自由 研究 中学生 テーマ。 中学生の自由研究は理科実験ネタが面白い【簡単テーマのアイデア・人気おすすめ】

自由研究はこれを押さえれば先生ウケ抜群!中学生の自由研究の書き方

自由 研究 中学生 テーマ

その点、上記の動画で紹介されている バナナの皮を使った紫外線の影響のテーマなら 大変手軽できる理科の実験で、 夏休みの自由研究にはとてもおすすめですよ。 やり方は、本当に簡単で、 バナナにアルミホイル、日焼け止め、セロハン等を巻き 半日ほど直射日光に当ててから暗所で保管して それぞれの部分がどう変化したかを比較観察して 実験の結果をまとめるだけです。 中学生の自由研究なら、実験の結果に加えて 紫外線の正体や弊害等の基本的な情報も調べて付け加え 上にあげた素材の他にも様々なアイテムを使って 紫外線の影響の度合いを実験してみるといいですよ。 上記の動画で紹介されている ペットボトルの噴水は ペットボトルとストローだけで簡単に作れてしまう噴水の装置ですが、 中学生の自由研究で扱うなら 作るだけでなく 仕組みに焦点を当てるといいですね。 この自由研究では先ず、ペットボトル内の水の移動を観察し 何がどのように作用して水が噴水のように噴き出すのか という事を詳しくまとめてみましょう。 上の動画で紹介されている 夏の定番の飲物である カルピスを原材料から作るというテーマは、 短時間で簡単にできる実験ですので 宿題がたまっている場合に重宝するテーマですよ 中学生の自由研究のアプローチなら 材料に使う牛乳、クエン酸、砂糖、バニラエッセンスが カルピスの味のどの部分に相当するかなどを絡めて 実験のまとめを書くとより相応しい内容になりますよ。 また、本物のカルピスと飲み比べる、 見た目の違いの有無などを比較してみる、 作る工程を変えると出来上がりにどう影響するか等 自分なりに色々試してみえれば楽しい自由研究になりますよ。 上の動画の手軽に作れる ペットボトルの温度計は ペットボトに入れる水の量によって ストロー内の水滴が移動する様子の変化が観察できる実験で 簡単なのにとても興味深いんです。 中学生の理科でも習う 温度と物質の体積の関係を思い出し ペットボトルの水が少なく空気が多い状態では 手で温めると勢いよくストロー内の水滴が上昇し、 水の量が増えるにつれて、 水滴がゆっくり上昇する 理由も きちんと分析するといいですね。 尚、炭を作るのは上の動画でも説明されているとおり、 松ぼっくりや割りばし等、炭にしたい物質を空き缶に入れ 上から穴を開けたアルミホイルで蓋をして蒸し焼きする という 簡単な方法なので手軽に実験ができますよ。 また、この実験では、空き缶を火にかけてしばらくすると アルミホイルの穴からは水蒸気が立ち上ってきて そこに火を近づけると火の勢いが強くなるんです。 これは水蒸気の中に 燃焼物質が含まれているからですが それがどのような物質なのか予想し、 自由研究に書くとより中学生らしいテーマになるでしょう。 炭は有機物を蒸し焼きにすると水素や酸素と反応しなかった 炭素だけが残る現象で、炭の表面を詳しく観察すると 細かい穴が沢山開いていることがわかるので 自由研究をまとめる際には、 そういった事にも触れて 実験の結果を書くといいですね。 動画で分かるように、 酢と化学反応を起こした卵の殻が溶け 卵の表面に半透明で弾力のある膜ができるという実験ですが これは、 炭酸カルシウムと酢酸が反応して 酢酸カルシウム、水、二酸化炭素になることで起こります。 なので、既に 化学記号を習っている中学生の場合は、 その辺のことも含めて自由研究のレポートにすると 内容がより中学生向きになりますよ。 