タッチ タイピング 練習。 ブラインドタッチ練習方法|タイピングを1日でマスターする技公開

ブラインドタッチを習得するには期間はどのくらいかかるの?

タッチ タイピング 練習

パソコンでタイピングを速くするためには、ホームポジションとブラインドタッチを覚えて地道な練習が必要です。 しかし、無料のソフトを使うと楽しく練習することができて、タイピングを速く習得する近道になるでしょう。 今回は、タイピングを速くするためのコツと、無料のタイピングソフトを紹介してきます。 タイピングを速くするためのコツ まずは指をホームポジションにおきます。 ホームポジションとは、左手の人差し指をキーボードのFに、右手の人差し指をJにおくことです。 FとJのキーには小さな突起がついているので、人差し指で確認してください。 そして、キーボードを打つときにはブランドタッチを行います。 キーボードは見ないで、画面を見てください。 入力のキーを間違っても手元のキーボードは見ずに、画面を見て入力を行い、指でキーの位置を覚えることが大切です。 おすすめ無料ソフト タイピング練習には初心者用から中級者、上級者用まであります。 初心者用は決められた指で打つこと、中級者以上用はとにかく速く打つことに主眼がおかれています。 とはいっても、どちらからはじめてもかまいません。 楽しみながら繰り返し練習して身体で覚えましょう。 ホームポジションやブラインドタッチをこれから覚えたい方におすすめなのが、MIKATYPEです。 作者は学校教育用に作成しており、初めてキーボードにさわる方から上級者の方までタイピングの練習ができます。 ソフトはダウンロード後インストールが必要で、最新のWindowsにも対応しています。 詳しくはサイトを確認してください。 myTypingは25000を超えるいろいろなテーマで、タイピングの練習ができるサイトです。 そして、そのテーマの数はどんどん増えており、全くの初心者から上級者まで対応しています。 初めに60秒でできるタイピング診断をやってみてください。 そうするとあなたのレベルと苦手キーを判定してくれます。 最初の診断結果は厳しい結果かもしれませんが、地道に練習あるのみです。 タイピングのテーマとしては哲学者タイピングや戦国武将タイピングなど、いろいろありますので楽しみながら練習できます。 こちらもいろいろなテーマに沿ってタイピングの練習ができるサイトです。 上司に対する尊敬語や、医療介護に関する単語まで、さまざまなテーマが用意されています。 腕ためしのレベルチェックがありますので、初めに実力を確認してみてください。 なおmyTyingの診断は単語ですが、こちらの腕試しは文章でレベルチェックができます。 タイピングを少し覚え始めた方におススメなのが寿司打です。 回転寿司のように言葉が流れてきて、指定の文字をタイピングし点数を上げていく、ゲーム形式のタイピング練習ソフトです。 難易度は3段階ありますが、言葉がどんどん流れてくるので、まずはお手軽コースから試してみるとよいでしょう。 ICTプロフィシエンシー検定強化(P検)が作成したタイピング練習用ソフトで、ブラウザ版とダインロード版があります。 もちろん最新のWindowsにも対応しています。 P検はソフトやコンピュータを使いこなすための検定試験を行っているので、タイピングのみの検定はありませんが、タイピングは大切なスキルと考えらているので、ぜひ試してみましょう。 世紀末覇者ケンシロウがタイピングソフトとして帰ってきました。 Yahooのブラウザゲームで遊ぶことができます。 難易度は徐々に高くなってくるので、初心者から上級者まで楽しめます。 ストーリー性も高く、映像は大人向きになっています。 画面中央にある食べ物を狙ってくる小人から料理を守る、タイピングゲームです。 速く打たないと小人に食べ物を持っていかれてしまいますので、ハラハラドキドキします。 ある程度速い入力が必要なので、ブラインドタッチに少し慣れた方におススメです。 ストーリーに応じて入力する文字が指示され、タイピングを失敗すると自分もダメージを受けるゲームです。 遅くタイピングしてもゲームオーバーにならないので正確なタイピングが大切なゲームですが、入力指示される文字は初心者向けではないものが多いです。 タイピングに少し慣れた方におススメです。 まとめ タイピングを速くするためのコツとタイピング練習にオススメな無料ソフトの紹介をしました。 ホームポジション、ブラインドタッチ、地道な練習が速いタイピングへの近道ですが、今回ご紹介したソフトを使うことで地道な練習が楽しくなることを期待します。

次の

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を最短で習得するための練習方法

タッチ タイピング 練習

