グラブル 剣豪 lb。 鰹剣豪に生きるグラブル

【グラブル】『剣豪』の評価/取得条件と運用方法|EXIIジョブ【グランブルーファンタジー】

グラブル 剣豪 lb

リミットボーナス LB とは? ステータスを強化できるシステム リミットボーナスとは「攻撃力」「防御力」「HP」といったステータスを強化できるシステム。 獲得したLBで 自分の好きなように強化を割り振れるのが特徴。 LBの獲得方法 リミットボーナスの強化にはLBかジェムを使用する必要がある。 LBはLvMAXのキャラやジョブで一定量のEXPを稼ぐことで入手できる。 ハードルが高いわけではないが、最序盤は考えなくてOK。 クラスによって強化上限が決まる ジョブは主人公のRank、キャラは取得したLB量に応じて『リミットボーナスクラス』が上昇していき、 クラスに応じて強化できる項目数の上限が設定されている。 またジョブのLBでは、ランクに応じて選択できる強化が増えていくのも特徴。 リセットして振り直すことも可能 LBの強化にはリセット機能があり、 既に強化したものを1段階ずつ戻すことができるので、試しに付けてみるということも可能。 ただし使った分のLBは返却されないため注意しよう。 キャラのリミットボーナス解説 キャラのリミットボーナスとは レベル最大以降のキャラを個別に強化できる要素で、 強化できる項目はキャラによって違うのが特徴。 各キャラごと、運用ごとに振り分けを考える必要がある。 キャラに合った強化が可能 1:キャラのタイプや種族などで強化項目が変わる LBは強化項目がキャラごとに異なっており、行ごとにそのキャラの タイプや種族、固有の性能によって強化内容が変わる。 2:追加でサポートアビリティも習得 右下の『サポートアビリティ』にポイントを振ることで、『リミットボーナスアビリティ』という 追加サポアビを習得することも可能。 また 強化上限が決まる『クラス』もLBを稼いだ量に応じて上がっていく。 現在はクラス15の18個が上限で、クラス自体はそれ以上も用意されているが、現状は強化できる項目がかなり限られている。 3:同名キャラならクラスが共通 同名キャラの場合はLB獲得量に応じたクラスが共通となっており、またLBも一定のレートで変換することができる。 攻撃UPや防御UPなど、シンプルな効果が多い。 2:強化の3行目はキャラ固有 3行目は上2行と違い、 キャラの性能やアビリティに合わせた効果になっている。 ピンポイントな効果もあり、そのキャラの性能をより活かせるものが多い。 3:ごく一部例外あり 確定DA持ちや通常攻撃を行わないキャラのDAUPなど、 一部強化が無意味になってしまうキャラは例外的に少し特殊な内容になっている。 1行目が『バランス』、2行目が『エルーン』、3行目が『キャラ固有』の強化になっている。 1:特に強力なため優先的に振りたい 強化内容 解説 クリ率 効果は対有利属性に限られるが、 最優先で取得しておきたい強化。 属性攻撃 そのキャラに合った属性の攻撃力を上げてくれる強化で、クリティカルの次に恩恵が大きい。 TA率 トリプルアタック率を上げる効果であり、 通常攻撃のダメージ期待値や奥義回転率を上げてくれる。 火力UPの恩恵が大きい。 スキル『三手』や連続攻撃UPなどがあると優先度は下がる。 2:上記には及ばないがメリットあり 強化内容 解説 攻撃力 素の攻撃力を高める純粋な強化で、序盤は非常に恩恵が大きい。 振る余裕がないキャラも多い。 防御力 主に『自身の防御DOWN』系のデメリット、もしくは自身のHPを減らす効果を持つキャラで優先的に振るべき効果。 また背水の維持などにも有用。 防御面の効果なので好みは分かれるが、コストパフォーマンスは非常に良いのでポイントが余った際のオススメでもある。 属性軽減 ほぼ『防御』と同じと考えて良いが、特定の属性にしか効果がない点、また数値が低く防御の方が恩恵が大きい点から振る機会は少ない。 HP こちらも同じく耐久面に不安があるキャラでオススメ。 素のHPに加算されるため、スキル『守護』の効果が後から乗ることにより実際の表記より上昇幅は大きいことが多い。 ジョブのLB解説 ジョブのリミットボーナスとは 単純な強化だけでなく、追加でアビリティを取得できるといった ジョブごとに主人公を強化できる要素。 元々はゼニスパークという名前だったが、キャラのボーナスが実装された際に名称が変更された。 ポイントは全ジョブで共通 キャラの場合と違い、 主人公は全ジョブでLBが共通。 Lv20のジョブで一定の経験値を入手するとLBが獲得でき、全ジョブで使用することができる。 強化はジョブごとに行う ポイントは共通、強化項目もほとんど同じだが、 強化の割り振りはジョブごとに設定できるようになっている。 逆に設定を行っていないジョブでは、他のジョブで強化してあっても恩恵は受けられない。 特に最初に入手したLBはダークフェンサーの攻撃UPに入れよう。 特に主人公はデバフを担当することが多く、こちらも多くのジョブで最優先。 特に序盤はかなり恩恵が大きく、できる限り振っておきたい。 その武器種を多く装備していないと効果が薄くなるため、マグナ武器などに対応したものだけを上げるようにしよう。 なお得意武器1と2の確認はジョブ詳細から行える。 LBが余っていれば優先で取りたい。 奥義が上限に到達する状況以外では優秀な強化。 なくても困らないという程度ではあるが、上限も上がるので耐久を重視したい際にビショップ系列のジョブなどで有用。 HPは非常に重要なリソースなので、ランク155に到達したら優先的に取得したい。 ジョブによって差が出やすいため、装備で多く使っている武器種のみ上げておきたい。 ただしランク165以降には、より優先して取得したい強化が控えているため、残り枠やポイントは考慮しておくこと。 このランク帯では火力面にもそれなりに貢献できるため、初期から取得できるDAUPと合わせて取っておきたい。 ただしランク170ともなるとLBや強化枠が不足がちなので、優先度は低め。 現状ではランクを上げる最大の利点と言っても過言ではなく、ここまで到達したユーザーなら絶対に取っておきたい。 特に背水PTなどとの相性が良く、到達したら振っておきたい効果。 それでもここまで到達したユーザーなら振っておくに越したことはない。 よりHP増加を図れる。 恩恵も大きく、ダメアビを使うジョブなら取得しておきたい。 CBが発生するバトルで有用で、奥義編成のジョブなどでは取得しておきたい。 アビダメ上限UPII アビダメ上限UP Rank275以上 Rank230のLBと同じ効果を持つ。 合わせて取得することで、よりダメアビ上限を上げることができる。 リミットアビリティ 旧:ゼニスアビリティ について リミットアビリティとは? リミットアビリティとは、 主人公のLBを消費して習得できる特殊なアビリティ。 ジョブレベル20が前提となるうえ、EXアビリティと違いそのジョブでしか装備できないという制限はあるが、貴重な効果を持ったものもある。 Class. IVでは必須となる要素 リミットアビリティは特にクラス4で重要で、運用する際は EXアビリティとリミットアビリティを最低1個ずつ入れる必要がある。 その分クラス4のリミットアビリティは強力で、同系列のクラス3のアビリティも使用できる。 各ジョブの評価についてはこちら グラブルの他の攻略記事はこちら.