因みに、表面は凝固している酢につけられた卵ですが、 中身は固まっていませんので、 余り強い刺激を与えると 膜が破れて中身が飛び出しますので、 十分注意してくださいね。 上の動画ではカットフルーツで実験していますが クーラーボックスなど大型の容器を使って 丸のままの果物を炭酸フルーツにする実験もして 結果の違いを比較してみるのも面白い自由研究ですよ。 また、中学生のテーマなので、実験の前後で 各果物の重量の変化の有無や炭酸の浸透率の傾向 といった 一歩踏み込んだアプローチで結果をまとめると より内容が高度になりおすすめです。 因みに、炭酸フルーツを作る場合、 容器を密閉すると 爆発する可能性があり大変危険なので、 実験の際は 少し蓋を開けておくのを忘れないようにしてくださいね。 自由研究のテーマとしてはかなり定番の 果物電池ですが いちから道具を用意するのは結構面倒に感じる方も 多いのではないでしょうか。 その点、 上記の果物電池セットなら 実験に必要なアイテムがは全てセットになっていて 後は色々な果物を用意するだけで電流が流れる様子が 簡単に観察でき、大変手軽ですよ。 尚、中学生の果物電池の自由研究では 果物の成分だけでなくそれぞれの 形状的な特徴にも 着目して実験の結果を判断して詳しくまとめると より正確な検証ができておすすめです。 また、このアイテムにはコップもついているので 同じ果物でも摩り下ろしたりして 液体状にし 変化があるかという事を実験してみるのも 自由研究としてはとても面白いですよ。 中学生の自由研究におすすめなキット2 中学生の理科の自由研究のテーマでは 人間の体に関する事も身近で興味深い分野なので テーマのチョイスとしてはとてもおすすめです。 上記のニンヒドリン反応実験キットは ニンヒドリンのアミノ酸、尿素、アミン類などに 敏感に反応する性質を利用して 汗の実験ができる 自由研究のキットで、中学生にも大変人気があります。 ハンカチや靴下、シャツ等の目では確認できない 汗の汚れを実験のキットを使って探し出し、 人間はどの部分に汗をよくかいているのかという事を 詳しく観察する事ができますよ。 また、中学生の理科の自由研究ですから 実験の結果を元にして、どうして人間の体では 汗をかきやすい箇所とそうでない箇所があるか等も 併せてレポートにまとめるといいですね。 中学生の自由研究におすすめなキット3 夏の風物詩である花火を見ながら なぜ花火には様々な色があるのか疑問に感じた事が ある中学生の皆さんも多いのではないでしょうか。 そんな疑問を自由研究のテーマにして 身近な謎を解明できる 上記の炎色反応観察キットは カルシウム、リチウム、ナトリウム等の各物質を 燃焼させた際の炎の色が手軽に観察できる とても便利な実験のキットですよ。 付属の物質の炎の色についてまず観察したら 過程にある調味料等も燃やして発色の仕方を比較し 自由研究の結果としてまとめてみるといいですね。 但し、この理科の実験では火を使いますので、 出来れば保護者の監督のもとに 安全性には十分気を付けて 自由研究を行ってくださいね。 この記事を読まれた方からは、 こちらの記事も人気です。 <関連記事> ・ という事で、中学生の自由研究で人気のテーマや おすすめの理科の実験のキットを集めてご紹介しましたが 皆さん、自分にぴったりなテーマは見つかりましたか? 理科の分野の自由研究では観察系のテーマも人気ですが 短時間で結果がでて、手早くまとめられるという点では 実験の方が各段手軽にできますので、 タイムリミットが迫っている中学生には特におすすめですよ。 以上『自由研究で中学生から人気の理科の実験テーマややり方のご紹介!』の記事でした。