この記事では、タッチタイピング(別名:ブラインドタッチ)を(なるべく) 最短で身につける方法を紹介します。 最短で身につけるためには、多くのことを習得している暇はありません。 ですから、ここでは「英語(アルファベット)」や「数字」、「記号」などを後回しにして、最も使う機会が多いであろう 「日本語」のタッチタイピングのみに絞って習得する方法を解説します。 タッチタイピングを練習する上で知っておいてほしいこと タッチタイピングとは タッチタイピング(ブラインドタッチ)は、 手元を見ずにタイピングすることです。 「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」は全く同じ意味ですが、「『ブラインド』が『盲目』を意味するため、差別用語である」という批判があり、近年は「タッチタイピング」と呼ぶことが多い気がします。 また、タッチタイピングのことを「タッチ・メソッド」と呼ぶこともあります。 この場合、反対に手元を見てタイピングすることを「サイト・メソッド」と呼びます。 なぜ「日本語」のタッチタイピングを練習するのか この記事では、タッチタイピングの中でも「日本語」のタッチタイピングを身につけるための方法を紹介しています。 なぜ「日本語」を強調しているのかといえば、• 日本語• 英語(アルファベット)• 記号 これらのタッチタイピングができるということは、すべて別だからです。 「日本語のタッチタイピングができても英語はできない」という人もいますし、「日本語・英語・数字はできても、記号はからっきしだめ」という人もいます。 そのため、これらすべてを身に着けたければ、それぞれを練習しなければならないのです。 ここで、「日本語をローマ字で入力するなら、日本語も英語も同じじゃないの?」と思う方がいるかもしれません。 しかし、日本語のタイピングと英語のタイピングは、かなり異なります。 例えば、英単語には「dis~」「co~」や「~tion」「~ly」など、「よく出てくるアルファベットの並び」があります。 しかし、このようなアルファベットの並びは、日本語には殆ど出てきません(例えば、英語で「~tion」はよくありますが、日本語で「ちおん」はめったに見ないと思います)。 結局、日本語・英語両方を入力できるようになるためには、それぞれ別に練習しなければならないのです。 練習するのは「ローマ字入力」がおすすめ ローマ字入力とは、キーボードの上面に書かれている アルファベットで日本語を入力する方法です。 例 「ち」キーを押すと、「ち」と入力される どちらの入力方法を練習しても良いのですが、初めてタッチタイピングを練習するのであれば、 ローマ字入力をおすすめします。 最短で身につけたいのであれば、ローマ字入力一択と言って良いでしょう。 なぜならば、ローマ字入力は• 覚えなければならないキーの数が少ない• かな入力よりも広く使われており、困ったときに周囲の人に聞きやすい からです。 詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。 関連記事: この記事では、ローマ字入力についてのみ扱います。 具体的な練習の流れ 1. ホームポジションに指を置く ホームポジション タッチタイピングで、はじめに指を置いておく場所。 ホームポジションは、いわゆる「構え」のポジションです。 ホームポジションに指をおいておく(構え)• ホームポジション(構えの場所)から指を動かし、キーを打つ• 打ち終わったら、ホームポジション(構えの場所)に戻る という流れを繰り返し、文字を入力していきます。 具体的には、下の画像の黄色の部分です。 キーボードの表面を、よく見てみてください。 Fキーと Jキーには、小さな突起がついていると思います。 この突起がついているキーに、左手と右手の 人差し指を置きます。 そのほかの指は下の表のように置いてください。 左手小指 薬指 中指 人差し指 人差し指 中指 薬指 右手小指 A S D F G H J K L ; また、親指はスペースキーに乗せましょう。 手首は下に付けても、浮かしていても大丈夫ですが、付けたほうが楽だと思います。 このホームポジションに指を置いた状態が、タッチタイピングの基本となる体勢です。 ホームポジションの場所を確認できたら、1度キーボードから手を離し、 目をつむってホームポジションに手を置いてみてください。 目をつむった状態でも、FキーとJキーにある突起を指で探せば、ホームポジションが見つかるはずです。 どんなにキーボードを見たくなったとしても、絶対に目を開けてはいけません。 目を開けてしまった場合は、もう1度キーボードから手を離し、目をつむってもう1回挑戦しましょう。 慣れれば、自然とホームポジションに指をおけるようになるはずです。 目をつむった状態でホームポジションに手をおけるようになったら、今度は目を開けてホームポジションに指を置いてみましょう。 もちろん、キーボードを見てはいけません。 パソコンのディスプレイを見ながら、ホームポジションに指を置いてみてください。 目を開けた状態でも、キーボードを見ずに指を置けるようになったら、次のステップに進みましょう。 補足 ホームポジションは、「この場所でなければならない」というわけではなく、自由です。 「こっちのほうが打ちやすい」と思えば、その場所を自分のホームポジションにしても構いません。 しかし、右も左も分からないうちは、どの場所が良いのかさっぱり分からないと思います。 