次の

【グラブル】ヴァジラの評価/性能検証まとめ|十二神将/干支キャラ【グランブルーファンタジー】

グラブル 剣豪 lb

特に水の召喚石である「 カツウォヌス 鰹 」を使った編成は有名です。 主人公で奥義ゲージを200%まで貯めることはもちろん、他キャラでも200%まで貯めることが出来るキャラもちらほら。 奥義を撃つ回数が自然に増えるため、1ターン内に出せる火力が増えました。 剣豪の専用武器である天叢雲剣の「奥義効果」「第2スキル 魔極 」で、奥義の発動頻度を上げられます。 特に「 ヴァジラ」や「 必殺スキル」を持った水属性、土属性では奥義の回転率を上げる「 オクトー」がいるので強敵相手でも通用します。 ただし短期戦で高ダメージを出す運用がメインなので、戦力や武器のハードルは高め。 マルチバトルでのMVP狙い 短期決戦向きのジョブなので、 マルチバトルのMVP狙いも十分可能。 同じような運用が出来る「メカニック編成」と違い、継続的に奥義を出していけるのが強み。 最近では奥義ゲージを200%まで貯まるキャラにも光があたってきてます。 主人公が奥義を発動させやすいため、他キャラの奥義加速も出来、結果的に奥義でダメージを稼ぐといった運用が可能。 敵の属性やレスラーの兼ね合いもあるので、一概に言えませんが… 今後の刀武器に期待といったところでしょうか。 剣豪の運用に向いた属性は? 火属性 火属性で剣豪を運用するのはおすすめです。 「 シヴァ」や「 ザ・サン」で高い火力と手数の多さを売りに出来ます。 手数が多いことで奥義の回転率も上がるので、奥義も出しやすいのは利点。 もともと短期でダメージを稼ぐジョブなので、そのへんの相性は火属性だと抜群です。 水属性 水属性はなんといっても「 カツウォヌス」の存在が大きいです。 手数の多い「ヴァジラ」や高い火力を出せる「最終ウーノ」もそうですが、1ターンにおける総合ダメージ量はかなりのもの。 土属性 土属性は刀得意のキャラに強力なものが集結している印象。 汎用性の高い「 ブローディア」奥義回転率を上げる「 最終オクトー」などがその代表例。 メイン武器を「専用武器 天叢雲剣 」にする価値はかなり高いです。 編成の難易度はあるものの「リミテッドカイン」もいるので、土は刀得意で染める形も可能。 風属性 風属性はSRキャラに刀得意のキャラが多いです。 有名なのは「 ミリン」「 サビルバラ」 奥義を200%まで貯まるキャラがSRキャラに集中しているので、やや運用の回数は少ない印象。 ただ奥義の威力を上げる「最終シエテ」がいるので、今後のキャラ追加・得意武器の追加次第では運用される場面も増えそうです。