次の

自由研究で中学生から人気の理科の実験テーマややり方のご紹介!

自由 研究 中学生 テーマ

中学生になって初めての自由研究をする1年生。 小学生の頃とは違い、習う範囲も広くなり、理科の内容も物理と化学、生物と地学、環境に関する勉強をしたり、歴史や地理なども詳しく学ぶことができます。 中学1年生が選ぶ人気の自由研究のテーマには、数学・科学・工作・実験・物理・植物などがあります。 人気のテーマ15個とそれらのテーマを選ぶときのポイントについてお伝えします。 中学1年生におすすめの自由研究テーマは15選 中学生になると小学生の頃には出来なかった実験や科学・工作などができるようになります。 さらに、難しいことを計算したり、歴史もより深く学ぶことや読むことができる書籍も増えるので知らなかったことや、新たな発見をすることが増えてきます。 興味を持ったことに対して、今までは出来なかったことも出来るようになりますので、面白さや楽しみが増える自由研究になります。 自由研究の本や市販キットで対象が小学生でも問題ありません。 基本的な実験から応用できる実験に内容を変更することで、中学生らしい研究テーマにすることができます。 科学捜査などに使われる指紋採取やDNAを取り出す実験などは人気が高く、楽しい研究内容になります。 その他にも色々な自由研究のテーマがあり、中学1年生におすすめの15のテーマと選ぶときのポイントをまとめました。 理科を選ぶときのポイント 色々な知識や知恵がついてきますので、人とは違った自由研究にチャレンジしてみると良いです。 特に理科は、色々な実験や研究が出来ますし、簡単に結果が出ることもあるので1日でできる・短期間で自由研究を終わらすことも可能です。 また、理科の実験はわざわざ購入しなくても、家庭にある道具を使って行うことも出来る実験が多くあります。 それらに加えて、太陽や、草木など自然を使いながら、進めることで新しい発見を見つけることができます。 色々なもので炭を作ってみる、炭酸飲料で骨が溶けるのかなど、普段気になっていることや、言われていることが本当なのかを検証する研究をテーマにすると、見てくれた人の共感を得やすいです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 実験を選ぶときのポイント 自由研究に実験を選ぶときのポイントは、テーマ選びと記録の方法をあらかじめしっかり考えておくことです。 仮説、実験、結果というプロセスがきちんとまとめられないと、レポートとして提出することができません。 テーマをあまり複雑化せずに、シンプルなものから挑戦してみるのがおすすめです。 記録は手順を追って細かく残すようにします。 失敗例も大切なデータですので、しっかり記録して比較対象にすると良いです。 小学生の頃とは違うレポートの基本を学ぶ機会になります。 スライムを自分で作るという実験がありますが、中学生になったらスライムの粘度を変えて見る実験など1つのことで分量や大きさなどを変えて、比較検証することを繰り返すことが大切です。 小学生の頃は、そこまで実験しようと思わなかったことに挑戦してみましょう。 ・ ・ ・ ・ ・ 氷を選ぶときのポイント 氷を使った自由研究は、小学生の理科から進化した発想・過程・結果・結論をまとめるようにします。 氷がゆっくり冷やされると過冷却状態になって0度以下でも凍らず、少しの衝撃を与えると見る見るうちに凍っていく基本の現象を写真に撮りながらまとめていくなど、科学的な根拠に基づいた自由研究が望まれます。 トレイやボウルを使ってもできますが、ペットボトルであれば横からも見えてみるみる凍っていく様がわかり、失敗してもやり直しが簡単です。 他にも、比べたり、これは凍るのかなというものを凍らせてみたり、浮き方を調べたりするといいです。 ・ 社会を選ぶときのポイント 中学1年生は、一つの転機といえます。 自由研究は、すこし大人っぽく社会についてをテーマにして研究する子供も多いです。 現在、日本を取り巻く社会の動きや問題は数多く存在します。 例えば、現在政府がすすめている参政権を18歳へ引き下げることについてどういう利点があるのか。 また、どういう問題が起きるのだろうか。 本や新聞、ニュースなどを参考にレポートを書いてみるのもいいです。 