ですから、とりあえずここで紹介したホームポジションを使ってみてください。 タッチタイピングに慣れてきてもなお、違和感を感じるのであれば、改めて自分のホームポジションを考えれば良いと思います。 結局何が言いたいのかといえば、「深く考えずにとりあえず練習してみろ」ということです。 母音(あいうえお)を決まった指で打つ練習する 基本は「あいうえお」 日本語(ローマ字)は、「ん」を除いて、子音と母音の組み合わせでできています(「あいうえお」には子音がありませんが)。 例 「か(KA)」は子音「K」と母音「A」の組み合わせ 必然的に、日本語の文章には、母音(A,I,U,E,O)が大量に登場します。 そのため、まずは母音を打つ練習をするのが効果的です。 練習方法は至ってシンプルで、「メモ帳」などのテキストエディタに あいうえおあいうえおあいうえお…… と入力するだけです。 ここでのポイントは、「」に書かれているので、読んでください。 タッチタイピングを身につける上で重要なポイントが書かれているので、 絶対に読んでください。 ここからは、上の記事を読んだ前提で話を進めます。 この段階で特に重要なのが、「ホームポジションを守り、決まった指で打つ」ということと、「絶対に手元を見ない」ということです。 ホームポジションを守り、決まった指で打つ の「4. キーの場所は指の動かし方で覚える」にもある通り、タッチタイピングは「指の動かし方」で覚えるものです。 ですから、決まった指で打たなければ、その文字の入力方法があやふやになってしまいます。 基本的には運指表に従って、• A:左手小指• I:右手中指• U:右手人差し指• E:左手中指• O:右手薬指 を使いましょう。 ただ、もし「この指のほうが打ちやすい」と思うのであれば、標準運指に従わなくても構いません。 大事なのは、「どの指で入力するのかを決める(統一する)」ということです。 補足 本当は、1つのキーを複数の指が担当しても問題ありません。 しかし、その場合は「どのようなケースでどの指を使うか」を明確にしなければなりません。 例えば「基本的にUは人差し指」「直前に右手人差し指でYを入力したとき、Uは中指」といった感じです。 これは、自分が最も速く入力できる運指を使う「 最適化」と呼ばれる技術で、上級者向けの技術です。 かなり難しいので、はじめのうちは「1つのキーには1つの指」を心がけましょう。 絶対に手元を見ない タッチタイピングの練習をしているときに手元を見ていると、いつまでたってもタッチタイピングはできるようになりません。 「 絶対に手元を見ない。 見てしまったら一度文字を消し、手元を見ずにもう一回打ち直す」くらいに考えましょう。 誰でもはじめのうちは、打ち間違いを連発します。 ですから、気にせずに間違えまくりましょう。 間違えながら、徐々に入力できるようになれば良いのです。 慣れてきたら 慣れてきたら、 おえういあおえいうあおえういあ あうおいえあうおいえあうおいえ いおうあえいおうあえいおうあえ など、様々なパターンで入力してみましょう。 この練習は、突然「あ!」「う!」などと言われたときに、すぐに指が動くくらい身につくまで、 徹底的にやります。 「決まった指で」「手元を見ずに」入力できているか確認しながら、練習を繰り返しましょう。 練習成果の確認 「あいうえお」が自信を持って打てるようになったら、 愛 会う 青 言う 家 上 エイ 甥 青い 居合 硫黄 多い といった単語を入力してみましょう。 ここまで来た方であれば、手元を見ずに入力できているはずです。 これで、「タッチタイピングができている」という感覚を味わうことができます。 「あいうえお」しか使わない単語なので当たり前かもしれませんが、単語をタッチタイピングできているというのは、大きな進歩だと思いませんか? いままでキーボードを見て打っていたのに、キーボードを見ずに単語を打てるようになったのですから。 これは十分自慢できることです。 自分を褒めてあげましょう。 タッチタイピングの習得には、モチベーションが欠かせないので、「タッチタイピングができている」という自信を感じることは大切です。 入力スピードは、慣れによるものが大きいため、練習を続けるうちに自然と上がっていきます。 ですから、「キーボードを見ずに単語が入力できた」のであれば、次のステップに進みましょう。 子音字を1つづつ覚えていく 「あいうえお」が打てるようになったら、あとは子音字を覚えるだけで日本語を打てるようになります。 ここでは、下の14個を覚える必要があります。 か行 K(右手中指) が行 G(左手人差し指) さ行 S(左手薬指) ざ行 Z(左手小指) た行 T(左手人差し指) だ行 D(左手中指) な行 N(右手人差し指) ば行 B(左手人差し指) は行 H(右手人差し指) ぱ行 P(右手小指) ま行 M(右手人差し指) や行 Y(右手人差し指) ら行 R(左手人差し指) わ行 W(左手薬指) これらを一気に覚えようとすると、頭がパンクしてしまうので、1つ1つ覚えていきましょう。 1日1~2個の子音字を覚えていけば良いと思います。 ここでのポイントも、先ほどと同じです。 