であり、現在でも時折職員会議が開かれたり、教育実習生の控室となったりしている。 校外近隣の施設 [ ]• 柳文堂書店 - 教科書・参考書販売店。 学校指定の教材はこの店で購入することがほとんどである。 雑誌等も豊富。 坂田書店 - 教科書販売店。 教科書が販売される時期以外はシャッターが閉まっている。 マツヤ・スポーツ - 体操服販売店。 多数の運動部のユニフォームも取り扱っている。 小野店 - 歩くには少し遠いが、商品が幅広く、多くの生徒に利用されている。 小野市立わか松幼稚園• こちらの通称は小野業• 小野商店街 - 800mあるアーケード。 イオン等の出店の影響により、人通りが少なくなってきている。 シャッターペイントに協力したり、小野陣屋まつり(2006年3月開催)のイベントで小野高校の生徒が楽器で演奏したりしていた。 (小野) - 弁当販売店。 休日の昼食時には多くの生徒が見られる。 高校生であればご飯の大盛りへの変更が無料になるサービスを続けている。 夏にはお茶を出してくれるサービスもある。 寿司ひまわり - 弁当販売店。 個人経営の寿司屋であるが、寿司以外のメニューがほとんど。 1度全焼したものの営業を再開。 小野本町店• 小野本町一丁目停留所• 岡村ゼミナール小野校• 小野駅前校• 代ゼミサテライン予備校小野駅校 おもな学校行事 [ ]• - 4月初旬に行われる。 転任・退職してゆく職員への敬意と感謝を示すため、生徒は二時間半程度の間起立して職員のことばを聞くのが通例となっている。 近年では離任する職員が生徒を座らせることが多い。 離任式は始業式に引き続いて行われる。 新入生歓迎遠足 - 4月10日前後に小野市のひまわりの丘公園で行われる。 なお、そこまで約4kmの道のりを歩いていく文字通りの「」である。 平成21年度までは鴨池公園で行われていた。 新入生が早く学校になじめるようにするため、縦割りのグループで行動することになっている。 目的地では、縦割りグループで遊んだり、校歌・応援歌を歌ったりする。 雨天の場合は校内での歓迎行事となる。 集団宿泊訓練 - 例年4月中旬に1年生を対象として行われている。 兵庫県にある嬉野台生涯教育センターで2泊3日の日程で行われる。 天候が良い場合は往路およそ15kmを徒歩で荷物を背負って移動する。 雨天の場合はバスで移動することになっている。 また、春休みの課題として出された「なぜ小野高校に入学したのか」と題する作文を元に班別にテーマを決め(合宿前から)討議し、その中からさらにクラスでのテーマを決め討議し、最後には学年での発表会を行う。 限られた時間内で隊形移動や隊形変換などの練習をクラスごとに行い、最終日に「集団行動コンクール」と名づけられた大会でクラスごとに披露し、順位をつけ表彰を行う。 教師は非常に厳しく生徒と接し、自己判断で行動することや、時間厳守などの基本を徹底する。 但し、70回生の行き先は嬉野台生涯教育センターから淡路島に変更された 嬉野台生涯教育センターの工事のため。 (蜻蛉祭) - 例年4月最終週の金・土曜の2日間に渡って行われる。 2日目のみ一般公開され、保護者やOBも含めて千人程度が訪れる。 各文化部が一年間の活動成果を発表するほか、各クラスがそれぞれ自分たちで考えて何らかの展示をするクラス展示も行われている。 文化部の発表の場として位置づけられており、出店などのようなものは一切ない。 ただし授業の一環として、商業・国際経済科の生徒による物販企画が例年行われている。 - 1学期および2学期の期末試験終了後に行われる。 クラス対抗でトーナメント形式の試合を行う。 1学期の球技大会は1〜3年生全員で行うが、2学期球技大会は3年生の大多数が受験勉強で多忙なため1・2年生のみで開催される。 トーナメント形式であるが参加クラスの少ない冬の球技大会では敗者復活戦も行われることがある。 