他にも友だちに、もし18歳になったら選挙に行くかアンケートを採って、行くか行かないかの割合をグラフにしてまとめたり、投票場の雰囲気や投票方法などを絵で描いてみるのもいいです。 他には、裁判員制度を日本と世界でどのような違いがあるのかを調べてみるのもいいです、消費税率が世界各国でどう違うのか、そして消費税の違いによる国民の生活の違いなども調べるととても勉強になります。 水を選ぶときのポイント 水という物体は身近でありながら、他の液体とは異なる実に面白い液体です。 中学1年生が自由研究に選ぶテーマとしては安全に手軽に実験しやすくおすすめです。 また、特殊な性質も多いので、形状の変化をみたり、測定する他にも様々なテーマが設定できます。 ただ、身近であるだけに切り口を広げすぎないように気をつけましょう。 水が持つ多くの性質の中でも、一点にポイントを絞ることで、研究がしやすくなります。 自由研究テーマとしては、燃料電池を作ってみたり、浮力を使った実験、水中にシャボン玉を作ってみたり、割れないシャボン玉作りなども楽しいです。 数学を選ぶときのポイント 中学1年生にとって自由研究で数学を選ぶのは難しいことかも知れませんが、身近にある数字から何か面白い見方ができればいいです。 中学校の教科書を見ても問題を解く内容しかありませんが、色々なことに数学を使うことができます。 「記憶力を定着させるためにはどうしたら良いのか」というテーマでもいいです。 今日、勉強したこと範囲の問題を解いてみて何問溶けたのか、6時間後、12時間後、24時間後と時間が経過するごとに正解数がどう変化するのか、覚えるためにはどうしたらよいのかというのも数学になります。 国語にも数学の要素を入れた自由研究ができます。 読みやすい本・作文と読みにくい本・作文に使われている品詞を調べてみて、どんな特徴があるのかをまとめるのもいいです。 こういうヒントから、あれも気になるということがあれば、テーマにして見ると面白いです。 科学を選ぶときのポイント 自由研究のテーマに悩んだときは、本屋さんに行って参考になる書籍を探すことをおすすめします。 夏休みに入ると特設コーナーができるぐらい、様々な情報が集まっています。 本を選ぶポイントは、中学1年生が理科の授業で習う内容をうまく応用した課題が取り上げられていることです。 部活動で忙しい中学1年生は、近隣の科学館やプラネタリウムを活用する方法もいいです。 見学した内容をまとめたり、あらかじめ企画された講座を受講し、講師に質問したり指導を受けるのも賢い選択です。 物質の力を引き出す実験、変化させたりする科学の力を使った不思議な実験をテーマにして行なうといいです。 ・ ・ 空気を選ぶときのポイント 自由研究のテーマに空気を選ぶ場合は、環境の変化と組み合わせて研究していくと良いです。 現在の地球環境の変化や、環境破壊により空気に含まれている二酸化炭素の割合はどのくらいなのかや、昔と比べて増えたのか・減ってきたのか、などをポイントにすると様々な方面から研究出来ます。 これからの地球を守っていく若者という意味でも、環境破壊を防ぐために現状を知ることが重要です。 他にも空気の汚れを調べてみたり、部屋の中の空気の流れを調べてみたりするのもいいです。 工作を選ぶときのポイント 工作といっても、学校から具体的な課題を与えられない中で、何かを作るというのは難しいものです。 中学生ですから、それほど難しくきれいなものを作る必要はないです。 創意工夫が感じられる作品を作るほうが、学校で評価されやすいです。 たとえば、身近な道具を素材にして作るとか、通常ゴミになるような素材を用いるなどするといいです。 ただ見せるだけの工作ではなく、展示したり、完成したときに遊べるものだと、色々なアイデアが思いつきやすく、面白い工作を作ることができます。 特に凝りに凝ったピタゴラスイッチみたいな工作は、みんなの驚きを呼びます。 一回転がすと永遠と繰り返すものだと、それだけで驚かれます。 モーターなどを使って上に持ち上げたりするといいです。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 指紋採取を選ぶときのポイント 自由研究で指紋採取をするときは、指紋の付いたガラスのコップやプラスチック製の物を選ぶことがポイントです。 この素材が一番指紋採取するのが簡単だからです。 本当はアルミニウムの粉末が手に入れば良いのですが、それは難しいので、代用として片栗粉かベビーパウダーを使っても指紋採取することができます。 