難波 八坂 神社。 合格祈願に!勝負運がUPする大阪のパワースポット難波八阪神社

難波八阪神社と坐摩神社

難波 八坂 神社

電車で難波八坂神社に行く 地下鉄御堂筋線・四ツ橋線ナンバ駅より徒歩6分 地下鉄御堂筋線・四ツ橋線大国町駅より徒歩7分 難波八坂神社の駐車場 神社の裏側あたりに約20台程度のスペースの駐車場があります。 神輿を中心に太鼓、獅子舞が巡行、地域の子供たちも参加し行列は100m近くに及びます。 *事前予約をすれば、一般の人でもこの船に乗ることが可能です(有料) 今回はグルメ情報ではありませんが、7月13日に行われた難波八坂神社夏祭り 道頓堀船渡御の様子です。 — CROWNCHEFS crownchefs とにかくめちゃカッコいい!! 本殿での結婚式内容 難波八坂神社の本殿では結婚式を執り行うことができます。 おみくじ種類と内容は? 難波八坂神社では、いろいろなおみくじがあり全部で5種類! すさのおのみことと、くしなだひめが結ばれたとしても有名な縁結びの神様がいて「恋みくじ」が人気です。 鯉と鯛のおみくじが並んでいますが左のものが、恋みくじになっています。 恋鯉守りの置物も付いていて、みくじは小さく折りたたまれてあります。 内容は星座や血液型などまで、詳細にわたって相性がいい相手を告げてくれます。 想い人がこれに当てはまっていたら結構テンションあがります! また、変わり種としては扇子みくじ。 普通のおみくじを、現代風にわかりやすく書かれています。 他にもだるまみくじなどもありますが、これは勝尾寺と同じものになっています。 社務所にも本来のおみくじをひくことができます。 1回200円になっています。 よくあるおみくじ箱から棒を引き出し、番号を告げるものになっています。 シンプルなものがお好みの方はこちらをひくといいでしょう。 御守りの種類は意外に少なめ 社務所の窓口に置かれていますが、おたまじゃくしと草履のお守りでどちらも500円です。 他にもあるかもしれませんが、見たところこの2つくらいのようでした。 難波八坂神社の巫女さんになってみる? この神社はとても人気のある所で、年末年始には大変多くの人が訪れます。 そこで、毎年時期になると巫女さんを大募集されています。 色々と条件はありますがサイトから履歴書をダウンロードできるので、興味がある方はチャレンジしてみては? 11月10日頃が締め切り日となっています。 平日や初詣の混雑状況は? 昼休みに難波八坂神社に初詣に来た。 週末は遠方から訪ねて来られる方や、外国人の姿もちょくちょく見られます。 年末年始や夏祭りになると、かなり混雑します。 が、やはり大阪の中心部。 それなりの参拝客で行列はできますが約20分くらいなので、「凄い混雑」とまではいきません。 夜になると目が光るのでインスタアップ兼ねて参拝にくる人が多いです。 初詣参拝時間:20時まで 初詣の屋台は? それほど多くはありませんが、いくつか定番の屋台が出店します。 フランクフルトやたこ焼き、りんご飴など昔からよくある内容のものです。 難波八坂神社のまとめ 大阪ならではの巨大な獅子殿が圧倒的な存在感をかもし出してます。 外国人の姿も多く、観光地としても人気があるスポット。 大阪らしい個性的な「獅子」に子供たちも大喜び間違いなし! アクセスも良く、難波に遊びに来たついでにふらっと立ち寄れる場所にあります。 色々なおみくじもあって面白いんだけど、どうせならこの獅子のお守りやおみくじがあったらと思います。