次の

【グラブル】新ジョブ『剣豪』取得方法や性能、運用方法は?

グラブル 剣豪 lb

ヴァジラのLBとは? ヴァジラのLBと言えば、ヴァジラらしく奥義ダメージアップが必須かなと思います。 そのほかにも奥義系のLBが多種類あり、ヴァジラの強い奥義性能を更にアップさせられる優秀なLBが並んでいます。 ヴァジラは 十二神将キャラの一人で、奥義ゲージが200%まで溜まり奥義による味方強化が魅力のキャラです。 今回は ヴァジラのLBを紹介します。 ヴァジラのLBの強化内容 ヴァジラのLBの強化内容は、 1.タイプ:攻撃タイプ 2.種族:エルーン 3.キャラ固有 1.まずタイプ(1行目)は攻撃タイプなので、 「攻撃力」「防御力」「「DA確率」「クリティカル率」「奥義ダメージ」 2.種族はエルーン(2行目)で、 「攻撃力」「防御力」「DA率」「TA率」「属性攻撃」 3.キャラ固有(3行目)では、 「奥義ダメージ」「奥義ダメージ上限」「奥義ゲージ上昇量「」「弱体成功率」「サポアビ」 の内容となっています。 3.キャラ固有のLBでは、 奥義系3種のLBが並んでおり、奥義の強いキャラの特徴が表れています。 ヴァジラのLBのオススメポイント ヴァジラは奥義ゲージ200%と奥義による味方強化が強力で、開幕から大ダメージを出せるキャラなので、やはり奥義の強化がおすすめです。 奥義ダメージ 2. 奥義ダメージ上限 3. 奥義ゲージ上昇量 4. クリティカル 1. まず奥義の強化が最優先です。 続いて奥義ダメージ上限です。 奥義ダメージの上限を上げる方法はとても貴重なので、 奥義が強いヴァジラならLBで優先的にふりましょう。 またヴァジラは奥義をうつことで 味方全体を強化していきます。 奥義を1回うつと、攻撃30%アップ 2回で防御30%アップ 3回で奥義ゲージ上昇量が10%アップ 4回で奥義ダメージ30%アップ 5回でダメージ上限10アップ が追加されます。 奥義強化は6ターン持続し、奥義強化が続いている間に次の奥義をうつと上記の1~5までが1個づつ追加されていくという仕様になっています。 したがって、奥義の回転率が重要になってきますので、奥義ゲージ上昇量アップも必ず振りたいLBです。 クリティカルは攻撃力アップには最適のLBで、攻撃を上昇したいなら優先的にふりたいLBで、ヴァジラでも比較的優先度は髙いLBになっています。 その他、2アビの恐怖効果も特殊行動を抑える効果があり重要で、2アビの成功率アップのために弱体成功率に振るのもおすすめです。 宝晶石を集めて通常のガチャを引くのもいいけど、スターレジェンドガチャと比べるとSSRの確率も違うし、宝晶石を集めるまで時間がかかる でも、毎回グラブルコインを課金でゲットしてるとかなりの額になってしまう 「 あの新キャラや水着などの限定衣装のキャラをすぐに無料で獲得したい... 」 と、思ったことは無いですか! そんなとき、最新の限定衣装のキャラや新キャラを大量に獲得している知り合いに聞いたところ 「 グラブルコインを裏ワザで無料でゲットできる裏ワザを使って買えばいいよ!」と教えてもらいました! 下の記事で無課金でグラブルコインを入手できちゃう裏技の詳しい方法を解説しているので 簡単に新キャラをゲットしたい!という方はぜひ参考にしてください!.

次の