忘れてしまった方は、「」を見返してみてください。 最初はKです。 かきくけこかきくけこかきくけこ こけくきかこけくきかこけくきか 柿 書く 過去 幾何 聞く 茎 九九 苔 ここ のように練習していきます。 それができるようになったら、 あいうえおかきくけこ こけくきかおえういあ 赤 秋 イカ 行く 池 羽化 雨季 浮く 駅 エコ 丘 沖 奥 桶 貝 買う 顔 帰依 杭 クエ 稀有 コア 恋 乞う 声 赤い 絵描き 大きい 会計 警戒 公開 のように、以前に習得した文字と一緒に使ってみましょう。 (単語は適当です) この練習をS,T,……と1つずつ増やしていき、最終的には上に示した14個の子音をすべて入力できるようにしましょう。 覚えるキーが増えてくると、以前に覚えたはずのキーを忘れてしまうことがよくあります。 しかし、一度の練習で完璧に習得できる人はいないので、気にする必要はありません。 忘れてしまったキーがあったら、その都度復習して、打てる文字を増やしていきましょう。 撥音・促音・拗音・長音などの練習 ここまでくれば、日本語をタッチタイピングできるようになるまで、あと一歩です。 日本語には、撥音はつおん(ん)・促音そくおん(っ)・拗音ようおん(きゃ など)・長音(ー)などがあります。 日本語の文章を入力するためには、これらの入力方法も身につける必要があります。 「ん」の打ち方 「ん」を入力するためには、いくつかの方法があるのですが、はじめのうちは「 NN」と入力する、と覚えておけばOKです。 「な行」を入力するときに使う「N」を2回押すだけですから、新しくキーの場所を覚える必要はありません。 「ん」の打ち方について詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。 関連記事: 「っ」の打ち方 「っ」は、「次のローマ字を重ねて入力する」ことで入力することができます。 例 さき……SA KI さっき……SA KKI 「さ」の次の「っ」は、更に次の文字「き」の「K」を繰り返し入力することで、「さっき」と入力できます。 これも、新しくキーの場所を覚える必要はありません。 この入力方法はどちらかを覚えておけばOKです。 余裕がなければ、覚えなくても構いません。 「ゃ」「ゅ」「ょ」の打ち方 「ゃ」「ゅ」「ょ」を入力するときには、前の文字の 子音+やゆよで入力します。 例 きや……KI YA きゃ……K YA 「き」の子音「K」に、「YA(や)」をくっつけることで、「きゃ」と入力することができます。 「きゅ」「きょ」も同じように、子音+やゆよで入力できます。 「ー」の打ち方 鬼門です。 「ー」は、キーボードの右上の方にあります。 このキーはホームポジションから遠く、タッチタイピングをするのがかなり難しいです。 「ー」が打ちづらいと感じる方は、次の記事をご覧ください。 関連記事: 特殊なローマ字 ここで紹介する文字は、覚えていなくてもあまり問題ありません。 余裕がなければ、無視しても大丈夫です。 (太字は比較的よく使うもの)• ふぁ(FA)• ふぃ(FI)• ふぇ(FE)• ふぉ(FO)• てぃ(THI)• でぃ(DHI)• つぇ(TSE)• ゔぁ(VA)• ゔぃ(VI)• ゔ(VU)• ゔぇ(VE)• ゔぉ(VO) タイピングゲームで仕上げ ここまでくれば、日本語のタッチタイピングはほとんど身についています。 あとは、繰り返し練習して、タッチタイピングに慣れるだけです。 普段の作業でも、 パソコンで入力するときには絶対に手元を見ないということを心がければ、次第に慣れていくはずです。 それに加えて、タイピングゲームやタイピング練習サイトを活用すれば、さらにタッチタイピングを体に染み込ませることができます。 また、練習を繰り返すことで、タイピングのスピードも上げることができます。 日本語のタッチタイピングがある程度できていれば、一般的なタイピングゲームを楽しめるようになるはずです。 (タッチタイピングが身についていないと、全然打てなくて辛くなってしまうことがあります……) 私がおすすめするのは「」です。 ゲームというよりも、タイピング練習ソフトに近いですが、とても洗練されているソフトです。 タイプウェルの詳しい説明は次の記事をご覧ください。 関連記事: まとめ ここで紹介した方法であれば、1~2か月(早ければ2~3週間)で日本語のタッチタイピングを習得することができると思います。 タッチタイピングを習得したあとは、更に日本語タイピングを速くするのも楽しいですし、英語や数字、記号のタイピングに手を出すのも楽しいと思います。 また、ショートカットキーを覚えるなどして、バリバリ作業するのも良いでしょう。 ぜひタッチタイピングを身に着けて、素敵なタイピングライフを送りましょう。 日本語のタッチタイピングを身につけることができたなら、あなたは「『ホームポジションを守る』といったタイピングを練習するときに気をつけるべきこと」が身についているはずです。 そのような状態であれば、英語や数字のタッチタイピングも比較的簡単に身につけられると思います。

次の

ブラインドタッチを習得するには期間はどのくらいかかるの?