例年はバレーボール、バスケットボール、ドッジボールに加えてソフトボール(夏)またはサッカー(冬)が一般的な種目である。 オープンハイスクール(夏) - 8月の中ごろに2日間にわたって実施されている。 - クラス対抗の点数制をとっている。 各クラスの生徒が担任を自由に仮装させてその独創性を競い合う「着付け競争」が名物であり、一般の人々も見ることができる。 他には、生徒会が競技を立案し、審判表彰まで自分たちの手で行うという「生徒会種目」や、クラス全員が参加して制限時間内で連続して跳んだ最高回数を競うという「大縄跳び」、1クラスから10名程度ずつ選ばれた選手が学年対抗で男女別総当りの綱引きを行うという文字通り「学年対抗綱引き」等がある。 3年生は実質的な最後の学校行事を楽しんで思い出づくりをし、2年生以下は上級生の団結力を見て奮起するという良い意味での刺激あふれる秋の風物詩となっている。 フォークダンスも行われている。 - 例年2月上旬に行われる。 毎年行き先が変わることが多く、主な目的地は+ ・・のいずれか もしくは鹿児島・種子島・屋久島となっている。 かつては北海道も行き先の一つだったが、現在はなくなっている 近隣の高校で新千歳空港の荒天のために修学旅行が取りやめになった事例があったためとされる。 各学年で旅行テーマを設定している。 クラス対抗の大会 エイサーや棒踊り なども用意されており、限られた活動時間の中で各クラス優勝に向けて練習を重ねる。 この時使用する太鼓は、生徒が各自自主作成する。 面も牛の皮から切り取って作るのでなかなか時間がかかる エイサーの場合。 耐寒訓練 - 2年生が修学旅行をしている間に行われる。 1年生が早朝、体力づくりの目的でグラウンド(男子400mトラック、女子300mトラック)を走る。 1日目は10周、2日目は11周、3日目は12周である。 体育の授業では冬になるとマラソンと縄跳びをするが、三年生のみは冬でもテニス、サッカー等他のスポーツを行う。 百人一首大会 - 一年生が二月ごろに行う行事。 クラス対抗で小倉百人一首をする。 最後に一番札を多く取った生徒を男女一名ずつ選び、男子にはを、女子には女房装束を着せて表彰する。 これらの和歌の暗記は一年生冬休みの宿題でもある。 大会 - 各クラス対抗で、生徒が作詞作曲した課題曲とクラスごとに選ぶ自由曲を歌い、順位をつける。 例年3月の期末試験終了後に行われるため3年生は参加しない。 会場は体育館であるが、保護者席を確保するために在校生は2年生のみ参加する。 これに先立って前日には卒業式予行(1年生も参加)がおこなわれ、卒業生に皆勤賞をはじめとする各種表彰が授与される。 同窓会組織(蜻蛉会)会員の日程をあわせるためこのとき卒業生の蜻蛉会入会式もあわせて行われる。 学校関係者と組織 [ ] 学校関係者組織 [ ]• 蜻蛉会 - 同窓会は「蜻蛉会」と呼ばれ、中学・時代からのをも含む。 生徒はと同時に蜻蛉会に入会するが、上に述べたように日程の都合上、よりも蜻蛉会入会式のほうが一日早く行われる。 学校関係者一覧 [ ] 出身者 [ ]• (法学者、憲法学者、政治家、東京帝国大学名誉教授。 公立小野中学校時代に1年だけ通っていた)• の司令官)• (自民党元衆議院議員、元有事法制担当相)• (作家)• (民主党前衆議院議員、メディアプランナー)• (民主党元参議院副議長)• (アナウンサー)• (元アナウンサー)• (契約キャスター)• (契約キャスター)• (アナウンサー)• (元アナウンサー、情報制作局ディレクター)• (元フジテレビアナウンサー)• (作家)• (女子硬式野球選手)• (小野市長)• (前三木市長)• (元阪神タイガース選手)(現・虎風荘荘長)• (元阪神タイガース選手)• 現名古屋大学総長• (早稲田大教育学部教授)(元NHK「ラジオ英語会話」講師)• (自民党衆議院議員) 脚注 [ ] [].