後は筆に粉を付けて指紋を浮き上がらせ、その上にセロハンテープを貼ることで指紋を移し、黒い紙に貼れば採取することができます。 他にも、色々な粉を使ったりして、指紋採取ができるかどうかを調べてみるといいです。 裁縫を選ぶときのポイント 自由研究に裁縫を選ぶ場合、小学生のそれと違いますから、自由な発想は大切ですが、ある程度スキルアップが必要です。 小学生にはできない「根気のいる裁縫」であったり、「技術力の高さ」であったりを心がけましょう。 あえて大きな作品にする必要はありませんが、芸術性の高い作品も中学生ならではの見ごたえがあります。 時間のある夏休みなら、手間のかかる刺繍やパッチワークに挑戦してみるのも良いです。 時間とスキルを考慮して計画するというのも研究のテーマでもあります。 少し、クオリティを追求した作品作りを心掛けるといいです。 環境を選ぶときのポイント 中学生になって初めての自由研究で気を付けたいことは、小学生までと違い中学生は学校での勉強内容を活かした研究を行うことです。 そして、環境は中学1年生らしい研究に仕上げることができるテーマです。 環境問題は、大人たちの中でもたくさん研究がすすめられていますので、たくさんの情報が本やインターネットから得られます。 自由研究のポイントは調べ学習にならないことです。 自分の選んだテーマに沿った実験を行ったり、身近でできる対策を提案したりといった自分らしさを盛り込みましょう。 環境を考えた研究テーマとしては、牛乳パックを再生紙にしたり、紫外線チェックの方法を考えたり、塩害や大豆から味噌を作ったり、生ごみから野菜を育てたりする課題もおすすめです。 ・ 静電気を選ぶときのポイント 静電気の実験や研究を選ぶときのポイントとしては、身近な材料で直ぐに出来る実験や研究を選ぶことです。 例えば、静電気とは摩擦で起こる電気のことを言いますので、この摩擦で何かを動かすなどの実験をしてみても面白いです。 実験の経過や結果などを、イラストや写真などを用いてまとめると、分かりやすくなります。 これらは身近な実験テーマですが、調べていくと知らなかった発見が沢山あるはずです。 静電気をつくる、静電気でコップをまわす、静電気モーターをつくるなどの研究テーマがおすすめです。 観察を選ぶときのポイント 自由研究で、対象を決めて観察することをテーマにする場合、見た感想だけを書いてまとめて通用するのは小学生までです。 中学1年生であれば、目的や考えを持って臨む必要があります。 例えば、対象物について何らかの仮説があり、その確認をするためであったり、起こっている現象について考察をするためであったり、それについていかに自分の頭で考えるかが重要です。 観察をするだけでなく、その先に自分が何をどう考えたかをまとめることが求められます。 例えば、植物がどうやって水を吸うのか、野菜のDNAを調べる、残り野菜を育てるなどのテーマを行なう人が多いです。 ・ 野球を選ぶときのポイント 野球は自由研究には恰好のスポーツです。 身近でもあり、物理的な高度なものから簡単で身近なものまで、テーマが取りやすいです。 簡単なものでは、道具をテーマにしたものがあります。 グラブ、バットの仕組み、作り方、素材などを実際に触ったり、ネットや本で調べます。 過去に使っていたものを博物館や本で調べるのも面白いです。 また中学1年生ではもう少し高度なテーマも可能です。 変化球のしくみとか、どうすればバットでボールを遠くまで打てるかなどは小学生で習った理科の知識で調べられます。 なぜこのテーマを選んだか、また調べてどう思ったかなども書いておくことも必要です。 まとめ 中学1年生になって特定のスポーツについてを自由研究のテーマにする子供もいます。 野球やサッカー、陸上などの部活をしている子供がどうしたら、上手になれるのか、活躍することができるのかを調べたりすることが多くなります。 好きなことに関して、調べたり、研究するので内容の濃いものになっていることが多いです。 実験や工作・観察などのテーマも小学生の頃とは違い、自分の考えや疑問を研究する内容になっていることがよく分かり、時間を掛けて調べていることが伝わります。 そんな中学1年生が選んでいる人気の15のテーマの中から選ぶときのポイントを抑えて、自分に合った、やりたい自由研究をテーマにして行ないましょう。