タッチ タイピング 練習

この記事に書いてある内容は... タイピングをマスターする為の方法公開 ブラインドタッチ苦手ですか? 皆様こちらのページをご覧になられていると言う事は タイピングが苦手なのかなと思います。 そもそも、周囲の方はタイピングが上手な方ばかりなのであなたは焦られていると思います。 でも 焦る必要はないです。 コツさえつかめばブラインドタッチは誰でも出来るようになります コツさえつかめばタイピングは誰でも出来るようになります。 今回はブラインドタッチが1日でマスターできるオススメ練習方法をお話しをしてみたいと思います 最近、キーボードに触れることが少なくなった10代の方や20代の方が非常に多いと話を聞きます。 昔は、なんだかんだでパソコンを使ってインターネットを見るなどの機会が多かったので、キーボードに触ると言うことが多かったのですが、最近はスマートフォンの普及により、触ったことがないと言う方が非常に増えました。 小学生や中学生、高校生、大学生などが増えてきていると聞きます。 元々タイピングが苦手な方が多い また、元々タイピングが苦手だという方も非常に多いです。 どうしても、早くブラインドタッチをマスターしたいというそんな方の為に、とっておきの裏技をお話したいと思います。 裏技とは書いていますが、 基本に忠実で、早く覚える事が出来ます。 あまり、世の中には出回っていない、方法です。 たった1週間でマスターできる方法をお話してみたいと思います。 そもそも「ブラインドタッチ」と「タッチタイピング」はどう違うの? 基本的には同じ意味合いです。 昔は「ブラインドタッチ」と言っていましたが、差別用語につながるということで 「タッチタイピング」に名称が変更になりました。 詳しく知りたい方は別記事に書いております。 下記をご覧ください。 ブラインドタッチが出来ないと仕事に不利 ブラインドタッチが苦手だと仕事が不利に働きます。 何をするにしても「入力」から入るのです。 入力がもたついているようであれば全てにおいて遅れが出ます。 よって、遠回りなようでも、「入力をスムーズにする」ことを先に考えたほうが良いのです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 そもそもタッチタイピングが出来ない理由は? タッチタイピングが出来ない人が多い 単純に、やり方を知らないだけです。 タッチタイピングでどこで学べると思いますか? おそらく、どこでも学べないんです。 うちはパソコン教室なので行なっております。 ですが、 パソコン教室なら「タッチタイピングが学べるか?」というとそうではありません。 パソコン教室のコンサルタントも行なっているのでわかりますが、まず、きちんとした「タッチタイピング」を行なっている教室はいません。 どうしても学びたい方は1日で学べる講座を実施しておりますので下記をご覧ください。 なぜあなたはタイピングが出来ないのか?出来ないには理由がある この理由って非常に単純で「今まで練習する機会がなかった」もしくは「入力をする場面がなかった」というだけのお話です。 どちらもパソコンに触れる機会が少なかった世代 35歳以上の方は、パソコンを学生時代に触る機会が少なかった世代です。 また、23歳以下の方というのは「スマホ世代」です。 スマホのフリック操作は出来るのですが、パソコンのキーボード操作が出来ないのです。 そもそもキーボードに触れる機会が少ないから単純に入力操作が不慣れだと言うだけです。 23歳~35歳の間の方々は、ご自宅にパソコンが普及し始めて、インターネットを見るために、なんだかんだで入力の為にキーボードを触った事がある世代です。 なので、インターネットを閲覧する時にも入力操作はありました。 その経験が多少あるので、その後の操作も比較的楽に入る事ができた世代です。 スマホが普及してパソコンを触る機会が減った スマホが普及してからはパソコンを触る機会が非常に減りました。 インターネットを見るにはスマホがあれば事足りるので、パソコンをどんどん使わなくなっていったんですね。 ですが、社会に出るとパソコンは必須科目です。 その時に初めて「キーボードが触れない」という事実に気がつくのです。 非常にかわいそうな世代と言えます。 スマホの普及により「タッチタイピングが出来ない若い世代が増えている」という新聞記事を見ました。 若い世代でも、キーボード入力が非常に不得意で、また、場合によっては、入力さえ全く出来ない人も多いと言うことが書いてありました。 ある意味あなたはタイピングをないがしろにしてきた社会の被害者だと思います。 