次の

難波八阪神社と坐摩神社

難波 八坂 神社

歴史 [ ] の時代、この付近一帯に疫病がはやりだしたところ、が現れたのでこれを祀ったのが当社の始まりとされる。 それ以来「難波下宮」と呼ばれており、一帯のとなった。 年間( - )の頃には牛頭天王を祀った神社として有名であり、の他十二坊の塔頭が並んでいた。 後の、により寺は廃絶し、(5年)にとなった。 (20年)3月13日・14日の第1回で社殿が焼失した。 現在の本殿は(昭和49年)5月に完成した。 本殿と同じく、1974年5月に完成した獅子殿という素盞嗚尊のを祀る大きな獅子の頭の形をした舞台があることで有名である。 祭神 [ ]• 主祭神 - 、、 境内 [ ]• 獅子殿 - 祭神:素盞嗚尊。 舞台も兼ねている。 社務所• 篠山神社 - 祭神:篠山十兵衛景義(地元の代官)。 主砲抑気具記念碑 - 戦艦陸奥の主砲の蓋が設置されている。

次の

難波八坂神社 大阪市浪速区元町

難波 八坂 神社

難波八坂神社 大阪市浪速区元町 難波八坂神社 大阪市浪速区元町2-9-19 南の鳥居 交通案内 難波駅 南西500m 祭神 素盞嗚尊、奇稲田姫命、八柱御子命 それ以外多くの神々 由緒 古来、難波下の宮と呼ばれていた。 仁徳天皇の御宇、難波の地に悪疫流行した時に、この難波の浦の万木森々たる所の松ノ樹に牛頭天王の霊地との文字現れ、ここに社を設けて大神を祭祀したと伝えられている。 また、姫路の広峯神社より京都の八坂神社へ勧請する際、神々がこの地に到着されたのでお祀りをしているとの地元の方の説明があった。 創建年代は不詳である。 元佛寺であり、七堂伽藍巍々として聳えて寺院十二坊を数えた。 今の大門坊深妙寺はその一である。 『摂津名所図会』には、「本尊は深沙大王を祭る。 これ多聞天の化現なり。 」とある。 さて、五十猛命をお祀りしている神社を紹介する試みのこのページに、五十猛命もその一神である八柱御子をまとめて祭神としている神社を入れると、その数は相当に増加する。 選定基準を明確にしておく必要があるのだが、大阪、京都あたりは近場でもあり、五十猛命を祀る神社が少ない事もあるので、取り上げることとした。 五十猛命の神徳より素盞嗚尊の神徳で祀られている場合の方が多いので、五十猛命を奉ずる人々の歴史を知っていくには、寄り道となる。 大獅子殿 お姿 大阪南の町衆が神社造りをすればこの様になると思われる典型的雰囲気の神社である。 古来、綱引きや獅子舞が盛んに行われていた祭り好きの人々はついに大獅子殿を建ててしまったのである。 なやみごと、やくよけはこちらで祈願しましょうと神社のパンフレットにも書かれている。 画面の左隅の人々や自動車と比べてみて下さい。 拝殿 拝殿の両側には大きい石碑があり、素盞嗚尊が神剣を獲られた事、和歌を初めて詠まれた事を称えている。 境内には木々が多く、難波の町中に当たるが、やはり神域は落ち着いたたたずまいである。 所で、とてつもない話がある。 出所は言えませんが、この神社には実際に神々が出現するそうだ。 とある別の神社の神職さんがこの神社の神職さんと話をしていたら、しきりに二階のほうが騒がしいので、「二階にどなたかがおられますか?先ほどから走り回っているような音が聞こえますね」と申し上げたら、 「あー、あれは式神です。 遊んでいるのでしょう。 所で、ご覧頂いたと思いますが、この建物には二階はありません。 」 もうひとつは目撃談です。 そのよのと神職さんが本殿前の廊下を歩いていたら、白装束の一見宮司さんかと思われる方とすれ違い、脇によけて一礼をしました。 宮司さんは、本殿の奥の方へ進んでいきました。 「あれ?今日は宮司様は不在と聞いていたのに」と思って、この神社の留守番の神職さんに「宮司様はお戻りになっていますよ」と申し上げたら、 「いや、今日は戻りません。 」「しかし、今お目にかかりましたよ」「あ、また出られましたか。 かの方はこの神社の神様です。 外出からお戻りになったのでしょう」「えーえ!!」 「私などは良くお見かけします。 神様の位ではさほど高い位の方ではないようです」 と、門外漢には不可解なことがあるそうです。

次の