次の

小野高校(兵庫県)の偏差値 2020年度最新版

小野 高校

小野泰輔の経歴・職歴 小野泰輔さんは、2012年から熊本県の副知事を務めていました。 そして、2020年7月5日投票の東京都知事選挙に立候補しました。 小池百合子都知事の再選が確実視されていますが、そこに風穴を開けるために、小野泰輔さんは立候補したそうです。 皆様、一部報道でご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、私、小野泰輔は、来る7月5日に行われる東京都知事選挙に出馬することにいたしました。 本日16:00の記者会見を、YouTubeにて生中継しますのでご覧ください。 — 小野泰輔(おのたいすけ) taisukeono 「日本維新の会」が小野泰輔を推薦を表明しています。 ブログ更新:経験に裏打ちされた言葉と自信。 「強い候補」で闘いに挑める誇りと興奮 まだほとんどの都民には政策はおろか名前すら知られていない状態からのスタートですが、議論を交わせば交わすほど、マイクを握れば握るほど支持が広がる方だと確信をしています。 副知事は、「3期12年」務めました。 読み方:おの たいすけ 生年月日:1974年4月20日 出身地:東京都目黒区 出身高校:海城高校 最終学歴:東京大学法学部 職歴 小野泰輔さんは、 大学卒業後(1999年7月)、アイルランド系のコンサルティング会社「アクセンチュア」に就職しました。 アクセンチュアは、以前はアンダーセンコンサルティングと言う名前だった全世界で48万人以上の従業員がいる巨大な経営コンサルティング企業です。 2000年7月には、衆議院議員を1期務めた藤島正之さんの公設秘書になりました。 2002年8月に、名豊ファシリティーワークスに入社します。 名豊ファシリティーワークスは、建設の課題を解決するための支援をする会社です。 小野泰輔さんは、名豊ファシリティーワークスに、2008年4月に 熊本県政策調整参与に就任するまで勤めました。 2010年4月からは、熊本県政策参与。 そして、2012年6月に熊本県知事に就任。 2020年6月2日、東京都知事選挙に立候補表明。 アクセンチュア、公設秘書、名豊ファシリティーワークス、熊本県参与など、どの仕事も高いコミュニケーション能力が必要ですね。 小野泰輔さんは、たくさんの交渉で場数を踏んでいそうな気がします。 さんの投稿 お子さんは、小学生の息子さんと、未就学児の双子の娘さんがいます。 可愛い盛りですね。 まだ小さいお子さんがいる中での選挙戦は、かなり大変そうですね。 小野泰輔の政策 小野泰輔さんの都知事としての政策は、公式サイトにまとめてあります。 ちょっと驚いたのは、東京オリンピックに関しての政策です。 東京オリンピック・パラリンピックについて、2024年を視野に再び延期すると言う考えを記者会見で発表しました。 都知事になったら、パリ大会が予定されている2024年に東京大会を延期することをIOCや組織委員会と協議したい この発想はなかったですね。 ただ、4年後に延期となると、スポンサーの問題とか、施設の問題とか、大きな問題があり、実現は流石に難しいのではないかと思いました。 もしかしたら、小池百合子さんが再選へ向けて盤石な体制を敷いているので、小野泰輔さんは、逆に思い切ったことを言えるのかもしれません。 小池百合子さんは、パフォーマンスが上手な方なので、普通に戦ったら勝てませんからね。 東京都で、熊本県での仕事をアピールしても、都民にはなかなか響かないと思います。 ですから、いま東京都が抱えている問題の解決策を、1つ1つ丁寧に説明したら良いのではないかと思います。 昨日は高校の後輩に当たる日向大祐さんが訪ねて来られました。 世界的な大会で優勝されており、海外での公演経験も豊富な方ですが、来る2月28日に、熊本市現代美術館アートロフトで公演が予定されています。 私も子供を連れて行こうと思います! — 小野泰輔(おのたいすけ) taisukeono 小野泰輔さんは、2015年に肺腺がんを患い、治療後公務に復帰しています。 初期段階のガンだったということなのですが、医師に病名を告げられた時には、穏やかな気持ちではなかったと思います。 がんの告知を受けた人が元気になると、元気なうちに「やりたいことは全部やりたい」と思うようになると聞きます。 今回の都知事選の立候補もその流れのひとつなのかなと思ってしまいました。 ただ、小野さんのご家族は、心配しますよね。 暑い中の選挙戦ですから、体調には一番気をつけていただきたいです。

次の

小野高校

小野 高校

小野高校は、小野市にある公立の高校です。 通称は、「小野高」。 「普通科」とは別に「普通科科学総合コース」があり、このコースからは東京大学や京都大学といった難関大学へ毎年合格者を出しており、また医学部へ向かう卒業生もいます。 その他に「商業科」と「国際経済科」があり、1年生時から普通科目以外にもより専門的な分野においての学習をし、2年生以降は卒業後の実社会において役立てられる資格の取得を目指します。 部活動では放送部が高校放送コンテストの全国大会においてラジオドラマ部門やTVドラマ部門などで毎年のように優勝争いを演じており、優勝経験もあるなど高い実績を誇っています。 運動部においては水泳部や空手道部が強く、近年に全国大会への出場経験があります。 学校の1番のモットー「文武両道」をほとんどの人が実行しています。 確かに昔に比べると進学実績が微妙ではないか、と思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。 先生方も親身になって勉強を見てくれますし、友達も地域のトップの子が入学してきているので、たくさん教えてくれます。 地域でのネームバリューもあるので、地域の方も優しいです。 PTAの方や、親御さん達も熱心に参観日や学級懇談会などに参加している印象が強いです。 小野高校は学科によってはいろいろやってることが違います。 有名私大に入りたいなら、国経や商業で推薦を狙うのもあり。 国公立なら、普通科・科総に入るといいと思います。 もちろん、有名私大を目指す人もいいと思います。 医学部・理系の学部を目指すなら、科総です。 小野高校では、まず「こんな大学に行けたらな~」とビジョンを持って入ってくる子が多いです。 1年生の時にみんなよくオープンキャンパスにも行っていました。 進路は変わることがもちろんあると思いますが、良い選択肢を探すことが出来る学校です。 次のことも考えられる学校です。 市町村民税所得割額が30万4,200円以下の世帯の申請者に対して、全日制課程在学者は月額9,900円、定時制課程在学者は月額2,700円、通信制課程在学者は月額520円の支援金 公立高校の場合 を支給する「就学支援金制度」があります。 また、単位制の場合は、支給額が異なります。 部活 運動部 バスケットボール部、バレーボール部、陸上部、野球部、水泳部、柔道部、ソフトテニス部、剣道部、卓球部、サッカー部、空手道部、ソフトボール部、男子テニス部、ダンス部 文化部 放送部、生物部、茶道部、家庭科研究部、ギター部、化学部、華道部、囲碁将棋部、音楽部、物理部、吹奏楽部、美術部、書道部、文芸部、ビジネスライセンス部、ESS部、天文部.

次の