ブラインドタッチの習得期間はどのくらい? ブラインドタッチ(タッチタイピング)を習得するのは1日あれば可能です。 と言っても「ブラインドタッチ(タッチタイピング)」と「速く入力できる」と言うのは話が異なります。 段階があります。 下を見ずに入力できるようになる• 速く入力できるようになる この順番で考えると良いです。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 最初はスピードを追わない。 ゆっくり行なう スピードは後回しです 「タッチタイピングが出来るようになるという事」と、「入力するスピードが早くなること」は全く異なります。 まずは、「見ずに入力できるようになる」という「タッチタイピング」を目指してください。 指の位置も考えて、スピードを追うというのは非常にしんどい作業です。 まずは、指の位置だけ考えましょう。 スピードは、後回しです。 自然と身についてきます。 まずは、指が下を見ずに自然と入力できるようになってから、スピードの事を考えましょう。 ちなみに「タッチタイピング」と「速さ」というのは、全く違うお話です。 スピードをアップさせたい方は別記事に書きましたのでこちらをご覧ください。 タッチタイピングを覚えた後にスピードを身につける タッチタイピングを覚えたからといってスピード速くなると思ったら間違いです。 まずは「タッチタイピング」なんです。 タッチタイピングと言うのはスピードを上げることではなくて「下を見ずに入力する」事を言います。 まずは下を見ずに打つことができて、それが出来るようになってから、初めて「スピードに力」を入れます。 後は、どんどん速さをやっていけば良いのです。 ですが、まだ覚えていないにもかかわらず速さを求めると変に他の指が動いてうまく入力できません。 ありがちな失敗例 良くありがちな間違いで言うと「スピード重視」で練習をして結果、指がバラバラに覚えてしまい、結果変な癖がついて、入力速度が遅くなったというものです。 スピードを上げたい気持ちはわかりますが、スピードよりも重要なのが、 正しいフォームで入力する事です。 野球でも、ゴルフでも、水泳でも、ボーリングでも「フォーム」が重要です。 形をまずは決めて、その後にスピードを追い求めてください。 「速度」の前に「見ずに入力する」を目指す 良くありがちな間違いで言うと、速度を徹底的に求めて、タイピングの練習ばかりする方です。 それはあまり良くありません。 指が間違ったほうに矯正されていきます。 人間は使いやすい指と使いにくい指があります。 よって、使いやすい指を多用するようになってしまいます。 どれだけ入力が早い人でも指使いがバラバラな方がいらっしゃいます。 それでは本当の意味での速度アップにはならないのです。 まずは 速度の前に「見ずに入力できる」というのを目指す必要があります。 あなたは間違った練習をしようとしていませんか? 「あ・い・う・え・お」の順番は間違いです よくありがちな「間違い」や「指導方法」で言うと「あ・い・う・え・お」「A・I・U・E・O」という感じで、順番にローマ字の入力を覚えていくと言う方法です。 実はこの方法はあまり良くありません。 キーボードには「正しい位置」と言うものが存在します。 その最初の位置を「ホームポジション」と言います。 その位置に常に戻ってくるという癖付けをしていかないと指がバラバラになっていきます。 指がバラバラになると入力速度が遅くなる 指がバラバラになった結果、指の動き自体が適当になってしまい結果、入力速度が遅くなります。 正しくない方法で一度覚えたものを自力で治すのはかなりの労力が必要です。 まだ、変な癖が付いておらず、まっさらな状態なのであれば、遠回りしてでも正しいタイピングの方法を覚えたほうが良いです。 まずは、ホームポジションを覚える ホームポジションとはキーボードの真ん中の位置のこと まずは、 ホームポジションを覚えることが重要です。 指の位置は決まっています。 その指の置く位置を必ず決めて下さい。 全ての指の位置が決まっているのです。 この位置を覚えずしてタイピングをマスターする事はできません。 左の人差し指は「F」右の人差し指は「J」 ホームポジションは置く位置が決まっています。 左の人差し指は「F」• 右の人差し指は「J」 この「F」と「J」の位置には「突起物」があります。 ホームポジションを確認する方法は、この突起物を触る事でわかります。 これを決めると、あとは真横に指を置いてください。 「でも、うちのパソコンには突起物が無いよ」とか「突起が取れてしまった」という方は対処法があります。 突起物だけ売っていますので、付ければ良いです。 