次の

誰だってできる自由研究!中学生の大半がレポートに走るワケ!

自由 研究 中学生 テーマ

受験勉強に活かせる、中2向けの自由研究テーマ 受験勉強で活かそうとした時、以下のテーマはどうでしょうか?• 中3の最後に習う、天体を先取りする観察• 多くの生徒が苦手と感じる、高い浮力や密度の計算の実験• 運動とイオンに関連した自由研究 順番に説明します。 中3の最後に習う、天体を先取りする観察 私が、高校受験をした時に、天体の問題があり苦労した覚えがあります。 中2の自由研究で予習できておけば、中3で習う時にさらに理解が深まると思いますよ! 天体は地球の自転と公転の2つの動きによって変化します。 天体の中で観察しやすい星が月です。 一晩、月の表面をスケッチする観察も面白いでしょう。 月の表面の変化や見える位置などをメモし、まとめる観察です。 月は29日周期で一周するため、時間があるなら毎日同じ時間、 月が見える方向や形を観察するのも良いです。 対応の日の出時刻と日の入り時刻を毎日調べ昼の 時間の長さの変化を調べるのも受験に役に立ちます。 多くの生徒が苦手と感じる、高い浮力や密度の計算の実験 浮力と密度の計算も試験によく出ます。 重さ・堆積・密度の数字がごちゃごちゃにならないように注意しましょう! 浮力の実験は、材料の多い食材を使うと良いでしょう。 トマトやニンジンなどの野菜・果物類を水に浮かべていきます。 大き目の計量カップと重さを調べられる計量計を使い、重さと体積を計測していきます。 体積は計量カップに水を入れ沈めた時に増えた水量で調べます。 浮いてしまう場合は、軽く指でおさえ水に全没させながら量ります。 スポンサーリンク 自由研究中に何度も密度を計算することで密度計算は覚えてしまうでしょう。 運動とイオンに関連した自由研究 中3の理科で習う「運動とイオンの実験」も、中2の時期に研究してみると、理解が進み効果的です。 この研究も、勘違いしやすい部分がありますが、実際にやってみると正しく理解できるので、価値があります。 例えば、傾斜が急になるほど最下点では速くなると誤解されがちです。 同じ高さなら速さも同じはずです。 できるだけ長い坂を作り2階から1階に向けてボールを転がします。 坂の長さと時間を記録し速さを求めていく実験 です。 時間を測りやすいようにボールに工夫をしておく必要がありますが、 急勾配になれば坂の長さが短くなり、速くなったと錯覚してしまうことが判ります。 乾電池を分解して調べるのも電気やイオンの学習の助けになります。 スポンサーリンク 自由研究をする時間が無く材料を揃えにくい場合のテーマ 時間がなくて、材料も買いに行けない時には、自宅にあるものでできる自由研究を3つ紹介します!• 十円玉を使った自由研究• 紅茶でできる自由研究• 卵を使った実験 十円玉を使った自由研究 ぱぱっとできて、効果もわかり易い研究です。 定番の調味料を使った十円玉磨きをやってみましょう! トマトケチャップやお酢などに十円玉を浸して、どのような変化をするのかを調べましょう。 紅茶でできる自由研究 紅茶にレモン汁や酢などを入れ、色の変化を確認する実験は手軽な材料ですることができます。 時間がない人には、ちょうどいい自由研究だと思います。 卵を使った実験 ゆで卵や生卵を水に浮かべて比べてみるや、卵を酢やジュースの中に入れて変化を見るという実験も良いでしょう。 酢に入れた場合は泡が発生し殻が脆くなっていきます。 酢に長時間浸せば、殻が溶け膜だけになります。

次の