別記事にまとめましたので下記をご覧ください。 左の手• 左の小指「A」• 左の薬指「S」• 左の中指「D」• 左の人差し指「F」 右の手• 右の人差し指「J」• 右の中指「K」• 右の薬指「L」• 右の小指「;」 このようにおきます。 これをホームポジションといいます。 この位置に必ず戻ってくる事を行なってください。 それが出来るように練習を行ないます。 人差し指は2列動かします 最初の位置は• 左がF• 右がJ こうなります。 指の位置を決めるのはとても重要です。 指の位置がわからない場合は別記事にまとめております。 参考になさってください。 「B」は「左手」で入力?それとも「右手」で入力? Bってどの指で入力するのか悩まれている方が多いです。 「B」は左で入力します。 詳しく知りたい方は別記事にまとめました。 下記をご覧ください。 必ず「ホームポジション」に戻す キーボードを打った後は、必ずホームポジションに戻すことが大切です。 ホームポジションに戻す事が重要 この 「ホームポジションに必ず戻す」これが重要です。 戻さない方が非常に多いです。 「ホームポジション」に戻すとどんな良いことがあるかというと、「下を見ずに入力」できるようになります ホームポジションとはその名の通り「ホーム(家)」「ポジション(位置)」なのです。 「家の位置」 家というのは、必ず戻ってくる場所です。 必ず指を戻して、どの指がどの場所かというところに常に配置をするのです。 配置をした後で出発させます。 行きっぱなしになると、「指がどの位置にあるのか?」という事が把握できません。 よって、どこを入力したらよいかというのを常に見るしかなくなってくるのです。 これが入力できない最大のポイントです。 ホームポジションに戻すのは分かると思うのですが、うまくいかずにずれてしまう方は多いかと思います。 そんな時の対処法は別記事にまとめました。 下記をご覧ください。 ホームポジションに戻さない事で起こる悲劇 戻さないので、指がどこに行っているか分らなくなり、その結果、下を見ます。 また、入力する為に、モニターを見ます。 ひょっとしたら、何かを見ながら入力しているかもしれません。 そしたら、その原稿も見ます。 また、キーボードをみて、モニターを見て、原稿を見て。 その繰り返しの結果、どうなるかというと、首の移動が激しくなります。 また、肩に力が入ります。 その動きが非常に疲れの原因になるのです。 結果、長時間の入力に不向きになります。 パソコンを行なうと疲れるという方がいらっしゃいますが、それがパソコンが疲れるのではなく、その何気ない動作が疲れさせているのです。 現に私は、朝から晩までパソコンを触り続ける時がありますが、全く疲れません。 指も疲れる また、同時に、指も疲れてきます。 その結果、全体的に指がつるような現象が起こってくるのです。 この事を言われる方が多いです。 まずは指がつらない状況を自分で作ることが大切です。 その為に、 ホームポジションを覚えることが重要です。 指の位置は決まっています。 その指の置く位置を必ず決めて下さい。 指を疲れさせなくする第一歩です。 ホームポジションが自己流なので上手く出来ないという方は修正方法があります。 詳しくは別記事に書きましたのでご覧ください。 小指が短くて動かしにくい方は 小指が短くて動かしにくい方は、対処法があります。 それって、まだ小指が慣れていないだけです。 エンターを小指で押すようにしていくと、徐々に慣れてきます。 また、小指に意識が行き過ぎて、ホームポジションが出来ていない証拠でもあります。 詳しくは別記事に書きました。 下記をご覧ください。 肩の力を抜く 次に方はリラックスさせますどうしても初めてと言うのは肩に力が入りますその結果使えると言う原因になるのです。 よく初めて入力をする人やあまり慣れてない人型の方を見るとものすごく力んでいることが多いです。 そうするとまずは長時間打てないので必ずリラックスした状態にしましょう リラックス状態にするのが1番大切なことです。 下は絶対見ない 下を見ずに入力するのが非常に重要 下を見ずに入力するのが非常に重要です。 下を見てしまってはまず全く意味がありません。 「どこの場所だったかな?」って言うような感覚をつかむために必ず 指で「探りながら」やってください。 最初は間違えても大丈夫 間違えて良いです。 でも、下は絶対に見ないでください。 必ず下を見ずに「あーこの辺かな、あの辺かな?」練習の状態のときにはどんなに間違ってもいいのですなので、必ず下を見ずに前を見てモニターだけをみる事を心がけてしてください。 正しい練習方法とは?美タイピングを目指す 「い・う・お・あ・え」で覚える それは 「い・う・お・あ・え」という順番で入力する事」です。 ローマ字入力の基本となるのが「母音」です。 「あいうえお」「AIUEO」です。 これらと「K」「S」「T」などといった「子音」と呼ばれるものの組み合わせが「ローマ字の入力の基本」です。 人間の指は、動かしやすいものと動かしにくいものがあります。 動かしやすいものを先に動きを覚えさせる事によって矯正し、後から動かしにくいものを矯正するのです。 動かしやすい指とは「人差し指」です。 なので練習方法としては 「いうおあえ」と言う順番で入力するのが良いでしょう。 あれ?!「に・な・ら・ち・い」??? 「い・う・お・あ・え」と打っているのに、パソコンの画面には「に・な・ら・ち・い」の文字が・・・。 何度やり直しても「い・う・お・あ・え」になりません。 スタートから壁にぶつかって、やっぱり無理!とあきらめないでください。 それは、かな入力になっているからです。 すぐに、簡単に、一瞬で解決できます。 こちらの記事をご覧ください。 動画でも確認できます。 「手」や「指」に覚えさせましょう これを手に徹底的に覚えさせてください。 一見「何がどう違うのか?」というのが理解できないと思います。 ですがこれが非常に重要なのです。 「あ・い・う・え・お」といれていくと指が動かしにくいのです。 「あ・い・う・え・お」というのは人間が勝手に順番として並べただけであって、指にとって入力しやすい順番ではないのです。 指にとっての入力しやすい順番と言うのは「い・う・お・あ・え」になります。 この順番で、「か行」「さ行」と順番に入力練習をしていってみてください。 そうすれば驚くほど入力が楽になっていきます。 それが出来てきて初めて文章の入力練習やスピードアップを目指していきましょう。 実際の練習方法|下記の表を見ながら入力してみましょう ゆっくり行ないましょう 順番に10回ずづ。 ゆっくりで良いです。 絶対に惰性にならないように、1回1回をかみ締めるように行なってください。 今は、スピードではなくて、 「指を慣れさせるための訓練」です。 秘密練習方法 下記に入力の順番を置いておきます。 この順番どおりに行なってください 順番に10回ずづ。 ゆっくりでよいです。 絶対に惰性にならないように、1回1回をかみ締めるように行なってください。 今は、スピードではなくて、「指を慣れさせるための訓練」です。 下記の表に書いてある単語を10回ずつ繰り返してください。 い・う・お・あ・え に・ぬ・の・な・ね き・く・こ・か・け ぢ・づ・ど・だ・で ひ・ふ・ほ・は・へ ぎ・ぐ・ご・が・げ ゆ・よ・や し・す・そ・さ・せ ぴ・ぷ・ぽ・ぱ・ぺ り・る・ろ・ら・れ きゃ・きゅ・きょ ち・つ・と・た・て ひゃ・ひゅ・ひょ を・わ ぴゃ・ぴゅ・ぴょ び・ぶ・ぼ・ば・べ み・む・も・ま・め じ・ず・ぞ・ざ・ぜ このターンをひたすら繰り返してください。 覚える為にはこの操作が重要です。 同じ読みでも、文字を「打つとき」は押すキーが違うので注意が必要です。 ゲーム感覚で楽しく行なう 単に練習するだけではつまらないので「ゲーム」も一部に取り入れると良いでしょう。 人気のゲームソフトは別記事にまとめました。 ブラインドタッチを習得する期間はどのくらい? ブライドタッチにを覚える為の期間はどのくらいかを別記事にまとめました。 事務職に就きたい人にオススメはこの方法 事務職に就きたいけどタッチタイピングが出来ない人がいらっしゃいます。 そんな方に向けた記事を別で書きました。 長文を入力する時のコツ 長文を入力する時はコツがあります。 「文節」ごとに区切りながら入力していくと非常に楽です。 詳しくは別記事に書きました。 このブログの補足動画を撮影しました 文章では書ききれなかった部分を動画で解説しました。 まとめ 基本的にはタッチタイピングだけのマスターであれば1日あれば十分に可能です。 よく「一ヶ月かかります」とか「最低でも半年かかります」といった事を言われますが、基本的にブラインドタッチだけであれば1日で取得が可能です必ずそれには自分自身がちゃんと守るそのルールさえ守れば大丈夫です。 守るべきルールと言うのは ・下を見ない ・最初のうちは「手全体で動かす」 ・必ずホームポジションに戻す これだけを徹底してやってくださいその状態で、順番を行っててひらがなを全部打てるようになります。 そうしていくと絶対に入力ができるようになります。 今回タッチタイピングの入力についてお話をしていますので、スピードについては話をしていません。 スピードに関してはまた少しずつコツがありますのでその時に話をしてみたいと思います。

次の